Cisco インターフェイスとモジュール : ???????? ???

Cisco ルータ上の Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定

Cisco ルータ上の Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2011/03/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ルータ上の Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定

内容

Cisco G.SHDSL EFM HWIC の前提条件

Cisco G.SHDSL EFM HWIC に関する情報

Cisco G.SHDSL EFM HWIC

次の実施手順

Cisco G.SHDSL EFM HWIC とネットワークの接続

次の実施手順

Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定

EFM ボンディング グループの設定

1 ペア グループの設定

Cisco ルータ上での G.SHDSL サービスの設定

Cisco G.SHDSL EFM HWIC のトラブルシューティング

コマンド リファレンス

efm-grp

termination

controller shdsl

dsl-group

shdsl annex

shdsl rate

show controllers shdsl

その他の参考資料

関連マニュアル

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

EFM 設定の確認

Cisco ルータ上の Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定

OL-20837-01-J

 

このマニュアルでは、Cisco G.SHDSL Ethernet First Mile(EFM)High-speed WAN Interface Card(HWIC; 高速 WAN インターフェイス カード)の設定方法について説明します。Cisco G.SHDSL EFM HWIC は、Cisco Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)とセントラル オフィス Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM; デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ)を接続し、4 本の G.SHDSL(ITU-T 991.2)接続回線を提供します。

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報を調べるには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator は、 http://www.cisco.com/go/fn からアクセスできます。Feature Navigator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを登録していない場合、またはユーザ名とパスワードを忘れた場合には、ログイン ダイアログ ボックスで [Cancel] をクリックして表示される手順に従います。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC の前提条件

ホスト ルータとして機能する適切な Cisco ルータの存在を確認してください。
次の Cisco ルータが Cisco G.SHDSL EFM HWIC をサポートします。

Cisco 1841 ISR

Cisco 1861 ISR

Cisco 1941 ISR

Cisco 1941W ISR

Cisco 2801 ISR

Cisco 2821 ISR

Cisco 2851 ISR

Cisco 2901 ISR

Cisco 2911 ISR

Cisco 2921 ISR

Cisco 2951 ISR

Cisco 3845 ISR

Cisco 3845 NOVPN ISR

Cisco 3925 ISR

Cisco 3945 ISR

show version コマンドを使用して、ルータ上で Cisco IOS リリース 15.1(1)T 以降が動作していることを確認してください。


) 最小限のリリース要件が満たされていれば、イメージを変更してもルータの性能に影響はありません。


Cisco Interface Cards Hardware Installation Guide 』と『 Cisco Network Modules and Interface Cards Regulatory Compliance and Safety Information 』に記載されている指示に従って、ルータ上に Cisco G.SHDSL EFM HWIC をインストールします。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC に関する情報

Cisco G.SHDSL EFM HWIC は、最大 4 対の Digital Subscriber Line(DSL; デジタル加入者線)をサポートします。この 4 対の DSL ペアは、グループ分けされており、Cisco IOS Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)上で dsl-group コマンドを使用して設定します。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC に使用されるコマンドの詳細については、「コマンド リファレンス」を参照してください。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC

Cisco HWIC-G.SHDSL EFM は、1 個の RJ-45 コネクタを介して 4 本の接続回線を提供します。

図 1 に、Cisco G.SHDSL EFM HWIC を示します。

図 1 Cisco HWIC-4SHDSL-E の前面プレート

 


) Cisco HWIC-4SHDSL-E は、Dying Gasp 機能をサポートします。dying gasp という用語は、ITU-T standard G.991.2, section 7.1.2.5.3 で定義された電源ステータスを意味します。


 

EN/LP

システムのステータス

緑:オペレーティング システムが動作中

オレンジ:ループバック モード

L0、L1、L2、L3

リンクのステータス

緑で点灯:リンクがアクティブ

消灯:リンクが非アクティブまたは未設定

オレンジ :リンク アラーム

緑で点滅:リンクがトレーニング中

オレンジと緑が同時に点滅:ループバック モード。EN/LP もオレンジで点灯します。

次の実施手順

ケーブル情報については、「Cisco G.SHDSL EFM HWIC とネットワークの接続」を参照してください。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC とネットワークの接続

標準の RJ-45 ストレート型ケーブルを Cisco G.SHDSL EFM HWIC に接続し、HWIC とネットワーク デバイス間の接続を確立します。

図 2 に、RJ-45 のピン割り当てを示します。 表 1 に、RJ-45 のピンごとの信号割り当てを示します。


注意 RJ-11 コネクタを Cisco HWIC-4SHDSL-E ポートに挿入すると、ピン 1 とピン 8 が変形して、今後の接続時にコネクタとプラグの接触が妨げられる可能性があります。接触が不十分な場合は、回線 1 チップと回線 3 リングが正しく機能しません。

図 2 RJ-45 のピン割り当て

表 1 RJ-45 のピンごとの信号割り当て

ピン
信号

1

回線 1 チップ

2

回線 1 リング

3

回線 2 チップ

4

回線 0 チップ

5

回線 0 リング

6

回線 2 リング

7

回線 3 チップ

8

回線 3 リング


) RJ-11 ケーブルを HWIC-SHDSL-E に接続しないでください。RJ-45 コネクタのピンが破損する可能性があります。


Cisco HWIC-4SHDSL-E を 2 または 4 つの RJ-11 コネクタをサポートする DSLAM に接続するには、標準の RJ-45 ケーブルを次の図の中で該当するものに変更します。

図 3 に、ケーブルの変更方法と Cisco HWIC-4SHDSL-E を 4 つの RJ-11 ケーブル接続をサポートする DSLAM に接続する方法を示します。

図 4 に、ケーブルの変更方法と Cisco HWIC-4SHDSL-E を 2 つの RJ-11 ケーブル接続をサポートする DSLAM に接続する方法を示します。

図 3 標準の RJ-45 コネクタと 4 つの標準の RJ-11 コネクタ

 

図 4 標準の RJ-45 コネクタと 2 つの標準の RJ-11 コネクタ

 

次の実施手順

DSL グループの設定方法については、「Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定」を参照してください。

Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定

特権コンフィギュレーション モードでルータ上の Cisco IOS CLI を使用して Cisco G.SHDSL EFM HWIC 上の DSL グループを設定します。

「EFM ボンディング グループの設定」

「1 ペア グループの設定」

「Cisco ルータ上での G.SHDSL サービスの設定」

EFM ボンディング グループの設定

グローバル コンフィギュレーション モードでルータ上の Cisco IOS CLI を使用して、Cisco HWIC-4SHDSL-E 上の EFM ボンディング グループを設定します。


) EFM ボンディング グループの設定を成功させるためには、Cisco HWIC-4SHDSL-E に接続された Central Office(CO; セントラル オフィス)ネットワーク機器が EFM ボンディングをサポートしていることを確認してください。


手順の概要

1. controller shdsl slot number / slot number / 0

2. dsl-group number pairs link [efm-bond]

3. shdsl annex {standard}

4. shdsl rate {number | auto}

5. exit

6. exit

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

controller shdsl slot number/subslot number/0

例:
Router (config)# controller shdsl 0/2/0

Router (config-controller)#

コントローラを選択して、config-controller モードを開始します。

詳細については、「controller shdsl」を参照してください。

ステップ 2

dsl-group number pairs link [efm-bond]

例:
Router (config-controller)# dsl-group pairs 0-1 efm-bond

DSL グループを作成して、config-controller-dsl-group モードを開始します。

詳細については、「dsl-group」を参照してください。

ステップ 3

shdsl annex {standard}

例:
Router (config-controller-dsl-group)# shdsl annex B

SHDSL annex を定義します。

詳細については、「shdsl annex」を参照してください。

ステップ 4

shdsl rate {number | auto}


例:
Router (config-controller)# shdsl rate 2048

SHDSL レートを定義します。

詳細については、「shdsl rate」を参照してください。

ステップ 5

exit

 

例:
Router (config-controller-dsl-group)# exit

config-controller-dsl-group モードを終了します。

ステップ 6

exit

 

例:
Router (config-controller)# exit

config-controller モードを終了します。

次の例では、G.SHDSL コマンドを使用して HWIC-4SHDSL-E 上の EFM ボンディング グループを設定します。

Router(config)#
Router(config)# controller shdsl 0/2/0
Router(config-controller)# dsl-group pairs 0-1 efm-bond
Router(config-controller-dsl-group)#
*Oct 1 10:49:03.331: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/2/0, changed state to down
*Oct 1 10:49:04.331: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/2/0, changed state to down
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex b
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl rate 2048
Router(config-controller-dsl-group)# exit
Router(config-controller)# exit
Router(config)#

1 ペア グループの設定

Cisco HWIC-4SHDSL-E 上の 1 ペア グループを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードでルータ上の Cisco IOS CLI を使用します。

手順の概要

1. controller shdsl slot number/subslot number/0

2. dsl-group pairs link number

3. shdsl annex {standard}

4. shdsl rate {number | auto}

5. exit

6. exit

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

controller shdsl slot number/subslot number/0

例:
Router (config)# controller shdsl 0/2/0

Router (config-controller)#

コントローラを選択して、config-controller モードを開始します。

詳細については、「controller shdsl」を参照してください。

ステップ 2

dsl-group pairs link number

例: non-EFM bonding group (single link)
Router (config-controller)# dsl-group pairs 0

例: EFM bonding group (one or multiple links):
Router (config-controller)# dsl-group pairs 0-3 efm-bond

