マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE
MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE

この章の構成

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の前提条件

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の制約事項

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の概要

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル

マルチエリア ネットワーク設計

高速リルート

ASBR ノード保護

ルーズ パス再最適化

ASBR 強制リンク フラッディング

リンク フラッディング

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の設定方法

ルーズ ホップの設定

Inter-AS リンクを通過するトンネルでの明示パスの設定

リモート ASBR に到達するルートの設定

MP から PLR へのスタティック ルートの設定

ASBR 強制リンク フラッディングの設定

2 つの ASBR 間のパッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定

ASBR を通過する LSP の作成

リンクでの複数のネイバーの設定

Inter-AS TE 設定の確認

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の設定例

ルーズ ホップの設定:例

Inter-AS リンクを通過するトンネルでの明示パスの設定:例

IP ルーティング テーブル内のリモート ASBR に到達するルートの設定:例

MP から PLR へのスタティック ルートの設定:例

ASBR 強制リンク フラッディングの設定:例

パッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定:例

ASBR を通過する LSP の作成:例

リンクでの複数のネイバーの設定:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE 機能は、Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)ノード保護、ルーズ パス再最適化、ルーズ ホップが含まれる Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)の Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)回復、ASBR 強制リンク フラッディング、Interautonomous System(Inter-AS; 相互自律システム)用の Cisco IOS Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)ローカル ポリシー拡張機能、およびネイバー単位のキーを提供します。

ASBR ノード保護:エリア間および Inter-AS TE Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)を Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)または ASBR の障害から保護します。

ルーズ パス再最適化:Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルの LSP が、トンネル ヘッドエンド ルータのトポロジ データベース内にないホップ、つまり、同じ Open Shortest Path First(OSPF)エリア、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)レベル、またはトンネルのヘッドエンド ルータとしての自律システムのいずれにもないホップを通過できるようにします。

ルーズ ホップ回復:ルーズ ホップが含まれる LSP の SSO 回復をサポートします。

ASBR 強制リンク フラッディング:他のドメイン内の情報がヘッドエンド ルータに使用可能でないときに、LSP が境界を越えて別のドメインに入れるようにします。

Inter-AS 用の Cisco IOS RSVP ローカル ポリシー拡張機能:ネットワーク管理者は、複数の自律システムにわたって機能する TE トンネルに対して、管理されたポリシーを作成できます。

ネイバー単位のキー:ネイバー単位で暗号化認証を実施できます。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている特定の機能に関する説明へのリンク、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の機能情報」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の前提条件

MPLS をイネーブルにする。

ルータ上で TE を設定する。

ネットワークが次の Cisco IOS 機能をサポートしていることを確認する。

MPLS

シスコ エクスプレス フォワーディング

IS-IS または OSPF

ルーズ パス再最適化を行う場合、次の設定方法を知っておく。

MPLS TE トンネルの IP 明示パス

ルーズ ホップ

エリア間トンネルおよび Inter-AS トンネル

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の制約事項

ルーズ パス再最適化

ミッドポイント再最適化はサポートされない。

ASBR 強制リンク フラッディング

ヘッドエンド ルータで認識されている(および、LSP のパスの計算時に制約として使用される)TE メトリックおよびアフィニティ アトリビュートは、現在シグナリングされない。このため、Explicit Router(ERO)展開では、これらの制約が考慮されません。

自律システム内の各ノードには、それぞれ固有のルータ ID が必要である。

リンク上に設定されたルータ ID は、自律システム内のルータ ID と競合できない。

リンクの強制リンク フラッディングが設定されている場合、リンクのネイバーは通常の Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)アップデートからの情報を学習しない。リンクがリンク上の IGP によってネイバーの情報をすでに学習している場合、そのリンクをパッシブとして設定することはできません。このため、リンクの強制フラッディングを設定する場合は、ノードでそのリンク上にネイバーが存在していないことを確認してください。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の概要

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE 機能を設定するには、次の概念を理解する必要があります。

「MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル」

「マルチエリア ネットワーク設計」

「高速リルート」

「ASBR ノード保護」

「ルーズ パス再最適化」

「ASBR 強制リンク フラッディング」

「リンク フラッディング」

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル

MPLS TE を使用すると、ネットワーク全体にわたる LSP を構築し、そのネットワークを介してトラフィックを転送できます。

(TE トンネルとも呼ばれる)MPLS TE LSP を使用すると、TE トンネルのヘッドエンドによって、そのトラフィックが特定の宛先に到達するために使用するパスを制御できます。この方式は、宛先アドレスだけに基づいてトラフィックを転送する方式よりも柔軟性が高くなります。

エリア間トンネルを使用すると、次の操作を実行できます。

エリア間に TE トンネルを構築する(エリア間トンネル)。

1 台のルータ上で、同じエリア内に起点と終点を持つ TE トンネルを複数のエリアに構築する(エリア内トンネル)。

トンネルの重要性には差があります。たとえば、Voice over IP(VoIP)トラフィックを伝送するトンネルと、データ トラフィックを伝送するトンネルが、同じリソースに対して競合する場合があります。または、単に、データ トンネル自体の重要性に差がある場合もあります。MPLS TE を使用すると、一部のトンネルが他のトンネルをプリエンプトするように設定できます。各トンネルにはプライオリティがあり、重要性の高いトンネルが重要性の低いトンネルよりも優先されます。

マルチエリア ネットワーク設計

複数の IGP エリアおよびレベルにわたって MPLS TE トンネルを確立できます。トンネルのヘッドエンド ルータとテールエンド ルータを同じエリアに配置する必要はありません。IGP は、IS-IS か OSPF のいずれかです。

エリア間トンネルを設定するには、 next-address loose コマンドを使用して、ヘッドエンド ルータ上に、LSP が通過する各 ABR を識別する、LSP のルーズにルーティングされた明示パスを指定します。指定した明示パス上のヘッドエンド ルータと ABR は、ルーズ ホップを展開し、それぞれが次の ABR またはトンネル宛先へのパス セグメントを計算します。

高速リルート

MPLS Fast Reroute(FRR; 高速リルート)は、リンク、Shared Risk Link Group(SRLG; 共有リスク リンク グループ)、およびノードの障害から TE LSP を保護するための、高速回復ローカル保護の手法です。リンク、ノード、または SRLG の障害から保護するために、(バックアップ LSP と呼ばれる)1 つ以上の TE LSP を事前に設定しておきます。障害が発生した場合、障害が発生したリソースを通過する保護対象の TE LSP が、それぞれ適切なバックアップ トンネルにリルートされます。

バックアップ トンネルは、次の要件を満たしている必要があります。

バックアップ トンネルは、その保護対象の要素を通過することはできない。

バックアップ トンネルは、少なくとも 2 つのノード(Point of Local Repair(PLR; ローカル修復ポイント)と Merge Point(MP; マージ ポイント))でプライマリ トンネルと交差する必要がある。PLR は、バックアップ トンネルのヘッドエンド LSR にする必要があります。MP は、バックアップ トンネルのテールエンド LSR にする必要があります。PLR は、リンク、ノード、または SRLG の障害が発生したときに FRR がトリガーされるポイントです。

