マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート
L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/07/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート

機能情報の確認

目次

の前提条件

に関する制約事項

について

MQC 構造

トラフィック クラスの要素

トラフィック ポリシーの要素

の設定方法

ATM PVP モードでのサービス ポリシーのイネーブル化

制約事項

ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化

制約事項

ATM VCI のマッチングのイネーブル化

制約事項

の設定例

ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

の機能情報

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート

このマニュアルでは、Layer 2 Virtual Private Network(L2VPN; レイヤ 2 バーチャル プライベート ネットワーク)ATM Permanent Virtual Path(PVP; 相手先固定パス)の Quality of Service(QoS)ポリシー サポートを設定する方法について説明します。つまり、QoS ポリシーを L2VPN の ATM PVP モードで設定する方法について説明します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポートの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート の前提条件

QoS ポリシーを L2VPN ATM PVP で設定する前に、次のマニュアルで概念および設定情報を理解しておく必要があります。

『Any Transport over MPLS』

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポートに関する制約事項

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート 機能には、次のような制約事項が適用されます。

Cisco 7600 シリーズ ルータは、ATM PVP モードでのキューイング機能をサポートしていません。

ポリシーを PVP モードでイネーブルにする場合、PVP の一部である VC で ATM レートを設定しないでください。VC は、Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)VC だけにしてください。

VC が、ポリシーが設定された PVP の一部である場合、ATM VC トラフィック シェーピングを設定することはできません。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRE は、PVP 単位のセル ベース ATM シェーピングをサポートしません。

キューイング ポリシーは、UBR の ATM PVP では設定できません。

キューイング ベース ポリシーは UBR トラフィック シェーピングでは設定できません。

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポートについて

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート 機能を設定する前に、次の概念を理解する必要があります。

「MQC 構造」

「トラフィック クラスの要素」

「トラフィック ポリシーの要素」

MQC 構造

Modular QoS Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)(MQC; モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス)構造では、トラフィック クラスの定義、トラフィック ポリシーの作成、トラフィック ポリシーのインターフェイスへの適用が可能です。

MQC 構造は、次の 3 つのハイレベルな手順を実行した結果です。

1. class-map コマンドを使用してトラフィック クラスを定義します。トラフィック クラスは、トラフィックを分類するために使用します。

2. policy-map コマンドを使用してトラフィック ポリシーを作成します(トラフィック ポリシーおよびポリシー マップという用語は同じ意味で使用されることがよくあります)。トラフィック ポリシー(ポリシー マップ)には、1 つのトラフィック クラスと、トラフィック クラスに適用できる 1 つ以上の QoS 機能が含まれます。トラフィック ポリシー内の QoS 機能によって、分類されたトラフィックの処理方法が決まります。

3. service-policy コマンドを使用して、トラフィック ポリシー(ポリシー マップ)をインターフェイスに適用します。

トラフィック クラスの要素

トラフィック クラスに含まれる 3 つの主な要素は、トラフィック クラス名、一連の match コマンド、トラフィック クラスで複数の match コマンドが使用される場合に match コマンドを評価する方法です。

match コマンドは、パケットを分類するために使用します。パケットは、match コマンドで指定されている基準を満たしているかチェックされます。パケットが指定されている基準を満たしている場合、そのパケットは、クラスのメンバと見なされます。一致基準を満たさないパケットは、デフォルトのトラフィック クラスのメンバとして分類されます。

トラフィック ポリシーの要素

トラフィック ポリシーに含まれる 3 つの要素は、トラフィック ポリシー名、トラフィック クラス( class コマンドで指定)、QoS 機能をイネーブルにするときに使用されるコマンドです。

ポリシー マップをインターフェイスに適用すると( service-policy コマンドを使用します)、トラフィック ポリシー(ポリシー マップ)は、イネーブルにした QoS 機能をトラフィック クラスに適用します。


) パケットは、トラフィック ポリシー内のいずれかのトラフィック クラスだけに一致します。パケットがトラフィック ポリシー内の複数のトラフィック クラスに一致する場合、ポリシーで定義されている最初のトラフィック クラスが使用されます。


L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート の設定方法

ここでは、ATM PVP モードで QoS 動作を設定する方法について説明します。

「ATM PVP モードでのサービス ポリシーのイネーブル化」(必須)

「ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化」(必須)

「ATM VCI のマッチングのイネーブル化」(必須)

ATM PVP モードでのサービス ポリシーのイネーブル化

ATM PVP モードでサービス ポリシーをイネーブルにできます。また、マルチポイント サブインターフェイスの PVP でサービス ポリシーをイネーブルにすることもできます。

制約事項

Cisco 7600 シリーズ ルータは、出力方向で match atm-vci コマンドを使用するサービス ポリシーをサポートしません。

show policy-map interface コマンドは、ATM インターフェイスのサービス ポリシー情報を表示しません。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRE は、PVP 単位のセル ベース ATM シェーピングをサポートしません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm slot / port

4. atm pvp vpi l2transport

5. service-policy [ input | output ] policy-map-name

6. xconnect peer-router-id vcid encapsulation mpls

7. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm slot/port

 

Router(config)# interface atm 1/0

インターフェイスを定義し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

atm pvp vpi l2transport

 

Router(config-if)# atm pvp 1 l2transport

PVP を ATM セルの転送専用にすることを指定し、l2transport PVP コンフィギュレーション モードを開始します。

l2transport キーワードは、PVP がセルリレー用であることを示します。このモードは、レイヤ 2 トランスポート専用です。通常の PVP 用ではありません。

