マルチプロトコル ラベル スイッチング コンフィギュ レーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815
MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/07/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 16MB) | フィードバック

目次

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815

機能情報の確認

目次

の前提条件

に関する制約事項

について

ラベル配布プロトコルの概要

機能の設計と使用

機能を使用する利点

MPLS LDP MIB(RFC 3815)の要素

LDP エンティティ

LDP セッションとピア

LDP Hello 隣接

MPLS LDP MIB 通知を生成するイベント

MPLS LDP MIB モジュール(RFC3815)のスカラ オブジェクト

モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS LDP エンティティ テーブル(mplsLdpEntityTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP エンティティ統計情報テーブル(mplsLdpEntityStatsTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP ピア テーブル(mplsLdpPeerTable)オブジェクトとその説明

MPLS LDP セッション テーブル(mplsLdpSessionTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP セッション統計情報テーブル(mplsLdpSessionStatsTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP Hello 隣接関係テーブル(mplsLdpHelloAdjacencyTable)オブジェクトと説明

モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS LDP エンティティ ATM テーブル(mplsLdpEntityAtmTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP エンティティ ATM ラベル範囲テーブル(mplsLdpEntityAtmLRTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP ATM セッション テーブル(mplsLdpAtmSessionTable)オブジェクトと説明

モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS LDP エンティティ汎用ラベル範囲テーブル(mplsLdpEntityGenericLRTable)オブジェクトと説明

MPLS LDP MIB の VPN コンテキスト

SNMP コンテキスト

VPN 対応 LDP MIB セッション

VPN 対応 LDP MIB の通知

および MPLS-LDP-MIB の主要な相違点

および スカラ オブジェクトの相違点

および テーブル オブジェクトの相違点

および 通知の変更点

および(RFC3815)の相違点

および (RFC 3815)の相違点

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC3815 の SNMP の設定方法

ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定

SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定

前提条件

VPN 対応 LDP MIB の設定

VPN の SNMP サポートの設定

VPN の SNMP コンテキストの設定

SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC3815 の設定例

ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定:例

SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定:例

VPN 対応 LDP MIB の設定:例

VPN の SNMP サポートの設定:例

VPN の SNMP コンテキストの設定:例

SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC3815 の機能情報

用語集

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能のドキュメントでは、RFC 3815『 Definitions of Managed Objects for the Multiprotocol Label Switching (MPLS), Label Distribution Protocol (LDP) 』に基づいて Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)をサポートする MIB を説明します。また、RFC 3815 と、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)ドラフト バージョン 8(draft-ieft-mpls-ldp-08.txt)に基づく MPLS-LDP-MIB の相違点を説明します。RFC 3815 および IETF ドラフト バージョン 8 は、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用して LDP を管理するインターフェイスを提供します。

RFC 3815 では、MPLS-LDP-MIB の内容は、MPLS-LDP-STD-MIB、MPLS-LDP-ATM-STD-MIB、MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB、MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB の 4 つの MIB モジュールに分けられています。

Cisco IOS MPLS Embedded Management(EM)は、Fault, Configuration, Accounting, Performance, and Security(FCAPS; 障害、設定、アカウンティング、パフォーマンス、セキュリティ)モデルに従った MPLS ベースのネットワークの開発、操作、アドミニストレーション、および管理を容易にする標準と付加価値サービスのセットです。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の前提条件

Label Switch Router(LSR; ラベル スイッチ ルータ)または Label Edge Routers(LER; ラベル エッジ ルータ)に SNMP がインストールされ、イネーブルになっている。

LSR または LER で MPLS がイネーブルになっている。

LSR または LER で LDP がイネーブルになっている。

LSR または LER でシスコ エクスプレス フォワーディングがイネーブルになっている。

MPLS および LDP の設定情報の参考資料については、「関連資料」を参照してください。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815に関する制約事項

Cisco IOS Release12.2(33)SRB への MPLS LDP MIB(RFC 3815)の実装は、MIB オブジェクトの Read-Only(RO; 読み取り専用)権限に制限されています。

次の MPLS-LDP-STD-MIB テーブルは、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では実装されていません。

mplsInSegmentLdpLspTable

mplsOutSegmentLdpLspTable

mplsFecTable

mplsLdpLspFecTable

mplsLdpSessionPeerAddrTable

次の MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB テーブルは、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では実装されていません。

mplsLdpEntityFrameRelayTable

mplsLdpEntityFrameRelayLRTable

mplsLdpFrameRelaySessionTable

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815について

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能で SNMP を設定する前に、次の概念を理解しておく必要があります。

「ラベル配布プロトコルの概要」

「MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能の設計と使用」

「MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能を使用する利点」

「MPLS LDP MIB(RFC 3815)の要素」

「MPLS LDP MIB 通知を生成するイベント」

「MPLS LDP MIB モジュール(RFC 3815)のスカラ オブジェクト」

「MPLS-LDP-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」

「MPLS-LDP-ATM-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」

「MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」

「MPLS LDP MIB の VPN コンテキスト」

「MPLS-LDP-STD-MIB および MPLS-LDP-MIB の主要な相違点」

「MPLS-LDP-MIB およびMPLS-LDP-ATM-STD-MIB(RFC 3815)の相違点」

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)の相違点」

ラベル配布プロトコルの概要

MPLS は、パケット転送テクノロジーであり、パケットでラベルと呼ばれる短い固定長の値を使用して、LSR による MPLS ネットワークでのパケット転送のネクスト ホップを決定します。

MPLS の基本原則として、MPLS ネットワーク内の LSR は、パケット転送動作に使用されるラベルの定義に同意する必要があります。ラベルの同意は、Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)で定義されている手順によって MPLS ネットワークで行われます。

