IP ルーティング:BGP コンフィギュレーション ガイド、 Cisco IOS Release 15.2M&T
BGP ネクスト ホップ非変更
BGP ネクスト ホップ非変更
発行日;2012/03/26 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

BGP ネクスト ホップ非変更

機能情報の確認

内容

BGP ネクスト ホップ非変更に関する情報

BGP ネクスト ホップ非変更

BGP ネクスト ホップ非変更の設定方法

eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更の設定

BGP ネクスト ホップ非変更の設定例

例:eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更

その他の参考資料

関連資料

シスコのテクニカル サポート

BGP ネクスト ホップ非変更機能の情報

BGP ネクスト ホップ非変更

外部 BGP(eBGP)セッションでは、ルータがルートを発信するとき、デフォルトで(自身のアドレスへの)BGP ルートのネクスト ホップ属性を変更します。BGP ネクスト ホップ非変更機能では、ネクスト ホップ属性を変更せずに BGP によって eBGP マルチホップ ピアにアップデートを送信できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「BGP ネクスト ホップ非変更機能の情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

BGP ネクスト ホップ非変更に関する情報

「BGP ネクスト ホップ非変更」

BGP ネクスト ホップ非変更

外部 BGP(eBGP)セッションでは、ルータがルートを発信するとき、デフォルトで(自身のアドレスへの)BGP ルートのネクスト ホップ属性を変更します。BGP ネクスト ホップ非変更機能が設定されている場合、BGP はネクスト ホップ属性を変更せずに eBGP マルチホップ ピアにルートを送信します。ネクスト ホップ属性は変更されません。


) ルータがルートを送信するとき、BGP ルートのネクスト ホップ属性を変更するルータのデフォルト動作の例外があります。ネクスト ホップが eBGP ピアのピアリング アドレスと同じサブネットにある場合、ネクスト ホップは変更されません。これは、サード パーティのネクスト ホップと呼ばれます。


BGP ネクスト ホップ非変更機能により、ネットワークの設計および移行を柔軟に実効できます。これは、マルチホップとして設定された eBGP ピア間だけで使用できます。2 つの自律システム間のさまざまなシナリオで使用できます。たとえば、同じ IGP を共有する複数の自律システムが接続される場合、または少なくともルータに互いのネクスト ホップに到達するための別の方法がある(このため、ネクスト ホップを変更しないままにできる)場合などが挙げられます。

この機能の一般的な用途は、RR 間で VPNv4 のマルチホップ MP-eBGP を持つマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)Inter-AS を設定することです。

この機能のもう 1 つの一般的な用途は、RFC4364、Section 10 で定義されている VPNv4 Inter-AS オプション C の設定です。この設定では、VPNv4 ルートは、自律システム間で(異なる自律システムの RR 間で)渡されます。RR は複数ホップ離れており、 neighbor next-hop unchanged が設定されています。異なる自律システムの PE によって、その PE 間に LSP が確立されます(一般的な IGP 経由によって、または ASBR 間のラベル付きルート(1 ホップ離れた異なる自律システムからのルート)経由で PE に接続されたネクスト ホップのアドバタイズによって)。PE は、LSP 経由で別の AS 内の PE のネクスト ホップに到達でき、したがって VRF RIB に VPNv4 ルートをインストールできます。

制約事項

BGP ネクスト ホップ非変更機能は、マルチホップ eBGP ピア間だけで設定できます。直接接続されたネイバーにこの機能を設定しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

%BGP: Can propagate the nexthop only to multi-hop EBGP neighbor

BGP ネクスト ホップ非変更の設定方法

「eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更の設定」

eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更の設定

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. router bgp as-number

4. address-family { ipv4 [ unicast ] | vpnv4 [ unicast ]}

5. neighbor ip-address remote-as

6. neighbor ip-address activate

7. neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

8. neighbor ip-address next-hop-unchanged

9. end

10. show ip bgp

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

router bgp as-number

 

Router(config)# router bgp 65535

ルータ コンフィギュレーション モードを開始して、BGP ルーティング プロセスを作成します。

ステップ 4

address-family { ipv4 [ unicast ]| vpnv4 [ unicast ]}

 

Router(config-router-af)# address-family vpnv4

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、アドレス ファミリ固有の設定を受け入れるように BGP ピアを設定します。

ステップ 5

neighbor ip-address remote-as as-number

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 remote-as 65600

エントリを BGP ネイバー テーブルに追加します。

ステップ 6

neighbor ip-address activate

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 activate

ピアとの情報交換をイネーブルにします。

ステップ 7

neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 ebgp-multihop 255

ローカル ルータを設定して、直接接続されていないネットワークに存在する外部ピアとの接続を受け入れて開始するようにします。

ステップ 8

neighbor ip-address next-hop-unchanged

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 next-hop-unchanged

ネクスト ホップ属性を変更せずに指定された eBGP ピアに BGP アップデートを送信するようにルータを設定します。

ステップ 9

end

 

Router(config-router-af)# end

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードを開始します。

ステップ 10

show ip bgp

 

Router# show ip bgp

(任意)BGP ルーティング テーブルのエントリを表示します。

出力には、選択されたアドレスについて neighbor next-hop-unchanged コマンドが設定されているかどうかが示されます。

BGP ネクスト ホップ非変更の設定例

「例:eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更」

例:eBGP ピアの BGP ネクスト ホップ非変更

次に、リモート AS にマルチホップ eBGP ピア 10.0.0.100 を設定する例を示します。ローカル ルータがそのピアにアップデートを送信する場合、ネクスト ホップ属性を変更せずにアップデートを送信します。

router bgp 65535
address-family ipv4
neighbor 10.0.0.100 remote-as 65600
neighbor 10.0.0.100 activate
neighbor 10.0.0.100 ebgp-multihop 255
neighbor 10.0.0.100 next-hop-unchanged
end

その他の参考資料

関連資料

関連項目
参照先

Cisco IOS コマンド

Cisco IOS Master Commands List, All Releases

BGP コマンド

Cisco IOS IP Routing: BGP Command Reference

BGP 設定作業

IP Routing: BGP Configuration Guide, Cisco IOS Release 15.1M&T

MPLS の設定作業

MPLS Configuration Guide , Cisco IOS Release 15.1M&T

iBGP ピアに対する IP ネクスト ホップを設定するルート リフレクタの BGP アウトバウンド ルート マップ

『Configuring Internal BGP Features』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

BGP ネクスト ホップ非変更機能の情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。


 

表 1 BGP ネクスト ホップ非変更機能の情報

機能名
リリース
機能の設定情報

BGP ネクスト ホップ非変更

12.0(22)S
12.0(16)ST
12.2
12.2(14)S
15.0(1)S

BGP ネクスト ホップ非変更機能では、ネクスト ホップ属性を変更せずに BGP によって eBGP マルチホップ ピアにアップデートを送信できます。

次のコマンドがこの機能によって追加されました。 neighbor next-hop-unchanged