Cisco IOS XE 非同期転送モード コンフィギュレー ション ガイド
ATM PVC F5 OAM 回復トラップ
ATM PVC F5 OAM 回復トラップ
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ATM PVC F5 OAM 回復トラップ

ATM PVC F5 OAM 回復トラップ

ATM PVC F5 OAM 回復トラップ機能では、Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)が F5 Operations, Administration, and Maintenance(OAM; 保守運用管理)エンドツーエンド ループバック障害、および F5 Alarm Indication Signal/Remote Defect Indication(AIS-RDI; アラーム表示信号/リモート故障表示)障害から回復したときに管理者に通知する Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップが導入されます。

機能情報の確認

最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ATM PVC F5 OAM 回復トラップの機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ATM PVC F5 OAM 回復トラップの前提条件

拡張 ATM PVC UP および DOWN トラップ、および OAM F5 AIS/RDI と OAM F5 ループバック障害および回復に関する ATM PVC トラップは、レガシー ATM PVC トラップと同時に使用できません。拡張 ATM PVC UP および DOWN トラップ、および OAM F5 CC、OAM F5 AIS/RDI、OAM F5 ループバック障害および回復に関する ATM PVC トラップの設定を行う前に、no snmp-server enable traps atm pvc コマンドを使用してレガシー ATM PVC トラップをディセーブルにする必要があります。

いずれかの ATM PVC トラップを使用する前に、PVC 上で OAM 管理をイネーブルにする必要があります。

ATM PVC F5 OAM 回復トラップの制約事項

F5 OAM 回復トラップは、ATM PVC に対してのみサポートされます。

ATM PVC F5 OAM 回復トラップに関する情報

ATM PVC F5 OAM 回復トラップを設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「ATM PVC に関する F5 OAM 回復トラップ」

「ATM PVC に関する F5 OAM 回復トラップの利点」

ATM PVC に関する F5 OAM 回復トラップ

F5 OAM セルは、ATM レイヤで接続の障害と回復を検出するために使用されます。この機能が導入されるまで、Cisco IOS ソフトウェアは、F5 エンドツーエンド ループバック、および PVC 上での F5 AIS/RDI 接続障害に関する SNMP トラップ(SNMP 通知とも呼ばれる)をサポートしていました。ATM PVC F5 OAM 回復トラップ機能では、次のタイプの障害の後で PVC の接続が回復したときに、Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)に通知する SNMP トラップが導入されます。

F5 OAM エンドツーエンド ループバック障害

F5 OAM セグメント AIS/RDI 障害

F5 OAM エンドツーエンド AIS/RDI 障害

このトラップの情報には、回復された PVC の数、および通知間隔中に最初と最後の回復がいつ発生したかを示すタイムスタンプが含まれます。

F5 OAM 障害および回復トラップで発生するトラフィック量を制限するため、各トラップ間隔内では、各タイプのトラップは 1 つだけ生成することができます。各トラップは、複数の PVC に関する報告を行うことができ、また同じ障害または回復を持つ連続する PVC は範囲として報告されます。

MIB テーブルは、トラップの他に、PVC に対する障害と回復に関する情報を提供するために維持されています。

サポートされる通知とテーブルを含めて、拡張 ATM PVC トラップ MIB の詳細な説明については、Cisco.com から次の URL で提供される CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB.my という MIB ファイルを参照してください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

ATM PVC に関する F5 OAM 回復トラップの利点

この機能が導入される前は、PVC 上で F5 OAM 障害が検出された場合、NMS に障害通知が送信され、PVC の動作状態が UP 状態のままになりました。F5 OAM 障害後に PVC に対する接続が回復したときに、NMS に通知するメカニズムが存在しませんでした。F5 OAM 回復トラップ機能では、PVC が F5 OAM 障害から回復したときに非同期に NMS に通知するトラップが導入されます。

ATM PVC に関する F5 OAM 回復トラップの設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

「ATM OAM サポートの設定」

「ATM PVC に関する OAM F5 障害および回復トラップのイネーブル化」

ATM OAM サポートの設定

ATM PVC 上で ATM OAM サポートを設定するには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm number

