Quality of Service ソリューション ガイド、 Cisco IOS Release 15.1S
ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅 保証
ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2011/03/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証

機能情報の確認

目次

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する前提条件

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する制約事項

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証について

階層型 QoS

ポートレベル シェーピング

最小帯域幅保証

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の設定方法

ポートレベル シェーピングの設定

制約事項

最小帯域幅保証の設定

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の確認

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の設定例

例:サービス グループのポートレベル シェーピングの設定

例:サブインターフェイスのポートレベル シェーピングの設定

例:EVC のポートレベル シェーピングの設定

例:ISG セッションのポートレベル シェーピングの設定

例:最小帯域幅保証の設定

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する機能情報

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証

このマニュアルでは、ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証機能について説明します。この機能のポートレベル シェーピング部分を使用すれば、次の要素に関するポリシーを使用してポートレベル シェーパーを設定できます。

サービス グループ

Ethernet Virtual Connection(EVC; イーサネット仮想接続)

サブインターフェイス

Intelligent Services Gateway(ISG; インテリジェント サービス ゲートウェイ)セッション

この機能の最小帯域幅保証部分を使用すれば、サービス グループに関する Quality of Service(QoS)ポリシーで帯域幅保証を設定できます。

機能情報の確認

お使いのソフトウェア リリースが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートとシスコ ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する前提条件

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証機能には、メイン インターフェイス、サービス グループ、EVC、およびサブインターフェイスに関する同時ポリシーが必要です。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する制約事項

同じポート上にサービス グループ ポリシーまたは EVC ポリシーが存在する場合は、ポートレベル ポリシーが class-default with shaper only ポリシーに制限されます。

最小帯域幅保証設定は、サービス グループが Bandwidth Remaining Ratio(BRR)を使用して設定されたレイヤでは許可されません。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証機能は、デフォルト ノードの帯域幅を間接的に設定します。また、この機能は、Hierarchical Queueing Framework(HQF; 階層型キューイング フレームワーク)2 パラメータ スケジューリングでのみ動作し、3 パラメータ スケジューリングでは動作しません。

最小帯域幅保証は次の要素でサポートされません。

サブインターフェイス

アクセス サブインターフェイス

ISG セッション

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証について

「階層型 QoS」

「ポートレベル シェーピング」

「最小帯域幅保証」

階層型 QoS

Hierarchical QoS(HQoS; 階層型 QoS)は、service-group 層から、シェーピングが適用される別のキューにトラフィックをリダイレクトします。ポートレベル シェーピングは、トラフィックが CLASS_LAYER のデフォルト キューに転送された場合に発生します。この CLASS_LAYER はポートの最上部に構築されます。

HQoS キューイング ポリシーがサービス グループに適用されている場合は、HQoS SG デフォルト キューイング ノードが HQoS サービス グループを通過するすべてのトラフィックの service-group レベルで作成されます。

ポート デフォルト ノードは次の目的で使用されます。

サービス グループに属していない EVC とサブインターフェイスからのすべてのトラフィック

サービス グループに属しているが、QoS が設定されていない EVC とサブインターフェイス

ポートレベル シェーピング

ポートレベル シェーピングは、出力方向のポート レベルで実行されます。次の要素に関する 4 レベル スケジューリングと共存するポート単位帯域幅を制限できます。

サービス グループ

EVC

サブインターフェイス

ISG セッション

ポートレベル ポリシーがポートに対応付けられてから、サービス グループ ポリシーまたは EVC ポリシーがそのポートに対応付けられます。

最小帯域幅保証

最小帯域幅保証は、service-group レベルで設定できます。これにより、次のことが可能になります。

トラフィック輻輳時の帯域幅保証を可能にする。

トップ レベルでスケジューラを使用せずにクラスの残りの帯域幅を設定する。この帯域幅は、下位レベル スケジューラ用の親スケジューラ参照として使用されます。

デフォルト サービス グループ ノード帯域幅を黙示的に設定できる。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の設定方法

ここでは、ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証機能の使用方法を示します。

「ポートレベル シェーピングの設定」(必須)

「最小帯域幅保証の設定」(必須)

「ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の確認」(必須)

ポートレベル シェーピングの設定

サービス グループ、EVC、サブインターフェイス、および ISG セッション上のポート単位帯域幅を制限するようにポートレベル シェーピングを設定します。

制約事項

設定時は、次の要素のもう一方の端で、ポートレベル シェーパーを適用してから、QoS を適用します。

サービス グループ

EVC

サブインターフェイス

ISG セッション

削除時は、もう一方の端(サービス グループ、EVC、サブインターフェイス、ISG セッション)で QoS を削除してから、ポートレベル シェーパーを削除します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. policy-map policy-map-name

5. class class-default

6. shape {average | peak} cir [bc] [be]

7. interface type slot / port

8. service-policy {input | output} policy-map-name

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot/port

 

Router(config)# interface gigabitethernet 9/5

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

policy-map policy-map-name

 

Router(config-if)# policy-map abc

ポリシー マップを作成し、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

class class-default

 
Router(config-pmap)# class class-default

トラフィック クラスを作成し、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

shape {average | peak} cir [ bc ] [ be ]

 