DSL グループを作成して、config-controller-dsl-group モードを開始します。

詳細については、「dsl-group」を参照してください。

ステップ 3

shdsl annex {standard}

例:
Router (config-controller-dsl-group)# shdsl annex B

SHDSL annex を定義します。

詳細については、「shdsl annex」を参照してください。

ステップ 4

shdsl rate {number | auto}


例:
Router (config-controller-dsl-group)# shdsl rate 2048

SHDSL レートを定義します。

詳細については、「shdsl rate」を参照してください。

ステップ 5

exit

 

例:
Router (config-controller-dsl-group)# exit

config-controller-dsl-group モードを終了します。

ステップ 6

exit

 

例:
Router (config-controller)# exit

config-controller モードを終了します。

次の例では、G.SHDSL コマンドを使用して HWIC-4SHDSL-E 上の 1 ペア グループを設定します。

1 ペア グループの設定

Router(config)# controller shdsl 0/2/0
 
Router(config-controller)# dsl-group pairs 0
 
Router(config-controller-dsl-group)#
*Oct 1 10:49:03.331: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/2/0, changed state to down
*Oct 1 10:49:04.331: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/2/0, changed state to down
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex ?
A Annex A of G.991.2 standard
A-B-F-G Annex A/B/F/G of G.991.2 standard
A-F Annex A/F of G.991.2 standard
B Annex B of G.991.2 standard
B-G Annex B/G of G.991.2 standard
F Annex F of G.991.2 standard
G Annex G of G.991.2 standard
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex B
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl rate ?
<192-2304> DSL Rate in kbps(line will train at the rate + 16kbps overhead)
auto auto rate mode
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl rate 2304
Router(config-controller-dsl-group)# exit
Router(config-controller)# exit

Cisco ルータ上での G.SHDSL サービスの設定

グローバル コンフィギュレーション モードで Cisco IOS CLI を使用して、Cisco アクセス ルータ上の G.SHDSL サービスを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. controller shdsl slot number/subslot number/0

2. dsl-group pairs link number

3. shdsl annex {standard}

4. shdsl rate {number | auto}

5. exit

6. exit

7. interface Ethernet <slot>/< subslot>/<0>

8. ip address <IP-address> <Subnet mask>

9. exit

10. exit

11. show interface ethernet [type slot/port-adapter/port]

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

controller shdsl slot number/subslot number/0

 

例:
Router#conf t

Router(config)#controller shdsl 0/0/0

コントローラを選択して、DSL グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

(注) DSL グループの作成方法と設定方法については、「Cisco G.SHDSL EFM HWIC の設定」を参照してください。

ステップ 2

dsl-group pairs link number

 

例:

Router(config-controller)#dsl-group pairs 0

Router(config-controller-dsl-group)#

DSL ペア リンク番号を選択します。

ステップ 3

shdsl annex {standard}


例:
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex B

コントローラの annex タイプを選択します。

ステップ 4

shdsl rate {number | auto}

 

例:

Router(config-controller-dsl-group)# shdsl rate 2304

コントローラのレートを選択します。

ステップ 5

exit

 

例:

Router(config-controller-dsl-group)# exit

Router(config-controller)#

DSL グループ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

exit

 

例:

Router(config-controller)#exit

Router(config)#

コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7

interface Ethernet <slot>/< subslot>/<0>

 

例:

Router(config)#interface ethernet 0/0/0

Router#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

ip address <IP-address> <Subnet mask>

 

例:

Router(config)#ip address <IP-address> <subnet-mask>

Router(config-if)#

DSL イーサネット インターフェイスに IP アドレスを割り当てます。

ステップ 9

exit

 

例:

Router(config-if)# exit

Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 10

exit

 

例:

Router(config)# exit

Router#

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 11

show interface ethernet [type slot/port-adapter/port]

 

例:

Router# show interface ethernet 0/0/0

イーサネット インターフェイス設定を確認します。

デフォルトの DSL グループ設定

Annex - B

SHDSL レート - auto(このコマンドは、CO と CPE で指定された設定に最適なデータ レートを選択します)

Router#sh interfaces ethernet 0/0/0
Ethernet0/0/0 is up, line protocol is up
Hardware is HWIC_MAC110_FE, address is 0015.f98f.6df3 (bia 0015.f98f.6df3)
MTU 1500 bytes, BW 9216 Kbit/sec, DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:36:31, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:32:33
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 unknown protocol drops
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
1 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
Router#
 
 
Router#sh controllers shdsL 0/0/0
Controller SHDSL 0/0/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 0
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CPE termination
cdb=0x64E6763C, plugin=0x64E4C86C, ds=0x64E4C8B8 base=0x43800000
FPGA Version is REL.3.3.1,
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124, Firmware version: G88,
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
Group info:
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
Interface: Ethernet0/0/0, hwidb: 0x64F29518
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
Line termination: CPE, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
EFM bonding group is configured
EFM bonding group stats:
Tx Pkts: 0, Rx Pkts: 0
Frag Loss: 0, Bad Frag: 0, Buffer Overflow: 0
SOP Loss: 0, EOP Loss: 0
Loopback type: None
Dying Gasp: Present
Mode: Fixed
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 67 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 70 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 111 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
Router#
 
 
Router#sh controllers shdsL 0/0/0 detailed
Controller SHDSL 0/0/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 0
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CPE termination
cdb=0x64E6763C, plugin=0x64E4C86C, ds=0x64E4C8B8 base=0x43800000
FPGA Version is REL.3.3.1,
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124, Firmware version: G88,
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
Group info:
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
Interface: Ethernet0/0/0, hwidb: 0x64F29518
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
Line termination: CPE, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
EFM bonding group is configured
EFM bonding group stats:
Tx Pkts: 0, Rx Pkts: 1
Frag Loss: 0, Bad Frag: 0, Buffer Overflow: 0
SOP Loss: 0, EOP Loss: 0
Loopback type: None
Dying Gasp: Present
Mode: Fixed
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 215 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:1
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 41 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 218 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (2) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 9.5 dB
SNR margin: 38 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 247 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 8.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 248 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:26
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:1
xMII stats
Tx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Rx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Alignment Err: 0, Framelength Err: 0
Fragment Err: 0, Drops: 0
Router#

Cisco G.SHDSL EFM HWIC のトラブルシューティング

Cisco G.SHDSL EFM HWIC の問題を解決するには、次の新しい Cisco IOS コマンドと公開済みの Cisco IOS コマンドを使用します。G.SHDSL EFM HWIC で使用されるその他の Cisco IOS ソフトウェア コマンドについては、次の URL にある Cisco.com の Cisco IOS リリース 15.1(1)T コマンド リファレンス資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6441/tsd_products_support_series_home.html

手順の概要

1. show controllers shdsl

2. Show interface ethernet

3. Show controllers ethernet

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

show controllers shdsl slot number/subslot number/0 [detailed | brief]

例:
Router# show controllers shdsl 0/2/0 detailed

SHDSL コントローラのステータスを表示します。


詳細については、「show controllers shdsl」を参照してください。

ステップ 2

show interface ethernet[slot/subslot number/0]

 

例:
Router# show interface ethernet 0/1/0

イーサネット インターフェイス ステータスを表示します。

ステップ 3

show controllers ethernet[slot/subslot number/0]

 

例:
Router# show controllers ethernet 0/1/0

イーサネット コントローラに関する情報を表示します。

次の例では、show controllers shdsl コマンドを使用して、HWIC-4SHDSL-E 上のコントローラ ステータスを表示します。

show controllers shdsl

Router#show controller SHDSL 0/3/0 detailed
Controller SHDSL 0/3/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 3
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CO termination
cdb=0x679B83DC, plugin=0x67793B9C, ds=0x6799D660 base=0x50000000
FPGA Version is REL.3.3.1,
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124, Firmware version: G88,
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
Group info:
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
Interface: Ethernet0/3/0, hwidb: 0x67A0DF1C
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
Line termination: CO, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
EFM bonding group is configured
EFM bonding group stats:
Tx Pkts: 1, Rx Pkts: 1
Frag Loss: 0, Bad Frag: 0, Buffer Overflow: 0
SOP Loss: 0, EOP Loss: 0
Loopback type: None
Dying Gasp: Present
Mode: Fixed
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 10.5 dB
SNR margin: 40 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 561 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:1
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:1
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 10.5 dB
SNR margin: 41 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 564 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (2) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 9.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 566 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 9.5 dB
SNR margin: 40 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 568 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
xMII stats
Tx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Rx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Alignment Err: 0, Framelength Err: 0
Fragment Err: 0, Drops: 0
 

 

次の例では、2 線モードで show controllers shdsl コマンドを使用します。

2 線モードでの show controllers shdsl 出力のサンプル

Router#show controller SHDSL 0/3/0 detailed
Controller SHDSL 0/3/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 3
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CO termination
cdb=0x679B83DC, plugin=0x67793B9C, ds=0x6799D660 base=0x50000000
FPGA Version is REL.3.3.1,
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124, Firmware version: G88,
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
Group info:
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
Interface: Ethernet0/3/0, hwidb: 0x67A0DF1C
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
Line termination: CO, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
EFM bonding group is configured
EFM bonding group stats:
Tx Pkts: 1, Rx Pkts: 1
Frag Loss: 0, Bad Frag: 0, Buffer Overflow: 0
SOP Loss: 0, EOP Loss: 0
Loopback type: None
Dying Gasp: Present
Mode: Fixed
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 10.5 dB
SNR margin: 40 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 561 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:1
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:1
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 10.5 dB
SNR margin: 41 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 564 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (2) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 9.5 dB
SNR margin: 39 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 566 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
Termination: CO, Line mode: EFM bond, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM,
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
Modem status: GTI_DATA_OP
Last Failed State: None
Framer Sync Status: 1
Loop Attenuation: 0 dB
Transmit Power: 9.5 dB
SNR margin: 40 dB
Current 15 minute statistics (Time elapased 568 seconds)
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 15 minute statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
Current 24 hr statistics
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:28
Previous 24 hr statistics
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
EFM stats:
Receive stats:
Pkts:0
CRC:0
Transmit stats:
Pkts:0
xMII stats
Tx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Rx Stats:
Bytes: 81, Pkts: 1
Pause frames: 0
FCS Err: 0, Undersize Pkt Err: 0, Oversize Pkt Err: 0
Alignment Err: 0, Framelength Err: 0
Fragment Err: 0, Drops: 0
 

