Wide-Area Networking コンフィギュレーション ガイド
フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能
フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/07/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能

機能情報の確認

目次

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能に関する情報

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の概要

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の利点

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の機能情報

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能を使用すると、インターフェイスと Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)に基づいて特定のフレーム リレーの show コマンドと debug コマンドの出力をフィルタリングできます。これらの拡張機能により、ネットワークのスケーラビリティが向上し、ネットワークの管理とトラブルシューティングが簡略化されます。

機能情報の確認

最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能に関する情報

ここでは次の概念について説明します。

「フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の概要」

「フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の利点」

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の概要

追加される拡張機能は次のとおりです。

show frame-relay map コマンドが拡張され、特定のインターフェイスと DLCI のマップ情報を表示できるようになりました。

show frame-relay ip tcp header-compression コマンドと show frame-relay ip rtp header-compression コマンドが拡張され、特定の DLCI のヘッダー圧縮情報を表示できるようになりました。

summary キーワードが show frame-relay pvc コマンドに追加され、システム上のすべての PVC に関する概要を表示できるようになりました。

インターフェイスと DLCI に基づいてデバッグ出力をフィルタリングできる条件デバッグのサポートが、次のコマンドに追加されました。

debug frame-relay end-to-end

debug frame-relay events

debug frame-relay fragment

debug frame-relay fragment event

debug frame-relay ip

debug frame-relay ppp

debug frame-relay verbose


) フレーム リレーの debug コマンドの条件デバッグは、debug condition コマンドを使用して設定されます。


フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の利点

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能を使用すると、インターフェイスと DLCI に基づいてフレーム リレーの show コマンドと debug コマンドの出力をフィルタリングできます。この拡張機能によって、特定のインターフェイスと DLCI に関する大量の情報出力を確認する必要がなくなりネットワーク管理者の作業時間と手間が軽減されます。また、この拡張機能により、 show debug の大量の出力を生成するのに必要な CPU 処理時間も短縮されます。

その他の参考資料

ここでは、フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

Cisco IOS XE ワイドエリア ネットワーキングの設定作業

『Cisco IOS XE Wide-Area Networking Configuration Guide, Release 2』

ワイドエリア ネットワーキング コマンド

『Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference』

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS XE のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能の機能情報

機能名
リリース
機能情報

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能

Cisco IOS XE Release 2.1

フレーム リレーの show および debug コマンド拡張機能を使用すると、インターフェイスと DLCI に基づいて特定のフレーム リレーの show コマンドと debug コマンドの出力をフィルタリングできます。

 

Copyright © 2009-2011, シスコシステムズ合同会社.
All rights reserved.