マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更
MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更

目次

について

タグ スイッチング コマンドに代わる MPLS コマンド

新しいコマンド デフォルト

MPLS MTU コマンドの変更

削除されたコマンド

置き換えられたコマンド

MPLS ハイ アベイラビリティの設定方法:コマンドの変更

MPLS ハイ アベイラビリティの設定例:コマンドの変更

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

の機能情報

MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更

この機能の章では、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)機能の更新をサポートするために必要なコマンドの変更について詳しく説明します。

Cisco IOS Release 12.2(25)S、12.2(28)SB、12.2(33)SRA、および 12.2(33)SXH では、MPLS コントロール プレーン ソフトウェアが MPLS HA 環境で動作するように拡張されています。これらの変更により、コントロール プレーン ソフトウェアはよりモジュラ化され、その支援により、MPLS は MPLS HA アプリケーションをサポートしています。また、コントロール プレーン ソフトウェアの一部の変更により、MPLS の拡張性および柔軟性が向上しています。

MPLS Forwarding Infrastructure(MFI)およびシスコ エクスプレス フォワーディング コンポーネントへの変更により、新しいコマンドが導入され、その他の既存のコマンドが変更されました。MFI が、Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)の代わりに使用され、転送に使用される MPLS データ構造の管理を行います。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。このモジュールに記載されている機能に関するドキュメントへのリンク、および各機能がサポートされているリリースに関するリストについては、「MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更の機能情報」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更について

MPLS ハイ アベイラビリティ機能を使用する前に、次の概念を理解する必要があります。

「タグ スイッチング コマンドに代わる MPLS コマンド」

「新しいコマンド デフォルト」

「MPLS MTU コマンドの変更」

「削除されたコマンド」

「置き換えられたコマンド」

タグ スイッチング コマンドに代わる MPLS コマンド

Cisco IOS Release 12.2(25)S、12.2(28)SB、12.2(33)SRA、および 12.2(33)SXH 以降、すべてのタグ スイッチング コマンドが廃止され、代わりに MPLS コマンド バージョンが採用されています。 tag-switching ip など、廃止されたタグ スイッチング コマンドを入力すると、次のメッセージを受け取ります。

% Command accepted but obsolete, unreleased, or unsupported; see documentation
 

代わりに、 mpls ip などの MPLS バージョンのコマンドを使用してください。

タグ スイッチング バージョンのコマンドのサポートは、将来のリリースで打ち切られます。

タグ スイッチング バージョンのコマンドを使用しているコンフィギュレーション ファイルは引き続き動作します。ただし、設定を実行すると、新しい MPLS バージョンのコマンドが表示されます。

新しいコマンド デフォルト

Cisco IOS Release 12.2(25)S、12.2(28)SB、12.2(33)SRA、および 12.2(33)SXH 以降、Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)がデフォルト プロトコルです。他のリリースとトレインでは、デフォルトのラベル配布プロトコルは、Tag Distribution Protocol(TDP; タグ配布プロトコル)です。詳細については、「 NSF/SSO--MPLS LDP and MPLS LDP Graceful Restart 」の機能の「 mpls label protocol 」(グローバル コンフィギュレーション)コマンドを参照してください。

MPLS MTU コマンドの変更

mpls mtu コマンドは、Cisco IOS Release 12.2(25)S 以降、複数のリリースを通じて変更されてきました。ここでは、Cisco IOS Release 12.2(25)S で実装された変更について説明します。Cisco IOS Release 12.2(27)SBC および以降のリリースで実装された変更の詳細については、「 MPLS MTU Command Changes 」の機能を参照してください。

Cisco IOS Release 12.2(25)S では、インターフェイス MTU が 1524 バイト未満の場合、最大 MPLS MTU を、インターフェイス MTU よりも 24 バイト大きく設定できます。たとえば、インターフェイス MTU が 1510 バイトに設定されている場合、最大 MPLS MTU を 1534 バイト(1510 + 24)に設定できます。


) MPLS MTU は MPLS MTU よりも大きい値に設定できますが、ハードウェアでのパケットのドロップを回避するために、MPLS MTU はインターフェイス MTU 以下にすることをお勧めします。ベスト プラクティスは、コア方向のインターフェイスのインターフェイス MTU を、エッジ方向のインターフェイスの IP MTU またはインターフェイス MTU よりも大きい値に設定することです。


インターフェイス MTU が 1524 バイト以上の場合、最大 MPLS MTU はインターフェイス MTU と同じ大きさに設定できます。たとえば、インターフェイス MTU が 1600 バイトに設定されている場合、MPLS MTU は最大 1600 バイトまで設定できます。MPLS MTU をインターフェイス MTU よりも大きい値に設定すると、トラフィックがドロップされます。

インターフェイス MTU 値の設定を許可していないインターフェイスで、インターフェイス MTU が
1500 バイトの場合、MPLS MTU の範囲は 64 ~ 1524 バイトです。

以前のリリースから Cisco IOS Release 12.2(25)S にアップグレードした場合で、これらのガイドラインに準拠していない MPLS MTU 設定がある場合、システムは MPLS MTU 設定を受け入れません。これが発生した場合、ガイドラインに準拠するように MPLS MTU を再設定してください。

