Cisco IOS IP ルーティング:プロトコル非依存コン フィギュレーション ガイド
IP イベント減衰
IP イベント減衰
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/05/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

IP イベント減衰

この章の構成

IP イベント減衰の制約事項

IP イベント減衰に関する情報

IP イベント減衰の概要

インターフェイス状態変化イベント

抑制しきい値

半減期

再使用しきい値

最大抑制時間

関連コンポーネント

ルート タイプ

サポートされているプロトコル

ネットワーク展開

IP イベント減衰の利点

IP イベント減衰の設定方法

IP イベント減衰のイネーブル化

IP イベント減衰の確認

IP イベント減衰の設定例

IP イベント減衰の設定:例

IP イベント減衰の確認:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

用語集

IP イベント減衰

IP イベント減衰機能は、設定可能な指数関数的減少メカニズムを導入し、過剰なインターフェイス フラッピング イベントによるネットワーク内のルーティング プロトコルおよびルーティング テーブルに対する影響を抑制します。ネットワーク オペレータはこの機能を使用し、フラップが発生しているローカル インターフェイスをルータが自動的に特定して、選択的に減衰するように設定できます。

IP イベント減衰機能の履歴

リリース
変更点

12.0(22)S

この機能が導入されました。

12.2(14)S

この機能は、Cisco IOS リリース 12.2(14)S に統合されました。

12.2(13)T

この機能は、Cisco IOS リリース 12.2(13)T に統合されました。

12.2(18)SXD

この機能は、Cisco IOS リリース 12.2(18)SXD に統合されました。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IP イベント減衰の制約事項

サブインターフェイスの制約事項

この機能により設定できるのは、プライマリ インターフェイスのみです。プライマリ インターフェイスの設定は、すべてのサブインターフェイスに対しデフォルトで適用されます。IP イベント減衰は、インターフェイス上の個々のサブインターフェイスのフラップはトラッキングしません。

仮想テンプレートはサポート外

仮想テンプレートから仮想アクセス インターフェイスへの減衰のコピーはサポートされません。これは、仮想テンプレートを使用する既存のアプリケーションでは、減衰の有用性が限定的であるためです。インターフェイスでフラップが発生すると仮想アクセス インターフェイスはリリースされ、インターフェイスがアップしてネットワークに対して使用可能になると、新しい接続と仮想アクセス インターフェイスが取得されます。減衰状態はインターフェイスに対して設定されるため、インターフェイスのフラップより長く続くことはありません。

IPX ルーティング プロトコルはサポート外

IPX プロトコルは、IP イベント減衰機能ではサポートされません。ただし、この機能がイネーブルになっている場合、このプロトコルの IPX バリアントは、アップおよびダウン状態イベント情報をそのまま受信します。これにより、問題やルーティングの問題が生じることはありません。

IP イベント減衰に関する情報

「IP イベント減衰の概要」

「インターフェイス状態変化イベント」

「関連コンポーネント」

「ネットワーク展開」

「IP イベント減衰の利点」

IP イベント減衰の概要

インターフェイス状態変化は、インターフェイスが管理上アップまたはダウンした場合や、インターフェイスで状態が変化した場合に発生します。インターフェイスで状態が変化したりフラップが発生すると、状態の変化に影響されるルートの状態がルーティング プロトコルに通知されます。インターフェイスの状態が変化するたびに、ネットワーク内のすべての影響を受けるデバイスで、最良パスを再計算し、ルーティング テーブルでルートをインストールまたは削除し、有効なルートをピア ルータにアドバタイズする必要があります。過剰なフラップが発生する不安定なインターフェイスは、ネットワークの他のデバイスに大量のシステム処理リソースを消費させ、ルーティング プロトコルでフラップが発生しているインターフェイスとの同期が失われる原因になる可能性があります。

