マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択
ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2012/01/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択

この機能により、この機能をサポートする ATM 接続されたルータのペア間で、複数の VC が異なる Quality of Service(QoS)特性を使用するように設定できます。VC バンドル管理を使用すると、各種の QoS 設定を使用する複数の VC を同一の宛先に向けること、およびトラフィックに関連付けられているプロトコル基準に基づき、トラフィックを VC にマップすることができます。Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)パケット内の 3 つの Experimental(EXP)ビットにより、バンドル内のどの VC を使用してパケットを転送するかが決まります。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の前提条件

この機能では、ATM VC 管理、シスコ エクスプレス フォワーディング、Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)、Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)スイッチング機能が必要です。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択に関する制約事項

リモート終端にあるルータは、MPLS と ATM VC 管理をサポートする Cisco IOS ソフトウェアのバージョンを実行している必要があります。

この機能は、ATM Interface Processor(AIP; ATM インターフェイス プロセッサ)または ATM Lite ポート アダプタ(PA-A1)ではサポートされません。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択に関する情報

MPLS EXP ビット ベースの ATM PVC バンドル VC 選択機能を設定するには、次の項の概念を理解する必要があります。

「ATM VC バンドル管理」

「ATM VC バンドルの設定」

「ATM VC バンドル管理の利点」

「VC バンドル管理のサポート機能」

ATM VC バンドル管理

MPLS EXP ビット ベースの ATM PVC バンドル VC 選択機能は、IP‐ATM 間サービス クラス機能スイートを拡張した機能です。IP-ATM 間サービス クラス機能スイートは、VC サポートおよびバンドル管理を使用して、IP と ATM 間で QoS 特性をマップします。これにより、(同じ宛先に対して異なるサービス品質を使用する)複数の VC を所有するカスタマーは、QoS 差異化ネットワークを構築できます。

IP-ATM 間サービス クラス機能スイートにより、カスタマーは、パケット転送の選択基準として IP precedence レベルを使用できます。この機能により、カスタマーは、パケット転送の追加選択基準として MPLS Experimental レベルの使用を選択できます。


) パケット転送の選択基準が選択されていない場合(つまり、パケットにラベルが付加されていない場合)、この機能は、IP precedence レベルをデフォルトの選択基準として使用します。


IP-ATM 間サービス クラス機能スイートの詳細については、「関連資料」を参照してください。

ATM VC バンドルの設定

ATM VC バンドル管理を使用すると、ATM 接続されたルータのペア間で、複数の VC が異なる QoS 特性を使用するように設定できます。図 1 に示すように、これらの VC はバンドル内にグループ化され、バンドル メンバと呼ばれます。

図 1 ATM VC バンドル

 

ATM VC バンドル管理により、ATM VC バンドルを定義して、その ATM VC バンドルに VC を追加できます。バンドルの各 VC は、独自の ATM トラフィック クラスおよび ATM トラフィック パラメータを所有します。アトリビュートおよび特性を個別の VC バンドル メンバに適用すること、またはそれらのアトリビュートおよび特性を、バンドル レベルでまとめて適用することができます。

VC バンドルを使用すると、異なる VC バンドル メンバに MPLS EXP レベルを柔軟に分散させて、ディファレンシエーテッド サービスを作成できます。単一の MPLS EXP レベル、またはこれらのレベルの範囲を、バンドル内の各個別 VC にマップできるため、バンドル内の個々の VC は、各 MPLS EXP レベルがマークされたパケットを伝送できます。Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出)または distributed WRED(dWRED; 分散 WRED)を使用することで、各種 MPLS EXP レベルを持つトラフィック間で、サービスを詳細に差異化できます。

バンドル内のどの VC を使用して宛先にパケットを転送するか決定するために、ATM VC バンドル管理ソフトウェアは、パケットと VC の間で MPLS EXP レベルを照合します(図 2 を参照)。バンドル内のすべての VC は同じ宛先を共有するため、IP トラフィックは、バンドルのネクスト ホップ アドレスに送信されますが、パケットを伝送するために使用される VC は、そのパケットに設定されている値(パケットのヘッダーの Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)バイトの MPLS EXP レベルの値)により決まります。ATM VC バンドル管理ソフトウェアは、パケットの MPLS EXP レベルと、VC に割り当てられている MPLS EXP レベルを照合し、適切な VC でパケットを送信します。

さらに、ATM VC バンドル管理ソフトウェアでは、パケットが最初に送られた先の VC がダウンしていた場合に、トラフィックをどのようにリダイレクトするかを設定できます。図 2 は、ATM VC バンドル管理ソフトウェアが、パケットの送信に使用する Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)バンドル メンバをどのように決定するか、および同じ VC でのトラフィックの差異化のために WRED(または dWRED)がどのように使用されるかを示しています。

図 2 パケット転送用の ATM VC バンドル PVC の選択

 

複数の並列 ATM VC のサポートにより、IP レイヤでより適切なサービス差異化を作成できます。たとえば、Constant Bit Rate(CBR; 固定ビット レート)または Variable Bit Rate real-time(VBR-rt; 可変ビット レート リアルタイム)が厳密に制限された ATM VC での Voice over IP トラフィックなど、リアル タイム Class of Service(CoS; サービス クラス)に属する IP トラフィックを提供するようにネットワークを設定する必要がある一方で、ネットワークにおいて、より柔軟性のある ATM Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)PVC で、非リアル タイム トラフィックを転送できるようにする必要がある場合があります。UBR は、ベストエフォート サービスの効果的な ATM バージョンです。複数の並列 ATM VC 設定を使用することで、ネットワーク キャパシティをフル活用できます。

