Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.4 T

Cisco NM-1A-T3/E3 Network Module コンフィギュレーション ガイド

Cisco NM-1A-T3/E3 Network Module コンフィギュレーション ガイド
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2010/09/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco NM-1A-T3/E3 Network Module

マニュアルの内容

Cisco ATM T3/E3 Network Module の制約事項

Cisco ATM T3/E3 Network Module の概要

ATM

VC

PVC

SVC

CoS

Cisco ATM T3/E3 Network Module の設定方法

カード タイプの設定

カード タイプの変更

トラブルシューティングのヒント

ATM インターフェイスのイネーブル化

PVC の設定

PVC の作成

プロトコル アドレスと PVC のマッピング

AAL およびカプセル化 タイプの設定

PVC トラフィック パラメータの設定

SVC

ILMI との通信の設定

SVC コール設定を実行する PVC の設定

NSAP アドレスの設定

ESI およびセレクタ フィールドの設定

SVC の作成

ATM T3/E3 Network Module のカスタマイズ

ATM フレーム同期の設定

ループバック モードの設定

設定例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

技術サポート

Japan TAC Web サイト

コマンド リファレンス

debug atm t3e3

Cisco ATM T3/E3 Network Module の機能情報

Cisco NM-1A-T3/E3 Network Module
コンフィギュレーション ガイド

OL-10215-01-J
初版:2007 年 6 月 28 日

Cisco NM-1A-T3/E3(以降 ATM T3/E3)Network Module を使用すると、T3 または E3 接続で Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)サービスを実現できます。このフィーチャ モジュールでは、それぞれの接続の ATM T3/E3 Network Module の設定方法について説明します。ATM T3/E3 Network Module は Cisco ISR 2800、Cisco 3600 ルータ、および Cisco ISR 3800 でサポートされ、次の機能を備えています。

Constant Bit Rate(CBR; 固定ビット レート)、Variable Bit Rate(VBR; 可変ビット レート)、Available Bit Rate(ABR; 使用可能ビット レート)、Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)、および UBR+ などの ATM トラフィック管理機能

Classic IP over ATM カプセル化(RFC 1577)

Multiprotocol Encapsulation over ATM Adaptive Layer 5(AAL5; ATM アダプテーション レイヤ 5)セグメンテーション(RFC 1483)

Point-to-Point Protocol(PPP; ポイントツーポイント プロトコル)over ATM

LAN Emulation(LANE; LAN エミュレーション)

このモジュールでの機能検索

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されているすべての機能がサポートされているとは限りません。このモジュールの特定機能のマニュアルへのリンク、および各機能をサポートするリリースのリストを検索するには、「Cisco ATM T3/E3 Network Module の機能情報」を参照してください。

プラットフォームおよび Cisco IOS と Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS と Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、
http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Cisco ATM T3/E3 Network Module の制約事項

Cisco ATM T3/E3 Network Module には次の制約事項が適用されます。

ATM T3/E3 Network Module にはデフォルトのカード タイプ設定はありません。ATM T3/E3 Network Module を稼働する前に、T3 または E3 に設定する必要があります。

ATM T3/E3 Network Module では atm vc-per-vp コマンドはサポートされていません。

Cisco ATM T3/E3 Network Module の概要

Cisco ATM T3/E3 Network Module を設定するには、次の事項を理解する必要があります。

「ATM」

「PVC」

「SVC」

「CoS」

ATM

ATM は、セルリレーの International Telecommunication Union-Telecommunications Standards Section(ITU-T; 国際電気通信連合電気通信標準化部門)規格です。セルリレーには、複数のサービス タイプ(音声、ビデオ、データなど)の情報が含まれていて、コネクション型 Virtual Circuit(VC; 仮想回線)を経由して小さな固定サイズ(53 バイト)セルで伝送されます。

VC

VC はリモート ホストとルータ間のポイントツーポイント接続です。1 つの VC がルータと通信する ATM End Node(EN; エンドノード)のそれぞれに確立されます。VC の特性は VC が作成されたときに設定され、次の特性があります。

CoS

AAL5

暗号化タイプ:

Logical Link Control(LLC; 論理リンク制御)Subnetwork Address Protocol(AAL5SNAP)

Multiplexer(MUX; マルチプレクサ)(AAL5MUX)

Network Layer(ネットワーク レイヤ)Protocol ID(AAL5NLPID)

統合ローカル管理インターフェイス(ILMI)

Switched Multimegabit Data Service(SMDS; スイッチド マルチメガビット データ サービス)

ITU/Q.2931 Signaling ATM Adaptation Layer(AAL; ATM アダプテーション レイヤ)(QSAAL)

Cisco AUTO PPP over AAL5(aal5autoppp)

Cisco PPP over AAL5(aal5ciscoppp)

