Cisco IOS キャリア イーサネット コンフィギュレー ション ガイド
Cisco IOS キャリア イーサネット機能ロード マップ
Cisco IOS キャリア イーサネット機能ロードマップ
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS キャリア イーサネット機能ロードマップ

Cisco IOS キャリア イーサネット機能ロードマップ

この機能ロードマップには、『 Cisco IOS キャリア イーサネット コンフィギュレーション ガイド 』に記載されている Cisco IOS 機能のリストと、各機能を説明している文書が示されています。このロードマップは、目的のリリース トレインを選択し、そのリリースに含まれている機能を確認できるように編成されています。目的の機能名を探し、「参照先」の列で URL をクリックすると、その機能を説明した文書にアクセスできます。

コンフィギュレーション ファイルには多くのレガシー機能が組み込まれており、これらの機能がこのロードマップに記載されていないことがあります。加えて、このロードマップの情報は、他のソフトウェア リリースやプラットフォームに対応します。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

機能とリリース サポート

表 1 に、次の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインでサポートされている Cisco IOS キャリア イーサネットの機能をリストします。

Cisco IOS Release 12.2SB

Cisco IOS Release 12.2SR

Cisco IOS Release 12.2SX

Cisco IOS Release 12.4T

Cisco IOS Release 15.0M

Cisco IOS Release 15.1T

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS、Catalyst OS、Cisco IOS XE ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースでもサポートされます。


表 1 では、各ソフトウェア トレインの最新リリースを最初に記載し、そのリリースの機能をアルファベット順に説明します。

 

表 1 サポートされている Cisco IOS キャリア イーサネットの機能

リリース
機能名
機能の説明
参照先
Cisco IOS Release 12.2SB

12.2(33)SB

EtherChannel Min-Links

EtherChannel Min-Links 機能を使用すると、アクティブ リンク数が最小しきい値を下回ったときに、ポート チャネルをシャットダウンすることができます。最小しきい値は、 lacp min-bundle コマンドを使用して設定します。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

IEEE 802.3ad Faster Link Switchover Time

IEEE 802.3ad Faster Link Switchover Time 機能は、10 ミリ秒以下から最大でも 2 秒のリンク フェールオーバー時間を実現します。また、ポート チャネルが LINK_UP 状態を維持し、スパニング ツリー プロトコルによる再収束が回避されます。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

IEEE 802.3ad Maximum Number of Links Increased

IEEE 802.3ad Maximum Number of Links Increased 機能は、Aggregation Control Protocol(LACP)バンドルによって、8 つのメンバ リンクをサポートします。メンバ数は、これまでのリリースの 4 つから増加しました。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

IEEE 802.3ad MIB

この機能は、Cisco IOS ソフトウェアの IEEE 802.3ad Link Aggregation(LAG)MIB サポートとして導入されました。LAG MIB は、LACP ポート チャネルの一部であるインターフェイスとポートの管理をサポートし、Simple Network Manager Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)マネージャ アプリケーションによってアクセスされます。

『Using the IEEE 802.3ad Link Aggregation MIB』

PPPoX Hitless Failover

PPPoX Hitless Failover 機能を使用すると、ポート チャネルは、リンク スイッチオーバーの間、LINK_UP 状態を維持できます。PPPoEoE、PPPoEoQinQ、および PPPoVLAN セッションでは、スイッチオーバー後、アクティブ リンクとスタンバイ リンクで同一の設定要素が実現されるので、セッションを再確立する必要がありません。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

SSO--LACP

SSO--LACP 機能は、Gigabit EtherChannel バンドルで、Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)、In Service Software Upgrade(ISSU)、Cisco Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディンブ)、および Non-Stop Routing(NSR; ノンストップ ルーティング)をサポートしています。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

12.2(31)SB

IEEE 802.3ad Link Bundling

IEEE 802.3ad Link Bundling 機能を使用すると、複数のイーサネット リンクを単一の論理チャネルに集約できます。この機能により、ハードウェアをアップグレードしなくても、帯域幅を累積的に増大して、デバイスのコスト効率を向上できます。また、IEEE 802.3ad リンク バンドル機能により、さまざまな集約リンクを動的にプロビジョニング、管理、および監視することができるとともに、さまざまな Cisco デバイスとサードパーティ ベンダーのデバイスを相互に運用できます。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

