マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS 疑似回線ステータス シグナリング
MPLS 疑似回線ステータス シグナリング
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/07/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング

機能情報の確認

目次

の前提条件

に関する制約事項

について

の機能

あるルータで がサポートされない場合

接続回線がダウンしていることを示すステータス メッセージ

擬似回線ステータス メッセージのメッセージ コード

の設定方法

のイネーブル化

の設定例

:例

両方のルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされることの確認:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

の機能情報

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能を使用すると、接続回線がダウンしている場合でも擬似回線ステータスをピア ルータに送信できるようにルータを設定できます。Cisco IOS 12.2(33)SRC よりも前のリリースでは、接続回線がダウンしていた場合は、擬似回線ステータス メッセージはピアに送信されませんでした。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「MPLS 疑似回線ステータス シグナリングの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングの前提条件

この機能を設定する前に、両方のピア ルータが擬似回線ステータス メッセージを送受信できることを確認します。特に、両方のルータが Cisco IOS Release 12.2(33)SRC を実行していて、サポートされるハードウェアがインストールされている必要があります。

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングに関する制約事項

両方のピア ルータで、擬似回線ステータス メッセージをラベル アドバタイズメントおよびラベル通知メッセージで送受信できる必要があります。両方のピア ルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされていない場合は、 no status コマンドでメッセージをディセーブルにすることをお勧めします。

この機能は、Any Transport over MPLS(AToM)Virtual Circuit Connection Verification(VCCV; 仮想回線接続性検証)と統合されていません。

この機能は、Bidirectional Forwarding Detection(BFD; 双方向フォワーディング検出)と統合されていません。

IETF draft-muley-pwe3-redundancy-02.txt のスタンバイと必要なスイッチオーバー値はサポートされません。

この機能でサポートされるハードウェアのリストについては、ご使用のプラットフォームのリリース ノートを参照してください。

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングについて

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングを設定する前に、次の概念を理解する必要があります。

「MPLS 疑似回線ステータス シグナリングの機能」

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングの機能

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC よりも前のリリースでは、AToM のコントロール プレーンでは、擬似回線ステータスを表示できません。そのため、擬似回線に関連付けられた Attachment Circuit(AC; 接続回線)がダウンしている(または擬似回線冗長性機能の一部として強制的にダウンしている)場合は、ピアにアドバタイズされるラベルは削除されます。Cisco IOS Release 12.2(33)SRC では、MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能を使用すると、ラベル配布プロトコルによって AC ステータスをピアに送信できます。

ピアで MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能もサポートされる場合は、擬似回線ステータス メッセージは、ラベル アドバタイズメントおよびラベル通知メッセージで送信されます。ローカル ルータとリモート ルータの両方で擬似回線ステータス メッセージがサポートされることを示すには、 show mpls l2transport vc detail コマンドを発行できます。次に、検索する出力の行の例を示します。

Router# show mpls l2transport vc detail

.

.

.

status TLV support (local/remote): enabled/supported

あるルータで MPLS 疑似回線ステータス シグナリングがサポートされない場合

ピア ルータで、擬似回線ステータス メッセージをラベル アドバタイズメントおよびラベル通知メッセージで送受信できる必要があります。いずれかのルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされていない場合は、 no status コマンドでメッセージをディセーブルにすることをお勧めします。これによって、ルータはラベル削除モードに戻ります。

ピアで MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能がサポートされない場合は、ローカル ルータは、操作モードをラベル削除モードに変更します。リモート ルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされないことを示すには、 show mpls l2transport vc detail コマンドを発行できます。次に、検索する出力の行の例を示します。

Router# show mpls l2transport vc detail

.

.

.

status TLV support (local/remote): enabled/not supported

 

次の debug mpls l2transport vc コマンドを発行すると、次の例に太字で示すように、ピア ルータで MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能がサポートされないこと、およびローカル ルータが削除モードに変更されることがメッセージに示されます。

Router# debug mpls l2transport vc event
Router#
debug mpls l2transport vc status event
Router# debug mpls l2transport vc status fsm
Router# debug mpls l2transport vc ldp

*Feb 26 13:41:40.707: AToM LDP [110.1.1.2]: Sending label withdraw msg
*Feb 26 13:41:40.707: AToM LDP [110.1.1.2]: VC Type 5, mtu 1500
*Feb 26 13:41:40.707: AToM LDP [110.1.1.2]: VC ID 100, label 18
*Feb 26 13:41:40.707: AToM LDP [110.1.1.2]: Status 0x0000000A [PW Status NOT supported]

接続回線がダウンしていることを示すステータス メッセージ

2 つのルータ間の接続回線がダウンしてる場合は、 show mpls l2transport vc detail コマンドの出力には次のステータスが示されます。

Router# show mpls l2transport vc detail

.

.

.