各 VC は次のルータ機能をサポートします。

マルチプロトコル スイッチング

IP パケットのファースト スイッチング

IP パケットのフローおよび Cisco Express Forwarding(CEF)スイッチング

マルチキャスト パケットの疑似ブロードキャスト サポート

デフォルトでは、CEF スイッチングはすべての ATM T3/E3 モジュール インターフェイスでイネーブルです。インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、これらのスイッチング機能をオフにできます。フローは各インターフェイスで明示的にイネーブルにする必要があります。

PVC

Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)を使用するには、ルータと ATM スイッチの両方で PVC を設定します。どちらかの設定から回線が削除されるまで、PVC はアクティブのままになります。PVC を設定すると、すべての設定オプションが OC-3 モジュールに渡されます。NVRAM にこれらの PVC を書き込むことができます。PVC はシステム イメージのリロード時に使用されます。

ATM スイッチによっては、ブロードキャストと同様の働きをする Point-to-Multipoint(p2mp; ポイントツーマルチポイント)PVC を持つものもあります。p2mp PVC をすべてのマルチキャスト リクエスト用の唯一のブロードキャスト PVC として使用できます。インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、これらのスイッチング機能をオフにできます。フローは各インターフェイスで明示的にイネーブルにする必要があります。

SVC

ATM Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)サービスは X.25 SVC サービスと同様に機能しますが、ATM のスループットは X.25 よりかなり高くなります。VC が作成され、動的にリリースされると、ユーザ Bandwidth On Demand(BOD; オンデマンド帯域幅)が提供されます。このサービスにはルータとスイッチの間にシグナリング プロトコルが必要です。

ATM シグナリング ソフトウェアを使用すると、User-Network Interface(UNI; ユーザネットワーク インターフェイス)で ATM 接続を動的に確立、維持、クリアすることができます。ATM シグナリング ソフトウェアは ATM フォーラム UNI 3.0 または ATM フォーラム UNI 3.1 に準拠しています。準拠するバージョンは Interim Local Management Interface(ILMI; 暫定ローカル管理インターフェイス)が選択するバージョンにより異なります。

UNI モードでは、ユーザはルータで、ネットワークは ATM スイッチです。これは重要な違いです。シスコ製のルータは ATM レベルの呼ルーティングを実行しません。その代わりに、ATM スイッチが ATM 呼ルーティングを実行します。ルータは呼ルーティングの結果生じた回線にパケットをルーティングします。ルータはユーザとして機能する、回線の終端にある LAN 相互接続デバイスです。ATM スイッチはネットワークとして機能します。

CoS

ATM リソースは接続ごと(SVC ごと)に動的に指定できます。ATM T3/E3 Network Module は 4 つの Classe of Service(CoS; サービス クラス)をサポートします。

CBR:このクラスは回線交換をエミュレートします。CBR は 0 という最高の転送プライオリティを持ちます。CBR は音声やビデオなどの接続に使用できます。この帯域幅は Peak Cell Rate(PCR; ピーク セル レート)という特徴があります。

VBR:VBR は非リアルタイム(VBR-nrt)およびリアルタイム(VBR-rt)で利用可能です。VBR は 1 という 2 番めに高い転送プライオリティを持ちます。VBR はユーザ情報のアベイラビリティによって異なるさまざまなレートでトラフィックを送信します。

ABR:ABR は 2 という転送プライオリティを持ちます。ABR はレートベースのフロー制御を提供し、データ トラフィックを対象としています。

UBR:UBR は 3 という転送プライオリティを持ちます。UBR は接続に未使用帯域幅を使用する「ベストエフォート型」の CoS です。UBR+ として分類されたトラフィックは、Minimum Cell Rate(MCR; 最小セルレート)トラフィック パラメータを使用して最小ラインレートを保証されます。

Cisco ATM T3/E3 Network Module の設定方法

ATM T3/E3 Network Module を設定するには、次の手順を実行します。

「カード タイプの設定」

「カード タイプの変更」

「ATM インターフェイスのイネーブル化」

「PVC の設定」

カード タイプの設定

T3 または E3 動作用に ATM T3/E3 Network Module を設定するには、次の手順を実行します。


) ATM T3/E3 Network Module はカード タイプを設定するまで動作しません。


手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. card type {t3 | e3} slot

手順の詳細

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

card type { t3 | e3 } slot

 

Router(config)# card type t3 1

ATM T3/E3 Network Module の T3 または E3 接続を指定します。

カード タイプの変更

T3 または E3 動作用に ATM T3/E3 Network Module を変更するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. no card type {t3 | e3}

4. card type {t3 | e3} slot

5. reload

手順の詳細

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

no card type {t3 | e3}

 

Router(config)# no card type t3

(任意)以前に設定されたカード タイプを削除します。

ステップ 4

card type { t3 | e3 } slot

 

Router(config)# card type t3 1

ATM T3/E3 Network Module の T3 または E3 接続を指定します。

ステップ 5

reload

 

