マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速 リルート リンクおよびノード保護
MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護

機能情報の確認

この章の構成

の前提条件

の制約事項

に関する情報

高速リルート

リンク保護

ノード保護

帯域幅保護

RSVP Hello

RSVP Hello の動作

Hello インスタンス

の機能

バックアップ トンネル サポート

バックアップ帯域幅保護

RSVP Hello

高速リルート操作

高速リルート アクティベーション

異なる宛先で終端するバックアップ トンネル

同じ宛先で終端するバックアップ トンネル

バックアップ トンネルの選択手順

帯域幅保護

制限付き帯域幅バックアップ トンネルのロード バランシング

制限なし帯域幅バックアップ トンネルのロード バランシング

プール タイプおよびバックアップ トンネル

トンネル選択のプライオリティ

帯域幅保護に関する考慮事項

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定方法

LSP 上での高速リルートのイネーブル化

ネクストホップまたはネクストネクストホップへのバックアップ トンネルの作成

保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て

バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプール タイプの関連付け

バックアップ帯域幅保護の設定

リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定

高速リルートの動作状態の確認

トラブルシューティングのヒント

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定例

すべてのトンネルに対する高速リルートのイネーブル化:例

NHOP バックアップ トンネルの作成:例

NNHOP バックアップ トンネルの作成:例

保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て:例

バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプールタイプの関連付け:例

バックアップ帯域幅保護の設定:例

リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定:例

RSVP Hello および POS シグナルの設定:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護機能は、リンク保護(Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)の単一リンクだけをバイパスするバックアップ トンネル)、ノード保護(LSP 上のネクストホップ ノードをバイパスするバックアップ トンネル)、および次の Fast Reroute(FRR; 高速リルート)機能を提供します。

バックアップ トンネル サポート

バックアップ帯域幅保護

Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)Hello

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

この章の構成

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の前提条件」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の制約事項」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護に関する情報」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定方法」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定例」

「その他の関連資料」

「コマンド リファレンス」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能情報」

「用語集」

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の前提条件

ネットワークが、次の Cisco IOS 機能をサポートしている必要があります。

IP シスコ エクスプレス フォワーディング

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)

ネットワークが、次のプロトコルの少なくとも 1 つをサポートしている必要があります。

Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)

Open Shortest Path First(OSPF)

FRR リンクおよびノードの保護を設定する前に、次の作業を完了していることが前提となります。ただし、MPLS Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルはまだ設定していなくてもかまいません。

関連するすべてのルータおよびインターフェイス上での MPLS TE のイネーブル化

MPLS TE トンネルの設定

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の制約事項

インターフェイスが MPLS グローバル ラベル割り当てを使用する必要があります。

draft-pan-rsvp-fastreroute-00.txt で説明されているように、バックアップ トンネルのヘッドエンドおよびテールエンドのルータが FRR を実装している必要があります。

バックアップ トンネルは保護されません。LSP がアクティブにバックアップ トンネルを使用している場合、バックアップ トンネルに障害が発生すると、LSP は切断されます。

バックアップ トンネルをアクティブに使用している LSP のプロモーションは考慮されません。LSP がアクティブにバックアップ トンネルを使用している場合、より適切なバックアップ トンネルが使用可能になっても、アクティブな LSP はそのバックアップ トンネルに切り替わりません。

Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)グレースフル リスタートもイネーブルになっているルータ上では、FRR Hello をイネーブルにすることができません。

(Release 12.2 にだけ該当)Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)冗長性も設定されているルータ上では、ホップ 1 回のプライマリ自動トンネル、バックアップ自動トンネル、または自動トンネル メッシュ グループをイネーブルにすることができません。この制約はあっても、ルータに SSO スイッチオーバーが発生した場合、TE 自動トンネルにより自動的に設定された MPLS TE トンネルは、LSP のパス上のミッドポイント ルータによって正常に回復されます。

LSP の FRR がアクティブになっている場合、Point of Local Repair(PLR; ローカル修復ポイント)ルータに SSO が発生すると、高速リルート可能な MPLS TE LSP は正常に回復できません。

ルータ上で Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)が発生した場合、スイッチオーバー プロセスが完了してからでないと、Fast Reroute(FRR; 高速リルート)は正常に完了できません。テスト環境においては、TE SSO 回復の完了を約 2 分間待ってから、手動で FRR をトリガーしてください。TE の SSO のステータスを確認するには、 show ip rsvp high-availability summary コマンドを使用します。HA ステート フィールドのステータスに注意してください。

SSO の完了処理中は、このフィールドに「Recovering」と表示される。

SSO プロセスが完了すると、このフィールドに「Active」と表示される。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護に関する情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護を設定するには、次の概念を理解する必要があります。

「高速リルート」

「リンク保護」

「ノード保護」

「帯域幅保護」

「RSVP Hello」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能」

「高速リルート操作」

高速リルート

Fast Reroute(FRR; 高速リルート)は、リンクおよびノードの障害から MPLS TE LSP を保護するためのメカニズムです。具体的には、障害ポイントの LSP をローカルに修復し、その LSP 上でのデータ フローを停止することなく、LSP のヘッドエンド ルータを新しく置き換えるエンドツーエンド LSP の確立を試行します。FRR は、保護対象 LSP を、障害が発生したリンクまたはノードをバイパスするバックアップ トンネル経由でリルートすることにより、LSP をローカルに修復します。

リンク保護

LSP のパスの単一リンクだけをバイパスするバックアップ トンネルが、リンク保護を提供します。パス上のリンクに障害が発生した場合、バックアップ トンネルは、LSP のトラフィックをネクストホップにリルートする(障害の発生したリンクをバイパスする)ことによって LSP を保護します。これらは、障害ポイントの向こう側にある LSP のネクストホップで終端するため、Next-Hop(NHOP; ネクストホップ)バックアップ トンネルと呼ばれます。図 1 に、NHOP バックアップ トンネルを示します。

図 1 NHOP バックアップ トンネル

 

ノード保護

FRR により、LSP に対するノード保護が提供されます。LSP パス上のネクストホップ ノードをバイパスするバックアップ トンネルは、LSP パスのネクストホップ ノードの次のノードで終端して、結果としてネクストホップ ノードをバイパスするため、Next-Next-Hop(NNHOP; ネクストネクストホップ)バックアップ トンネルと呼ばれます。LSP パス上のノードに障害が発生した場合は、NNHOP バックアップ トンネルが LSP を保護します。具体的には、障害のアップストリームにあるノードをイネーブルにして、障害の発生したノードの周囲の LSP とそのトラフィックをネクストネクストホップにリルートします。FRR では、ノード障害を短時間で検出できるように、RSVP Hello の使用がサポートされています。また、NNHOP バックアップ トンネルは、障害の発生したリンクおよびノードをバイパスするため、リンク障害からの保護も提供しています。

図 2 図 2に、NNHOP バックアップ トンネルを示します。

図 2 NNHOP バックアップ トンネル

 

LSP がバックアップ トンネルを使用している場合、何らかの変更によって LSP がバックアップ トンネルとして適切でなくなると、その LSP は切断されます。次のような変更がこれに該当します。

バックアップ トンネルのバックアップ帯域幅が縮小された。

バックアップ トンネルのバックアップ帯域幅タイプが、プライマリ LSP と互換性のないタイプに変更された。

プライマリ LSP が変更されたために、FRR がディセーブルになった( no mpls traffic-eng fast-reroute コマンドが入力された)。

帯域幅保護

NHOP および NNHOP バックアップ トンネルを使用すると、リルートされた LSP の帯域幅保護を提供できます。これは、バックアップ帯域幅と呼ばれます。バックアップ帯域幅は、NHOP または NNHOP バックアップ トンネルと関連付けることができます。これにより、特定のバックアップ トンネルで保護できるバックアップ帯域幅の大きさがルータに通知されます。ルータが LSP をバックアップ トンネルにマップするとき、帯域幅保護によって、十分なバックアップ帯域幅がある場合にだけ、指定されたバックアップ トンネルが使用されます。ルータは、最大限の帯域幅保護を提供するために、どの LSP がどのバックアップ トンネルを使用するかを選択します。つまり、ルータは、保護できる LSP の数が最大限になるような方法を、LSP をバックアップ トンネルにマップする最良の方法として決定します。トンネルのマッピングおよびバックアップ帯域幅の割り当てについては、「バックアップ トンネルの選択手順」を参照してください。

「bandwidth protection desired」ビットセットを持つ LSP は、帯域幅保護を提供するバックアップ トンネルの選択権限が大きくなります。つまり、これらの LSP は、そのビット セットを持たない他の LSP をプリエンプトできます。詳細については、「帯域幅保護されたバックアップ トンネルを取得する LSP のプライオリティ設定」を参照してください。

RSVP Hello

RSVP Hello の動作

RSVP Hello を使用すると、RSVP ノードは、ネイバー ノードが到達不能になった場合にそれを検出できます。これにより、ノードツーノードの障害検出が可能になります。このような障害が検出された場合、リンク層の通信障害のときと同様の方法で処理されます。

リンク層障害の通知が使用可能でない場合(たとえば、イーサネットなど)、またはリンク層により提供される障害検出メカニズムが十分でないためにノード障害をタイムリーに検出できない場合、FRR では RSVP Hello を使用できます。

Hello を実行しているノードは、各間隔で Hello Request をネイバー ノードに送信します。受信側ノードが Hello を実行している場合、このノードは Hello Ack を使用して応答します。4 間隔が経過しても送信側ノードが Ack を受信できない場合、または不正なメッセージが受信された場合、送信側ノードはネイバーが停止していることを宣言し、FRR に通知します。

設定可能なパラメータは 2 つあります。

Hello 間隔: ip rsvp signalling hello refresh interval コマンドを使用します。

送信側ノードでネイバーが停止していると宣言されるまでにミスされる確認応答メッセージの数: ip rsvp signalling hello refresh misses コマンドを使用します。

Hello インスタンス

Hello インスタンスは、特定のルータ インターフェイス IP アドレスおよびリモート IP アドレスに対して RSVP Hello を実装します。多数の Hello Request が送信されるため、ルータ リソースに負担がかかります。このため、Hello インスタンスを作成するのは必要な場合だけにし、不要になったインスタンスは削除してください。

次の 2 種類の Hello インスタンスがあります。

「アクティブな Hello インスタンス」

「パッシブな Hello インスタンス」

アクティブな Hello インスタンス

LSP の高速リルートの準備ができているが、ネイバーが到達不能な場合、アクティブな Hello インスタンスが必要となります。この状態の LSP を少なくとも 1 つ持つネイバーに対して、アクティブな Hello インスタンスを 1 つずつ作成します。