削除されたコマンド

Cisco IOS Release 12.2(25)S、12.2(28)SB、12.2(33)SRA、および 12.2(33)SXH では、次のコマンドは使用できません。

debug mpls adjacency

debug mpls lfib cef

debug mpls lfib enc

debug mpls lfib lsp

debug mpls lfib state

debug mpls lfib struct

debug mpls lfib fast-reroute

置き換えられたコマンド

表 1 は、tag-switching という語を使用しているコマンドのリストです。Cisco IOS Release 12.2(25)S、12.2(28)SB、12.2(33)SRA、および 12.2(33)SXH 以降、これらのコマンドは MPLS 用語で更新されました。タグ スイッチング バージョンのコマンドは廃止されましたが、タグ スイッチング コマンドは引き続き動作します。ただし、文書には記載されていません。

MPLS バージョンのコマンドを使用してください。タグ スイッチング コマンドを発行すると、次のエラーを受け取ります。

% Command accepted but obsolete, unreleased, or unsupported; see documentation
 

表 1 および 表 2 の MPLS コマンドの詳細については、
Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』を参照してください。

表 1 は、タグ スイッチング コマンドの代わりに採用された、Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される MPLS コマンドのリスト(アルファベット順)です。

表 1 Cisco 7500 シリーズ:タグ スイッチング コマンドの代わりに採用された MPLS コマンド

採用された MPLS コマンド
廃止された対応するタグ スイッチング コマンド

debug mpls atm-cos

debug tag-switching atm-cos

debug mpls atm-ldp api

debug tag-switching atm-tdp api

debug mpls atm-ldp routes

debug tag-switching atm-tdp routes

debug mpls atm-ldp states

debug tag-switching atm-tdp states

debug mpls events

debug tag-switching events

debug mpls ldp advertisements

debug tag-switching tdp advertisements

debug mpls ldp bindings

debug tag-switching tdp bindings

debug mpls ldp messages

debug tag-switching tdp pies

debug mpls ldp peer state-machine

debug tag-switching tdp peer state-machine

debug mpls ldp session io

debug tag-switching tdp session io

debug mpls ldp session state-machine

debug tag-switching tdp session state-machine

debug mpls ldp targeted-neighbors

debug tag-switching tdp directed-neighbors

debug mpls ldp transport connections

debug tag-switching tdp transport connections

debug mpls ldp transport events

debug tag-switching tdp transport events

debug mpls traffic-eng tunnels events

debug tag-switching tsp-tunnels events

debug mpls traffic-eng tunnels labels

debug tag-switching tsp-tunnels tagging

debug mpls traffic-eng tunnels signalling

debug tag-switching tsp-tunnels signalling

debug mpls xtagatm cross-connect

debug tag-switching xtagatm cross-connect

debug mpls xtagatm errors

debug tag-switching xtagatm errors

debug mpls xtagatm events

debug tag-switching xtagatm events

debug mpls xtagatm vc

debug tag-switching xtagatm vc

mpls atm control-vc

tag-switching atm control-vc

mpls atm cos

tag-switching atm cos

mpls atm disable-headend-vc

tag-switching atm disable-headend-vc

mpls atm multi-vc

tag-switching atm multi-vc

mpls atm vpi

tag-switching atm vpi

mpls atm vp-tunnel

tag-switching atm vp-tunnel

mpls cos-map

tag-switching cos-map

mpls ip(グローバル コンフィギュレーション)

tag-switching ip(グローバル コンフィギュレーション)

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

tag-switching ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

mpls ip default-route

tag-switching ip default-route

mpls ip propagate-ttl

tag-switching ip propagate-ttl

mpls label range

tag-switching tag-range downstream

mpls ldp advertise-labels

tag-switching advertise-tags

mpls ldp atm control-mode

tag-switching atm allocation-mode

mpls ldp atm vc-merge

tag-switching atm vc-merge

mpls ldp discovery

tag-switching tdp discovery

mpls ldp holdtime

tag-switching tdp holdtime

mpls ldp maxhops

tag-switching atm maxhops

mpls mtu

tag-switching mtu

mpls prefix-map

tag-switching prefix-map

mpls request-labels for

tag-switching request-tags for

mpls traffic-eng tunnels

tag-switching tsp-tunnels

show mpls atm-ldp bindings

show tag-switching atm-tdp bindings

show mpls atm-ldp bindwait

show tag-switching atm-tdp bindwait

show mpls atm-ldp capability

show tag-switching atm-tdp capability

show mpls atm-ldp summary

show tag-switching atm-tdp summary

show mpls cos-map

show tag-switching cos-map

show mpls forwarding-table

show tag-switching forwarding-table

show tag-switching forwarding vrf

show mpls interfaces

show tag-switching interfaces

show mpls ldp bindings

show tag-switching tdp bindings

show mpls ldp discovery

show tag-switching tdp discovery

show mpls ldp neighbors

show tag-switching tdp neighbors

show mpls ldp parameters

show tag-switching tdp parameters

show mpls prefix-map

show tag-switching prefix-map

show mpls traffic-eng tunnels

show tag-switching tsp-tunnels

tunnel mode mpls traffic-eng

tunnel mode tag-switching

表 2 は、タグ スイッチング コマンドの代わりに採用された、Cisco 10000 シリーズ ルータで使用される MPLS コマンドのリスト(アルファベット順)です。

