インターフェイスおよびハードウェア コンポー ネント コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1S
Route Processor Redundancy Plus (RPR+)
Route Processor Redundancy Plus(RPR+)
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)

この章の構成

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の前提条件

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の制約事項

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)に関する情報

RPR

RPR+

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の設定方法

イメージをアクティブ RSP およびスタンバイ RSP にコピーする

前提条件

次の作業

コンフィギュレーション レジスタ ブート変数の設定

RPR+ の設定

制約事項

RPR+ の確認

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の設定例

RPR+ の設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

用語集

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)

Route Processor Redundancy(RPR)は、High System Availability(HSA; ハイ システム アベイラビリティ)機能の代替機能です。HSA によって、システムはアクティブ Route Switch Processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)が停止したときに、スタンバイ RSP をリセットして使用できます。RPR を使用すると、アクティブ RSP に重大エラーが発生したとき、RPR がアクティブ RSP とスタンバイ RSP の間で瞬時に切り替えを実現するため、計画外のダウンタイムを削減できます。

RPR Plus(RPR+)は、RPR 機能の機能拡張です。RPR+ は、アクティブ RSP とスタンバイ RSP の間で切り替えが発生したときに Versatile Interface Processor(VIP)がリセットされ、リロードされることを防止します。

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)機能の履歴

リリース
変更点

12.0(19)ST1

この機能が導入されました。

12.0(22)S

この機能は、Cisco IOS Release 12.0(22)S に統合されました。

12.2(14)S

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(14)S に統合されました。

12.3(7)T

この機能は、Cisco IOS Release 12.3(7)T に統合されました。

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

プラットフォーム サポートと Cisco IOS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の前提条件

RPR および RPR+ には、RSP16 が 2 つ、RSP16 が 1 つと RSP8 が 1 つ、RSP8 が 2 つ、または RSP2 と RSP4 の組み合わせがロードされた Cisco 7500 シリーズ ルータが必要です。1 つの RSP16 と 1 つの RSP8 の組み合わせを使用する場合、フェールオーバー時にはセカンダリ RSP がプライマリ RSP をサポートできる必要があるため、両方の RSP で同じメモリ(256 MB)を使用する必要があります。

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の制約事項

RSP1 は、RPR または HSA をサポートしません。

RPR は、デュアル RSP をサポートするルータ上でだけサポートされます。Cisco 7507 および Cisco 7513 だけがデュアル RSP をサポートします。

RPR+ はラインカードとして VIP を備えたシステムでだけ動作します。レガシー Interface Processor(IP; インターフェイス プロセッサ)を備えたシステムは、デフォルトで RPR です。

RPR+ モードでは、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)による設定変更は、切り替え発生後にスタンバイ RSP に自動的に設定されません。

RPR+ は、Multiprotocol Label Switching(MLPS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)によって設定されたルータ上では機能しません。

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)に関する情報

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)を設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「RPR」

「RPR+」

RPR

Route Processor Redundancy(RPR)は、Cisco 7500 シリーズ ルータで現在利用可能な High System Availability(HSA; ハイ システム アベイラビリティ)機能の代替機能を提供します。HSA によって、システムはアクティブ Route Switch Processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)が停止したときに、スタンバイ RSP をリセットして使用できます。

RPR を使用すると、計画外のダウンタイムを削減できます。アクティブ RSP に重大エラーが発生したとき、RPR はアクティブ RSP とスタンバイ RSP の間での瞬時の切り替えを実現します。RPR を設定する場合、スタンバイ RSP は起動時に Cisco IOS イメージをロードし、自分自身をスタンバイ モードで初期化します。アクティブ RSP で重大エラーが発生したとき、システムはスタンバイ RSP に切り替えます。スタンバイ RSP は、自分自身をアクティブ RSP として初期化し、すべてのラインカードをリロードし、システムを再起動します。

RPR+

RPR+ 機能は、Cisco 7500 シリーズ ルータの RPR 機能の機能拡張です。RPR+ は、アクティブ RSP とスタンバイ RSP の間で切り替えが発生したときに VIP がリセットされてリロードされることを防止します。VIP はリセットされず、VIP のマイクロコードはリロードされないため、設定の解析に必要な時間が省かれ、切り替え時間が 30 秒に削減されます。

表 1 は、アクティブ RSP が停止したときにルータがスタンバイ RSP に切り替える平均時間を示しています。

 

表 1 平均切り替え時間比較表

機能
フェールオーバー後に新しい RSP のパケットをすぐにスイッチする時間
フェールオーバー後に新しい RSP を新しいハイ アベイラビリティ状態にする予測合計時間
注意事項