アクティブな Hello インスタンスは、定期的に Hello Request メッセージを送信し、応答として Hello Ack メッセージを予期します。予期されている Ack メッセージを受信できない場合、アクティブな Hello インスタンスは、そのネイバー(リモートの IP アドレス)が到達不能である(失われている)ことを宣言します。そのネイバーを通過する LSP の高速リルートを行うことができます。

到達不能なネイバーに対する LSP を持たない Hello インスタンスがある場合、その Hello インスタンスを削除しないでください。アクティブな Hello インスタンスをパッシブな Hello インスタンスに変更します。これは、Hello Request をこのインスタンスに送信しているアクティブなインスタンスがネイバー ルータ上に存在する可能性があるためです。

パッシブな Hello インスタンス

パッシブな Hello インスタンスは(Ack メッセージを送信して)Hello Request メッセージに応答しますが、Hello Request メッセージを開始しないため、LSP の高速リルートは行われません。複数のインターフェイスを持つネイバーは、異なるネイバーに対して、または同じネイバーに対して、複数の Hello インスタンスを実行できます。

Hello インスタンスが存在しないネイバーから、IP ヘッダー内に送信元 IP アドレスと宛先 IP アドレスのペアが含まれる Hello Request が受信されると、パッシブな Hello インスタンスが作成されます。

このインスタンスに対して 10 分以内に Hello メッセージが受信されない場合は、パッシブ インスタンスを削除してください。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護 には、次のような機能があります。

「バックアップ トンネル サポート」

「バックアップ帯域幅保護」

「RSVP Hello」

バックアップ トンネル サポート

バックアップ トンネル サポートには、次の機能があります。

「バックアップ トンネルは FRR をサポートするためにネクストネクストホップで終端できる」

「複数のバックアップ トンネルが同じインターフェイスを保護できる」

「バックアップ トンネルによりスケーラビリティが提供される」

バックアップ トンネルは FRR をサポートするためにネクストネクストホップで終端できる

ネクストネクストホップで終端するバックアップ トンネルは、ダウンストリームのリンクとノードの両方を保護します。これにより、リンクおよびノードの障害に対する保護が可能になります。詳細については、「ノード保護」を参照してください。

複数のバックアップ トンネルが同じインターフェイスを保護できる

1 つのインスタンスを保護できるバックアップ トンネルの数に制限はありません(メモリ制限を除く)。多くのトポロジでは、ノード保護をサポートするために、保護インターフェイスごとに複数のバックアップ トンネルをサポートする必要があります。これらのバックアップ トンネルは同じ宛先で終端することも、異なる宛先で終端することもできます。つまり、1 つの保護インターフェイスに対して、複数の NHOP または NNHOP バックアップ トンネルを設定できます。これにより、冗長性とロード バランシングを実現できます。

複数のバックアップ トンネルで 1 つのインターフェイスを保護することは、ノード保護のために必要とされるだけでなく、次のような利点もあります。

冗長性:一方のバックアップ トンネルが停止すると、他方のバックアップ トンネルが LSP を保護します。

バックアップ容量の増加:保護インターフェイスが大容量リンクであり、同じ容量を持つバックアップ パスが 1 つも存在しない場合、その 1 つの大容量リンクを複数のバックアップ トンネルによって保護できます。このリンクを使用している LSP は異なるバックアップ トンネルにフェールオーバーするため、障害発生時にはすべての LSP が適切な帯域幅保護(リルート)を受けることができます。帯域幅保護が必要でない場合、ルータは使用可能なすべてのバックアップ トンネルに LSP を分散させます(つまり、複数のバックアップ トンネルの間でロード バランシングを行います)。詳細については、「バックアップ トンネルの選択手順」を参照してください。

「異なる宛先で終端するバックアップ トンネル」「同じ宛先で終端するバックアップ トンネル」で例を示しています。

バックアップ トンネルによりスケーラビリティが提供される

1 つのバックアップ トンネルで複数の LSP を保護できます。さらに、1 つのバックアップ トンネルで複数のインターフェイスを保護できます。これを、多対 1(N:1)の保護と呼びます。N:1 保護では、たとえば 1 つのバックアップ トンネルが 5000 の LSP を保護する場合、バックアップ パスに沿った各ルータが 1 つの追加トンネルを維持します。

1 対 1 の保護は、保護の必要な LSP ごとに個別のバックアップ トンネルを使用する必要があるときに行います。N:1 の保護は、1 対 1(1:1)の保護に比べてスケーラビリティ上のメリットが大きくなります。1:1 保護では、たとえば 5000 のバックアップ トンネルが 5000 の LSP を保護する場合、バックアップ パスに沿った各ルータは 5000 の追加トンネルの状態を維持する必要があります。

バックアップ帯域幅保護

バックアップ帯域幅保護を行うと、特定の種類のデータ(音声など)を伝送する LSP に、バックアップ トンネルを使用するプライオリティを付与できます。バックアップ帯域幅保護には、次の機能があります。

「バックアップ トンネルの帯域幅保護」

「バックアップ トンネルの帯域幅プール指定」

「半ダイナミックなバックアップ トンネル パス」

「帯域幅保護されたバックアップ トンネルを取得する LSP のプライオリティ設定」

バックアップ トンネルの帯域幅保護

障害発生時に、リルートされた LSP によりパケットが伝送されるだけでなく、サービス品質も維持できます。

バックアップ トンネルの帯域幅プール指定

特定のバックアップ トンネルを使用できる LSP のタイプを制限できます。サブプール帯域幅を使用する LSP だけが使用できるように、またはグローバルプール帯域幅が使用できるように、バックアップ トンネルを制限できます。このため、音声とデータに対して別々のバックアップ トンネルを使用できます。たとえば、音声に使用するバックアップ トンネルでは帯域幅保護を提供し、データに使用するバックアップ トンネルでは帯域幅保護を提供しないように設定できます。

半ダイナミックなバックアップ トンネル パス

バックアップ トンネルのパスは、ダイナミックに決定されるように設定できます。このためには、Release 12.0(14)ST で追加された IP 明示アドレス除外機能を使用します。この機能を使用すると、半ダイナミックな NHOP バックアップ トンネル パスは、保護対象のリンクを除外するだけで指定できます。半ダイナミックな NNHOP バックアップ トンネル パスは、保護対象のノードを除外するだけで設定できます。

帯域幅保護されたバックアップ トンネルを取得する LSP のプライオリティ設定

NHOP または NNHOP バックアップ トンネルが十分にない場合、またはすべての LSP を保護するための十分なバックアップ帯域幅がない場合は、帯域幅保護されたバックアップ トンネルを取得するためのプライオリティを LSP に付与できます。これは特に、データを伝送する LSP よりも音声を伝送する LSP に高いプライオリティを付与する場合に有用です。

この機能をアクティブにするには、 tunnel mpls traffic-eng fast-reroute bw-protect コマンドを入力して、「bandwidth protection desired」ビットを設定します。「LSP 上での高速リルートのイネーブル化」を参照してください。

必ずしもこのような LSP が帯域幅保護を 受ける とはかぎりません。必要な場合に、このような LSP の方が帯域幅保護を受ける 可能性 が高くなります。

帯域幅保護ビットが設定されていない LSP は、デモートできます。デモーションとは、帯域幅保護ビット セットのある LSP にバックアップを提供するために、1 つ以上の LSP が、割り当てられたバックアップ トンネルから削除されることです。デモーションは、バックアップ帯域幅が不足している場合にだけ行われます。

デモートされた LSP は、保護されていない状態になります(つまり、バックアップ トンネルを持たなくなります)。次の定期的なプロモーション サイクルの間に、現在保護されていないすべての LSP(デモートされた LSP を含む)に対して可能なかぎり最良のバックアップ トンネルを見つけるように試行されます。LSP は同レベルまたは低いレベルの保護を受けることもあれば、保護を受けないこともあります。

ルータがデモート対象の LSP を決定する方法については、「バックアップ保護プリエンプション アルゴリズム」を参照してください。

RSVP Hello

RSVP Hello を使用すると、ルータは、ネイバー ノードが停止したが、そのネイバーへのインターフェイスがまだ動作中である場合、それを検出できます。この機能は、リンク層メカニズムによってネクストホップ ノードの障害が検出できない場合や、リンク層障害の通知が使用可能でない場合(たとえば、ギガビット イーサネットなど)に特に有用です。これにより、ルータは LSP をそのバックアップ トンネルに切り替え、パケット損失を回避できます。

RSVP Hello の詳細については、「RSVP Hello」を参照してください。

高速リルート アクティベーション

次の 2 つのメカニズムによって、ルータで LSP がそのバックアップ トンネルに切り替わります。

インターフェイス停止通知

RSVP Hello ネイバー停止通知

ルータのリンクまたはネイバー ノードに障害が発生すると、インターフェイス停止通知によってルータはこの障害を検出します。GSR Packet over SONET(PoS)インターフェイスでは、この通知が非常に高速に行われます。インターフェイスが停止したことをルータが認識すると、ルータはそのインターフェイスを出る LPS を、それぞれのバックアップ トンネルに切り替えます(バックアップ トンネルがある場合)。

RSVP Hello は、FRR をトリガーするためにも使用できます。インターフェイス上に RSVP Hello が設定されている場合、メッセージが定期的にネイバー ルータに送信されます。応答を受信できない場合、Hello はネイバーが停止していることを宣言します。これにより、そのインターフェイスを出る LSP はすべて、それぞれのバックアップ トンネルに切り替わります。

異なる宛先で終端するバックアップ トンネル

図 3 に、異なる宛先で終端する複数のバックアップ トンネルを持つインターフェイスを示します。また、多くのトポロジにおいて、ノード保護をサポートするために保護インターフェイスごとに複数のバックアップ トンネルをサポートする必要がある理由を示しています。

図 3 異なる宛先で終端するバックアップ トンネル

 

この図では、R1 上の単一のインターフェイスが複数のバックアップ トンネルを必要としています。LSP は、次のルートを通過します。

R1、R2、R3

R1、R2、R4

ノード R2 の障害発生時に備えた保護を提供するには、2 つの NNHOP バックアップ トンネル(R3 で終端するバックアップ トンネルと、R4 で終端するバックアップ トンネル)が必要です。

同じ宛先で終端するバックアップ トンネル

図 4 に、冗長性およびロード バランシングのために同じロケーションで 終端する バックアップ トンネルを使用する方法を示します。冗長性およびロード バランシングは、NHOP バックアップ トンネルと NNHOP バックアップ トンネルの両方に対して使用できます。

図 4 同じ宛先で終端するバックアップ トンネル

 

この図では、3 つのルータ(R1、R2、および R3)があります。R1 では、2 つの NNHOP バックアップ トンネル(T1 および T2)が R2 を通過せずに R1 から R3 に移動しています。