ATM VC バンドル管理の利点

ATM VC バンドル管理は、ATM ネットワーク インフラストラクチャで新たな投資をしなくても、クラスベースのサービスに対して実際に使用できるソリューションを提供できるように設計されています。これにより、ネットワークで、ルーティング部分だけでなく、WAN 全体でさまざまなサービス クラス(ディファレンシャル サービス クラスとも呼ばれる)を提供できます。ネットワーク使用率が高いときや輻輳時に、ミッションクリティカル アプリケーションに対して例外的なサービスを提供できます。また、非クリティカルなトラフィックのネットワーク使用量を制限できます。これにより、より重要なトラフィックやユーザ タイプの QoS を向上させることができます。

ATM VC バンドル管理により、カスタマーは、IP precedence に加えて MPLS EXP レベルをパケット転送の選択基準として選択できます。

VC バンドル管理のサポート機能

VC バンドルによる MPLS では、次の機能がサポートされます。

PVC サポートのみ(Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)なし)

マルチポイントおよびポイントツーポイント サブインターフェイスのサポート。

AAL5SNAP(RFC1483 ブリッジング)および Multiplex(MUX; 多重方式)タイプ VC カプセル化のサポート。

ネクスト ホップ プロトコル アドレスに対するスタティック マッピングおよび Inverse Address Resolution Protocol(Inverse ARP; Inverse アドレス解決プロトコル)の使用(マルチポイント サブインターフェイスでのみサポート)。

明示的な設定による PVC と VC バンドルの関連付け。

Interim Local Management Interface(ILMI; 暫定ローカル管理インターフェイス)および PVC 管理機能の Operation, Administration, and Maintenance(OAM; 運用管理および保守)機能を使用した PVC 障害の検出。

バンドル内の VC の選択

MPLS ヘッダー内の 3 つの EXP ビットを使用して、優先順位レベルが定義されます。レベル 7 が MPLS トラフィックの最も高い優先順位です。

VC と優先順位レベルの自動マッピングは実行できません。ユーザは、各メンバ VC に対し、 mpls experimental コマンドを使用して明示的にマッピングを指定する必要があります。

複数の優先順位レベルを 1 つの VC にマップできます。

PAK_PRIORITY_CRUCIAL フラグが設定されているパケットは、高いプライオリティ(レベル 6)の VC で送信されます。これらのパケットには、統合 IP ルーティング対応の Intermediate System-Intermediate System(IS-IS)パケットなど、IP ルーティング パケットが含まれます。Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)メッセージ、Tag Distribution Protocol(TDP; タグ配布プロトコル)メッセージ、および Inverse ARP パケットも優先順位レベル 6 の VC を使用します。ただし、OAM セルは、PAK_PRIORITY_CRUCIAL フラグが設定されていても、PVC 障害を検出するために個別の VC を流れます。

通常の ping コマンドは、最も低い優先順位(レベル 0)の VC を使用します。Internetwork Packet Exchange(IPX)などの他のプロトコルがバンドルで設定されている場合、それらのプロトコルでも、最も低い優先順位レベルの VC がトラフィックのために使用します。

ATM Inverse ARP

Inverse ARP は、バンドル レベルのパラメータとして表示され、バンドル内の個々の VC ではなく、バンドルに対してのみイネーブルまたはディセーブルにできます。

PAK_PRIORITY_CRUCIAL フラグは各 ATM Inverse ARP パケットに設定され、このフラグが設定されたパケットは優先順位レベル 6 の VC を使用します。

IPX などの他のプロトコルでは、Inverse ARP は、バンドルで設定しないかぎり、デフォルトではオフになっています。

ブロードキャストおよびマルチキャスト

ブロードキャストは、バンドル内の個々の VC レベルではなく、バンドル レベルでオンまたはオフにできます。

ブロードキャスト トラフィックの転送には、疑似ブロードキャストが使用されます。

ブロードキャスト トラフィック用の VC の選択は、ブロードキャスト パケットの優先順位レベルに基づきます。

バンドル管理

保護グループ内のすべてのメンバがダウンした場合、保護グループ ルールに従い、バンドルは停止していると宣言されます。

保護 VC がダウンした場合、保護 VC ルールに従い、バンドルがダウンします。

VC は、スタンドアロン VC にすること、または 1 つのバンドルにのみ所属させることができます。

バンドルがダウンした場合、バンドル内の一部の VC が稼動していても、トラフィックはそのバンドルから転送されません。

VC バンピングでは、各バンドル メンバが、バンピングを許可するかどうかを指定できます。バンピングが許可されている場合、VC がダウンしたとき、次に低い優先順位レベルの VC が選択されます。これは暗黙的なバンピング ルールです。元の VC が復旧すると、トラフィックは元の VC に戻ります。

明示的な VC バンピングでは、VC は、ダウンしたときにそのトラフィックをバンプする先の優先順位レベルを指定できます。バンピングでは、1 つの優先順位レベルのみ指定できます。バンプされたトラフィックを伝送する VC もダウンしている場合、トラフィックは、その VC に対して指定されているバンピング ルールに従います。

