発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

WCCP 設定可能ルータ ID

WCCP 設定可能ルータ ID 機能により、Web Cache Communication Protocol(WCCP)の送信元インターフェイスを設定できます。 ここで設定された送信元インターフェイスの IP アドレスは、優先 WCCP ルータ ID および WCCP GRE 送信元アドレスとして使用されます。 WCCP ルータ ID が手動で設定されている場合、現在のルータ ID が無効になってもルータ ID は自動的に生成されず、別の IP アドレスがシステムに追加されてもルータ ID は変更されません。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

WCCP 設定可能ルータ ID について

WCCP 設定可能ルータ ID の概要

WCCP は、その制御メッセージ内でルータ ID(WCCP クライアントが特定の WCCP サーバを一意に識別するために使用可能)を使用します。 ルータ ID は IP アドレスです。WCCP によって生成されるすべての Generic Routing Encapsulation(GRE)フレームの送信元アドレスとして使用されます。 WCCP 設定可能ルータ ID 機能が実装される以前、WCCP は、自動メカニズムを使用してルータ ID を選択していました。当時は、システムで最も大きい到達可能 IP アドレス(または、存在する場合、最も大きいループバック IP アドレス)が、WCCP ルータ ID として使用されました。 システムの最も大きい IP アドレスが、ルータ ID または GRE フレームの送信元アドレスとして最良の選択肢というわけではありません。 システムのアドレッシング情報の変更により、WCCP ルータ ID の予期しない変更が発生することがあります。 変更中は、WCCP クライアントが一時的に 2 台のルータ(古いルータ ID と新しいルータ ID)の存在をアドバタイズし、GRE フレームは別のアドレスから送信されます。

WCCP 設定可能ルータ ID 機能では、ルータ ID が取得される WCCP 送信元インターフェイスを定義することができます。 ここで設定された送信元インターフェイスの IP アドレスは、優先 WCCP ルータ ID および WCCP GRE 送信元アドレスとして使用されます。 WCCP ルータ ID が手動で設定されている場合、別の IP アドレスがシステムに追加されてもルータ ID は変更されません。 新しいルータ ID が ip wccp source-address または ipv6 wccp source-address コマンドを使用して手動で設定された場合、または手動で設定したインターフェイスのアドレスが有効ではない場合にだけ、ルータ ID が変更されます。

WCCP 設定可能ルータ ID の設定方法

優先 WCCP ルータ ID の設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ip wccp [vrf vrf-name] source-interface source-interface

    4.    exit


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 ip wccp [vrf vrf-name] source-interface source-interface


    例:
    Device(config)# ip wccp source-interface GigabitEthernet 0/0/0
     

    優先 WCCP ルータ ID を設定します。

     
    ステップ 4 exit


    例:
    Device(config)# exit
    
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

     

    WCCP 設定可能ルータ ID の設定例

    例:優先 WCCP ルータ ID の設定

    次に、優先 WCCP ルータ ID の設定例を示します。

    
    ! Configure a preferred WCCP router ID
    ip wccp source-interface GigabitEthernet 0/0/0
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    現在割り当てられている IP マルチキャスト アドレス

    Internet Multicast Addresseshttp:/​/​www.iana.org/​assignments/​multicast-addresses

    基礎的な設定作業

    『Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide』

    設定の基本的なコマンド

    『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference』

    Cisco IOS ブリッジングおよび IBM ネットワーキングの設定作業

    『Cisco IOS Bridging and IBM Networking Configuration Guide』

    Cisco IOS ブリッジングおよび IBM ネットワーキング コマンド

    『Cisco IOS Bridging and IBM Networking Command Reference』

    Cisco IOS IP マルチキャスト設定作業

    『Cisco IOS IP Multicast Configuration Guide』

    Cisco IOS IP マルチキャスト コマンド

    『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

    標準

    標準

    タイトル

    IEEE Spanning-Tree Bridging

    『802.1D MAC Bridges』

    http:/​/​www.ieee802.org/​1/​pages/​802.1D-2003.html

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    新しい MIB または変更された MIB はサポートされていません。また、既存の MIB に対するサポートに変更はありません。

    RFC

    RFC

    タイトル

    RFC 1812

    Requirements for IP Version 4 Routershttp:/​/​www.ietf.org/​rfc/​rfc1812.txt

    RFC 2131

    Dynamic Host Configuration Protocolhttp:/​/​www.ietf.org/​rfc/​rfc2131.txt

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    WCCP 設定可能ルータ ID の機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 WCCP 設定可能ルータ ID の機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    WCCP 設定可能ルータ ID

    15.1(1)SG

    15.2(3)T

    Cisco IOS XE Release 3.1S

    Cisco IOS XE Release 3.3SG

    WCCP 設定可能ルータ ID 機能により、Web Cache Communication Protocol(WCCP)の送信元インターフェイスを設定できます。 ここで設定された送信元インターフェイスの IP アドレスは、優先 WCCP ルータ ID および WCCP GRE 送信元アドレスとして使用されます。 WCCP ルータ ID が手動で設定されている場合、現在のルータ ID が無効になってもルータ ID は自動的に生成されず、別の IP アドレスがシステムに追加されてもルータ ID は変更されません。

    ip wccp source-interface コマンドが追加されました。