冗長性:R2 に障害が発生した場合や、R1 から R2 へのリンクに障害が発生した場合、どちらのバックアップ トンネルも使用できます。一方のバックアップ トンネルが停止した場合は、もう一方のバックアップ トンネルを使用できます。LSP は、最初に確立されるときに、バックアップ トンネルに割り当てられます。これは、障害発生前に完了しています。

ロード バランシング:どちらのバックアップ トンネルにもすべての LSP をバックアップするための十分な帯域幅がない場合、両方のトンネルを使用できます。一部の LSP は一方のバックアップ トンネルを使用し、その他の LSP はもう一方のバックアップ トンネルを使用します。ルータによって、LSP をバックアップ トンネルに割り当てる最良の方法が決定されます。

バックアップ トンネルの選択手順

次のいずれかのイベントが発生した場合、LSP がシグナリングされると、その LSP に FRR 保護を提供する LSP パス上の各ノードが、LSP のバックアップ トンネルを選択します。

ネクストホップへのリンクに障害が発生した。

ネクストホップに障害が発生した。

障害発生前にノードが LSP のバックアップ トンネルを選択することにより、障害発生時に LSP をバックアップ トンネルにすばやくリルートできます。

LSP をバックアップ トンネルにマップするには、次のすべての条件が満たされている必要があります。

LSP が FRR で保護されている。つまり、LSP が tunnel mpls traffic-eng fast-reroute コマンドを使用して設定されている。

バックアップ トンネルが動作している。

バックアップ トンネルが IP アドレス(通常はループバック アドレス)を持つように設定されている。

バックアップ トンネルが、この LSP の発信インターフェイスを保護するように設定されている(インターフェイスが mpls traffic-eng backup-path コマンドを使用して設定されている)。

バックアップ トンネルが LSP の保護インターフェイスを通過しない。

バックアップ トンネルが LSP の NHOP または NNHOP で終端している。NNHOP トンネルであるバックアップ トンネルは、LSP の NHOP を追加しません。

LSP およびバックアップ トンネルの帯域幅保護の要件と制約(ある場合)が満たされている。帯域幅保護の考慮事項については、「帯域幅保護」を参照してください。

帯域幅保護

バックアップ トンネルは、次の 2 種類のバックアップ帯域幅を保護するように設定できます。

制限付きバックアップ帯域幅:バックアップ トンネルが帯域幅保護を提供します。このバックアップ トンネルを使用するすべての LSP の帯域幅の合計が、バックアップ トンネルのバックアップ帯域幅を超えることはできません。LSP をこのタイプのバックアップ トンネルに割り当てる場合、十分なバックアップ帯域幅が存在している必要があります。

制限なしバックアップ帯域幅:バックアップ トンネルは帯域幅保護を提供しません(つまり、ベストエフォート型の保護が存在します)。このバックアップ トンネルにマップされた LSP で使用される帯域幅の大きさに制限はありません。ゼロ帯域幅が割り当てられた LSP は、制限なしバックアップ帯域幅のバックアップ トンネルしか使用できません。

制限付き帯域幅バックアップ トンネルのロード バランシング

特定の LSP を保護するための十分なバックアップ帯域幅を持つバックアップ トンネルが、複数存在することがあります。この場合、ルータが、使用可能な最小バックアップ帯域幅のバックアップ トンネルを選択します。このアルゴリズムによって、フラグメンテーションが制限されるため、使用可能な最大バックアップ帯域幅が維持されます。

制限付きバックアップ帯域幅を指定した場合、リンクまたはノードの障害発生時の帯域幅保護は「保証」されません。たとえば、インターフェイスの障害発生時にトリガーされる NHOP バックアップ トンネルと NNHOP バックアップ トンネルのセットがすべて、ネットワーク トポロジ上のリンクを共有することがありますが、このバックアップ トンネル セットを使用してすべての LSP をサポートするだけの十分な帯域幅がこのリンクにない場合があります。

図 5 では、両方のバックアップ トンネルが同じリンクおよびホップを通過しています。ルータ R1 と R4 の間のリンクに障害が発生すると、プライマリ トンネル 1 のバックアップ トンネルとプライマリ トンネル 2 のバックアップ トンネルが同時にトリガーされます。この 2 つのバックアップ トンネルが、ネットワーク内の 1 つのリンクを共有できます。

図 5 1 つのリンクを共有する複数のバックアップ トンネル

 

図 6 では、プライマリ トンネル 1 のバックアップ トンネルはルータ R1-R2-R3-R4 を通過でき、プライマリ トンネル 2 のバックアップ トンネルはルータ R4-R2-R3-R1 を通過できます。この場合、R1-R4 に障害が発生すると、リンク R2-R3 が過負荷になることがあります。

図 6 過負荷になったリンク

 

制限なし帯域幅バックアップ トンネルのロード バランシング

制限なしバックアップ帯域幅を持つ複数のバックアップ トンネルが、1 つのインターフェイスを保護できます。この場合、ある LSP に対するバックアップ トンネルの選択時に、ルータは、最小バックアップ帯域幅を持つバックアップ トンネルを選択します。このアルゴリズムにより、LSP の帯域幅に基づいて、バックアップ トンネル間で均等に LSP が分散されます。LSP がゼロ帯域幅を要求している場合、ルータは、保護している LSP の数が最も少ないバックアップ トンネルを選択します。

プール タイプおよびバックアップ トンネル

デフォルトでは、バックアップ トンネルは、任意のプール(グローバルプールまたはサブプール)から割り当てる LSP に対して保護を提供します。ただし、グローバルプール帯域幅を使用する LSP だけ、またはサブプール帯域幅を使用する LSP だけを保護するようにバックアップ トンネルを設定することもできます。

トンネル選択のプライオリティ

ここでは、次の内容について説明します。

「NHOP バックアップ トンネルと NNHOP バックアップ トンネル」

「プロモーション」

「バックアップ保護プリエンプション アルゴリズム」

NHOP バックアップ トンネルと NNHOP バックアップ トンネル

1 つの LSP を、複数のバックアップ トンネル(LSP の NNHOP で終端するバックアップ トンネルと、LSP の NHOP で終端するバックアップ トンネル)により保護できます。この場合、ルータは、NNHOP で終端するバックアップ トンネルを選択します(つまり、FRR は NHOP バックアップ トンネルよりも NNHOP バックアップ トンネルを優先します)。

表 1 に、トンネル選択のプライオリティを示します。最初に選択されるのは、サブプールまたはグローバル プールから帯域幅を獲得する、制限付き帯域幅を持つ NNHOP バックアップ トンネルです。このようなバックアップ トンネルがない場合、次(2)に選択されるのは、任意のプールから制限付き帯域幅を獲得するネクストネクストホップ バックアップ トンネルです。優先順位が 1(最良)から 8(最悪)の順にバックアップ トンネルが選択されます。選択肢 3 は、大きさの制限がないサブプールまたはグローバルプール帯域幅を持つ NNHOP バックアップ トンネルです。

 

表 1 トンネル選択のプライオリティ

優先順位
バックアップ トンネルの宛先
帯域幅プール
帯域幅の大きさ

1(最良)

NNHOP

サブプールまたはグローバル プール

制限付き

2

NNHOP

任意

制限付き

3

NNHOP

サブプールまたはグローバル プール

制限なし

4

NNHOP

任意

制限なし

5

NHOP

サブプールまたはグローバル プール

制限付き

6

NHOP

任意

制限付き

7

NHOP

サブプールまたはグローバル プール

制限なし

8(最悪)

NHOP

任意

制限なし

図 7 に、現在使用可能なグローバル プールおよびサブプール帯域幅の指定された大きさに基づいて、バックアップ トンネルが選択される手順の例を示します。


) NHOP バックアップ トンネルと NNHOP バックアップ トンネルに十分なバックアップ帯域幅がない場合、LSP が伝送するデータのタイプは考慮されません。たとえば、データ LSP よりも前にシグナリングされない音声 LSP は、保護されないことがあります。バックアップ トンネルの使用のプライオリティを指定するには、「バックアップ保護プリエンプション アルゴリズム」を参照してください。


図 7 複数のバックアップ トンネルからの選択

 

この例では、LSP には、20 ユニット(キロビット/秒)のサブプール バックアップ帯域幅が必要です。最良バックアップ トンネルは、次のようにして選択されます。

1. バックアップ トンネル T1 から T4 までは、NNHOP で終端するため、最初に考慮されます。

2. トンネル T4 は、サブプール バックアップ帯域幅を 10 ユニットしか持たないため、除外されます。

3. トンネル T1 は、グローバルプール帯域幅を使用して LSP を保護するだけなので、除外されます。

4. トンネル T3 は T2 よりも優先的に選択されます。両方とも十分なバックアップ帯域幅がありますが、T3 の方が使用可能なバックアップ帯域幅が少ないためです(多い方のバックアップ帯域幅は T2 上に維持されます)。

5. トンネル T5 と T6 は、NHOP で終端するため、考慮する必要はありません。このため、NNHOP で終端する T3 の方が、これらよりも優先されます。

プロモーション

LSP のバックアップ トンネルが選択されたあとで、状況が変わったために、この選択を再評価する必要が生じることがあります。この再評価は、成功した場合、プロモーションと呼ばれます。次のような状況がこれに該当します。

1. 新しいバックアップ トンネルが出現した。

2. この LSP に対して現在選択されているバックアップ トンネルが停止した。

3. バックアップ トンネルの使用可能なバックアップ帯域幅が増加した。たとえば、トンネルで保護されている LSP が、ヘッドエンドにより、別のパスを使用するように再最適化された場合などです。

ケース 1 とケース 2 では、LSP のバックアップ トンネルがすぐに評価されます。ケース 3 に対処するには、LSP からバックアップ トンネルへのマッピングを定期的に再評価します。デフォルトでは、バックグラウンドの再評価は 5 分ごとに実行されます。この間隔は、 mpls traffic-eng fast-reroute timers コマンドを使用して設定できます。

バックアップ保護プリエンプション アルゴリズム

LSP に「bandwidth protection desired」ビットを設定すると、その LSP は、帯域幅保護を提供するバックアップ トンネルの選択権限が大きくなり、そのビット セットを持たない他の LSP をプリエンプトできます。

NNHOP バックアップ トンネル上に十分なバックアップ帯域幅がないが、NHOP バックアップ トンネルにはある場合、帯域幅保護されている LSP は、NNHOP LSP をプリエンプトせず、NHOP 保護を使用します。

1 つのバックアップ トンネルを使用する LSP が複数存在し、帯域幅を提供するために 1 つ以上の LSP をデモートする必要がある場合、デモート対象の LSP を決定する際に使用できるユーザ設定可能な方法(アルゴリズム)が 2 つあります。