HSA

10 分

20 分

システム デフォルト

RPR

5 分

15 分

VIP およびレガシー インターフェイス プロセッサ(IP)がサポートされます。

RPR+

30 秒

11 分

VIP がサポートされます。1

1.レガシー IP はデフォルトで RPR です。最大 2 個のレガシー IP がルータに存在する場合、VIP の RPR+ を実現するためには、service single-slot-reload-enable コマンドを設定する必要があります。service single-slot-reload-enable コマンドをイネーブルにしない場合、または 2 個を超えるレガシー IP がある場合、すべてのライン カードがリロードされます。


表 1 は、平均切り替え時間を示します。回復時間は、ルータの設定によって異なります。


表 1 に、 service single-slot-reload-enable コマンドが設定されると、そのルータで最大 2 つのレガシー IP がサポートされることを記述しています。デフォルトで、ルータにレガシー IP が存在すると、RPR+ 切り替え中にすべてのライン カードがリロードされ、次のようなメッセージが表示されます。

%HA-2-MAX_NO_Quiesce: 1 linecard(s) not quiesced exceeds limit of 0, all slots will be reloaded.
 

service single-slot-reload-enable コマンドが設定され、NO_Quiesce 制限が 2 に設定されると、RPR+ 切り替え中に 2 つの quiesce 障害が認められます。2 個を超えるレガシー IP がルータに存在する場合は、RPR+ 切り替え中にすべてのライン カードがリロードされ、次のようなメッセージが表示されます。

%HA-2-MAX_NO_Quiesce: 3 linecard(s) not quiesced exceeds limit of 2, all slots will be reloaded.

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の設定方法

ここでは、次の作業について説明します。

「イメージをアクティブ RSP およびスタンバイ RSP にコピーする」(必須)

「コンフィギュレーション レジスタ ブート変数の設定」(任意)

「RPR+ の設定」(必須)

「RPR+ の確認」(任意)

イメージをアクティブ RSP およびスタンバイ RSP にコピーする

TFTP を使ってハイ アベイラビリティ Cisco IOS イメージをアクティブ RSP およびスタンバイ RSP にコピーするには、この作業を実行します。

前提条件

ファイルをフラッシュ メモリにコピーする前に、フラッシュ メモリに十分な領域があることを確認する必要があります。コピーするファイルのサイズと表示されるフラッシュ メモリの領域を比較します。領域が、コピーするファイルに必要な領域より小さい場合は、コピー プロセスが継続せず、次のようなメッセージが表示されます。

%Error copying tftp:// image@server/tftpboot/file-location/image-name (Not enough space on device) .

手順の概要

1. enable

2. copy tftp slot slot-number :

3. copy tftp slaveslot slot-number :

手順の詳細


ステップ 1 enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

Router> enable
 

ステップ 2 copy tftp slot slot-number :

このコマンドを使用して、ハイ アベイラビリティ Cisco IOS イメージをアクティブ RSP のフラッシュ メモリ カードにコピーします。 slot slot-number キーワードおよび引数がアクティブ RSP のフラッシュ メモリ カードを指定します。

Router# copy tftp slot0:
 
Address or name of remote host []? ip-address
 

新しいイメージが格納されている TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

Router# 172.18.2.3
 
Source filename []? image-name
 

フラッシュ メモリ カードにコピーするイメージ ファイルの名前を入力します。

Router# rsp-pv-mz
 
Destination file name? [image-name1] <Return>
 

コピー先で表示されるイメージ ファイルの名前を入力します。コピー先の名前は任意です。ソース ファイルと同じイメージ名を使用するには、Enter キーを押します。

Accessing tftp://ip-address/...
 

ステップ 3 copy tftp slaveslot slot-number :

このコマンドを使用して、ハイ アベイラビリティ Cisco IOS イメージをスタンバイ RSP のフラッシュ メモリ カードにコピーします。 slaveslot slot-number キーワードおよび引数がスタンバイ RSP のフラッシュ メモリ カードを指定します。

Router# copy tftp slaveslot0:
 
Address or name of remote host []? ip-address
 

新しいイメージが格納されている TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

Router# 172.18.2.3
 
Source filename []? image-name
 

フラッシュ メモリ カードにコピーするイメージ ファイルの名前を入力します。

Router# rsp-pv-mz
 
Destination file name? [image-name1] <Return>
 

コピー先で表示されるイメージ ファイルの名前を入力します。コピー先の名前は任意です。ソース ファイルと同じイメージ名を使用するには、Enter キーを押します。

Accessing tftp://ip-address/...