拒否バンピングで、バンプされたトラフィックを受け取らないように VC を設定することもできます。

バンプされた一部のトラフィック用の代替 VC が見つからない場合、バンドルは停止していると宣言する必要があります。

最も低い優先順位の VC の障害が原因でバンドルがダウンするのを回避するには、最も低い優先順位の VC に対して明示的バンピングを設定します。

EXEC コマンドを使用すると、バンドルのステータスアトリビュートおよびバンドル内の各 VC の現在のステータスを表形式で表示できます。

バンドル統計情報は、VC バンドルに集約されている VC について提供される統計情報と同じです。

バンドル デバッグ コマンドがイネーブルの場合、このコマンドにより、バンドル イベントおよびバンドル エラーが出力されます。

パケット転送

VC バンドルでの MPLS パケット転送には 4 つの有効なパス(IP から MPLS、MPLS から MPLS、MPLS から IP、およびローカル生成パケット)があります。

ローカル生成パケットには、プロセス スイッチングが使用されます。

IP から MPLS へのパスには、シスコ エクスプレス フォワーディング FIB スイッチングが使用されます。

MPLS から MPLS へのパス、および MPLS から IP へのパスには、シスコ エクスプレス フォワーディング LFIB スイッチングが使用されます。

中継 IP パケットに対しては高速スイッチングはサポートされません。高速スイッチング パスは、IP パケットの優先順位レベルに基づいて、IP パケットを分類することはしません。

VC バンドル設定は、IP VC バンドル機能を処理するためにすでに追加されており、変更なしで使用できます。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

「MPLS の設定および VC バンドルの作成」(必須)

「バンドルレベル プロトコルの設定」(必須)

「VC バンドル メンバに対しパラメータを直接設定」(任意)

「VC クラスの設定とパラメータのバンドルへの適用」(任意)

「バンドルへのクラスのアタッチ」(任意)

「サブインターフェイス レベルでの VC バンドルの設定」(任意)

「VC アトリビュートおよびバンドル アトリビュートの割り当て」(任意)

「ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の設定の確認」(任意)

MPLS の設定および VC バンドルの作成

MPLS をイネーブルにし、VC バンドルを作成するには、次の作業を実行します。VC バンドルを作成する場合、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。このモードでは、アトリビュートおよびパラメータを、バンドルとバンドルのすべてのメンバ VC に割り当てることができます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip cef [ distributed ]

4. mpls ldp advertise-labels

5. interface atm interface-number [. subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

6. ip address ip-address mask

7. mpls ip

8. bundle bundle-name

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip cef [ distributed ]

 

Router(config)# ip cef

MPLS に必要なシスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにします。

キーワードを使用します。

ステップ 4

mpls ldp advertise-labels

 

Router(config)# mpls ldp advertise-labels

LDP を通じて、ローカルで割り当てられる着信ラベルの配布を制御し、TDP ネイバーが TDP ネイバー間でメッセージを交換できるようにします。

ステップ 5

interface atm interface-number [ . subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

 

Router(config)# interface atm 0/0/3

ATM インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip address 10.13.11.3 255.255.0.0

インターフェイスの IP アドレスを設定します。

ステップ 7

mpls ip

 

Router(config-if)# mpls ip

プラットフォーム用に通常ルーティングされるパスに沿って IP パケットの MPLS 転送が行われるようにします。

ステップ 8

bundle bundle-name

 

Router(config-if)# bundle new-york

バンドルを作成または変更し、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。プロンプトが以下に変わります。

Router(config-if-atm-bundle)#

次の作業

VC バンドル メンバを直接設定するか、バンドルにアタッチされる VC クラスを使用するかを決定します。

バンドルにパラメータを直接適用することで、またはバンドルに割り当てられている VC クラスにパラメータを適用することで、バンドルにパラメータ(またはアトリビュート)を適用できます。

VC クラスは、バンドルとそのすべての VC メンバに適用されるため、バンドルに割り当てられている VC クラスを使用してパラメータを適用することで、複数のパラメータを一度に適用できます。この方法では、バンドルのすべての VC に対しパラメータを適用でき、適用後、個々の VC の対応パラメータ(一部のパラメータ)を変更できます。VC クラスのパラメータを設定したあと、VC クラスをバンドルにアタッチする必要があります。

VC バンドル メンバを直接設定するには、「VC バンドル メンバに対しパラメータを直接設定」の手順を完了します。バンドルにアタッチされる VC クラスを使用するには、代わりに、「VC クラスの設定とパラメータのバンドルへの適用」項と「バンドルへのクラスのアタッチ」の両方の手順を完了します。

バンドルに直接適用されたパラメータは、バンドルに割り当てられている VC クラスに適用されたパラメータよりもプライオリティが高くなります。この作業の手順は、「バンドルレベル プロトコルの設定」に記載されています。バンドルに割り当てられた VC クラスに適用されたパラメータは、個々の VC に適用されたパラメータよりプライオリティが高くなります。


) VC クラスを通じて適用された一部のパラメータ、およびバンドルに直接適用された一部のパラメータよりも、バンドル VC コンフィギュレーション モードで個々の VC に直接適用したコマンドの方が優先されます。


バンドルレベル プロトコルの設定

バンドルとそのすべてのメンバに適用するプロトコルを設定するには、次の作業を実行します。この手順のコマンドは、バンドル コンフィギュレーション モードで入力します。

手順の概要

1. protocol protocol { protocol-address | inarp } [[ no ] broadcast ]

2. encapsulation [ aal5mux | aal5snap ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

protocol protocol { protocol-address | inarp } [[ no ] broadcast ]

 

