Cisco IOS XE 非同期転送モード コンフィギュレー ション ガイド
ATM OAM ping
ATM OAM ping
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ATM OAM ping

機能情報の確認

目次

ATM OAM ping 機能の前提条件

ATM OAM ping 機能の制約事項

ATM OAM ping 機能の情報

ATM OAM ping 機能の利点

ATM OAM ping 機能の使用方法

ATM インターフェイス ping(通常モード)を使用するネットワーク接続のテスト

ATM インターフェイス ping(対話モード)を使用するネットワーク接続のテスト

ping セッションの中断

ATM OAM ping の設定例

特定の PVC の接続の確認:例

通常モードの ping atm interface atm コマンド:例

対話型 ping コマンド:例

その他の関連資料

関連マニュアル

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

ATM OAM ping の機能情報

ATM OAM ping

ATM OAM ping 機能では、特定の Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)の接続を確認するために、ATM の Operation, Administration, and Maintenance(OAM; 保守運用管理)パケットが送信されます。OAM パケットに対する応答を受信すると、その PVC のステータスが表示されます。ATM OAM ping 機能によって、ネットワーク管理者は PVC の整合性を確認でき、ATM ネットワークのトラブルシューティングが容易になります。

機能情報の確認

最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ATM OAM ping の機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ATM OAM ping 機能の前提条件

ping コマンドに指定する Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)と Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)の値に対応する PVC が、あらかじめ存在している必要があります。

ATM OAM ping 機能の制約事項

ATM OAM ping 機能は、次の条件に基づく ping をサポートしていません。

Network Service Access Point(NSAP; ネットワーク サービス アクセス ポイント)のアドレス

複数ホップによるループバック

ループバック ロケーション ID

ATM OAM ping 機能の情報

ATM OAM ping 機能を使用するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「ATM OAM ping 機能の利点」

「ATM OAM ping 機能の使用方法」

ATM OAM ping 機能の利点

ATM OAM ping 機能は ping コマンドを修正したものであり、これを使用して OAM パケットを送信し、PVC 接続を確認することができます。OAM パケットに対する応答を受信すると、その PVC のステータスが表示されます。これは、デバイスのアクセス可能性をテストするための一般的な方式です。

ping atm interface atm コマンドには、次の 2 つの ATM OAM ping オプションが用意されています。

エンド ループバック:エンドツーエンドの PVC の整合性を確認します。

セグメント ループバック:直近のネイバー ATM デバイスに対する PVC の整合性を確認します。

ping atm interface atm コマンドを使用して、次の事項を調べることができます。

リモート ホストがアクティブ/非アクティブかどうか。

ホストとの通信におけるラウンドトリップ遅延。

パケット損失。

単純な ping コマンドには、ATM ネットワーク接続をテストするための対話モードが用意されています。 ping コマンドは、まず OAM コマンド ループバック セルを宛先に送信し、OAM 応答ループバック セルが返されるのを待ちます。ping が成功するのは、次の条件が満たされた場合だけです。

OAM コマンド ループバック セルが宛先に到達する。

宛先は、OAM ループバック応答セルを、 タイムアウト と呼ばれる事前に指定された時間内に発信元に返すことができる。タイムアウトのデフォルト値は Cisco ルータの場合 2 秒です。

ATM OAM ping 機能の使用方法

ここでは、 ping コマンドを使用して、ATM ネットワークのネットワーク接続をテストするタスクについて説明します。これらの作業は任意です。

「ATM インターフェイス ping(通常モード)を使用するネットワーク接続のテスト」

「ATM インターフェイス ping(対話モード)を使用するネットワーク接続のテスト」

「ping セッションの中断」

ATM インターフェイス ping(通常モード)を使用するネットワーク接続のテスト

ここでは、 ping atm interface atm コマンドを通常モードで使用してネットワークの接続をテストする方法を説明します。この場合、 ping テスト用のすべての値をコマンドラインに入力します。

手順の概要

1. enable

2. ping atm interface atm interface-number vpi-value [ vci-value [ end-loopback [ repeat [ timeout ]] | seg-loopback [ repeat [ timeout ]]]]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

ping atm interface atm interface-number vpi-value [ vci-value [ end-loopback [ repeat [ timeout ]]| seg-loopback [ repeat [ timeout ]]]]

 

ping atm interface atm 1/1/0.100 0 500

end-loopback 1 2

 

ASR 1000 シリーズ ルータの特定の PVC の接続を確認するための応答を表示します。

atm interface-number :ATM インターフェイス名。

vpi-value :仮想パス識別子。範囲は 0 ~ 255 です。

vci-value :仮想チャネル識別子。範囲は 0 ~ 65535 です。

end-loopback :ATM エンド ループバック セルを送信します。これがデフォルトです。

seg-loopback :ATM セグメント ループバック セルを送信します。

repeat :宛先に送信する ping パケット数。範囲は 1 ~ 1000 です。デフォルトは 5 です。

timeout :タイムアウト時間(秒)。範囲は 1 ~ 30 です。デフォルトは 2 です。

ATM インターフェイス ping(対話モード)を使用するネットワーク接続のテスト

ここでは、 ping コマンドを使用してネットワークの接続をテストする方法を説明します。この場合、表示されるプロンプトに従って値を入力し、 Enter キーを押すことによって ping テスト用の値を指定します。デフォルト設定を使用する場合は、値を指定せずに Enter キーを押します。

手順の概要

1. enable

2. ping

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

ping

 

