Quality of Service ソリューション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
2 つのレートを使用したポリシング機能
2 つのレートを使用したポリシング機能
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2011/03/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

2 つのレートを使用したポリシング機能

機能情報の確認

目次

2 つのレートを使用したポリシングの前提条件

2 つのレートを使用したポリシングの制約事項

2 つのレートを使用したポリシングに関する情報

利点

2 つのレートを使用したポリシング機能の使用方法

2 つのレートを使用したポリシング機能の設定

2 つのレートを使用したポリシングの設定確認

トラブルシューティングのヒント

2 つのレートを使用したポリシング機能のモニタリングと保守

設定例

ポリサー クラスを使用したトラフィック制限:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

2 つのレートを使用したポリシングに関する機能情報

2 つのレートを使用したポリシング機能

このマニュアルでは、2 つのレートを使用したポリシング機能と、この機能の設定方法について説明します。2 つのレートを使用したポリシングを使用すると、インターフェイスを通じてトラフィック レートを管理できます。これは、大きなパケットが同じトラフィック ストリーム中にある場合にネットワーク帯域幅を管理するうえで特に有効です。

機能情報の確認

お使いのソフトウェア リリースが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「2 つのレートを使用したポリシングに関する機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートとシスコ ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

2 つのレートを使用したポリシングの前提条件

サポートされているプラットフォーム

Cisco 2600 シリーズ

Cisco 3620

Cisco 3640

Cisco 7100 シリーズ

Cisco 7200 シリーズ

Cisco 7500 シリーズ(VIP ベースのプラットフォームのみ)


) 2 つのレートを使用したポリシングと共に set-clp-transmit アクションを使用するには、Enhanced ATM Port Adapter(PA-A3)が必要です。set-clp-transmit アクションは PA-A3 アダプタをサポートしていないプラットフォーム(Cisco 2600 シリーズ ルータ、Cisco 3620 ルータ、および 3640 シリーズ ルータなど)ではサポートされていません。詳細については、ご使用のルータのマニュアルを参照してください。


Cisco 7500 シリーズ ルータで、2 つのレートを使用したポリシング機能を使用するには、事前に、インターフェイスで Cisco Express Forwarding(CEF; シスコ エクスプレス フォワーディング)または Distributed Cisco Express Forwarding(dCEF; 分散型シスコ エクスプレス フォワーディング)を設定しておく必要があります。シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディングの詳細については、『 Cisco Express Forwarding Features Roadmap 』モジュールを参照してください。

トラフィック クラスとサービス ポリシーを 1 つずつ作成し、作成したサービス ポリシーを指定のインターフェイスにアタッチする必要があります。これらの作業は Modular Quality of Service(QoS)Command-Line Interface(CLI)(MQC)を使用して実行されます。MQC の詳細については、『 Applying QoS Features Using the MQC 』モジュールを参照してください。

2 つのレートを使用したポリシングの制約事項

2 つのレートを使用したポリシング機能には、次のような制約事項が適用されます。

Cisco 7500 シリーズ ルータでは、トラフィック ポリシングを使用してモニタできるのは、シスコ エクスプレス フォワーディング スイッチング パスまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディング スイッチング パスだけです。シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディングを、パケットを受信するインターフェイスとパケットを送信するインターフェイスの両方で設定する必要があります。

Cisco 7500 シリーズ ルータでは、トラフィック ポリシングはルータから送信、またはルータ宛てに送信されるパケットには適用できません。

2 つのレートを使用したポリシング機能アクションを設定できるのは、インターフェイス、サブインターフェイス、フレームリレー Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)、ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)だけです。

2 つのレートを使用したポリシングは次のインターフェイスではサポートされていません。

Fast EtherChannel

PRI

シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディングをサポートしていない Cisco 7500 シリーズ ルータ上のインターフェイス

2 つのレートを使用したポリシングに関する情報

ユーザ定義の基準に基づいてトラフィックのクラスの入出力送信レートを制限することで、ネットワーク上でのトラフィックの秩序を保ちます。トラフィック ポリシングでは、インターフェイス上で送受信するトラフィックの最大レートを制御し、ネットワークを複数のプライオリティ レベル、または Class of Service(CoS; サービスクラス)に区切ります。