Inter-AS トンネルに対して FRR 保護を実行できるのは、バックアップ トンネルのマージ ポイントがパケットを PLR のバックアップ トンネルの出力インターフェイスにルーティングできる場合だけです。スタティック ルートを設定することも、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)を設定して、バックアップ トンネルの出力インターフェイスを他の自律システムにエクスポートすることもできます。

優先リンクがパッシブ リンクの場合は、アドミニストレイティブウェイトを割り当てる必要があります。アドミニストレイティブ ウェイトを割り当てるには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで mpls traffic-eng administrative-weight コマンドを使用します。

各ルータを、グローバル コンフィギュレーション モードで mpls traffic-eng reoptimize events link-up コマンドを使用して設定する必要があります。

ASBR ノード保護

MP と PLR は異なる IGP を持つ別々の自律システム内に配置されるため、ASBR を通過する TE LSP には、特殊な保護メカニズム(ASBR ノード保護)が必要です。

PLR は、プライマリ トンネルの Record Route Object(RRO)を検証して、RRO 内に指定されているアドレスのいずれかがバックアップ トンネルの宛先と一致しているかどうかを調べます。これにより、確実にバックアップ トンネルが MP でプライマリ トンネルと交差するようにしています。

RRO IPv4 および IPv6 サブオブジェクト内に指定するアドレスは、ノード ID およびインターフェイスのアドレスにできます。トラフィック エンジニアリング RFC 3209 では、ルータ アドレスまたはインターフェイス アドレスを使用できることを規定していますが、発信パス メッセージのインターフェイス アドレスの使用を推奨しています。このため、図 1 では、ルータ R2 は、プライマリ トンネル(T1)とバックアップ トンネルの resv メッセージとともに伝送される RRO オブジェクト内におそらくインターフェイス アドレスを指定しています。

ノード ID を使用すると、PLR は、resv RRO 内のノード ID をバックアップ トンネルの宛先と比較することにより、適切なバックアップ トンネルを選択できます。

RSVP メッセージを適切なピア(たとえば、resv メッセージ)にルーティングして転送する必要がある場合、その RSVP メッセージを送達するために MP から PLR に戻るためのルートが必要です。resv メッセージを送達するために、MP に、PLR バックアップ トンネルの発信インターフェイスへのルートが必要です。このため、MP から PLR へのスタティック ルートを設定する必要があります。設定手順については、「MP から PLR へのスタティック ルートの設定」を参照してください。

図 1 は、ASBR ノード保護を示しています。ルータ R4 は、R2-R3-R5-R6 からのバックアップ トンネルを使用してノード保護が設定されています。

図 1 ASBR ノード保護

 

この設定では、IP アドレスは次のようになっています。

R1:Loopback0 10.10.0.1

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.1.1 が R2 イーサネット 0 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.2.1 が R3 イーサネット 1 に接続されています。

R2:Loopback0 10.10.0.2

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.1.2 が R1 イーサネット 0 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.3.1 が R3 イーサネット 1 に接続されています。

シリアル 2:IP アドレス 10.10.4.1 が R4 シリアル 2 に接続されています。

R3:Loopback0 10.10.0.3

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.2.2 が R1 イーサネット 1 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.3.2 が R2 イーサネット 1 に接続されています。

シリアル 2:IP アドレス 10.10.5.1 が R5 シリアル 2 に接続されています。

R4:Loopback0 10.10.0.4

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.7.1 が R6 イーサネット 0 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.6.1 が R5 イーサネット 1 に接続されています。

シリアル 2:IP アドレス 10.10.4.2 が R2 シリアル 2 に接続されています。

R5:Loopback0 10.10.0.5

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.8.1 が R6 イーサネット 0 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.6.2 が R4 イーサネット 1 に接続されています。

シリアル 2:IP アドレス 10.10.5.2 が R3 シリアル 2 に接続されています。

R6:Loopback0 10.10.0.6

イーサネット 0:IP アドレス 10.10.7.2 が R4 イーサネット 0 に接続されています。

イーサネット 1:IP アドレス 10.10.8.2 が R5 イーサネット 1 に接続されています。

図 1 では、次のような状況になっています。

ルータ R1、R2、および R3 は、AS 100 内にある。R1-R2 リンクと R1-R3 リンクは、OSPF エリア 1 内にあります。

ルータ R4、R5、および R6 は、AS200 内にある。R4-R6 リンクと R5-R6 リンクは、OSPF エリア 2 内にあります。

リンク R2-R3 は AS100 内にあり、リンク R4-R5 は AS200 内にある。リンク R2-R3 とリンク R4-R5 は、OSPF エリア 0 内にあります。

リンク R2-R4 とリンク R3-R5 は、AS100 と AS200 の間の Inter-AS 境界を越えるため、IGP を実行していない。これらのリンクでは IGP が実行されていないため、FRR が機能するには、パッシブ インターフェイスごとにアドミニストレイティブ ウェイトを設定する必要があります。インターフェイス コンフィギュレーション モードで mpls traffic-eng administrative-weight コマンドを使用してください。

R1-R2-R4-R6 を通過するプライマリ トンネル(トンネル 100)が存在する。

R2-R3-R5-R6 を通過するバックアップ トンネル(トンネル 102)が存在する。

R6-R5-R3-R1 を通過する、トンネル 100 のデータ トラフィックを戻すための TE トンネル(トンネル 101)が存在する。

R6-R5-R3-R2 を通過する、トンネル 102 のデータ トラフィックを戻すための TE トンネル(トンネル 103)が存在する。

すべてのトンネルの明示パスがルーズ ホップを使用する。

R2-R4 リンクは、R2 と R4 の両方の IGP でリンク フラッディングするように設定されている。R3-R5 リンクは、R3 と R5 の両方の IGP でリンク フラッディングするように設定されている。

ルータ R2 は、次のことが確実になるように設定する必要があります。

バックアップ トンネルが MP でプライマリ トンネルと交差し、有効な MP アドレスを持つ。図 1 では、R2 が、トンネル 100 とバックアップ トンネル 102 が MP ノード R6 を共有することを決定する必要があります。

バックアップ トンネルが帯域幅保護のためのプライマリ LSP の要求を満たしている。たとえば、障害発生時にプライマリ トンネルに対して保証される帯域幅の大きさや、保護のタイプ(リンク障害よりもノード障害に対して保護することが推奨される)などです。

RRO でのノード ID シグナリング

ASBR ノード保護には、ノード ID フラグ(0x20)が含まれます。これは、ノード ID サブオブジェクトとも呼ばれます。このフラグが設定されている場合、resv メッセージ内の RRO オブジェクトの中に指定されているアドレスがノード ID アドレスであることを示します。ノード ID アドレスは、トラフィック エンジニアリング ルータ ID を参照します。

