Cisco IOS ワイドエリア ネットワーキング コンフィ ギュレーション ガイド
フレームリレー PVC インターフェイス プラ イオリティ キューイング
フレームリレー PVC インターフェイス プライオリティ キューイング
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2011/07/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

フレームリレー PVC インターフェイス プライオリティ キューイング

機能概要

利点

制約事項

関連機能およびテクノロジー

関連資料

サポートされているプラットフォーム

サポートされている規格、MIB、および RFC

前提条件

設定作業

PVC プライオリティのマップ クラスでの設定

FR PIPQ のイネーブル化とキュー制限の設定

マップ クラスの PVC への割り当て

FR PIPQ の確認

FR PIPQ の監視および保守

設定例

FR PIPQ の設定例

コマンド リファレンス

用語集

フレームリレー PVC インターフェイス プライオリティ キューイング

機能の履歴

リリース
変更点

Cisco IOS

Cisco IOS ソフトウェアの機能サポートに関する情報については、Cisco Feature Navigator を使用してください。

この機能モジュールでは、Frame Relay PVC Interface Priority Queueing(FR PIPQ; フレームリレー PVC インターフェイス プライオリティ キューイング)機能について説明します。このモジュールでは、この新しい機能の利点、サポートされるプラットフォーム、関連マニュアルなどの情報を説明します。

このマニュアルは次の項で構成されています。

「機能概要」

「サポートされているプラットフォーム」

「サポートされている規格、MIB、および RFC」

「前提条件」

「設定作業」

「FR PIPQ の監視および保守」

「設定例」

「コマンド リファレンス」

「用語集」

機能概要

FR PIPQ 機能を使用して、パケットの内容ではなく宛先 Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)に基づいて優先順位を決定する、インターフェイスレベルのプライオリティ キューイング スキームを利用できます。たとえば、FR PIPQ を使用して、PVC 送信音声トラフィックが PVC 送信シグナリング トラフィックに絶対的に優先するよう設定し、PVC 送信シグナリング トラフィックが PVC 送信データに絶対的に優先するよう設定できます。

FR PIPQ では、高、中、普通、低の 4 レベルのプライオリティを設定できます。フレームリレーのパケットは、Data Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)の値がインターフェイスで検証されます。その後、パケットは DLCI で設定されたプライオリティ レベルに基づいて正しいプライオリティ キューに送信されます。


) FR PIPQ を使用する場合、異なるタイプのトラフィックが別個の PVC で送信されるようネットワークを設定してください。FR PIPQ は、個別の PVC が異なる Quality of Service(QoS; サービス品質)要件を持つ異なるタイプのトラフィックを伝送する場合での使用を意図していません。


プライオリティはフレームリレー マップ クラスの PVC に割り当てます。このマップ クラスを使用または引き継いだすべての PVC は、設定したプライオリティに従って分類されます。PVC がマップ クラスに関連付けられていない場合、または関連付けられているマップ クラスに明示的に設定されたプライオリティがない場合、PVC 上のパケットはデフォルトの「普通」のプライオリティ キューでキューイングされます。

インターフェイス コンフィギュレーション モードで frame-relay interface-queue priority コマンドを使用して、インターフェイス上で FR PIPQ をイネーブルにしていない場合、マップ クラスで設定した PVC プライオリティは無効です。このとき、4 つのプライオリティ レベルのサイズ(パケットの最大数)を任意で設定できます。

FR PIPQ は Frame Relay Traffic Shaping(FRTS; フレームリレー トラフィック シェーピング)および FRF.12 と同時に使用することも、単独で使用することもできます。インターフェイスレベルのプライオリティ キューイングは、FRTS および FRF.12 で通常使用される FIFO キューイングまたはデュアル FIFO キューイングの代わりになります。FR PIPQ で割り当てられた PVC プライオリティは、FRF.12 プライオリティに優先します。つまり、同じ PVC を宛先とするパケットはすべて、分割されているかどうかにかかわらず、同じインターフェイス キューでキューイングされます。


) 高優先順位の PVC は、小さなパケットの音声トラフィックのみを送信することがほとんどですが、これらの PVC の FRF.12 を想定外の大きなパケットから保護することもできます。


利点

FR PIPQ では、高、中、普通、低の 4 レベルの PVC プライオリティを設定できます。このキューイング方法で、音声のような、時間や遅延に影響されやすいトラフィックをシグナリング トラフィックよりも絶対的に優先させ、シグナリング トラフィックをデータのみのトラフィックよりも絶対的に優先させ、異なるタイプのトラフィックは別の PVC を使用するようにします。

制約事項

FR PIPQ には次の制約事項があります。

FR PIPQ はループバックやトンネル インターフェイス、明示的にプライオリティ キューイングを禁止するインターフェイスではサポートされません。

FR PIPQ は、ハードウェア圧縮をサポートしません。

FR PIPQ は、FIFO キューイング以外のキューイングを設定済みのインターフェイスではイネーブルにできません。FR PIPQ は、WFQ が設定されている場合は、WFQ がデフォルトのインターフェイス キューイング方法である限りはイネーブルにできます。