ステップ 5

service-policy [ input | output ] policy-map-name

 

Router(config-if-atm-l2trans-pvp)# service policy input pol1

指定した PVP でサービス ポリシーをイネーブルにします。

ステップ 6

xconnect peer-router-id vcid encapsulation mpls

 

Router(config-if-atm-l2trans-pvp)# xconnect 10.0.0.1 123 encapsulation mpls

接続回線を擬似回線 VC にバインドします。

このコマンドの構文は、他のすべてのレイヤ 2 トランスポートのコマンドの構文と同じです。

ステップ 7

end

 

Router(config-if-atm-l2trans-pvp)# end

l2transport PVP コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化

トラフィック シェーピング コマンドは、ATM PVP モードでサポートされます。出力 VP シェーピングでは、各 ATM サービス カテゴリで 1 つのコンフィギュレーション コマンドがサポートされます。サポートされるサービス カテゴリは、Constant Bit Rate(CBR; 固定ビット レート)、UBR、Variable Bit Rate-nonreal time(VBR-nrt; 可変ビット レート非リアルタイム)、Variable Bit Rate real-time(VBR-rt; 可変ビット レート リアルタイム)です。

制約事項

Cisco 7600 シリーズ ルータは、トラフィック シェーピングをサポートしません。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRE は、PVP 単位のセル ベース ATM シェーピングをサポートしません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm slot / port

4. atm pvp vpi l2transport

5. ubr pcr
または
cbr pcr
または
vbr-nrt pcr scr mbs
または
vbr-rt pcr scr mbs

6. xconnect peer-router-id vcid encapsulation mpls

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm slot/port

 

Router(config)# interface atm 1/0

インターフェイスを定義し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

atm pvp vpi l2transport

 

Router(config-if)# atm pvp 1 l2transport

PVP を ATM セルの転送専用にすることを指定し、l2transport PVP コンフィギュレーション モードを開始します。

l2transport キーワードは、PVP がセルリレー用であることを示します。このモードは、レイヤ 2 トランスポート専用です。通常の PVP 用ではありません。

ステップ 5

ubr pcr

または

cbr pcr

または

vbr-nrt pcr scr mbs

または

vbr-rt pcr scr mbs

 

Router(config-if-atm-l2trans-pvp)# cbr 1000

または

cbr 56

または

vbr-nrt 11760 11760 1

または

vbr-rt 640 320 80

ATM PVP モードでトラフィック シェーピングをイネーブルにします。

pcr = ピーク セル レート

scr = 平均セル レート

mbs = 最大バースト サイズ

ステップ 6

xconnect peer-router-id vcid encapsulation mpls

 

Router(config-if-atm-l2trans-pvp)# xconnect 10.0.0.1 123 encapsulation mpls

接続回線を擬似回線 VC にバインドします。

このコマンドの構文は、他のすべてのレイヤ 2 トランスポートのコマンドの構文と同じです。

ATM VCI のマッチングのイネーブル化

match atm-vci コマンドをクラス マップ コンフィギュレーション モードで使用して、ATM VCI または VCI の範囲でパケット マッチングをイネーブルにできます。

制約事項

match atm-vci コマンドをクラス マップ コンフィギュレーション モードで設定する場合、このクラス マップは、ATM VP だけに付加できるポリシー マップに追加できます。

Cisco 7600 シリーズ ルータでは、 match atm-vci コマンドは、ATM VP の入力方向だけでサポートされます。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRE は、PVP 単位のセル ベース ATM シェーピングをサポートしません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. class-map class-map-name [ match-all | match-any ]

4. match atm-vci vc-id [-vc-id]

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

class-map class-map-name [ match-all | match-any ]

 

Router(config)# class-map class1

トラフィックを指定したクラスにマッチングするために使用するクラス マップを作成し、クラス マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

match atm-vci vc-id [- vc-id]

 

Router(config-cmap)# match atm-vci 50

ATM VCI または VCI の範囲でパケット マッチングをイネーブルにします。

値の範囲は 32 ~ 65535 です。

コマンドを使用すると、コマンドで指定した以外の任意の VC とマッチングできます。

ステップ 5

end

 

Router(config-cmap)# end

(任意)特権 EXEC モードに戻ります。

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート の設定例

ここでは、L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート 機能の例を示します。

「ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化:例」

ATM PVP モードでのトラフィック シェーピングのイネーブル化:例

次に、ATM PMP モードでトラフィック シェーピングをイネーブルにする例を示します。

interface atm 1/0
atm pvp 100 l2transport
ubr 1000
xconnect 10.11.11.11 777 encapsulation mpls
atm pvp 101 l2transport
cbr 1000
xconnect 10.11.11.11 888 encapsulation mpls
atm pvp 102 l2transport
vbr-nrt 1200 800 128
xconnect 10.11.11.11 999 encapsulation mpls

その他の参考資料

ここでは、L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

Cisco IOS コマンド

Cisco IOS Master Commands List, All Releases

MPLS コマンド

Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference

Any Transport over MPLS

Any Transport over MPLS

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.htmls

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポートの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 1 L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート の機能情報

機能名
リリース
機能情報

L2VPN ATM PVP の QoS ポリシー サポート

12.2(33)SRE

この機能を使用すると、L2VPN の ATM PVP モードで QoS ポリシーを設定できます。

この機能では、 cbr match atm-vci service-policy ubr、vbr-nrt vbr-rt コマンドが追加または変更されています。