Router# ping

特定の PVC の接続を確認するための応答を表示します。

ping セッションの中断

ping セッションを終了するには、エスケープ シーケンスを入力します。デフォルトでは Ctrl+Shift+6 です。

ATM OAM ping の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「特定の PVC の接続の確認:例」

「通常モードの ping atm interface atm コマンド:例」

「対話型 ping コマンド:例」

特定の PVC の接続の確認:例

次に、ATM OAM パケットを送信し、その成功を確認することによって、特定の PVC の接続を確認する例を示します。

Router# show atm pvc 10/100
 
ATM1/1/0.100: VCD: 3, VPI: 10, VCI: 100
UBR, PeakRate: 100000 (235850 cps)
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x40, VCmode: 0x0, Encapsize: 12
OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Disabled
Last cell looped No
Loop detect state 0, Last cell looped 0, OAM Retries 0, Loop Retries 0
OAM VC Status: Not Managed
ILMI VC status: Not Managed
InARP frequency: 15 minutes(s)
Transmit priority 3
InPkts: 78310, OutPkts: 78310, InBytes: 218651435, OutBytes: 218651435
InPRoc: 0, OutPRoc: 16, Broadcasts: 15
InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 78310, OutAS: 78281
InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
Out CLP=1 Pkts: 0
OAM cells received: 315
F5 InEndloop: 310, F5 InSegloop: 5, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
OAM cells sent: 315
F5 OutEndloop: 310, F5 OutSegloop: 5, F5 OutAIS: 0, F5 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Status: UP
 
VC 10/100 doesn't exist on 2 of 3 ATM interface(s)
Router#
 

通常モードの ping atm interface atm コマンド:例

次に、通常モードでの ping atm interface atm コマンドの出力例を示します。

Router# ping atm interface atm1/1/0.1 500
 
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 53-byte end-to-end OAM echoes, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/16/52 ms
 
Router# ping atm interface atm1/1/0.1 0 500 seg-loopback
 
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 53-byte segment OAM echoes, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms
 
Router# ping atm interface atm1/1/0.1 0 500 end-loopback 100 25
 
Type escape sequence to abort.
Sending 100, 53-byte end-to-end OAM echoes, timeout is 25 seconds:
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Success rate is 100 percent (100/100), round-trip min/avg/max = 4/13/180 ms
 
Router# ping atm interface atm1/1/0.1 0 500 seg-loopback 50 20
 
Type escape sequence to abort.
Sending 50, 53-byte segment OAM echoes, timeout is 20 seconds:
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Success rate is 100 percent (50/50), round-trip min/avg/max = 1/1/4 ms
 
 
Router# show atm pvc 10/100
 
ATM1/1/0.100: VCD: 3, VPI: 10, VCI: 100
UBR, PeakRate: 100000 (235850 cps)
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x40, VCmode: 0x0, Encapsize: 12
OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Received
Last cell looped No
Loop detect state 0, Last cell looped 0, OAM Retries 0, Loop Retries 0
OAM VC Status: Verified
ILMI VC status: Not Managed
VC is managed by OAM.
InARP frequency: 15 minutes(s)
Transmit priority 3
InPkts: 78310, OutPkts: 78310, InBytes: 218651435, OutBytes: 218651435
InPRoc: 0, OutPRoc: 16, Broadcasts: 15
InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 78310, OutAS: 78281
InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
Out CLP=1 Pkts: 0
OAM cells received: 331
F5 InEndloop: 326, F5 InSegloop: 5, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
OAM cells sent: 331
F5 OutEndloop: 326, F5 OutSegloop: 5, F5 OutAIS: 0, F5 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Status: UP
 
VC 10/100 doesn't exist on 2 of 3 ATM interface(s)
Router#
 

対話型 ping コマンド:例

次に、対話モードでの ping コマンドの出力例を示します。

router# ping
 
Protocol [ip]: atm
ATM Interface: atm1/1/0.100
VPI value [0]: 10
VCI value [1]: 100
Loopback - End(0), Segment(1) [0]:
Repeat Count [5]:
Timeout [2]:
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 53-byte end-to-end OAM echoes, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms
Router#
 

その他の関連資料

ここでは、ATM OAM ping 機能に関連した関連資料を示します。

関連マニュアル

内容
参照先

ATM コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト、使用上の注意事項、および例

『Cisco IOS Asynchronous Transfer Mode Command Reference』

ATM の概要

Overview of the ATM SPAs

ATM OAM トラフィック削減の設定

「ATM OAM Traffic Reduction」

OAM セルおよび PVC 管理を使用しているとき障害検出

「Troubleshooting PVC Failures When Using OAM Cells and PVC Management」

標準

標準
タイトル

ITU-T 規格 I.610(B-ISDN 運用およびメンテナンスの原則および機能に関する ITU-T 規格)

『I.610 Series I: Integrated Services Digital Network Maintenance principles』

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

ATM OAM ping の機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS XE のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 ATM OAM ping の機能情報

機能名
リリース
機能情報

ATM OAM ping

Cisco IOS XE Release 2.3

ATM OAM ping 機能では、特定の PVC の接続を確認するために ATM OAM パケットが送信されます。OAM パケットに対する応答を受信すると、その PVC のステータスが表示されます。ATM OAM ping 機能によって、ネットワーク管理者は PVC の整合性を確認でき、ATM ネットワークのトラブルシューティングが容易になります。

次のコマンドが導入または変更されました。 ping atm interface atm