Cisco IOS XE 非同期転送モード コンフィギュレー ション ガイド
ATM 条件付デバッグ サポート
ATM 条件付デバッグ サポート
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ATM 条件付デバッグ サポート

機能情報の確認

目次

ATM 条件付デバッグ サポートの前提条件

ATM 条件付デバッグ サポートの制約事項

ATM 条件付デバッグ サポートに関する情報

仮想回線レベルに拡張された ATM デバッグ

ATM インターフェイスでの ATM 条件付デバッグの設定方法

ATM インターフェイスのデバッグのイネーブル化

前提条件

ATM 条件付デバッグ サポートの設定例

特定の ATM インターフェイスおよび VPI/VCI ペアのデバッグのイネーブル化:例

特定の VCI のデバッグのイネーブル化:例

その他の関連資料

関連マニュアル

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

ATM 条件付デバッグ サポートの機能情報

ATM 条件付デバッグ サポート

ほとんどの ATM デバッグ コマンドは、システム レベルまたはインターフェイス レベルで実装されています。ATM 条件付デバッグ サポート機能は、 debug condition interface コマンドの使用によって、ATM インターフェイス、Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)、または Virtual Path Identifier/Virtual Channel Identifier(VPI/VCI; 仮想パス識別子/仮想チャネル識別子)ペアに限定したデバッグを可能にします。

機能情報の確認

最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ATM 条件付デバッグ サポートの機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ATM 条件付デバッグ サポートの前提条件

ATM 条件付デバッグ サポート機能を使用するには、1 つ以上の ATM カプセル化インターフェイスがイネーブルになり、次の debug コマンドの 1 つ以上がイネーブルになっている必要があります。

debug atm arp

debug atm counters

debug atm errors

debug atm events

debug atm oam

debug atm packet

debug atm state

ATM 条件付デバッグ サポートの制約事項

ATM 条件付デバッグ サポート機能を使用できるのは、「ATM 条件付デバッグ サポートの前提条件」の項に示す ATM デバッグ コマンドだけです。

Virtual Circuit(VC; 仮想回線)に対する条件付デバッグは、Permanent Virtual Circuits(PVC; 相手先固定接続)の場合に限りイネーブルにできます。Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)はサポートされません。

ATM 条件付デバッグ サポートに関する情報

ATM 条件付デバッグ サポート機能を使用するためには、あらかじめ次の事柄を理解しておく必要があります。

仮想回線レベルに拡張された ATM デバッグ

仮想回線レベルに拡張された ATM デバッグ

ATM の debug コマンドは、インターフェイス レベルまたはシステム レベルで実装されています。これらのレベルでの debug コマンドの出力は、特定の VC のセットについて調べる場合には、あまり有用ではありません。

Cisco IOS XE ソフトウェアには、Command-line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)で設定したさまざまなフィルタに基づく条件付デバッグをサポートするためのインフラストラクチャが備えられています。この条件付デバッグ インフラストラクチャは、既存のすべての debug コマンドの出力から不要なメッセージを取り除いたり、抑制できます。ATM 条件付デバッグ サポート機能は、このインフラストラクチャを拡張して、条件付デバッグを ATM VC レベルでサポートできるようにします。これは、 debug condition interface コマンドを拡張して、特定の仮想回線を指すキーワードを追加することによって実現しています。この機能は、従来のデバッグ機能を基に実装することができるため、下位互換性が確保されると同時に、アプリケーションが条件付デバッグを必要な場所で利用できるようになります。ただし、この拡張された debug condition interface コマンドは、旧バージョンのコマンドよりも優先されるため、従来の debug condition interface コマンドを使用するデバッグ条件設定は、新しいデバッグ条件を仮想回線でイネーブルにすると、ただちに廃棄されます。

ATM インターフェイスでの ATM 条件付デバッグの設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

ATM インターフェイスのデバッグのイネーブル化(必須)

ATM インターフェイスのデバッグのイネーブル化

指定したインターフェイスのセットで条件付デバッグをイネーブルにするには、次のタスクを実行します。

前提条件

ATM デバッグをイネーブルにし、ATM 条件付デバッグ サポート機能を適用する条件(インターフェイス、VCI、または VPI/VCI ペア)を指定する必要があります。

手順の概要

1. enable

2. debug atm [ arp | counters | errors | events | oam | packet | state ]

3. debug condition interface interface-type interface-number [ vc { vci | vpi / vci }]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

