マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS ハイ アベイラビリティ:概要
MPLS ハイ アベイラビリティ:概要
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS ハイ アベイラビリティ:概要

目次

MPLS ハイ アベイラビリティの制約事項

について

MPLS ハイ アベイラビリティの概要

MPLS ハイ アベイラビリティ機能

NSF/SSO - MPLS VPN

NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート

NSF/SSO:Any Transport over MPLS およびグレースフル リスタート

MPLS ハイ アベイラビリティ インフラストラクチャの変更

シスコ エクスプレス フォワーディングのスケーラビリティ拡張

SSO と共存する MPLS アプリケーション

MPLS トラフィック エンジニアリング

MPLS Quality of Service アプリケーション

IPv6 over MPLS

MPLS ラベル スイッチング ルータ MIB

MPLS TE MIB

インターフェイス MIB への MPLS の機能拡張

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS ハイ アベイラビリティの機能情報:概要

MPLS ハイ アベイラビリティ:概要

このマニュアルには、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)機能の概要が記載されています。MPLS HA は、完全な Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディング)および Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)機能を MPLS Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)および MPLS Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)機能に提供します。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。 このモジュールに記載されている機能に関するドキュメントへのリンク、および各機能がサポートされているリリースに関するリストについては、「MPLS ハイ アベイラビリティの機能情報:概要」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS ハイ アベイラビリティの制約事項

サポートされるハードウェアの詳細については、次のマニュアルを参照してください。

Cisco IOS Release 12.2(25)S の場合は、『 Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2S 』を参照してください。

Cisco IOS Release 12.2SB の場合は、『 Cross-Platform Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SB 』を参照してください。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRA の場合は、『 Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SR for the Cisco 7600 Series Routers 』を参照してください。

Cisco IOS Release 12.2(33)SXH の場合は、『 Release Notes for Cisco IOS Release 12.2SX on the Catalyst 6500 Series MSFC 』を参照してください。

MPLS ハイ アベイラビリティについて

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS ハイ アベイラビリティの概要」

「MPLS ハイ アベイラビリティ機能」

「MPLS ハイ アベイラビリティ インフラストラクチャの変更」

「SSO と共存する MPLS アプリケーション」

MPLS ハイ アベイラビリティの概要

MPLS HA 機能は、SSO および NSF 機能を MPLS Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)および MPLS Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)機能に提供します。MPLS HA には次の新機能があります。

「NSF/SSO - MPLS VPN」

「NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート」

「NSF/SSO:Any Transport over MPLS およびグレースフル リスタート」

さらに、MPLS VPN と MPLS LDP の MIB は、MPLS HA 環境で動作するよう拡張されています。

次の機能は、MPLS HA 環境で動作するよう変更または作成されました。

「MPLS ハイ アベイラビリティ インフラストラクチャの変更」

「シスコ エクスプレス フォワーディングのスケーラビリティ拡張」

次の機能は、NSF/SSO 環境で正常に実行されます。これらの機能は SSO と NSF とともに存在できますが、重複した情報を Cisco 7500 シリーズ ルータ上のバックアップ Route Processor(RP; ルート プロセッサ)と Cisco 10000 シリーズ ルータ上のバックアップ Performance Routing Engine2(PRE2)に保持する機能を持っていません。

「MPLS トラフィック エンジニアリング」

「MPLS Quality of Service アプリケーション」

「IPv6 over MPLS」 (Cisco 10000 シリーズ ルータではサポートされません)

「MPLS ラベル スイッチング ルータ MIB」

「MPLS TE MIB」

「インターフェイス MIB への MPLS の機能拡張」

次の項では、これらの機能について詳しく説明します。

MPLS ハイ アベイラビリティ機能

次の MPLS HA 機能を使用すると、Cisco 7500 シリーズ ルータでの RP スイッチオーバーまたは Cisco 10000 シリーズ ルータでの PRE2 スイッチオーバーのあとでデータの転送を続行できます。

『MPLS Label Distribution Protocol (LDP)』

『MPLS Virtual Private Networks (VPNs)』

Any Transport over MPLS(AToM)


