Cisco IOS IP マルチキャスト コンフィギュレー ション ガイド
Router-Port Group Management Protocol (RGMP)の設定
Router-Port Group Management Protocol(RGMP)の設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/04/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

Router-Port Group Management Protocol(RGMP)の設定

IP Multicast Routing の概要

RGMP の概要

RGMP 設定作業リスト

前提条件

RGMP のイネーブル化

RGMP の設定確認

RGMP のモニタリングおよびメンテナンス

RGMP の設定例

Router-Port Group Management Protocol(RGMP)の設定

機能の履歴

リリース
変更点

Cisco IOS

Cisco IOS ソフトウェアの機能サポートに関する情報については、Cisco Feature Navigator を使用してください。

Cisco IOS XE Release 2.1

この機能は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで導入されました。

この章では、Router-Port Group Management Protocol(RGMP)について説明します。RGMP は、スイッチド ネットワークで IP マルチキャストを制限するシスコのプロトコルです。RGMP は、ルータがトラフィックを受信または転送する IP マルチキャスト グループを、ルータがスイッチ(またはレイヤ 2 スイッチとして動作するネットワーキング デバイス)と通信できるようにする、レイヤ 2 プロトコルです。RGMP は、RGMP 対応ルータのインターフェイスに接続されている、RGMP 対応スイッチのポートで、マルチキャスト トラフィックを制限します。

この章の RGMP コマンドの詳細な説明は、『 Cisco IOS IP Multicast Command Reference 』を参照してください。この章で使用される他のコマンドの説明については、コマンド リファレンスのマスター索引を参照するか、またはオンラインで検索してください。

機能に関連付けられたハードウェア プラットフォームまたはソフトウェア イメージの情報を識別するには、Cisco.com の Feature Navigator を使用して機能についての情報を検索するか、特定のリリースのソフトウェア リリース ノートを参照してください。

IP Multicast Routing の概要

Cisco IOS ソフトウェアは、IP マルチキャスト ルーティングを実装するために次のプロトコルをサポートしています。

Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)は、ホストがメンバになっているマルチキャスト グループを追跡するために LAN 上のホストと LAN 上のルータ間で使用されます。

プロトコル独立マルチキャスト(PIM)は、ルータが相互に転送するマルチキャスト トラフィックとルータに直接接続された LAN に転送するマルチキャスト トラフィックを追跡するためにルータ間で使用されます。

Distance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP; ディスタンス ベクトル マルチキャスト ルーティング プロトコル)は、インターネットの Multicast Backbone(MBONE; マルチキャスト バックボーン)上で使用されるプロトコルです。Cisco IOS ソフトウェアは、PIM と DVMRP の間の相互作用をサポートしています。

Cisco Group Management Protocol(CGMP; Cisco グループ管理プロトコル)は、IGMP によって実行される作業と同様の作業を実行するために、Catalyst スイッチに接続されたルータ上で使用されるプロトコルです。

RGMP は、IP マルチキャスト トラフィックを制限するために、レイヤ 2 スイッチとして動作している Catalyst スイッチまたはネットワーキング デバイスに接続されているルータ上で使用される、プロトコルです。プロトコルは、特に、ルータがトラフィックを受信または転送する IP マルチキャスト グループを、ルータがスイッチと通信できるようにします。

図 1 に、これらのプロトコルが IP マルチキャスト環境内のどの部分で動作するかを示します。

図 1 IP マルチキャスト ルーティング プロトコル

 


) CGMP と RGMP は、同じスイッチド ネットワークでは相互動作できません。RGMP が、あるスイッチ上またはルータ インターフェイス上でイネーブルの場合、CGMP は、そのスイッチ上またはルータ インターフェイス上で自動的にディセーブルにされます。CGMP が、あるスイッチ上またはルータ インターフェイス上でイネーブルの場合、RGMP は、そのスイッチ上またはルータ インターフェイス上で自動的にディセーブルにされます。


RGMP の概要

RGMP は、ルータがトラフィックを受信または転送する IP マルチキャスト グループを、ルータがスイッチと通信できるようにします。RGMP は、PIM Sparse Mode(PIM-SM; PIM 希薄モード)または希薄-稠密モードで実行中のスイッチド イーサネット バックボーン ネットワークのために設計されています。


) スイッチド ネットワーク内で RGMP 対応スイッチおよびルータ インターフェイスでは、マルチキャスト トラフィックを受信する、直接接続の、マルチキャスト対応ホストが、サポートされます。スイッチド ネットワーク内で RGMP 対応スイッチおよびルータ インターフェイスでは、マルチキャスト トラフィックのソースである、直接接続の、マルチキャスト対応ホストは、サポートされません。マルチキャスト対応ホストは、PC、ワークステーション、またはルータで実行されているマルチキャスト アプリケーションの可能性があります。


