Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 SX

Cisco IOS Release 12.2SX 追加コマンド

debug netdr
発行日;2012/11/19 | 英語版ドキュメント(2012/09/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

debug netdr

debug netdr capture

debug netdr capture and-filter

debug netdr capture continuous

debug netdr capture destination-ip-address

debug netdr capture dmac

debug netdr capture dstindex

debug netdr capture ethertype

debug netdr capture interface

debug netdr capture or-filter

debug netdr capture rx

debug netdr capture smac

debug netdr capture source-ip-address

debug netdr capture srcindex

debug netdr capture tx

debug netdr capture vlan

debug netdr clear-capture

debug netdr copy-captured

lldp run

lldp tlv-select power-management

mls acl tcam share-acl

platform system-controller reset-threshold

show platform hardware cef tcam

snmp-server enable traps fru-control

snmp-server enable traps module

 

debug netdr

NetDriver アクティビティをデバッグするには、 debug netdr コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr { all | data | error }

no debug netdr { all | data | error }

 
構文の説明

all

すべての NetDriver アクティビティをデバッグします。

data

NetDriver データ フローをデバッグします。

error

NetDriver エラーをデバッグします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.0(7)XE

Cisco 7600 シリーズ ルータでこのコマンドがサポートされるようになりました。

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDriver データ フローをデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr data
NetDriver Receive Data on interrupt debugging is on
NetDriver Receive Data debugging is on
NetDriver Transmit Data debugging is on
NetDriver Relay Data debugging is on
Router#
2d21h: const_ether_vlan_vencap() Vlan1:
2d21h: src_vlan=0x1 src_indx=0x3 len=0xE9 bpdu=0
2d21h: index_dir=0 dest_indx=0x0 dont_lrn=0
2d21h: Dbus hdr: 00000000 00010000 00030000 E9000000
2d21h: 00000000 00000000 00000000 00000000
2d21h: MAC hdr: dmac=00801C.938040, smac=00503E.8D6400, typelen=0800
2d21h: IP hdr: 45C000DB 02F30000 FF066331 AC143412 AB45C8CC
2d21h: fx1000_process_receive_packet() Vlan1:
2d21h: src_vlan=0x1 src_indx=0x108 len=0x40 bpdu=0
2d21h: index_dir=0 dest_indx=0x3 dont_lrn=0
2d21h: Dbus hdr: 60000000 00010000 01080000 40100000
2d21h: 0006AC14 3412AB45 C8CC0000 00030000
2d21h: MAC hdr: dmac=00503E.8D6400, smac=00605C.865B28, typelen=0800
2d21h: IP hdr: 45000028 B5254000 7D06F471 AB45C8CC AC143412
<... output truncated ...>
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

NetDriver を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture [ and-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

no debug netdr capture [ and-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

 
構文の説明

and-filter

(任意)フィルタを適用します。

destination-ip-address

(任意)宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

dmac mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

dstindex index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

ethertype ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

interface interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

smac smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

source-ip-address

(任意)送信元 IP アドレスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。

srcindex index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

vlan vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture and-filter

NetDriver キャプチャ アクティビティを and 機能を使用してデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture and-filter コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture and-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

no debug netdr capture and-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

 
構文の説明

destination-ip-address

(任意)宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

dmac mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

dstindex index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

ethertype ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

interface interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

smac smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

source-ip-address

(任意)送信元 IP アドレスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。

srcindex index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

vlan vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture continuous

NetDriver キャプチャのアクティビティを継続的にデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture continuous コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture continuous [ and-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ] | rx [ and-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dti-type value | dti-value value | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ] | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

no debug netdr capture continuous [ and-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ] | rx [ and-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dti-type value | dti-value value | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ] | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

 
構文の説明

and-filter

(任意)フィルタを適用します。

destination-ip-address

(任意)宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

dmac mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

dstindex index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

ethertype ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

interface interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

or-filter

(任意)フィルタを適用します。

rx

(任意)着信パケットだけをキャプチャします。

dti-type value

(任意)3 ビット DTI タイプに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 7 です。

dti-value value

(任意)21 ビット DTI 値に一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 4096 です。

smac smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

source-ip-address

(任意)送信元 IP アドレスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。

srcindex index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

vlan vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
 
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture destination-ip-address

宛先 IP アドレスが一致するすべてのパケットをキャプチャする NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture destination-ip-address コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }

no debug netdr capture destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }

 
構文の説明

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
コマンド モード

特権 EXEC

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture dmac

すべての一致する宛先 MAC アドレスをキャプチャすることで NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture dmac コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture dmac [ mac-addr ]

no debug netdr capture dmac [ mac-addr ]

 
構文の説明

mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
 
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスが一致するすべてのパケットをキャプチャする NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture dstindex コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture dstindex [ index-value ]

no debug netdr capture dstindex [ index-value ]

 
構文の説明

index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture ethertype

NetDriver キャプチャ ethertype アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture ethertype コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture ethertype [ ethertype ]

no debug netdr capture ethertype [ ethertype ]

 
構文の説明

ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDriver ethertype をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture ethertype
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture interface

NetDriver キャプチャ インターフェイス アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture interface コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture interface [ interface ]

no debug netdr capture interface [ interface ]

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver インターフェイス アクティビティをデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture interface
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture or-filter

NetDriver キャプチャ アクティビティを or 機能を使用してデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture or-filter コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

no debug netdr capture or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

 
構文の説明

destination-ip-address

(任意)宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

dmac mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

dstindex index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

ethertype ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

interface interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

smac smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

source-ip-address

(任意)送信元 IP アドレスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。

srcindex index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

vlan vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver or-filter をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture or-filter
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをキャプチャして NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture rx コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture rx [ dti-type value | dti-value value ]

no debug netdr capture rx [ dti-type value | dti-value value ]

 
構文の説明

dti-type value

(任意)3 ビット DTI タイプに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 7 です。

dti-value value

(任意)21 ビット DTI 値に一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDrivers 着信パケットをデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture rx
 
 
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture smac

一致する送信元 MAC アドレスをキャプチャすることで NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture smac コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture smac [ smac ]

no debug netdr capture smac [ smac ]

 
構文の説明

smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、送信元 MAC アドレスをキャプチャして NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture smac
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するすべてのパケットをキャプチャすることで NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture source-ip-address コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }

no debug netdr capture source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }

 
構文の説明

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次に、NetDriver 送信元 IP アドレスをデバッグする例を示します。

Router# debug netdr capture source-ip-address
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するすべてのパケットをキャプチャすることで NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture srcindex コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture srcindex [ index-value ]

no debug netdr capture srcindex [i ndex-value ]

 
構文の説明

index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次に、送信元インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャして NetDriver をデバッグする例を示します。

Router# debug netdr capture srcindex
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをキャプチャして NetDriver キャプチャのアクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture tx コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture tx [ and-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

no debug netdr capture tx [ andand-filter | destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| dmac mac-addr | dstindex index-value | ethertype ethertype | interface interface | or-filter [ destination-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr }| smac smac | source-ip-address { ipaddr | ipv6 ipaddr } | srcindex index-value | vlan vlan-num ]

 
構文の説明

and-filter

(任意)すべての追加フィルタをキャプチャします。

destination-ip-address

(任意)宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

ipaddr

特定の宛先 IP アドレスへのパケットをキャプチャします。

ipv6 ipaddr

IPv6 宛先 IP アドレスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。

dmac mac-addr

(任意)宛先 MAC アドレス インデックスと一致するパケットをキャプチャします。

dstindex index-value

(任意)宛先インデックスに一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

ethertype ethertype

(任意)ethertype に一致するすべてのパケットをキャプチャします。ethertype は 16 進形式で入力する必要があります。

interface interface

(任意)インターフェイスに関連するパケットをキャプチャします。「使用上のガイドライン」を参照してください。

or-filter

(任意)フィルタを適用します。

smac smac

(任意)送信元 MAC アドレスと一致するパケットをキャプチャします。smac は 16 進形式で入力する必要があります。

source-ip-address

(任意)送信元 IP アドレスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。

srcindex index-value

(任意)送信元インデックスと一致するすべてのパケットをキャプチャします。有効な値は 0 ~ 1048575 です。

vlan vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

次のインターフェイス タイプを使用できます。

Async

自動テンプレート

CTunnel

ダイヤラ

EsconPhy

Fcpa

フィルタ

Filtergroup

GMPLS

GigabitEthernet

Group-Async

LISP

LongReachEthernet

ループバック

Lspvif

MFR

マルチリンク

ヌル

ポート チャネル

Sysclock

TenGigabitEthernet

トンネル

Vif

仮想イーサネット

仮想テンプレート

仮想トークンリング

VLAN

VoaBypassIn

VoaBypassOut

VoaFilterIn

VoaFilterOut

VoaIn

VoaOut

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr capture tx
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャして NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグするには、特権 EXEC モードで debug netdr capture vlan コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr capture vlan [ vlan-num ]

no debug netdr capture vlan [ vlan-num ]