Router(config)# reload

変更を有効にするためにルータをリロードします。


) T3 カード タイプから E3 カード タイプに変更する場合、インターフェイスが 34 Mbps 以下に設定されていることを確認してください。34 Mbps は E3 接続の最大帯域幅です。


トラブルシューティングのヒント

T3 インターフェイスは ATM では 44,209 kbps、Physical Layer Convergence Procedures(PLCP; 物理層コンバージェンス プロシージャ)モードでは 40,700 kbps の最大帯域幅をサポートします。E3 インターフェイスは ATM で33,920 kbps、PLCP モードで 30,528 kbps の最大帯域幅をサポートします。

インターフェイスで使用する合計帯域幅が 34 Mbps を超えると、カード タイプが T3 から E3 に変更になり、VC のトラフィック シェーピング特性も変更になります。Cisco IOS ソフトウェアは、割り当てられた保証帯域幅の合計が E3 の許可最大帯域幅を超えないように VC を再設定します。

ATM インターフェイスのイネーブル化

ATM T3/E3 インターフェイスをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードを開始して、次の手順を実行します。

手順の概要

1. interface ATM slot

2. atm clock internal

3. no shut down

手順の詳細

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

interface ATM slot

 

Router(config)# interface ATM 1

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

atm clock internal

 

Router(config-if)# atm clock internal

ネットワーク モジュールと接続された ATM ポートが line に設定されている場合は必須です。その他の場合は任意です。

ATM クロック ソースを指定します。デフォルトのソースは line です。

ステップ 3

no shutdown

 

Router(config)# no shutdown

(任意)ATM インターフェイスをイネーブルにします。これにより、インターフェイスで Segmentation And Reassembly(SAR; セグメンテーション リアセンブリ)動作が開始されます。ATM インターフェイスはデフォルトでイネーブルです。

PVC の設定

PVC を使用するには、ルータと ATM スイッチの両方に PVC を設定する必要があります。どちらかの設定から回線が削除されるまで、PVC はアクティブのままになります。

PVC を設定するには、次の手順を実行します。

PVC の作成

プロトコル アドレスと PVC のマッピング

AAL およびカプセル化 タイプの設定

PVC トラフィック パラメータの設定

PVC の作成

ATM インターフェイスに PVC を作成し、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを開始するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始して、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# pvc [ name ] vpi/vci [ ilmi | qsaal ]

 

Router(config-if)# pvc cisco 0/16 ilmi

名前(任意)および VPI/VCI 値を割り当て、新しい ATM PVC を設定します。interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを開始します。(任意)ILMI または QSAAL カプセル化を設定します。

vpi の値の範囲は 0 ~ 255です。 vci の値の範囲は 1 ~ 65535です。

一度 PVC の名前を指定すれば、 pvc name を入力するだけで interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを再び開始できます。

プロトコル アドレスと PVC のマッピング

ATM インターフェイスは、リモート ホストまたはルータのネットワーク アドレスを識別する静的なマッピング方式をサポートしています。ここでは、PVC とアドレスのマッピング方法について説明します。このマッピングは PVC を設定するために必要です。

プロトコル アドレスと PVC をマッピングするには、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if-atm-vc)# protocol protocol protocol-address [ [ no ] broadcast ]

 

Router(config)# protocol ip 10.68.34.237 broadcast

プロトコル アドレスと PVC をマッピングします。


protocol コマンドを使用して PVC のブロードキャストを直接イネーブルまたはディセーブルにすると、このブロードキャストの設定はbroadcast コマンドを使用して行われた直接設定よりも優先されます。


AAL およびカプセル化 タイプの設定

VC に ATM Adaptation Layer(AAL; ATM アダプテーション レイヤ)およびカプセル化タイプを設定するには、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを開始して、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if-atm-vc)# encapsulation { aal2 | aal5auto | aal5autoppp virtual - template number [ group group-name ] | aal5ciscoppp virtual - template number | aal5mux protocol | aal5nlpid | aal5snap }

 

Router(config-if-atm-vc)# encapsulation aal5auto

VC に AAL およびカプセル化タイプを設定します。

AAL タイプの説明については、『 Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference 』の「ATM Commands」の章の encapsulation aal5 コマンドを参照してください。

PVC トラフィック パラメータの設定

ATM T3/E3 Network Module でサポートされるトラフィック パラメータ(または CoS)は CBR、リアルタイムおよび非リアルタイム VBR、UBR、UBR+、および ABR です。

VC に PVC トラフィック パラメータを設定するには、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを開始して、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if-atm-vc)# abr output-pcr output-mcr

 

Router(config-if-atm-vc)# abr 10000 3000

ABR を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# ubr output-pcr

 

Router(config-if-atm-vc)# ubr 10000

UBR を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# ubr+ output-pcr output-mcr

 