1 つのノードは、常に RRO 内の同じアドレスを使用する必要があります(つまり、IPv4 と IPv6 のいずれか一方だけを使用する必要があります)。

すべてのホップを表示するには、ヘッドエンド ルータ上で次のコマンドを入力します。サンプル コマンド出力は次のとおりです。

Router(config)# show ip rsvp reservations detail
 
Reservation:
Tun Dest: 10.10.0.6 Tun ID: 100 Ext Tun ID: 10.10.0.1
Tun Sender: 10.10.0.1 LSP ID: 31
Next Hop: 10.10.1.2 on Ethernet0/0
Label: 17 (outgoing)
Reservation Style is Shared-Explicit, QoS Service is Controlled-Load
Average Bitrate is 10K bits/sec, Maximum Burst is 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size: 0 bytes
RRO:
10.10.0.2/32, Flags:0x29 (Local Prot Avail/to NNHOP, Is Node-id)
10.10.4.1/32, Flags:0x9 (Local Prot Avail/to NNHOP)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 17
10.10.0.4/32, Flags:0x20 (No Local Protection, Is Node-id)
10.10.7.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 17
10.10.0.6/32, Flags:0x20 (No Local Protection, Is Node-id)
10.10.7.2/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 0
Resv ID handle: 0100040E.
Status:
Policy: Accepted. Policy source(s): MPLS/TE
 

フィールドの説明については、『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』を参照してください。

ノード ID サブオブジェクトの追加

高速リルート可能な LSP がシグナリングされると、次の処理が行われます。

LSR で、resv メッセージ内にノード ID サブオブジェクトと着信ラベル サブオブジェクトが追加される。

path メッセージ内に RRO オブジェクトがある場合、LSR で、resv メッセージ内に、ノード ID サブオブジェクト、インターフェイス アドレスを記録する RRO IPv4 サブオブジェクト、および着信ラベル サブオブジェクトが追加される。

ヘッドエンド LSR 上で record-route をイネーブルにすると、LSP のインターフェイス アドレスが、resv メッセージ内の RRO オブジェクトに追加されます。

record-route をイネーブルにするには、 record-route キーワードを使用して次のコマンドを入力します。

tunnel mpls traffic-eng record-route

ノード ID サブオブジェクトを使用した RRO の処理

ノード ID サブオブジェクトは、RECORD_ROUTE オブジェクトのラベル ルート サブオブジェクトの前に追加されます。RECORD_ROUTE がオンになっている場合、RRO オブジェクトには、ノード ID、インターフェイス アドレス、ラベルがこの順に含まれます。

マージ ポイント ロケーション

バックアップ トンネルの宛先は、MP のノード ID です。PLR は、バックアップ トンネルの宛先アドレスと、プライマリ トンネルの resv RRO に含まれているノード ID サブオブジェクトを比較することにより、MP および適切なバックアップ トンネルを検出できます。

IPv4 ノード ID サブオブジェクトと IPv6 ノード ID サブオブジェクトの両方が存在する場合、PLR は、そのいずれかまたは両方を使用して MP アドレスを検出できます。

下位互換性の決定

IPv4 ノード ID サブオブジェクトまたは RRO IPv6 ノード ID サブオブジェクトがサポートされていないノードとの互換性を保つために、ノードでは、これらのオブジェクトを無視できます。これらのノードを、エリア間トラフィック エンジニアリングまたは Inter-AS トラフィック エンジニアリングを使用したネットワーク内の MP にすることはできません。

ルーズ パス再最適化

エリア間 LSP および Inter-AS LSP

MPLS TE トンネルの LSP がヘッドエンド ルータのトポロジ データベース内にない(つまり、別の OSPF エリアまたは IS-IS レベルにある)ホップを通過する場合、LSP は エリア間 TE LSP と呼ばれます。

トンネルの LSP がトンネルのヘッドエンド ルータとは別の Autonomous System(AS; 自律システム)内にあるホップを通過する場合、LSP は Inter-AS TE LSP と呼ばれます。

エリア間 TE LSP と Inter-AS TE LSP は、ERO 内のルーズ ホップ サブオブジェクトを使用してシグナリングできます。ヘッドエンドではエリアの外側にあるホップについての「厳格(ストリクト)な」情報を持たないため、LSP のパスはヘッドエンドで「ルーズに」指定されます。これらのルーズ ホップ サブオブジェクトは、これらのサブオブジェクトを処理する、(情報を持つ)ダウンストリーム ルータに基づいて、ストリクト ホップに展開されます。

ルーズ ホップ設定

ヘッドエンド エリアの外側では、ホップをルーズ ホップとして設定します。通常、ABR およびトンネルのテールエンド ルータだけを指定しますが、他にも任意の組み合せを指定できます。

ルーズ ホップ展開

ルーズ ホップ展開とは、1 つの ERO ルーズ ホップ サブジェクトを 1 つ以上のストリクト ホップ サブオブジェクトに変換することです。

エリア間 TE LSP と Inter-AS TE LSP は、ERO 内のルーズ ホップ サブオブジェクトを使用してシグナリングできます。次のアドレスとしてルーズ ホップを持つ ERO が含まれる path メッセージをルータが受信すると、このルータでは、通常、1 つのルーズ ホップ サブオブジェクトを 1 つ以上のストリクト ホップ サブオブジェクトに変換することによって、ERO を展開します。通常、ルータのトポロジ データベース内には、ルーズ ホップに到達するための最良の方法に関する情報があり、Constraint-based Shortest Path First(CSPF)を使用してこのパスを計算します。このため、ルータでは、ERO 内に見つかったルーズ ホップ サブオブジェクトを、より詳細なこの情報に置き換えます。このプロセスは、ルーズ ホップ展開または ERO 展開と呼ばれます。

ルーズ ホップ展開は、LSP のパス上の 1 つ以上のホップで実行できます。このプロセスは、ルーズ パス再最適化と呼ばれます。

トンネル再最適化手順

トンネル再最適化は、TE トンネルが現在使用している LSP よりも適切な LSP(たとえば、長さが短い、コストが低いなど)をシグナリングし、この新しい LSP を使用するようにトンネルのデータを切り替えることです。

常に、より適切な新しい TE LSP が確立され、元の LSP が切断される前に、データがその LSP に移動されます(このため、これは「make before break」手順と呼ばれます)。これにより、新しい LSP に移行するときに、データ パケットが失われないようにできます。

トンネル再最適化を行うために必要な条件は、次のとおりです。

各ルータが mpls traffic-eng reoptimize events link-up コマンドを使用して設定されている。

各パッシブ リンクにアドミニストレイティブ ウェイトが割り当てられている。アドミニストレイティブ ウェイトを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで mpls traffic-eng administrative-weight コマンドを使用します。

TE LSP 再最適化プロセスは、次の場合にトリガーされます。

(タイマーに基づいて)定期的に。

ユーザが再最適化を要求するコマンド( mpls traffic-eng reoptimize )を入力した。

リンクアップなどのネットワーク イベントが発生した。

再最適化がトリガーされる方法に関係なく、ヘッドエンド ルータによってトンネルが再最適化されるのは、トンネルが現在使用しているパスよりも適切なパスが見つかった場合だけです。より適切なパスがローカル トポロジ データベース内に存在しない場合、新しい LSP はシグナリングされず、再最適化は行われません。