無駄な帯域幅の大きさを最小限にする。

デモートされる LSP の数を最小限にする。

たとえば、バックアップ トンネル上に 10 ユニットのバックアップ帯域幅が必要な場合は、次のいずれかをデモートできます。

100 ユニットの帯域幅を使用する単一の LSP:必要な帯域幅より多くの帯域幅が使用可能になりますが、無駄も多くなります。

1 ユニットずつ帯域幅を使用する 10 個の LSP:無駄な帯域幅はなくなりますが、影響を受ける LSP が多くなります。

デフォルトのアルゴリズムでは、デモートされる LSP の数が最小限にされます。無駄な帯域幅の大きさを最小限にするためのアルゴリズムに変更するには、 mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption optimize-bw コマンドを入力します。

帯域幅保護に関する考慮事項

帯域幅保護を確実に行うには、数多くの方法があります。 表 2 で、3 つの方式のメリットとデメリットについて説明します。

 

表 2 帯域幅保護の方式

方式
メリット
デメリット

バックアップ トンネルに対して帯域幅を明示的に予約

この方式は簡単です。

個別的な障害からの保護を行う複数のバックアップ トンネルが帯域幅を共有できるようにすることが課題です。

ゼロ帯域幅でシグナリングされたバックアップ トンネルを使用

個別的な障害からの保護に使用される帯域幅を共有する方法が提供され、帯域幅をより経済的に使用できます。

ゼロ帯域幅トンネルの適切な配置の決定が複雑になる場合があります。

バックアップ帯域幅保護

音声トラフィックの帯域幅保護が確実に行われます。

十分なバックアップ帯域幅がない場合、バックアップ帯域幅保護が設定された LSP に帯域幅が必要になると、バックアップ帯域幅保護が設定されていない LSP をいつでもデモートできます。

シスコ実装の FRR では、特定のアプローチが強制されることはなく、上記のいずれのアプローチも使用できます。ただし、幅広い設定選択肢がある場合は、それらの選択肢が特定の帯域幅保護方針と一致していることを確認してください。

次の各項では、適切な設定を選択する際の重要事項について説明します。

「明示的にシグナリングされた帯域幅を持つバックアップ トンネルを使用」

「ゼロ帯域幅でシグナリングされたバックアップ トンネルの使用」

明示的にシグナリングされた帯域幅を持つバックアップ トンネルを使用

バックアップ トンネルに対して、次の 2 つの帯域幅パラメータを設定する必要があります。

シグナリングされた実際の帯域幅

バックアップ帯域幅

バックアップ トンネルの帯域幅要件をシグナリングするには、 tunnel mpls traffic-eng bandwidth コマンドを使用して、バックアップ トンネルの帯域幅を設定します。

バックアップ トンネルのバックアップ帯域幅を設定するには、 tunnel mpls traffic-eng backup-bw コマンドを使用します。

シグナリングされた帯域幅は、バックアップ トンネルのパス上の LSR が、アドミッション コントロールを実行し、適切な帯域幅計算を行うために使用します。

バックアップ帯域幅は、Point of Local Repair(PLR; ローカル修復ポイント)(つまり、バックアップ トンネルのヘッドエンド)が、障害発生時にこのバックアップ トンネルにリルートできるプライマリ トラフィックの量を決定するために使用します。

適切な動作が確実に行われるように、両方のパラメータを設定する必要があります。シグナリングされた帯域幅とバックアップ帯域幅の数値は、同じである必要があります。

保護対象の帯域幅プールと、バックアップ トンネルにより帯域幅が予約される帯域幅プール

tunnel mpls traffic-eng bandwidth コマンドを使用すると、次の値を設定できます。

バックアップ トンネルにより予約される帯域幅の大きさ

帯域幅を予約する必要のある DS-TE 帯域幅プール


) 選択できるプールは 1 つだけです(つまり、バックアップ トンネルは、グローバル プールかサブプールのいずれか一方だけから帯域幅を明示的に予約できます)。


tunnel mpls traffic-eng backup-bw コマンドを使用すると、このバックアップ トンネルを使用するためにトラフィックに割り当てる必要のある帯域幅プールを指定できます。複数のプールを指定できます。

保護対象の帯域幅プールと、バックアップ トンネルによりその帯域幅が取り込まれる帯域幅プールとの間に、直接の対応関係はありません。

特定のリンク上で 10 Kbps のサブプール トラフィックに対する帯域幅保護を実現するには、次のコマンドを任意に組み合せて設定します。

tunnel mpls traffic-eng bandwidth sub-pool 10

tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool 10

tunnel mpls traffic-eng bandwidth global-pool 10

tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool 10 global-pool unlimited

tunnel mpls traffic-eng bandwidth global-pool 40

tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool 10 global-pool 30

ゼロ帯域幅でシグナリングされたバックアップ トンネルの使用

帯域幅保護が必要な場合でも、ゼロ帯域幅でシグナリングされたバックアップ トンネルを使用すると有効なことが多くあります。帯域幅が明示的に予約されていないと、帯域幅が保証されないように思われがちです。しかし、必ずしもそうではありません。

次のような状況について検討します。

リンク保護だけが必要な場合

サブプール トラフィックにだけ帯域幅保護が必要な場合

予約可能な最大サブプール値が n である保護対象リンク AB ごとに、ノード A からノード B へのパスが存在し、予約可能な最大グローバル プール値と最大サブプール値の差が少なくとも n になっていることがあります。ネットワーク内の各リンクにこのようなパスが見つかる可能性がある場合、このようなパス上に、すべてのバックアップ トンネルを帯域幅の予約なしで確立できます。単一のリンク障害が発生した場合、1 つだけのバックアップ トンネルがそのパス上のいずれかのリンクを使用します。そのパスには使用可能な帯域幅が(グローバル プール内に)少なくとも n あるため、サブプール トラフィックをプライオリティ キューに分類するためのマーキングとスケジューリングが設定されていれば、サブプール帯域幅が保証されます。

このアプローチにより、個別的なリンク障害を保護する複数のバックアップ トンネル間でグローバル プール帯域幅を共有することが可能になります。バックアップ トンネルは、障害発生後短時間の間だけ(影響を受ける LSP が、使用可能なサブプール帯域幅でそれらの LSP を他のパスにリルートするまで)使用されることが予期されます。相互に関連しない複数のリンクに障害が発生することは、ほとんどありません(ノードまたは Shared Risk Link Group(SRLG; 共有リスク リンク グループ)に障害がない場合にかぎります。このような場合は、複数のリンク障害が発生します)。したがって、実際にはリンク障害は個別的である可能性が高いと仮定できます。このような「個別的な障害の前提」を、明示的に帯域幅を予約することなくシグナリングされたバックアップ トンネルと組み合せることにより、効率的な帯域幅共有が可能になり、大幅な帯域幅節約につながります。

サブプール トラフィックを保護するバックアップ トンネルは、いずれのプールからも帯域幅を取り込みません。グローバル プールを使用するプライマリ トラフィックは、グローバル プール全体を使用できます。また、サブプールを使用するプライマリ トラフィックは、サブプール全体を使用できます。ただし、単一のリンク障害が発生した場合、サブプール トラフィックに対する完全な帯域幅保証が行われます。

ノード保護と SRLG 保護に対しても、同様のアプローチを使用できます。ただし、ノード障害と SRLG 障害ではいずれも複数のリンクに同時に障害が発生するため、バックアップ トンネルの配置場所の決定がさらに複雑になります。したがって、影響を受けるすべてのリンクを通過するトラフィックを保護するバックアップ トンネルを、互いに独立して計算することはできません。別々の障害に対応するリンクのグループを保護するバックアップ トンネルは、互いに独立して計算できるため、同様の帯域幅節約を実現できます。

シグナリングされた帯域幅とバックアップ帯域幅

(バックアップ トンネルのヘッドエンドであるルータが)バックアップ帯域幅をローカルに使用して、特定のバックアップ トンネル上にリルートできるプライマリ LSP とその数を決定します。ルータは、これらの LSP の帯域幅要件の組み合せがバックアップ帯域幅を超えないようにします。

このため、バックアップ トンネルがゼロ帯域幅でシグナリングされていても、このバックアップ トンネルにより保護されるトラフィックの実際の帯域幅要件に対応する値を使用して、バックアップ帯域幅を設定する必要があります。バックアップ トンネルの帯域幅要件が明示的にシグナリングされている場合とは異なり、シグナリングされた帯域幅の値(ゼロ)は、バックアップ帯域幅の値とは異なります。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定方法

ここでは、MPLS TE LSP が設定されているネットワークに FRR 保護を追加することを前提としています。

ここでは、次の各手順について説明します。

「LSP 上での高速リルートのイネーブル化」 (必須)

「ネクストホップまたはネクストネクストホップへのバックアップ トンネルの作成」 (必須)

「保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て」 (必須)

「バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプール タイプの関連付け」 (任意)

「バックアップ帯域幅保護の設定」 (任意)

「リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定」 (任意)

「高速リルートの動作状態の確認」 (任意)

LSP 上での高速リルートのイネーブル化

LSP は、高速リルート可能として設定されている場合だけ、バックアップ トンネルを使用できます。これを行うには、各 LSP のヘッドエンドで次のコマンドを入力します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface tunnel number

4. tunnel mpls traffic-eng fast-reroute [ bw-protect ]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 1000

指定したトンネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute [ bw-protect ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute bw-protect

リンクまたはノードの障害発生時に、MPLS TE トンネルで、確立されたバックアップ トンネルを使用できるようにします。

ネクストホップまたはネクストネクストホップへのバックアップ トンネルの作成

バックアップ トンネルの作成は、基本的に他のトンネルの作成と同じです。ネクストホップまたはネクストネクストホップへのバックアップ トンネルを作成するには、バックアップ トンネルのヘッドエンドとなるノード(つまり、ダウンストリームのリンクまたはノードに障害が発生する可能性のあるノード)上で、次のコマンドを入力します。これらのコマンドを入力するノードは、サポートされているプラットフォームである必要があります。「機能情報の確認」を参照してください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface tunnel number

4. ip unnumbered interface-type interface-number

5. tunnel destination ip-address

6. tunnel mode mpls traffic-eng

7. tunnel mpls traffic-eng path-option [ protect ] number { dynamic | explicit | { name path-name | path-number }} [ lockdown ]

8. ip explicit-path name word

9. exclude-address ip-address

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 1

新しいトンネル インターフェイスを作成し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip unnumbered interface-type interface-number

 

Router(config-if)# ip unnumbered loopback 0

このトンネル インターフェイスに、インターフェイス Loopback0 の IP アドレスと同じ IP アドレスを割り当てます。

(注) このコマンドは、Lookback0 が IP アドレスとともに設定されるまでは有効になりません。

ステップ 5

tunnel destination ip-address

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.3.3.3

トンネルが終端するデバイスの IP アドレスを指定します。このアドレスは、保護対象となる LSP の NHOP または NNHOP であるデバイスのルータ ID にする必要があります。