 

次の作業

ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ ブート フィールドを変更しない場合は、「RPR+ の設定」に進みます。

コンフィギュレーション レジスタ ブート変数の設定

このオプションの作業を実行し、ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタ ブート フィールドを変更して、「RPR+ の設定」 hw-module slot image コマンドで指定したものと同一のイメージをシステムがブートすることを確実にします。

手順の概要

1. enable

2. show version

3. configure terminal

4. boot system flash slot slot-number : [ image-name ]

5. config-register value

6. exit

7. reload

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show version

 

Router# show version

現在のコンフィギュレーション レジスタの設定を表示の最後に表示します。

ステップ 3

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

boot system flash slot slot-number : [ image-name ]

 

Router(config)# boot system flash slot0:rsp-pv-mz

フラッシュ メモリに格納されるイメージのファイル名を指定します。

slot-number : :フラッシュ メモリ カードがあるアクティブ RSP スロットを指定します。有効なスロット番号は、Cisco 7500 シリーズの RSP の場合 0 および 1 です。

image-name :イメージの名前を指定します。 hw-module slot slot-number image file-spec コマンドで指定されたイメージと同一のイメージをシステムがブートするようにブート変数を設定することが推奨されます。「RPR+ の設定」のステップ 3 を参照してください。

ステップ 5

config-register value

 

Router(config)# config-register 0x2102

システム イメージをロードする方法を反映するように、既存のコンフィギュレーション レジスタ設定を変更します。

value 引数を使用してコンフィギュレーション レジスタ設定を指定します。有効な値は 0x0 ~ 0xFFFF の範囲です。

次の例では、 reload コマンドが実行されたとき、ルータは boot system flash image-name 設定で指定されたイメージを自動的にブートします。

ステップ 6

exit

 

Router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

reload

 

Router# reload

ルータをリブートして、設定変更を有効にします。

次は、 show version コマンドのサンプル出力の一部を示しています。出力には、現在のコンフィギュレーション レジスタ設定が表示されます。

Router# show version
 
Cisco IOS Software, C7500 Software (C7500-IPBASE-MZ), Version 12.3(7)T, RELEASE)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2004 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 16-Jan-04 18:03 by engineer
 
ROM: System Bootstrap, Version 12.1(3r)T2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
.
.
.
Configuration register is 0x2102

RPR+ の設定

RPR+ を設定するには、次の作業を実行します。

制約事項

RPR+ はラインカードとして VIP を備えたシステムでだけ動作します。レガシー IP を備えたシステムは、デフォルトで RPR モードです。 service single-slot-reload-enable コマンドが設定されると、RPR+ は最大 2 つのレガシー IP をサポートします。詳細については、「RPR+」を参照してください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. hw-module slot slot-number image file-spec

4. ステップ 3 をスタンバイ RSP で繰り返します。

5. redundancy

6. mode { hsa | rpr | rpr-plus }

7. exit

8. copy system:running-config nvram:startup-config

9. hw-module sec-cpu reset

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

hw-module slot slot-number image file-spec

 

Router(config)# hw-module slot 6 image slot0:rsp-pv-mz

ハイ アベイラビリティ Cisco IOS イメージを指定して、アクティブ RSP で実行します。

RSP スロットを指定するには、 slot-number 引数を使用します。

イメージをロードするフラッシュ メモリ カードを指定し、イメージの名前を指定するには、 file-spec 引数を使用します。

この例では、アクティブ RSP はスロット 6 にロードされます。

ステップ 4

ステップ 3 をスタンバイ RSP で繰り返します。

 

Router(config)# hw-module slot 7 image slot0:rsp-pv-mz

ステップ 3 を繰り返してハイ アベイラビリティ Cisco IOS イメージを指定し、スタンバイ RSP で実行します。

この例では、スタンバイ RSP はスロット 7 にロードされます。

ステップ 5

redundancy

 

Router(config)# redundancy

冗長コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

mode { hsa | rpr | rpr-plus }

 

Router(config-r)# mode rpr-plus

冗長モードを設定します。

アクティブ RSP とスタンバイ RSP の両方で RPR+ としてモードを設定するには、 rpr-plus キーワードを指定します。

モードが指定されない場合は、デフォルト モードは HSA です。

ステップ 7

exit

 

Router(config-r)# exit

冗長コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

グローバル コンフィギュレーション モードを終了する場合は、この手順をもう一度繰り返します。

冗長モードを RPR+ に設定した後で、グローバル コンフィギュレーション モードを終了すると、数秒間実行するタイマーがトリガーされます。その後、スタンバイ RSP がリセットされ、リロードされます。

ステップ 8

copy system:running-config nvram:startup-config

 

Router# copy system:running-config nvram:startup-config

(任意)実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーし、RPR+ 設定を保存します。

冗長モードを RPR+ に設定されている場合、このコマンドは、グローバル コンフィギュレーション モードを終了後に手動ですぐに実行できます。そうでない場合は、スタンバイ RSP がリロードされ、初期化された後で実行できます。

ステップ 9

hw-module sec-cpu reset

 