LDP 動作はディスカバリ(Hello)プロセスで始まります。そのプロセスの間に、LDP エンティティ(ローカル LSR)はネットワーク内の連携する LDP ピアを探し、LSR とピア間で基本動作手順をネゴシエートします。このディスカバリ プロセスによってピアが認識および識別されると、Hello 隣接が確立されます。これは、ローカル LSR とその LDP ピア間でラベル バインディング情報が交換されるコンテキストを表します。その後、LDP 機能によって、2 つの LSR 間にアクティブな LDP セッションが確立され、ラベル バインディング情報が交換されます。このプロセスが MPLS ネットワーク内のすべての LSR に関して完了すると、通信ネットワーク デバイス間のエンドツーエンドのパケット伝送経路を構成する Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)が確立されます。

LSR は LDP を使用してラベル バインディング情報を収集し、MPLS ネットワーク内の他の LSR に配布したり解放したりできます。これにより、ネットワーク内のパケットを通常ルーティングされるパスに沿ってホップバイホップで転送できるようになります。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能の設計と使用

RFC 3815 では、LDP の設定と監視をサポートするため、4 つの MIB モジュールを定義しています。MPLS-LDP-STD-MIB モジュールは、すべての LDP 実装に共通するオブジェクトを定義します。LSR または LER で LDP を監視するには、この MIB および次のレイヤ 2 MIB モジュールの 1 つを使用する必要があります。

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB:レイヤ 2 イーサネットなど、グローバル ラベル スペースを使用する LDP が LSR または LER でサポートされている場合は、このモジュールと MPLS-LDP-STD-MIB を使用します。このモジュールはレイヤ 2 のプラットフォーム単位のラベル スペース オブジェクトを定義します。

MPLS-LDP-ATM-STD-MIB:レイヤ 2 ATM を使用する LDP が LSR または LER でサポートされている場合は、このモジュールと MPLS-LDP-STD-MIB を使用します。このモジュールはレイヤ 2 ATM オブジェクトを定義します。

MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB:レイヤ 2 フレーム リレーを使用する LDP が LSR または LER でサポートされている場合は、このモジュールと MPLS-LDP-STD-MIB を使用します。このモジュールはレイヤ 2 フレーム リレー オブジェクトを定義します。


) MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB は、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA では実装されていません。


イーサネット、ATM、フレーム リレーをサポートする LDP を LSR または LER が使用する場合、LSR または LER 上の SNMP エージェントは 4 つすべての MIB モジュールを使用する必要があります。

Cisco IOS ソフトウェアによる、ラベル スイッチング機能の標準的な SNMP ベースのネットワーク管理を可能にするため、RFC 3815 の MPLS-LDP-MIB へのアップグレードが実装されました。この機能を使用するには、ネットワーク内の指定した Network Management Station(NMS; ネットワーク管理ステーション)で SNMP エージェント コードを実行する必要があります。NMS は、MIB 内のネットワーク管理オブジェクトとユーザの対話の媒体となります。

SNMP エージェントは、Cisco IOS ソフトウェアと互換性のある階層構造を持ち、MPLS LDP MIB 内のオブジェクト、さらに Cisco IOS ソフトウェアによってサポートされる豊富なラベル スイッチング機能一式とのネットワーク管理インターフェイスを提供します。

SNMP エージェントを使用して、標準の SNMP get および getnext コマンドを使用して、MIB モジュール オブジェクトにアクセスし、さまざまなネットワーク管理作業を実行できます。MPLS LDP MIB モジュール内のすべてのオブジェクトは、RFC 3815 の規定に従っています。これには、ネットワーク管理オブジェクトが構造化および標準化された形式で定義されています。

RFC 3815 と Cisco IOS ソフトウェアにおける同等の機能の実装には若干の違いがあるため、MPLS LDP MIB オブジェクトと Cisco IOS ソフトウェアの内部データ構造の間で多少の変換が必要になります。このような変換は、SNMP エージェントによって行われます。SNMP エージェントは、NMS ワークステーションでプライオリティの低いプロセスとしてバックグラウンドで実行されます。

Cisco IOS Release 12(33)SRB では、次の MPLS LDP MIB 関連の機能がサポートされています。

LDP セッションのステータスの変更を知らせるイベント通知メッセージの生成と送信

既存の SNMP Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)コマンドの機能拡張による、イベント通知メッセージのイネーブル化とディセーブル化

ネットワーク管理を目的とした Cisco IOS イベント通知メッセージの送信先となる動作環境内の NMS ワークステーションの名前または IP アドレスの指定

NMS の NVRAM へのイベント通知メッセージに関連する設定の保管

MPLS LDP MIB の構造は、Abstract Syntax Notation One(ASN.1; 抽象構文記法 1)に準拠しているため、高度に構造化された理想的なネットワーク管理オブジェクトのデータベースが形成されます。

MIB 構造は、ツリー階層となっています。ツリーに沿った各ブランチには、それぞれを識別するための短いテキスト文字列と整数があります。テキスト文字列はオブジェクト名を表し、整数はコンピュータ ソフトウェアがオブジェクト名のコンパクトな表現を符号化できるようにします。

MPLS LDP MIB は、オブジェクト ID 1.3.6.1.2.1.10.166 で表されるインターネット MIB 階層の試験用ブランチに位置します。また、このブランチは、そのオブジェクト名 iso.org.dod.internet.mgmt.mib-2.transmission.mplsStdMIB で表すこともできます。MPLS-LSR-STD-MIB は、オブジェクト名 mplsLsrStdMIB で識別され、その番号は 4 です。このため、次のいずれかの方法で MPLS-LDP-STD-MIB のオブジェクトを特定できます。

オブジェクト ID:1.3.6.1.2.1.10.166.4.[MIB-variable]