ステップ 6

tunnel mode mpls traffic-eng

 

Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng

トンネルのカプセル化モードを MPLS TE に設定します。

ステップ 7

tunnel mpls traffic-eng path-option [ protect ] preference-number { dynamic | explicit | { name path-name | path-number }}[ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 10 explicit avoid-protected-link

MPLS TE トンネルのパス オプションを設定します。ルータ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

ip explicit-path name word

 

Router(config-router)# ip explicit-path name avoid-protected-link

IP 明示パス用のコマンド モードを開始し、指定されたパスを作成します。明示パス コマンド モードを開始します。

ステップ 9

exclude-address ip-address

 

 

 

 

 

 

Router(config-ip-expl-path)# exclude-address 3.3.3.3

リンク保護の場合は、保護対象のリンクの IP アドレスを指定します。ノード保護の場合は、保護対象のノードのルータ ID を指定します。

コマンドを使用すると役立ちます。

コマンドを使用してバックアップ トンネルのパスを指定するときは、インターフェイス IP アドレスを除外してリンクを除外する(NHOP バックアップ トンネルを作成する場合)か、ルータ ID アドレスを除外してノードを回避する(NNHOP バックアップ トンネルを作成する場合)必要があります。

保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て

1 つ以上のバックアップ トンネルを保護インターフェイスに割り当てるには、バックアップ トンネルのヘッドエンドとなるノード(つまり、ダウンストリームのリンクまたはノードに障害が発生する可能性のあるノード)上で、次のコマンドを入力します。これらのコマンドを入力するノードは、サポートされているプラットフォームである必要があります。「機能情報の確認」を参照してください。


) インターフェイスに IP アドレスを割り当てて、MPLS TE トンネル機能がイネーブルになるようにインターフェイスを設定する必要があります。


手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. mpls traffic-eng backup-path tunnel interface

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot / port

 

 

 

 

 

Router(config)# interface POS 5/0

設定を物理インターフェイス レベルに移動し、後続のコンフィギュレーション コマンドを、 type の値で識別された特定の物理インターフェイスに指定します。 slot および port は、設定するスロットおよびポートを識別します。インターフェイスは、サポートされているインターフェイスである必要があります。「機能情報の確認」を参照してください。インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mpls traffic-eng backup-path tunnel interface

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng backup-path tunnel 2

リンクまたはノードの障害が発生した場合に、このインターフェイスを出る LSP がこのバックアップ トンネルを使用できるようにします。

(注) このコマンドを何回か入力して、複数のバックアップ トンネルを同じ保護インターフェイスと関連付けることができます。

バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプール タイプの関連付け

バックアップ帯域幅をバックアップ トンネルに関連付け、バックアップ トンネルを使用できる LSP のタイプを指定するには、次のコマンドを入力します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface tunnel number

4. tunnel mpls traffic-eng backup-bw { bandwidth | [ sub-pool { bandwidth | Unlimited }] [ global-pool { bandwidth | Unlimited }]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface tunnel number

 

Router(config)# interface tunnel 2

指定したトンネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

tunnel mpls traffic-eng backup-bw { bandwidth | [ sub-pool { bandwidth | Unlimited }] [ global-pool { bandwidth | Unlimited }]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool 1000

帯域幅をバックアップ トンネルに関連付け、指定されたプールから帯域幅を割り当てられた LSP がこのトンネルを使用できるかどうかを指定します。

バックアップ帯域幅保護の設定

バックアップ帯域幅保護を設定するには、次のコマンドを入力します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. tunnel mpls traffic-eng-fast-reroute [ bw-protect ]

4. mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption [ optimize-bw ]

手順の詳細

 

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute [ bw-protect ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute bw-protect

MPLS TE トンネルが、リンクまたはノードの障害発生時に、確立されたバックアップ トンネルを使用できるようにします。

bw-protect キーワードを指定すると、帯域幅保護されたバックアップ トンネルを使用するための LSP プライオリティが付与されます。グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption [ optimize-bw ]

 

Router(config)# mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption optimize-bw

バックアップ保護プリエンプション アルゴリズムを、デモートされる LSP の数を最小限にするアルゴリズムから、無駄な帯域幅の大きさを最小限にするアルゴリズムに変更します。

リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定

リンクおよびノード障害が高速検出されるようにインターフェイスを設定するには、次のコマンドを入力します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type slot / port

4. pos ais-shut

5. pos report { b1-tca | b2-tca | b3-tca | lais | lrdi | pais | plop | prdi | rdool | sd-ber | sf-ber | slof | slos }

手順の詳細

 

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type slot / port

 

Router(config)# interface pos0/0

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

pos ais-shut

 

Router(config-if)# pos ais-shut

POS インターフェイスが管理シャットダウン ステートになったときに、Line Alarm Indication Signal(LAIS; ラインのアラーム表示信号)を送信します。

ステップ 5

pos report { b1-tca | b2-tca | b3-tca | lais | lrdi | pais | plop | prdi | rdool | sd-ber | sf-ber | slof | slos }

 

Router(config-if)# pos report lrdi

選択した SONET アラームが POS インターフェイス用のコンソールに記録されるようにします。

高速リルートの動作状態の確認

FRR が機能することを確認するには、次の手順を実行します。

手順の概要


) FRR が適切に設定されているかどうかを判断するには、ステップ 1 と 2 を実行します。



) LSP を作成し、必要な設定作業を実行したが、動作中のバックアップ トンネルがない(つまり、バックアップ トンネルが実行されていないか、LSP がそれらのバックアップ トンネルに関連付けられていない)場合、ステップ 3 を実行します。


1. show mpls traffic-eng tunnels brief

2. show ip rsvp sender detail

3. show mpls traffic-eng fast-reroute database

4. show mpls traffic-eng tunnels backup

5. show mpls traffic-eng fast-reroute database

6. show ip rsvp reservation

手順の詳細


ステップ 1 show mpls traffic-eng tunnels brief

このコマンドを使用して、バックアップ トンネルが動作していることを確認します。

Router# show mpls traffic-eng tunnels brief
 

次に、 show mpls traffic-eng tunnels brief コマンドのサンプル出力を示します。

 
Signalling Summary:
LSP Tunnels Process: running
RSVP Process: running
Forwarding: enabled
Periodic reoptimization: every 3600 seconds, next in 1706 seconds
TUNNEL NAME DESTINATION UP IF DOWN IF STATE/PROT
Router_t1 10.112.0.12 - PO4/0/1 up/up
Router_t2 10.112.0.12 - unknown up/down
Router_t3 10.112.0.12 - unknown admin-down
Router_t1000 10.110.0.10 - unknown up/down
Router_t2000 10.110.0.10 - PO4/0/1 up/up
Displayed 5 (of 5) heads, 0 (of 0) midpoints, 0 (of 0) tails
 

ステップ 2 show ip rsvp sender detail

このコマンドを使用して、LSP が適切なバックアップ トンネルによって保護されていることを確認します。

次に、障害発生前に PLR で show ip rsvp sender detail コマンドが入力されたときのサンプル出力を示します。

Router# show ip rsvp sender detail
 
PATH:
Tun Dest: 10.10.0.6 Tun ID: 100 Ext Tun ID: 10.10.0.1
Tun Sender: 10.10.0.1 LSP ID: 31
Path refreshes:
arriving: from PHOP 10.10.7.1 on Et0/0 every 30000 msecs
Session Attr:
Setup Prio: 7, Holding Prio: 7
Flags: (0x7) Local Prot desired, Label Recording, SE Style
session Name: R1_t100
ERO: (incoming)
10.10.7.2 (Strict IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
10.10.0.6 (Strict IPv4 Prefix, 8 bytes, /32)
RRO:
10.10.7.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
10.10.4.1/32, Flags:0x9 (Local Prot Avail/to NNHOP) !Available to NNHOP
10.10.1.1/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Traffic params - Rate: 10K bits/sec, Max. burst: 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size 4294967295 bytes
Fast-Reroute Backup info:
Inbound FRR: Not active
Outbound FRR: No backup tunnel selected
Path ID handle: 50000416.
Incoming policy: Accepted. Policy source(s): MPLS/TE
Status: Proxy-terminated
 

ステップ 3 show mpls traffic-eng fast-reroute database

clear ip rsvp hello instance counters コマンドを入力して、次のことを確認します。

MPLS TE FRR ノード保護がイネーブルになっている。

特定タイプの LSP がバックアップ トンネルを使用できる。

次のコマンド出力は、保護されている LSP を表しています。

Router# show mpls traffic-eng fast-reroute database
 
Tunnel head end item frr information:
Protected Tunnel In-label intf/label FRR intf/label Status
Tunne1l0 Tun pos5/0:Untagged Tu0:12304 ready
 
Prefix item frr information:
Prefix Tunnel In-label Out intf/label FRR intf/label Status
10.0.0.11/32 Tu110 Tun hd pos5/0:Untagged Tu0:12304 ready
 
LSP midpoint frr information:
LSP identifier In-label Out intf/label FRR intf/label Status
10.0.0.12 1 [459] 16 pos0/1:17 Tu2000:19 ready
 

LDP がイネーブルになっていない場合、すべてのプレフィクスが単一のリライトを使用するため、個別のプレフィクス アイテムは表示されません。特定の IP プレフィクスがこの画面に表示されていない場合、その IP プレフィクスが FRR 保護されていることを確認するには、 show mpls forwarding-table ip-address detail コマンド内にそのプレフィクスを入力します。画面の最後の行に、そのプレフィクスが保護されているかどうかが示されます。

Router# show mpls forwarding-table 10.0.0.11 detail
 
Local Outgoing Prefix Bytes tag Outgoing Next Hop
tag tag or VC or Tunnel Id switched interface
Tun hd Untagged 10.0.0.11/32 48 pos5/0 point2point
MAC/Encaps=4/8, MTU=1520, Tag Stack{22}
48D18847 00016000
No output feature configured
Fast Reroute Protection via (Tu0, outgoing label 12304)
 

ステップ 4 show mpls traffic-eng tunnels backup

バックアップ トンネルが動作するには、LSP がリルート可能になっている必要があります。LSP のヘッドエンドで、 show run int tunnel tunnel-number コマンドを入力します。出力に tunnel mpls traffic-eng fast-reroute コマンドが含まれている必要があります。このコマンドが含まれていない場合は、トンネルに対してこのコマンドを入力してください。

バックアップ トンネルの起点のルータ上で、 show mpls traffic-eng tunnels backup コマンドを入力します。次にサンプルのコマンド出力を示します。

