マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート
MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート

機能情報の確認

この章の構成

の前提条件

の制約事項

に関する情報

の設定および確認方法

の設定

MPLS TE トンネルの Verbatim LSP の確認

の設定例

の設定

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート機能を使用すると、ネットワーク ノードで Traffic Engineering( TE; トラフィック エンジニアリング)の Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)拡張をサポートすることなく Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)拡張をサポートできるため、トポロジ データベース検証プロセスがバイパスされます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの前提条件

MPLS TE トンネルがグローバルに設定されている必要があります。

すべてのリンクで MPLS TE をイネーブルにする必要があります。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの制約事項

verbatim キーワードは、明示パス オプションが設定された Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)でだけ使用できる。

このリリースでは、Verbatim LSP の再最適化はサポートされていない。

論理 GRE トンネル インターフェイスを介して MPLS トラフィック エンジニアリングを設定することはできない。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートに関する情報

通常、MPLS TE LSP では、ネットワーク内のすべてのノードが TE に対応している必要があります。つまり、すべてのノードに TE の IGP 拡張が配置されている必要があります。ただし、TE の IGP 拡張をサポートしないが、TE の RSVP 拡張はサポートするノードを通過する TE LSP を構築する機能を必要とするネットワーク管理者もいます。

Verbatim LSP は、ネットワーク内のすべてまたは一部の中間ノードで TE の IGP 拡張がサポートされていない場合に役立ちます。

この機能をイネーブルにすると、IP 明示パスの TE トポロジ データベースに対するチェックは行われません。TE トポロジ データベースの検証が行われないため、IP 明示パス情報を持つ Path メッセージは、IP ルーティング用の Shortest Path First(SPF)アルゴリズムを使用してルーティングされます。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定および確認方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定」(必須)

「MPLS TE トンネルの Verbatim LSP の確認」(任意)

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートを設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface tunnel number

4. ip unnumbered loopback number

5. tunnel destination { host-name | ip-address }

6. tunnel mode mpls traffic-eng

7. tunnel mpls traffic-eng bandwidth { sub-pool kbps | kbps}

8. tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

9. tunnel mpls traffic-eng priority setup-priority [ hold-priority ]

10. tunnel mpls traffic-eng path-option preference-number { dynamic [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps } | lockdown | verbatim ] | explicit { name path-name | identifier path-number }}
- または -
tunnel mpls traffic-eng path-option protect preference-number { dynamic [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps }] | explicit { name path-name | identifier path-number } [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps } | verbatim ]}

11. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

number 引数には、設定するトンネル番号を指定します。

ステップ 4

ip unnumbered loopback number
 
Router(config-if) # ip unnumbered loopback 1

番号なしの IP インターフェイスを設定します。これにより、明示的なアドレスを指定せずに IP 処理を実行できます。通常、ループバック インターフェイスには、ルータ ID を設定します。

(注) MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル インターフェイスは単一方向リンクを表すため、番号なしにする必要があります。

ステップ 5

tunnel destination { host-name | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.100.100.100

トンネルの宛先を指定します。

host-name 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP バージョン 4 アドレスです。

ステップ 6

tunnel mode mpls traffic-eng

 

Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng

トンネル カプセル化モードを MPLS トラフィック エンジニアリングに設定します。

ステップ 7

tunnel mpls traffic-eng bandwidth { sub-pool kbps | kbps}

 
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000

MPLS TE トンネルで必要な帯域幅を設定し、その帯域幅をサブプールまたはグローバル プールに割り当てます。

sub-pool キーワードは、サブプール トンネルを示します。

kbps 引数は、MPLS TE トンネルで確保する kbps 単位の帯域幅です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 8

tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

IGP における拡張 SPF の計算において、(トンネルがアップの場合に)トンネルを使用する必要があることを指定します。

ステップ 9

tunnel mpls traffic-eng priority setup-priority [ hold-priority ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng priority 1 1

トンネルのセットアップ プライオリティおよび予約プライオリティを設定します。

setup-priority 引数は、このトンネルでの LSP のシグナリング時に既存のどのトンネルよりも優先的に取得できるかを決定するために使用されるプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 です。数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は、このトンネルの LSP と関連付けられた、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定するためのプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。

ステップ 10

tunnel mpls traffic-eng path-option preference-number { dynamic [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps } | lockdown | verbatim ] | explicit { name path-name | identifier path-number }}

- または -

tunnel mpls traffic-eng path-option protect preference-number { dynamic [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps }] | explicit { name path-name | identifier path-number} [ attributes string | bandwidth { sub-pool kbps | kbps } | verbatim ] }

 
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name test verbatim
 
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option protect 2 dynamic name test 2 bandwidth sub-pool 34

明示パス オプションで使用される verbatim などの、MPLS TE トンネル用の LSP 関連パラメータを指定します。

preference-n umber 引数は、パス オプションを示します。

protect キーワードおよび preference-n umber 引数を指定すると、保護されたパス オプションが指定されます。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスに IP アドレスが指定されます。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 11