 

表 2 Cisco 10000 シリーズ:タグ スイッチングコマンドの代わりに採用された MPLS コマンド

採用された MPLS コマンド
廃止された対応するタグ スイッチング コマンド

debug mpls events

debug tag-switching events

debug mpls ldp advertisements

debug tag-switching tdp advertisements

debug mpls ldp bindings

debug tag-switching tdp bindings

debug mpls ldp messages

debug tag-switching tdp pies

debug mpls ldp peer state-machine

debug tag-switching tdp peer state-machine

debug mpls ldp session io

debug tag-switching tdp session io

debug mpls ldp session state-machine

debug tag-switching tdp session state-machine

debug mpls ldp targeted-neighbors

debug tag-switching tdp directed-neighbors

debug mpls ldp transport connections

debug tag-switching tdp transport connections

debug mpls ldp transport events

debug tag-switching tdp transport events

debug mpls traffic-eng tunnels events

debug tag-switching tsp-tunnels events

debug mpls traffic-eng tunnels labels

debug tag-switching tsp-tunnels tagging

debug mpls traffic-eng tunnels signalling

debug tag-switching tsp-tunnels signalling

mpls ip(グローバル コンフィギュレーション)

tag-switching ip(グローバル コンフィギュレーション)

mpls ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

tag-switching ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

mpls ip default-route

tag-switching ip default-route

mpls ip propagate-ttl

tag-switching ip propagate-ttl

mpls label range

tag-switching tag-range downstream

mpls ldp advertise-labels

tag-switching advertise-tags

mpls ldp discovery

tag-switching tdp discovery

mpls ldp holdtime

tag-switching tdp holdtime

mpls ldp maxhops

tag-switching atm maxhops

mpls mtu

tag-switching mtu

mpls prefix-map

tag-switching prefix-map

mpls request-labels for

tag-switching request-tags for

mpls traffic-eng tunnels

tag-switching tsp-tunnels

show mpls forwarding-table

show tag-switching forwarding-table

show tag-switching forwarding vrf

show mpls interfaces

show tag-switching interfaces

show mpls ldp bindings

show tag-switching tdp bindings

show mpls ldp discovery

show tag-switching tdp discovery

show mpls ldp neighbors

show tag-switching tdp neighbors

show mpls ldp parameters

show tag-switching tdp parameters

show mpls prefix-map

show tag-switching prefix-map

show mpls traffic-eng tunnels

show tag-switching tsp-tunnels

tunnel mode mpls traffic-eng

tunnel mode tag-switching

MPLS ハイ アベイラビリティの設定方法:コマンドの変更

この機能に関する設定作業はありません。

MPLS ハイ アベイラビリティの設定例:コマンドの変更

この機能に関する設定例はありません。

その他の参考資料

ここでは、MPLS ハイ アベイラビリティ機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

VPNS 対応 MPLS HA

『NSF/SSO-MPLS VPN』

LDP 対応 MPLS HA

『NSF/SSO-MPLS LDP and MPLS LDP Graceful Restart』

MPLS HA およびその他のアプリケーション

『MPLS High Availability: Overview』

ステートフル スイッチオーバー

『Stateful Switchover』

MPLS ラベル配布プロトコル

『MPLS Label Distribution Protocol (LDP)』

Cisco ノンストップ フォワーディング

『Cisco Nonstop Forwarding』

Cisco IOS Release 12.2(27)SBC および以降のリリースで実装された MPLS MTU コマンドの変更。

『MPLS MTU Command Changes』

Cisco IOS Release 12.4 コマンド

Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア リリースによりサポートされている MIB のリストを入手し、MIB モジュールをダウンロードするには、Cisco.com の次のシスコ MIB Web サイトの URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログイン ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com でまず登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にあるコマンド検索ツールを使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List 』を参照してください。

debug mpls packets

mpls mtu

show atm vc

show mpls forwarding-table

show tech-support mpls

MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更の機能情報

表 3 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco IOS ソフトウェア イメージは、Cisco IOS ソフトウェア リリース、機能セット、プラットフォームそれぞれに固有です。Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。


表 3 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 3 MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更 の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS ハイ アベイラビリティ:コマンドの変更

12.2(25)S
12.2(28)SB
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH

この機能では、MPLS ハイ アベイラビリティ機能のために変更された MPLS コマンドについて説明します。

この機能は、12.2(25)S で Cisco 7500 シリーズ ルータに導入されました。

Cisco 10000 シリーズ ルータのサポートは、12.2(28)SB で追加されました。

Cisco 7600 シリーズ ルータのサポートは、12.2(33)SRA で追加されました。

この機能は、12.2(33)SXH で Cisco IOS Release 12.2(33)SXH に統合されました。