Router(config-pmap-c)# shape average cir 256000

平均またはピーク レート トラフィック シェーピングを指定します。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config-pmap-c)# interface gigabitethernet 9/5

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

service-policy {input | output} policy-map-name

 
Router(config-pmap-c)# service-policy output abc

ポリシー マップを集約または分散コントロール プレーン サービスのコントロール プレーンに対応付けます。

ステップ 9

end
 
Router(config-pmap-c)# end

ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

最小帯域幅保証の設定

サービス グループに関する QoS ポリシーで帯域幅保証を設定するように最小帯域幅保証を設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. service-group service-group-identifier

4. service-policy {input | output} policy-map-name

5. interface type slot/port

6. group service-group-identifier

7. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service-group service-group-identifier
 
Router(config)# service-group 1

サービス グループを作成します。

ステップ 4

service-policy {input | output} policy-map-name

 
Router(config-service-group)# service-policy output abc

ポリシー マップを集約または分散コントロール プレーン サービスのコントロール プレーンに対応付けます。

ステップ 5

interface type slot/port

 

Router(config-service-group)# interface gigabitethernet 9/5

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

group service-group-identifier
 

Router(config-if)# group 1

メンバーをサービス グループに追加します。

ステップ 7

end
 
Router(config)# end

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の確認

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証が正しく設定されていることを確認するには、次の手順を実行します。 show コマンドは任意の順序で入力できます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. show policy-map interface type number service group service-group-identifier

4. show policy-map interface number service instance number

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

show policy-map interface type number service group service-group-identifier

 
Router# show policy-map interface gigabitEthernet 9/5 service group 1

メンバーにインターフェイスが対応付けられているサービス グループに関するポリシー マップ情報を表示します。

ステップ 4

show policy-map interface number service instance number
 

Router# show policy-map interface port-channel 1 service instance 1

ポート チャネル下の特定のサービス インスタンスに関するポリシー マップ情報を表示します。

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の設定例

次に、ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証機能を設定する例を示します。

「例:サービス グループのポートレベル シェーピングの設定」

「例:サブインターフェイスのポートレベル シェーピングの設定」

「例:EVC のポートレベル シェーピングの設定」

「例:ISG セッションのポートレベル シェーピングの設定」

「例:最小帯域幅保証の設定」

例:サービス グループのポートレベル シェーピングの設定

interface gigabitethernet 1/1
service-policy output port-policy
service instance 1 ethernet
service-policy output member-policy
group 1
 
interface gigabitethernet 1/1/1
group 1

例:サブインターフェイスのポートレベル シェーピングの設定

interface gigabitethernet 1/1
service-policy output port-policy
interface gigabitethernet 1/1/1
service-policy output member-policy

例:EVC のポートレベル シェーピングの設定

interface gigabitethernet 1/1
service-policy output port-policy
service instance 1 ethernet
service-policy output member-policy

例:ISG セッションのポートレベル シェーピングの設定

policy-map type service hqos_dynamic
service-policy output member-policy
service-policy input member-policy
 
policy-map type control hqos-dynamic-control
class type control always event session-start
1 service-policy type service name hqos-dynamic
 
interface gigabitethernet 1/1
service-policy output port-policy
 
interface gigabitethernet 1/1/2 access
service-policy type control hqos-dynamic-control
ip subscriber routed
initiator unclassified ip-address

例:最小帯域幅保証の設定

policy-map group-policy
class class-default
bandwidth 256000 kbps
service group 1
service-policy output group-policy
 
interface gigabitethernet 1/1/1
group 1
 
interface gigabitethernet 1/1
service instance 1 ethernet
group 1

または

Router# show policy-map parent
policy Map parent
class class-default
bandwidth 256000 (kbps)
service-policy child
 
Router# show policy-map child
Policy Map child
class prec1
band r r x
 
class class-default
bandwidth remaining ratio y
 
service group 1
service-policy output parent
 
interface gigabitethernet 1/1/1
group 1
 
interface gigabitethernet 1/1
service instance 1 ethernet
group 1

その他の参考資料

関連資料

関連項目
参照先

Cisco IOS コマンド

『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

QoS コマンド

『Cisco IOS QoS Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、シスコ ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB を検索してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support and Documentation Web サイトでは、ドキュメント、ソフトウェア、およびツールをダウンロードするためのオンライン リソースを提供しています。これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。Cisco Support and Documentation Web サイト上のツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連のソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入されたソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。


 

表 1 ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証に関する機能情報

機能名
リリース
機能情報

ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証

15.1(1)S

この機能のポートレベル シェーピング部分を使用すれば、次の要素に関するポリシーを使用してポートレベル シェーパーを設定できます。

サービス グループ

Ethernet Virtual Connection(EVC; イーサネット仮想接続)

サブインターフェイス

Intelligent Services Gateway(ISG; インテリジェント サービス ゲートウェイ)セッション

この機能の最小帯域幅保証部分を使用すれば、サービス グループに関する QoS ポリシーで帯域幅保証を設定できます。

Cisco IOS Release15.1(1)S で、この機能が Cisco 7600 シリーズ ルータ上に導入されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証について」

「ポートレベル シェーピングおよび最小帯域幅保証の設定方法」