オブジェクト名:iso.org.dod.internet.mgmt.mib-2.transmission.mplsStdMIB.mplsLdpStdMIB.[ MIB variable]

標準の SNMP アプリケーションを使用すると、標準の SNMP GET 操作によって MPLS LDP MIB から情報を取得して表示できます。同様に、SNMP GETNEXT 操作によって MIB 内を移動し、情報を表示できます。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能を使用する利点

MPLS LDP MIB(RFC 3815)には次の利点があります。

次のような LDP エンティティの動作に関連する MIB パラメータを取得する。

既知の LDP ディスカバリ ポート

Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)

提示されるキープアライブ タイマー間隔

ループ検出

セッション確立しきい値

ラベルの形成に使用される Virtual Path Identifier(VPI; 仮想パス識別子)と Virtual Channel Identifier(VCI; 仮想チャネル識別子)ペアの範囲

次のような LDP 動作に関連する統計情報の収集:

LDP エンティティに対して確立されたセッションの合計数

LDP エンティティに対して試行されたセッションの合計数

Hello 隣接の残り時間を監視する。

次のような LDP ピアの特性とステータスを監視する。

LDP ピアのインターネットワーク レイヤ アドレス

LDP ピアのループ検出

LDP ピアのデフォルト MTU

LDP ピアがキープアライブ インターバルの値として提示する秒数

次のような LDP セッションの特性とステータスを監視する。

エラー カウンタの表示

LDP セッションによって使用される LDP バージョンの特定

LDP セッションの残りのキープアライブ保留時間の確認

LDP セッションの状態の確認(セッションがアクティブかどうか)

プラットフォーム全体のセッションとインターフェイス固有のセッションのラベル範囲の決定

ATM パラメータの決定

MPLS LDP MIB(RFC 3815)の要素

MPLS LDP MIB(RFC 3815)の次の機能的な要素を使用して、LDP の操作が実行されます。

LDP エンティティ:ラベル スペースの交換を目的とした LDP インスタンスを意味します。潜在的なセッションを表します。

LDP ピア:リモート LDP エンティティ(つまり、非ローカル LSR)を意味します。

LDP セッション:ローカル LSR とリモート LDP ピア間のアクティブな LDP プロセスを意味します。

Hello 隣接:MPLS ネットワーク内の 2 つの LSR の状態を相互に隣接している(つまり、LDP ピアである)と確認する LDP ディスカバリ プロセスの結果を意味します。ネイバーが検出されると、そのネイバーが Hello 隣接になります。Hello 隣接との LDP セッションを確立できます。セッションが確立されたら、LSR 間でラベル バインディングを交換できます。

これらの MPLS LDP MIB 要素については、次の項に簡単な説明があります。

「LDP エンティティ」

「LDP セッションとピア」

「LDP Hello 隣接」

実際には、MPLS LDP MIB は、格納されている各種 MIB オブジェクトへのリアルタイム アクセスをサポートするネットワーク管理データベースを提供します。このデータベースには、ネットワークにおける MPLS LDP 動作の現在の状態が説明されています。このネットワーク管理情報データベースにアクセスするには、MPLS LDP 稼動環境で NMS から標準の SNMP コマンドを使用します。

MPLS LDP MIB は、次のネットワーク管理アクティビティをサポートします。

LDP 動作に関連する MPLS LDP MIB パラメータの取得

LDP ピアの特性とステータスの監視

LDP ピア間の LDP セッション ステータスの監視

ネットワークにおける Hello 隣接の監視

LDP セッションに関する統計情報の収集

LDP エンティティ

LDP エンティティは、 mplsLdpEntityLdpId と mplsLdpEntityIndex オブジェクト図 1 を参照)で構成される LDP ID によって一意に識別されます。

mplsLdpEntityLdpId は、ローカル LSR ID(4 オクテット)とラベル スペース ID(2 オクテット)で構成されます。ラベル スペース ID は、LSR 内で使用可能な特定のラベル スペースを識別します。

mplsLdpEntityIndex は、ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス(ピア LSR に割り当てられた IP アドレスの 32 ビット表現)で構成されます。

mplsLdpEntityProtocolVersion は、mplsLdpEntityTable のサンプル オブジェクトです。

図 1 は、次のインデックスを示しています。

mplsLdpEntityLdpId = 10.10.10.10.0.0

LSR ID = 10.10.10.10

ラベル スペース ID = 0.0


) mplsLdpEntityLdpId、つまり LDP ID は、LSR ID とラベル スペース ID で構成されています。


ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス、つまり mplsLdpEntityIndex = 3232235777(ピアのアクティブな Hello 隣接に割り当てられた IP アドレスの 32 ビット表現)

図 1 LDP エンティティのサンプル インデックス

 

LDP エンティティは、LDP ピアとのセッションの可能性があるラベル スペースを表します。LDP エンティティは、Hello 隣接が LDP ピアから Hello メッセージを受信すると設定されます。

図 2 では、ルータ A に 2 つのリモート ピア(ルータ B と C)との潜在的なセッションがあります。mplsLdpEntityLdpId は 10.10.10.10.0.0、ルータ B の IP アドレス 192.168.1.1 の 32 ビット表現である、ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス(mplsLdpEntityIndex)は 3232235777 です。

図 2 LDP エンティティ

 

LDP セッションとピア

LDP セッションは、ラベル スペースを配布する目的で、ローカル エンティティとリモート バインディングの間に存在します。LDP ピアと LDP セッションの間には、常に 1 対 1 の対応関係があります。1 つの LDP セッションは、1 つの LDP ピアとの 1 つ以上のネットワーク リンクで通信する LDP インスタンスです。