Router(config-if-atm-vc)# ubr+ 10000 3000

UBR+ を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# vbr-nrt output-pcr output-scr output-mbs

 

Router(config-if-atm-vc)# vbr-nrt 10000 5000 64

非リアルタイム VBR を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# vbr-rt peak-rate average-rate burst

 

Router(config-if-atm-vc)# vbr-rt 10000 3000 64

リアルタイム VBR を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# cbr rate

 

Router(config-if-atm-vc)# cbr 10000

CBR を設定します。

-pcr -scr 、および -mcr 引数はそれぞれ PCR、平均セルレート(Sustainable Cell Rate)、保証最小セルレートを示します。単位は kbps です。 -mbs 引数はセル数の最大バースト サイズ(Maximum Burst Size; MBS)です。

peak rate average rate 、および rate 引数の単位は kbps です。 burst 引数の単位はセル数です。

ABR VC では、ネットワークまたは宛先からのフロー制御情報に応じてセル伝送レートを増減させるファクタを任意に指定できます。このオプションを設定するには、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if-atm-vc)# atm abr rate-factor [ rate-increase-factor ] [ rate-decrease-factor ]

 

Router(config-if-atm-vc)# atm abr rate-factor 32 32

ABR レート ファクタを指定します。デフォルトの Rate Increase Factor(RIF; レート増加ファクタ)は 16 です。デフォルトの Rate Decrease Factor(RDF; レート低減ファクタ)は 16 です。

SVC

SVC を設定するには、次のセクションを実行します。

ILMI との通信の設定

SVC コール設定を実行する PVC の設定

NSAP アドレスの設定

SVC の作成

ILMI との通信の設定

SVC 環境では、ルータが Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップおよび新しいネットワーク プレフィクスを受信できるように、ILMI との通信用に PVC を設定する必要があります。ILMI PVC の推奨 vpi 値と vci 値はそれぞれ 0 と 16 です。ILMI 通信を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# pvc [ name ] 0/16 ilmi

 

Router(config-if)# pvc cisco 0/16 ilmi

ATM メイン インターフェイスで ILMI PVC を作成します。


) この ILMI PVC を設定できるのは ATM メイン インターフェイスだけです。ATM サブインターフェイスでは設定できません。


ILMI PVC を設定すると、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用して ILMI キープアライブ機能を任意でイネーブルにできます。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# atm ilmi-keepalive [ seconds ]

 

Router(config-if)# atm ilmi-keepalive 6

ILMI キープアライブをイネーブルにし、キープアライブのインターバルを設定します。

その他の設定手順は必要ありません。

SNMP トラップおよび新しいネットワーク プレフィクスの受信用の ILMI アドレス登録は、デフォルトでイネーブルになっています。ILMI キープアライブ機能はデフォルトでディセーブルになっています。イネーブルにした場合、デフォルトのキープアライブのインターバルは 3 秒です。

SVC コール設定を実行する PVC の設定

ATM はアウトオブバンド シグナリングを使用します。ルータと ATM スイッチの間には専用の PVC が 1 つあり、すべての SVC の呼の確立および呼の終了の要求フローを実行します。呼の確立後、データ転送が SVC を使用してルータ間で発生します。呼の確立と解放を実行するシグナリングは、レイヤ 3 シグナリングまたは Q.2931 プロトコルと呼ばれます。

アウトオブバンド シグナリングの場合、SVC をセットアップする前にシグナリング PVC を設定する必要があります。図1 に、2 つの SVC セットアップするための、送信元ルータから ATM スイッチへのシグナリング PVC の使用方法を示します。これはフル メッシュ構造のネットワークで、ワークステーション A、B、および C は相互に通信できます。

図1 シグナリング PVC 内の SVC

 

すべての SVC 接続用のシグナリング PVC を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# pvc [ name ] vpi/vci qsaal

 

Router(config-if)# pvc cisco 0/5 qsaal

SVC を使用する ATM メイン インターフェイスのシグナリング PVC を設定します。


) このシグナリング PVC を設定できるのは ATM メイン インターフェイスだけです。ATM サブインターフェイスでは設定できません。


VPI と VCI の値はローカル スイッチと整合するように設定する必要があります。VPI および VCI の標準の値はそれぞれ 0 と 5 です。

NSAP アドレスの設定

シグナリングと関係する各 ATM インターフェイスは、Network Service Access Point(NSAP; ネットワーク サービス アクセス ポイント)アドレスとともに設定する必要があります。NSAP アドレスはインターフェイスの ATM アドレスで、ネットワーク全体で一意である必要があります。