Router# show mpls traffic-eng tunnels backup
 
Router_t578
LSP Head, Tunnel578, Admin: up, Oper: up
Src 10.55.55.55, Dest 10.88.88.88, Instance 1
Fast Reroute Backup Provided:
Protected i/fs: PO1/0, PO1/1, PO3/3
Protected lsps: 1
Backup BW: any pool unlimited; inuse: 100 kbps
Router_t5710
LSP Head, Tunnel5710, Admin: admin-down, Oper: down
Src 10.55.55.55, Dest 10.7.7.7, Instance 0
Fast Reroute Backup Provided:
Protected i/fs: PO1/1
Protected lsps: 0
Backup BW: any pool unlimited; inuse: 0 kbps
Router_t5711
LSP Head, Tunnel5711, Admin up, Oper: up
Src 10.55.55.55,, Dest 10.7.7.7, Instance 1
Fast Reroute Backup Provided:
Protected i/fs: PO1/0
Protected lsps: 2
Backup BW: any pool unlimited; inuse: 6010 kbps
 

コマンド出力により、次のことを確認できます。

バックアップ トンネルが存在している:この LSP の NHOP または NNHOP で終端するバックアップ トンネルが存在することを確認します。Dest フィールド内で LSP の NHOP または NNHOP を検索します。

バックアップ トンネルが動作している:バックアップ トンネルが動作していることを確認するには、State フィールド内で「Up」を検索します。

バックアップ トンネルが LSP のインターフェイスに関連付けられている:LSP のインターフェイスがこのバックアップ トンネルを使用できるように設定されていることを確認します。「protects」フィールド リスト内で LSP の出力インターフェイスを検索します。

バックアップ トンネルに十分な帯域幅がある:バックアップ トンネルが保有できる帯域幅の大きさを制限した場合は、障害発生時にこのバックアップ トンネルを使用する LSP を保有するための十分な帯域幅がバックアップ トンネルにあることを確認します。LSP の帯域幅は、LSP のヘッドエンドにある行 tunnel mpls traffic-eng bandwidth によって定義されています。バックアップ トンネル上の使用可能な帯域幅を判断するには、「cfg」フィールドと「inuse」フィールドを参照してください。障害発生時にこのバックアップ トンネルを使用する LSP に収容する十分な帯域幅がない場合は、追加のバックアップ トンネルを作成するか、 tunnel mpls traffic-eng bandwidth コマンドを使用して、既存のトンネルのバックアップ帯域幅を大きくします。


) 十分な帯域幅の大きさを決定するために、オフラインでのキャパシティ プランニングが必要になることがあります。


バックアップ トンネルに適切な帯域幅タイプが割り当てられている:このバックアップ トンネルを使用できる LSP のタイプを(サブプールまたはグローバル プールに)制限した場合、その LSP がバックアップ トンネルに適したタイプであることを確認します。LSP のタイプは、この LSP のヘッドエンドにある行 tunnel mpls traffic-eng bandwidth によって定義されています。この行に「subpool」という語が含まれている場合、LSP はサブプール帯域幅を使用します。含まれていない場合は、グローバル プール帯域幅を使用します。 tunnel mpls traffic-eng bandwidth コマンドの出力を参照して、LSP タイプが、バックアップ トンネルが保有できるタイプと一致していることを確認します。

また、バックアップ トンネルのヘッドエンドにあるルータ上で debug ip rsvp fast-reroute コマンドおよび debug mpls traffic-eng fast-reroute コマンドを入力することにより、デバッグをイネーブルにすることもできます。続いて、次の手順を実行します。

1. プライマリ トンネルに対して shutdown コマンドを入力します。

2. プライマリ トンネルに対して no shutdown コマンドを入力します。

3. デバッグ出力を参照します。

ステップ 5 show mpls traffic-eng fast-reroute database

clear ip rsvp hello instance counters コマンドを入力して、次のことを確認します。

MPLS TE FRR ノード保護がイネーブルになっている。

特定タイプの LSP がバックアップ トンネルを使用できる。

次のコマンド出力は、保護されている LSP を表しています。

Router# show mpls traffic-eng fast-reroute database
 
Tunnel head end item frr information:
Protected Tunnel In-label intf/label FRR intf/label Status
Tunne1l0 Tun pos5/0:Untagged Tu0:12304 ready
 
Prefix item frr information:
Prefix Tunnel In-label Out intf/label FRR intf/label Status
10.0.0.11/32 Tu110 Tun hd pos5/0:Untagged Tu0:12304 ready
 
LSP midpoint frr information:
LSP identifier In-label Out intf/label FRR intf/label Status
10.0.0.12 1 [459] 16 pos0/1:17 Tu2000:19 ready
 

) LDP がイネーブルになっていない場合、すべてのプレフィクスが単一のリライトを使用するため、個別のプレフィクス アイテムは表示されません。特定の IP プレフィクスがこの画面に表示されていない場合、その IP プレフィクスが FRR 保護されていることを確認するには、show mpls forwarding-table ip-address detail コマンド内にそのプレフィクスを入力します。画面の最後の行に、そのプレフィクスが保護されているかどうかが示されます。


Router# show mpls forwarding-table 10.0.0.11 detail
 
Local Outgoing Prefix Bytes tag Outgoing Next Hop
tag tag or VC or Tunnel Id switched interface
Tun hd Untagged 10.0.0.11/32 48 pos5/0 point2point
MAC/Encaps=4/8, MTU=1520, Tag Stack{22}
48D18847 00016000
No output feature configured
Fast Reroute Protection via (Tu0, outgoing label 12304)
 

ステップ 6 show ip rsvp reservation

次に、プライマリ LSP のヘッドエンドに入力された show ip rsvp reservation コマンドのサンプル出力を示します。プライマリ LSP のヘッドエンドにコマンドを入力すると、特に、この LSP が通過する各ホップでの FRR のステータス(つまり、ローカル保護)が表示されます。各ホップの情報は、Resv メッセージとともに末尾から先頭に移動する Record Route Object(RRO)内に収集されます。

Router# show ip rsvp reservation detail
 
Reservation:
Tun Dest: 10.1.1.1 Tun ID: 1 Ext Tun ID: 172.16.1.1
Tun Sender: 172.16.1.1 LSP ID: 104
Next Hop: 172.17.1.2 on POS1/0
Label: 18 (outgoing)
Reservation Style is Shared-Explicit, QoS Service is Controlled-Load
Average Bitrate is 0 bits/sec, Maximum Burst is 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size: 0 bytes
RRO:
172.18.1.1/32, Flags:0x1 (Local Prot Avail/to NHOP)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 18
172.19.1.1/32, Flags:0x0 (Local Prot Avail/In Use/Has BW/to NHOP)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 16
172.19.1.2/32, Flags:0x0 (No Local Protection)
Label subobject: Flags 0x1, C-Type 1, Label 0
Resv ID handle: CD000404.
Policy: Accepted. Policy source(s): MPLS/TE
 

プライマリ LSP に関して、次の点に注意してください。

プライマリ LSP には、最初のホップで NHOP バックアップ トンネルを使用するような保護が設定されています。

また、2 番めのホップで NHOP バックアップ トンネルをアクティブに使用するような保護が設定されています。

3 番めのホップでは、ローカルな保護は設定されていません。

RRO 画面には、ホップごとに次の情報が表示されます。

ローカル保護が使用可能かどうか(つまり、LSP によりバックアップ トンネルが選択されているかどうか)

ローカル保護が使用中かどうか(つまり、LSP が、選択したバックアップ トンネルを現在使用しているかどうか)

選択されたバックアップ トンネルは、NHOP バックアップ トンネルか NNHOP バックアップ トンネルのいずれであるか

このホップで使用されるバックアップ トンネルが帯域幅保護を提供するかどうか


 

トラブルシューティングのヒント

ここでは、次の内容について説明します。

「LSP が Ready のまま Active にならない」

「プライマリ トンネルにより動作中のバックアップ トンネルが選択されない」

「拡張 RSVP コマンドにより有用な情報が表示される」

「RSVP Hello によりネイバー ノードが到達不能であることが検出される」

「Hello インスタンスが作成されていない」

「「No entry at index (error may self-correct, RRO may not yet have propagated from downstream node of interest)」というエラーメッセージがローカル修復ポイントで出力される」

「ローカル修復ポイントで「Couldn't get rsbs (error may self-correct when Resv arrives)」というエラーメッセージが出力される」

LSP が Ready のまま Active にならない

次のいずれかのイベントが発生すると、PLR で LSP は Ready から Active に移行します。

プライマリ インターフェイスが停止した:プライマリ インターフェイス(LSP の発信インターフェイス)が停止した場合、LSP がバックアップ トンネルを使用する準備が完了すれば、LSP は Active ステートに移行し、そのデータがバックアップ トンネル上を流れるようになります。一部のプラットフォームおよびインターフェイス タイプ(たとえば、GSR POS インターフェイスなど)では、このイベントを非常にすばやく検出する高速インターフェイス停止ロジックがあります。このロジックが存在しないプラットフォームでは、検出時間が遅くなります。このようなプラットフォームでは、RSVP Hello をイネーブルにすると有効な場合があります(次の箇条書き項目「Hello によりネクストホップが停止していることが検出された」を参照)。

Hello によりネクストホップが停止していることが検出された:プライマリ インターフェイス(LSP の発信インターフェイス)上で Hello がイネーブルになっている場合、LSP のネクストホップが到達不能になると、そのネクストホップが停止していると宣言されます。このイベントによって、LSP はそのバックアップ トンネルをアクティブに使用し始めます。プライマリ インターフェイスが停止していなくても、ネクストホップは停止していると宣言されることに注意してください。たとえば、リブート、ソフトウェア、またはハードウェアの問題によってネクストホップが応答を停止した場合、Hello が、このネクストホップを使用して LSP をトリガーし、そのバックアップ トンネルに切り替えます。また、Hello は、ギガビット イーサネットなど、インターフェイスは動作しているが(リンク層のライブネス検出メカニズムがないために)使用可能になっていないインターフェイス上で FRR をトリガーする支援も行います。

プライマリ トンネルにより動作中のバックアップ トンネルが選択されない

バックアップ トンネルが動作中であるのに、プライマリ トンネル(LSP)によってバックアップ トンネルとして選択されない場合は、バックアップ トンネルに対して次のコマンドを入力します。

shutdown

no shutdown

(注) バックアップ トンネルのステータスを変更した場合、そのバックアップ トンネルに対してバックアップ トンネル選択アルゴリズムが再実行されます。現在そのバックアップ トンネルが選択されている(つまり、バックアップ トンネルを使用する準備ができている)LSP は、そのバックアップ トンネルとの関連付けが解除されてから、そのバックアップ トンネルまたは別のバックアップ トンネルと再び関連付けられます。これは一般に安全であり、通常は同じ LSP がそのバックアップ トンネルにマップされます。ただし、そのバックアップ トンネルをアクティブに使用している LSP がある場合、そのバックアップ トンネルをシャットダウンすると、それらの LSP が切断されます。

