マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー
MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー

機能情報の確認

この章の構成

の前提条件

の制約事項

に関する情報

ステート タイムアウトを通知する Hello

高速リルート不可能な TE LSP

Hello インスタンス

バックアップ トンネルのある高速リルート可能な TE LSP

バックアップ トンネルのない高速リルート可能な TE LSP

の設定方法

Hello ステート タイマーのグローバルなイネーブル化

インターフェイスでの Hello ステート タイマーのイネーブル化

インターフェイスでの DSCP 値の設定

インターフェイスでの Hello Request 間隔の設定

インターフェイスでミスできる Hello メッセージ数の設定

ステート タイマーを通知する Hello の設定の確認

の設定例

:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー機能はネイバーが停止したときにそれを検出すると、すばやくステート タイムアウトをトリガーします。このことにより、帯域幅など、他の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)から再利用できるリソースが解放されます。

RSVP Hello を使用すると、ネイバー ノードが停止した場合にそれを検出できます。その後、Hello ステート タイマーによってステート タイムアウトがトリガーされます。そのため、ネットワークのコンバージェンス時間が短縮され、ノードが代替パスでトラフィックを転送したり、Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)動作を補助したりできます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの前提条件

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー機能を設定する前に、ルータで次の作業を実行します。

Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)を設定する。

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)をイネーブルにする。

Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)を設定する。

ステート タイムアウトを通知する Hello をイネーブルにする。

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの制約事項

グレースフル リスタートが設定されている場合、ステート タイムアウトを通知する Hello は、グレースフル リスタートに依存します。ただし、グレースフル リスタートはステート タイムアウトを通知する Hello に依存しない。

番号が付いていないインターフェイスはサポートされない。

ステート タイムアウトを通知する Hello はインターフェイス単位で設定する。

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーに関する情報

MPLS TE - RSVP Hello ステート タイマー機能を設定する前に、次の概念を理解する必要があります。

「ステート タイムアウトを通知する Hello」

ステート タイムアウトを通知する Hello

RSVP で TE LSP をシグナリングしているときにパス上のある場所で障害が発生した場合、その障害が最大で 2 分間検出されないままとなる可能性があります。この間、パス上の障害ポイントよりもダウンストリームにあるノードでバックアップの LSP によって帯域幅が維持され、ステートに変更はありません。LSP にシグナリングまたは再シグナリングするためにヘッドエンド トンネルがこの帯域幅を必要とした場合は、トンネルが数分間アップ状態にならないことがあるため、コンバージェンス時間が長くなります。

Hello を使用すると、ネイバー ノードが到達不能になった場合に RSVP ノードでそのことを検出できます。一定数のインターバルが経過したあと、Hello はネイバーから応答がないことを通知してステートを削除します。この処理によってノードのリソースが解放され、他の LSP によって再利用されるようになります。

Hello を操作できるようにするには、Hello をルータでグローバルに設定し、さらに特定のインターフェイス上でも設定する必要があります。

高速リルート不可能な TE LSP

図 1 に、ルータ 1 からルータ 2 を経由してルータ 3 に到達する、高速リルート不可能な TE LSP を示します。

図 1 高速リルート不可能な TE LSP

ルータ 1 とルータ 2 の間のリンクで障害が発生したとします。このような問題は、インターフェイス障害、Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)(Open Shortest Path First(OSPF)または Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS))、および RSVP Hello など、さまざまな方法で検出できます。ただし、ルータ 1 とルータ 2 がレイヤ 2 スイッチで相互接続されている場合などには、インターフェイス障害を検出できないことがあります。IGP では障害の検出が遅い場合もあります。あるいは、2 つの自律システムを相互接続する 2 台の Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)間の場合など、ルータ 1 とルータ 2 の間で IGP が稼動していない場合もあります。

ルータ 1 とルータ 2 の間で Hello が実行されていると、各ルータは通信が失われたことを通知し、ただちにステートをタイムアウトします。

ルータ 2 は PathTear メッセージをルータ 3 に遅れて送信するので、すべてのノードでステートを削除でき、コンバージェンス時間が短くなります。


) 一部のプラットフォームではコントロール プレーンが停止したあとでもデータが転送されるため、PathTear メッセージは 1 秒遅れて送信されます。


ルータ 1 は、エラー コード ROUTING_PROBLEM とエラー値 NO_ROUTE を指定して、致命的を示す PathError メッセージをアップストリームのルータ 0 に送信します。

LSP1 の経路はルータ 0、ルータ 1、ルータ 2、ルータ 3 の順です。LSP2 の経路はルータ 0、ルータ 1、ルータ 4、ルータ 2、ルータ 3 の順です。

