音声ポート コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.2M&T
Cisco IOS 音声ポート機能のロードマップ
Cisco IOS 音声ポート機能のロードマップ
発行日;2012/04/23 | 英語版ドキュメント(2010/08/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS 音声ポート機能のロードマップ

プラットフォームおよび CiscoIOS ソフトウェアのイメージ

CiscoIOS 音声ポートの機能リスト

Cisco IOS 音声ポート機能のロードマップ

このロードマップでは、音声ポートの設定を含む Cisco IOS 音声機能に関する情報を提供します。具体的な内容は、次のとおりです。

「プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェアのイメージ」

「Cisco IOS 音声ポートの機能リスト」


) この章では、Cisco Feature Navigator にアクセスする方法について説明します。また、Cisco IOS リリースごとに、そのリリースの音声ポート機能の一覧を表示し、説明しています。

フル セットの Cisco IOS 音声機能の詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_3/vvf_c/cisco_ios_voice_configuration_library_glossary/vcl.htm の『Cisco IOS Voice Configuration Library』を参照してください。ライブラリの序文、用語集、およびその他の資料も掲載されています。


プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェアのイメージ

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Cisco IOS 音声ポートの機能リスト

表 1 に、Cisco IOS リリースごとの音声ポート機能の一覧を示します。特定のリリースで導入された機能は、そのリリースおよびそれ以降のリリースで使用できます。

 

表 1 Cisco IOS リリースごとの音声ポート機能

リリース
機能名
機能の説明
参照先
12.4(20)T

ソフトウェア設定可能な 128 ms のエコー キャンセレーション

Release 12.4(20)T 以降、ソフトウェア設定可能なエコー キャンセレーションのカバレッジが 80、96、112、および 128 ミリ秒を含むように拡張されました。デフォルト値は、64 ms から 128 ms に変更されています。

エコー キャンセレーションの設定 」、「 T1/E1 マルチフレックス音声/WAN インターフェイス カードでのハードウェア エコー キャンセレーションの設定 」、「 NextPort ベースの音声調整およびエコー キャンセレーション

12.4(15)XZ

Cisco 880 シリーズ ルータの機能拡張

Release 12.4(15)XZ 以降、Cisco 880 ブロードバンド シリーズ ルータには VDSL2、3G などのアクセス テクノロジーが統合されています。サービス プロバイダーによって管理されたサービスや企業の在宅勤務者のために音声が追加されました。さらに、ブロードバンド シリーズ ルータでは、URL フィルタリングや、LWAPP を使用して管理できるオプションの IEEE 802.11n 統合アクセス ポイントなどの UTM 機能も提供されます。

アナログ音声ポートの設定」、「デジタル音声ポートの設定

12.3(14)T

ハードウェア エコー キャンセレーション

2 つのエコー キャンセレーション モジュール(EC-MFT-32 および EC-MFT-64)は、VWIC2 での 128 ミリ秒のハードコードされたテール長を備えたハードウェア エコー キャンセレーションを提供します。

「T1/E1 マルチフレックス音声/WAN インターフェイス カードでのハードウェア エコー キャンセレーションの設定」

12.3(11)T

NextPort ベースの音声調整およびデュアル フィルタ G.168 エコー キャンセラ

Nextport デュアルフィルタ G.168 エコー キャンセラ(EC)は、ほとんどの環境において、比較的少ない残余エコーの漏出、より優れた非線形処理(NLP)のタイミング、より少ないクリッピング、より優れたコンフォート ノイズ生成(CNG)によって、VoIP 接続の音声品質を向上させます。

「NextPort ベースの音声調整およびエコー キャンセレーション」

12.3(7)T

IP コミュニケーション高密度デジタル音声/ファクス ネットワーク モジュール

この機能は、高密度デジタル音声と低密度アナログ音声接続をデータ接続および統合アクセス接続とともにサポートします。ネットワーク モジュールには組み込みの T1/E1 ポートが用意され、FXS、FXO、E&M、ソフトウェア設定の CAMA、DID、BRI、または E1 および T1 カードのための 1 つの VIC/音声 WAN インターフェイス カード(VWIC)スロットが含まれています(最大 4 つの T1/E1 ポート)。このネットワーク モジュールでは、最大 32 個の HDLC チャネルもサポートされており、総キャパシティは 2.048 Mbps になります。

「デジタル音声ポートの設定」

12.2(13)T

拡張された ITU-T G.168 エコー キャンセレーション

この機能により、エコー キャンセレーション パフォーマンスの標準が強化されます。設定可能なテール長は、最大 64 ms に増えています。最小 ERL は、0 dB、3 dB、または 6 dB 以上に設定できます。コンバージェンスが高速になるため、エコー抑制は必要なくなります。

「エコー キャンセレーションの設定」