 
構文の説明

vlan-num

(任意)VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャします。有効な VLAN 番号は 0 ~ 4095 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次に、特定の VLAN 番号と一致するパケットをキャプチャして NetDriver をデバッグする例を示します。

Router# debug netdr capture vlan 10
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアするには、特権 EXEC モードで debug netdr clear-capture コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr clear-capture

no debug netdr clear-capture

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

次の例では、NetDriver をデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr clear-capture
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr copy-captured

ファイルにパケットをコピーします。

debug netdr copy-captured

キャプチャされたパケットをファイルに保存するには、特権 EXEC モードで debug netdr copy-captured コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug netdr copy-captured

no debug netdr copy-captured

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

Cisco 7600 シリーズ ルータ におけるこのコマンドのサポートが、12.1 E リリースまで拡張されました。

 
使用上のガイドライン

キャプチャされたファイルは次のソースにコピーできます:

bootdisk:

const_nvram:

dfc#2-bootflash:

dfc#3-bootflash:

disk0:

ftp:

http:

https:

image:

null:

nvram:

rcp:

scp:

syslog:

tftp:

tmpsys:

次の例では、NetDriver のコピーしたパケットをデバッグする方法を示します。

Router# debug netdr copy-captured
 
Router#

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug netdr capture

NetDriver キャプチャ アクティビティをデバッグします。

debug netdr capture and-filter

追加フィルタをデバッグします。

debug netdr capture continuous

netdr を継続的にデバッグします。

debug netdr capture destination-ip-address

すべての一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dmac

一致する宛先パケットをデバッグします。

debug netdr capture dstindex

宛先インデックスと一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture ethertype

ethertype の一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture interface

インターフェイスに関連するパケットをデバッグします。

debug netdr capture or-filter

or-filter 機能パケットをデバッグします。

debug netdr capture rx

着信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture smac

送信元 MAC アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture source-ip-address

送信元 IP アドレスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture srcindex

送信元インデックスが一致するパケットをデバッグします。

debug netdr capture tx

発信パケットだけをデバッグします。

debug netdr capture vlan

特定の VLAN のパケットをデバッグします。

debug netdr clear-capture

キャプチャ バッファをクリアします。

lldp run

受信された LLDP 制御パケットの処理をイネーブルにし、デフォルトまたは設定された TLV の LLDP パケットの送信をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで lldp run コマンドを使用します。

lldp run

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

LLDP はディセーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SXJ

このコマンドがサポートされるようになりました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを設定すると、スイッチで LLDP プロトコルがイネーブルになります。これを設定解除すると、スイッチからの LLDP プロトコル パケットの処理または送信がディセーブルになります。

次に、スイッチで LLDP をイネーブルにする例を示します。

 
Switch(config)# lldp run

 
関連コマンド

コマンド
説明

lldp tlv-select power-management

LLDP を介した電力ネゴシエーションをイネーブルにします。

 

lldp tlv-select power-management

LLDP を介した電力ネゴシエーションをイネーブルにするには、 lldp tlv-select power-management グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

lldp tlv-select power-management

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
デフォルト

POEP ポート上でイネーブルになります。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SXJ

このコマンドがサポートされるようになりました。

 
使用上のガイドライン

LLDP によって電力ネゴシエーションを実行しない場合は、この機能をディセーブルにする必要があります。

この機能は、POEP 以外のポートではサポートされていません。このようなポートで CLI は抑制され、TLV は交換されません。

次に、インターフェイスのギガビット イーサネット 3/1 上で LLDP 電力ネゴシエーションをイネーブルにする例を示します。

Switch# configuration t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)# interface gigabitethernet 3/1
Switch(config-if)# lldp tlv-select power-management