Hello インスタンス

Hello インスタンスは、特定のルータ インターフェイス アドレスおよびリモート IP アドレスに対して RSVP Hello を実装します。Hello インスタンスは、送信される Hello Request の数が多く、ルータ リソースに負荷がかかるため、非常にコストがかかります。このため、Hello インスタンスを作成するのはステートのタイムアウトが必要な場合だけとし、不要になったインスタンスは削除してください。

バックアップ トンネルのある高速リルート可能な TE LSP

図 2 に、バックアップ トンネルのある、ルータ 1 からルータ 2 を経由してルータ 3 に到達する高速リルート可能な TE LSP を示します。

図 2 バックアップ トンネルのある高速リルート可能な TE LSP

 

この TE LSP にはルータ 1 からルータ 3 に到達するバックアップ トンネルがあり、ルータ 1 からルータ 2 へのリンクおよびルータ 2 のノードの障害から高速リルート可能な TE LSP を保護しています。このとき、ルータ 1 とルータ 2 を接続するリンクで障害が発生したとします。ルータ 1 とルータ 2 の間で Hello が実行されている場合、ルータはリンクが停止したことは通知しますが、ステートのタイムアウトは行いません。ルータ 2 は障害を通知しますが、ルータ 2 がマージ ポイントであったり、別のダウンストリーム ノードがマージ ポイントであったりする可能性があるため、TE LSP をタイムアウトできません。ルータ 1 は障害を通知し、バックアップ LSP への切り替えを行いますが、ルータ 1 もステートをタイムアウトできません。


) ネイバーが停止していて Hello インスタンスが処理を実行できないため、上記のシナリオでは Hello インスタンスが作成されません。


バックアップ トンネルのない高速リルート可能な TE LSP

バックアップ トンネルのない高速リルート可能な TE LSP では、ダウンストリームのネイバー(Next-Hop [NHOP; ネクストホップ])で Hello インスタンスを作成できます。一方、高速リルート不可能な TE LSP では、ダウンストリームのネイバー(NHOP)とアップストリームのネイバー(プリビアス ホップ(PHOP))で Hello インスタンスを作成できます。これは、既存の Hello に加えて、高速リルートにも使用します。


) 同じリンク上で、高速リルートと、ステート タイムアウトを通知する Hello の Hello インスタンスが両方とも必要となる場合は、Hello インスタンスが 1 つだけ作成されます。このインスタンスには、間隔、リフレッシュ失敗、および Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)を含む高速リルート設定が行われます。ネイバーが停止すると、高速リルートおよび Hello ステート タイマーが実行されます。


図 3 に、高速リルート可能な TE LSP を示します。これにはバックアップ トンネルがなく、経路はルータ 1(Point of Local Repair(PLR; ローカル修復ポイント))、ルータ 2、ルータ 3 の順になります。

図 3 バックアップ トンネルのない高速リルート可能な TE LSP

 

ルータ 1 とルータ 3 を接続するリンクで障害が発生したとします。ルータ 1 はバックアップ トンネルがないことを認識しているため、TE LSP のステートをタイムアウトできます。ただし、ルータ 2 にはバックアップ トンネルの存在が明らかでないため、ルータ 2 はステートをタイムアウトできません。また、ルータ 2 はマージ ポイントとなっている可能性があるため、ステートをタイムアウトできません。


) ネイバーが停止していて Hello インスタンスが処理を実行できないため、上記のシナリオでは Hello インスタンスが作成されません。


MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー の設定方法

ここでは、次の各手順について説明します。


) 次の作業を実行すると高速リルートもイネーブルになりますが、ここでは RSVP Hello ステート タイマーを中心に説明します。


「Hello ステート タイマーのグローバルなイネーブル化」(必須)

「インターフェイスでの Hello ステート タイマーのイネーブル化」(必須)

「インターフェイスでの DSCP 値の設定」(任意)

「インターフェイスでの Hello Request 間隔の設定」(任意)

「インターフェイスでミスできる Hello メッセージ数の設定」(任意)

「ステート タイマーを通知する Hello の設定の確認」(任意)

Hello ステート タイマーのグローバルなイネーブル化

RSVP Hello ステート タイマーをグローバルにイネーブルにして、ネットワーク コンバージェンスを短縮し、ノードが代替パスでトラフィックを転送できるようにし、Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)動作を補助するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip rsvp signalling hello

4. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip rsvp signalling hello

 

Router(config)# ip rsvp signalling hello

ステート タイムアウトを通知する Hello をルータでグローバルにイネーブルにします。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

