IPv6 アドレッシングおよび基本的な接続のコンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S
IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス
IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス

IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス機能は、大まかなプリファレンス メトリック(低、中、高)をデフォルト デバイスに提供します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 デフォルト ルータ プリファレンスについて

トラフィック エンジニアリングのデフォルト ルータ プリファレンス

ホストは、ルータ アドバタイズメント(RA)をリスニングすることでデフォルト デバイスを検出し、選択します。 通常のデフォルト デバイス選択メカニズムは、トラフィック エンジニアリングが必要な場合など、特定のケースでは次善のメカニズムです。 たとえば、リンク上の 2 台のデバイスが、同等だが等しくはないコストのルーティングを提供している場合や、ポリシーによってデバイスの一方を優先することが指示されている場合があります。 次に例をいくつか示します。

  • 異なるプレフィックス セットへルーティングする複数のデバイス:リダイレクト(宛先に対して最適でないデバイスによって送信される)は、ホストが任意のデバイスを選択でき、システムが機能することを意味します。 ただし、トラフィック パターンが、デバイスの 1 つを選択することによって、リダイレクト数が大きく削減されることを意味する場合があります。
  • 新しいデバイスの誤った展開:新しいデバイスを完全に設定する前に展開すると、ホストによって新しいデバイスがデフォルト デバイスとして採用され、トラフィックが消える可能性があります。 ネットワーク管理者は、一部のデバイスが他のデバイスよりも優先されることを指定できます。
  • マルチホーム環境:複数の物理リンクと IPv6 トランスポートでのトンネリングの使用により、マルチホーム環境はより一般的になる可能性があります。 一部のデバイスは、6-to-4 プレフィックスにだけルーティングするか、企業イントラネットにだけルーティングするため、完全なデフォルト ルーティングを提供しないことがあります。 このような状況は、単一リンク上でだけ機能するリダイレクトでは解決できません。

デフォルト ルータ プリファレンス(DRP)機能は、基本的なプリファレンス メトリック(低、中、高)をデフォルト デバイスに提供します。 デフォルト デバイスの DRP は、RA メッセージ内の未使用ビットで通知されます。 この拡張は、デバイス(DRP ビットの設定)とホスト(DRP ビットの解釈)の両方に対して下位互換性があります。 これらのビットは、DRP 拡張を実装しないホストでは無視されます。 同様に、DRP 拡張を実装しないデバイスによって送信される値は、DRP 拡張を実装するホストによって「中」のプリファレンスが指定されたものと解釈されます。 DRP は手動で設定する必要があります。

IPv6 デフォルト ルータ プリファレンスの設定方法

トラフィック エンジニアリングの DRP 拡張の設定

RA に DRP 拡張を設定してデフォルト ルータにプリファレンス値をシグナリングするには、このタスクを実行します。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    interface type number

    4.    ipv6 nd router-preference {high | medium | low


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 interface type number


    例:
    Router(config)# interface gigabitethernet 0/0/0
     

    インターフェイスのタイプおよび番号を指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4 ipv6 nd router-preference {high | medium | low


    例:
    Router(config-if)# ipv6 nd router-preference high 
     

    特定のインターフェイス上のルータに DRP を設定します。

     

    IPv6 デフォルト ルータ プリファレンスの設定例

    例:IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス

    次に、このデバイスによってインターフェイス経由でアドバタイズされる DRP プリファレンス値の状態を表示する例を示します。

     
      Device# show ipv6 interface gigabitethernet 0/1
    
      GigabitEthernet0/1 is up, line protocol is up
        IPv6 is enabled, link-local address is FE80::130
        Description: Management network (dual stack)
        Global unicast address(es):
          FEC0:240:104:1000::130, subnet is FEC0:240:104:1000::/64
        Joined group address(es):
          FF02::1
          FF02::2
          FF02::1:FF00:130
        MTU is 1500 bytes
        ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
        ICMP redirects are enabled
        ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
        ND reachable time is 30000 milliseconds
        ND advertised reachable time is 0 milliseconds
        ND advertised retransmit interval is 0 milliseconds
        ND router advertisements are sent every 200 seconds
        ND router advertisements live for 1800 seconds
        ND advertised default router preference is Low
        Hosts use stateless autoconfig for addresses.
    
    

    次に、その他のデバイスによってアドバタイズされる DRP プリファレンス値の状態を表示する例を示します。

    Device# show ipv6 routers
    
      Router FE80::169 on GigabitEthernet0/1, last update 0 min
        Hops 64, Lifetime 1800 sec, AddrFlag=0, OtherFlag=0, MTU=1500
        Preference=Medium
        Reachable time 0 msec, Retransmit time 0 msec
        Prefix FEC0:240:104:1000::/64 onlink autoconfig
          Valid lifetime 2592000, preferred lifetime 604800
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 のアドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 に関する RFC

    『IPv6 RFCs』

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

    選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 デフォルト ルータ プリファレンスの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 デフォルト ルータ プリファレンスの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    IPv6 デフォルト ルータ プリファレンス

    12.2(33)SRA

    12.2(33)SXH

    12.2(46)SE

    12.2(46)SG

    12.4(2)T

    15.0M

    15.0(2)SG

    3.2.0SG

    Cisco IOS XE Release 3.9S

    この機能は、基本的なプリファレンス メトリック(低、中、高)をデフォルト デバイスに提供します。

    Cisco IOS XE Release 3.9S では、Cisco ISR 4400 シリーズ ルータのサポートが追加されました。

    Cisco IOS XE Release 3.9S では、Cisco CSR 1000V のサポートが追加されました。

    ipv6 nd router-preferenceshow ipv6 interfaceshow ipv6 router の各コマンドが追加または変更されています。