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

MPLS TE トンネルの Verbatim LSP の確認

MPLS TE トンネルの LSP に verbatim オプションが設定されていることを確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

3. disable

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

 

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel1

verbatim を使用した明示パス オプションが設定されているトンネルを含む、トンネルについての情報が表示されます。

ステップ 3

disable

 

Router# disable

(任意)終了して、ユーザ EXEC モードに戻ります。

次の例では、 show mpls traffic-eng tunnels コマンドによって、明示パス オプションで verbatim が使用されているかどうかや、verbatim の状態を示す Active Path Options Parameters などのトンネル情報が表示されています。

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel100

 
Name: GSR-2_t100 (Tunnel100) Destination: 192.168.30.1
Status:
Admin: up Oper: up Path: valid Signalling: connected
 
path option 1, type explicit (verbatim) BACKUP (Basis for Setup, path weight 0)
 
Config Parameters:
Bandwidth: 0 kbps (Global) Priority: 7 7 Affinity: 0x0/0xFFFF
Metric Type: TE (default)
AutoRoute: disabled LockDown: disabled Loadshare: 0 bw-based
auto-bw: disabled
Active Path Option Parameters:
State: explicit path option 1 is active
BandwidthOverride: disabled LockDown: disabled Verbatim: enabled

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定」

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの設定

次に、verbatim を使用した明示パス オプションが設定されたトンネルの例を示します。

interface tunnel 1
ip unnumbered loopback 1
tunnel destination 10.10.100.100
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000
tunnel mpls traffic-eng autoroute announce
tunnel mpls traffic-eng priority 1 1
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name path1 verbatim

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート機能の関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS ラベル配布プロトコル

MPLS Label Distribution Protocol (LDP)』機能の章

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

このリリースによってサポートされる新しい RFC や変更された RFC はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

show mpls traffic-eng tunnels

tunnel mpls traffic-eng path option

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポートの機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート

12.0(26)S
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH
12.4(20)T

MPLS トラフィック エンジニアリング - Verbatim パスのサポート機能を使用すると、ネットワーク ノードで Traffic Engineering( TE; トラフィック エンジニアリング)の Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)拡張をサポートすることなく Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)拡張をサポートできるため、トポロジ データベース検証プロセスがバイパスされます。

この機能は、12.0(26)S で導入されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.4(20)T に統合されました。

次のコマンドが導入または変更されました。 show mpls traffic-eng tunnels tunnel mpls traffic-eng path option

用語集

IGP :Interior Gateway Protocol(内部ゲートウェイ プロトコル)。自律システム内でのルーティング情報の交換に使用されるインターネット プロトコル。一般的なインターネット IGP の例として、IGRP、OSPF、および RIP を挙げることができます。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。2 つのルータ間に設定された接続。この接続では、パケットを伝送するためにラベル スイッチングが使用されます。LSP の目的は、データ パケットを伝送することです。

LSR :Label Switching Router(ラベル スイッチング ルータ)。各パケット内にカプセル化されている固定長ラベルの値に基づいて MPLS パケットを転送するデバイス。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ネットワークを介してパケット(フレーム)を転送する方式。ネットワークのエッジにあるルータがラベルをパケット(フレーム)に適用できるようにします。ネットワーク コア内の ATM スイッチまたは既存のルータは、最小限のルックアップ オーバーヘッドでラベルに従ってパケットを切り替えることができます。

PLR :Point of Local Repair(ローカル修復ポイント)。バックアップ トンネルのヘッドエンド。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。IP ネットワークのリソースの予約をサポートするプロトコル。IP エンド システムで実行されているアプリケーションは、RSVP を使用して、受信するパケット ストリームの特性(帯域幅、ジッタ、最大バーストなど)を他のノードに示すことができます。

SPF :Shortest Path First。パス長を繰り返し処理して、最短パス スパニング ツリーを決定するルーティング アルゴリズム。リンクステート ルーティング アルゴリズムにおいて一般的に使用されます。ダイクストラのアルゴリズムと呼ばれることもあります。

高速リルート :ヘッドエンドで新しい LSP を確立しながら、障害のあるリンクまたはノード周囲の一時ルーティングをイネーブルにする手順。

テールエンド :LSP が終端するルータ。これは、LSP のパス上の最後のルータです。

トラフィック エンジニアリング :ネットワーク上で、標準的なルーティング方法が使用された場合に選択されるパスとは異なるパスを経由してトラフィックがルーティングされるようにするために使用する技術やプロセス。

トンネル :2 つのピア間(ルータ間など)のセキュアな通信パス。

ヘッドエンド :特定の LSP の起点となり、その LSP を管理するルータ。これは、LSP パス上の最初のルータです。

マージ ポイント :バックアップ トンネルの終端。