インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S
IPv6 を介する mGRE トンネル サポート
IPv6 を介する mGRE トンネル サポート

IPv6 を介する mGRE トンネル サポート

IPv6 を介する mGRE トンネル サポート機能によって、サービス プロバイダーは、コア インフラストラクチャに IPv6 を導入することができます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、使用するプラットフォームおよびソフトウェア リリースの Bug Search Tool およびリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 を介する mGRE トンネル サポートに関する情報

IPv6 を介する mGRE サポート

DMVPN の複数のサイトが IPv6 によって相互接続されています。 単一の論理 mGRE トンネル インターフェイスが、ある VPN サイトを別の VPN サイトに相互接続します。 IPv6 サブネットは、トンネル インターフェイスをさまざまな VPN サイトの他のトンネル インターフェイスに接続します。 VPN サイトを接続しているすべてのトンネル インターフェイスが、論理 IPv6 サブネットでホストとして機能します。 この構造は、トンネル オーバーレイ ネットワークと呼ばれます。

IPv6 を介する mGRE トンネル サポート

サービス プロバイダーがコア インフラストラクチャに IPv6 を導入できるように、IPv6 を介したマルチポイント総称ルーティング カプセル化(mGRE)トンネルがサポートされます。 Dynamic Multipoint Virtual Private Network(DMVPN)のユーザは、ローカル ネットワークで IPv4 または IPv6 のいずれかを実行できるため、オーバーレイ エンドポイントは IPv4 または IPv6 のいずれかになります。 IPv6 トランスポート エンドポイントでは、オーバーレイ エンドポイントは IPv4 または IPv6 プライベート ネットワーク アドレスのいずれかになります。

GRE には、パッセンジャ プロトコルを識別するプロトコル フィールドが含まれています。 GRE トンネルでは、Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)または IPv6 をパッセンジャ プロトコルとして指定でき、IS-IS トラフィックと IPv6 トラフィックをともに同じトンネルを介して送出できます。 GRE にプロトコル フィールドが含まれていない場合は、トンネルが IS-IS パケットまたは IPv6 パケットを伝送していたかどうかは識別できません。 GRE 内で IS-IS および IPv6 をトンネル化するには、GRE プロトコル フィールドが必要です。

その他の関連資料

関連資料

関連項目

マニュアル タイトル

IPv6 アドレッシングと接続

『IPv6 Configuration Guide』

Cisco IOS コマンド

『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

IPv6 コマンド

『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

Cisco IOS IPv6 機能

『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

標準および RFC

標準/RFC

タイトル

IPv6 に関する RFC

『IPv6 RFCs』

MIB

MIB

MIB のリンク

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

テクニカル サポート

説明

リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

IPv6 を介する mGRE トンネル サポートの機能情報

次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 1 IPv6 を介する mGRE トンネル サポートの機能情報

機能名

リリース

機能情報

IPv6 を介する mGRE トンネル サポート

15.2(1)T

XE Release 3.8S

mGRE トンネルは、サービス プロバイダーがコア インフラストラクチャに IPv6 を導入できるように設定されます。