Router(config-if-atm-bundle)# protocol clns 10.0000.0000.0000.3333.00 broadcast

ATM PVC、SVC、または VC クラスのスタティック マップ(バンドルのマップ宣言文)を設定します。

protocol :ネットワーキング プロトコル。

protocol-address :PVC にマップする宛先アドレス。

inarp :(PVC では IP および IPX プロトコルでのみ有効)ATM PVC での Inverse ARP をイネーブルにします。 inarp キーワードの代わりにプロトコル アドレスを指定すると、そのプロトコルに対し Inverse ARP が自動的にディセーブルになります。

[ no ] broadcast :対応するプロトコルにより、ブロードキャスト パケットがインターフェイスに送信される場合に、このマップ エントリを使用することを指定します。

キーワードが優先されます。

ステップ 2

encapsulation [ aal5mux | aal5snap ]

 

Router(config-if-atm-bundle)# encapsulation aal5snap

バンドル内のすべての VC に対し ATM Adaptation Layer(AAL; ATM アダプテーション レイヤ)およびカプセル化タイプを設定します。

aal5mux :Multiplex(MUX; 多重方式)タイプ VC 対応の AAL およびカプセル化タイプ。このカプセル化タイプを使用する場合、プロトコルを指定する必要があります。

aal5snap :Inverse ARP をサポートする AAL およびカプセル化タイプ。

VC バンドル メンバに対しパラメータを直接設定

個々の VC バンドル メンバに対しパラメータを直接設定するには、次の作業を実行します。この手順のコマンドは、バンドル VC コンフィギュレーション モードで入力します。

手順の概要

1. pvc-bundle pvc-name [ vpi/ ][ vci ]

2. ubr pcr

3. vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

4. mpls experimental [ other | range ]

5. bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

6. protect { group | vc }

7. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

pvc-bundle pvc-name [ vpi /][ vci ]

 

Router(config-if-atm-bundle)# pvc-bundle ny-control 207

VC をメンバとしてバンドルに追加し、VC 固有のパラメータを設定するためのバンドル VC コンフィギュレーション モードを開始します。

このモードの終了時に VC が作成されます。

vpi :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)。スラッシュ記号(/)と VPI 値がない場合、値はデフォルトでは 0 になります。 vpi キーワードと vci キーワードを両方とも 0 に設定することはできません。

vci :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)。この値の範囲は、0 から atm vc-per-vp コマンドでこのインターフェイスに対して設定した最大値よりも 1 小さい値です。

コマンドを使用します。

ステップ 2

ubr pcr

 

Router(config-if-atm-member)# ubr 10000

UBR QoS を設定し、VC バンドル メンバの出力 Peak Cell Rate(PCR; ピーク セル レート)を指定します。

ステップ 3

vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

 

Router(config-if-atm-member)# vbr-nrt 20000 10000 32

PCR、Sustainable Cell Rate(SCR; 平均セル レート)、および Maximum Burst Size(MBS; 最大バースト サイズ)を使用して、Variable Bit Rate non-real-time(VBR-nrt; 可変ビット レート非リアルタイム)QoS を設定します。

ステップ 4

mpls experimental [ other | range ]

 

Router(config-if-atm-member)# mpls experimental 7

VC バンドルに割り当てることができる(したがって、そのバンドルのすべての VC メンバに適用される)、VC クラスの MPLS EXP レベルを設定します。

このコマンドを含むクラスがバンドル メンバにアタッチされていない場合、このコマンドは無視されます。

other :明示的に設定しない 0 ~ 7 までの優先順位レベル。

range :MPLS EXP レベル(数値または数値の範囲として指定)。範囲はハイフンを使用して表現でき(たとえば、2-5)、また数値と範囲を、カンマで区切ったグループで表現できます(たとえば、1, 3, 5-7)。

ステップ 5

bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

 
Router(config-if-atm-member)# bump explicit 7

バンピング ルールを設定し、バンドル メンバにのみ適用します。

implicit :デフォルトの暗黙的バンピング ルールを単一の VC、PVC バンドル メンバ、またはバンドル内のすべての VC に適用します(VC クラス モード)。暗黙的バンピング ルールでは、バンプされたトラフィックは、より低い優先順位レベルの VC または PVC で送信するように指定されます。

explicit precedence-level :バンプするトラフィックに対し 0 ~ 7 の優先順位レベルを指定します。

traffic :VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取ることを指定します(デフォルトはこの状態です)。このコマンドの no 形式では、VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取らないことを指定します。

ステップ 6

protect { group | vc }

 

Router(config-if-atm-member)# protect vc

保護されたグループ ステータスまたは保護された VC ステータスのアプリケーション向け VC クラスを、VC バンドル メンバとして設定します。

このコマンドは、バンドル メンバを、バンドルの保護されたグループに所属させるか、またはバンドル内の保護された VC にします。

group :VC または PVC バンドル メンバが、バンドルの保護されたグループに所属するように設定します。

vc :VC または PVC メンバを個別に保護されるメンバとして設定します。

ステップ 7

exit

 

Router(config-if-atm-member)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

各コンフィギュレーション モードを終了するには、プロンプトで exit と入力します。

VC クラスの設定とパラメータのバンドルへの適用

コマンド(VC クラスがバンドルに適用されるときに、そのバンドルのすべての VC メンバを設定するコマンド)を含む VC クラスを設定するには、次の作業を実行します。パラメータは、VC クラス コンフィギュレーション モードで適用されます。グローバル コンフィギュレーション モードで vc-class atm コマンドを使用して、VC クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