IP イベント減衰機能は、設定可能な指数関数的減少メカニズムを導入し、過剰なインターフェイス フラッピング イベントによるネットワーク内のルーティング プロトコルおよびルーティング テーブルに対する影響を抑制します。ネットワーク オペレータはこの機能を使用し、フラップが発生しているローカル インターフェイスをルータが自動的に特定して、選択的に減衰するように設定できます。インターフェイスの減衰により、インターフェイスでフラップが発生せず安定するまで、ネットワークからインターフェイスが除外されます。IP イベント減衰機能を設定すると、悪影響が広がらないように障害を隔離し、ネットワークの他のデバイスのシステム処理リソースの使用率を抑え、ネットワーク全体の安定性を高めるため、ネットワーク全体のコンバージェンス時間と安定性が向上します。

インターフェイス状態変化イベント

この項では、IP イベント減衰機能のインターフェイス状態変化イベントについて説明します。この機能は、過剰なインターフェイスのフラップや状態変化の影響を抑制するために使用される、設定可能な指数関数的減少メカニズムを採用しています。IP イベント減衰機能がイネーブルになっている場合、過剰なルート更新情報をフィルタリングすることによって、フラップが発生しているインターフェイスは、ルーティング プロトコルの観点から減衰されます。フラップが発生しているインターフェイスが特定され、ペナルティを割り当てられ、必要に応じて抑制され、インターフェイスが安定すればネットワークで利用可能になります。図 1 は、ルーティング プロトコルによってインターフェイス状態イベントが認識された場合を示す図です。

抑制しきい値

抑制しきい値は、フラップが発生しているインターフェイスをルータが減衰するトリガーとなる、累積ペナルティの値です。フラップが発生しているインターフェイスはルータによって特定され、アップおよびダウン状態変化ごとにペナルティを割り当てられますが、インターフェイスは自動的には減衰されません。ルータは、フラップが発生しているインターフェイスの累積ペナルティをトラッキングします。累積ペナルティがデフォルトまたは設定済みの抑制しきい値に到達すると、インターフェイスが減衰状態になります。

半減期

半減期は、累積ペナルティの指数関数的な減少の速さを指定します。インターフェイスが減衰状態になると、ルータは、インターフェイスの以後のアップおよびダウン状態変化をモニタします。インターフェイスでペナルティの累積が続き、抑制しきい値の範囲内に留まっている間は、インターフェイスは減衰されたままです。インターフェイスが安定しフラップが発生しなくなると、半減期が終了するごとに、ペナルティが半分に減らされます。ペナルティが再使用しきい値に低下するまで、累積ペナルティが減らされていきます。半減期タイマーの設定可能な範囲は 1 ~ 30 秒です。デフォルトの半減期タイマーは 5 秒です。

再使用しきい値

累積ペナルティが減らされて再使用しきい値まで低下すると、ルートの抑制がなくなり、ネットワーク上の他のデバイスに対して使用可能になります。再使用値の範囲は 1 ~ 20000 ペナルティです。デフォルト値は 1000 ペナルティです。

最大抑制時間

最大抑制時間は、インターフェイスにペナルティが割り当てられている場合に、インターフェイスの抑制状態を維持できる時間の上限を表します。最大抑制時間は 1 ~ 20000 秒で設定できます。最大ペナルティ タイマーのデフォルトは 20 秒またはデフォルトの半減期の 4 倍(5 秒)です。累積ペナルティの最大値は、最大抑制時間、再使用しきい値、および半減期に基づいて算出されます。

図 1 ルーティング プロトコルによって認識されたインターフェイス状態変化イベント

 

関連コンポーネント

インターフェイスで減衰が設定されていない場合や、減衰が設定されていても抑制されていない場合、インターフェイス状態が移行しても IP イベント減衰機能によってルーティング プロトコルの動作が変更されることはありません。ただし、インターフェイスが抑制されている場合、インターフェイスの抑制がなくなるまで、ルーティング プロトコルとルーティング テーブルは、インターフェイスの状態移行の以降の影響を受けません。