次の例では、show interface ethernet コマンドを使用します。

show interface ethernet

RRouter#show interface ethernet 0/3/0
Ethernet0/3/0 is up, line protocol is up
Hardware is HWIC_MAC110_FE, address is 0017.95c1.5cc6 (bia 0017.95c1.5cc6)
Internet address is 60.0.0.1/24
MTU 1500 bytes, BW 9216 Kbit/sec, DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input 00:39:04, output 00:00:00, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:37:21
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
1123 packets output, 67448 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 unknown protocol drops
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
 

次の例では、show controllers ethernet コマンドを使用して、イーサネット インターフェイスに関する詳細情報を表示します。

show controllers ethernet

Router#show controllers ethernet 0/3/0
IOS DS Rx/Tx Counters:
--------------------------:
Tx Head = 35
Tx Tail = 35
Tx Count = 0
Rx Head = 0
Rx Tail = 0
 
IOS DS Misc counters
----------------------
HWIC Host Reg Addr = 0x50800000
HWIC Common Reg Addr = 0x50000000
HW Namestring = Ethernet0/3/0
Tx Ring Entries = 64
Rx Ring Entries = 64
IRQ 1 Count = 0
DDR Tx CRC = 0
DDR Clock Miss = 0
DDR Tx Overrun = 0
MAC Tx Underrun = 0
MAC Rx Overrun = 0
MAC Large Frame = 0
MAC Rx CRC = 0
 
Multicast related information
------------------------------
Software MAC address filter(hash:length/addr/mask/hits):
-------------------------------------------------------
0x00: 0 ffff.ffff.ffff 0000.0000.0000 0
0x53: 0 0017.95c1.5cc6 0000.0000.0000 0
0xC0: 0 0180.c200.0002 0000.0000.0000 0
0xC0: 1 0100.0ccc.cccc 0000.0000.0000 0
0xC5: 0 0180.c200.0007 0000.0000.0000 0
Hardware MAC address filter table:
----------------------------------
Multicast ingress filter control reg is 0x1F
 
Exact filter at address: address to be filtered
-------------------------------------------------
0x50002104: 0017.95C1.5CC6
0x5000210A: FFFF.FFFF.FFFF
0x50002110: 0180.C200.0007
0x50002116: 0180.C200.0002
0x5000211C: 0100.0CCC.CCCC
0x50002122: 0000.0000.0000
0x50002128: 0000.0000.0000
0x5000212E: 0000.0000.0000
0x50002134: 0000.0000.0000
0x5000213A: 0000.0000.0000
Exact filter at address 0x67A121C0 5 free, in_use: 1 1 1 1 1 0 0 0 0 0
Multicast@0x67A1223C hash:
hash table 0 : 0000
hash table 1 : 0000
hash table 2 : 0000
hash table 3 : 0000
Multicast hash key instances:
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
MAC110 general registers
Control Register (0x8030):
MAC Enable 1 Short Packet Padding 0
Loopback Mode 0 TXCRC Gen 1
 
Status Register (0x0000):
TX MAC pause 0 RX MAC pause 0
 
MAC110 Frame statistics registers
---------------------------------
Egress frame counters:
----------------------
Frame Count 35
Byte Count 2835
Abort Count 0
Tx64 Bytes Packet Count0
Tx65_to_127 Bytes Packet Count35
Tx128_to_255 Bytes Packet Count0
Tx256_to_511 Bytes Packet Count 0
Tx512_to_1023 Bytes Packet Count 0
Tx1024_to_1518 Bytes Packet Count 0
TxUndersize Packet Count 0
TxOversize Packet Count 0
 
Ingress frame counters:
--------------------------
Frame Count 36
Byte Count 2916
Multicast Filt Drops 36
Multicast Frames 36
CRC Error Count 0
Congestion Drop Count 0
Oversize Drop Count 0
Pause Frame Count 0
Rx64 bytes Packet Count 0
Rx65_to_127 bytes Packet Count 36
Rx128_to_255 bytes Packet Count 0
Rx256_to_511 bytes Packet Count 0
Rx512_to_1023 bytes Packet Count 0
Rx1024_to_1518 bytes Packet Count 0
RxUndersize Packet Count 0
RxOversize Packet Count 0
 
******* HWIC Host Registers at 50800000 *******
Status (0x00):
Card Present Low 0 Graceful Stop Tx Complete 0
Config (0x0000120E):
Hwic Reset 0 Hwic Host Reset 0
Hwic IRQ2 Type Net Hwic IRQ1 Type Err
Rx Queue Watermark Enable 0 Auto XOFF When Full 0
Rx Int On Last 0 Graceful Stop Tx 0
Generic Rx Enable 1 Generic Tx Enable 1
DDR Enable 1 Loopback 0
Error Interrupt Enable (0x3DDFF):
Rx Done Error Int 1 Card Present Change Int 1
Hwic Int Frame Error Int 0x0D Tx First Last Error Int 1
Tx Done Error Int 1 IRQ2 Int 0
IRQ1 Int 1 Host Specific Error Int 1
Rx Overrun Int 1 DDR RxClk Missing Int 1
Reg RW Timeout Int 1 Reg RW Error Int 1
Rx CRC Int 1 Rx Format Error Int 1
DMA Error Int 1
Management Interrupt Enable (0x7000):
Hwic Int Frame Mgmt Int 0x07
IRQ2 Int 0
IRQ1 Int 0 Graceful Stop Tx Int 0
Network Interrupt Enable (0x1800):
Rx Frame Drop Int 0 Generic Frame Tx Int 1
Generic Frame Rx Int 1 DMA Write Int 0
IRQ2 Int 0 IRQ1 Int 0
Int Frame Network Int 0x00
HWICRegisterOffset 0x0000 HWICRegisterErrorAddress 0x00000000
HWICRegisterTimeout 0x0000C350
TxControlFrameCounter 0x033B77 RxControlFrameCounter 0x017F25
TxDataFrameCounter 0x000000 RxDataFrameCounter 0x000000
RegisterRWErrorCounter 0x0000 RxOverrunErrorCounter 0x0000
RxCRCErrorCounter 0x0000 RxFrameDropCounter 0x0000
TxBufferExtension 0x00 RxBufferExtension 0x00
HWICQueueBaseExtension 0x00 HWICQueueBase 0x162D
TXQueueTailBase Register 0x9118
TxQueueBase 0x12 TxQueueTail 0x23
TxQueueSize 0x40 TxQueueHead 0x23
RxQueueHeadBase Register 0x9800
RxQueueBase 0x13 RxQueueHead 0x00
RxQueueSize 0x40 RxQueueTail 0x00
RxBufferSize 0x060C RxQueueHighWaterMark 0x00
RxQueueLowWaterMark 0x00 DMAOffsetExtension 0x00
DMAOffset 0x0000 DMAWindow 0x0000
 
******* HWIC Common Registers at 50000000 *******
HWIC ID: 0x2
HWIC Revision: 0x0
HWIC Status: 0x0
HWIC DDR TXCRC:0x0
HWIC Control: 0x8040
DDR Enable 1 Software Reset 0
Interrupt Module Reset 0 GDF Module Reset 0
DMA Module Reset 0 Flow Control Reset 0
IRQ2 Global Int Mask 0 IRQ1 Global Int Mask 1
DDR TXCRC Int Mask 0 DDR TXClk Loss Int Mask 0
TX Fifo Overrun Int Mask 0
HWIC Interrupt Event: 0x0
DDR TXCRC Int 0 DDR TXClk Loss Int 0
TX Fifo Overrun Int 0
HWIC Diag 1: 0x0
HWIC Diag 2: 0x5
 