NSAP アドレスを設定するには、次のセクションの 1 つで説明する手順を実行します。

ESI およびセレクタ フィールドの設定

スイッチが ILMI を使用してルータへの NSAP アドレス プレフィクスを配信することができて、ルータが ILMI を経由するスイッチとの通信用に PVC を使用して設定される場合、 atm esi-address コマンドを使用して、端末 ID(ESI)およびセレクタ フィールドを設定できます。 atm esi-address コマンドを使用すると、ESI(12 文字の 16 進文字)およびセレクタ バイト(2 文字の 16 進文字)を入力して ATM アドレスを設定できます。NSAP プレフィクス(26 文字の 16 進文字)は ATM スイッチ によって提供されます。

ルータがスイッチから NSAP プレフィクスを取得し、アドレスのその他のフィールドに対してローカルに入力された値を使用するように設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始して、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. pvc [ name ] 0/16 ilmi

2. exit

3. atm esi-address esi.selector

手順の詳細

コマンド
目的

Router(config-if)# pvc [ name ] 0/16 ilmi

 

Router(config-if)# pvc cisco 0/16 ilmi

ATM メイン インターフェイスで ILMI PVC を設定します。

Router(config-if-atm-vc)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードに戻ります。

Router(config-if) atm e si-address esi.selector

 

Router(config-if)# atm esi-address 345678901234.12

ESI および NSAP アドレスのセレクタ フィールドを入力します。

atm nsap-address および atm esi-address コマンドは相互に排他的です。 atm nsap-address コマンドを使用してルータを設定すると、 atm esi-address の設定が無効になります。また、 atm esi-address コマンドを使用してルータを設定すると、 atm nsap-address の設定が無効になります。 atm esi-address コマンドの使用方法については、「ESI およびセレクタ フィールドの設定」を参照してください。

SVC の作成

SVC を作成するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. svc [ name ] nsap address

2. encapsulation aal5 encap

3. protocol protocol protocol-address [[ no ] broadcast ]

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config-if)# svc [ name ] nsap address

 

Router(config-if)# svc cisco nsap 47.0091.81.000000.0040.0B0A.2501.ABC1.3333.3333.05

SVC を作成し、宛先 NSAP アドレスを指定します。

ステップ 2

Router(config-if-atm-vc)# encapsulation aal5 encap

 

Router(config-if-atm-vc)# encapsulation aal5auto

(任意)AAL および暗号化タイプを設定します。

ステップ 3

Router(config-if-atm-vc)# protocol protocol protocol-address [[ no ] broadcast ]

 

Router(config-if-atm-vc)# protocol ip

プロトコル アドレスと SVC をマッピングします。

一度 SVC の名前を指定すれば、 svc name コマンドを入力するだけで interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードを再び開始できます。 no svc name コマンドを入力すると、SVC 設定を削除できます。

AAL タイプおよび暗号化のリストについては、「AAL およびカプセル化 タイプの設定」を参照してください。

ATM T3/E3 Network Module のカスタマイズ

ATM T3/E3 Network Module はカスタマイズすることができます。カスタマイズ可能な機能には、ご使用の環境に適したデフォルト値があり、変更する必要はありあません。ただし、ご使用のシステム コンフィギュレーションの要件や、インターフェイスでルーティングするプロトコルによっては、コンフィギュレーション コマンドを入力する必要があります。ATM T3/E3 Network Module をカスタマイズする必要がある場合は、次のセクションの作業を実行します。

ATM フレーム同期の設定

ループバック モードの設定

ATM フレーム同期の設定

ATM T3/E3 Network Module は T3 接続または E3 接続として設定された場合、さまざまなフレーム同期タイプをサポートします。T3/E3 Network Module で T3 ATM フレーム同期を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。このコマンドの no 形式を使用すると、T3 ATM フレーム同期を削除します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# atm framing [ cbitadm | cbitplcp | m23adm | m23plcp ]

 

Router(config-if)# atm framing cbitadm

(任意)T3 ATM フレーム同期タイプを設定します。デフォルトの T3 ATM フレーム同期タイプは cbitplcp です。

ATM T3/E3 Network Module で E3 ATM フレーム同期を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。このコマンドの no 形式を使用すると、E3 ATM フレーム同期を削除します。


) G751adm フレーム同期は ATM T3/E3 Network Module ではサポートされていません。


 

コマンド
目的

Router(config-if)# atm framing [ g832adm | g751plcp ]

 
Router(config-if)# atm framing g751 plcp

(任意)E3 ATM フレーム同期タイプを設定します。デフォルトの E3 ATM フレーム同期タイプは g832.adm です。

ループバック モードの設定

ネットワークの代わりに ATM インターフェイスにすべてのパケットをループバックするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# loopback

ループバック モードを設定します。

ATM ネットワークに着信ネットワーク パケットをループバックするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-if)# loopback line

回線ループバック モードを設定します。

設定例

ここでは、MN-1A-T3/E3 Network Module の設定方法の基本的な例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# interface ATM2/0
Router(config-if)# ip address 10.0.0.2 255.0.0.0
Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
Router(config-if)# pvc 0/32
Router(config-if-atm-vc)# cbr 34000