2 つのレートを使用したポリシングは、次のように機能します。

ユーザ定義の基準に基づいて、トラフィックのクラスの入力または出力送信レートを制限します。

IP precedence 値、IP Differentiated Services Code Point(DSCP)値、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Experimental(EXP)値、Quality of Service(QoS)グループ、ATM Cell Loss Priority(CLP; セル損失率優先度)ビット、およびフレームリレー Discard Eligibility(DE; 廃棄特性)ビットを設定して、パケットにマーク付けを行います。

2 つのレートを使用したポリシング機能では、独立した 2 つのレート(Committed Information Rate(CIR; 認定情報レート)と Peak Information Rate(PIR; 最大情報レート))に基づいて、トラフィック ポリシングを強制できます。これらの 2 つのレートは、 police コマンドの 2 つのキーワード( cir pir )を使用して対応する値を指定できます。

2 つのレートを使用したポリシング機能では、トークン バケット アルゴリズムを介して、トラフィックの最大レートを管理します。トークン バケット アルゴリズムでは、ユーザが設定した値を使用して、特定の瞬間にインターフェイス上で許可されるトラフィックの最大レートを決定できます。トークン バケット アルゴリズムは、出入りする(2 つのレートを使用したポリシングが設定された場所により)すべてのトラフィックによって影響を受け、複数の大きなパケットが同じトラフィック ストリームで送信される場合に、ネットワーク帯域幅の管理に役立ちます。

トークン バケット アルゴリズムは、ユーザに各パケットに対する、準拠(conform)アクション、超過(exceed)アクション、およびオプションの違反(violate)アクションの 3 つを提供します。2 つのレートを使用したポリシングが設定されてインターフェイスに入ってくるトラフィックは、これらのカテゴリのいずれかに割り当てられます。これら 3 つのカテゴリ内で、ユーザはパケットの処理を決定できます。たとえば、準拠するパケットが送信されるように設定し、超過するパケットはプライオリティを低くして送信し、違反するパケットはドロップされるように設定できます。

2 つのレートを使用したポリシングは、ネットワーク エッジのインターフェイスでネットワークに出入りするトラフィックのレート制限のために設定されることがよくあります。最も一般的な設定では、準拠するトラフィックは送信され、超過するトラフィックはプライオリティを低くして送信されるかドロップされます。ユーザはネットワークのニーズに合わせてこれらの設定オプションを変更できます。


) 2 つのレートを使用したポリシングは、Differentiated Services(DiffServ)と Assured Forwarding(AF; 保証型転送)の Per Hop Behavior(PHB)トラフィック コンディショニングの使用を可能にします。DiffServ の詳細については、『Implementing DiffServ for End-to-End Quality of Service Overview』モジュールを参照してください。



) Cisco IOS Release 12.1(5)T 以降では、トラフィック ポリシング機能(「シングルレート ポリサー」と呼ばれることもあります)を使用してトラフィックの秩序を保つことができます。2 つのレートを使用したポリシング機能(Cisco IOS Release 12.2(4)T で使用可能)では、トラフィック ポリシング機能に加えて、その他の機能も提供されます。トラフィック ポリシング機能の詳細については、『Traffic Policing』モジュールを参照してください。


利点

レート制限による帯域幅管理

2 つのレートを使用したポリシング機能では、レート制限により帯域幅管理が強化されます。この機能が使用できる前は、トラフィックの秩序維持にはシングルレート トラフィック ポリシング機能を使用していました。トラフィック ポリシング機能では、Excess(ピーク)Burst(be; 超過バースト)が設定できるため、特定量の帯域幅を管理できるよになりました。2 つのレートを使用したポリシング機能は、高レベルの帯域幅管理を提供し、平均超過レートをサポートします。2 つのレートを使用したポリシング機能を使用すると、bits per second(bps; ビット/秒)単位で指定された独立した 2 つのレート(CIR と PIR)に基づいて、トラフィック ポリシングを強制できます。

IP Precedence、DSCP 値、MPLS 試験値、および QoS グループ設定によるパケット マーキング

2 つのレートを使用したポリシング機能を使用すると、レート制限に加えて、パケットが指定レートに準拠、超過、または違反しているかどうかに応じてパケットにマーク付けすることができます。パケットのマーキングにより、ネットワークを複数のプライオリティ レベルまたは CoS に区切ることもできます。

2 つのレートを使用したポリシング機能を使用して、ネットワークに入ってくるパケットに対して、IP precedence 値、IP DSCP 値、または MPLS 試験値を設定します。ネットワーク内にあるネットワーキング デバイスは、この設定を使用してトラフィックの処理方法を決定できます。たとえば、Weighted Random Early Detection(WRE; 重み付けランダム早期検出)機能では、IP precedence 値を使用して、パケットがドロップされる確率を決定します。