4. ip address ip-address mask

5. pvc [ name ] vpi / vci

6. oam-pvc manage [ keep-vc-up [ end aisrdi failure | seg aisrdi failure ]]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm number

 

Router(config)# interface atm 0

コンフィギュレーション用のインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip address 10.0.0.3 255.255.255.0

インターフェイスに対するプライマリ IP アドレスまたはセカンダリ IP アドレスを設定します。

ステップ 5

pvc [ name ] vpi / vci

 

Router(config-if)# pvc 0 / 40

ATM PVC を作成し、ATM 仮想回線コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

oam-pvc manage [ keep-vc-up [ end aisrdi failure | seg aisrdi failure ]]

 

Router(config-if-atm-vc)# oam-pvc manage

ATM OAM 管理を設定します。

ATM PVC に関する OAM F5 障害および回復トラップのイネーブル化

ATM OAM F5 CC 管理をサポートする MIB および SNMP 通知をイネーブルにするには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server enable traps atm pvc extension { up | down | oam failure [ aisrdi | loopback ]}

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server enable traps atm pvc extension { up | down | oam failure [ aisrdi | loopback }

 

Router(config)# snmp-server enable traps atm pvc extension oam failure aisrdi

ATM OAM F5 AIS/RDI 障害および回復トラップ、および ATM OAM F5 エンドツーエンド ループバック障害および回復トラップをイネーブルにします。

トラブルシューティングのヒント

show running-config コマンドを使用して、ATM OAM 管理のコンフィギュレーションを確認します。

show atm pvc コマンドを使用して、ATM OAM 管理を確認し、PVC の状態を表示します。

debug snmp packet コマンドを使用して、どの SNMP トラップが生成されたか表示します。

ATM PVC F5 OAM 回復トラップの設定例

「OAM PVC 管理のイネーブル化:例」

「ATM PVC 拡張 UP および DOWN 通知:例」

「ATM OAM 障害ループバック通知:例」

OAM PVC 管理のイネーブル化:例

次に、ATM PVC OAM 管理をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# interface ATM0/3/0.100 point-to-point
Router(config-subif)# pvc pvc100 0/100
Router(config-if-atm-vc)# oam-pvc manage
Router(config-if-atm-vc)# end

) 通知パケットを NMS に送信する場合は、ルータ上で Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)を設定する必要があります。


ATM PVC 拡張 UP および DOWN 通知:例

ATM PVC 拡張 UP および DOWN 通知のイネーブル化:例

次に、ATM PVC 拡張 UP および DOWN 通知をイネーブルにする方法の例を示します。

snmp-server community public RW
snmp-server host 172.16.61.90 public
snmp-server enable traps atm pvc extension up
snmp-server enable traps atm pvc extension down
snmp-server host 10.0.0.115 vrf Mgmt-intf version 2c public udp-port 2030
 

ATM PVC DOWN 通知:例

次の出力例は、DOWN 状態の ATM PVC を示しています。

Router# show atm vc
 
Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE
 
VCD / Peak Av/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells St
0/3/0.100 pvc100 0 100 PVC SNAP UBR 149760 DN
 
 

次の例は、ATM PVC 拡張 DOWN 通知に対応する出力を示しています。

Received SNMPv2c Trap:
Community: public
From: 10.0.0.54
sysUpTimeInstance = 1918435
snmpTrapOID.0 = catmIntfPvcDownTrap
ifIndex.52 = 52
atmIntfPvcFailures.15 = 4
atmIntfCurrentlyFailingPVcls.15 = 1
ifDescr.52 = ATM0/3/0.100
catmPVclCurFailTime.52.0.100 = 1915435
catmPVclPrevRecoverTime.52.0.100 = 259552
catmPVclFailureReason.52.0.100 = catmLoopbackOAMFailure(1)
 
 

ATM PVC UP 通知:例

次の出力例は、UP 状態の ATM PVC を示しています。

Router# show atm vc
 
Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE
 
VCD / Peak Av/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells St
0/3/0.100 pvc100 0 100 PVC SNAP UBR 149760 UP
 
 