******* HWIC Rx/Tx Rings *******
rxr @(162D9800) head (0) tail (0) entries (64) serviced (0)
txr @(162D9000) head (35) tail (35) entries (64) serviced (35) count (0)
bd(162D9800): flags 0000 length 0000 address 15E19FA0
bd(162D9808): flags 0000 length 0000 address 15E19920
bd(162D9810): flags 0000 length 0000 address 15E192A0
bd(162D9818): flags 0000 length 0000 address 15E18C20
bd(162D9820): flags 0000 length 0000 address 15E185A0
bd(162D9828): flags 0000 length 0000 address 15E17F20
bd(162D9830): flags 0000 length 0000 address 15E178A0
bd(162D9838): flags 0000 length 0000 address 15E17220
bd(162D9840): flags 0000 length 0000 address 15E16BA0
bd(162D9848): flags 0000 length 0000 address 15E16520
bd(162D9850): flags 0000 length 0000 address 15E15EA0
bd(162D9858): flags 0000 length 0000 address 15E15820
bd(162D9860): flags 0000 length 0000 address 15E151A0
bd(162D9868): flags 0000 length 0000 address 15E14B20
bd(162D9870): flags 0000 length 0000 address 15E144A0
bd(162D9878): flags 0000 length 0000 address 15E13E20
bd(162D9880): flags 0000 length 0000 address 15E137A0
bd(162D9888): flags 0000 length 0000 address 15E13120
bd(162D9890): flags 0000 length 0000 address 15E12AA0
bd(162D9898): flags 0000 length 0000 address 15E12420
bd(162D98A0): flags 0000 length 0000 address 15E11DA0
bd(162D98A8): flags 0000 length 0000 address 15E11720
bd(162D98B0): flags 0000 length 0000 address 15E110A0
bd(162D98B8): flags 0000 length 0000 address 15E10A20
bd(162D98C0): flags 0000 length 0000 address 15E103A0
bd(162D98C8): flags 0000 length 0000 address 15E0FD20
bd(162D98D0): flags 0000 length 0000 address 15E0F6A0
bd(162D98D8): flags 0000 length 0000 address 15E0F020
bd(162D98E0): flags 0000 length 0000 address 15E0E9A0
bd(162D98E8): flags 0000 length 0000 address 15E0E320
bd(162D98F0): flags 0000 length 0000 address 15E0DCA0
bd(162D98F8): flags 0000 length 0000 address 15E0D620
bd(162D9900): flags 0000 length 0000 address 15E0CFA0
bd(162D9908): flags 0000 length 0000 address 15E0C920
bd(162D9910): flags 0000 length 0000 address 15E0C2A0
bd(162D9918): flags 0000 length 0000 address 15E0BC20
bd(162D9920): flags 0000 length 0000 address 15E0B5A0
bd(162D9928): flags 0000 length 0000 address 15E0AF20
bd(162D9930): flags 0000 length 0000 address 15E0A8A0
bd(162D9938): flags 0000 length 0000 address 15E29FE0
bd(162D9940): flags 0000 length 0000 address 15E29960
bd(162D9948): flags 0000 length 0000 address 15E292E0
bd(162D9950): flags 0000 length 0000 address 15E28C60
bd(162D9958): flags 0000 length 0000 address 15E285E0
bd(162D9960): flags 0000 length 0000 address 15E27F60
bd(162D9968): flags 0000 length 0000 address 15E278E0
bd(162D9970): flags 0000 length 0000 address 15E27260
bd(162D9978): flags 0000 length 0000 address 15E26BE0
bd(162D9980): flags 0000 length 0000 address 15E26560
bd(162D9988): flags 0000 length 0000 address 15E25EE0
bd(162D9990): flags 0000 length 0000 address 15E25860
bd(162D9998): flags 0000 length 0000 address 15E251E0
bd(162D99A0): flags 0000 length 0000 address 15E24B60
bd(162D99A8): flags 0000 length 0000 address 15E244E0
bd(162D99B0): flags 0000 length 0000 address 15E23E60
bd(162D99B8): flags 0000 length 0000 address 15E237E0
bd(162D99C0): flags 0000 length 0000 address 15E23160
bd(162D99C8): flags 0000 length 0000 address 15E22AE0
bd(162D99D0): flags 0000 length 0000 address 15E22460
bd(162D99D8): flags 0000 length 0000 address 15E21DE0
bd(162D99E0): flags 0000 length 0000 address 15E21760
bd(162D99E8): flags 0000 length 0000 address 15E210E0
bd(162D99F0): flags 0000 length 0000 address 15E20A60
bd(162D99F8): flags 0000 length 0000 address 15E203E0
bd(162D9000): flags 000F length 004D address 1631038A
bd(162D9008): flags 000F length 004D address 16310A0A
bd(162D9010): flags 000F length 004D address 15E03A4A
bd(162D9018): flags 000F length 004D address 15E04DCA
bd(162D9020): flags 000F length 004D address 15E03D8A
bd(162D9028): flags 000F length 004D address 15E0614A
bd(162D9030): flags 000F length 004D address 15E0474A
bd(162D9038): flags 000F length 004D address 15E0440A
bd(162D9040): flags 000F length 004D address 163113CA
bd(162D9048): flags 000F length 004D address 16310A0A
bd(162D9050): flags 000F length 004D address 15E0544A
bd(162D9058): flags 000F length 004D address 15E04DCA
bd(162D9060): flags 000F length 004D address 15E0578A
bd(162D9068): flags 000F length 004D address 15E0614A
bd(162D9070): flags 000F length 004D address 1630FD0A
bd(162D9078): flags 000F length 004D address 15E05E0A
bd(162D9080): flags 000F length 004D address 1630F9CA
bd(162D9088): flags 000F length 004D address 15E0370A
bd(162D9090): flags 000F length 004D address 163113CA
bd(162D9098): flags 000F length 004D address 163106CA
bd(162D90A0): flags 000F length 004D address 15E0544A
bd(162D90A8): flags 000F length 004D address 16310A0A
bd(162D90B0): flags 000F length 004D address 15E03A4A
bd(162D90B8): flags 000F length 004D address 15E0544A
bd(162D90C0): flags 000F length 004D address 15E05ACA
bd(162D90C8): flags 000F length 004D address 1630FD0A
bd(162D90D0): flags 000F length 004D address 15E0510A
bd(162D90D8): flags 000F length 004D address 163113CA
bd(162D90E0): flags 000F length 004D address 15E040CA
bd(162D90E8): flags 000F length 004D address 15E0440A
bd(162D90F0): flags 000F length 004D address 15E040CA
bd(162D90F8): flags 000F length 004D address 1631038A
bd(162D9100): flags 000F length 004D address 15E04DCA
bd(162D9108): flags 000F length 004D address 16310D4A
bd(162D9110): flags 000F length 004D address 16310A0A
bd(162D9118): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9120): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9128): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9130): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9138): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9140): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9148): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9150): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9158): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9160): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9168): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9170): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9178): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9180): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9188): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9190): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D9198): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91A0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91A8): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91B0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91B8): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91C0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91C8): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91D0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91D8): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91E0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91E8): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91F0): flags 0001 length 0000 address 00000000
bd(162D91F8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 

リンク トレーニング関連イベントを発生時に表示するには、debug shdsl-efm training コマンドを使用します。

ファームウェア ログを有効にするには、debug shdsl-efm firmware コマンドを使用します。ファームウェア ログを表示にするには、show shdsl-efm firmware コマンドを使用します。

チップセット メモリをダンプするには、次の手順を実行します。

debug shdsl-efm firmware

enable "service internal" in configuration terminal prompt

show shdsl-efm dspreg

デバッグを進めるには、次の debug コマンドを使用します。

debug shdsl-efm error

debug shdsl-efm driver

debug shdsl-efm eoc


) debug shdsl-efm eoc コマンドの場合は、特権コンフィギュレーション モードで no logging console コマンドと logging buffered コマンドを使用してデバッグをバッファすることをお勧めします。そうしなければ、IOS コンソールが eoc メッセージでいっぱいになります。


コマンド リファレンス

ここでは、次の新しい Cisco IOS コマンドと変更された Cisco IOS コマンドについて説明します。この HWIC で使用されるその他の Cisco IOS ソフトウェア コマンドについては、次の URL にある Cisco.com の Cisco IOS リリース 15.1(1)T コマンド リファレンス資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6441/tsd_products_support_series_home.html

新しいコマンド

「efm-grp」

「termination」

変更されたコマンド

「controller shdsl」

「dsl-group」

「shdsl annex」

「shdsl rate」

「show controllers shdsl」

efm-grp

efm-grp コマンドは、EFM ボンディング グループの作成後に単一リンクの必要なリンク操作(add、delete、および shutdown)を実行するために使用します。efm-grp コマンドでリンク操作を実行するには、config-controller-dsl-group モードを開始します。no 形式のコマンドを使用して、関連するコマンドをシャットダウンします。

efm-grp [ add | delete | shutdown ] link { link number }

no efm-grp [ add | delete | shutdown ] link { link number }

 
シンタックスの説明

link number

ペアのリンク番号を指定します。

add

EFM ボンディング グループにリンクを追加します。

delete

EFM ボンディング グループからリンクを削除します。

shutdown

EFM ボンディング グループ内のリンクをシャットダウンします。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値なし

 
コマンド モード

Config-controller-dsl-group

 
コマンドの履歴

リリース
変更

15.1(1)T

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、efm-bond 内のリンクを追加、削除、またはシャットダウンするために使用します。

次の例は、 efm-grp コマンドの使用方法を示しています。

Router(config-controller-dsl-group)# efm-grp ?
add Add a link to the EFM Bonding group
delete Delete a link from the EFM Bonding group
shutdown Shutdown a link in the EFM Bonding group
 
Router(config-controller-dsl-group)# efm-grp add ?
link EFM Bonding group link configuration
 
Router(config-controller-dsl-group)# efm-grp add link ?
<0-3> Link pair number
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller shdsl

コントローラを SHDSL モードに設定して、config-controller モードを開始します。

shdsl annex

SHDSL G.991.2 標準を定義します。

shdsl rate

SHDSL レートを定義します。

show controller shdsl

SHDSL モードに設定されたコントローラのステータスを表示します。

 

termination

コントローラの終了モードを設定するには、コントローラ コンフィギュレーション モードで termination コマンドを使用します。

termination [ co | cpe ]

 
シンタックスの説明

co

インターフェイスの回線終了を CO(ネットワーク)に設定します。

cpe

終了 cpe(顧客)

 
コマンドのデフォルト

コマンド デフォルト終了モードは CPE です。

 
コマンド モード

コントローラ コンフィギュレーション モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更

15.1(1)T

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コントローラ終了を設定するために使用します。

次の例は、回線終了を co に設定する場合を示しています。

Router(config-controller)# termination co
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller shdsl

コントローラを Single-pair High-bit-rate Digital Subscriber line(SHDSL; シングルペア高ビットレート デジタル加入者線)モードに設定します。

 

controller shdsl

コントローラを SHDSL モードに設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードまたはコントローラ コンフィギュレーション モードで controller shdsl コマンドを使用します。

Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL

controller shdsl slot number/subslot number/port number

Cisco IAD2420 シリーズ

controller shdsl number

 
シンタックスの説明

number

コントローラ番号。有効なコントローラ番号は 0 です。

slot number

高速 WAN インターフェイス カード(HWIC)がインストールされているルータ上のスロット

subslot number

HWIC がインストールされているルータ上のサブスロット

port number

HWIC がインストールされているルータ上のポート デフォルトで、Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL でポート番号 0 が使用されます。

 
コマンド デフォルト

コントローラ番号:0

Cisco HWIC-4SHDSL-E:なし

 
コマンド モード

Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL

グローバル コンフィギュレーション

コントローラ コンフィギュレーション

Cisco IAD2420 シリーズ

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更

11.3(5)AAA

このコマンドが導入されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco IAD2420 シリーズ IAD に実装されています。

12.4(15)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL のために導入されました。

15.1(1)T

このコマンドは変更されています。Cisco HWIC-SHDSL-E に対するサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コントローラ モードとコントローラ番号を設定するために使用します。

Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL

次の例では、controller shdsl コマンドを使用して、Cisco アクセス ルータ上にインストールされた Cisco HWIC-4SHDSL-E または Cisco HWIC-4SHDSL を設定します(コントローラ番号 0、サブスロット 2、ポート番号 0)。また、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# controller shdsl 0/2/0
Router(config-controller)#

Cisco IAD2420 シリーズ

次の例では、controller shdsl コマンドを使用して、コントローラ番号 0 上で SHDSL コントローラ モードを開始します。また、ATM モードも設定します。

Router# controller shdsl 0
Router# mode atm

 
関連コマンド

コマンド
説明

show controller shdsl

コントローラのステータスと統計情報を表示します。

 

dsl-group

デジタル加入者線(DSL)グループを作成して設定し、config-controller-dsl-group モードを開始する、または、自動的に ATM グループを設定するには、config-controller モードで dsl-group コマンドを使用します。DSL グループを無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

dsl-group [pairs] [{[number] pairs link number }| auto] [efm-bond]

no dsl-group [pairs] [{[number] pairs link number }| auto] [efm-bond]

 
シンタックスの説明

number

DSL グループ番号を定義します。DSL グループ番号は次の番号のいずれかにすることができます。

0

1

pairs

DSL ペア線を定義します。

EFM-bond

DSL グループを Ethernet First Mile(EFM)グループ ボンディング グループとして定義します。

link number

ペアのリンク番号。リンク番号オプションは、ハードウェア インターフェイスと必要な DSL グループに基づいて、次の選択肢のいずれかに制限されます。

HWIC-4SHDSL-E

EFM ボンド DSL グループ

0

1

2

3

数字の 0、1、2、3 の任意の組み合せ

1 ペア DSL グループ

0

1

2

3

1 ペア DSL グループ(2 線)の場合は、1 つのペアだけを設定する必要があります。

HWIC-4SHDSL

IMA DSL グループ

0

1

2

3

数字の 0、1、2、3 の任意の組み合せ

M ペア DSL グループ

0-1

0-2

0-3

2 ペア DSL グループ

0-1

2-3

1 ペア DSL グループ

0

1

2

3

HWIC-2SHDSL

DSL グループ 0

0

1

0-1

DSL グループ 1

1

auto

自動的に、セントラル オフィス(CO)設定を Customer Premise Equipment(CPE; 顧客宅内機器)上の ATM DSL グループに割り当てます。

 
コマンドのデフォルト

DSL グループが定義または自動設定されることはありません。

 
コマンド モード

Config controller

Config-controller-dsl-group

 
コマンドの履歴

リリース
変更

12.4(15)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL のために導入されました。

15.1(1)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL の自動設定をサポートするように変更されています。

15.1(1)T

このコマンドは変更されています。Cisco HWIC-4SHDSL-E のために dsl-group pairs link number [efm-bond] が追加されました。

 
使用上のガイドライン

config-controller モードで dsl-group コマンドを使用して DSL グループを定義し、config-controller-dsl-group モードで手動で DSL グループを設定します。 dsl-group auto コマンドを使用して、自動的に ATM DSL グループに対してセントラル オフィス(CO)設定を採用します。dsl-group pairs を使用して、DSL グループを Ethernet First Mile(EFM)グループ ボンディング グループとして定義します。


) IMA グループ上では自動設定がサポートされません。


自動設定は、1 つの DSL グループと ATM インターフェイスに制限されます。自動的に 1 つのグループが設定されると、他のグループは作成できなくなります。自動設定グループを作成する前に、手動で作成されたすべてのグループを削除する必要があります。

CO で複数の設定が実行されている場合は、CPE で次の優先度に基づいて設定が選択されます。

4. M ペア

5. 4 線

6. 2 線

CO で同じタイプの複数の設定が実行されている場合は、CPE でリンク 0 の設定が選択されます。

次の例では、dsl-group コマンドを使用して、IMA-DSL グループを作成し、config-controller-dsl-group モードを開始します。

Router(config-controller)# dsl-group 1 pairs 0-1 ima
Router(config-controller-dsl-group)#
Sep 14 13:15:40.285:%HWIC_SHDSL-5-DSLGROUP_UPDOWN: SHDSL 0/2/0 dsl-group(1) state changed to down.
Sep 14 13:15:42.285:%LINK-3-UPDOWN: Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
Sep 14 13:15:43.285:%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
 

次の例では、dsl-group auto コマンドを使用して、自動的に ATM グループに対してセントラル オフィス(CO)設定を採用します。

Router(config-controller)#dsl-group auto
Router(config-controller)#

*May 14 18:56:33.136: %HWIC_SHDSL-5-DSLGROUP_UPDOWN: SHDSL 0/0/0 dsl-group(0) state changed to down.
*May 14 18:56:35.136: %LINK-3-UPDOWN: Interface ATM0/0/0, changed state to down
*May 14 18:56:36.136: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface ATM0/0/0,
changed state to down

 

次の例では、シングルペア DSL グループを設定して、config-controller-dsl-group モードを開始します。

Router(config-controller)#dsl-group pairs 0
Router(config-controller-dsl-group)#

 

次の例では、4 ペア EFM ボンディング グループを作成します。

Router(config-controller)#dsl-group pairs 0-3 efm-bond
Router(config-controller-dsl-group)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller shdsl

コントローラを SHDSL モードに設定して、config-controller モードを開始します。

ima group

物理リンクを IMA グループ メンバとして定義します。

ima group clock-mode

IMA グループのクロック モードを設定します。

ima link

IMA グループ内の物理リンクを定義します。

shdsl 4-wire mode enhanced

2 ペア DSL グループで拡張モードを使用するように SHDSL を定義します。

shdsl annex

SHDSL G.991.2 標準を定義します。

shdsl rate

SHDSL レートを定義します。

show controller shdsl

SHDSL モードに設定されたコントローラのステータスを表示します。

 

shdsl annex

SHDSL G.991.2 標準を定義するには、config controller DSL group モードで shdsl annex コマンドを使用します。

shdsl annex {annex | standard }

 
シンタックスの説明

standard

選択されたタイプの DSL グループの標準を定義します。次の annex 標準がサポートされています。

A

A-B-F-G

A-F

B(デフォルト annex)

B-G

F

G

IMA グループ

A

A-B

B

M ペア グループ

A

A-B

B

F {coding 16 | 32}

F-G {coding 16 | 32}

G {coding 16 | 32}

1 ペアおよび 2 ペア グループ

A

A-B

B

F {coding 16 | 32}

F-G {coding 16 | 32}

G {coding 16 | 32}

 
コマンドのデフォルト

SHDSL annex B

 
コマンド モード

Config controller DSL group

 
コマンドの履歴

リリース
変更

12.4(15)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL のために導入されました。

15.1(1)T

このコマンドは変更されています。引数の annex は Cisco HWIC-4SHDSL-E のために導入されました。

 
使用上のガイドライン

dsl-group コマンドを使用して DSL グループを作成してから、shdsl annex コマンドを使用して DSL グループの G.991.2 標準を定義します。

次の例では、shdsl annex コマンドを使用して、Cisco HWIC-4SHDSL 上の 2 ペア DSL グループの annex 標準を定義します。

Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex ?
A Annex A of G.991.2 standard
A-B Annex A/B of G.991.2 standard
B Annex B of G.991.2 standard
F Annex F of G.991.2 standard
F-G Annex F/G of G.991.2 standard
G Annex G of G.991.2 standard
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex g ?
coding 16-TCPAM or 32-TCPAM line coding
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex g coding ?
16-TCPAM 16-TCPAM line coding
32-TCPAM 32-TCPAM line coding
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex g coding 16 ?
<cr>

Router(config-controller-dsl-group)#shdsl annex ?
A Annex A of G.991.2 standard
A-B-F-G Annex A/B/F/G of G.991.2 standard
A-F Annex A/F of G.991.2 standard
B Annex B of G.991.2 standard
B-G Annex B/G of G.991.2 standard
F Annex F of G.991.2 standard
G Annex G of G.991.2 standard
 
Router(config-controller-dsl-group)#shdsl annex f ?
coding 16-TCPAM, 32-TCPAM line coding or auto-TCPAM line coding
 