2 つのレートを使用したポリシングを使用して、パケットを QoS グループに割り当てます。ルータは QoS グループを使用して、ルータ内のパケットに優先順位を付ける方法を決定します。

2 つのレートを使用したポリシングを使用せずに、トラフィックにマークを付ける場合は、「 Marking Network Traffic 」モジュールを参照してください。

フレームリレー フレームのパケットのパケット マーキング

2 つのレートを使用したポリシング機能では、フレームリレー フレームの フレームリレー DE ビットにマーク付けできます。フレームリレー DE ビットは 1 ビットで、0 または 1 に設定できます。輻輳環境では、DE ビットが 1 に設定されたフレームは、DE ビットが 0 に設定されたフレームの前に破棄されます。

ATM セルのパケット マーキング

2 つのレートを使用したポリシング機能では、ATM セルの ATM CLP にマーク付けできます。ATM CLP ビットは、ATM ネットワークのパケットに優先順位を付けるために使用されます。ATM CLP ビットは 1 ビットで、0 または 1 に設定できます。輻輳環境では、ATM CLP ビットが 1 に設定されたセルは、ATM CLP ビットが 0 に設定されたセルの前に破棄されます。

2 つのレートを使用したポリシング機能の使用方法

2 つのレートを使用したポリシング機能を使用した作業については、次の項を参照してください。

2 つのレートを使用したポリシング機能の設定(必須)

2 つのレートを使用したポリシングの設定確認(任意)

「トラブルシューティングのヒント」

「2 つのレートを使用したポリシング機能のモニタリングと保守」

2 つのレートを使用したポリシング機能の設定

2 つのレートを使用したポリシング機能は、サービス ポリシーに設定されます。2 つのレートを使用したポリシングを設定するには、policy-map クラス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router(config-pmap-c)# police cir cir [ bc conform-burst ] pir pir [ be peak-burst ]

2 つのレートを使用したトラフィック ポリシングで使用する CIR と PIR を指定します。 bc キーワードと be キーワード、およびその関連する引数(それぞれ、 conform-burst peak-burst )の指定は任意です。

police コマンドのコマンド構文を使用すると、オプションの action 引数をイネーブルにするときに、パケットで実行するアクションを指定できます。キーワードの選択肢に対応する結果のアクションを、 表 1 に示します。

 

表 1 police コマンド アクション キーワード

キーワード
結果のアクション

drop

パケットをドロップします。

set-clp-transmit

ATM セルに ATM Cell Loss Priority(CLP; セル損失率優先度)ビットとして 0 ~ 1 の値を設定し、ATM CLP ビットを 1 に設定してパケットを送信します。

set-dscp-transmit new-dscp

IP DSCP 値を設定し、新しい IP DSCP 値を設定したパケットを送信します。

set-frde-transmit

フレームリレー フレームにフレームリレー Discard Eligibility(DE; 廃棄特性)ビットとして 0 ~ 1 の値を設定し、DE ビットを 1 に設定してパケットを送信します。

set-mpls-exp-transmit

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Experimental(EXP)ビットとして 0 ~ 7 の値を設定し、新しい MPLS 試験値を設定したパケットを送信します。

set-prec-transmit new-prec

IP precedence を設定し、新しい IP precedence 値を設定したパケットを送信します。

set-qos-transmit new-qos

QoS グループ値を設定し、新しい QoS グループ値を設定したパケットを送信します。

transmit

変更を加えずにパケットを送信します。

2 つのレートを使用したポリシング機能は、トークン バケット メカニズムを使用して動作します。現在、トークン バケット アルゴリズムには、シングル トークン バケット アルゴリズム(トラフィック ポリシング機能により使用可能)とツー トークン バケット アルゴリズム(2 つのレートを使用したポリシング機能 2 つのレートを使用したポリシング機能により使用可能)の 2 種類があります。

トークン バケット メカニズムの詳細については、『 Policing and Shaping Overview 』モジュールを参照してください。

2 つのレートを使用したポリシングの設定確認

2 つのレートを使用したポリシング機能がインターフェイスに設定されていることを確認するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router# show policy-map interface

インターフェイスに適用されているすべての入力および出力ポリシーの統計情報と設定を表示します。

ラブルシューティングのヒント

インターフェイス タイプをチェックします。インターフェイスが、この章の2 つのレートを使用したポリシングの制約事項にサポートされていないインターフェイスとして記載されていないことを確認してください。