ルーズ パス再最適化が追加される前は、ヘッドエンド エリアの外側のエリアにより適切なパスがあっても、エリア間 TE LSP は再最適化されませんでした。これは、より適切なパスが、ヘッドエンド ルータによって認識される範囲外に存在する(つまり、ローカル トポロジ データベース内にない)場合に、そのパスを検出する機能がヘッドエンド ルータになかったためです。

ルーズ パス再最適化が追加されたため、トンネルのヘッドエンドは、LSP が複数のエリア、レベル、または自律システムにわたっていても、LSP を再最適化できます。このことは、 draft-vasseur-mpls-loose-path-reopt-02.txt で定義されているクエリーおよび応答を実装することによって行われます。このドラフトには、トンネルのヘッドエンドがダウンストリーム ルータを照会してこのトンネルの LSP の ERO 展開を実行するときに使用するプロトコルが定義されています。これらのダウンストリーム ルータでは、使用されているパスよりも適切なパスが見つかると、肯定応答を返します(このことは、新しい ERO 展開を介して行われます)。ヘッドエンドは、クエリーに対する肯定応答を受信すると、トンネルの新しい LSP をシグナリングします。新しい LSP では、より適切なパスを使用して新しい ERO 展開を実行することによるメリットを得ることができます。

ルーズ パス再最適化はデフォルトで有効になっており、ディセーブルにできません。LSP 再最適化を試行しても、ヘッドエンドがより適切なパスを見つけることができず、かつ、LSP にルーズな ERO サブオブジェクトが含まれている場合は、ダウンストリーム ルータがより適切なパスを見つけることができるかどうかを判別するためのクエリーがダウンストリーム送信されます。肯定応答が返された場合、LSP は再最適化されます。つまり、(より適切なパスを通過する)新しい LSP がシグナリングされると、トンネルのデータ パケットが、この新しい LSP を使用するように切り替えられ、元の LSP は切断されます。

このクエリーおよび応答のプロトコルの詳細については、 draft-vasseur-mpls-loose-path-reopt-02.txt を参照してください。

ASBR 強制リンク フラッディング

インターフェイス上に強制リンク フラッディングを設定すると、MPLS TE リンク管理モジュールによって、そのリンクがすべてのノードにアドバタイズされます。このアドバタイズメントの結果、Inter-AS 内のすべてのノード上の TE トポロジ データベースが、この情報でアップデートされます。

ASBR 強制リンク フラッディングを使用すると、これらのリンク上で IGP 隣接が実行されていなくても、リンクをアドバタイズできます。IP 明示パス内に exit ASBR がなくても、TE LSP は、BGP(またはスタティック ルート)を実行している 2 つのノード間のこれらのリンクを、ネットワークのエッジで通過できます。このため、ヘッドエンド LSR は、TE LSP パスを計算する際に、そのリンクを考慮できます。

ASBR 強制リンク フラッディングの設定

ASBR 強制リンク フラッディングをアクティブにするには、リンクをパッシブとして設定し、ネイバー情報(つまり、ネイバー IGP ID およびネイバー TE ID)を指定します。必要な設定作業については、「MP から PLR へのスタティック ルートの設定」を参照してください。

リンク フラッディング

ASBR のインターフェイス上には、パッシブ リンクが設定されています。このリンクは、ASBR の IGP でフラッディングされます。すべてのリンクは、ポイントツーポイント リンクとしてフラッディングされます。

フラッディング通知は、リンクのプロパティが変更された場合にも送信されます。

OSPF フラッディング

OSPF は、不透明な Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)タイプ 10 リンク情報をフラッディングします。

マルチアクセス リンクに複数のネイバーが存在する場合、ネイバーごとにタイプ 10 LSA がアドバタイズされます。トポロジ データベース内では、ネイバーはポイントツーポイントのネイバー関係で表されています。

Link TLV

Link TLV は単一のリンクを記述するもので、複数のサブ TLV を含みます。

不透明 LSA には、単一の Link TLV が含まれます。

ASBR から ASBR へのリンクごとに、ASBR は、リンクのアトリビュートを持つ 1 つの Link TLV が含まれる不透明 LSA をフラッディングする必要があります。

Link TLV は、次のサブ TLV で構成されます。

リンク タイプ(1 オクテット):(必須)リンクのタイプを定義します。パッシブ インターフェイスのリンク タイプは、常に 1(ポイントツーポイント)となります。マルチアクセス サブネットワークの場合も同様です。

リンク ID(4 オクテット):(必須)ポイントツーポイント リンクのもう一方のリンクのエンドを識別します。ネイバーのシステム ID が含まれます。マルチアクセスの ASBR から ASBR へのリンクの場合は、スタティック設定が必要となります。ネイバーのシステム ID が含まれます。

ローカル インターフェイス IP アドレス(4 オクテット):このリンクに対応するネイバーのインターフェイスの IP アドレスを指定します。

リモート インターフェイス IP アドレス(4 オクテット):このリンクに対応するネイバーのインターフェイスの IP アドレスを指定します。リモート インターフェイス IP アドレスは、ネクストホップのルータ ID に設定されます。ASBR から ASBR へのリンクには、スタティック設定が存在する必要があります。

トラフィック エンジニアリング メトリック(4 オクテット)

最大帯域幅(4 オクテット)

最大予約可能帯域幅(4 オクテット)

非予約帯域幅(32 オクテット)

管理グループ(4 オクテット)

IS-IS TLV

IS-IS では、自律システム A1 でその LSP がフラッディングされると、A1 にシステム ID と擬似ノード番号が組み込まれます。

3 つの自律システムがマルチアクセス ネットワーク LAN に接続されている場合、各リンクはポイントツーポイント リンクであると見なされます。inter-ASBR リンクが Shortest Path First(SPF)ではなく CSPF によって考慮されるように、リンクは最大メトリック値でマーキングされます。

TE では、プロトコル TLV タイプ 22 が使用されます。そのデータ構造は次のとおりです。

システム ID および擬似ノード番号ノード(7 オクテット)

デフォルト メトリック(3 オクテット)

サブ TLV の長さ(1 オクテット)

サブ TLV(0 ~ 244 オクテット)。各サブ TLV は、サブタイプ(1 オクテット)、サブ TLV の値フィールドの長さ(1 オクテット)、値(0 ~ 242 オクテット)がこの順に含まれます。

表 1 に、サブ TLV を定義します。

 

表 1 サブ TLV

サブ TLV
長さ(オクテット)
名前

3

4

管理グループ(カラー)。

6

4

メイン TLV により記述されたインターフェイスの IPv4 アドレス。

8

4

このリンク上のネイバー ルータの IPv4 アドレス。これは、ネクストホップのルータ ID に設定されます。

9

4

最大リンク帯域幅。

10

4

予約可能リンク帯域幅。

11

32

非予約帯域幅。

18

3

TE デフォルト メトリック。

250 ~ 254

--

シスコ固有の拡張機能用に予約済み。

255

--

将来の展開用に予約済み。


) TE ルータ ID は、TLV タイプ 134 です。


トポロジ データベース

トポロジ データベース モジュールは、Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)を受信すると、LSA をスキャンしてリンクのネイバーを検索します。ASBR リンクは同じ LSA の一部であり、他のリンクと同様に TE トポロジ データベースにインストールされます。