上記 TCPAM 設定は、終了が "co" の場合にのみ有効です。終了が CPE の場合は、次の出力が表示されます。

Router(config-controller-dsl-group)#shdsl annex f ?
<cr>

 
関連コマンド

コマンド
説明

dsl-group

DSL グループを作成して、config-controller-dsl-group モードを開始します。

shdsl rate

SHDSL レートを定義します。

 

shdsl rate

SHDSL レートを定義するには、config-controller-dsl-group モードで shdsl rate コマンドを使用します。

shdsl rate {number | auto}

 
シンタックスの説明

number

デジタル加入者線(DSL)グループの SHDSL レート

1 ペアの DSL グループ

Annex A & B--192-2304 kbps

Annex F & G(32 TC-PAM)--768-5696 kbps

Annex F & G(16 TC-PAM)--2304-3840 kbps

2 ペアの DSL グループ

Annex A & B--384-4608 kbps

Annex F & G(32 TC-PAM)--1536-11392 kbps

Annex F & G(16 TC-PAM)--4608-7680 kbps

3 ペアの DSL グループ

Annex A & B--576-6912 kbps

Annex F & G(32 TC-PAM)--2304-12288 kbps

Annex F & G(16 TC-PAM)--6912-11520 kbps

4 ペアの DSL グループ

Annex A & B--768-9216 kbps

Annex F & G(32 TC-PAM)--3072-16384 kbps

Annex F & G(16 TC-PAM)--9216-15360 kbps

Annex と TC-PAM 2 線設定ごとにサポートされるデータ レート。複数リンクの EFM ボンディング設定の場合は、データ レート範囲に EFM ボンディング グループ内のリンク数をかけます。

2 線、16-TCPAM

Annex A--192 - 2304 kbps

Annex B--192 - 2304 kbps

Annex F--2304 - 3840 kbps

Annex G--2304 - 3840 kbps

Annex A & F--192 - 3840 kbps

Annex B & G--192 - 3840 kbps

A & B & F & G--192 - 3840 kbps

2 線、32-TCPAM

Annex F--768 - 5696 kbps

Annex G--768 - 5696 kbps

Annex A & F--768 - 5696 kbps

Annex B & G--768 - 5696 kbps

Annex A & B & F & G--768 - 5696 kbps

2 線 Auto-TCPAM

Annex A--192 - 2304 kbps

Annex B--192 - 2304 kbps

Annex F--768 - 5696 kbps

Annex G--768 - 5696 kbps

Annex A & F--192 - 5696 kbps

Annex B & G--192 - 5696 kbps

Annex A & B & F & G--192 - 5696 kbps

auto

この SHDSL レートを自動モードに設定します。

 
コマンドのデフォルト

コマンド デフォルトは、選択された DSL グループの最大 annex レートです。

 
コマンド モード

Config controller DSL group

 
コマンドの履歴

リリース
変更

12.4(15)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL のために導入されました。

15.1(1)T

このコマンドは変更されています。Cisco HWIC-4SHDSL-E に対するサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

dsl-group コマンドを使用して DSL グループを作成してから、shdsl annex コマンドを使用して新しく作成した DSL グループの G.991.2 標準を定義します。shdsl rate コマンドを使用して、SHDSL 回線レートを定義します。

次の例では、Cisco HWIC-4SHDSL 上の DSL グループ 1、ペア 0-1(2 ペア)の SHDSL 回線レートを定義します。

Router(config-controller)# dsl-group 1 pairs 0-1 ima
Router(config-controller-dsl-group)#
Sep 22 14:53:46.481: %HWIC_SHDSL-5-DSLGROUP_UPDOWN: SHDSL 0/2/0 dsl-group(1) state changed to down.
Sep 22 14:53:48.481: %LINK-3-UPDOWN: Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
Sep 22 14:53:49.481: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface ATM0/2/IMA1, changed state to down
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex ?
A Annex A of G.991.2 standard
A-B Annex A/B of G.991.2 standard
B Annex B of G.991.2 standard
 
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl annex b ?
<cr>
Router(config-controller-dsl-group)# shdsl rate auto
<384-4608> DSL Rate in kbps(line will train at the rate + 16kbps overhead)
auto auto rate mode

 

次の例は、適応レート設定を示しています。

Router(config-controller-dsl-group)#shdsl rate ?
<768-9216> DSL Rate (excluding DSL overhead) in kbps
auto auto rate mode
 
Router(config-controller-dsl-group)#shdsl rate 1024
 
Router(config-controller-dsl-group)#shdsl rate auto ?
current Current SNR Margin
snext Self Near end cross talk
Router(config-controller-dsl-group)#shdsl rate auto current ?
<0 - 10> 0dB to 10dB
 
Router(config-controller-dsl-group)#shdsl rate auto snext ?
<-10 - 10> -10dB to 10dB

 
関連コマンド

コマンド
説明

dsl-group

DSL グループを作成して、config-controller-dsl-group モードを開始します。

shdsl annex

DSL グループの G.991.2 標準を定義します。

 

show controllers shdsl

SHDSL モードに設定されたコントローラのステータスを表示するには、特権 EXEC モードで show controllers shdsl コマンドを使用します。

Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL

show controllers shdsl slot number/subslot number/port number {brief | detailed}

Cisco IAD2420

show controller shdsl number

 
シンタックスの説明

brief

コントローラのステータスのサマリーを出力します。

detailed

コントローラのステータスの詳細なレポートを出力します。

number

SHDSL コントローラ番号。SHDSL モードの有効なコントローラ番号は 0 です。

slot number

HWIC がインストールされているルータ上のスロット

subslot number

HWIC がインストールされているルータ上のサブスロット

port number

HWIC がインストールされているルータ上のポート デフォルトで、Cisco HWIC-4SHDSL-E、HWIC-4SHDSL、および HWIC-2SHDSL でポート番号 0 が使用されます。

 
コマンド デフォルト

コントローラ番号

 
コマンド モード

特権 EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更

12.4(15)T

このコマンドは、Cisco 1841 ルータと、Cisco 2800 および 3800 シリーズ アクセス ルータ上で動作する Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL のために更新されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco IAD2420 シリーズで導入されました。

15.1(1)T

このコマンドは変更されています。Cisco HWIC-SHDSL-E に対するサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コントローラ モード、コントローラ番号、および関連する統計情報を表示するために使用します。

Cisco HWIC-4SHDSL および HWIC-2SHDSL

次の例は、Cisco アクセス ルータ上のスロット 0、サブスロット 2、ポート 0 に実装された Cisco HWIC-4SHDSL コントローラのステータスを示しています。

Router# show controllers shdsl 0/2/0 brief
Controller SHDSL 0/2/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL, rev 2 on slot 0, hwic slot 2
Capabilities: IMA, M-pair, 2/4 wire, Annex A, B, F & G, CPE termination
cdb=0x43EB384C, plugin=0x43DE9410, ds=0x43E9A1C4 base=0xB8000000
FPGA Version is REL.3.4.0, NIOSII FW:Ver 2.6, status Running
SDC-16i HW:Rev 1.2, status UP, FW:Ver 1.2-1.1.3__57, status Running
SDFE-4 HW:Rev 1.2, status UP, FW:Ver 1.1-1.5.2__001 , status Running
NIOSII Firmware image: System
SDC16i Firmware image: System
SDFE4 Firmware image: System
Number of pairs 4, number of groups configured 1
Ignored CLI cmds(0), Event buffer: in use(0), failed(0)
Group (0) is Not configured.
Group (1) info:
Type: M-pair over g.shdsl, status: Configure Firmware
Interface: ATM0/2/1, hwidb: 0x43F04EA0, UTOPIA phy 1
Configured/active num links: 2/0, bit map: 0x3/0x0
Line termination: CPE, line mode: M-pair, Annex-B, PMMS disabled
Line coding: 16-TCPAM, configured/actual rate: 4608/0 kbps
SHDSL wire-pair (0) is in DSL DOWN state
SHDSL wire-pair (1) is in DSL config state
Router#

Cisco HWIC-4SHDSL-E

Router# show controller shdsl 0/0/0 brief
Controller SHDSL 0/0/0 is UP
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 0
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CO termination
cdb=0x650DB800, plugin=0x650C09A0, ds=0x650C0A84 base=0x43800000
FPGA Version is REL.3.3.1,
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124
Firmware file: System, Firmware version: G88
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
Group info:
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
Interface: Ethernet0/0/0, hwidb: 0x6519D6DC
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
Line termination: CO, Annex: B
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
Loopback type: None
Dying Gasp: Present
Mode: Fixed
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
SHDSL wire-pair (2) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
LOSW Defect alarm: none
CRC per second alarm: none

Cisco IAD2420 シリーズ

次の例では、Cisco IAD2420 シリーズ IAD 上で SHDSL モードに設定されたコントローラのステータスを表示します。

Router# show controller shdsl 0
 
SHDSL 0 controller UP
SLOT 3: Globespan xDSL controller chipset
Frame mode: Serial ATM
Configured Line rate: 1160Kbps
Line Re-activated 0 times after system bootup
LOSW Defect alarm: None
CRC per second alarm: None
Line termination: CPE
FPGA Revision: 9

 
関連コマンド

コマンド
説明

controller shdsl 0

コントローラ ステータスとコントローラ番号を設定します。

その他の参考資料

次の参考資料には、Cisco IOS ソフトウェア リソース センター、インターフェイス カード マニュアル、その他のハードウェア マニュアルなどの関連トピックへのリンクが掲載されています。

関連マニュアル

関連トピック
参照先

Cisco IOS ソフトウェア

Cisco IOS ソフトウェア

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/tsd_products_support_category_home.html

インターフェイス カード

Cisco Interface Cards Install and Upgrade Guides

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps2641/prod_installation_guides_list.html

Cisco Network Modules and Interface Cards Regulatory Compliance and Safety Information

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/access/interfaces/rcsi/IOHrcsi.html

フィードバックやサポートを含む技術資料

What's New in Cisco Product Documentation (毎月の新しいマニュアルと改訂されたマニュアルのリストを含む)