Cisco IOS Release 12.2SR

12.2(33)SRE

Configuring ITU-T Y.1731 Fault Management Functions

Y.1731 Fault Management Functions 機能を使用すると、大規模ネットワークにおける障害およびパフォーマンス管理のための新しい機能を利用できます。また Ethernet Alarm Indication Signal(ETH-AIS)および Ethernet Remote Defect Indication(ETH-RDI)が、IEEE Ethernet CFM プロトコルの一部として拡張されます。

『Configuring ITU-T Y.1731 Fault Management Functions in IEEE CFM』

IEEE 802.1ag-2007 Compliant CFM - Bridge Domain Support

IEEE 802.1ag-2007 Compliant CFM - Bridge Domain Support 機能を使用すると、Cisco IOS ソフトウェアの IEEE 802.1ag Standard-Compliant CFM で、ブリッジ ドメインがサポートされます。

『Configuring IEEE Standard-Compliant Ethernet CFM in a Service Provider Network』

MAC Address Security on EVC Port Channel

MAC Address Security on EVC Port Channel 機能は、Multipoint Bridging over Ethernet(MPBE)をサポートします。

『Configuring MAC Address Limiting on Service Instances, Bridge Domains, and EVC Port Channels』

Multichassis LACP(mLACP)

Multichassis LACP(mLACP)機能は、IEEE 802.1ad LACP の拡張機能です。通信事業者が冗長性を確保するため、デバイスを 2 つのアップストリーム Points of Attachment(PoA)への「デュアル ホーム」構成とする場合に、インターシャーシ冗長性メカニズムに対するニーズに対応できます。

『Multichassis LACP』

12.2(33)SRD1

Syslog Support for Ethernet Connectivity Fault Management

Syslog Support for Ethernet CFM 機能は、CFM 通知のための syslog サポートを提供します。これを使用して、サービスおよびネットワーク接続のステータスを判定できます。この機能は、VLAN 経由の CFM(CFM over VLAN)上に実装するか、ブリッジ ドメイン機能上で IEEE 802.1ag を使用し、診断を自動化する場合、または CFM イベントに対応するアクションを実装する場合に実装する必要があります。

『Syslog Support for Ethernet Connectivity Fault Management』

12.2(33)SRD112.2(33)SRD

EVC MIB

EVC MIB は、イーサネット インフラストラクチャの管理を行うためのシスコ独自の SNMP MIB です。SNMP バージョン 1 および 2c がサポートされています。

『Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR』

12.2(33)SRD

802.3ah SNMP MIB

802.3ah SNMP MIB は、シスコ独自の OAM MIB です。802.3ah SNMP MIB は、IETF ドラフト OAM MIB を適応させたもので、SNMPv2 に準拠しています。OAM プロトコルとの併用により、802.3ah SNMP MIB は、ネットワーク状態のモニタリング機能、リンクの故障と障害状態の特定、および OAM 対応のリンクのテストとトラブルシューティングが可能です。

『Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR』

CFM (802.1ag) IEEE MIB

シスコ独自の CFM (802.1ag) IEEE MIB は、ネットワーク内の接続を管理し、障害を検出するためのメカニズムです。MIB は、IF MIB と相互作用を行い、SNMP とインターフェイスして情報を交換します。

『Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR』

CFM Outward Facing MEPs on Switch Ports

CFM Outward Facing MEPs on Switch Ports 機能は、スイッチ ポート上で外側向き MEP をサポートします。これは、分散層およびアクセス層でネットワークをサポートする Outward Facing MEP 機能に対する機能拡張です。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Ethernet OAM 3.0--CFM over BD, Untagged

Ethernet OAM 3.0--CFM Over BD, Untagged 機能は、ブリッジドメイン機能をサポートする Cisco IOS デバイスで、イーサネット CFM をサポートします。この機能を使用すると、タグなし CFM パケットを MEP に関連付けることができます。これらのタグなし CFM フレームは、EFP に設定されているカプセル化方式に基づき、EVC または Bridge Domain(BD; ブリッジ ドメイン)にマッピングされます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

E-OAM:Y.1731(AIS/RDI/OOS)

Y.1731 Fault Management Functions 機能を使用すると、大規模ネットワークにおける障害およびパフォーマンス管理のための新しい機能を利用できます。また Ethernet Alarm Indication Signal(ETH-AIS)および Ethernet Remote Defect Indication(ETH-RDI)が拡張されます。

『Configuring ITU-T Y.1731 Fault Management Functions』

EVC ISSU

EVC ISSU は、Ethernet Virtual Circuit(EVC; イーサネット バーチャル サーキット)サービス インスタンスに対して、In Service Software Upgrade(ISSU)のサポートを提供します。サービス インスタンスの状態が、エラー ディセーブルに変わると、EVC インフラストラクチャが、サービス インスタンス状態の一括更新とランタイム更新を実行します。

『Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR』

EVC SSO

EVC SSO 機能は、EVC サービスインスタンスに対して SSO を提供します。

『Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR』

12.2(33)SRD

IEEE 802.1s Support on Ethernet Virtual Circuit Bridge Domains

IEEE 802.1s Support on Ethernet Virtual Circuit Bridge Domains 機能は、EVC インターフェイス上で Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)をイネーブルにします。

『IEEE 802.1s Support on Ethernet Virtual Circuit Bridge Domains』

ISSU Support in 802.3ah OAM

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。ISSU は、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

ISSU Support in CFM 802.1ag/1.0d

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。ISSU は、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

ISSU Support in E-LMI

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。ISSU は、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。

ISSU は、イーサネット LMI で自動的にイネーブルです。

『Configuring Ethernet Local Management Interface at a Provider Edge』

Layer 2 Access Control Lists on EVCs

Layer 2 Access Control Lists on EVC 機能を使用すると、EVC 上に Access Control Lists(ACL; アクセス制御リスト)を実装できます。

『Layer 2 Access Control Lists on EVCs』

MAC Address Limiting for Service Instances and Bridge Domains

MAC Address Limiting for Service Instances and Bridge Domains 機能を使用すると、サービス インスタンスごとの粒度で、MAC アドレス学習動作を制御およびフィルタリングできるようにすることで、ポート セキュリティに対応します。違反によってシャットダウンが必要になった場合、対象のサービス インスタンスに対して割り当てたカスタマーだけが影響を受けます。MAC アドレスが制限する MAC セキュリティのタイプは、MAC セキュリティ コンポーネントまたは要素と呼ぶことができます。

『Configuring MAC Address Limiting on Service Instances, Bridge Domains, and EVC Port Channels』

NSF/SSO Support in 802.3ah OAM

冗長構成である SSO と NSF は、イーサネット OAM で自動的にイネーブルです。NSF は SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。Cisco NSF の主要機能は、Route Processor(RP; ルート プロセッサ)のスイッチオーバー後に、IP パケットの転送を継続することです。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

12.2(33)SRD

NSF/SSO Support in CFM 802.1ag/1.0d

冗長構成である SSO と NSF は、イーサネット CFM で自動的にイネーブルです。NSF は SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。Cisco NSF の主要機能は、RP スイッチオーバー後に、IP パケットの転送を継続することです。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

NSF/SSO Support in E-LMI

冗長構成である SSO および NSF は、イーサネット LMI でサポートされており、自動的に有効です。アクティブ RP が故障した場合、アクティブ RP はスタンバイ RP に切り替えられ、ネットワーク化されたデバイスから削除されるか、メンテナンスのために手動で取り外されます。NSF は SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。Cisco NSF の主要機能は、RP スイッチオーバー後に、IP パケットの転送を継続することです。

『Configuring Ethernet Local Management Interface at a Provider Edge』

12.2(33)SRC

EtherChannel Load Distribution

EtherChannel Load Distribution 機能は、追加または削除されたポートに対するロード バランスの再割り当てを制限することで、EtherChannel の可用性を高めるポート再割り当て方法を使用します。ポートが追加または削除されたときに、バンドルされた既存のポートに新しい負荷がかかっても、それらのポート上でプログラムされている負荷と競合することはありません。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

LACP Single Fault Direct Load Balance Swapping

LACP Single Fault Direct Load Balance Swapping 機能は、ロード バランス ビットを再割り当てすることにより、処理を引き継いだホット スタンバイ ポートに対し、故障したポートのロード バランス ビットが割り当て、集約内のその他のポートのロード バランス ビットはそのままにします。交換されたポートがバンドルされると、ロードシェアが再計算され、保存されている故障したポートのロードシェアが、処理を引き継いだポートに割り当てられます。バンドル内の他のポートには影響がありません。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

12.2(33)SRC12.2(33)SRB

IEEE 802.3ad Link Bundling

IEEE 802.3ad Link Bundling 機能を使用すると、複数のイーサネット リンクを単一の論理チャネルに集約できます。この機能により、ハードウェアをアップグレードしなくても、帯域幅を累積的に増大して、デバイスのコスト効率を向上できます。また、IEEE 802.3ad リンク バンドル機能により、さまざまな集約リンクを動的にプロビジョニング、管理、および監視することができるとともに、さまざまな Cisco デバイスとサードパーティ ベンダーのデバイスを相互に運用できます。

