Cisco IOS XE 非同期転送モード コンフィギュレー ション ガイド
ローカル Template-Based ATM PVC プロビ ジョニング
ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニング
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニング

機能情報の確認

目次

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの制約事項

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの情報

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの設定方法

VC クラス内の ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

ATM PVC 自動プロビジョニングの確認

ATM PVC ローカル自動プロビジョニングのモニタおよびメンテナンス

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの設定例

ATM インターフェイスに対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

その他の関連資料

関連マニュアル

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの機能情報

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニング

ローカル Template-Based ATM プロビジョニング機能では、ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)が、ローカル コンフィギュレーションから必要に応じて自動的にプロビジョニングされます。ATM PVC 自動プロビジョニングは、PVC、ATM PVC 範囲、または VC クラスに対して設定できます。ATM PVC 自動プロビジョニングで設定された VC クラスがインターフェイスに割り当てられている場合、そのインターフェイス上のすべての PVC が自動的にプロビジョニングされます。このコンフィギュレーションは、 無限範囲 と呼ばれる場合があります。

機能情報の確認

最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの機能情報」 を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの制約事項

無限範囲として設定されているインターフェイス上に確立できる PVC の数は、プラットフォームがサポートできる最大 VC 数に制限されます。

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの情報

自動的にプロビジョニングされた ATM PVC は、Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)/Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)のペアにアクティビティが発生するまで作成されません。 shutdown コマンドと no shutdown コマンドを使用して、インターフェイスをディセーブルにした後、再度イネーブルにした場合には、PVC 範囲または無限範囲の一部である自動的にプロビジョニングされた PVC は、シャットダウンで削除された後、最初の着信パケットによって PVC の作成がトリガーされるまで再確立されません。ルータの再ロードの間、自動的にプロビジョニングされた PVC は、接続にアクティビティが発生すると作成されます。

ATM ポート アダプタ上に設定できる VC の総数は、ポート アダプタの容量によって制限されます。ATM リンクのオーバーサブスクリプションの場合、ポート アダプタが許可するよりも多数の PVC をプロビジョニングするように PVC 範囲と無限範囲が設定されるため、必要に応じて動的にダウンできるよう、PVC をタイムアウト付きで設定できます。タイムアウトになると、アイドル PVC が削除され、PVC 範囲または PVC の無限範囲でシステム リソースを共有できるようになります。

ATM PVC ローカル自動プロビジョニングは、PPP over ATM、ATM ルーテッド ブリッジ エンカプセレーション、およびルーテッド RFC 1483 などのアプリケーションをサポートします。

ローカル Template-Based ATM プロビジョニング機能により、ATM PVC が、ローカル コンフィギュレーションから必要に応じて自動的にプロビジョニングされ、多数の Digital Subscriber Line(DSL; デジタル加入者線)加入者のプロビジョニングを簡単、高速、およびエラーなしで行えるようになります。

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの設定方法

ローカル Template-Based ATM プロビジョニング機能の設定作業については、次の項を参照してください。最初の 4 つのタスクのうち、1 つ以上が必須です。最後のタスクは任意です。

「VC クラス内の ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定」

「PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定」

「ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定」

「範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定」

「ATM PVC 自動プロビジョニングの確認」

「ATM PVC ローカル自動プロビジョニングのモニタおよびメンテナンス」

VC クラス内の ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

VC クラス内で ATM PVC ローカル自動プロビジョニングをイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. vc-class atm vc-class-name

4. create on-demand

5. idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

vc-class atm vc-class-name

 

Router(config)# vc-class atm auto-pppoe

ATM PVC、SVC、または ATM インターフェイス用に VC クラスを作成し、ATM VC クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

create on-demand

 

Router(config-vc-class)# create on-demand

ATM PVC 自動プロビジョニングを設定して、PVC または PVC の範囲がオンデマンドで自動的に作成されるようにします。

ステップ 5

idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

 

Router(config-vc-class)# idle-timeout 300 10

(任意)ATM SVC 接続または自動プロビジョニングされた ATM PVC 接続の切断用に、アイドル タイムアウト パラメータを設定します。

ステップ 6

end

 

Router(config-vc-class)# end

(任意)ATM VC クラス コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ATM PVC 自動プロビジョニングで設定された VC クラスを、ATM インターフェイス、ATM PVC、ATM PVC 範囲、および範囲付きの ATM PVC に割り当てることができます。


) ATM PVC 自動プロビジョニングで設定された VC クラスを ATM インターフェイスに割り当てると、インターフェイス上のすべての PVC が自動的にプロビジョニングされます。


PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

4. atm autovc retry interval

5. pvc [ name ] vpi / vci

6. create on-demand

7. idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

 

Router(config)# interface atm5/0

ATM インターフェイスを設定します。

ステップ 4

atm autovc retry interval

 

Router(config-if)# atm autovc retry 60

(任意)初期作成試行が失敗した後、ルータが自動プロビジョニングされた PVC の作成試行を繰り返す間隔を設定します。

ステップ 5

pvc [ name ] vpi / vci

 

Router(config-if)# pvc 1/300

ATM PVC を作成し、ATM 仮想回線コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

create on-demand

 

Router(config-if-atm-vc)# create on-demand

ATM PVC 自動プロビジョニングを設定して、PVC または PVC の範囲がオンデマンドで自動的に作成されるようにします。

ステップ 7

idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

 

Router(config-if-atm-vc)# idle-timeout 300 10

(任意)ATM SVC 接続または自動プロビジョニングされた ATM PVC 接続の切断用に、アイドル タイムアウト パラメータを設定します。

ステップ 8

end

 

Router(config-if-atm-vc)# end

(任意)ATM 仮想回線コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングで設定された VC クラスを割り当てることにより、PVC に対して ATM PVC ローカル自動プロビジョニングを設定することもできます。

ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

ATM PVC 範囲に対する ATM PVC 自動プロビジョニングをイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

4. atm autovc retry interval

5. range [ range-name ] pvc start-vpi / start-vci end-vpi / end-vci

6. create on-demand

7. idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

 

Router(config)# interface atm5/0

ATM インターフェイスを設定します。

ステップ 4

atm autovc retry interval

 

Router(config-if)# atm autovc retry 60

(任意)初期作成試行が失敗した後、ルータが自動プロビジョニングされた PVC の作成試行を繰り返す間隔を設定します。

ステップ 5

range [ range-name ] pvc start-vpi / start-vci end-vpi / end-vci

 

Router(config-if)# range auto pvc 0/100 1/200

ATM PVC の範囲を定義し、ATM PVC 範囲コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

create on-demand

 

Router(config-if-atm-range)# create on-demand

ATM PVC 自動プロビジョニングを設定して、PVC または PVC の範囲がオンデマンドで自動的に作成されるようにします。

ステップ 7

idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

 

Router(config-if-atm-range)# idle-timeout 300 10

(任意)ATM SVC 接続または自動プロビジョニングされた ATM PVC 接続の切断用に、アイドル タイムアウト パラメータを設定します。

ステップ 8

end

 

Router(config-if-atm-range)# end

(任意)ATM PVC 範囲コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングで設定された VC クラスを割り当てることにより、範囲に対して ATM PVC ローカル自動プロビジョニングを設定することもできます。

範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングの設定

ATM PVC 範囲内の PVC に対して ATM PVC 自動プロビジョニングをイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

4. atm autovc retry interval

5. range [ range-name ] pvc start-vpi / start-vci end-vci / end-vpi

6. pvc-in-range [ pvc-name ] [ vpi / vci ]

7. create on-demand

8. idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm slot / subslot / port[.subinterface]

 

Router(config)# interface atm5/0

ATM インターフェイスを設定します。

ステップ 4

atm autovc retry interval

 

Router(config-if)# atm autovc retry 60

(任意)初期作成試行が失敗した後、ルータが自動プロビジョニングされた PVC の作成試行を繰り返す間隔を設定します。

ステップ 5

range [range-name] pvc start-vpi / start-vci end-vpi / end-vci

 

Router(config-if)# range auto pvc 0/100 1/200

ATM PVC の範囲を定義し、ATM PVC 範囲のコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

pvc-in-range [ pvc-name ] [ vpi / ] vci ]

 

Router(config-if-atm-range)# pvc-in-range 0/101

PVC 範囲内で個々の PVC を定義し、PVC-in-range コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 7

create on-demand

 

Router(config-if-atm-range-pvc)# create on-demands

ATM PVC 自動プロビジョニングを設定して、PVC または PVC の範囲がオンデマンドで自動的に作成されるようにします。

ステップ 8

idle-timeout seconds [ minimum-rate ]

 

Router(config-if-atm-range-pvc)# idle-timeout 300 10

(任意)ATM SVC 接続または自動プロビジョニングされた ATM PVC 接続の切断用に、アイドル タイムアウト パラメータを設定します。

ステップ 9

end

 

Router(config-if-atm-range-pvc)# end

(任意)PVC-in-range コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニングで設定された VC クラスを割り当てることにより、範囲内の PVC に対して ATM PVC ローカル自動プロビジョニングを設定することもできます。