CSPF の動作中、TE ヘッドエンド モジュールは、TE トポロジ データベースを使用して宛先へのパスを検索します。Inter-AS リンクは TE トポロジ データベースの一部であるため、CSPF の動作では、LSP パスを計算するためにこれらのリンクが使用されます。

リンク フラッディング

IGP は、次のような場合にリンクの情報をフラッディングします。

リンクが停止した。

リンクの設定が変更された(たとえば、リンク コストが変更された)。

ルータの IGP 情報を定期的に再フラッディングするタイミングになった。

リンク帯域幅が大幅に変更された。

フラッディングは、IS-IS と OSPF で少し異なります。Type 10 LSA には単一のリンク アドバタイズメントが含まれているため、OSPF では、変更されたリンクの情報だけがフラッディングされます。IS-IS では、Type 22 TLV にルータ上のすべてのリンクのリストが含まれるため、ノード上のリンクの 1 つしか変更されていなくても、すべてのリンクの情報がフラッディングされます。

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の設定方法

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE を設定するための次の手順を示します。

「ルーズ ホップの設定」

「MP から PLR へのスタティック ルートの設定」

「ASBR 強制リンク フラッディングの設定」


) ルーズ パス再最適化の設定手順はありません。


ルーズ ホップの設定

ここでは、ルーズ ホップを設定するための次の手順について説明します。

「Inter-AS リンクを通過するトンネルでの明示パスの設定」(必須)

「リモート ASBR に到達するルートの設定」(必須)

Inter-AS リンクを通過するトンネルでの明示パスの設定

1 つのトンネルを複数のネットワークにまたがって設定する場合、次の手順を実行して、Inter-AS リンクを通過するトンネル上に明示パスを設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip explicit-path { name path-name | identifier number } [ enable | disable ]

4. next-address loose A.B.C.D

5. interface tunnel number

6. tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

7. mpls traffic-eng reoptimize events link-up

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip explicit-path { name path-name | identifier number } [ enable | disable ]

 

Router(config)# ip explicit-path identifier 2 enable

IP 明示パス用のサブコマンド モードを開始し、明示パスを作成または変更します。このコマンドによって、ルータは IP 明示パス コンフィギュレーション モードになります。

ステップ 4

next-address loose A.B.C.D

 

Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.2

明示パス内の次のルーズな IP アドレスを指定します。 next-address loose コマンド内で、パスが通過する各 Area Border Router(ABR; エリア境界ルータ)を指定する必要があります。このコマンドによって、ルータはグローバル コンフィギュレーション モードになります。

ステップ 5

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 100

トンネル インターフェイスを設定します。このコマンドによって、ルータはインターフェイス コンフィギュレーション モードになります。

ステップ 6

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルが、リンク障害発生時に、確立されたバックアップ トンネルを使用できるようにします。

ステップ 7

mpls traffic-eng reoptimize events link-up

 

Router(config)# mpls traffic-eng reoptimize events link-up

インターフェイスが動作を開始した時点で MPLS トラフィック エンジニアリングの自動再最適化をイネーブルにします。

リモート ASBR に到達するルートの設定

リモート ASBR に到達するルートを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip route prefix mask { ip-address | interface-type interface-number }

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip route prefix mask { ip-address | interface-type interface-number }

 

Router(config)# ip route 10.10.0.1 255.255.255.255 tunnel 101

スタティック ルートを確立します。

MP から PLR へのスタティック ルートの設定

異なる自律システムにわたって高速リルート保護をイネーブルにするには、次の手順を実行して、MP から PLR へのスタティック ルートを設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip route prefix mask ip-address outgoing-interface

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip route prefix mask ip-address outgoing-interface

 

Router(config)# ip route 10.10.3.1 255.255.255.255 10.0.0.0 FastEthernet0/0

スタティック ルートを確立します。

(注) このコマンドは、MP 上で入力してください。宛先は PLR です。

ASBR 強制リンク フラッディングの設定

ここでは、ASBR 強制リンク フラッディングを設定するための次の手順について説明します。

「2 つの ASBR 間のパッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定」(必須)

「ASBR を通過する LSP の作成」(必須)

「リンクでの複数のネイバーの設定」(任意)

2 つの ASBR 間のパッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定

2 つの ASBR 間にパッシブ インターフェイスとして Inter-AS リンクを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. ip address ip-address mask [ secondary ]

5. mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id te-router-id [ nbr-if-addr if-addr ] [ nbr-igp-id { isis sysid | ospf sysid }]

6. mpls traffic-eng administrative-weight weight

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot / port

 

Router(config)# interface serial 2/0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip address ip-address mask [ secondary ]

 

Router(config-if)# ip address 10.10.4.1 255.255.255.0

インターフェイスに対するプライマリ IP アドレスまたはセカンダリ IP アドレスを設定します。

ステップ 5

mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id te-router-id [ nbr-if-addr if-addr ] [ nbr-igp-id { isis sysid | ospf sysid }]

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.11.12 nbr-igp-id ospf 10.10.15.18

2 つの ASBR 間にパッシブ インターフェイスとしてリンクを設定します。

(注) Inter-AS リンク上に RSVP Hello を設定する場合、すべてのフィールドが必須です。

ステップ 6

mpls traffic-eng administrative-weight weight

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng administrative-weight 20

リンクの Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)アドミニストレイティブ ウェイトを上書きし、リンクに特定のウェイトを割り当てます。

ASBR を通過する LSP の作成

ASBR を通過する LSP を作成するには、次の手順を実行します。


) プライマリ LSP に対してステップ 3 ~ 7 を実行してから、バックアップ LSP に対して同様の手順を実行してください。


手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip explicit path name enable

4. next-address loose A.B.C.D

5. interface tunnel number

6. tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

7. tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit | { name path-name | path-number }} [ lockdown ]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip explicit path name enable

 

Router(config)# ip explicit path route1 enable

明示パスの名前を指定し、パスをイネーブルにします。

ステップ 4

next-address loose A.B.C.D

 

Router(config)# next-address loose 10.10.10.2

ルーズ ホップを設定します。

ステップ 5

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 100

トンネル インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルが、リンク障害発生時に、確立されたバックアップ トンネルを使用できるようにします。

ステップ 7

tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit | { name path-name | path-number }} [ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 route1

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルのパス オプションを設定します。

リンクでの複数のネイバーの設定

リンク上に複数のネイバーを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. mpls traffic-eng passive-interface [ nbr-te-id ] [ router-id | te-id ] [ nbr-igp-id ] [ isis sysid | ospf sysid ]

5. mpls traffic-eng administrative-weight weight

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot / port

 

Router(config)# interface serial 2/0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mpls traffic-eng passive-interface [ nbr-te-id ] [ router-id | te-id ] [ nbr-igp-id ] [ isis sysid | ospf sysid ]

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id ospf 10.10.0.4

リンクをパッシブ リンクとして設定します。

ステップ 5

mpls traffic-eng administrative-weight weight

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng administrative-weight 20

リンクの Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)アドミニストレイティブ ウェイトを上書きし、リンクに特定のウェイトを割り当てます。