必要に応じてパスワードを入力します。

ステップ 2

debug atm [ arp | counters | errors | events | oam | packet | state ]

 

Router# debug atm state

さまざまな ATM イベントを表示します。

ステップ 3

debug condition interface interface-type interface-number [ vc { vci | vpi / vci }]

 

Router# debug condition interface ATM1/1/0 vc 10/100

デバッグの出力を、インターフェイスまたは ATM VC 番号によって制限します。

ATM 条件付デバッグ サポートの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「特定の ATM インターフェイスおよび VPI/VCI ペアのデバッグのイネーブル化:例」

「特定の VCI のデバッグのイネーブル化:例」

特定の ATM インターフェイスおよび VPI/VCI ペアのデバッグのイネーブル化:例

次に、ATM インターフェイスをイネーブルにし、インターフェイスに IP アドレスを指定し、VPI/VCI ペアが 10/100 であるこのインターフェイスに関する条件付デバッグをイネーブルにして、そのデバッグがイネーブルになっていることを確認する方法の例を示します。

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
 
Router(config)# interface atm 1/1/0.100 point-to-point
Router(config-if)# ip address 10.0.0.5 255.255.255.0
Router(config-if)# pvc 10/100
Router(config-if-atm-vc)# no shutdown
Router(config-if)# exit
Router(config)# exit
Router#
Router# debug atm state
 
ATM VC States debugging is on
 
Router# debug condition interface ATM1/1/0 vc 10/100
 
Condition 1 set
Router#

特定の VCI のデバッグのイネーブル化:例

次に、特定の VCI の条件付デバッグをイネーブルにする方法の例を示します。特定の VCI だけについての条件付デバッグイネーブルにする場合は、VPI 値が自動的に 0 に設定されることに注意してください。

Router# debug condition interface atm 1/0 vc 4335
 
Condition 1 set
 
Router# configure terminal
 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
 
Router(config)# interface atm 1/0
Router(config-if)# pvc 4335
Router(config-if-atm-vc)# end
Router#
 
*Jul 12 21:46:52.487: atmdx_setup_vc(ATM1/0): vc=5, vpi=0, vci=4335, config_status=0
*Jul 12 21:46:52.487: atmdx_setup_cos(ATM1/0): vc=5, wred_name=, max_q=0
*Jul 12 21:46:52.487: ATM VC Debug: Condition 1, atm-vc 0/4335 AT1/0 triggered, count 1
*Jul 12 21:46:52.487: ATM1/0 Current Active VC count 4
 
*Jul 12 21:46:52.487: ATM VC notification event 0
*Jul 12 21:46:52.487: atmdx_platform_set_vc_state(ATM1/0): Setting the VC 5 state to UP
*Jul 12 21:46:52.487: ATM: PVC activated, ATM1/0 VCD 5 (0/4335)
*Jul 12 21:46:52.487: ATM VC notification event 2
*Jul 12 21:46:52.487: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 
 
Router# show atm vc
 
Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE
 
VCD / Peak Av/Min Burst
Interface Name VPI VCI Type Encaps SC Kbps Kbps Cells St
1/0 1 0 16 PVC ILMI UBR 149760 UP
1/0.10 4 0 100 PVC SNAP UBR 149760 UP
1/0 5 0 4335 PVC SNAP UBR 149760 UP
1/0.1 one 1 40 PVC SNAP UBR 149760 UP
1/0 2 3 100 PVC-A SNAP VBR 1000 1000 0 IN
4/ima1 1 23 34 PVC SNAP UBR 0 IN

その他の関連資料

ここでは、ATM 条件付デバッグ サポート機能の関連資料について説明します。

関連マニュアル

内容
参照先

条件によりトリガーされるデバッグ

Cisco IOS Debug Command Reference 』の「Conditionally Triggered Debugging」 の章

ATM の概要

Overview of the ATM SPAs

ATM コマンド:コマンド構文の詳細、デフォルト、コマンド モード、コマンド履歴、使用上の注意事項、および例

『Cisco IOS Asynchronous Transfer Mode Command Reference』

標準

標準
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

ATM 条件付デバッグ サポートの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS XE のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 ATM 条件付デバッグ サポートの機能情報

機能名
リリース
機能情報

ATM 条件付デバッグ サポート

Cisco IOS XE Release 2.3

ATM 条件付デバッグ サポート機能は、ATM インターフェイス、VCI、または VPI/VCI ペアに限定したデバッグを可能にします。

今後、次のコマンドが導入または変更されます。 debug condition interface show debug