 
関連コマンド

コマンド
説明

lldp run

受信された LLDP 制御パケットの処理を有効にし、デフォルトまたは設定された LLDP TLV のパケット送信をイネーブルにします。

mls acl tcam share-acl

ACL の共有をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで mls acl tcam share-acl コマンドを使用します。グローバルなデフォルトの共有をオフに切り替えるには、このコマンドの no 形式を使用します。

mls acl tcam share-acl

no mls acl tcam share-acl

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SXH

このコマンドがサポートされるようになりました。

 
使用上のガイドライン

DFC の電源を再投入する場合、異なる DFC の ACL 全体ですべての DFC をリセットするよう推奨します。

次に、ACL の共有をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# mls acl tcam share-acl
 

platform system-controller reset-threshold

システム コントローラ リセットのしきい値を設定するには、 platform system-controller reset-threshold コマンドを使用します。

platform system-controller reset threshold { threshold-num }

 
構文の説明

threshold-num

しきい値リセット番号を指定します。有効値は 1 ~ 100 です。

 
デフォルト

システム コントローラのリセットは、1 に設定されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(33)SXJ4

このコマンドがサポートされるようになりました。

12.2(33)SXI10

このコマンドがサポートされるようになりました。

 
使用上のガイドライン

冗長スーパーバイザ エンジンがあり、かつ TM_DATA_PARITY_ERROR、TM_LINK_ERR_INBAND、TM_NPP_PARITY_ERROR エラーが発生した場合、影響を受けたスーパーバイザ エンジンはリロードされます。冗長スーパーバイザ エンジンがなく、かつ TM_DATA_PARITY_ERROR、TM_LINK_ERR_INBAND、TM_NPP_PARITY_ERROR エラーが発生した場合、次のいずれかが発生します。

システム コントローラ リセットのしきい値に達していない場合、システム コントローラ ASIC がリセットされます。

システム コントローラ リセットのしきい値に達した場合、スーパーバイザ エンジンがリロードされます。

しきい値に達していない場合、これらのシステム メッセージが表示されます。

%SYSTEM_CONTROLLER-<>-THRESHOLD
%SYSTEM_CONTROLLER-<>-ERROR
%SYSTEM_CONTROLLER-<>-MISTRAL_RESET
 

しきい値に達した場合、これらのシステム メッセージが表示されます。

%SYSTEM_CONTROLLER-<>-ERROR
%SYSTEM_CONTROLLER-<>-FATAL

次に、システム コントローラ リセットのしきい値を 55 に設定する例を示します。

Router(config)# platform system-controller reset-threshold 55

show platform hardware cef tcam

プラットフォーム ハードウェア Cisco Express Forwarding(CEF)Forwarding Information Base(FIB)Ternary Content Addressable Memory(TCAM)を表示するには、 show platform hardware cef コマンドを使用します。

show platform hardware cef tcam { ecc [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ]| hit [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ]| keys [ count | exception ]| memory usage | segment [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ] | select [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ] | shadow [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ] | timing [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ] | utilization [ detail [ earl earl-id ] | module module-num ]| earl earl-id ]| module module-num ]| earl earl-id ] | module module-num ]

 
構文の説明

ecc

Error Checking and Correction(ECC)情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

earl earl-id

(任意)earl-id の内容を表示します。

module module-num

(任意)特定のモジュールの情報を表示します。

hit

FIB TCAM 情報の最後のヒットを表示します。

keys

キー情報を表示します。

count

(任意)キー カウント情報を表示します。

exception

(任意)キー例外の情報を表示します。

memory usage

メモリ使用量を表示します。

segment

セグメントの分布を表示します。

select

ビット選択情報を表示します。

shadow

シャドウ コピーを表示します。

timing

タイミングの使用状況を表示します。

utilization

セグメントの使用状況を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(14)SX

このコマンドがサポートされるようになりました。

次に、ハードウェア CEF TCAM キーの例外を表示する例を示します。

Router(config)# show platform hardware cef tcam keys exception

Priorities in exception:

Class ID Pri (>=) Max Key-Cnt Pri-Cnt

IPv4 0 16 35 35085

IPv4-Mcast 1 68 68 0

MPLS 2 17 17 0

EOMPLS 3 19 19 0

MPLS-VPN 4 9 9 0

Diags 5 5 5 0

IPv6-Local 6 390 390 0

IPv6-Mcast 7 261 261 0

IPv6-Global 8 244 390 1051

VPLSv4-Mcast 9 69 69 0

VPLSv6-Mcast 10 261 261 0

Keys in each Pri in exception:

Class ID Pri XCP Pri-Cnt

IPv4 0 16 4096

. . 17 15507

. . 18 7753

. . 19 3876

. . 20 1939

. . 21 969

. . 22 484

. . 23 243

. . 24 121

. . 25 60

. . 26 34

. . 30 2

. . 34 1

IPv6-Global 8 244 129

. . 245 126

. . 246 118

. . 247 114

. . 248 111

. . 249 109

. . 250 109

. . 251 107

. . 252 64

. . 253 32

. . 254 16

. . 255 8

. . 256 4

. . 257 2

. . 389 1

. . 390 1

Spanslogic#show platform hardware cef tcam memory usage

Buffer allocation summary:

Data Page Total Total Used Used Free Free

Id Size Size Count Size Count Size Count Size Type

0 0 0 0 0 0 0 0 0 Void

1 80 80 0 0 0 0 0 0 Bsort

2 2076 65536 279 576K 0 0 279 565K Bsort Node

3 3456 65536 288 1.00M 20 39744 268 904K Bsort Stat

4 60 65536 2184 128K 1697 99.4K 487 29220 Wsort Seg

5 104 65536 630 65536 17 1768 613 63752 Wsort Win

6 1024 65536 384 384K 17 17408 367 367K Wsort Avail

7 3644 3644 3 10932 3 10932 0 0 Group

8 324 8192 25 8192 20 6480 5 1620 Group Entry

9 0 0 2 20480 2 20480 0 0 SE Block

10 4104 65536 3660 15.2M 2814 11.1M 846 3.31M SE Slice

11 52 65536 2520 128K 1697 88244 823 42796 SE Seg

12 68 65536 18297 1.18M 0 0 18297 1.18M SE Rec

13 0 0 0 0 0 0 0 0 SE Pri

14 48 65536 619k 28.3M 587k 26.8M 32320 1.47M Key

15 8 65536 0 0 0 0 0 0 Bit 64

16 12 65536 1.20m 13.7M 1.13m 13.2M 63352 742K Bit 96

17 16 65536 0 0 0 0 0 0 Bit 128

18 20 65536 39312 768K 36634 715K 2678 53560 Bit 160

19 24 24 0 0 0 0 0 0 Bit 192

20 28 28 0 0 0 0 0 0 Bit 224

21 32 65536 8192 256K 5628 175K 2564 82048 Bit 256

22 36 65536 0 0 0 0 0 0 Bit 288

23 40 65536 1638 65536 98 3920 1540 61600 Bit 320

24 44 44 0 0 0 0 0 0 Bit 352

25 48 48 0 0 0 0 0 0 Bit 384

26 52 52 0 0 0 0 0 0 Bit 416

27 56 56 0 0 0 0 0 0 Bit 448

28 60 65536 0 0 0 0 0 0 Bit 480

29 64 64 0 0 0 0 0 0 Bit 512

30 68 68 0 0 0 0 0 0 Bit 544

31 72 72 0 0 0 0 0 0 Bit 576

32 76 76 0 0 0 0 0 0 Bit 608

33 80 65536 0 0 0 0 0 0 Bit 640

34 84 84 0 0 0 0 0 0 Bit 672

35 88 88 0 0 0 0 0 0 Bit 704

* * * 1.89m 61.9M 1.77m 52.7M 124k 8.81M Total

Router(config)#

次に、ハードウェア CEF TCAM タイミング情報を表示する例を示します。

Router(config)# show platform hardware cef tcam timing

(0) Groom Clock: 182us (Min) << 71ms (Avg) << 404ms (Max) = 09.19s (Tot)