インターフェイスでの Hello ステート タイマーのイネーブル化

インターフェイスで RSVP Hello ステート タイマーをイネーブルにするには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip rsvp signalling hello

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet 0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type number 引数には、設定するインターフェイスを指定します。

ステップ 4

ip rsvp signalling hello

 

Router(config-if)# ip rsvp signalling hello

ステート タイムアウトを通知する Hello をインターフェイスでイネーブルにします。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

インターフェイスでの DSCP 値の設定

インターフェイスで Hello メッセージに Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)値を設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip rsvp signalling hello reroute dscp num

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet 0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type number 引数には、設定するインターフェイスを指定します。

ステップ 4

ip rsvp signalling hello reroute dscp num

 

Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute dscp 30

ルータのインターフェイスで RSVP Hello メッセージの DSCP 値を 0 から 63 の間で設定し、ステート タイムアウトを通知する Hello をイネーブルにします。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

インターフェイスでの Hello Request 間隔の設定

インターフェイスで Hello Request 間隔を設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip rsvp signalling hello reroute refresh interval interval-value

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet 0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type number 引数には、設定するインターフェイスを指定します。

ステップ 4

ip rsvp signalling hello reroute refresh interval interval-value

 

Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute refresh interval 5000

ルータのインターフェイスで Hello Request 間隔を設定し、ステート タイマーを通知する Hello をイネーブルにします。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

インターフェイスでミスできる Hello メッセージ数の設定

Hello でネイバーが停止していると見なされるまでに連続して失われる(ミスされる)Hello メッセージの数を設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip rsvp signalling hello reroute refresh misses msg-count

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet 0/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type number 引数には、設定するインターフェイスを指定します。

ステップ 4

ip rsvp signalling hello reroute refresh misses msg-count

 

Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute refresh misses 5

Hello でネイバーが停止していると見なされるまでに連続して失われる Hello メッセージの数を設定します。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステート タイマーを通知する Hello の設定の確認

ステート タイマーを通知する Hello の設定を確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show ip rsvp hello

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

(任意)特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

show ip rsvp hello

 

Router# show ip rsvp hello

RSVP TE Hello のステータス、および Hello ステート タイマー(reroute)を含む統計情報を表示します。

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの設定例

ここでは、MPLS TE - RSVP Hello ステート タイマー機能の設定例を示します。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー:例」

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー:例

次の例では、Hello ステート タイマーがグローバルにイネーブルにされており、またインターフェイスでもイネーブルにされています。DSCP 値、リフレッシュ間隔、およびリフレッシュ失敗制限などの関連パラメータは、インターフェイスで設定されます。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# ip rsvp signalling hello
Router(config)# interface Ethernet 0/0
Router(config-if)# ip rsvp signalling hello
Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute dscp 30
Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute refresh interval 5000
Router(config-if)# ip rsvp signalling hello reroute refresh misses 5
Router(config-if)# end
 

次に、Hello ステート タイマー(reroute)のステータスを確認する例を示します。

Router# show ip rsvp hello
 
Hello:
Fast-Reroute/Reroute:Enabled
Statistics:Enabled
Graceful Restart:Enabled (help-neighbor only)

 

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

RSVP コマンド:完全なコマンド構文、コマンド モード、デフォルト、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

シグナリング、分類、および輻輳管理を含む QoS 機能

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide』

ステートフル スイッチオーバー

『Cisco IOS High Availability Configuration Guide』

MPLS ラベル配布プロトコル

『MPLS Label Distribution Protocol (LDP) Overview』

Cisco NonStop Forwarding

『Cisco Nonstop Forwarding』

バックアップ トンネル、リンクとノードの障害、RSVP Hello に関する情報

『MPLS TE: Link and Node Protection, with RSVP Hellos Support (with Fast Tunnel Interface Down Detection)』

グレースフル リスタート

『NSF/SSO - MPLS TE and RSVP Graceful Restart』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

ip rsvp signalling hello dscp

ip rsvp signalling hello refresh interval

ip rsvp signalling hello refresh misses

ip rsvp signalling hello reroute dscp

ip rsvp signalling hello reroute refresh interval

ip rsvp signalling hello reroute refresh misses

show ip rsvp hello

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマーの機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー

12.0(29)S
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH
12.4(20)T

MPLS トラフィック エンジニアリング - RSVP Hello ステート タイマー機能はネイバーが停止したときにそれを検出すると、すばやくステート タイムアウトをトリガーします。このことにより、帯域幅など、他の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)から再利用できるリソースが解放されます。

この機能は、12.0(29)S で導入されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.4(20)T に統合されました。

用語集

ASBR :Autonomous System Boundary Router(自律システム境界ルータ)。複数の自律システムを接続し、これらの間で情報を交換するルータ。

