インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S
IPv6 Rapid Deployment
IPv6 Rapid Deployment

IPv6 Rapid Deployment

IPv6 Rapid Deployment 機能により、サービス プロバイダーは、IPv4 による IPv6 のカプセル化を使用して、自身の IPv4 ネットワーク上でユニキャスト IPv6 サービスをお客様に提供できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、使用するプラットフォームおよびソフトウェア リリースの Bug Search Tool およびリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 Rapid Deployment に関する情報

IPv6 Rapid Deployment トンネル

6RD 機能は、6to4 機能を拡張したものです。 6RD 機能により、サービス プロバイダー(SP)は、IPv4 による IPv6 のカプセル化を使用して、自身の IPv4 ネットワーク上でユニキャスト IPv6 サービスをお客様に提供できます。

6RD と 6to4 トンネリングの主な違いは次のとおりです。

  • 6RD はアドレスに 2002::/16 プレフィックスを割り当てる必要はありません。したがって、プレフィックスは SP の自身のアドレス ブロックから割り当てることができます。 この機能により、6RD の動作ドメインを SP ネットワーク内にすることができます。 カスタマー サイトと 6RD 対応 SP ネットワークに接続された一般 IPv6 インターネットの観点から提供される IPv6 サービスは、ネイティブ IPv6 と同等です。

  • IPv4 宛先の 32 ビットすべてを IPv6 ペイロード ヘッダーで伝送する必要はありません。 IPv4 宛先は、ペイロード ヘッダー内にあるビット データとルータ上の情報を組み合わせて求められます。 さらに、IPv4 アドレスは、6to4 の場合とは異なり、IPv6 ヘッダー内での位置が固定ではありません。

6RD SP プレフィックスは、次の図に示すように IPv6 導入の SP によって選択されました。 6RD 委任プレフィックスは SP プレフィックスと IPv4 アドレス ビットから取得され、CE によってサイト内のホストに使用されます。

図 1. 6RD の展開

次に、6RD プレフィックス委任がどのように動作するかを示します。

図 2. 6RD プレフィックス委任の説明

次に、6RD プレフィックス委任のトポロジを示します。

図 3. 6RD プレフィックス委任と説明

IPv6 Rapid Deployment の設定方法

6RD トンネルの設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    interface tunnel tunnel-number

    4.    tunnel source {ip-address| interface-t ype interface-number}

    5.    tunnel mode ipv6ip [6rd | 6to4 | auto-tunnel | isatap]

    6.    tunnel 6rd prefix ipv6-prefix / prefix-length

    7.    tunnel 6rd ipv4 {prefix-length length} {suffix-length length}


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。

     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 interface tunnel tunnel-number


    例:
    Router(config)# interface tunnel 1
     

    トンネル インターフェイスおよび番号を指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4 tunnel source {ip-address| interface-t ype interface-number}


    例:
    Router(config-if)# tunnel source loopback 1
     

    トンネル インターフェイスの送信元インターフェイスのタイプおよび番号を指定します。

     
    ステップ 5 tunnel mode ipv6ip [6rd | 6to4 | auto-tunnel | isatap]


    例:
    Router(config-if)# tunnel mode ipv6ip 6rd
     

    スタティック IPv6 トンネル インターフェイスを設定します。

    • auto-tunnel キーワードは、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータではサポートされません。

     
    ステップ 6 tunnel 6rd prefix ipv6-prefix / prefix-length


    例:
    Router(config-if)# tunnel 6rd prefix 2001:B000::/32
     

    IPv6 rapid 6RD トンネル上で共通の IPv6 プレフィックスを指定します。

     
    ステップ 7 tunnel 6rd ipv4 {prefix-length length} {suffix-length length}


    例:
    Router(config-if)# tunnel 6rd ipv4 prefix-length 16 suffix 8
     

    ドメイン内のすべての 6RD ルータに共通の IPv4 トランスポート アドレスのプレフィックス長およびサフィクス長を指定します。

     

    IPv6 Rapid Deployment の設定例

    例:6RD トンネルの設定

    次の例では、6RD トンネルの実行コンフィギュレーションとそれに対応する show tunnel 6rd コマンドの出力を示します。

    interface Tunnel1
     ipv6 address 2001:B000:100::1/32
     tunnel source loopback 1
     tunnel mode ipv6ip 6rd 
     tunnel 6rd prefix 2001:B000::/32 
     tunnel 6rd ipv4 prefix-len 16 suffix-len 8
    end 
    Router# show tunnel 6rd tunnel 1
    Interface Tunnel1: 
      Tunnel Source: 10.1.1.1 
      6RD: Operational, V6 Prefix: 2001:B000::/32 
      V4 Common Prefix Length: 16, Value: 10.1.0.0
      V4 Common Suffix Length: 8, Value: 0.0.0.1 

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 アドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 に関する RFC

    『IPv6 RFCs』

    テクニカル サポート

    説明

    リンク

    右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 Rapid Deployment の機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 Rapid Deployment の機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    IP トンネリング:6RD IPv6 Rapid Deployment

    Cisco IOS XE Release 3.1S

    6RD 機能により、サービス プロバイダーは、IPv4 による IPv6 のカプセル化を使用して、自身の IPv4 ネットワーク上でユニキャスト IPv6 サービスをお客様に提供できます。

    tunnel 6rd ipv4tunnel 6rd prefixtunnel mode ipv6iptunnel source の各コマンドが導入または変更されました。