拡張 RSVP コマンドにより有用な情報が表示される

次の RSVP コマンドは拡張されて、FRR ステートの検証や FRR のトラブルシューティング時に役立つ情報が表示されるようになりました。

show ip rsvp request :アップストリーム予約ステート(つまり、このノードがアップストリーム送信する Resv メッセージに関連する情報)を表示します。

show ip rsvp reservation :受信された Resv メッセージに関する情報を表示します。

show ip rsvp sender :受信される path メッセージに関する情報を表示します。

これらのコマンドは、データ ステートではなく、コントロール プレーン ステートを表示します。つまり、これらのコマンドは、LSP のシグナリングに使用される RSVP メッセージ(Path および Resv)に関する情報を表示します。LSP 上を転送されるデータ パケットの詳細については、 show mpls forwarding コマンドを使用してください。

RSVP Hello によりネイバー ノードが到達不能であることが検出される

RSVP Hello 機能を使用すると、RSVP ノードは、ネイバー ノードが到達不能になった場合にそれを検出できます。リンク層障害の通知が使用可能でなく、番号なしのリンクが使用されていない場合、またはリンク層により提供される障害検出メカニズムが十分でないためにタイムリーにノード障害を検出できない場合は、この機能を使用してください。Hello を操作できるようにするには、Hello をルータでグローバルに設定し、さらに特定のインターフェイス上でも設定する必要があります。

Hello インスタンスが作成されていない

Hello インスタンスが作成されていない場合は、次の手順を実行します。

RSVP Hello がルータ上でグローバルにイネーブルになっているかどうかを判断します。 ip rsvp signalling hello (コンフィギュレーション)コマンドを入力します。

RSVP Hello が、LSP が通過するインターフェイス上でイネーブルになっているかどうかを判断します。 ip rsvp signalling hello (インターフェイス)コマンドを入力します。

show ip rsvp sender コマンドの出力を表示することにより、少なくとも 1 つの LSP にバックアップ トンネルがあることを確認します。「Ready」の値は、バックアップ トンネルが選択されていることを示します。

「No entry at index (error may self-correct, RRO may not yet have propagated from downstream node of interest)」というエラーメッセージがローカル修復ポイントで出力される

FRR は、ダウンストリームから到着する Resv メッセージ内の RRO に依存しています。LSP が高速リルート可能であることを示す SESSION_ATTRIBUTE ビットが含まれる path メッセージを受信するルータは、対応する Resv メッセージに RRO を組み込む必要があります。

LSP が FRR 用に設定されているが、ダウンストリーム ルータから到着する Resv に不完全な RRO が含まれる場合、「No entry at index (error may self-correct, RRO may not yet have propagated from downstream node of interest)」というメッセージが出力されます。不完全な RRO とは、NHOP または NNHOP で RRO にエントリが組み込まれなかった RRO のことです。

このエラーは、通常、RRO エントリが不足しているために NHOP または NNHOP に関する情報が十分でなく、この LSP に対して NHOP または NNHOP へのバックアップ トンネルを選択できないことを示しています。

この状況が一時的に発生しても、問題が自動的に修正されることもあります。あとから Resv メッセージが完全な RRO とともに受信された場合は、エラーメッセージを無視してください。

エラーが修正されたかどうかを判断するには、 clear ip rsvp hello instance counters コマンドを入力して、Resv メッセージ内の RRO を表示します。問題の LSP だけを表示するには、出力フィルタ キーワードを使用します。

ローカル修復ポイントで「Couldn't get rsbs (error may self-correct when Resv arrives)」というエラーメッセージが出力される

Resv メッセージがダウンストリームから到着するまで、PLR は LSP のバックアップ トンネルを選択できません。

このエラーが発生した場合、通常は何か問題があることを示しています。たとえば、この LSP に対して予約が存在しないなどです。この問題をトラブルシューティングするには、 debug ip rsvp reservation コマンドを使用してデバッグをイネーブルにします。

このエラー メッセージが発生しても、無視できる場合もあります。たとえば、Resv メッセージがダウンストリームから到着する前に LSP が変更された場合などです。変更されると、PLR が LSP に対するバックアップ トンネルの選択を試行することがあります。このとき、この LSP に対して Resv メッセージが到着していないと、選択は失敗します(それにより、このエラー メッセージが表示されます)。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート(FRR)リンクおよびノード保護の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「すべてのトンネルに対する高速リルートのイネーブル化:例」

「NHOP バックアップ トンネルの作成:例」

「NNHOP バックアップ トンネルの作成:例」

「保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て:例」

「バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプールタイプの関連付け:例」

「バックアップ帯域幅保護の設定:例」

「リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定:例」

「RSVP Hello および POS シグナルの設定:例」

これらの例は、図 8 に示す図に関連しています。

図 8 バックアップ トンネル

 

すべてのトンネルに対する高速リルートのイネーブル化:例

ルータ R1 上で、保護対象のトンネル(トンネル 1000 とトンネル 2000)ごとにインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。パス上でリンクまたはノードの障害が発生した場合に、これらのトンネルがバックアップ トンネルを使用できるようにします。

トンネル 1000 は、サブプールから 10 ユニットの帯域幅を使用します。

トンネル 2000 は、グローバル プールから 5 ユニットの帯域幅を使用します。 tunnel mpls traffic-eng fast-reroute コマンド内で bw-prot を指定することにより、「bandwidth protection desired」ビットが設定されています。

Router(config)# interface Tunnel 1000
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth sub-pool 10
 
Router(config)# interface Tunnel2000
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute bw-prot
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 5

NHOP バックアップ トンネルの作成:例

ルータ R2 上に、R3 への NHOP バックアップ トンネルを作成します。このバックアップ トンネルは、リンク 172.1.1.2 の使用を回避する必要があります。

Router(config)# ip explicit-path name avoid-protected-link
Router(cfg-ip-expl-path)# exclude-address 172.1.1.2
Explicit Path name avoid-protected-link:
____1: exclude-address 172.1.1.2
Router(cfg-ip_expl-path)# end
 
Router(config)# interface Tunnel 1
Router(config-if)# ip unnumbered loopback0
Router(config-if)# tunnel destination 10.3.3.3
Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 10 explicit avoid-protected-link

NNHOP バックアップ トンネルの作成:例

ルータ R2 上に、R4 への NNHOP バックアップ トンネルを作成します。このバックアップ トンネルは R3 を回避する必要があります。

Router(config)# ip explicit-path name avoid-protected-node
Router(cfg-ip-expl-path)# exclude-address 10.3.3.3
Explicit Path name avoid-protected-node:
____1: exclude-address 10.3.3.3
Router(cfg-ip_expl-path)# end
 
Router(config)# interface Tunnel 2
Router(config-if)# ip unnumbered loopback0
Router(config-if)# tunnel destination 10.4.4.4
Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 10 explicit avoid-protected-node

保護インターフェイスへのバックアップ トンネルの割り当て:例

ルータ R2 上で、両方のバックアップ トンネルをインターフェイス POS 5/0 に関連付けます。

Router(config)# interface POS 5/0
Router(config-if)# mpls traffic-eng backup-path tunnel 1
Router(config-if)# mpls traffic-eng backup-path tunnel 2

バックアップ トンネルへのバックアップ帯域幅およびプールタイプの関連付け:例

バックアップ トンネル 1 は、グローバル プールから帯域幅を取り込む LSP だけが使用します。バックアップ トンネル 1 は帯域幅保護を提供しません。バックアップ トンネル 2 は、サブプールから帯域幅を取り込む LSP だけが使用します。バックアップ トンネル 2 は、最大 1000 ユニットの帯域幅保護を提供します。

Router(config)# interface Tunnel 1
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng backup-bw global-pool Unlimited
 
Router(config)# interface Tunnel 2
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng backup-bw sub-pool 1000

バックアップ帯域幅保護の設定:例

次の例では、バックアップ帯域幅保護が設定されています。


) このグローバル設定が必要なのは、バックアップ保護プリエンプション アルゴリズムを、デモートされる LSP の数を最小限にするアルゴリズムから、無駄な帯域幅の大きさを最小限にするアルゴリズムに変更する場合だけです。


Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute bw-protect
Router(config)# mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption optimize-bw

リンクおよびノード障害を高速検出するためのインターフェイスの設定:例

次の例では、pos ais-shut が設定されています。

Router(config)# interface pos 0/0
Router(config-if)# pos ais-shut

 

次の例では、OS インターフェイス上に report lrdi が設定されています。

Router(config)# interface pos 0/0
Router(config-if)# pos report lrdi

RSVP Hello および POS シグナルの設定:例

Hello は、ルータ上でグローバルに設定し、さらに FRR 保護の必要な特定のインターフェイス上でも設定する必要があります。Hello を設定するには、次のコンフィギュレーション コマンドを使用します。

ip rsvp signalling hello (コンフィギュレーション):ルータ上でグローバルに Hello をイネーブルにします。

ip rsvp signalling hello (インターフェイス):FRR 保護が必要なインターフェイス上で Hello をイネーブルにします。

次のコンフィギュレーション コマンドは、省略可能です。

ip rsvp signalling hello dscp :Hello メッセージの IP ヘッダー内にある Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)値を設定します。

ip rsvp signalling hello refresh misses :ノードが、そのネイバーとの通信が停止していると見なすまでに失うことが可能な行内の確認応答の数を指定します。

ip rsvp signalling hello refresh interval :Hello Request 間隔を設定します。

ip rsvp signalling hello statistics :ルータ上の Hello 統計をイネーブルにします。

設定例については、『 MPLS Traffic Engineering (TE): Link and Node Protection, with RSVP Hellos Support , Release 12.0(24)S』の「Command Reference」にある Hello コマンドの説明を参照してください。

FRR 障害を検出するための POS シグナリングを設定するには、 pos report all コマンドを入力するか、次のコマンドを入力して個々のレポートを要求します。

pos ais-shut
pos report rdool
pos report lais
pos report lrdi
pos report pais
pos report prdi
pos report sd-ber

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

 

関連項目
参照先

IS-IS

『Cisco IOS IP Routing Protocols Command Reference』

『Configuring a Basic IS-IS Network』

リンク保護

『MPLS TE: Link and Node Protection, with RSVP Hellos Support (with Fast Tunnel Interface Down Detection)』