Last remote LDP TLV status rcvd: AC DOWN(rx,tx faults)

 

次のコマンド出力に太字で示すように、デバイス メッセージも接続回線がダウンしていることを示しています。

Router# debug mpls l2transport vc event
Router#
debug mpls l2transport vc status event
Router# debug mpls l2transport vc status fsm
Router# debug mpls l2transport vc ldp

*Feb 26 11:51:42.427: AToM LDP [10.1.1.1]: Received notif msg, id 88
*Feb 26 11:51:42.427: AToM LDP [10.1.1.1]: Status 0x00000007 [PW Status]
*Feb 26 11:51:42.427: AToM LDP [10.1.1.1]: PW Status 0x00000006 [AC DOWN(rx,tx faults)]
 

他の擬似回線ステータス メッセージには、not-forwarding、pw-tx-fault、および pw-rx-fault があります。

擬似回線ステータス メッセージのメッセージ コード

debug mpls l2transport vc コマンドと show mpls l2transport vc detail コマンドを使用すると、メッセージ コードが含まれた出力が示されます。次に例を示します。

Label/status state machine: established, LruRru

 

AToM MGR [10.9.9.9, 100]: S:Evt local up, LndRru->LnuRru

 

メッセージ コード(LruRru、LndRru、および LnuRru)は、ローカル ルータとリモート ルータのステータスを示します。次のキーを使用して、メッセージ コードを解釈できます。

L:ローカル ルータ

R:リモート ルータ

r または n:受信可能(r)または受信不可(n)

u または d:アップ(u)またはダウン(d)ステータス

出力には他の値も含まれています。

D:データプレーン

S:ローカル シャットダウン

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング の設定方法

ここでは、次の作業の実行方法を説明します。

「MPLS 疑似回線ステータス シグナリングのイネーブル化」(必須)

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングのイネーブル化

接続回線がダウンしている場合でもルータが擬似回線ステータスをピア ルータに送信できるようにするには、次の作業を実行します。両方のルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされていない場合は、 no status コマンドでメッセージをディセーブルにします。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. pseudowire-class name

4. status

5. encapsulation mpls

6. exit

7. exit

8. show mpls l2transport vc detai l

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

pseudowire-class name

 

Router(config)# pseudowire-class atom

指定する名前で擬似回線クラスを確立し、擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

status

 

Router(config-pw)# status

(任意)ルータで、ラベル アドバタイズメントおよびラベル通知メッセージによって擬似回線ステータス メッセージをピア ルータに送信できようにします。

(注) デフォルトでは、ステータス メッセージはイネーブルです。この手順は、ステータス メッセージがディセーブルになっていた場合だけ必要です。

両方のピア ルータでこの機能がサポートされていないためにステータス メッセージをディセーブルにする必要がある場合は、no status コマンドを入力します。

ステップ 5

encapsulation mpls

 

Router(config-pw)# encapsulation mpls

トンネリングのカプセル化を指定します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-pw)# exit

擬似回線クラス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7

exit

 

Router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 8

show mpls l2transport vc detail

 

Router# show mpls l2transport vc detail

擬似回線メッセージを送受信できることを検証します。

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング の設定例

ここでは、次の例について説明します。

「MPLS 疑似回線ステータス シグナリング:例」

「MPLS 疑似回線ステータス シグナリング:例」

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング:例

次に、2 つの PE ルータで MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能を設定する例を示します。デフォルトでは、ステータス メッセージはイネーブルです。この例では、 status コマンドは、ステータス メッセージがディセーブルになっていた場合に必要です。

PE1

interface Loopback0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.255
!
pseudowire-class atomstatus
encapsulation mpls
status
!
interface GigabitEthernet10/5
xconnect 10.1.1.2 123 pw-class atomstatus

PE2

interface Loopback0
ip address 10.1.1.2 255.255.255.255
!
pseudowire-class atomstatus
encapsulation mpls
status
!
interface GigabitEthernet3/3
xconnect 10.1.1.1 123 pw-class atomstatus

両方のルータで擬似回線ステータス メッセージがサポートされることの確認:例

ローカル ルータとリモート ルータの両方で擬似回線ステータス メッセージがサポートされることを示すには、 show mpls l2transport vc detail コマンドを発行できます。次に、検索する出力の行の例を示します。

Router# show mpls l2transport vc detail

.

.

.

status TLV support (local/remote): enabled/supported

 

その他の参考資料

ここでは、MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

Any Transport over MPLS

『Any Transport over MPLS』

バーチャル プライベート LAN サービス

『Virtual Private LAN Services on the Optical Services Modules』

規格

規格
タイトル

draft-ietf-pwe3-control-protocol-15.txt

『Pseudowire Setup and Maintenance Using LDP』

draft-ietf-pwe3-iana-allocation-08.txt

『IANA Allocations for Pseudo Wire Edge to Edge Emulation (PWE3)』

draft-martini-pwe3-pw-switching-03.txt

『Pseudo Wire Switching』

MIB

MIB
MIB リンク

イーサネット サービス、フレームリレー サービス、および ATM サービス用 Pseudowire Emulation Edge-to-Edge MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用してください。

debug mpls l2transport vc

show mpls l2transport vc

status(擬似回線クラス)

MPLS 疑似回線ステータス シグナリングの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 1 MPLS 疑似回線ステータス シグナリング の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング

12.2(33)SRC

MPLS 疑似回線ステータス シグナリング機能を使用すると、接続回線がダウンしている場合でも擬似回線ステータスをピア ルータに送信できるようにルータを設定できます。

12.2(33)SRC では、この機能は Cisco 7600 シリーズ ルータで導入されました。