ルート タイプ

次のインターフェイスは、この機能の設定の影響を受けます。

接続ルート:

減衰されたインターフェイスの接続ルートは、ルーティング テーブルにインストールされません。

減衰されたインターフェイスの抑制がなくなり、インターフェイスがアップしていれば、接続ルートはルーティング テーブルにインストールされます。

スタティック ルート:

減衰されたインターフェイスに割り当てられているスタティック ルートは、ルーティング テーブルにインストールされません。

減衰されたインターフェイスの抑制がなくなり、インターフェイスがアップしていれば、スタティック ルートはルーティング テーブルにインストールされます。


) この機能を設定できるのはプライマリ インターフェイスのみです。また、すべてのサブインターフェイスには、プライマリ インターフェイスと同じ減衰設定が適用されます。IP イベント減衰は、インターフェイス上の個々のサブインターフェイスのフラップはトラッキングしません。


サポートされているプロトコル

IP イベント減衰機能は、Routing Information Protocol(RIP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)、Border Gateway Protocol(BGP)、Connectionless Network Services(CLNS)、Hot Standby Routing Protocol(HSRP)をサポートします。次の一覧は、これらのプロトコルでのこの機能の動作に関する一般的な情報を示しています。

RIP、OSPF、EIGRP、IS-IS、および BGP:

インターフェイスが減衰されると、ルーティング プロトコルによってインターフェイスがダウンしたと見なされます。ルーティング プロトコルは、減衰されたインターフェイスを介したこのピア ルータとの隣接関係を保持しないか、このインターフェイスに関連するルータから他のピア ルートへのアドバタイズメントを生成しません。

インターフェイスの抑制がなくなり、ネットワークに対して使用可能になると、ルーティング プロトコルによって、インターフェイスがアップであると見なされます。ルーティング プロトコルは、インターフェイスがアップ状態であるという通知を受け、ルーティング条件は通常に戻ります。

HSRP:

インターフェイスが減衰されると、HSRP によってダウンしたと見なされます。HSRP は減衰されたインターフェイスからの HSRP メッセージを生成しなくなります。または、減衰されたインターフェイスで受信されたメッセージに応答しなくなります。インターフェイスの抑制がなくなり、ネットワークに対して使用可能になると、HSRP はアップ状態の通知を受け、通常の動作に戻ります。

CLNS:

インターフェイスが減衰されると、インターフェイスが IP ルーティングと CLNS ルーティングの両方で等しく減衰します。IS-IS、IP、CLNS ルーティングなどの統合ルーティング プロトコルは近接的に相互接続されており、個別に減衰を適用することができないため、インターフェイスは IP と CLNS の両方に対して減衰されます。


) IP イベント減衰機能がイネーブルになっていない場合や、インターフェイスが減衰されていない場合は、ルーティング プロトコルへの影響はありません。


ネットワーク展開

実際のネットワーク展開では、一部のルータでインターフェイス減衰が設定されない場合や、ルータによってはこの機能がサポートされていない場合もあります。ポイントツーポイント インターフェイスの他端のルータや同じマルチキャスト LAN のルータで、インターフェイス減衰がオンになっていない場合や、この機能がまったく実装されていない場合であっても、ルーティングに関する大きな問題は想定されていません。インターフェイスが減衰されているルータ上では、このインターフェイスに関連付けられているルートは使用されません。このインターフェイスからはパケットが送信されず、インターフェイスの反対側のルータではルーティング プロトコルのアクティビティが開始されません。ただし、それらのルータは自身のインターフェイスがアップであると認識し、減衰されたインターフェイスへのパケット転送を開始する可能性があるため、それらの他のルータが、このサブネットに関連付けられているルーティング テーブル内に一部のルートをインストールする可能性があります。この状況では、減衰されたインターフェイスを持つルータは、ルーティング テーブル内のルートに応じて、これらのパケットの転送を開始します。