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/
whatsnew.html

標準

標準
タイトル

ITU G.991.2

Annex A

Annex B

Annex F

Annex G

af-phy-0086.001

Inverse Multiplexing over ATM version 1.1

MIB

MIB
MIB リンク

シャーシ MIB

エンティティ MIB

HDSL2-SHDSL-LINE MIB

インターフェイス MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

G.SHDSL-- RFC# 3276

HDSL2-SHDSL-LINE MIB

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

シスコのテクニカル サポートおよびドキュメンテーション Web サイトには、数千ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

EFM 設定の確認

EFM 設定の確認:

現在の設定を確認するには、show running-config コマンドを使用します。

イーサネット インターフェイスの統計情報を表示するには、show interface ethernet コマンドを使用します。

イーサネット コントローラの統計情報を表示するには、show controller ethernet コマンドを使用します。

shdsl コントローラの統計情報を表示するには、show controller shdsl コマンドを使用します。

デバッグ コマンドは debug shdsl-efm プレフィックスを付けて使用することができます。

Router# sh controllers ethernet 0/0/0
 
IOS DS Rx/Tx Counters:
 
--------------------------:
 
Tx Head = 0
 
Tx Tail = 0
 
Tx Count = 0
 
Rx Head = 0
 
Rx Tail = 0
 
 
 
IOS DS Misc counters
 
----------------------
 
HWIC Host Reg Addr = 0xB0A00000
 
HWIC Common Reg Addr = 0xB0000000
 
HW Namestring = Ethernet0/0/0
 
Tx Ring Entries = 64
 
Rx Ring Entries = 64
 
IRQ 1 Count = 0
 
DDR Tx CRC = 0
 
DDR Clock Miss = 0
 
DDR Tx Overrun = 0
 
MAC Tx Underrun = 0
 
MAC Rx Overrun = 0
 
MAC Large Frame = 0
 
MAC Rx CRC = 0
 
 
Multicast related information
 
------------------------------
 
Software MAC address filter(hash:length/addr/mask/hits):
 
-------------------------------------------------------
 
0x00: 0 ffff.ffff.ffff 0000.0000.0000 0
 
0x0F: 0 001b.d495.ccdb 0000.0000.0000 0
 
0xC0: 0 0180.c200.0002 0000.0000.0000 0
 
0xC0: 1 0100.0ccc.cccc 0000.0000.0000 0
 
0xC5: 0 0180.c200.0007 0000.0000.0000 0
 
Hardware MAC address filter table:
 
----------------------------------
 
Multicast ingress filter control reg is 0x1F
 
 
 
Exact filter at address: address to be filtered
 
-------------------------------------------------
 
0xB0002104: 001B.D495.CCDB
 
0xB000210A: FFFF.FFFF.FFFF
 
0xB0002110: 0180.C200.0007
 
0xB0002116: 0180.C200.0002
 
0xB000211C: 0100.0CCC.CCCC
 
0xB0002122: 0000.0000.0000
 
0xB0002128: 0000.0000.0000
 
0xB000212E: 0000.0000.0000
 
0xB0002134: 0000.0000.0000
 
0xB000213A: 0000.0000.0000
 
Exact filter at address 0x45577C80 5 free, in_use: 1 1 1 1 1 0 0 0 0 0
 
Multicast@0x45577CFC hash:
 
hash table 0 : 0000
 
hash table 1 : 0000
 
hash table 2 : 0000
 
hash table 3 : 0000
 
Multicast hash key instances:
 
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 
MAC110 general registers
 
Control Register (0x8030):
 
MAC Enable 1 Short Packet Padding 0
 
Loopback Mode 0 TXCRC Gen 1
 
 
 
Status Register (0x0000):
 
TX MAC pause 0 RX MAC pause 0
 
 
 
MAC110 Frame statistics registers
 
---------------------------------
 
Egress frame counters:
 
----------------------
 
Frame Count 0
 
Byte Count 0
 
Abort Count 0
 
Tx64 Bytes Packet Count0
 
Tx65_to_127 Bytes Packet Count0
 
Tx128_to_255 Bytes Packet Count0
 
Tx256_to_511 Bytes Packet Count 0
 
Tx512_to_1023 Bytes Packet Count 0
 
Tx1024_to_1518 Bytes Packet Count 0
 
TxUndersize Packet Count 0
 
TxOversize Packet Count 0
 
 
 
Ingress frame counters:
 
--------------------------
 
Frame Count 0
 
Byte Count 0
 
Multicast Filt Drops 0
 
Multicast Frames 0
 
CRC Error Count 0
 
Congestion Drop Count 0
 
Oversize Drop Count 0
 
Pause Frame Count 0
 
Rx64 bytes Packet Count 0
 
Rx65_to_127 bytes Packet Count 0
 
Rx128_to_255 bytes Packet Count 0
 
Rx256_to_511 bytes Packet Count 0
 
Rx512_to_1023 bytes Packet Count 0
 
Rx1024_to_1518 bytes Packet Count 0
 
RxUndersize Packet Count 0
 
RxOversize Packet Count 0
 
 
 
******* HWIC Host Registers at B0A00000 *******
 
Status (0x00):
 
Card Present Low 0 Graceful Stop Tx Complete 0
 
Config (0x0000120E):
 
Hwic Reset 0 Hwic Host Reset 0
 
Hwic IRQ2 Type Net Hwic IRQ1 Type Err
 
Rx Queue Watermark Enable 0 Auto XOFF When Full 0
 
Rx Int On Last 0 Graceful Stop Tx 0
 
Generic Rx Enable 1 Generic Tx Enable 1
 
DDR Enable 1 Loopback 0
 
Error Interrupt Enable (0x3DDFF):
 
Rx Done Error Int 1 Card Present Change Int 1
 
Hwic Int Frame Error Int 0x0D Tx First Last Error Int 1
 
Tx Done Error Int 1 IRQ2 Int 0
 
Rx Done Error Int 1 Card Present Change Int 1
 
Hwic Int Frame Error Int 0x0D Tx First Last Error Int 1
 
Tx Done Error Int 1 IRQ2 Int 0
 
IRQ1 Int 1 Host Specific Error Int 1
 
Rx Overrun Int 1 DDR RxClk Missing Int 1
 
Reg RW Timeout Int 1 Reg RW Error Int 1
 
Rx CRC Int 1 Rx Format Error Int 1
 
DMA Error Int 1
 
Management Interrupt Enable (0x7000):
 
Hwic Int Frame Mgmt Int 0x07
 
IRQ2 Int 0
 
IRQ1 Int 0 Graceful Stop Tx Int 0
 
Network Interrupt Enable (0x1800):
 
Rx Frame Drop Int 0 Generic Frame Tx Int 1
 
Generic Frame Rx Int 1 DMA Write Int 0
 
IRQ2 Int 0 IRQ1 Int 0
 
Int Frame Network Int 0x00
 
HWICRegisterOffset 0x0000 HWICRegisterErrorAddress 0x00000000
 
HWICRegisterTimeout 0x0000C350
 
TxControlFrameCounter 0x34B442 RxControlFrameCounter 0x1363C1
 
TxDataFrameCounter 0x000000 RxDataFrameCounter 0x000000
 
RegisterRWErrorCounter 0x0000 RxOverrunErrorCounter 0x0000
 
RxCRCErrorCounter 0x0000 RxFrameDropCounter 0x0000
 
TxBufferExtension 0x00 RxBufferExtension 0x00
 
HWICQueueBaseExtension 0x00 HWICQueueBase 0x0F6E
 
TXQueueTailBase Register 0xD000
 
TxQueueBase 0x1A TxQueueTail 0x00
 
TxQueueSize 0x40 TxQueueHead 0x00
 
RxQueueHeadBase Register 0xD800
 
RxQueueBase 0x1B RxQueueHead 0x00
 
RxQueueSize 0x40 RxQueueTail 0x00
 
RxBufferSize 0x060C RxQueueHighWaterMark 0x00
 
RxQueueLowWaterMark 0x00 DMAOffsetExtension 0x00
 
DMAOffset 0x0000 DMAWindow 0x0000
 
 
 
******* HWIC Common Registers at B0000000 *******
 
HWIC ID: 0x2
 
HWIC Revision: 0x0
 
HWIC Status: 0x0
 
HWIC DDR TXCRC:0x0
 
HWIC Control: 0x8040
 
DDR Enable 1 Software Reset 0
 
Interrupt Module Reset 0 GDF Module Reset 0
 
DMA Module Reset 0 Flow Control Reset 0
 
IRQ2 Global Int Mask 0 IRQ1 Global Int Mask 1
 
DDR TXCRC Int Mask 0 DDR TXClk Loss Int Mask 0
 
TX Fifo Overrun Int Mask 0
 
HWIC Interrupt Event: 0x0
 
DDR TXCRC Int 0 DDR TXClk Loss Int 0
 
TX Fifo Overrun Int 0
 
HWIC Diag 1: 0x0
 
HWIC Diag 2: 0x5
 
 
 