LDP では、次のタイプのセッションがサポートされています。

インターフェイス固有:インターフェイス固有のセッションでは、ラベル スペースの配布にインターフェイス リソースを使用します。たとえば、各 Label-Controlled ATM(LC-ATM; ラベル制御 ATM)インターフェイスでは、ラベル スペースの配布に独自の VPI および VCI を使用します。設定によって、LDP プラットフォームでサポートされるインターフェイス固有のセッションの数は、ゼロ、1 つ、または複数です。各 LC-ATM インターフェイスには、独自のインターフェイス固有のラベル スペースとゼロ以外のラベル スペース ID があります。

プラットフォーム全体:LDP プラットフォームでは、1 つのプラットフォーム全体のセッションがサポートされます。プラットフォーム全体のセッションは、同じグローバル ラベル スペースを共有できるすべてのインターフェイスによって使用されます。シスコのプラットフォームでは、LC-ATM を除くすべてのインターフェイス タイプでプラットフォーム全体のセッションが使用され、ラベル スペース ID はゼロです。

2 つのピア間にセッションが確立されると、インデックスが同じであるため、mplsLdpPeerTable と mplsLdpSessionTable にエントリが作成されます。

図 3 では、ルータ A に 2 つのリモート ピア(ルータ B と C)があります。ルータ A には、ルータ B との 2 つのシリアル インターフェイスで構成される 1 つのプラットフォーム全体のセッションおよびルータ C とのプラットフォーム全体のセッションがあります。また、ルータ B との 2 つのインターフェイス固有セッションもあります。

図 3 LDP セッション

 

図 4 に、図 3 の mplsLdpPeerTable と mplsLdpSessionTable に対応するエントリを示します。

図 4 では、mplsLdpSesState はルータ A 上の mplsLdpSessionTable のサンプル オブジェクトです。4 つの mplsLdpSesState サンプル オブジェクトが上から下に示されています。最初のオブジェクトは、2 つのシリアル インターフェイスに関連付けられたプラットフォーム全体のセッションを表しています。次の 2 つのオブジェクトは、ルータ A と B 上にある LC-ATM インターフェイスのインターフェイス固有のセッションを表しています。これらのインターフェイス固有のセッションには、ゼロ以外のピア ラベル スペース ID が割り当てられています。最後のオブジェクトは、次のピア、ルータ C とのプラットフォーム全体のセッションを表しています。

インデックスは、mplsLdpEntityTable のエントリに基づいています。mplsLdpEntityTable のインデックスで始まり、次の値が付加されます。

ピア LDP ID = 10.11.11.11.0.0

ピア LDP ID は、ピア LSR ID(4 オクテット)とピア ラベル スペース ID(2 オクテット)で構成されます。

ピア LSR ID = 10.11.11.11

ピア ラベル スペース ID = 0.0

ピア ラベル スペース ID は、LSR 内で使用可能な特定のピア ラベル スペースを識別します。

図 4 LDP セッションのサンプル インデックス

 

LDP Hello 隣接

LDP Hello 隣接とは、リモートで検出された LDP プロセスと、リモート LDP プロセスに到達する特定のネットワーク パス間のアソシエーションです。LDP hello 隣接によって、2 つの隣接ピアはラベル バインディング情報を交換できます。

LDP が実行されるリンクごとに LDP hello 隣接が存在します。ルータとそのピア間のセッション(プラットフォーム全体のセッションなど)に複数のリンクがある場合は、常に複数の LDP hello 隣接が存在します。

Hello 隣接は、現在セッションに関わっている場合はアクティブと見なされ、関わっていない場合は非アクティブと見なされます。

ターゲット hello 隣接は、そのピアに直接接続されず、ピアとの間のホップ数に制限がありません。リンク hello 隣接は、2 つのルータ間で直接接続されます。

図 5 では、ルータ A に 2 つのリモート ピア(ルータ B と C)があります。ルータ A には、ルータ B との 3 つのシリアル インターフェイスで構成されるプラットフォーム全体のセッションがあり、そのうち 1 つのシリアル インターフェイスがアクティブです。また、ルータ C とのプラットフォーム全体の(ターゲット)セッションもあります。

図 5 Hello 隣接

 

図 6 に、mplsLdpHelloAdjacencyTable のエントリを示します。4 つの mplsLdpHelloAdjHoldTime サンプル オブジェクトがあります(上から下)。これらのオブジェクトは、図 5 に示す 2 つのプラットフォーム全体のセッションと 4 つのシリアルリンクを表しています。

インデックスは、mplsLdpSessionTable に基づいています。mplsLdpHelloAdjIndex によって 1 つのセッション内に異なるリンクが列挙される場合、アクティブ リンクは mplsLdpHelloAdjIndex = 1 です。

図 6 LDP Hello 隣接のサンプル インデックス

 

MPLS LDP MIB 通知を生成するイベント

snmp-server enable traps mpls rfc ldp コマンドを発行して MPLS LDP MIB 通知機能をイネーブルにすると、通知メッセージが生成され、ネットワーク内の指定した NMS に送信されます。これにより、Cisco IOS ソフトウェア内で特定のイベントが発生したことが通知されます。

LDP ステータスの移行とイベント通知を知らせる MPLS LDP MIB オブジェクトは次のとおりです。

mplsLdpSessionUp:このメッセージは、LDP エンティティ(ローカル LSR)によって別の LDP エンティティ(ネットワーク内の隣接 LDP ピア)との LDP セッションが確立されると生成されます。 session-up キーワードで、この通知をイネーブルにします。

mplsLdpSessionDown:このメッセージは、ローカル LSR とその隣接 LDP ピア間の LDP セッションが終了すると生成されます。 session-down キーワードで、この通知をイネーブルにします。