トラブルシューティングのヒント

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE に関する問題のトラブルシューティングには、次の debug コマンドが役立ちます。


debug コマンドの詳細については、『Cisco IOS Debug Command Reference, Release 12.4』を参照してください。


TE LSP のヘッドエンドのデバッグ

debug mpls traffic-eng path lookup
debug mpls traffic-eng path verify
debug mpls traffic-eng path spf

ヘッドおよびミッドポイントのデバッグ(リンク関連のデバッグ)

debug mpls traffic-eng link-management igp-neighbors
debug mpls traffic-eng link-management advertisements
debug mpls traffic-eng link-management bandwidth-allocation
debug mpls traffic-eng link-management routing

Inter-AS TE 設定の確認

Inter-AS TE 設定を確認するには、次の手順を実行します。


) 高速リルートの準備ができているかどうかを確認する場合はステップ 1 を、高速リルートがアクティブかどうかを確認する場合はステップ 2 を実行します。


手順の概要

1. show ip rsvp sender detail

2. show ip rsvp sender detail

3. show mpls traffic-eng link-management advertisements

手順の詳細


ステップ 1 show ip rsvp sender detail

このコマンドを使用すると、高速リルートの準備ができている場合、プライマリ トンネルの MP 送信者が表示されます。

Router# show ip rsvp sender detail
 
PATH:
Tun Dest: 10.10.0.6 Tun ID: 100 Ext Tun ID: 10.10.0.1
Tun Sender: 10.10.0.1 LSP ID: 31
Path refreshes:
arriving: from PHOP 10.10.7.1 on Et0/0 every 30000 msecs
Session Attr:
Setup Prio: 7, Holding Prio: 7
Flags: (0x7) Local Prot desired, Label Recording, SE Style
session Name: R1_t100
ERO: (incoming)
10.10.7.2 (Strict IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
10.10.0.6 (Strict IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
RRO:
10.10.7.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
10.10.4.1/32, Flags:0x9 (Local Prot Avail/to NNHOP) !Available to NNHOP
10.10.1.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Traffic params - Rate: 10K bits/sec, Max. burst: 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size 4294967295 bytes
Fast-Reroute Backup info:
Inbound FRR: Not active
Outbound FRR: No backup tunnel selected
Path ID handle: 50000416.
Incoming policy: Accepted. Policy source(s): MPLS/TE
Status: Proxy-terminated

 

ステップ 2 show ip rsvp sender detail

このコマンドを使用すると、プライマリ トンネルの高速リルートがアクティブになっている場合、MP 送信者が表示されます。

Router# show ip rsvp sender detail
 
PATH:
Tun Dest: 10.10.0.6 Tun ID: 100 Ext Tun ID: 10.10.0.1
Tun Sender: 10.10.0.1 LSP ID: 31
Path refreshes:
arriving: from PHOP 10.10.3.1 on Et1/0 every 30000 msecs
Session Attr:
Setup Prio: 7, Holding Prio: 7
Flags: (0x7) Local Prot desired, Label Recording, SE Style
Session Name: R1_t100
ERO: (incoming)
10.10.0.4 (Strict IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
10.10.0.6 (Loose IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
RRO:
10.10.3.1/32, Flags:0xB (Local Prot Avail/In Use/to NNHOP) !Ready
10.10.1.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Traffic params - Rate: 10K bits/sec, Max. burst: 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size 4294967295 bytes
Fast-Reroute Backup info:
Inbound FRR: Active
Orig Input I/F: Et0/0
Orig PHOP: 10.10.7.1
Now using Bkup Filterspec w/ sender: 10.10.3.1 LSP ID: 31
Outbound FRR: No backup tunnel selected
Path ID handle: 50000416.
Incoming policy: Accepted. Policy source(s): MPLS/TE
Status: Proxy-terminated
 

ステップ 3 show mpls traffic-eng link-management advertisements

このコマンドを使用すると、パッシブ リンクの影響が表示されます。R2 では、R4 へのパッシブ リンクは、リンク ID:: 1 セクション内にあります。

Router# show mpls traffic-eng link-management advertisements
 
Flooding Status: ready
Configured Areas: 2
IGP Area[1] ID:: ospf 1 area 0
System Information::
Flooding Protocol: OSPF
Header Information::
IGP System ID: 10.10.0.2
MPLS TE Router ID: 10.10.0.2
Flooded Links: 2
Link ID:: 1
Link Subnet Type: Point-to-Point
Link IP Address: 10.10.4.1
IGP Neighbor: ID 0-0-0-0-0-0-0, IP 10.10.0.4
Physical Bandwidth: 1544 kbits/sec
Res. Global BW: 1158 kbits/sec
Res. Sub BW: 0 kbits/sec
Downstream::
Global Pool Sub Pool
----------- ---------
Reservable Bandwidth[0]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[1]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[2]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[3]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[4]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[5]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[6]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[7]: 1148 0 kbits/sec
Attribute Flags: 0x00000000
IGP Area[1] ID:: ospf 1 area 1
System Information::
Flooding Protocol: OSPF
Header Information::
IGP System ID: 10.10.0.2
MPLS TE Router ID: 10.10.0.2
Flooded Links: 2
Link ID:: 1
Link Subnet Type: Point-to-Point
Link IP Address: 10.10.4.1
IGP Neighbor: ID 0-0-0-0-0-0-0, IP 10.10.0.4
Physical Bandwidth: 1544 kbits/sec
Res. Global BW: 1158 kbits/sec
Res. Sub BW: 0 kbits/sec
Downstream::
Global Pool Sub Pool
----------- -----------
Reservable Bandwidth[0]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[1]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[2]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[3]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[4]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[5]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[6]: 1158 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[7]: 1148 0 kbits/sec
Attribute Flags: 0x00000000


 

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の設定例

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の次の設定例を示します。

「ルーズ ホップの設定:例」

「MP から PLR へのスタティック ルートの設定:例」

「ASBR 強制リンク フラッディングの設定:例」

Inter-AS リンクを通過するトンネルでの明示パスの設定:例

次のコマンドでは、Inter-AS TE を使用して ABR 10.10.0.2 および 10.10.0.4 を通過して宛先 10.10.10.6 に到達する場合のパス オプションとして適した、route1 という名前のルーズな IP 明示パスを設定しています。トンネル ヘッドエンドおよび指定された ABR は、送信元 AS100 から AS200 内の宛先 10.10.0.6 へのパスを検索します。図 1 を参照してください。

Router(config)# ip explicit-path name route1 enable
Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.2
Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.4
Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.6
 

エリア間 TE トンネルの明示パスが宛先ルータを指定する必要はありません。トンネル設定で、トンネル宛先コマンド内にそれが指定されているためです。次のコマンドでは、前の例で作成したエリア間トンネルに対して同様に機能する、path-without-tailend という名前の明示パスを設定しています。

 
Router(config)# ip explicit-path name path-without-tailend
Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.2
Router(cfg-ip-expl-path)# next-address loose 10.10.0.4