IP イベント減衰機能は、ネットワーク内に新しい情報を追加しません。実際、減衰の効果は、こういったすべてのルーティング情報のサブセットをネットワークから除外することです。したがって、減衰の結果としてループは発生しません。

IP イベント減衰の利点

処理負荷の低減

IP イベント減衰機能は、設定可能な指数関数的減少メカニズムを採用しており、ルーティング プロトコルでの過剰なインターフェイス フラッピング イベントの影響を抑制します。短時間に受信される過剰なインターフェイスのアップおよびダウン状態変化は処理されず、システム リソースを消費しません。ネットワーク内の他のルータは、フラップが発生しているルートのためにシステム リソースを消費する必要がありません。

コンバージェンスの短縮

IP イベント減衰機能は、悪影響が広がらないように障害を分離することで、コンバージェンス時間とネットワーク全体の安定性を向上します。問題のルータがサービスを終了したり起動したりするたびにルーティング テーブルが再構築されないので、リンク フラップが発生していないルータは早くコンバージェンスに到達します。

ネットワークの安定性の向上

IP イベント減衰機能によって、ネットワークの安定性が向上します。フラップが発生しているインターフェイスを持つルータは、インターフェイスが安定するまで、フラップが発生しているインターフェイスをネットワークから除外します。このため、他のルータは、インターフェイスが安定するまで、影響を受けるルータ周辺のトラフィックを単純にリダイレクトし、これによってルータでパケットが破棄されないようにできます。

IP イベント減衰の設定方法

ここでは、次の作業について説明します。

「IP イベント減衰のイネーブル化」

「IP イベント減衰の確認」

IP イベント減衰のイネーブル化

IP イベント減衰機能をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで dampening コマンドを入力します。すでに減衰が設定されているインターフェイスに対してこのコマンドを適用すると、減衰状態はすべてリセットされ、累積ペナルティが 0 に設定されます。インターフェイスが減衰されている場合、累積ペナルティは再使用しきい値まで低下し、減衰しているインターフェイスはネットワークに対して使用可能になります。ただし、フラップ カウントは保持されます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. dampening [ half-life-period reuse-threshold ] [ suppress-threshold max-suppress [ restart-penalty ]]

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface type number

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、特定のインターフェイスを設定します。

ステップ 4

dampening [ half-life-period reuse-threshold ] [ suppress-threshold max-suppress [ restart-penalty ]]

 

Router(config-if)# dampening

インターフェイス減衰をイネーブル化します。

引数なしで dampening コマンドを入力すると、デフォルトの設定パラメータでインターフェイス減衰がイネーブルになります。

手動で restart-penalty 引数のタイマーを設定する場合、すべての引数に対して手動で値を入力する必要があります。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

IP イベント減衰の確認

IP イベント減衰機能の設定を確認するには、 show dampening interface コマンドまたは show interface dampening コマンドを使います。

clear counters コマンドは、フラップ カウントをクリアして 0 にリセットするために使用します。このコマンドは、減衰状態や累積ペナルティなど、その他のすべてのパラメータおよび状態には影響しません。

手順の概要

1. enable

2. show dampening interface

3. show interface dampening

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show dampening interface

 

Router# show dampening interface

減衰されたインターフェイスを表示します。

ステップ 3

show interface dampening

 

Router# show interface dampening

減衰されたローカル ルータ上のインターフェイスを表示します。

IP イベント減衰の設定例

次に、この機能の設定方法の例を示します。

「IP イベント減衰の設定:例」

「IP イベント減衰の確認:例」

IP イベント減衰の設定:例

次に、イーサネット インターフェイス 0/0 でインターフェイス減衰を設定し、半減期を 30 秒、再使用しきい値を 1,500、抑制しきい値を 10,000、最大抑制時間を 120 秒に設定する例を示します。

interface Ethernet 0/0
dampening 30 1500 10000 120
 

次に、ATM インターフェイス 6/0 でインターフェイス減衰を設定し、デフォルトのインターフェイス減衰値を使用する例を示します。

interface atm 6/0
dampening
 

次に、ルータがリロードされた後、最初にインターフェイスがアップしたときに、イーサネット インターフェイス 0/0 で 500 のペナルティを適用するようにルータを設定する例を示します。

interface Ethernet 0/0
dampening 5 500 1000 20 500

IP イベント減衰の確認:例

show dampening interface コマンドの出力では、インターフェイス減衰の概要が表示されます。次に、 show dampening interface コマンドの出力例を示します。