VC クラス バンドルで無視されるコマンド

VC がバンドルに所属している場合、VC クラス内の VC 設定の一部は VC には適用されず、無視されます。VC バンドル内の VC の継承ルールは、VC 設定、バンドル設定、サブインターフェイス設定の順に従います。VC モードおよびバンドル モードでは、個別コマンドによる設定は、 class コマンドによる設定よりも優先されます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. vc-class atm name

4. oam-bundle [ manage ] [ frequency ]

5. mpls experimental [ other | range ]

6. bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

7. protect { group | vc }

8. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

vc-class atm name

 

Router(config)# vc-class atm bundle-class

ATM インターフェイス用の VC クラスを作成し、VC クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

oam-bundle [ manage ] [ frequency ]

 

Router(config-vc-class)# oam-bundle manage 3

エンドツーエンドの F5 OAM ループバック セルの生成をイネーブルにし、バンドルを OAM 管理にするかどうか、つまり、バンドル内のすべての VC を OAM 管理にするかどうかを決定します。このコマンドを含む VC クラスがバンドルにアタッチされていない場合は無効です。

manage :OAM 管理をイネーブルにします。このキーワードを省略すると、ループバック セルは送信されますが、バンドルは管理されません。

frequency :OAM ループバック セルの送信間隔(秒数)。デフォルトは 10 秒です。

ステップ 5

mpls experimental [ other | range ]

 

Router(config-vc-class)# mpls experimental 7

VC バンドルに割り当てることができる(したがって、そのバンドルのすべての VC メンバに適用される)、VC クラスの MPLS EXP レベルを設定します。

このコマンドを含むクラスがバンドル メンバにアタッチされていない場合、このコマンドは無視されます。

other :明示的に設定しない 0 ~ 7 までの優先順位レベル。

range :MPLS EXP レベル(数値または数値の範囲として指定)。範囲はハイフンを使用して表現でき(たとえば、2-5)、また数値と範囲を、カンマで区切ったグループで表現できます(たとえば、1, 3, 5-7)。

ステップ 6

bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

 
Router(config-vc-class)# no bump traffic

バンピング ルールを設定し、バンドル メンバにのみ適用します。

implicit :デフォルトの暗黙的バンピング ルールを単一の VC、PVC バンドル メンバ、またはバンドル内のすべての VC に適用します(VC クラス モード)。暗黙的バンピング ルールでは、バンプされたトラフィックは、より低い優先順位レベルの VC または PVC で送信するように指定されます。

explicit precedence-level :バンプするトラフィックに対し 0 ~ 7 の優先順位レベルを指定します。

traffic :VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取ることを指定します(デフォルトはこの状態です)。このコマンドの no 形式では、VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取らないことを指定します。

ステップ 7

protect { group | vc }

 

Router(config-vc-class)# protect vc

保護されたグループ ステータスまたは保護された VC ステータスのアプリケーション向け VC クラスを、VC バンドル メンバとして設定します。

このコマンドは、バンドル メンバを、バンドルの保護されたグループに所属させるか、またはバンドル内の保護された VC にします。

group :VC または PVC バンドル メンバが、バンドルの保護されたグループに所属するように設定します。

vc :VC または PVC メンバを個別に保護されるメンバとして設定します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-vc-class)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

各コンフィギュレーション モードを終了するには、プロンプトで exit と入力します。

バンドルへのクラスのアタッチ

バンドルレベルのコンフィギュレーション コマンドを含む VC クラスをバンドルにアタッチするには、次の作業を実行します。グローバル コンフィギュレーション モードで bundle コマンドを入力して、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm interface-number [. subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

4. bundle bundle-name

5. class-bundle vc-class-name

6. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm interface-number [ . subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

 

Router(config)# interface atm 0/0/3

ATM インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

bundle bundle-name

 

Router(config-if)# bundle new-york

バンドルを作成または変更し、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。

bundle-name :作成するバンドルの名前を指定します。名前は 16 文字以下に制限されます。

ステップ 5

class-bundle vc-class-name

 

Router(config-if-atm-bundle)# class-bundle class1

指定した VC クラスに含まれるバンドルレベル コマンドを使用してバンドルを設定します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-if-atm-bundle)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

各コンフィギュレーション モードを終了するには、プロンプトで exit と入力します。

サブインターフェイス レベルでの VC バンドルの設定

サブインターフェイス コンフィギュレーション レベルでバンドルを設定するには、次の作業を実行します。 bundle コマンドを入力して、バンドル サブモードをアクティブにします。このモードは VC モードに類似しています。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm interface-number [. subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

4. bundle bundle-name

5. encapsulation [ aal5mux | aal5snap ]

6. protocol protocol { protocol-address | inarp } [[ no ] broadcast ]

7. class class-name

8. pvc-bundle pvc-name [ vpi/ ][ vci ]

9. ubr pcr

10. vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

11. exit

12. oam-bundle [ manage ] [ frequency ]

13. oam retry [ up-count ] [ down-count ] [ retry-frequency ]

14. inarp [ minutes ]

15. broadcast

16. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm interface-number [ . subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

 

Router(config)# interface atm 0/0/3

ATM インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

bundle bundle-name

 

Router(config-if)# bundle new-york

バンドルを作成または変更し、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。

bundle-name :作成するバンドルの名前を指定します。名前は 16 文字以下に制限されます。

ステップ 5

encapsulation [ aal5mux | aal5snap ]

 