5.28ms 1.16ms 10ms 38ms 3.43ms 10ms 166ms 223ms

5.06ms 960us 9.34ms 37ms 1.79ms 96ms 110ms 155ms

4.72ms 1.06ms 8.90ms 34ms 813us 4.14ms 110ms 138ms

4.12ms 755us 6.81ms 32ms 305us 75ms 28ms 237ms

3.90ms 690us 6.13ms 30ms 228us 50ms 247ms 199ms

3.67ms 529us 5.81ms 28ms 274us 94ms 217ms 63ms

3.38ms 506us 3.68ms 25ms 1.73ms 269ms 218ms 96ms

3.14ms 400us 2.94ms 23ms 279us 119ms 277ms 66ms

2.94ms 351us 3.63ms 20ms 115ms 163ms 346ms 94ms

2.87ms 306us 2.75ms 18ms 46ms 404ms 316ms 35ms

2.76ms 291us 1.18ms 16ms 156ms 351ms 154ms 84ms

3.30ms 275us 794us 13ms 87ms 319ms 220ms 5.51ms

5.20ms 202us 736us 11ms 8.52ms 85ms 220ms 203ms

2.77ms 190us 39ms 9.58ms 112ms 229ms 189ms 191ms

1.58ms 182us 39ms 7.52ms 73ms 180ms 172ms 216ms

1.84ms 11ms 38ms 5.63ms 90ms 188ms 227ms 1.27ms

(1) Add Clock: 11us (Min) << 13us (Avg) << 107us (Max) = 1.78ms (Tot)

11us 11us 11us 12us 11us 12us 12us 12us

11us 12us 12us 11us 11us 11us 11us 12us

12us 11us 12us 12us 11us 12us 12us 12us

12us 12us 12us 12us 11us 12us 12us 13us

11us 12us 12us 12us 11us 11us 11us 12us

12us 12us 12us 12us 11us 12us 12us 12us

12us 12us 11us 12us 11us 11us 11us 12us

11us 11us 12us 11us 11us 12us 12us 12us

11us 12us 11us 11us 11us 12us 11us 11us

12us 12us 12us 11us 11us 11us 11us 40us

107us 12us 12us 12us 12us 12us 12us 41us

12us 11us 11us 12us 12us 12us 11us 40us

12us 12us 11us 12us 12us 11us 11us 40us

11us 11us 12us 12us 12us 12us 11us 40us

12us 12us 12us 12us 12us 11us 12us 40us

12us 12us 11us 11us 11us 12us 12us 40us

Router(config)#

次に、ハードウェア CEF TCAM 使用率情報を表示する例を示します。

Router(config)# show platform hardware cef tcam utilization

Util summary for Pool 0: 524288 keys, 1024 segs, 36 Mb
 
Type KeyCnt KeyUse SegCnt SegUse Util Free
0 463704 463704 909 909 99 115
1 0 0 0 0 0 115
2 0 0 0 0 0 57
3 0 0 0 0 0 29
4 0 0 0 0 0 28
Tot 463704 463704 909 909 99 115
 
Util summary for Pool 1: 524288 keys, 1024 segs, 36 Mb
 
Type KeyCnt KeyUse SegCnt SegUse Util Free
0 105327 105327 208 208 98 803
1 9 18 7 7 0 803
2 46 184 3 6 5 391
3 0 0 0 0 0 191
4 0 0 0 0 0 189
Tot 105382 105529 218 221 93 803
 
Util summary for Pool 8: 1048576 keys, 2048 segs, 72 Mb
 
Type KeyCnt KeyUse SegCnt SegUse Util Free
0 569031 569031 1117 1117 99 918
1 9 18 7 7 0 918
2 46 184 3 6 5 448
3 0 0 0 0 0 220
4 0 0 0 0 0 217
Tot 569086 569233 1127 1130 98 918

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear platform hardware cef adjacencies

プラットフォーム ハードウェアの CEF 隣接関係をクリアします。

 

snmp-server enable traps fru-control

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには(トラップおよびインフォーム)、特権 EXEC モードで snmp-server enable traps fru-control コマンドを使用します。CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps fru-control

no snmp-server enable traps fru-control

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルトはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(1)SX

このコマンドが追加されました。

次に、CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB MIB をイネーブルにする例を示します。

Switch# snmp-server enable traps fru-control
Switch#
 

次に、CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB MIB をディセーブルにする例を示します。

Switch# no snmp-server enable traps fru-control
Switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server enable traps module

CISCO-STACK-MIB の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにします。

 

snmp-server enable traps module

CISCO-STACK-MIB の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにするには(トラップおよびインフォーム)、特権 EXEC モードで snmp-server enable traps module コマンドを使用します。CISCO-STACK-MIB をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps module

no snmp-server enable traps module

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルトはありません。

 
コマンド モード

特権 EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

12.2(1)SX

このコマンドが追加されました。

次に、CISCO-STACK-MIB MIB をイネーブルにする例を示します。

Router# snmp-server enable traps module
Router#
 

次に、CISCO-STACK-MIB MIB をディセーブルにする例を示します。

Router# no snmp-server enable traps module
Router#

 

コマンド
説明

snmp-server enable traps fru-control

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知をイネーブルにします。