アップ通知とダウン通知は、LDP セッションにおける最後のアクティブ インターフェイスを示します。

mplsLdpPathVectorLimitMismatch:このメッセージは、ローカル LSR によって、その隣接ピアである LSR との LDP セッションが確立され、2 つの LSR でパス ベクトル制限が異なる場合に生成されます。 pv-limit キーワードで、この通知をイネーブルにします。

パス ベクトル制限の値の範囲は 0 ~ 255 です。値が 0 の場合、ループ検出はオフです。0 以外の 255 までの値の場合、ループ検出はオンで、さらにネットワーク内のループ状態が検知されるまでに LDP メッセージが通過できるホップの最大数が示されます。

ネットワーク内のすべての LDP 対応ルータに同じパス ベクトル制限を設定することを推奨します。mplsLdpPathVectorLimitMismatch オブジェクトが MPLS LDP MIB に存在するは、LDP 動作に関わっている 2 つのルータのパス ベクトル制限が異なる場合に NMS に警告メッセージを送信するためです。


) この通知が生成されるのは、配布方式がダウンストリームオンデマンドである場合だけです。


mplsLdpFailedInitSessionThresholdExceeded:このメッセージは、ローカル LSR と隣接 LDP ピアが、それらの間に LDP セッションを設定しようとして失敗し、その試行回数が指定数を超えた場合に生成されます。デフォルトの試行回数は 8 回です。このデフォルト値は、Cisco IOS ソフトウェアに実装され、CLI か SNMP エージェントのいずれか一方では変更できません。 threshold キーワードで、この通知をイネーブルにします。

デバイス間の何らかの非互換により、ローカル LSR と LDP ピア間の LDP セッションの確立に 8 回失敗すると、この通知メッセージが生成されます。

一般に、Cisco ルータは複数のプラットフォームで同じ機能をサポートします。したがって、Cisco LSR 間で最も発生する可能性が高い非互換は、それぞれの ATM VPI および VCI ラベル範囲の不一致です。

たとえば、LSR に有効なラベルの範囲を指定し、その範囲が隣接 LDP ピアの範囲と重ならない場合、ルータは LDP ピアとの LDP セッションを 8 回確立しようとします。その後、mplsLdpFailedInitSessionThresholdExceeded 通知が生成され、情報メッセージとして NMS に送信されます。

ラベル範囲が重ならない LSR が一時的に 8 回のリトライ制限を超えても、それらの LSR 間の LDP セッションを確立しようとし続けます。そのような場合、LDP しきい値超過通知によって、ネットワーク内に注意すべき状態があることがネットワーク管理者に知らされます。


) mplsLdpEntityFailedInitSessionThreshold トラップは LC-ATM でのみサポートされています。


RFC 3036『 LDP Specification 』に、MPLS ネットワーク内の Cisco ルータ間や、Cisco ルータとその他のベンダーの LSR 間に存在する可能性がある非互換について詳しく記載されています。このような非互換の例を次に示します。

LDP セッションを設定しようとする LSR 間で、ATM VPI と VCI の範囲が重ならない(前述のとおり)、またはフレーム リレー Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)の範囲が重ならない。

ラベル配布方式がサポートされていない。

Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)サイズが異なる。

LDP 機能のサポートが異なる。

MPLS LDP MIB モジュール(RFC 3815)のスカラ オブジェクト

MPLS LDP MIB モジュールは複数のスカラ オブジェクトを定義します。 表 1 で、Cisco IOS Release12.2(33)SRB に実装されているスカラ オブジェクトを説明します。

 

表 1 MPLS LDP MIB スカラ オブジェクトとその説明

オブジェクト
説明

mplsLpdLsrId

LSR の ID。これは、LSR に割り当てられた 32 ビット ルータ ID など、グローバルに一意の値です。

mplsLdpLsrLoopDetectionCapable

LSR のループ検出機能。

ループ検出値は、none(1)、other(2)、hopCount(3)、pathVector(4)、hopCountAndPathVector(5) です。

other(2) 値は、LSR がループ検出をサポートしていることを示しますが、(3)、(4)、(5) の値に関連する 3 つの方法はループ検出をサポートしていません。

mplsLdpEntityLastChange

mplsLdpEntityTable または mplsLdpEntityStatsTable のエントリが最後に追加または削除された時点、または mplsLdpEntityTable のオブジェクトの値が最後に変更された時点での sysUpTime の値。

mplsLdpEntityIndexNext

ルータが mplsLdpEntityTable にエントリを作成するときに、mplsLdpEntityIndex に使用する値。値 0 は、割り当てられていないエントリがいずれも使用できないことを示します。

mplsLdpPeerLastChange

mplsLdpPeerTable または mplsLdpSessionTable のエントリが最後に追加または削除された時点での sysUpTime の値。

MPLS-LDP-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS-LDP-STD-MIB は、次のテーブルで構成されます。これらのテーブルは、すべての LDP 実装に共通するオブジェクトを定義します。

mplsLdpEntityTable( 表 2 を参照):すべてのアクティブな LDP Hello 隣接のエントリが格納されます。アクティブおよび非アクティブな Hello 隣接は、このテーブルではなく mplsLdpHelloAdjacencyTable に表示されます。このテーブルのインデックスは、インターフェイスのローカル LDP ID とピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレスに基づいて作成されます(図 1 を参照)。

このテーブルにセッションではなくアクティブな Hello 隣接を表示するメリットは、LDP セッションがアクティブでない(確立できない)場合でも、アクティブな Hello 隣接が存在できることです。