『Configuring IEEE 802.3ad Link Bundling and Load Balancing』

Outward Facing MEP

Outward Facing MEP 機能は、ルーテッド(レイヤ 3)ポートで外側向き Maintenance Endpoints(MEP)をサポートすることにより、分散およびアクセス環境をサポートするイーサネット CFM を拡張します。外側向き MEP はまた、レイヤ 2 ポート上のオペレータ間にあるネットワークツーネットワークの監視にも使用されます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Remote Port Shutdown

Remote Port Shutdown 機能は、Ethernet over Multiprotocol Label Switching(EoMPLS )ネットワークのイーサネット LMI を使用して、リモート リンクのステータスを CE デバイスに伝播します。

『Configuring Remote Port Shutdown』

12.2(33)SRB

Ethernet Local Management Interface at a Provider Edge

イーサネット Local Management Interface(LMI)は、カスタマー エッジ(CE)デバイスとプロバイダー エッジ(PE)デバイスの間のイーサネット OAM プロトコルです。イーサネット LMI は、CE デバイスに対し、大規模イーサネット MAN および WAN に対応するための EVC のステータスを提供し、CE デバイスの自動設定のための情報を提供します。イーサネット LMI は、PE-CE ユーザ ネットワーク インターフェイス(NI)リンク上で動作し、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスおよび EVC が追加または削除された時刻を通知します。

『Configuring Ethernet Local Management Interface at a Provider Edge』

Ethernet OAM and Ethernet CFM Interworking

Ethernet OAM and Ethernet CFM Interworking 機能を使用すると、イーサネット OAM と CFM は、ネットワーク内で連係して動作することができます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

12.2(33)SRB12.2(33)SRA

Ethernet Connectivity Fault Management

Ethernet Connectivity Fault Management(CFM)は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。このプロトコルには、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

12.2(33)SRA

Ethernet Operations, Administration, and Maintenance

イーサネット Operations, Administration, and Maintenance(OAM; 運用管理およびメンテナンス)は、イーサネット Metropolitan Area Network(MAN; メトロポリタン エリア ネットワーク)およびイーサネット WAN の設置、モニタリング、トラブルシューティングのためのプロトコルで、Open Systems Interconnection(OSI; 開放型システム間相互接続)モデルのデータ リンク層の新しいオプション サブレイヤを使用します。このプロトコルによって提供される OAM の機能には、ディスカバリ、リンク モニタリング、リモート障害検知、リモート ループバック、および Cisco Proprietary Extension(シスコ独自の拡張機能)があります。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

Cisco IOS Release 12.2SX

12.2(33)SXI2

802.1ag - IEEE D8.1 Standard-Compliant CFM, Y.1731 multicast LBM / AIS / RDI / LCK, IP SLA for Ethernet

イーサネット CFM は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。CFM には、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

この機能は、Cisco IOS ソフトウェアでの IEEE 802.1ag 標準 CFM(IEEE CFM)の実装です。

『Configuring IEEE Standard-Compliant Ethernet CFM in a Service Provider Network』

12.2(33)SXI

Ethernet OAM and Ethernet CFM Interworking

Ethernet OAM and Ethernet CFM Interworking 機能を使用すると、イーサネット OAM と CFM は、ネットワーク内で連係して動作することができます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

IEEE 802.3ah Link Fault RFI Support

IEEE 802.3ah Link Fault RFI Support 機能では、対象のポートをポート単位で設定した後、Link Fault Status フラグが設定された OAMPDU 制御要求パケットを受信すると、設定されたポートがブロッキング状態に切り替わります。ブロッキング状態で、ポートは BPDU および OAMPDU の受信とリモート リンク ステータスの検出を続けることができ、リモート リンクが機能を回復すると、ポートも自動的にブロッキング状態から回復します。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

12.2(33)SXI 12.2(33)SXH

Ethernet Connectivity Fault Management

Ethernet Connectivity Fault Management(CFM)は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。このプロトコルには、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Ethernet Operations, Administration, and Maintenance

イーサネット OAM は、イーサネット MAN およびイーサネット WAN の設置、モニタリング、トラブルシューティングのためのプロトコルです。イーサネット OAM は、OSI モデルのデータ リンク層の新しいオプション サブレイヤを使用します。このプロトコルによって提供される OAM の機能には、ディスカバリ、リンク モニタリング、リモート障害検知、リモート ループバック、および Cisco Proprietary Extension(シスコ独自の拡張機能)があります。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