Router(config-atm-bundle)# encapsulation aal5snap

バンドル内のすべての VC に対し AAL およびカプセル化タイプを設定します。

aal5mux :Multiplex(MUX; 多重方式)タイプ VC 対応の AAL およびカプセル化タイプ。このカプセル化タイプを使用する場合、プロトコルを指定する必要があります。

aal5snap :Inverse ARP をサポートする AAL およびカプセル化タイプ。

ステップ 6

protocol protocol { protocol-address | inarp } [[ no ] broadcast ]

 

Router(config-atm-bundle)# protocol clns 10.0000.0000.0000.3333.00 broadcast

ATM PVC、SVC、または VC クラスのスタティック マップ(バンドルのマップ宣言文)を設定します。

protocol :ネットワーキング プロトコル。

protocol-address :PVC にマップする宛先アドレス。

inarp :(PVC では IP および IPX プロトコルでのみ有効)ATM PVC での Inverse ARP をイネーブルにします。 inarp キーワードの代わりにプロトコル アドレスを指定すると、そのプロトコルに対し Inverse ARP が自動的にディセーブルになります。

[ no ] broadcast :対応するプロトコルにより、ブロードキャスト パケットがインターフェイスに送信される場合に、このマップ エントリを使用することを指定します。

キーワードが優先されます。

ステップ 7

class class-name

 

Router(config-atm-bundle)# class control-class

名前付きの VC クラスをこのバンドルにアタッチします。

ステップ 8

pvc-bundle pvc-name [ vpi /][ vci ]

 

Router(config-if-atm-bundle)# pvc-bundle ny-control 207

VC をメンバとしてバンドルに追加し、VC 固有のパラメータを設定するためのバンドル VC コンフィギュレーション モードを開始します。

このモードの終了時に VC が作成されます。

vpi :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)。スラッシュ記号(/)と VPI 値がない場合、値はデフォルトでは 0 になります。 vpi キーワードと vci キーワードを両方とも 0 に設定することはできません。

vci :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)。この値の範囲は、0 から atm vc-per-vp コマンドでこのインターフェイスに対して設定した最大値よりも 1 小さい値です。

コマンドを使用します。

ステップ 9

ubr pcr

 

Router(config-if-atm-member)# ubr 10000

UBR QoS を設定し、VC バンドル メンバの出力 PCR を指定します。

ステップ 10

vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

 

Router(config-if-atm-member)# vbr-nrt 20000 10000 32

PCR、SCR、および MBS を使用して VBR-nrt QoS を設定します。

ステップ 11

exit

 

Router(config-if-atm-member)# exit

バンドル VC コンフィギュレーション モードを終了し、バンドル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 12

oam-bundle [ manage ] [ frequency ]

 

Router(config-if-atm-member)# oam-bundle manage 6

バンドル内のすべての VC に対し OAM をイネーブルにします。

manage :OAM 管理をイネーブルにします。このキーワードを省略すると、ループバック セルは送信されますが、バンドルは管理されません。

frequency :OAM ループバック セルの送信間隔(秒数)。デフォルトは 10 秒です。

ステップ 13

oam retry [ up-count ] [ down-count ] [ retry-frequency ]

 

Router(config-if-atm-member)# oam retry 5 3 10

バンドル内のすべての VC に対し OAM パラメータを設定します。

up-count :接続状態をアップに変更するには、エンドツーエンド F5 OAM ループバック セル応答を、この回数連続して受信する必要があります。デフォルトは 3 です。

down-count :エンドツーエンド F5 OAM ループバック セル応答を、この回数連続して受信しないと、PVC 状態はダウンに変更されます。デフォルト値は 5 です。

retry-frequency :アップ/ダウン状態の変更を検証する場合に、エンドツーエンド F5 OAM ループバック セルを送信する頻度(秒単位)。デフォルトは 1 秒です。

ステップ 14

inarp [ minutes ]

 

Router(config-if-atm-member)# inarp 1

Inverse ARP 期間を設定します。

デフォルト値は 15 分です。

ステップ 15

broadcast

 

Router(config-if-atm-member)# broadcast

このバンドルでのブロードキャスト フォワーディングをイネーブルにします。

ステップ 16

exit

 

Router(config-if-atm-member)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

各コンフィギュレーション モードを終了するには、プロンプトで exit と入力します。

VC アトリビュートおよびバンドル アトリビュートの割り当て

pvc-bundle コマンドは、バンドル VC コンフィギュレーション モードをアクティブにします。このモードでは、特定の VC アトリビュートおよびバンドル メンバ アトリビュートを割り当てることができます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface atm interface-number [. subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

4. bundle bundle-name

5. pvc-bundle pvc-name [ vpi/ ][ vci ]

6. class class-name

7. ubr pcr

8. vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

9. mpls experimental [ other | range ]

10. bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

11. protect { group | vc }

12. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface atm interface-number [ . subinterface-number { mpls | multipoint | point-to-point }]

 

Router(config)# interface atm 0/0/3

ATM インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

bundle bundle-name

 

Router(config-if)# bundle new-york

バンドルを作成または変更し、バンドル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

pvc-bundle pvc-name [ vpi /][ vci ]

 

Router(config-if-atm-bundle)# pvc-bundle ny-control 207

VC をメンバとしてバンドルに追加し、VC 固有のパラメータを設定するためのバンドル VC コンフィギュレーション モードを開始します。

このモードの終了時に VC が作成されます。

vpi :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)。スラッシュ記号(/)と VPI 値がない場合、値はデフォルトでは 0 になります。 vpi キーワードと vci キーワードを両方とも 0 に設定することはできません。

vci :この PVC の ATM ネットワーク Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)。この値の範囲は、0 から atm vc-per-vp コマンドでこのインターフェイスに対して設定した最大値よりも 1 小さい値です。