Router# show dampening interface
 
3 interfaces are configured with dampening.
No interface is being suppressed.
Features that are using interface dampening:
IP Routing
CLNS Routing
 

show interface dampening コマンドを実行すると、減衰パラメータおよびローカル ルータ上のインターフェイスの状態の概要が表示されます。次に、 show interface dampening コマンドの出力例を示します。

Router# show interface dampening
 
FastEthernet0/0
Flaps Penalty Supp ReuseTm HalfL ReuseV SuppV MaxSTm MaxP Restart
0 0 FALSE 0 5 1000 2000 20 16000 0
ATM2/0
Flaps Penalty Supp ReuseTm HalfL ReuseV SuppV MaxSTm MaxP Restart
0 0 FALSE 0 5 1000 2000 20 16000 0
POS6/0
Flaps Penalty Supp ReuseTm HalfL ReuseV SuppV MaxSTm MaxP Restart
0 0 FALSE 0 5 1000 2000 20 16000 0

その他の参考資料

ここでは、IP イベント減衰機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

Routing Protocol コマンド

『Cisco IOS IP Routing Protocols Command Reference』

Routing Protocol Independent 設定作業

Cisco IOS IP Routing Protocols Configuration Guide 』の 「Configuring IP Routing Protocol-Independent Features」 モジュール

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトには、豊富なオンライン リソースが提供されており、それらに含まれる資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

Japan テクニカル サポート Web サイトでは、Technical Support Web サイト (http://www.cisco.com/techsupport)の、利用頻度の高いドキュメントを日本語で提供しています。

Japan テクニカル サポート Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。http://www.cisco.com/jp/go/tac

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールで説明した機能で導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS IP Routing Protocols Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/iproute/command/reference/irp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、『 Cisco IOS Master Command List 』にアクセスしてください。

dampening

debug dampening

show dampening interface

show interface dampening

用語集

イベント減衰 :インターフェイス状態の変化による過剰なルート調整メッセージをフィルタリングすることによって、IP および CLNS のルーティング テーブルおよびルーティング プロトコルの観点から、フラップが発生しているインターフェイスをルータが減衰する処理。

再使用しきい値 :この値を過ぎると、インターフェイスの抑制がなくなり、再び使用できるようになるしきい値。

最大ペナルティ :この値を超えて割り当てられたペナルティが増加しない最大値。最大抑制時間に基づきます。

最大抑制時間 :ペナルティが割り当てられている場合に、インターフェイスの抑制状態を維持できる時間の上限。

半減期 :累積ペナルティの指数関数的減少の割合を決める値。

フラップ :短時間でのアップからダウン、およびダウンからアップへの急速なインターフェイス状態の変化。

ペナルティ :インターフェイスでフラップが発生した場合にインターフェイスに割り当てられる値。この値はフラップごとに増加し、時間と共に減少します。減少の割合は、半減期によって異なります。

抑制しきい値 :フラップが発生しているインターフェイスの減衰をルータでトリガーする、累積ペナルティの値。累積ペナルティがこの値を超えると、ルーティング プロトコルの観点から、インターフェイス状態はダウンと見なされます。

抑制状態 :インターフェイスを抑制すると、ルーティング プロトコルの観点からインターフェイスがネットワークから除外される。インターフェイスは、割り当てられているペナルティを超える頻度でフラップが発生すると、抑制状態になります。