次の例は、ATM PVC 拡張 UP 通知に対応する出力を示しています。

Received SNMPv2c Trap:
Community: public
From: 9.0.0.54
sysUpTimeInstance = 1933376
snmpTrapOID.0 = catmIntfPvcUp2Trap
ifIndex.52 = 52
catmIntfCurrentlyDownToUpPVcls.15 = 1
ifDescr.52 = ATM0/3/0.100
catmPVclCurRecoverTime.52.0.100 = 1930676
catmPVclPrevFailTime.52.0.100 = 1915435
catmPVclRecoveryReason.52.0.100 = catmLoopbackOAMRecover(1)
 
 

ATM OAM 障害ループバック通知:例

ATM OAM 障害ループバック通知のイネーブル化:例

次に、ATM PVC OAM 障害ループバック通知、拡張 UP および DOWN 通知をイネーブルにする方法の例を示します。
 
snmp-server community public RW
snmp-server enable traps atm pvc extension up
snmp-server enable traps atm pvc extension down
snmp-server enable traps atm pvc extension oam failure loopback
snmp-server host 10.0.0.115 vrf Mgmt-intf version 2c public udp-port 2030
 

snmp-server enable traps atm pvc extension oam failure コマンドを設定する場合、OAM 障害トラップの生成時に、UP トラップまたは DOWN トラップが生成されない場合があります。さらに、PVC は UP 状態のままになります。


OAM 障害ループバック通知:例

次の出力例は、失敗した ATM PVC を示しています。この出力は、PVC が引き続き UP 状態であることを示していることに注意してください。

Router# show atm vc
 
Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE
 
VCD / Peak Av/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells St
0/3/0.100 pvc100 0 100 PVC SNAP UBR 149760 UP
 

次の例は、OAM ループバック障害通知に対応する出力を示しています。

Received SNMPv2c Trap:
Community: public
From: 9.0.0.54
sysUpTimeInstance = 1964155
snmpTrapOID.0 = catmIntfPvcOAMFailureTrap
ifIndex.52 = 52
catmIntfOAMFailedPVcls.15 = 65
catmIntfCurrentOAMFailingPVcls.15 = 1
ifDescr.52 = ATM0/3/0.100
catmPVclStatusTransition.52.0.100 = 1
catmPVclStatusChangeStart.52.0.100 = 1961155
catmPVclStatusChangeEnd.52.0.100 = 1961155
 

OAM ループバック回復通知:例

次の出力例は、UP 状態の ATM PVC を示しています。

Router# show atm vc
 
Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE
 
VCD / Peak Av/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells St
0/3/0.100 pvc100 0 100 PVC SNAP UBR 149760 UP

 

次の例は、OAM ループバック回復通知に対応する出力を示しています。
 
Received SNMPv2c Trap:
Community: public
From: 9.0.0.54
sysUpTimeInstance = 1986456
snmpTrapOID.0 = catmIntfPvcOAMRecoverTrap
ifIndex.52 = 52
catmIntfOAMRcovedPVcls.15 = 10
catmIntfCurrentOAMRcovingPVcls.15 = 1
ifDescr.52 = ATM0/3/0.100
catmPVclStatusUpTransition.52.0.100 = 1
catmPVclStatusUpStart.52.0.100 = 1983456
catmPVclStatusUpEnd.52.0.100 = 1983456

その他の関連資料

ここでは、ATM PVC OAM F5 回復トラップの関連資料について説明します。

関連マニュアル

内容
参照先

OAM および ATM PVC のトラップ サポート コマンド

『Cisco IOS Asynchronous Transfer Mode Command Reference

標準

標準
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB.my

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC や変更された RFC はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

ATM PVC F5 OAM 回復トラップの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS XE のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 ATM PVC F5 OAM 回復トラップの機能情報

機能名
リリース
機能情報

ATM PVC F5 OAM 回復トラップ

Cisco IOS XE Release 2.3

ATM PVC F5 OAM 回復トラップ機能では、PVC が F5 OAM エンドツーエンド ループバック障害および F5 OAM AIS/RDI 障害から回復したときに、管理者に通知する SNMP トラップが導入されます。

次のコマンドが導入されました。
snmp-server enable traps atm pvc extension