誘導隣接もこのテーブルに表示されます。ターゲット LDP セッションが失敗すると、関連する隣接は失われます。基礎となるインターフェイスが動作上ダウンした場合などは隣接が削除されるため、非誘導隣接は mplsLdpEntityTable から失われることがあります。

mplsLdpEntityStatsTable( 表 3 を参照):mplsLdpEntityTable を拡張し、SNMP GET 操作と GETNEXT 操作の実行で同じインデックスを共有します。このテーブルには、エンティティの追加統計情報が表示されます。

mplsLdpPeerTable( 表 4 を参照):すべてのピア セッションのエントリが格納されます。このテーブルのインデックスは、セッションのローカル LDP ID、ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス、およびピアの LDP ID に基づいて作成されます(図 4 を参照)。

mplsLdpSessionTable( 表 5 を参照):mplsLdpPeerTable を拡張し、GET 操作と GETNEXT 操作の実行で同じインデックスを共有します。このテーブルにはすべてのセッションが表示されます。

mplsLdpSessionStatsTable( 表 6 を参照):mplsLdpPeerTable を拡張し、GET 操作と GETNEXT 操作の実行でまったく同じインデックスを共有します。このテーブルには、セッションの追加統計情報が表示されます。

mplsLdpHelloAdjacencyTable( 表 7 を参照):アクティブおよび非アクティブな Hello 隣接のエントリが格納されます。このテーブルのインデックスは、関連付けられたセッションのローカル LDP ID、ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス、ピアの LDP ID、および隣接のリスト位置に設定された任意のインデックスに基づいて作成されます(図 6 を参照)。

MPLS LDP エンティティ テーブル(mplsLdpEntityTable)オブジェクトと説明

表 2 で、MPLSLdpEntityTable オブジェクトについて説明します。

 

表 2 mplsLdpEntityTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpEntityEntry

LDP エンティティは 2 つのピア間の潜在的なセッションです。

mplsLdpEntityLdpId

LDP ID(アクセス不能)は、ローカル LSR ID(4 オクテット)とラベル スペース ID(2 オクテット)で構成されます。

mplsLdpEntityIndex

この行を一意に識別するセカンダリ インデックス。ピアのアクティブな Hello 隣接の IP アドレス(LSR に割り当てられた IP アドレスの 32 ビット表現)で構成されます(アクセス不能)。

mplsLdpEntityProtocolVersion

セッション初期化メッセージで使用される LDP プロトコルのバージョン番号。

mplsLdpEntityAdminStatus

この LDP エンティティの管理ステータス(常にアップ)です。Hello 隣接で障害が発生した場合、このエンティティは mplsLdpEntityTable から失われます。

mplsLdpEntityOperStatus

この LDP エンティティの動作ステータスです。値は、unknown(1)、enabled(2)、disabled(3) のいずれかです。

mplsLdpEntityTcpPort

LDP または Tag Distribution Protocol(TDP; タグ配布プロトコル)の TCP ディスカバリ ポートです。デフォルト値は 646(LDP)です。

mplsLdpEntityUdpDscPort

LDP または TDP の User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ディスカバリ ポートです。デフォルト値は 646(LDP)です。

mplsLdpEntityMaxPduLength

初期化メッセージの共通セッション パラメータで送信される最大 PDU 長です。

mplsLdpEntityKeepAliveHoldTimer

この LDP エンティティについて提示されるキープアライブ保留時間である 2 オクテットの値。

mplsLdpEntityHelloHoldTimer

この LDP エンティティについて提示される hello 保留時間である 2 オクテットの値。

mplsLdpEntityInitSessionThreshold

このエンティティとそのピアが初期化メッセージの無限シーケンスに関わっている場合の通知のしきい値。

デフォルト値は 8 で、SNMP でも CLI でも変更できません。

mplsLdpEntityLabelDistMethod

特定の LDP セッションに指定されたラベル配布方法。値は、downstreamOnDemand(1) と downstreamUnsolicited(2) です。

mplsLdpEntityLabelRetentionMode

LC-ATM に conservative(1) を使用するか、またはその他のすべてのインターフェイスに liberal(2) を使用するように設定できます。

mplsLdpEntityPathVectorLimit

このオブジェクトの値が 0 の場合、パス ベクトルのループ検出はディセーブルになっています。値がゼロ(0)より大きい場合、パス ベクトルのループ検出はイネーブルになっており、その値がパス ベクトル制限になります。

(注) mplsLdpEntityPathVectorLimit オブジェクトがゼロ(0)以外になるのは、mplsLdpEntityLabelDistMethod が downstreamOnDemand(1) の場合だけです。

mplsLdpEntityHopCountLimit

このオブジェクトの値が 0 の場合、ホップ カウンタを使用したループ検出はディセーブルになっています。

このオブジェクトの値がゼロ(0)より大きい場合、ホップ カウンタを使用したループ検出はイネーブルになっており、このオブジェクトによって、このエンティティのホップ カウントの最大許容値が指定されます。

(注) mplsLdpEntityHopCountLimit オブジェクトがゼロ(0)以外になるのは、mplsLdpEntityLabelDistMethod が downstreamOnDemand(1) の場合だけです。

mplsLdpEntityTransportAddrKind

この値が interface(1) の場合、Hello メッセージからのインターフェイスの IP アドレスが、Hello メッセージ内のトランスポート アドレスとして使用されます。

この値が loopback(2) の場合、ループバック インターフェイスの IP アドレスが、Hello メッセージ内のアドレスとして使用されます。

mplsLdpEntityTargetPeer

この LDP エンティティでターゲット隣接が使用されている場合、このオブジェクトは true(1) に設定されます。デフォルト値は false(2) です。

mplsLdpEntityTargetPeerAddrType

拡張ディスカバリに使用されるインターネットワーク レイヤ アドレスのタイプ。このオブジェクトは、mplsLdpEntityTargPeerAddr の値の解釈方法(IPv4 または IPv6)を示します。

mplsLdpEntityTargetPeerAddr

ターゲット隣接に使用されるインターネットワーク レイヤ アドレスの値。

mplsLdpEntityLabelType

LDP 初期化メッセージのオプション パラメータを指定します。値が generic(1) の場合、このエンティティに関連付けられた LDP 初期化メッセージでオプション パラメータは送信されません。