Router# hw-module sec-cpu reset

(任意)スタンバイ RSP をリセットし、指定された Cisco IOS イメージを使用してリロードし、イメージを実行します。

冗長モードの RPR+ への変更がリロードをトリガーしますが、このコマンドの使用は自動リロードよりも数秒早く、スタンバイ RSP のリセットを開始します。

(注) ステップ 3 で Cisco IOS イメージを指定しなかった場合は、このコマンドは、バンドルされたデフォルトの Cisco IOS スタンバイ イメージをロードして実行します。システムは HSA モードで動作します。

RPR+ の確認

RPR+ がルータに設定されているかどうかを確認する、およびその他の冗長性統計情報を表示するには、この作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show redundancy

手順の詳細


ステップ 1 enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

Router> enable
 

ステップ 2 show redundancy

このコマンドを使用して、ルータに設定された冗長性の種類を確認し、その他の冗長性情報を表示します。

Router# show redundancy
 
Operating mode is rpr-plus
redundancy mode rpr-plus
hw-module slot 2 image disk0:rsp-pv-mz
hw-module slot 3 image disk0:rsp-pv-mz
 
The system total uptime since last reboot is 5 days, 19 hours 36 minutes.
The system has experienced 27 switchovers.
The system has been active (become master) for 5 days, 15 hours 14 minutes.
Reason for last switchover:User forced.


 

Route Processor Redundancy Plus(RPR+)の設定例

ここでは、次の設定例を示します。

「RPR+ の設定:例」

RPR+ の設定:例

次の例では、アクティブ RSP が Cisco 7507 ルータのスロット 2 にインストールされ、スタンバイ RSP がスロット 3 にインストールされています。

Router# copy tftp slot0:rsp-pv-mz
Router# copy tftp slaveslot0:rsp-pv-mz
Router# configure terminal
Router(config)# hw-module slot 2 image slot0:rsp-pv-mz
Router(config)# hw-module slot 3 image slot0:rsp-pv-mz
Router(config)# redundancy
Router(config-r)# mode rpr-plus
Router(config-r)# end
Router# hw-module sec-cpu reset
Router# show running-config
version 12.3(7)T
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
service single-slot-reload-enable
!
hostname Router
!
boot system rcp://path/to/image/rsp-boot-mz
boot system tftp://path/to/image/rsp-boot-mz
boot bootldr bootflash:rsp-boot-mz
enable password password
!
redundancy
mode rpr-plus ! Indicates that redundancy mode has been configured for RPR+.
!
hw-module slot 2 image slot0:rsp-pv-mz
hw-module slot 3 image slot0:rsp-pv-mz
ip subnet-zero
ip rcmd remote-username Router
ip cef distributed
ip host iphost 192.168.0.1
mpls traffic-eng auto-bw timers
!
!
controller T3 6/0/0
clock source line
!
!
interface Ethernet0/0/0
ip address 10.0.0.1 255.255.0.0
no ip directed-broadcast
ip route-cache distributed
no keepalive
.
.
.
exec-timeout 0 0
history size 40
transport preferred none
transport input none
line aux 0
line vty 0 4
login
!
end

その他の参考資料

ここでは、RPR+ に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

ファイル管理およびその他のコンフィギュレーション コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、デフォルト設定、使用に関する注意事項および例

『Cisco IOS Configuration Fundamentals and Network Management Command Reference』

ファイル管理およびその他の設定例

『Cisco IOS Configuration Fundamentals and Network Management Configuration Guide』

高速ソフトウェア アップグレード

Route Processor Redundancy and Fast Software Upgrade on Cisco 7500 Series Routers feature document

Single Line Card Reload(SLCR)

Cisco 7500 Single Line Card Reload feature document

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールで説明した機能で導入または修正されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Interface and Hardware Component Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/interface/command/reference/ir_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

hw-module sec-cpu reset

hw-module slot image

redundancy

redundancy force-switchover

show redundancy (HSA redundancy)

用語集

Active RSP:ルーティング プロトコルを制御し実行する、システム管理インターフェイスを提供する RSP。

HSA :High System Availability(ハイ システム アベイラビリティ)。HSA によって、システムはアクティブ RSP が停止したときに、スタンバイ RSP をリセットして使用できます。

RPR :Route Processor Redundancy。計画外のダウンタイムを削減する HSA の代替機能。

RPR+ :Route Processor Redundancy Plus。スタンバイ RSP が完全に初期化される RPR の拡張機能。RPR+ 切り替えは、ラインカードのリセット、または VIP 用のラインカード ソフトウェアのリロードを含みません。レガシーインターフェイス プロセッサは、切り替え中にリセットされリロードされます。

RSP :Route Switch Processor(ルート スイッチ プロセッサ)。Cisco 7500 シリーズ ルータのルート プロセッサ。

スタンバイ RSP :計画外または計画されたダウンタイム時に、アクティブ RSP の機能を引き継ぐ用意ができるのを待ち受ける RSP。


) この用語集に記載されていない用語については、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。