IP ルーティング テーブル内のリモート ASBR に到達するルートの設定:例

次の例では、ルータ ID が 10.10.0.1 である ASBR のパケットが、トンネル 101 を経由して転送されます。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# ip route 10.10.0.1 255.255.255.255 tunnel 101

MP から PLR へのスタティック ルートの設定:例

次の例では、MP から PLR へのスタティック ルートを設定しています。発信インターフェイスは、トンネル 103 です。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# ip route 10.10.3.1 255.255.255.255 tunnel 103

ASBR 強制リンク フラッディングの設定:例

ここでは、次の ASBR 強制リンク フラッディングの例を示します。

「パッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定:例」

「ASBR を通過する LSP の作成:例」

「リンクでの複数のネイバーの設定:例」

パッシブ インターフェイスとしての Inter-AS リンクの設定:例

この例については、図 1 を参照してください。

ルータ R2 と R4 のルータ ID は、次のとおりです。

ルータ R2:10.10.0.2

ルータ R4:10.10.0.4

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface serial 2/0

ネイバーも OSPF を実行している場合にルータ R2 で OSPF を設定する

Router(config-if)# mpls traffic-end passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4

) 両方のルータが OSPF を実行しているため、nbr-igp-id キーワードは指定していません。


ルータ R2 とそのネイバーの両方が OSPF を実行していることを指定する(nbr-igp-id キーワードが指定されている)

Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id ospf 10.10.0.4

ルータ R1 で IS-IS を設定する

Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id isis 40.0000.0002.0001.00

リンク上に複数のネイバーが指定されているときにネイバー IGP ID(nbr-igp-id)を設定する

Router(config-if)# mpls traffic-end passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id ospf 10.10.0.4
 
Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.7 nbr-igp-id ospf 10.10.0.7

リンクの内部ゲートウェイ プロトコル(IGP)アドミニストレイティブ ウェイトを上書きし、特定のウェイトを割り当てる

Router(config-if)# mpls traffic-eng administrative-weight 20
 

) ID は、各ネイバーで固有です。


パッシブ インターフェイスとしてリンクを設定する(グローバル TE コマンドを含む)

interface serial 2/0
ip address 10.10.4.1.255.255.255.0
mpls traffic-eng tunnels
mpls traffic-eng administrative-weight 10
mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id ospf 10.10.0.4
ip rsvp bandwidth 1000
mpls traffic-eng administrative-weight 20

ASBR を通過する LSP の作成:例

次の例では、プライマリ LSP が作成されます。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# ip explicit path route1 enable
Router(config)# next-address loose 10.10.0.2
Router(config)# next-address loose 10.10.0.4
Router(config)# next-address loose 10.10.0.6
Router(config)# interface tunnel 100
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast reroute
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 route1

 

次の例では、バックアップ LSP が作成されます。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# ip explicit path backpath1 enable
Router(config)# next-address loose 10.10.0.3
Router(config)# next-address loose 10.10.0.5
Router(config)# next-address loose 10.10.0.6
Router(config)# interface tunnel 102
Router(config)# mpls traffic-eng backup path tunnel 102
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 backpath1

リンクでの複数のネイバーの設定:例

次の例では、1 つのリンク上に複数のネイバーが存在します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface ethernet 2/0
Router(config-if)# mpls traffic-eng passive-interface nbr-te-id 10.10.0.4 nbr-igp-id ospf 10.10.0.4
Router(config-if)# mpls traffic-eng administrative-weight 20
 

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE 機能の関連資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS トラフィック エンジニアリング コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference』

高速リルート

『MPLS TE: Link and Node Protection, with RSVP Hellos Support (with Fast Tunnel Interface Down Detection)』

リンク フラッディングおよびノード保護

『MPLS Traffic Engineering: Interarea Tunnels』

IS-IS の設定作業

『Configuring a Basic IS-IS Network』

OSPF の設定作業

『Configuring OSPF』

IS-IS および OSPF コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS IP Routing Protocols Command Reference』

RSVP

『RSVP Message Authentication』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 3209

『Extensions to RSVP for LSP Tunnels』

draft-ietf-mpls-rsvp-lsp-fastreroute-02.txt

『Fast Reroute Extensions to RSVP-TE for LSP Tunnels』

draft-vasseur-mpls-loose-path-reopt-02.txt

『Reoptimization of an Explicitly Loosely Routed MPLS TE Path』

draft-vasseur-mpls-inter-as-te-00.txt

『MPLS Inter-AS Traffic Engineering』

draft-ietf-mpls-soft-preemption-00.txt

『MPLS Traffic Engineering Soft Preemption』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。

Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

mpls traffic-eng passive-interface

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の機能情報

表 2 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco IOS ソフトウェア イメージは、Cisco IOS ソフトウェア リリース、機能セット、プラットフォームそれぞれに固有です。Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。 http://www.cisco.com/go/cfn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。


表 2 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 2 MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE

12.0(29)S
12.2(33)SRA
12.2(33)SRB
12.2(33)SXH
12.4(20)T

MPLS トラフィック エンジニアリング - Inter-AS TE 機能は、ASBR ノード保護、ルーズ パス再最適化、ルーズ ホップが含まれる LSP の SSO 回復、ASBR 強制リンク フラッディング、Inter-AS 用の Cisco IOS RSVP ローカル ポリシー拡張機能、およびネイバー単位のキーの機能を提供します。

この機能は、12.0(29)S で導入されました。

12.2(33)SRA で、 mpls traffic-eng passive-interface コマンドに nbr-if-addr キーワードが追加されました。

ルーズ ホップを含む LSP の SSO 回復のためのサポートは、12.2(33)SRB で追加されました。

この機能は、12.2(33)SXH で Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。

この機能は、12.4(20)T で Cisco IOS Release 12.4(20)T に統合されました。

用語集

ABR :Area Border Router(エリア境界ルータ)。2 つのエリアを接続するルータ。

ASBR :Autonomous System Boundary Router(自律システム境界ルータ)。ルータは、OSPF 自律システムと非 OSPF ネットワークの間に配置されます。ASBR は、OSPF と、RIP などの別のルーティング プロトコルの両方を実行します。ASBR は、非スタブ OSPF エリアに存在する必要があります。

BGP :Border Gateway Protocol(ボーダー ゲートウェイ プロトコル)。EGP に置き換わるドメイン間ルーティング プロトコル。BGP は、他の BGP システムと到達可能性情報を交換します。

IGP :Interior Gateway Protocol(内部ゲートウェイ プロトコル)。自律システム内でのルーティング情報の交換に使用されるインターネット プロトコル。一般的な IGP には、Interior Gateway Routing Protocol(IGRP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Routing Information Protocol(RIP)などがあります。

Inter-AS LSP :ヘッドエンドのトポロジ データベース内にないホップを通過する MPLS トラフィック エンジニアリング Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)(つまり、この LSP は、ヘッドエンドと同じ OSPF エリア、IS-IS エリア、または自律システムのいずれにも存在しません)。

IP 明示パス :IP アドレスのリスト。それぞれの IP アドレスは明示パス内のノードまたはリンクを表します。

IS-IS :Intermediate System-to-Intermediate System。DECnet Phase V ルーティングに基づいた OSI リンクステート階層型ルーティング プロトコル。Intermediate System(IS)ルータが、単一のメトリックに基づいてルーティング情報を交換して、ネットワーク トポロジを決定します。