図 2 に、希薄モード、RGMP、および IGMP スヌーピングが実行されているスイッチド イーサネット バックボーン ネットワークを示します。

図 2 スイッチド ネットワークの RGMP

 

図 2 では、2 つの異なるマルチキャスト グループのソース(グループ A のソースとグループ B のソース)によって、同じスイッチド ネットワークにトラフィックが送信されています。RGMP がない場合、ソース A からのトラフィックが、スイッチ A からスイッチ B に、次にルータ B とルータ D に、不必要にフラッディングされます。また、ソース B からのトラフィックが、スイッチ B からスイッチ A に、次にルータ A とルータ C に、不必要にフラッディングされます。このネットワークのすべてのルータおよびスイッチで RGMP がイネーブルの場合、ソース A からのトラフィックはルータ B およびルータ D にはフラッディングされません。また、ソース B からのトラフィックは、ルータ A およびルータ C にはフラッディングされません。両方のソースからのトラフィックは、スイッチ A とスイッチ B の間でフラッディングされ続けます。RGMP によって、接続されているルータがある、他の RGMP 対応スイッチへのリンクでのトラフィックは、制限されないため、このリンクを介したフラッディングは、発生し続けます。

スイッチド ネットワークで不要なマルチキャスト トラフィックを制限することによって、RGMP では、ネットワークの他のすべてのマルチキャスト トラフィックで使用可能な帯域幅が増え、ルータの処理リソースが節約されます。

図 3 に、RGMP 対応ルータと RGMP 対応スイッチとの間で送信される RGMP メッセージを示します。

図 3 RGMP メッセージ

 

ルータによって、同時 PIM ハロー メッセージ(または、PIM バージョン 1 の場合は PIM クエリー メッセージ)および RGMP ハロー メッセージが、スイッチに送信されます。隣接 PIM ルータを探すために、PIM ハロー メッセージが使用されます。RGMP ハロー メッセージによって、RGMP ハロー メッセージを受信したスイッチからのインターフェイスですべてのマルチキャスト トラフィックを制限するよう、スイッチに指示が出されます。


) RGMP メッセージがマルチキャスト アドレス 224.0.0.25 に送信されます。224.0.0.25 は、ルータからスイッチに IP マルチキャスト トラフィックを送信するために、Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネット割り当て番号局)によって予約されているローカルリンク マルチキャスト アドレスです。

ルータとスイッチの両方で RGMP がイネーブルではない場合、スイッチによって、PIM ハロー メッセージを受信したスイッチからインターフェイス外に、すべてのマルチキャスト トラフィックが自動的に転送されます。


ルータで、特定のマルチキャスト グループに対するトラフィックを受信するときには、ルータによって、RGMP 加入 <G> メッセージ(G はマルチキャスト グループ アドレス)が、スイッチに送信されます。RGMP 加入メッセージによって、RGMP ハロー メッセージを受信したスイッチからインターフェイス外のグループ <G> に対するマルチキャスト トラフィックを転送するよう、スイッチに指示が出されます。


) ルータによって、マルチキャスト グループに対するトラフィックがスイッチド ネットワークに転送されるのみの場合でも、ルータによって、マルチキャスト グループに対する RGMP 加入 <G> メッセージがスイッチに送信されます。特定のマルチキャスト グループに加入することによって、ルータでは、別のルータによって、マルチキャスト グループに対するトラフィックが同じスイッチド ネットワークにも転送されるかどうかを特定できます。2 つのルータによって、特定のマルチキャスト グループに対するトラフィックが同じスイッチド ネットワークに転送されている場合、2 つのルータでは、PIM アサート メカニズムを使用して、マルチキャスト トラフィックをネットワークに転送し続ける必要があるのはどのルータかが決定されます。


ルータで、特定のマルチキャスト グループに対するトラフィックの受信を停止するときには、ルータによって、RGMP 脱退 <G> メッセージがスイッチに送信されます。RGMP 脱退メッセージによって、PIM ハロー メッセージと RGMP ハロー メッセージを受信したスイッチからのポートでマルチキャスト トラフィックの転送を停止するよう、スイッチに指示が出されます。


) RGMP 対応ルータでは、(特定のマルチキャスト グループに対して複数のソースが存在する場合)特定のマルチキャスト グループに対するトラフィックを、どのソースからも受信または転送しなくなるまで、RGMP 脱退 <G> メッセージは送信できません。


ルータ上で RGMP が無効にされるときに、ルータによって、RGMP バイ メッセージがスイッチに送信されます。スイッチのポート上で PIM ハロー メッセージを受信し続ける限り、RGMP バイ メッセージによって、PIM ハロー メッセージと RGMP ハロー メッセージを受信したスイッチからのポート上のすべての IP マルチキャスト トラフィックをルータに転送するよう、スイッチに指示が出されます。