共有リスク リンク グループ

『MPLS Traffic Engineering: Shared Risk Link Groups』

『MPLS Traffic Engineering: Inter-AS TE』

SRLG 障害からの TE LSP の FRR 保護

『MPLS Traffic Engineering: Shared Risk Link Groups』

MPLS トラフィック エンジニアリング コマンド

『Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference』

MPLS TE トンネルの設定

『MPLS Traffic Engineering: Interarea Tunnels』

OSPF

『Cisco IOS IP Routing Protocols Command Reference』

『Configuring OSPF』

RSVP

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

規格

規格
タイトル

draft-ietf-mpls-rsvp-lsp-fastreroute-04.txt

『Fast ReRoute Extensions to RSVP-TE for LSP Tunnels』

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

draft-ietf-mpls-rsvp-lsp-fastreroute-06.txt

『Fast Reroute Extensions to RSVP-TE for LSP Tunnels』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

clear ip rsvp hello instance counters

clear ip rsvp hello instance statistics

clear ip rsvp hello statistics

debug ip rsvp hello

ip rsvp signalling hello(コンフィギュレーション)

ip rsvp signalling hello(インターフェイス)

ip rsvp signalling hello dscp

ip rsvp signalling hello refresh interval

ip rsvp signalling hello refresh misses

ip rsvp signalling hello statistics

mpls traffic-eng backup-path tunnel

mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption

mpls traffic-eng fast-reroute timers

show ip rsvp fast bw-protect

show ip rsvp fast detail

show ip rsvp hello

show ip rsvp hello instance detail

show ip rsvp hello instance summary

show ip rsvp hello statistics

show ip rsvp interface detail

show ip rsvp request

show ip rsvp reservation

show ip rsvp sender

show mpls traffic tunnel backup

show mpls traffic-eng fast-reroute database

show mpls traffic-eng tunnels

show mpls traffic-eng tunnels summary

tunnel mpls traffic-eng backup-bw

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能情報

表 3 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 3 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 3 MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護

12.0(10)ST
12.0(16)ST
12.0(22)S
12.0(23)S
12.0(24)S
12.0(29)S
12.2(33)SRA
12.4(20)T

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート リンクおよびノード保護機能は、リンク保護(Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)の単一リンクだけをバイパスするバックアップ トンネル)、ノード保護(LSP 上のネクストホップ ノードをバイパスするバックアップ トンネル)、および FRR 機能(バックアップ トンネル サポート、バックアップ帯域幅保護、RSVP Hello)をサポートします。

高速リルート リンク保護機能は、12.0(10)ST で導入されました。

Cisco シリーズ 7200 および 7500 プラットフォームに対するリンク保護は、12.0(16)ST で追加されました。

高速リルート拡張機能は、12.0(22)S で追加されました。

show mpls traffic-eng fast-reroute database コマンドは、12.0(23)S で改訂されました。

Cisco 10720 インターネット ルータおよび Cisco 12000 シリーズ ルータ エンジン 3 のサポートは、12.0(24)S で追加されました。

バックアップ帯域幅保護は、12.0(29)S で追加されました。

コマンドは、12.2(33)SRA でこのリリースに統合されました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.4(20)T に統合されました。

次のコマンドが導入または変更されました。 clear ip rsvp hello instance counters、clear ip rsvp hello instance statistics、clear ip rsvp hello statistics、debug ip rsvp hello、ip rsvp signalling hello(コンフィギュレーション)、ip rsvp signalling hello(インターフェイス)、ip rsvp signalling hello dscp、ip rsvp signalling hello refresh interval、ip rsvp signalling hello refresh misses、ip rsvp signalling hello statistics、mpls traffic-eng backup-path tunnel、mpls traffic-eng fast-reroute backup-prot-preemption、mpls traffic-eng fast-reroute timers、show ip rsvp fast bw-protect、show ip rsvp fast detail、show ip rsvp hello、show ip rsvp hello instance detail、show ip rsvp hello instance summary、show ip rsvp hello statistics、show ip rsvp interface detail、show ip rsvp request、show ip rsvp reservation、show ip rsvp sender、show mpls traffic tunnel backup、show mpls traffic-eng fast-reroute database、show mpls traffic-eng tunnels、show mpls traffic-eng tunnels summary、tunnel mpls traffic-eng backup-bw、tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

用語集

Intermediate System-to-Intermediate System :IS-IS。このリンクステート階層型ルーティング プロトコルでは、Intermediate System(IS)ルータを呼び出して、単一のメトリックに基づいてルーティング情報を交換することにより、ネットワーク トポロジを決定します。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。MPLS がパケットを転送する 2 つのルータ間の接続。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ネットワーク コアにおいて使用されるパケット転送テクノロジー。これにより、スイッチング ノードにデータの転送方法を指示するためのデータ リンク層ラベルが適用されるため、ネットワーク レイヤ ルーティングで通常行われる転送よりも高速でスケーラブルな転送が行われます。

MPLS グローバル ラベル割り当て :ルータ内のすべてのインターフェイスに対して 1 つのラベル領域があります。たとえば、あるインターフェイスに入ってきたラベル 100 は、別のインターフェイスに入ってきたラベル 100 と同じように処理されます。

NHOP :Next Hop(ネクストホップ)。LSP のパス上の次のダウンストリーム ノード。

NHOP バックアップ トンネル :ネクストホップ バックアップ トンネル。障害ポイントの先にある LSP のネクストホップで終端し、障害ポイントのすぐアップストリームにあるホップを起点とするバックアップ トンネル。このバックアップ トンネルは、障害の発生したリンクをバイパスし、障害発生前にこのリンクを使用していたプライマリ LSP を保護するために使用されます。

NNHOP :Next-Next HOP(ネクストネクストホップ)。LSP のパス上の次のダウンストリーム ノードの後ろのノード。

NNHOP バックアップ トンネル :ネクストネクストホップ バックアップ トンネル。障害ポイントの先にある LSP のネクストネクストホップで終端し、障害ポイントのすぐアップストリームにあるホップを起点とするバックアップ トンネル。このバックアップ トンネルは、障害の発生したリンクまたはノードをバイパスし、障害発生前にこのリンクまたはノードを使用していたプライマリ LSP を保護するために使用されます。

OSPF :Open Shortest Path First。IS-IS プロトコルから派生した、リンクステート階層型の内部ゲートウェイ プロトコル ルーティング アルゴリズム。OSPF 機能には、最小コストによるルーティング、マルチパスのルーティング、およびロード バランシングが含まれます。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。カスタマーがインターネット サービスのために要求をシグナリング(予約をセットアップ)する際に使用するプロトコル。これにより、カスタマーはそのネットワーク部分を経由してデータを伝送することを許可されます。

SRLG :Shared Risk Link Group(共有リスク リンク グループ)。一緒に停止する可能性の高いリンクのセット。

インスタンス :Hello インスタンスは、特定のルータ インターフェイス アドレスおよびリモート IP アドレスに対して RSVP Hello 拡張機能を実装します。アクティブな Hello インスタンスは、定期的に Hello Request メッセージを送信し、応答として Hello ACK メッセージを予期します。予期されている ACK メッセージを受信できない場合、アクティブな Hello インスタンスは、そのネイバー(リモートの IP アドレス)が到達不能である(つまり失われている)ことを宣言します。これにより、このネイバーを通過する LSP の高速リルートが行われることがあります。

インターフェイス :ネットワーク接続。

企業ネットワーク :会社やその他の組織の最重要ポイントを接続する、大規模で多様性のあるネットワーク。

グローバル プール :MPLS トラフィック エンジニアリングのリンクまたはノードに割り当てられた合計帯域幅。

高速リルート :ヘッドエンドで新しい LSP を確立しながら、障害のあるリンクまたはノード周囲の一時ルーティングをイネーブルにする手順。

サブプール :MPLS トラフィック エンジニアリングのリンクまたはノードにおける、より限定的な帯域幅。サブプールは、リンクまたはノードの全体的なグローバル プール帯域幅の一部です。

シスコ エクスプレス フォワーディング :ルート参照を保存することにより、ルータ内のパケットの転送を短時間で行うための手段。

冗長性 :デバイス、サービス、または接続を重複させて、障害発生時に、冗長なデバイス、サービス、または接続が、障害が発生したこれらの作業を実行できるようにすること。

スケーラビリティ :ネットワークの拡大に伴って、リソース使用量の程度がどれだけ迅速に増加するかを示すインジケータ。

ステート :ルータが各 LSP に関して保守する必要のある情報。この情報は、トンネルをリルートする場合に使用されます。

制限付きバックアップ帯域幅 :帯域幅保護を提供するバックアップ トンネル。

制限なしバックアップ帯域幅 :帯域幅(ベストエフォート型)保護を提供しないバックアップ トンネル(つまり、ベストエフォート型保護を提供します)。

帯域幅 :リンクの使用可能なトラフィック容量。

テールエンド :LSP が終端するルータ。これは、LSP のパス上の最後のルータです。

トポロジ :企業ネットワーキング構造内のネットワーク ノードおよびメディアの物理的な配置。

トンネル :2 つのピア(2 つのルータなど)の間のセキュアな通信パス。

ノード :ネットワーク接続のエンドポイント、つまりネットワーク内の複数の回線に共通する接合部。複数のノードをリンクで相互接続することができます。これらのノードは、ネットワーク内のコントロール ポイントとなります。ノードは、プロセッサ、コントローラ、またはワークステーションです。

バックアップ トンネル :リンクまたはノードの障害発生時に他の(プライマリ)トンネルのトラフィックを保護するために使用される MPLS TE トンネル。

バックアップ帯域幅 :NHOP および NNHOP バックアップ トンネルを使用すると、リルートされた LSP の帯域幅保護を提供できます。

プライマリ LSP :当初、障害発生前に保護インターフェイスを介してシグナリングされていた最後の LSP。プライマリ LSP は、障害の前の LSP です。

プライマリ トンネル :障害が発生した場合に高速リルートされる LSP に割り当てられたトンネル。バックアップ トンネルをプライマリ トンネルにすることはできません。

プロモーション :新しいバックアップ トンネルが出現した場合などは、LSP に対して選択されていたバックアップ トンネルが再評価されます。この再評価は、成功すると、プロモーションと呼ばれます。

ヘッドエンド :特定の LSP の起点となり、その LSP を管理するルータ。これは、LSP パス上の最初のルータです。

保護インターフェイス :1 つ以上のバックアップ トンネルが関連付けられたインターフェイス。

ホップ :2 つのネットワーク ノード間(たとえば、2 つのルータ間)のデータ パケットの通路。

マージ ポイント :バックアップ トンネルの終端。

リンク :隣接するノード間のポイントツーポイント接続。隣接するノード間に複数のリンクが存在することがあります。リンクとは、送信者と受信者の間の回線または伝送パスおよびすべての関連装置からなるネットワーク通信チャネルのことです。回線または伝送リンクと呼ばれることもあります。

ロード バランシング :プライマリ リンク上で特定のしきい値を超えた場合に、トラフィックを代替リンクにシフトする設定手法。イベントが発生したためにトラフィックが方向を変えた場合に、代替装置が設定されている必要があるという点で、ロード バランシングは冗長性と似ています。ロード バランシングにおいては、必ずしも代替装置が障害発生時にだけ動作する冗長装置である必要はありません。