) Cisco IOS Release 12.2(28)SB では、AToM は Cisco 10000 シリーズ ルータでのハイ アベイラビリティ用にイネーブルになっていません。ただし、AToM は SSO と共存できます。これは、AToM は SSO 環境で正常に動作するが、ステート情報はスタンバイ RP で維持されないため、スイッチオーバーによって操作が部分的に中断する可能性があることを意味します。


MPLS HA をイネーブルにすると、Cisco 7500 シリーズ ルータ上の RP または Cisco 10000 シリーズ ルータ上の PRE2 が、LDP バインディング、MPLS フォワーディング ステート、および VPN プレフィクス情報を失うことなく、サービスの中断から回復できるという利点があります。

NSF/SSO - MPLS VPN

NSF/SSO - MPLS VPN 機能を使用すると、ルータは、VPN プレフィクス情報を失うことなくサービスの中断から回復できます。NSF/SSO - MPLS VPN 機能は、グレースフル リスタート Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)仕様と『 Cisco Nonstop Forwarding 』の機能の章で定義された BGP グレースフル リスタート メカニズムで動作します。BGP グレースフル リスタート機能では、ルータの再起動時に BGP グレースフル リスタートを実行しているルータが VPN プレフィクス情報を保持できるようにする、VPNv4 VRF がサポートされます。

NSF/SSO - MPLS VPN 機能の設定に関する詳細については、『 NSF/SSO--MPLS VPN 』の機能の章を参照してください。

NSF/SSO:MPLS VPN MIB

NSF/SSO - MPLS VPN 機能は MPLS VPN MIB で動作します。MPLS VPN MIB の設定に関する詳細については、『 MPLS VPN: SNMP MIB Support 』の機能の章を参照してください。

NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート

MPLS LDP は、SSO、NSF、およびグレースフル リスタートを使用して、Cisco 7500 シリーズ ルータ上の RP または Cisco 10000 シリーズ ルータ上の PRE2 が MPLS フォワーディング ステートを失うことなく、コントロール プレーン サービスの LDP コンポーネントの中断から回復できるようにします。NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート 機能は、直接接続されたピア間の LDP セッション、および直接接続されていないピア(ターゲット セッション)で機能します。

NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート 機能の設定に関する詳細については、『 NSF/SSO--MPLS LDP and LDP Graceful Restart 』の機能の章を参照してください。

NSF/SSO:MPLS LDP MIB

IETF バージョン 8 アップグレードを備えた MPLS LDP MIB は、NSF/SSO - MPLS LDP および LDP グレースフル リスタート でサポートされます。MPLS LDP MIB の設定に関する詳細については、『 MPLS Label Distribution Protocol MIB Version 8 Upgrade 』の機能の章を参照してください。

NSF/SSO:Any Transport over MPLS およびグレースフル リスタート

AToM は、SSO、NSF、およびグレースフル リスタートを使用して、RP が MPLS フォワーディング ステートを失うことなく、コントロール プレーン サービスの LDP コンポーネントの中断から回復できるようにします。


) Cisco IOS Release 12.2(28)SB では、AToM は Cisco 10000 シリーズ ルータでのハイ アベイラビリティ用にイネーブルになっていません。ただし、AToM は SSO と共存できます。これは、AToM は SSO 環境で正常に動作するが、ステート情報はスタンバイ RP で維持されないため、スイッチオーバーによって操作が部分的に中断する可能性があることを意味します。


AToM NSF/SSO サポートとグレースフル リスタートの設定に関する詳細については、『 NSF/SSO: Any Transport over MPLS and Graceful Restart 』を参照してください。

MPLS ハイ アベイラビリティ インフラストラクチャの変更

MPLS コントロール プレーン ソフトウェアは、HA 環境で動作するよう拡張されています。この変更によって、コントロール プレーン ソフトウェアがよりモジュール化し、MPLS で最新のアプリケーションがサポートされるようになりました。コントロール プレーン ソフトウェアの一部の変更によって、MPLS のスケーラビリティと柔軟性が向上しました。詳細については、「シスコ エクスプレス フォワーディングのスケーラビリティ拡張」を参照してください。