RGMP 設定作業リスト

RGMP を設定するには、以降の項で説明する作業を実行します。最初の 2 項の作業は必須ですが、残りの項の作業は任意です。

RGMP のイネーブル化(必須)

RGMP の設定確認(任意)

この章の最後にあるセクションRGMP の設定例を参照してください。

前提条件

RGMP をイネーブルにする前に、使用しているルータで次の機能がイネーブルであることを確認してください。

IP ルーティング

IP マルチキャスト

希薄モード、希薄-稠密モード、ソース固有モード、または双方向モードの PIM

ルータが双方向グループにある場合、Designated Forwarder(DF; 指定フォワーダ)として動作しないインターフェイス上でのみ、RGMP をイネーブルにしてください。DF として動作しているインターフェイスで RGMP をイネーブルにした場合、インターフェイスでは、Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)の双方向共有ツリーまでは、マルチキャスト パケットは転送されません。

スイッチ上では、次の機能をイネーブルに設定する必要があります。

IP マルチキャスト

IGMP スヌーピング


) RGMP スイッチ設定作業とコマンド情報については、Catalyst スイッチのソフトウェア マニュアルを参照してください。


RGMP のイネーブル化

RGMP をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モード開始時に、ネットワーク内のすべてのルータで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface type number

RGMP を設定するルータ インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-if)# ip rgmp

指定のインターフェイス上で RGMP をイネーブルにします。

RGMP の設定方法の例については、この章の以降にある「RGMP の設定例」の項を参照してください。

RGMP の設定確認

RGMP が正しいインターフェイスでイネーブルであることを確認するには、 show ip igmp interface EXEC コマンドを使用します。

Router> show ip igmp interface
 
Ethernet1/0 is up, line protocol is up
Internet address is 10.0.0.0/24
IGMP is enabled on interface
Current IGMP version is 2
RGMP is enabled
IGMP query interval is 60 seconds
IGMP querier timeout is 120 seconds
IGMP max query response time is 10 seconds
Last member query response interval is 1000 ms
Inbound IGMP access group is not set
IGMP activity: 1 joins, 0 leaves
Multicast routing is enabled on interface
Multicast TTL threshold is 0
Multicast designated router (DR) is 10.0.0.0 (this system)
IGMP querying router is 10.0.0.0 (this system)
Multicast groups joined (number of users):
224.0.1.40(1)

) インターフェイス上で RGMP がイネーブルではない場合、そのインターフェイスの show ip igmp interface コマンドの出力では、RGMP 情報は表示されません。


RGMP のモニタリングおよびメンテナンス

RGMP デバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的
Router# debug ip rgmp [ group-name | group-address ]

RGMP 対応ルータによって送信されたデバッグ メッセージを記録します。

引数なしでコマンドを使用すると、ルータに設定されているすべてのマルチキャスト グループに対する RGMP 加入 <G> メッセージおよび RGMP 脱退 <G> メッセージが記録されます。引数付きでコマンドを使用すると、指定されているグループに対する RGMP 加入 <G> メッセージおよび RGMP 脱退 <G> メッセージが記録されます。

図 4 に、RGMP 加入 <G> メッセージおよび RGMP 脱退 <G> メッセージが、ルータによって RGMP 対応スイッチに送信されるときに、RGMP 対応ルータによって記録されるメッセージのデバッグ メッセージを示します。

図 4 RGMP デバッグ メッセージ

 

RGMP の設定例

ここでは、図 5 に示されているルータおよびスイッチに対する個々の設定を示す、RGMP 設定例について説明します。

図 5 RGMP の設定例

 

ルータ A の設定

ip routing
ip multicast-routing
 
interface ethernet 1/0
ip address 10.0.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
no shutdown
 
interface ethernet 1/1
ip address 10.1.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
ip rgmp
no shutdown

ルータ B の設定

ip routing
ip multicast-routing
 
interface ethernet 1/0
ip address 10.2.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
no shutdown
 
interface ethernet 1/1
ip address 10.3.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
ip rgmp
no shutdown

ルータ C の設定

ip routing
ip multicast-routing
 
interface ethernet 1/0
ip address 10.4.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
no shutdown
 
interface ethernet 1/1
ip address 10.5.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
ip rgmp
no shutdown

ルータ D の設定

ip routing
ip multicast-routing
 
interface ethernet 1/0
ip address 10.6.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
no shutdown
 
interface ethernet 1/1
ip address 10.7.0.1 255.0.0.0
ip pim sparse-dense-mode
ip rgmp
no shutdown

スイッチ A の設定

Switch> (enable) set igmp enable
Switch> (enable) set rgmp enable

スイッチ B の設定

Switch> (enable) set igmp enable
Switch> (enable) set rgmp enable


このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

© 2007 Cisco Systems, Inc.
All rights reserved.