LC-ATM では、atmParameters(2) を使用して、mplsLdpEntityAtmParmsTable の行がこのエントリに対応することを指定します。

(注) フレーム リレー パラメータは、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB ではサポートされません。

mplsLdpEntityDiscontinuityTime

このエンティティのカウンタが 1 つ以上中断した場合、最後に中断したときの sysUpTime の値。関連するカウンタは、このエンティティに関連付けられた、mplsLdpEntityStatsTable に含まれている Counter32 または Counter64 オブジェクトの特定のインスタンスです。ローカル管理サブシステムを最後に再初期化してから中断が発生しなかった場合、このオブジェクトには値 0 が格納されます。

mplsLdpEntityStorageType

このエントリのストレージ タイプは読み取り専用の実装であり、常に volatile です。

mplsLdpEntityRowStatus

このオブジェクトは読み取り専用の実装であり、常に active です。

MPLS LDP エンティティ統計情報テーブル(mplsLdpEntityStatsTable)オブジェクトと説明

表 3 で、mplsLdpEntityStatsTable オブジェクトについて説明します。

 

表 3 mplsLdpEntityStatsTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpEntityStatsEntry

これらのエントリは、各エントリの追加情報を提供することによって mplsLdpEntityTable を拡張します。

mplsLdpEntityStatsSessionsAttempts

Cisco IOS Release 12.2(33)SRB ではサポートされていません。

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedNoHelloErrors

この LDP エンティティによって拒否されたセッション、または送受信された no hello エラー通知メッセージのカウント。

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedAdErrors

この LDP エンティティによって拒否されたセッション、または送受信されたパラメータ アドバタイズメント モード エラー通知メッセージのカウント。

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedMaxPduErrors

この LDP エンティティによって拒否されたセッション、または送受信されたパラメータ最大 PDU 長エラー通知メッセージのカウント。

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedLRErrors

この LDP エンティティによって拒否されたセッション、または送受信されたパラメータ ラベル範囲通知メッセージのカウント。

mplsLdpEntityStatsBadLdpIdentifierErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出された不正 LDP ID 重大エラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsBadPduLengthErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出された不正 PDU 長重大エラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsBadMessageLengthErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出された不正メッセージ長重大エラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsBadTlvLengthErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出された不正 Type-Length-Value(TLV; タイプ、長さ、値)長重大エラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsMalformedTlvValueErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出された不正 TLV 値重大エラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsKeepAliveTimerExpErrors

この LDP エンティティに関連付けられているセッションによって検出されたセッション キープアライブ タイマー期限切れエラー数のカウント。

mplsLdpEntityStatsShutdownReceivedNotifications

この LDP エンティティに関連付けられているセッションについて受信したシャットダウン通知数のカウント。

mplsLdpEntityStatsShutdownSentNotifications

この LDP エンティティに関連付けられているセッションについて送信されたシャットダウン通知数のカウント。

MPLS LDP ピア テーブル(mplsLdpPeerTable)オブジェクトとその説明

表 4 で、MPLSLdpPeerTable オブジェクトについて説明します。

 

表 4 mplsLdpPeerTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpPeerEntry

セッションに関連する単一ピアの情報(アクセス不能)。

(注) このテーブルは、mplsLdpSessionTable によって拡張されます。

mplsLdpPeerLdpId

この LDP ピアの LDP ID(アクセス不能)は、ピア LSR ID(4 オクテット)とピア ラベル スペース ID(2 オクテット)で構成されます。

mplsLdpPeerLabelDistMethod

特定の LDP セッションのラベル配布方法。値は、downstreamOnDemand(1) と downstreamUnsolicited(2) です。

mplsLdpPeerPathVectorLimit

mplsLdpPeerLabelDistMethod の値が downstreamOnDemand (1) の場合、このオブジェクトはこのピアのパス ベクトル制限を表します。

mplsLdpPeerLabelDistMethod オブジェクトの値が downstreamUnsolicited (2) の場合、この値は 0 になります。

mplsLdpPeerTransportAddrType

MPLSLdpPeerTransportAddr オブジェクトのインターネット アドレスのタイプ:TCP セッションの開始に使用される IPv4 トランスポート アドレスまたは IPv6 トランスポート アドレス、または Hello メッセージを伝送する UDP の IPv4 または IPv6 の送信元アドレス。

mplsLdpPeerTransportAddr

ピアによって Hello メッセージでアドバタイズされるインターネット アドレス、または MPLSLdpPeerTransportAddrType オブジェクトによって指定される Hello 送信元アドレス。

MPLS LDP セッション テーブル(mplsLdpSessionTable)オブジェクトと説明

表 5 で、MPLSLdpSessionTable オブジェクトについて説明します。

 

表 5 mplsLdpSessionTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpSessionEntry

このテーブルのエントリは、LDP エンティティと LDP ピア間の単一セッションに関する情報を表します。行内の情報は読み取り専用です。このテーブルは、mplsLdpPeerTable を拡張します。

mplsLdpSessionStateLastChange

mplsLdpSessionState オブジェクトによって表される状態にセッションがなった時点での sysUpTime の値。

mplsLdpSessionState

セッションの現在の状態。すべての状態は、セッション ネゴシエーション動作の LDP または TDP ステート マシンに基づいています。

状態は次のとおりです。

nonexistent(1)

initialized(2)

openrec(3)

opensent(4)

operational(5)

mplsLdpSessionRole

このオブジェクトの値は、セッションが確立されたときに、LSR または LER が active(2) ロールまたは passive(3) ロールのいずれを担うかを示します。