コマンドを使用します。

ステップ 6

class class-name

 

Router(config-if-atm-member)# class control-class

VC クラスをこの VC にアタッチします。

ステップ 7

ubr pcr

 

Router(config-if-atm-member)# ubr 10000

UBR QoS を設定し、VC バンドル メンバの出力 PCR を指定します。

ステップ 8

vbr-nrt pcr scr [ mbs ]

 

Router(config-if-atm-member)# vbr-nrt 20000 10000 32

PCR、SCR、および MBS を使用して VBR-nrt QoS を設定します。

ステップ 9

mpls experimental [ other | range ]

 

Router(config-if-atm-member)# mpls experimental 7

この PVC で転送するパケットの Experimental レベルを定義します。

other :明示的に設定しない 0 ~ 7 までの優先順位レベル。

range :MPLS EXP レベル(数値または数値の範囲として指定)。範囲はハイフンを使用して表現でき(たとえば、2-5)、また数値と範囲を、カンマで区切ったグループで表現できます(たとえば、1, 3, 5-7)。

ステップ 10

bump { implicit | explicit precedence-level | traffic }

 
Router(config-if-atm-member)# bump explicit 7

VC のバンピング ルールを指定します。

implicit :デフォルトの暗黙的バンピング ルールを単一の VC、PVC バンドル メンバ、またはバンドル内のすべての VC に適用します(VC クラス モード)。暗黙的バンピング ルールでは、バンプされたトラフィックは、より低い優先順位レベルの VC または PVC で送信するように指定されます。

explicit precedence-level :バンプするトラフィックに対し 0 ~ 7 の優先順位レベルを指定します。

traffic :VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取ることを指定します(デフォルトはこの状態です)。このコマンドの no 形式では、VC または PVC がバンプされたトラフィックを受け取らないことを指定します。

ステップ 11

protect { group | vc }

 

Router(config-if-atm-member)# protect vc

保護されたグループ ステータスまたは保護された VC ステータスのアプリケーション向け VC クラスを、VC バンドル メンバとして設定します。

このコマンドは、バンドル メンバを、バンドルの保護されたグループに所属させるか、またはバンドル内の保護された VC にします。

group :VC または PVC バンドル メンバが、バンドルの保護されたグループに所属するように設定します。

vc :VC または PVC メンバを個別に保護されるメンバとして設定します。

ステップ 12

exit

 

Router(config-if-atm-member)# exit

現在のコンフィギュレーション モードを終了します。

各コンフィギュレーション モードを終了するには、プロンプトで exit と入力します。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の設定の確認

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択機能の設定を確認するには、必要に応じて次の手順のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. debug atm bundle adjacency events

3. debug atm bundle error

4. debug atm bundle events

5. debug atm bundle inarp

6. show atm bundle [ bundle-name ]

7. show mpls forwarding-table [{ network { mask | length } | labels label [ - label ] | interface interface | next-hop address | lsp-tunnel [ tunnel-id ]}] [ detail ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

debug atm bundle adjacency events

 

Router# debug atm bundle adjacency

バンドルの隣接の追加、削除、更新など、隣接イベントに関する情報を表示します。

ステップ 3

debug atm bundle error

 

Router# debug atm bundle error

PVC バンドル エラーのデバッグ メッセージを表示します。

ステップ 4

debug atm bundle events

 

Router# debug atm bundle event

VC バンピングがいつ実行されたか、バンドルがいつアップまたはダウンになったかなどの、バンドル イベントを表示します。

ステップ 5

debug atm bundle inarp

 

Router# debug atm bundle inarp

バンドルでの Inverse ARP イベントおよびエラーに関する情報を表示します。

ステップ 6

show atm bundle [ bundle-name ]

 

Router# show atm bundle new-york

各 VC メンバに割り当てられているバンドル アトリビュートおよび VC メンバの現在の動作ステータスを表示します。

ステップ 7

show mpls forwarding-table [{ network { mask | length } | labels label [ - label ] | interface interface | next-hop address | lsp-tunnel [ tunnel-id ]}] [ detail ]

 

Router# show mpls forwarding-table detail

MPLS FIB の内容を表示します。

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「MPLS の設定:例」

「ATM VC クラスおよびパラメータの定義:例」

「ATM VC バンドルのインターフェイスへの関連付け:例」

「VC クラスの作成:例」

MPLS の設定:例

次の例は、MPLS の設定方法を示しています。

ip cef
mpls ldp advertise-labels
!
interface atm 0/0/3
ip address 10.13.11.3 255.255.0.0
mpls ip
bundle bundle1

ATM VC クラスおよびパラメータの定義:例

次の例では、バンドル内の個々の VC に適用されるパラメータを使用して VC クラスを定義しています。各 VC クラスを記述し、その後、その VC クラスの使用方法を記述します。