関連機能およびテクノロジー

次の機能およびテクノロジーが FR PIPQ と関連しています。

FRTS

FRF.12

関連資料

次のマニュアルに、FR PIPQ に関連する情報が記載されています。

Cisco IOS Wide-Area Networking Configuration Guide , Release 12.1』

Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference , Release 12.1』

サポートされているプラットフォーム

Cisco 1000 シリーズ

Cisco 1400 シリーズ

Cisco 1600

Cisco 1700

Cisco 1750

Cisco 2500

Cisco 2600

Cisco 3600

Cisco 3810

Cisco 4500

Cisco 4700

Cisco 7200

Cisco 7500(非分散モード)

サポートされている規格、MIB、および RFC

規格

この機能によってサポートされる新しい規格や変更された規格はありません。

MIB

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。

サポートされる MIB の説明と、MIB の使用方法については、CCO の Cisco MIB Web サイト(http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml)にアクセスしてください。

RFC

この機能によってサポートされる新しい規格や変更された規格はありません。

前提条件

FR PIPQ には次の前提条件があります。

PVC を、シングル タイプのトラフィックを伝送するよう設定してください。

ネットワークに適切なコール アドミッション制御を設定して、プライオリティ キューの不足を防いでください。

設定作業

FR PIPQ 機能の設定作業については、次の項を参照してください。一覧内の各作業は、必須と任意に分けています。

PVC プライオリティのマップ クラスでの設定(必須)

FR PIPQ のイネーブル化とキュー制限の設定(必須)

マップ クラスの PVC への割り当て(必須)

PVC プライオリティのマップ クラスでの設定

PVC プライオリティをマップ クラスで設定するには、次のコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで使用します。

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# map-class frame-relay map-class-name

フレームリレー マップ クラスを指定します。

ステップ 2

Router(config-map-class)# frame-relay interface-queue priority { high | medium | normal | low }

PVC プライオリティ レベルをフレームリレー マップ クラスに割り当てます。

FR PIPQ のイネーブル化とキュー制限の設定

FR PIPQ をイネーブルにし、プライオリティ キューのサイズを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface type number [ name-tag ]

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-if)# encapsulation frame-relay [ cisco | ietf ]

フレームリレーのカプセル化をイネーブルにします。

ステップ 3

Router(config-if)# frame-relay interface-queue priority [ high-limit medium-limit normal-limit low-limit ]

FR PIPQ をイネーブルにし、プライオリティ キューの制限を設定します。

マップ クラスの PVC への割り当て

マップ クラスを特定の PVC に割り当てるには、次のコマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで使用します。

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config-if)# frame-relay interface-dlci dlci

PVC を 1 つ、フレームリレー インターフェイスで指定します。

ステップ 2

Router(config-fr-dlci)# class map-class-name

マップ クラスを指定した PVC に関連付けます。

FR PIPQ の確認

FR PIPQ の設定を確認するには、次のコマンドを 1 つまたは複数、特権 EXEC モードで使用します。

コマンド
目的

Router# show frame-relay pvc [ interface interface ][ dlci ]

フレームリレー インターフェイスの PVC に関する統計情報を表示します。

Router# show interfaces [ type number ][ first ][ last ]

シリアル インターフェイス固有の統計情報を表示します。

Router# show queueing [ custom | fair | priority | random-detect [ interface atm_subinterface [ vc [[vpi/] vci]]]]

 

すべてまたは選択した設定済みのキューイング方針を一覧表示します。

FR PIPQ の監視および保守

FR PIPQ を監視し、保守するには、次のコマンドを 1 つまたは複数、特権 EXEC モードで使用します。

コマンド
目的

Router# debug priority

プライオリティ出力キューイングをデバッグします。

Router# show frame-relay pvc [ interface interface ][ dlci ]

フレームリレー インターフェイスの PVC に関する統計情報を表示します。

Router# show interfaces [ type number ][ first ][ last ]

シリアル インターフェイス固有の統計情報を表示します。

Router# show queue interface-name interface-number [ vc [ vpi /] vci ][ queue-number ]

指定したインターフェイスまたは VC のキュー内部のパケットの内容を表示します。

Router# show queueing [ custom | fair | priority | random-detect [ interface atm_subinterface [ vc [[vpi/] vci]]]]

すべてまたは選択した設定済みのキューイング方針を一覧表示します。

設定例

ここでは、FR PIPQ の設定例を示します。

FR PIPQ の設定例

これは、シリアル インターフェイス 0 の 4 つの PVC の設定例です。DLCI 100 は高優先順位、DLCI 200 は中優先順位、DLCI 300 は普通優先順位、DLCI 400 は低優先順位が割り当てられています。