MPLS Forwarding Infrastructure(MFI)およびシスコ エクスプレス フォワーディング コンポーネントへの変更により、新しいコマンドが導入され、その他の既存のコマンドが変更されました。

MFI が、Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)の代わりに使用され、転送に使用される MPLS データ構造の管理を行います。MFI に関連する MPLS コマンドの変更の詳細については、『 MPLS High Availability: Command Changes 』マニュアルを参照してください。


) MFI と LFIB は、同じイメージに共存しません。ユーザは、Cisco IOS Release 12.2(25)S 以降のリリースに導入されている MFI を使用する必要があります。


MPLS ハイ アベイラビリティでは、MPLS IP Rewrite Manager(IPRM)が導入されています。これは、シスコ エクスプレス フォワーディング、IP Label Distribution Module(LDM; ラベル配布モジュール)、および MFI 間のやり取りを管理します。MPLS IPRM はデフォルトでイネーブルになっています。IPRM を設定またはカスタマイズする必要はありません。IPRM に関連する show コマンドと debug コマンドについては、「コマンド リファレンス」を参照してください。

シスコ エクスプレス フォワーディングのスケーラビリティ拡張

シスコ エクスプレス フォワーディングは、フォワーディング パスを提供し、ソフトウェアおよびハードウェアのフォワーディング エンジンの両方に対する、完全なフォワーディング テーブルおよび隣接関係テーブルを保持します。

シスコ エクスプレス フォワーディングでは、MPLS ハイ アベイラビリティによって、新機能と新規ハードウェアがサポートされます。シスコ エクスプレス フォワーディングの向上によって、シスコ エクスプレス フォワーディングが MPLS HA アプリケーションと MFI インフラストラクチャで動作できるようになります。また、スケーラビリティが高まります。 表 1 に概要が示されています。

 

表 1 シスコ エクスプレス フォワーディングのスケーラビリティ拡張

Cisco 7500 シリーズ ルータの場合
Cisco 10000 シリーズ ルータの場合

最大 512,000 個のプレフィクス

最大 100 万個のプレフィクス

最大 128,000 個の隣接関係

最大 100 万個の隣接関係

4000 個の VPN

4000 個の VPN

Routing Information Base(RIB; ルーティング情報ベース)の任意のプレフィクス パス カウント

RIB の任意のプレフィクス パス カウント

転送用にプレフィクスごとに 16 個のパス

転送用にプレフィクスごとに 8 個のパス

64 個のシスコ エクスプレス フォワーディング インスタンス(ラインカードや冗長 RP など)

該当なし

シスコ エクスプレス フォワーディングにより、次の拡張が行われます。

メモリ使用を改善する。

大規模なピーク メモリ使用を削減する。

Cisco 7500 シリーズ ルータのルート コンバージェンス時間を短縮する。

シスコ エクスプレス フォワーディング コマンドの変更に関する詳細については、『 Cisco Express Forwarding: Command Changes 』を参照してください。

SSO と共存する MPLS アプリケーション

ここでは、Cisco 7500 シリーズ ルータでの RP スイッチオーバーまたは Cisco 10000 シリーズ ルータでの PRE2 スイッチオーバーによって、影響を受けない操作を部分的または完全に維持する MPLS 機能をリストします。

MPLS トラフィック エンジニアリング

MPLS Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)機能は、新規のシスコ エクスプレス フォワーディングおよび MFI モジュールで動作します。TE は SSO と共存しています。これは、Cisco 7500 シリーズ ルータでの RP スイッチオーバーまたは Cisco 10000 シリーズ ルータでの PRE2 スイッチオーバーによって、影響を受けない操作を部分的または完全に維持することを意味します。MPLS ハイ アベイラビリティでは追加の機能は導入されていません。MPLS ハイ アベイラビリティ機能とともに debug mpls traffic-eng lsd-client コマンドが導入されました

MPLS Quality of Service アプリケーション

Cisco IOS MPLS では、MPLS パケットに影響を与えるために、 表 2 にリストされている Quality Of Service(QoS)機能をイネーブルにすることで、IETF DiffServ アーキテクチャがサポートされます。