! The following commands define the bundle class. Any bundle that uses this class will
! have AAL5snap encapsulation, broadcast on, use of Inverse ARP to resolve IP addresses,
! and OAM enabled at the bundle class level in the inheritance chain.
! This router uses IS-IS as an IP routing protocol.
!
router isis
net 10.0000.0000.0000.1111.00
!
vc-class atm bundle-class
encapsulation aal5snap
broadcast
protocol ip inarp
oam-bundle manage 3
oam 4 3 10
!
! The following VC class defines the parameters applicable to an individual VC
! in a bundle. The control-class carries precedence 7 traffic and it takes the
! bundle down when it is down. It uses the implicit bumping rule.
! The QoS is set to VBR-nrt.
!
vc-class atm control-class
mpls experimental 7
protect vc
vbr-nrt 10000 5000 32
!
! The following VC class defines a premium class that carries precedence level 6 and 5
! traffic. It does not allow other traffic to be bumped onto it. The VC will choose
! precedence 7 VC as the alternate VC for its traffic when it goes down, and it belongs
! to the protected group of the bundle. The QoS type is VBR-nrt.
!
vc-class atm premium-class
mpls experimental 6-5
no bump traffic
protect group
bump explicit 7
vbr-nrt 20000 10000 32
!
! The following VC class defines a priority class that carries precedence levels
! 4 through 2 traffic, uses the implicit bumping rule, allows bumped traffic,
! and belongs to the protected group of the bundle. The QoS type is UBR+.
!
vc-class atm priority-class
mpls experimental 4-2
protect group
ubr+ 10000 3000
 
! The following VC class defines a basic-class that carries the traffic of the precedence
! levels not specified in the profile; it is part of a protected group.
! The QoS type is UBR.
!
vc-class atm basic-class
mpls experimental other
protect group
ubr 10000

ATM VC バンドルのインターフェイスへの関連付け:例

次のインターフェイスには、3 つのネイバー(new-york、san-francisco、および los-angeles)に接続するための 1 つのバンドル(new-york)があります。new-york バンドルおよび san-francisco バンドルには 4 つのメンバが含まれ、los-angeles バンドルには 3 つのメンバが含まれます。

interface atm 1/0.1 multipoint
ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
ip router isis
bundle new-york
!
! The following commands enable IP and OSI traffic flows in the bundle. The protocol ip
! command takes precedence over the protocol ip inarp command in the bundle class,
! according to the inheritance rule. The protocol clns command is configured so IP routing
! can be integrated. The OSI routing packets will go on the highest precedence VC in the
! bundle, while the OSI data packets, if any, will use the lowest precedence VC in the
! bundle. Other protocols such as IPX or AppleTalk, if configured, would always use the
! lowest precedence VC in the bundle.
protocol ip 10.10.1.2 broadcast
protocol clns 49.0000.0000.0000.2222.00 broadcast
class bundle-class
!
! The following commands show how to configure the PVC bundles, including adding a VC
! to a bundle as a member.
pvc-bundle ny-control 207
class control-class
pvc-bundle ny-premium 206
class premium-class
pvc-bundle ny-priority 204
class priority-class
pvc-bundle ny-basic 201
class basic-class
bundle san-francisco
protocol clns 49.0000.0000.0000.3333.00 broadcast
inarp 1
class bundle-class
pvc-bundle sf-control 307
class control-class
pvc-bundle sf-premium 306
class premium-class
pvc-bundle sf-priority 304
class priority-class
pvc-bundle sf-basic 301
class basic-class
bundle los-angeles
protocol ip 1.1.1.4 broadcast
protocol clns 49.0000.0000.0000.4444.00 broadcast
inarp 1
class bundle-class
pvc-bundle la-high 407
precedence 7-5
protect vc
class premium-class
pvc-bundle la-mid 404
precedence 4-2
protect group
class priority-class
pvc-bundle la-low 401
precedence other
protect group
class basic-class
!
The following commands configure PVC la-other as a standalone VC that does not belong to any of the bundles.
!
pvc la-other 400
no protocol ip inarp
broadcast

VC クラスの作成:例

次の例では、class1 という名前のクラスを作成し、bundle1 という名前のバンドルに適用しています。

! The following commands create the class class1:
vc-class atm class1
encapsulation aal5snap
broadcast
protocol ip inarp
oam-bundle manage 3
oam 4 3 10
!
! The following commands apply class1 to the bundle called bundle1:
bundle bundle1
class-bundle class1
 

階層構造の優先順位ルールが考慮され、bundle1 という名前のバンドルに属する VC が複数のパラメータにより設定されます。これらのパラメータは、AAL5SNAP(RFC1483 ブリッジング)カプセル化、ブロードキャストのオン、IP アドレスに解決するための Inverse ARP の使用、および OAM のイネーブル化です。

その他の参考資料

ここでは、ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択機能に関連する参照資料を紹介します。

関連資料

関連項目
参照先

QoS の概要

『Cisco IOS Quality of Service Overview』

QoS コマンド

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

ATM の設定

『Configuring ATM』

SVC バンドル

IP to ATM SVC Bundles for Class of Service (CoS) Mapping

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータにおける ATM VC バンドル管理

ATM VC Bundle Management on Cisco 12000 Series 8-Port OC-3 STM-1 ATM Line Cards

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 1 ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の機能情報

機能名
リリース
機能情報

ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択

12.2(8)T
12.0(23)S
12.0(29)S
12.2(33)SRC

この機能は、Cisco IOS Release 12.2(8)T で導入されました。

Cisco IOS Release 12.0(23)S では、この機能は、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ用の 8 ポート OC-3 STM-1 ATM ライン カードで使用できるようになりました。

この機能は、Cisco IOS Release 12.0(29)S に統合されました。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC では、Cisco 7200 シリーズ ルータにサポートが追加されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択に関する情報」

「ATM PVC バンドル拡張機能 - MPLS EXP ベースの PVC 選択の設定方法」

次のコマンドが導入または変更されました。 mpls experimental show mpls forwarding-table