Cisco 7500 シリーズ ルータの入力トラフィック ポリシングでは、トラフィック ポリシングが設定されるインターフェイスで、シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディングが設定されていることを確認します。

Cisco 7500 シリーズ ルータの出力トラフィック ポリシングでは、着信トラフィックがシスコ エクスプレス フォワーディング スイッチドまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディング スイッチドであることを確認します。シスコ エクスプレス フォワーディングまたは分散型シスコ エクスプレス フォワーディング スイッチングがイネーブルにされていないと、スイッチング パスでトラフィック ポリシングを使用できません。

2 つのレートを使用したポリシング機能のモニタリングと保守

2 つのレートを使用したポリシング機能をモニタして保守するには、EXEC モードまたは特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router# show policy-map

設定されたすべてのポリシー マップを表示します。

Router# show policy-map policy-map-name

ユーザ指定ポリシー マップを表示します。

Router# show policy-map interface

インターフェイスに適用されたすべての入力および出力ポリシーの統計情報および設定を表示します。

設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

ポリサー クラスを使用したトラフィック制限:例

ポリサー クラスを使用したトラフィック制限:例

この例では、平均認定レートを 500 kbps に、ピーク レートを 1 Mbps に制限するように、2 つのレートを使用したポリシングがクラスに設定されています。

Router(config)# class-map police
Router(config-cmap)# match access-group 101
Router(config-cmap)# policy-map policy1
Router(config-pmap)# class police
Router(config-pmap-c)# police cir 500000 bc 10000 pir 1000000 be 10000 conform-action transmit exceed-action set-prec-transmit 2 violate-action drop
 
Router(config)# interface serial3/0
Router(config-if)# service-policy output policy1
Router(config-if)# end
 
Router# show policy-map policy1
 
Policy Map policy1
Class police
police cir 500000 conform-burst 10000 pir 1000000 peak-burst 10000 conform-action transmit exceed-action set-prec-transmit 2 violate-action drop
 

平均認定レート(500 kbps)に準拠するとしてマークされたトラフィックは、そのまま送信されます。500 kbps を超過するとしてマークされたトラフィックで、1 Mbps を超えないものは、IP Precedence を 2 に設定してから送信されます。1 Mbps を超えるトラフィックはすべてドロップされます。バースト パラメータは、10,000 バイトに設定されます。

Router# show policy-map interface serial3/0
 
Serial3/0
 
Service-policy output: policy1
 
Class-map: police (match all)
148803 packets, 36605538 bytes
30 second offered rate 1249000 bps, drop rate 249000 bps
Match: access-group 101
police:
cir 500000 bps, conform-burst 10000, pir 1000000, peak-burst 100000
conformed 59538 packets, 14646348 bytes; action: transmit
exceeded 59538 packets, 14646348 bytes; action: set-prec-transmit 2
violated 29731 packets, 7313826 bytes; action: drop
conformed 499000 bps, exceed 500000 bps violate 249000 bps
 
Class-map: class-default (match-any)
19 packets, 1990 bytes
30 seconds offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
Match: any

その他の関連資料

ここでは、2 つのレートを使用したポリシング機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

内容
参照先

MQC

Applying QoS Features Using the MQC モジュール

クラスベース重み付け均等化キューイング(CBWFQ)、トラフィック マーキング、トラフィック ポリシングなどの QoS 機能

Configuring Weighted Fair Queueing 』モジュール

Marking Network Traffic 』モジュール

Traffic Policing 』モジュール

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

CISCO-CLASS-BASED-QOS-CAPABILITY-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2698

『A Two Rate Three Color Marker』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

2 つのレートを使用したポリシングに関する機能情報

表 2 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 2 には、一連のソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入されたソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。


表 2 2 つのレートを使用したポリシングに関する機能情報

機能名
リリース
機能情報

2 つのレートを使用したポリシング機能

12.2(4)T

12.2(4)T3

12.0(26)S



12.2(28)SB


12.2(33)SRA


12.2(33)SXH


Cisco IOS XE 3.1.0 SG

この機能が導入されました。

Cisco 7500 シリーズ ルータに対するサポートが追加されました。

この機能が、Cisco 7200 および 7500 シリーズ ルータの Cisco IOS Release 12.0(26)S に搭載されました。

この機能が、Cisco IOS Release 12.2(28)SB に統合されました。

この機能が、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

この機能が、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

この機能が、Cisco IOS XE 3.1.0 SG に統合されました。