DSCP :Differentiated Services Code Point(DiffServ コード ポイント)。IETF によって定義された IP ヘッダー内の 6 ビット。これらのビットにより、IP パケットに提供されるサービス クラスが決まります。

IGP :Interior Gateway Protocol(内部ゲートウェイ プロトコル)。自律システム内でのルーティング情報の交換に使用されるインターネット プロトコル。一般的なインターネット IGP の例として、IGRP、OSPF、および RIP を挙げることができます。

IS-IS :Intermediate System-to-Intermediate System。Intermediate System(IS)ルータが単一のメトリックに基づいてルーティング情報を交換し、ネットワーク トポロジを決定する、OSI リンクステート階層型ルーティング プロトコル。

LDP :Label Distribution Protocol(ラベル配布プロトコル)。ラベルとネットワーク プレフィクスの間のバインディングを配布することによって、MPLS ホップバイホップ転送をサポートするプロトコル。このプロトコルのシスコ独自のバージョンは、Tag Distribution Protocol(TDP; タグ配布プロトコル)です。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。2 つのルータ間に設定された接続。この接続では、パケットを伝送するために MPLS が使用されます。LSP は 1 つまたは複数のラベル スイッチド ホップを連結して作成され、ある MPLS ノードから別の MPLS ノードに、ラベルをスワップしてパケットを転送できます。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ネットワークを介してパケット(フレーム)を転送する方式。MPLS により、ネットワークのエッジにあるルータはラベルをパケット(フレーム)に適用できます。ネットワーク コア内の ATM スイッチまたは既存のルータは、ラベルに従ってパケットを切り替えることができます。

OSPF :Open Shortest Path First。ルーティングに使用されるリンクステート ルーティング プロトコル。

PLR :Point of Local Repair(ローカル修復ポイント)。バックアップ トンネルのヘッドエンド。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。IP ネットワークのリソースの予約をサポートするプロトコル。IP エンド システムで実行されているアプリケーションは、RSVP を使用して、受信するパケット ストリームの特性(帯域幅、ジッタ、最大バーストなど)を他のノードに示すことができます。

TE :Traffic Engineering(トラフィック エンジニアリング)。ネットワーク上で、標準的なルーティング方法が使用された場合に選択されるパスとは異なるパスを経由してトラフィックがルーティングされるようにするために使用する技術やプロセス。

インスタンス :特定のルータ インターフェイス アドレスおよびリモート IP アドレスに対して RSVP Hello 拡張機能を実装するメカニズム。アクティブな Hello インスタンスは、定期的に Hello Request メッセージを送信し、応答として Hello ACK メッセージを予期します。予期されている ACK メッセージを受信できない場合、アクティブな Hello インスタンスは、そのネイバー(リモートの IP アドレス)が到達不能である(つまり失われている)ことを宣言します。これにより、このネイバーを通過する LSP の高速リルートが行われることがあります。

グレースフル リスタート :ノード障害の発生後にネイバー ルート プロセッサを再起動するためのプロセス。

高速リルート :リンク障害およびノード障害から MPLS Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)LSP を保護するためのメカニズム。障害ポイントで LSP をローカルに修復することによって、ヘッドエンド ルータがエンドツーエンド LSP を確立してそれらを置き換えようとしたときにデータのフローを継続できるようになります。FRR は、障害が発生したリンクまたはノードをバイパスするバックアップ トンネルを介してリルートすることによって、保護されている LSP をローカルに修復します。

自律システム :同じルーティング プロトコルを共有し、同じシステム管理者の管理下にあるネットワークの集合。

ステート :ルータが各 LSP に関して保守する必要のある情報。この情報は、トンネルをリルートする場合に使用されます。

テールエンド :LSP が終端するルータ。これは、LSP のパス上の最後のルータです。

トポロジ :企業ネットワーキング構造内のネットワーク ノードおよびメディアの物理的な配置。

トンネル :2 つのピア(2 つのルータなど)の間のセキュアな通信パス。

バックアップ トンネル :リンクまたはノードの障害発生時に他の(プライマリ)トンネルのトラフィックを保護するために使用される MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル。

ヘッドエンド :特定の LSP の起点となり、その LSP を管理するルータ。これは、LSP パス上の最初のルータです。

マージ ポイント :バックアップ トンネルの終端。

ラベル :スイッチング ノードに対してデータの転送方法(パケットまたはセル)を指示する短い固定長のデータ ID。

このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

© 2004-2009 Cisco Systems, Inc.
All rights reserved.

Copyright © 2004-2011, シスコシステムズ合同会社.
All rights reserved.