LSA :Link-State Advertisement(リンクステート アドバタイズメント)。ネイバーおよびパスのコストに関する情報が含まれる、リンクステート プロトコルにより使用されるブロードキャスト パケット。LSA は、受信側ルータがそのルーティング テーブルを維持するために使用します。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。パケットの伝送に MPLS が使用される、2 台のルータ間に設定された接続。LSP は、1 つ以上のラベル スイッチド ホップを連結して作成されたパスです。これにより、MPLS ノードからのラベルを別の MPLS ノードにスワップして、パケットを転送できます。

MP :Merge Point(マージ ポイント)。1 つ以上のバックアップ トンネルが、障害が発生する可能性のあるダウンストリームにある保護対象 LSP のパスと再結合する LSR。1 つの LSR を MP と PLR の両方にできます。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ネットワーク コアにおいて使用されるパケット転送テクノロジー。これにより、スイッチング ノードにデータの転送方法を指示するためのデータ リンク層ラベルが適用されるため、ネットワーク レイヤ ルーティングで通常行われる転送よりも高速でスケーラブルな転送が行われます。

OSPF :Open Shortest Path First。IS-IS プロトコルから派生した、リンクステート階層型の内部ゲートウェイ プロトコル ルーティング アルゴリズム。OSPF 機能には、最小コストによるルーティング、マルチパスのルーティング、およびロード バランシングが含まれます。

PLR :Point of Local Repair(ローカル修復ポイント)。バックアップ トンネルのヘッドエンド LSR。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。カスタマーがインターネット サービスのために要求をシグナリング(予約をセットアップ)する際に使用する IETF プロトコル。これにより、カスタマーはそのネットワーク部分を経由してデータを伝送することを許可されます。

SPF :Shortest Path First。OSPF 操作の基礎として使用されるルーティング アルゴリズム。SPF ルータは、電源が投入されると、ルーティングプロトコル データ構造を初期化し、そのインターフェイスが動作している下位レイヤ プロトコルからの指示を待機します。

SRLG :Shared Risk Link Group(共有リスク リンク グループ)。(たとえば、基礎となるファイバが同じであるために)一緒に停止する可能性の高いリンクのセット。

TE :Traffic Engineering(トラフィック エンジニアリング)。ネットワーク上で、標準的なルーティング方法が使用された場合に選択されるパスとは異なるパスを経由してトラフィックがルーティングされるようにするために使用する技術やプロセス。

TLV :Type, Length, Value(タイプ、長さ、値)。Cisco Discovery Protocol アドバタイズメントに埋め込まれた情報のブロック。

インターフェイス :ネットワーク接続。

エリア :ネットワーク セグメント(たとえば、OSPF ベースのセグメント)とそれに接続されたデバイスの論理セット。エリアは通常、ルータによって他のエリアに接続されて、1 つの自律システムを構成します。OSPF と IS-IS では、エリアの定義方法が異なります。OSPF エリアの境界は、ルータによってマーキングされます。異なるエリアに、別々のインターフェイスが含まれます。IS-IS では、すべてのルータが完全に 1 つのエリア内にあり、エリア境界はルータ上でなくリンク上にあります。エリア同士を接続するルータは、レベル 2 のルータであり、別のエリアに直接接続されていないルータは、レベル 1 のルータです。

境界ルータ :プロバイダー ネットワークのエッジにあるルータ。拡張された BGP 手順を使用して、別のプロバイダーの境界ルータに接続されます。

高速リルート :リンク障害およびノード障害から MPLS Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)LSP を保護するためのメカニズム。障害ポイントで LSP をローカルに修復することによって、ヘッドエンド ルータがエンドツーエンド LSP を確立してそれらを置き換えようとしたときにデータのフローを継続できるようになります。FRR は、障害が発生したリンクまたはノードをバイパスするバックアップ トンネルを介してリルートすることによって、保護されている LSP をローカルに修復します。

自律システム :共通管理で共通のルーティング方針が共有される、ネットワークの集合。自律システムは、エリアごとに細分化されます。

シスコ エクスプレス フォワーディング :ルート参照情報を 1 つのルート キャッシュではなく複数のデータ構造に分けて保存することにより、ルータ内のパケットの転送を短時間で行うための手段。

テールエンド :LSP が終端するルータ。これは、LSP のパス上の最後のルータです。

転送隣接 :IS-IS または OSPF ネットワークへのトラフィック エンジニアリング リンク(または LSP)。

ノード :ネットワーク接続のエンドポイント、つまりネットワーク内の複数の回線に共通する接合部。複数のノードをリンクで相互接続することができます。これらのノードは、ネットワーク内のコントロール ポイントとなります。

バックアップ トンネル :リンクまたはノードの障害発生時に他の(プライマリ)トンネルのトラフィックを保護するために使用される MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル。

パッシブ リンク :2 つの ASBR 間のリンク上で IGP が実行されていない場合、トラフィック エンジニアリングでは、そのリンクに代わってリンク情報をフラッディングするように IGP に通知されます(つまり、そのリンクがアドバタイズされます)。

不透明な LSA :ルータは、LSA Type 10 リンク情報を認識している場合、ネットワークにわたってリンクのフラッディングを続行します。

フラッディング :スイッチおよびブリッジにより使用されるトラフィック通過手法。インターフェイス上で受信されたトラフィックは、最初に情報を受信したインターフェイスを除き、そのデバイスのすべてのインターフェイスから送信されます。

ヘッドエンド :特定の LSP の起点となり、その LSP を管理するルータ。これは、LSP パス上の最初のルータです。

ホップ :2 つのネットワーク ノード間(たとえば、2 つのルータ間)のデータ パケットの通路。

マルチキャスト :個別のパケットがネットワークによりコピーされ、ネットワーク アドレスの特定のサブセットに送信されます。これらのアドレスは、Destination アドレス フィールド内で指定します。(マルチキャストは、そのグループ アドレスという概念のために、同じデータを複数の受信者に送信するための効率的なパラダイムとなっています。これにより、受信者のグループがその単一アドレスをリッスンできます。)

ミッドポイント :特定の LSP の中継ルータ。

ミッドポイント再最適化 :中間点でヘッドエンドの再最適化をトリガーする機能。

リンク :隣接するノード間のポイントツーポイント接続。

隣接 :MPLS TE 転送隣接機能により、ネットワーク管理者は、トラフィック エンジニアリング Label-Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)トンネルを、Shortest Path First(SPF)アルゴリズムに基づいて、Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)ネットワーク内のリンクとして処理できます。転送隣接は、ネットワーク内でのルータのロケーションに関係なく、ルータとルータの間に作成できます。ルータとルータは、間に何個かホップを入れて配置できます。

ルータ :1 つまたは複数のメトリックを使用して、ネットワーク トラフィックを転送する最適なパスを決定するネットワーク レイヤ デバイス。ルータは、ネットワーク レイヤ情報に基づいて、ネットワーク間でパケットを転送します。