表 2 MPLS QoS サポート

カテゴリ
関連する MPLS QoS 機能

トラフィックの分類

アクセス コントロール リストのマッチング

トラフィック マーキング

Differentiated Service Code Point(DSCP)

MPLS Experimental(EXP)フィールド

輻輳管理

Low Latency Queuing(LLQ; 低遅延キューイング)

クラスベース重み付け均等化キューイング(CBWFQ)

輻輳回避

Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出)

トラフィック コンディショニング

シェーピングおよびポリシング

IPv6 over MPLS

IPv6 over MPLS アプリケーションは、新規のシスコ エクスプレス フォワーディングおよび MFI モジュールで動作します。IPv6 over MPLS は SSO と共存しています。これは、RP スイッチオーバーによって、影響を受けない操作を部分的または完全に維持することを意味します。


) Cisco 10000 シリーズ ルータでは、IPv6 over MPLS アプリケーションはサポートされません。


コマンドの変更は、『 Cisco IOS IPv6 Command Reference 』に記載されています。

MPLS ラベル スイッチング ルータ MIB

MPLS Label Switching Router(LSR; ラベル スイッチング ルータ)MIB は MPLS HA 環境で動作します。明確に定義され、順序付けられた値を提供するために、LSR MIB で次の 2 つのインデックスが変更されました。

mplsXCIndex

mplsOutSegmentIndex

これは、次の方法で MPLS LSR MIB に利点をもたらします。

MIB ウォークスルーの順序の整合性が保たれ、論理的である。

スイッチオーバー後に同じインデックス値が維持される。

MPLS LSR MIB に関する詳細については、『 MPLS Label Switching Router MIB 』を参照してください。

MPLS TE MIB

MPLS TE MIB は MPLS HA 環境で動作します。MPLS TE MIB に関する詳細については、『 MPLS Traffic Engineering (TE) MIB 』を参照してください。


) Cisco 7500 シリーズ ルータでの RP スイッチオーバーまたは Cisco 10000 シリーズ ルータでの PRE2 スイッチオーバー後に、TE MIB の mplsTunnelCreationTime の値には、トンネルが作成された時刻が正しく反映されません。RP または PRE2 スイッチオーバー後に、トンネルのタイムスタンプは新しくなります。


インターフェイス MIB への MPLS の機能拡張

インターフェイス MIB への MPLS の機能拡張は MPLS HA 環境で動作します。インターフェイス MIB への MPLS の機能拡張に関する詳細については、『 MPLS Enhancements to Interfaces MIB 』を参照してください。

その他の参考資料

ここでは、MPLS ハイ アベイラビリティ機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

規格

規格
タイトル

draft-ietf-mpls-bgp-mpls-restart.txt

『Graceful Restart Mechanism for BGP with MPLS』

draft-ietf-mpls-idr-restart.txt

「Graceful Restart Mechanism for BGP」

MIB

MIB
MIB リンク

MPLS VPN MIB

MPLS ラベル配布プロトコル MIB バージョン 8 アップグレード

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 3478

『Graceful Restart Mechanism for Label Distribution』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログイン ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com でまず登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にあるコマンド検索ツールを使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List 』を参照してください。

clear mpls counters

clear mpls ip iprm counters

debug mpls ip iprm

debug mpls ip iprm cef

debug mpls ip iprm events

debug mpls ip iprm ldm

debug mpls ip iprm mfi

debug mpls traffic-eng lsd-client

show mpls ip iprm counters

show mpls ip iprm ldm

MPLS ハイ アベイラビリティの機能情報:概要

表 3 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco IOS ソフトウェア イメージは、Cisco IOS ソフトウェア リリース、機能セット、プラットフォームそれぞれに固有です。Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。


表 3 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 3 MPLS ハイ アベイラビリティの機能情報:概要

機能名
リリース
機能情報

MPLS ハイ アベイラビリティ:概要

12.2(25)S
12.2(28)SB
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH

ここでは、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)機能の概要について説明します。

この機能は、12.2(25)S で Cisco 7500 シリーズ ルータに導入されました。

Cisco 10000 のサポートは、12.2(28)SB で追加されました。

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートは、12.2(33)SRA で追加されました。

この機能は、12.2(33)SXH で Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。