次のコマンドで、PVC プライオリティ レベルがあるフレームリレー マップ クラスを設定します。

Router(config)# map-class frame-relay HI
Router(config-map-class)# frame-relay interface-queue priority high
Router(config-map-class)# exit
Router(config)# map-class frame-relay MED
Router(config-map-class)# frame-relay interface-queue priority medium
Router(config-map-class)# exit
Router(config)# map-class frame-relay NORM
Router(config-map-class)# frame-relay interface-queue priority normal
Router(config-map-class)# exit
Router(config)# map-class frame-relay LOW
Router(config-map-class)# frame-relay interface-queue priority low
Router(config-map-class)# exit

 

次のコマンドで、シリアル インターフェイス 0 のフレームリレー カプセル化と FR PIPQ をイネーブルにします。プライオリティ キューのサイズは、高優先順位のキューで最大 20 パケット、中優先順位のキューで 40 パケット、普通優先順位のキューで 60 パケット、低優先順位のキューで 80 パケットに設定しています。

Router(config)# interface Serial0
Router(config-if)# encapsulation frame-relay
Router(config-if)# frame-relay interface-queue priority 20 40 60 80

 

次のコマンドで、設定したマップ クラスで DLCI を割り当てることにより、4 つの PVC にプライオリティを割り当てます。

Router(config-if)# frame-relay interface-dlci 100
Router(config-fr-dlci)# class HI
Router(config-fr-dlci)# exit
Router(config-if)# frame-relay interface-dlci 200
Router(config-fr-dlci)# class MED
Router(config-fr-dlci)# exit
Router(config-if)# frame-relay interface-dlci 300
Router(config-fr-dlci)# class NORM
Router(config-fr-dlci)# exit
Router(config-if)# frame-relay interface-dlci 400
Router(config-fr-dlci)# class LOW
Router(config-fr-dlci)# exit

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、このモジュールに記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Wide Area Networking Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/wan/command/reference/wan_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

frame-relay interface-queue priority

show frame-relay pvc

show interfaces

show queueing

debug priority

用語集

DLCI :Data-Link Connection Identifier(データリンク接続識別子)。Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)または Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)をフレームリレー ネットワークで指定する値です。

FIFO キューイング :First-In First-Out(FIFO; 先入れ先出し)キューイング。FIFO は到着順でのパケットのバッファリングおよびフォワーディングです。FIFO はトラフィックのプライオリティやクラスのコンセプトをまとめるものではありません。キューは 1 つだけで、すべてのパケットは平等に扱われます。パケットは、インターフェイスに、到着順に送信されます。

FRF.12 :FRF.12 実装合意は、長いデータ フレームをより小さいフレームに分割し、リアルタイム フレームでインターリーブできるようにするために開発されました。この方法では、リアルタイム音声と非リアルタイム データ フレームを、リアルタイムのトラフィックに過度の遅延が発生することなく、より低速度のリンクで一緒に伝送できます。

FRTS :Frame Relay Traffic Shaping(フレームリレー トラフィック シェーピング)。FRTS は、フレームリレー ネットワークのキューを使用し、輻輳の原因となる場合があるサージを制限します。トラフィックが、特定の接続で約束されたトラフィック エンベロープ内に収まるよう、データはバッファされ、制限された量だけネットワークに送信されます。

PIPQ :Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)インターフェイス プライオリティ キューイング。優先順位がパケットの内容ではなく宛先 PVC に基づく、インターフェイスレベルのプライオリティ キューイング スキームです。

Quality of Service :転送品質とサービスの可用性が反映される、転送システムのパフォーマンスの評価基準。

VoFR :Voice over Frame Relay。ルータが、フレームリレー ネットワーク上で音声トラフィックを伝送できるようにします。音声トラフィックがフレームリレー上に送信されると、音声トラフィックはフレームリレー ネットワークを FRF.12 カプセル化を使用して転送されるよう、分割され、カプセル化されます。

Voice over Frame Relay :「VoFR」を参照。

WFQ :Weighted Fair Queueing(重み付け均等化キューイング)。カンバセーション(トラフィック ストリームの形式)を特定し、各カンバセーションに属するパケットを分割し、キャパシティが個々のカンバセーションで平等に共有できるようにする輻輳管理アルゴリズムです。WFQ は、輻輳中に自動的にネットワークの動作を安定させ、パフォーマンスを増加させ再送信を減少させる方法です。

WRED :Weighted Random Early Detection(重み付けランダム早期検出)。IP Precedence と標準 Random Early Detection(RED; ランダム早期検出)を組み合わせ、輻輳状態にある音声トラフィックの優先的な処理を、輻輳を悪化させずに行えるようにします。WRED は IP Precedence を使用、解釈して、データ トラフィックの音声トラフィックに、データ パケットのみをドロップして優先順位を付けます。

フレームリレー トラフィック シェーピング :「FRTS」を参照。