その他の参考資料

ここでは、ATM T3/E3 Network Module に関連する参考資料を示します。

関連資料

 

関連項目
マニュアルのタイトル

ネットワーク モジュールのハードウェア インストレーション

Cisco Network Modules Hardware Installation Guide

規格

 

規格
タイトル

この機能では新しい規格または変更された規格はサポートされていません。また、既存の規格に対するサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

この機能では新しい MIB または変更された MIB はサポートされていません。また、既存の MIB に対するサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

 

RFC
タイトル

この機能では新しい RFC または変更された RFC はサポートされていません。また、既存の RFC に対するサポートに変更はありません。

--

技術サポート

 

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、資料やツールなどのオンライン リソースを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。

Product Alert Tool(Field Notice からアクセス)、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードなど、さまざまなサービスに登録して、ご使用の製品に関するセキュリティおよび技術情報を受信することができます。

Cisco Support Web サイト上のツールにアクセスする際は、ほとんどの場合 Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

コマンド リファレンス

ここでは、新規または変更されたコマンドのみについて説明します。

「debug atm t3e3」

debug atm t3e3

ATM T3/E3 Network Module のデバック メッセージを表示するには、特権 EXEC モードで debug atm t3e3 コマンドを使用します。デバッグの出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug atm t3e3 { data | flow | pa | sar | trace }

no debug atm t3e3 { data | flow | pa | sar | trace }

 
シンタックスの説明

data

着信パケット表示用のデバッグ メッセージを表示します。

flow

フロー制御表示用のデバッグ メッセージを表示します。

pa

ATM T3/E3 Network Module の活性挿抜(Online Insertion and Removal; OIR)のデバッグ メッセージを表示します。

sar

Segmentation And Reassembly(SAR; セグメンテーション リアセンブリ)および Acknowledgment(ACK; 確認応答)に送信されるブロッキング コマンドのデバッグ メッセージを表示します。

trace

SAR および ACK に送信されるコマンドの 16 進数表記を示すデバッグ メッセージを表示します。

 
コマンド モード

特権 EXEC(#)

 
コマンド履歴

リリース
変更点

12.4(15)T

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

debug atm t3e3 data コマンド

着信パケット表示を表示するには、 debug atm t3e3 data コマンドを使用します。SAR によるホスト メモリに Direct Memory Access(DMA; ダイレクト メモリ アクセス)によって転送される各着信パケットは、パケットを表示します。

debug atm t3e3 flow コマンド

フロー制御表示を表示するには、 debug atm t3e3 flow コマンドを使用します。

SAR に送信されたトラフィックが特定の VC の PCR を超えた場合、SAR はフロー制御表示を送信して、ホストに PCR を超過したことを示します。これらの表示はホストに VC キューの最高水準点または最低水準点に達したことを通知します。

SAR から最高水準点を受信することは、VC キューがフルであることを示すため、ホストは最低水準点に達するまで SAR へのパケットの送信を停止します。最低水準点は、VC キューが空であり、十分に追加のパケットを受信できることを示します。

debug atm t3e3 pa コマンド

ポート アダプタ(ATM T3/E3 Network Module)で活性挿抜を実行した場合に生成される表示を表示するには、活性挿抜をサポートするプラットフォームで debug atm t3e3 pa コマンドを使用します。このコマンドは主にポート アダプタの初期化フェーズ中に使用されます。

debug atm t3e3 sar コマンド

SAR から送受信したブロッキング コマンドまたはブロッキング表示を表示するには、 debug atm t3e3 sar コマンドを使用します。この表示には、VC または仮想パスの作成または削除のコマンドや表示が含まれます。

debug atm t3e3 trace コマンド

SAR から送受信した 16 進数表記を表示するには、 debug atm t3e3 trace コマンドを使用します。デバッグを容易にするには、 debug atm t3e3 sar コマンドと併せてこのコマンドを使用します。

debug atm t3e3 data コマンドの例

次に、 debug atm t3e3 data コマンドの出力例を示します。

Router# debug atm t3e3 data
 
DATA debugging is on
Router#
*Jun 27 22:03:17.996: Packet Indication:
*Jun 27 22:03:17.996: word 0: 0x00007D24
*Jun 27 22:03:17.996: word 1: 0x00002F02
*Jun 27 22:03:17.996: word 2: 0xEE323464
*Jun 27 22:03:17.996: word 3: 0x006C006D
 

表1 に、表示に含まれる主なフィールドの説明を示します。

 

表1 debug atm t3e3 data のフィールドの説明

フィールド
説明

Jun 27 22:03:17.996:

パケット DMA 転送の日時スタンプ

word [0 - 3]:0xXXXXXXXX

パケットが DMA によって SAR によるホスト メモリに 転送された場合の SAR からの 4 文字の ACK の 16 進数表記

debug atm t3e3 flow コマンドの例

次に、 debug atm t3e3 flow コマンドの出力例を示します。

Router# debug atm t3e3 flow
 
FLOW CNTL INDICATION debugging is on
Router#
*Jun 27 15:14:13.123: Flow Indication:
*Jun 27 15:14:13.123: word 0: 0x00000001
*Jun 27 15:14:13.123: word 1: 0x300012C0
*Jun 27 15:14:13.123: word 2: 0x18001060
*Jun 27 15:14:13.123: word 3: 0x00080021
 
*Jun 27 15:14:13.456: Flow Indication:
*Jun 27 15:14:13.456: word 0: 0x00000001
*Jun 27 15:14:13.456: word 1: 0x300012C0
*Jun 27 15:14:13.456: word 2: 0x18001060
*Jun 27 15:14:13.456: word 3: 0x00090022
 

表2 に、表示に含まれる主なフィールドの説明を示します。

 

表2 debug atm t3e3 flow のフィールドの説明

フィールド
説明

Jun 27 15:14:13.456:

フロー表示の日時スタンプ

word [0 - 3]:0xXXXXXXXX

最高水準点または最低水準点のイベントが発生したことを示す、SAR によってホストに送信される 4 文字の表示の 16 進数表記

word 3:0x00XXYYYY

XX が 08 の場合、ホストで最高水準点を受信しました。ホストは VC のパケット キューイングを停止します。

XX が 09 の場合、ホストで最低水準点を受信しました。ホストは VC へのパケットの送信を再開します。

YYYY はホストに送信されたフロー表示イベントの実行回数です。

debug atm t3e3 pa コマンドの例

次に、 debug atm t3e3 pa コマンドの出力例を示します。

最初の例では、ネットワーク モジュールを取り外した場合の出力を示します。

Router# debug atm t3e3 pa
 
PA debugging is on
 
*Jun 27 22:40:56.110: %OIR-6-REMCARD: Card removed from slot 2, interfaces disabled
*Jun 27 22:40:56.122: *** Freed 6146 buffers
 

2 番めの例では、ネットワーク モジュールが挿入され、モジュールの内部レジスタ値を設定した場合の出力を示します。

*Jun 27 22:41:08.654: %OIR-6-INSCARD: Card inserted in slot 2, interfaces administratively shut down
*Jun 27 22:41:11.402: sar_base_addr 0x5C800000
*Jun 27 22:41:11.402: PCI_MEMBAR2_REG after configuring:0x5E000008
*Jun 27 22:41:11.402: PCI_MEMBAR3_REG after configuring:0x5F000000
*Jun 27 22:41:11.402: PCI_COMMAND_REG: Offset= 0x4; value= 0x2A00006
*Jun 27 22:41:11.402: FPGA Base address is 0x5C900000
*Jun 27 22:41:11.402: FPGA PCI config Reg is 0x02200002
 

debug atm t3e3 sar コマンドの例

次に、 debug atm t3e3 sar コマンドの出力例を示します。

最初の例では、VC を設定し、SAR にセグメンテーション チャネルおよびリアセンブリ チャネルを開くコマンド表示を示します。

Router# debug atm t3e3 sar
 
SAR debugging is on
Router# configure terminal
Router(config)# interface atm 2/0
Router(config-if)# pvc 2/2
Router(config-if-atm-vc)# exit
Router(config-if)#
*Jun 27 22:12:28.816: ATM2/0: Setup_VC: vc:3 vpi:2 vci:2
*Jun 27 22:12:28.816: ATM2/0: Open_Channel(RSY): CH (1), VPI (2), VCI (2)
*Jun 27 22:12:28.816: ATM2/0: HI/LO watermarks: 526/263; PeakRate: 149760
*Jun 27 22:12:28.816: ATM2/0: Open_Channel(SEG): CH (1), VPI (2), VCI (2)
*Jun 27 22:12:28.820: ATM2/0: Setup_Cos: vc:3 wred_name:- max_q:0
 

2 番めの例では、VC が削除され、セグメンテーション チャネルおよびリアセンブリ チャネルが閉じられたれた場合に、SAR に送信されるコマンドおよび戻される ACK を示します。

Router(config-if)# no pvc 2/2
Router(config-if)#
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Sent pending EOP successfully
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Close_Channel(RSY): Chan_ID (0x104)
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Close_Channel(RSY): Chan_ID (0x104) CLOSE
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Close_Channel: CLOSE_PENDING
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Close_Channel(SEG): Chan_ID (0x105)
*Jun 27 22:12:59.016: ATM2/0: Close_Channel: CLOSE
 

debug atm t3e3 trace コマンドの例

最初の例では、 debug atm t3e3 sar コマンドをアクティブにせずに debug atm t3e3 trace コマンドを 実行した場合の出力を示します。