ATM PVC 自動プロビジョニングの確認

ATM PVC ローカル自動プロビジョニングが設定され、正しく機能していることを確認するには、次の手順のタスクを実行します。


ステップ 1 show running-config コマンドを入力して、コンフィギュレーションが正しいことを確認します。

ステップ 2 show atm pvc コマンドを入力します。自動プロビジョニングされた PVC の Type フィールドの値は、「PVC-A」(「A」は自動の略)になります。

Router# show atm pvc
 
VCD / Peak Avg/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells Sts
5/0.1 117 0 50 PVC-A SNAP UBR 149760 UP
5/0.1 118 0 51 PVC-A SNAP UBR 149760 UP
5/0.1 119 0 52 PVC-A SNAP UBR 149760 UP
 

ステップ 3 vpi / vci 引数を指定して show atm pvc コマンドを入力することにより、特定の PVC に対して ATM PVC ローカル自動プロビジョニングが設定されているか確認します。ATM PVC ローカル自動プロビジョニングが設定されている場合には、出力に「VC Auto Creation Enabled: local」というテキストが表示されます。

Router# show atm pvc 0/51
 
ATM5/0.1: VCD: 118, VPI: 0, VCI: 51
UBR, PeakRate: 149760
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x20000C20, VCmode: 0x0
OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Disabled
OAM VC state: Not Managed
ILMI VC state: Not Managed
InARP frequency: 15 minutes(s)
Transmit priority 4
InPkts: 0, OutPkts: 0, InBytes: 0, OutBytes: 0
InPRoc: 0, OutPRoc: 0, Broadcasts: 0
InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 0, OutAS: 0
InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
Out CLP=1 Pkts: 0
OAM cells received: 0
F5 InEndloop: 0, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
OAM cells sent: 0
F5 OutEndloop: 0, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Status: UP
PPP: Virtual-Access3 from Virtual-Template1
VC Auto Creation Enabled: local


 

ATM PVC ローカル自動プロビジョニングのモニタおよびメンテナンス

ATM PVC 自動プロビジョニングをモニタおよびメンテナンスするには、次のコマンドを 1 つ以上使用します。

手順の概要

1. enable

2. debug atm autovc { event | error | all }

3. show atm pvc

4. show atm vc

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

debug atm autovc { event | error | all }

 

Router# debug atm autovc all

自動プロビジョニングされた ATM PVC イベントとエラーに関する情報を表示します。

ステップ 3

show atm pvc

 

Router# show atm pvc

すべての ATM PVC およびトラフィック情報を表示します。

ステップ 4

show atm vc

 

Router# show atm vc

すべての ATM PVC と SVC およびトラフィック情報を表示します。

ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「ATM インターフェイスに対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例」

「PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例」

「ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例」

「範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例」

ATM インターフェイスに対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

次の例では、ATM インターフェイス 5/0 上のすべての PVC に対してローカル自動プロビジョニングがイネーブルにされています。

vc-class atm auto-pppoe
vbr-nrt 1000 100
protocol pppoe
create on-demand
idle-timeout 300 10
!
interface atm 5/0
class-int auto-pppoe
atm autovc retry 10

PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

次に、PVC に対するローカル自動プロビジョニングのコンフィギュレーション例を示します。

interface atm 5/0
pvc 1/300
create on-demand
idle-timeout 300 10

ATM PVC 範囲に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

次に、「auto」という ATM PVC ローカル自動プロビジョニングのコンフィギュレーション例を示します。

interface atm 5/0
range auto pvc 0/100 1/200
create on-demand

範囲内の PVC に対する ATM PVC ローカル自動プロビジョニング:例

次に、PVC 範囲内の PVC に対するローカル自動プロビジョニングのコンフィギュレーション例を示します。

interface atm 5/0
range auto pvc 0/100 1/200
pvc-in-range 0/101
create on-demand

その他の関連資料

ここでは、ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニング関連の参考資料を示します。

関連マニュアル

標準

標準
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 1483

『Multiprotocol Encapsulation over ATM Adaptation Layer』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS XE のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニングの機能情報

機能名
リリース
機能情報

ローカル Template-Based ATM PVC プロビジョニング

Cisco IOS XE Release 2.5

この機能は、Cisco ASR 1000 シリーズ集約サービス ルータに追加されました。

ローカル Template-Based ATM プロビジョニング機能では、ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)が、ローカル コンフィギュレーションから必要に応じて自動的にプロビジョニングされます。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの情報」

「ローカル Template-Based ATM プロビジョニングの設定方法」

次のコマンドが追加または修正されています。 atm autovc retry create on-demand debug atm autovc 、および idle-timeout