******* HWIC Rx/Tx Rings *******
 
rxr @(F6ED800) head (0) tail (0) entries (64) serviced (0)
 
txr @(F6ED000) head (0) tail (0) entries (64) serviced (0) count (0)
 
bd(F6ED800): flags 0000 length 0000 address 0F418D80
 
bd(F6ED808): flags 0000 length 0000 address 0F418700
 
bd(F6ED810): flags 0000 length 0000 address 0F418080
 
bd(F6ED818): flags 0000 length 0000 address 0F417A00
 
bd(F6ED820): flags 0000 length 0000 address 0F417380
 
bd(F6ED828): flags 0000 length 0000 address 0F416D00
 
bd(F6ED830): flags 0000 length 0000 address 0F416680
 
bd(F6ED838): flags 0000 length 0000 address 0F416000
 
bd(F6ED840): flags 0000 length 0000 address 0F415980
 
bd(F6ED848): flags 0000 length 0000 address 0F415300
 
bd(F6ED850): flags 0000 length 0000 address 0F414C80
 
bd(F6ED858): flags 0000 length 0000 address 0F414600
 
bd(F6ED860): flags 0000 length 0000 address 0F413F80
 
bd(F6ED868): flags 0000 length 0000 address 0F413900
 
bd(F6ED870): flags 0000 length 0000 address 0F413280
 
bd(F6ED878): flags 0000 length 0000 address 0F412C00
 
bd(F6ED880): flags 0000 length 0000 address 0F412580
 
bd(F6ED888): flags 0000 length 0000 address 0F411F00
 
bd(F6ED890): flags 0000 length 0000 address 0F411880
 
bd(F6ED898): flags 0000 length 0000 address 0F411200
 
bd(F6ED8A0): flags 0000 length 0000 address 0F410B80
 
bd(F6ED8A8): flags 0000 length 0000 address 0F410500
 
bd(F6ED8B0): flags 0000 length 0000 address 0F40FE80
 
bd(F6ED8B8): flags 0000 length 0000 address 0F40F800
 
bd(F6ED8C0): flags 0000 length 0000 address 0F40F180
 
bd(F6ED8C8): flags 0000 length 0000 address 0F40EB00
 
bd(F6ED8D0): flags 0000 length 0000 address 0F40E480
 
bd(F6ED8D8): flags 0000 length 0000 address 0F40DE00
 
bd(F6ED8E0): flags 0000 length 0000 address 0F40D780
 
bd(F6ED8E8): flags 0000 length 0000 address 0F40D100
 
bd(F6ED8F0): flags 0000 length 0000 address 0F40CA80
 
bd(F6ED8F8): flags 0000 length 0000 address 0F40C400
 
bd(F6ED900): flags 0000 length 0000 address 0F40BD80
 
bd(F6ED908): flags 0000 length 0000 address 0F40B700
 
bd(F6ED910): flags 0000 length 0000 address 0F40B080
 
bd(F6ED918): flags 0000 length 0000 address 0F40AA00
 
bd(F6ED920): flags 0000 length 0000 address 0F40A380
 
bd(F6ED928): flags 0000 length 0000 address 0F409D00
 
bd(F6ED930): flags 0000 length 0000 address 0F409680
 
bd(F6ED938): flags 0000 length 0000 address 0F428DC0
 
bd(F6ED940): flags 0000 length 0000 address 0F428740
 
bd(F6ED948): flags 0000 length 0000 address 0F4280C0
 
bd(F6ED950): flags 0000 length 0000 address 0F427A40
 
bd(F6ED958): flags 0000 length 0000 address 0F4273C0
 
bd(F6ED960): flags 0000 length 0000 address 0F426D40
 
bd(F6ED968): flags 0000 length 0000 address 0F4266C0
 
bd(F6ED970): flags 0000 length 0000 address 0F426040
 
bd(F6ED978): flags 0000 length 0000 address 0F4259C0
 
bd(F6ED980): flags 0000 length 0000 address 0F425340
 
bd(F6ED988): flags 0000 length 0000 address 0F424CC0
 
bd(F6ED990): flags 0000 length 0000 address 0F424640
 
bd(F6ED998): flags 0000 length 0000 address 0F423FC0
 
bd(F6ED9A0): flags 0000 length 0000 address 0F423940
 
bd(F6ED9A8): flags 0000 length 0000 address 0F4232C0
 
bd(F6ED9B0): flags 0000 length 0000 address 0F422C40
 
bd(F6ED9B8): flags 0000 length 0000 address 0F4225C0
 
bd(F6ED9C0): flags 0000 length 0000 address 0F421F40
 
bd(F6ED9C8): flags 0000 length 0000 address 0F4218C0
 
bd(F6ED9D0): flags 0000 length 0000 address 0F421240
 
bd(F6ED9D8): flags 0000 length 0000 address 0F420BC0
 
bd(F6ED9E0): flags 0000 length 0000 address 0F420540
 
bd(F6ED9E8): flags 0000 length 0000 address 0F41FEC0
 
bd(F6ED9F0): flags 0000 length 0000 address 0F41F840
 
bd(F6ED9F8): flags 0000 length 0000 address 0F41F1C0
 
bd(F6ED000): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED008): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED010): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED018): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED020): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED028): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED030): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED038): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED040): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED048): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED050): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED058): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED060): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED068): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED070): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED078): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED080): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED088): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED090): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED098): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0A0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0A8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0B0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0B8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0C0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0C8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0D0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0D8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0E0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0E8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0F0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED0F8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED100): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED108): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED110): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED118): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED120): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED128): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED130): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED138): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED140): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED148): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED150): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED158): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED160): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED168): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED170): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED178): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED180): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED188): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED190): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED198): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1A0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1A8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1B0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1B8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1C0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1C8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1D0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1D8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1E0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1E8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1F0): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
bd(F6ED1F8): flags 0001 length 0000 address 00000000
 
 
 
 
 
 
 
Router#sh controller shdsl 0/0/0
 
Controller SHDSL 0/0/0 is UP
 
Hardware is HWIC-4SHDSL-E, rev 0 on slot 0, hwic slot 0
 
Capabilities: EFM, 2-wire, Annex A, B, F & G, CPE termination
 
cdb=0x454B1D54, plugin=0x45496F40, ds=0x45496FD8 base=0xB0000000
 
FPGA Version is REL.3.3.1,
 
Vendor: Conexant, Chipset: CX98124, Firmware version: G88,
 
Number of pairs: 4, number of groups configured: 1
 
Group info:
 
Type: EFM bond g.shdsl, status: Up
 
Interface: Ethernet0/0/0, hwidb: 0x45573C30
 
Configured/active num links: 4/4, bit map: 0xF/0xF
 
Line termination: CPE, Annex: B
 
Line coding: 16-TCPAM group data rate is 9216 kbps
 
EFM bonding group is configured
 
EFM bonding group stats:
 
Tx Pkts: 0, Rx Pkts: 0
 
Frag Loss: 0, Bad Frag: 0, Buffer Overflow: 0
 
SOP Loss: 0, EOP Loss: 0
 
Loopback type: None
 
Dying Gasp: Present
 
Mode: Fixed
 
SHDSL wire-pair (0) is in DSL UP state
 
LOSW Defect alarm: none
 
CRC per second alarm: none
 
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
 
Line coding: 16-TCPAM,
 
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
 
Modem status: GTI_DATA_OP
 
Last Failed State: None
 
Framer Sync Status: 1
 
Loop Attenuation: 0 dB
 
Transmit Power: 8.5 dB
 
SNR margin: 17 dB
 
Current 15 minute statistics (Time elapased 62 seconds)
 
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 15 minute statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
Current 24 hr statistics
 
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 24 hr statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
EFM stats:
 
Receive stats:
 
Pkts:0
 
CRC:0
 
Transmit stats:
 
Pkts:0
 
SHDSL wire-pair (1) is in DSL UP state
 
LOSW Defect alarm: none
 
CRC per second alarm: none
 
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
 
Line coding: 16-TCPAM,
 
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
 
Modem status: GTI_DATA_OP
 
Last Failed State: None
 
Framer Sync Status: 1
 
Loop Attenuation: 0 dB
 
Transmit Power: 8.5 dB
 
SNR margin: 16 dB
 
Current 15 minute statistics (Time elapased 87 seconds)
 
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 15 minute statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
Current 24 hr statistics
 
ES:1, SES:0, CRC:2, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 24 hr statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
EFM stats:
 
Receive stats:
 
Pkts:0
 
CRC:0
 
Transmit stats:
 
Pkts:0
 
SHDSL wire-pair (2) is in DSL UP state
 
LOSW Defect alarm: none
 
CRC per second alarm: none
 
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
 
Line coding: 16-TCPAM,
 
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
 
Modem status: GTI_DATA_OP
 
Last Failed State: None
 
Framer Sync Status: 1
 
Loop Attenuation: 0 dB
 
Transmit Power: 8.5 dB
 
SNR margin: 16 dB
 
Current 15 minute statistics (Time elapased 93 seconds)
 
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 15 minute statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
Current 24 hr statistics
 
ES:1, SES:0, CRC:1, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 24 hr statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
EFM stats:
 
Receive stats:
 
Pkts:0
 
CRC:0
 
Transmit stats:
 
Pkts:0
 
SHDSL wire-pair (3) is in DSL UP state
 
LOSW Defect alarm: none
 
CRC per second alarm: none
 
Termination: CPE, Line mode: EFM bond, Annex: B
 
Line coding: 16-TCPAM,
 
Configured data rate/actual data rate: 2304/2304
 
Modem status: GTI_DATA_OP
 
Last Failed State: None
 
Framer Sync Status: 1
 
Loop Attenuation: 0 dB
 
Transmit Power: 8.5 dB
 
SNR margin: 16 dB
 
Current 15 minute statistics (Time elapased 145 seconds)
 
ES:1, SES:0, CRC:3, LOSWAS:0, UAS:32
 
Previous 15 minute statistics
 
ES:0, SES:0, CRC:0, LOSWAS:0, UAS:0
 
EFM stats:
 
Receive stats:
 
Pkts:0
 
CRC:0
 
Transmit stats:
 
Pkts:0
#

すべてのリンクのステータスを表示するには、show controllers shdsl コマンドを使用します。回線がダウンしている場合は、「Line is not active」 というメッセージが表示されます。正確でない値も含まれています。機器のタイプと動作モードの設定がご使用のアプリケーションに適切かどうかを確認することもできます。