Router# debug atm t3e3 trace
SAR CMD/ACK debugging is on
Router# configure terminal
Router(config)# interface atm 2/0
router(config-if)# pvc 2/2
Router(config-if-atm-vc)# exit
Router(config-if)#
*Jun 27 22:15:09.284: Command Sent:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00000480
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00012010
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 4: 0x00200020
*Jun 27 22:15:09.284: word 5: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 6: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 7: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 8: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: Command Indication:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x01042110
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x01050000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x0000003B
*Jun 27 22:15:09.284: ACK received = 200 usecs
*Jun 27 22:15:09.284: Command Sent:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x01050480
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00011010
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x02000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x00010003
*Jun 27 22:15:09.284: word 4: 0x00200020
*Jun 27 22:15:09.284: word 5: 0x64B30000
*Jun 27 22:15:09.284: word 6: 0x10C00000
*Jun 27 22:15:09.284: word 7: 0x86850000
*Jun 27 22:15:09.284: word 8: 0x00010040
*Jun 27 22:15:09.284: word 9: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: Command Indication:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00010000
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00011110
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x02000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x0001003D
*Jun 27 22:15:09.284: ACK received = 200 usecs
 

表3 に、表示に含まれる主なフィールドの説明を示します。

 

表3 debug atm t3e3 trace のフィールドの説明

フィールド
説明

Jun 27 22:15:09.284:

コマンド ダイアログの日時スタンプ

word [0 - n]:0xXXXXXXXX

SAR に送信される n-word コマンドの 16 進数表記(コマンド送信時)、および SAR によって戻される 4 文字の ACK(コマンド表示時)

ACK received

SAR へのコマンドの送信と ACK の受信の間の時間(ミリ秒単位)

2 番めの例では、 debug atm t3e3 sar コマンドとともに debug atm t3e3 trace コマンドを 実行した場合の出力を示します。

この例では、SAR に送信される各コマンドは debug atm t3e3 sar コマンドによって表示されます。その後、コマンドと ACK の 16 進数表記が debug atm t3e3 trace コマンドによって表示されます。

Router# debug atm t3e3 trace
 
SAR CMD/ACK debugging is on
Router# debug atm t3e3 sar
SAR debugging is on
Router# configure terminal
Router(config)# interface atm 2/0
router(config-if)# pvc 2/2
Router(config-if-atm-vc)# exit
Router(config-if)#
*Jun 27 22:15:09.284: ATM2/0: Setup_VC: vc:4 vpi:2 vci:2
*Jun 27 22:15:09.284: ATM2/0: Open_Channel(RSY): CH (1), VPI (2), VCI (2)
*Jun 27 22:15:09.284: Command Sent:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00000480
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00012010
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 4: 0x00200020
*Jun 27 22:15:09.284: word 5: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 6: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 7: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 8: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: Command Indication:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x01042110
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x01050000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x0000003B
*Jun 27 22:15:09.284: ACK received = 200 usecs
*Jun 27 22:15:09.284: ATM2/0: HI/LO watermarks: 526/263; PeakRate: 149760
*Jun 27 22:15:09.284: ATM2/0: Open_Channel(SEG): CH (1), VPI (2), VCI (2)
*Jun 27 22:15:09.284: Command Sent:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x01050480
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00011010
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x02000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x00010003
*Jun 27 22:15:09.284: word 4: 0x00200020
*Jun 27 22:15:09.284: word 5: 0x64B30000
*Jun 27 22:15:09.284: word 6: 0x10C00000
*Jun 27 22:15:09.284: word 7: 0x86850000
*Jun 27 22:15:09.284: word 8: 0x00010040
*Jun 27 22:15:09.284: word 9: 0x00000000
*Jun 27 22:15:09.284: Command Indication:
*Jun 27 22:15:09.284: word 0: 0x00010000
*Jun 27 22:15:09.284: word 1: 0x00011110
*Jun 27 22:15:09.284: word 2: 0x02000000
*Jun 27 22:15:09.284: word 3: 0x0001003D
*Jun 27 22:15:09.284: ACK received = 200 usecs
*Jun 27 22:15:09.284: ATM2/0: Setup_Cos: vc:4 wred_name:- max_q:0

Cisco ATM T3/E3 Network Module の機能情報

表4 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースですべてのコマンドが利用できるとは限りません。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS および Catalyst OS のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、
http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表4 に、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS ソフトウェア リリースのみを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表4 Cisco ATM T3/E3 Network Module の機能情報

機能名
リリース
機能情報

NM-1A-T3/E3 Network Module

12.4(15)T

NM-1A-T3/E3 Network Module を使用すると T3 または E3 接続で ATM サービスを実現できます。

この機能は、Cisco ISR 2800 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ ルータ、および Cisco ISR 3800 シリーズでサポートされています。

この機能によって次のコマンドが導入されました: debug atm t3e3