12.2(33)SXH

IEEE 802.1ab LLDP (Link Layer Discovery Protocol)

IEEE 802.1ab LLDP は、マルチベンダー ネットワークでネットワーク トポロジを検出するためのオプションのリンク レイヤ プロトコルです。 ディスカバリ情報には、デバイスとポートの取り付け、スイッチ接続、およびアプリケーションとネットワークサービス用のクライアント、サーバ、スイッチ、ルータの間のパスが含まれます。LLDP は、ネットワーク管理ツールとして、正確なネットワーク マッピング、インベントリ データ、およびネットワークのトラブルシューティング情報を提供します。

『Using Link Layer Discovery Protocol in Multivendor Networks』

IEEE 802.1ab MED

LLDP-Media Endpoint Device(MED; メディア エンドポイント デバイス)は、voice over IP(VoIP)用途に対応するための LLDP 機能拡張です。IP 電話やコンファレンス ブリッジなどのエンドポイント デバイスと、ルータやスイッチなどの接続デバイスの間でのみ動作します。

『Using Link Layer Discovery Protocol in Multivendor Networks』

Cisco IOS Release 12.4T

12.4(15)T2

Ethernet Connectivity Fault Management

Ethernet Connectivity Fault Management(CFM)は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。このプロトコルには、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Ethernet Operations, Administration, and Maintenance

イーサネット OAM は、イーサネット MAN およびイーサネット WAN の設置、モニタリング、トラブルシューティングのためのプロトコルです。イーサネット OAM は、OSI モデルのデータ リンク層の新しいオプション サブレイヤを使用します。このプロトコルによって提供される OAM の機能には、ディスカバリ、リンク モニタリング、リモート障害検知、リモート ループバック、および Cisco Proprietary Extension(シスコ独自の拡張機能)があります。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

12.4(15)T2 12.4(9)T

Ethernet Local Management Interface

イーサネット LMI は、イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供するとともに、大規模イーサネット MAN および WAN 向けの EVC のステータスを提供します。イーサネット LMI は特に、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスと EVC 両方が追加または削除された時刻を通知します。また、EVC の属性および EC デバイスへの UNI も通知します。

『Enabling Ethernet Local Management Interface』

12.4(11)T

Outward Facing MEP

Outward Facing MEP 機能は、ルーテッド(レイヤ 3)ポートで外側向き MEP をサポートすることにより、分散およびアクセス環境をサポートするイーサネット CFM を拡張します。外側向き MEP はまた、レイヤ 2 ポート上のオペレータ間にあるネットワークツーネットワークの監視にも使用されます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Cisco IOS Release 15.0M

15.0(1)M

Ethernet Connectivity Fault Management

Ethernet Connectivity Fault Management(CFM)は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。このプロトコルには、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Ethernet Operations, Administration, and Maintenance

イーサネット OAM は、イーサネット MAN およびイーサネット WAN の設置、モニタリング、トラブルシューティングのためのプロトコルです。イーサネット OAM は、OSI モデルのデータ リンク層の新しいオプション サブレイヤを使用します。このプロトコルによって提供される OAM の機能には、ディスカバリ、リンク モニタリング、リモート障害検知、リモート ループバック、および Cisco Proprietary Extension(シスコ独自の拡張機能)があります。

『Using Ethernet Operations, Administration, and Maintenance』

Ethernet Local Management Interface

イーサネット LMI は、イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供するとともに、大規模イーサネット MAN および WAN 向けの EVC のステータスを提供します。イーサネット LMI は特に、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスと EVC 両方が追加または削除された時刻を通知します。また、EVC の属性および EC デバイスへの UNI も通知します。

『Enabling Ethernet Local Management Interface』

Outward Facing MEP

Outward Facing MEP 機能は、ルーテッド(レイヤ 3)ポートで外側向き MEP をサポートすることにより、分散およびアクセス環境をサポートするイーサネット CFM を拡張します。外側向き MEP はまた、レイヤ 2 ポート上のオペレータ間にあるネットワークツーネットワークの監視にも使用されます。

『Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network』

Cisco IOS Release 15.1T

15.1(1)T

IEEE 802.1ag - D8.1 Standard Compliant CFM, Y.1731 Multicast LBM/AIS/RDI/LCK, IP SLA for Ethernet

イーサネット CFM は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。CFM には、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

この機能は、Cisco IOS ソフトウェアでの IEEE 802.1ag 標準準拠 CFM(IEEE CFM)の実装です。

『Configuring IEEE Standard-Compliant Ethernet CFM in a Service Provider Network』