LSR または LER のロールが決定されない場合、オブジェクトの値は unknown(1) です。

mplsLdpSessionProtocolVersion

このセッションが使用している LDP プロトコルのバージョン。これは、セッションの初期化中にネゴシエーションされた LDP プロトコルのバージョンです。

mplsLdpSessionKeepAliveHoldTimeRem

このセッションの残りのキープアライブ保留時間。

mplsLdpSessionKeepAliveTime

ピアが提示するキープアライブ保留タイマー値と設定値の間でネゴシエーションされる、キープアライブ メッセージ間の秒単位の時間。2 つのうち小さい方の値が使用されます。

mplsLdpSessionMaxPduLen

このセッションの LDP PDU の最大許容長。この値は、セッションの初期化中にネゴシエーションされた可能性があります。

mplsLdpSessionDiscontinuityTime

このセッションのカウンタが 1 つ以上中断した場合、最後に中断したときの sysUpTime の値。関連するカウンタは、このセッションに関連付けられた、mplsLdpSesStatsTable に含まれている Counter32 または Counter64 オブジェクトの特定のインスタンスです。

このオブジェクトの初期値は、このテーブルにエントリが作成されたときの sysUpTime の値です。

MPLS LDP セッション統計情報テーブル(mplsLdpSessionStatsTable)オブジェクトと説明

表 6 で、MPLSLdpSessionStatsTable オブジェクトについて説明します。

 

表 6 mplsLdpSessionStatsTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpSessionStatsEntry

このテーブルのエントリは、LDP エンティティと LDP ピア間の単一セッションに関する統計情報を表します。このテーブルは、mplsLdpPeerTable を拡張します。

mplsLdpSessionStatsUnknownMesTypeErrors

このオブジェクトは、このセッション中に検出された不明なメッセージ タイプ エラー数のカウントです。

mplsLdpSessionStatsUnknownTlvErrors

このオブジェクトは、このセッション中に検出された不明な TLV エラー数のカウントです。

MPLS LDP Hello 隣接関係テーブル(mplsLdpHelloAdjacencyTable)オブジェクトと説明

表 7 で、MPLSLdpHelloAdjacencyTable オブジェクトについて説明します。

 

表 7 mplsLdpHelloAdjacencyTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpHelloAdjacencyEntry

各行が 1 つの LDP hello 隣接を表します。LDP セッションは、1 つ以上の hello 隣接を持つことができます(アクセス不能)。

mplsLdpHelloAdjacencyIndex

この特定の隣接の識別名(アクセス不能)。アクティブな Hello 隣接の mplsLdpHelloAdjIndex オブジェクトは 1 になります。

mplsLdpHelloAdjacencyHoldTimeRem

この hello 隣接の残り時間。この間隔は、この hello 隣接に対応する次の hello 隣接を受信すると変わります。

mplsLdpHelloAdjacencyHoldTime

LSR または LER とそのピア間でネゴシエーションされた Hello 時間。

この値が 0 の場合、リンク Hello には 15 秒、ターゲット Hello には 45 秒のデフォルト値が使用されます。

この値が 65535 の場合、保留時間は無制限です。

mplsLdpHelloAdjacencyType

この隣接は、このオブジェクトの値が link(1) である場合のリンク hello の結果です。それ以外の場合、この隣接は、ターゲット hello の結果であり、値は targeted(2) になります。

MPLS-LDP-ATM-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS-LDP-ATM-STD-MIB は、次のテーブルで構成されます。これらのテーブルは、MPLS-LDP-STD-MIB で使用する、レイヤ 2 ATM 関連オブジェクトを定義します。

mplsLdpEntityAtmTable( 表 8 を参照):すべての LDP 対応 LC-ATM インターフェイスのエントリが格納されます。このテーブルのインデックスは mplsLdpEntityTable の場合と同じですが、LC-ATM インターフェイスだけが表示されます。

mplsLdpEntityAtmLRTable( 表 9 を参照):すべての LDP 対応 LC-ATM インターフェイスのエントリが格納されます。インデックスは、2 つのインデックス(mplsLdpEntityAtmLRMinVpi と mplsLdpEntityAtmLRMinVci)が追加されていることを除き、mplsLdpEntityTable の場合と同じです。これらの追加インデックスを使用すると、複数のラベル範囲を定義できます。ただし、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB 実装では、ラベル範囲は LC-ATM インターフェイスごとに 1 つしか許可されません。

mplsLdpAtmSessionTable( 表 10 を参照):LDP 対応 LC-ATM セッションのエントリが格納されます。インデックスは、2 つのインデックス(mplsLdpAtmSessionLRLowerBoundVpi と mplsLdpAtmSessionLRLowerBoundVci)が追加されていることを除き、mplsLdpPeerTable の場合と同じです。これらの追加インデックスを使用すると、複数のラベル範囲を定義できます。ただし、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB 実装では、ラベル範囲は LC-ATM インターフェイスごとに 1 つしか許可されません。

MPLS LDP エンティティ ATM テーブル(mplsLdpEntityAtmTable)オブジェクトと説明

表 8 で、mplsLdpEntityAtmTable オブジェクトについて説明します。

 

表 8 mplsLdpEntityAtmTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpEntityAtmEntry

この LDP エンティティの ATM パラメータと ATM 情報を表します。

mplsLdpEntityAtmIfIndxOrZero

この値は、インターフェイス固有の LC-ATM エンティティの SNMP IF-MIB インデックスを表します。

mplsLdpEntityAtmMergeCap

このエンティティのマージ機能を表します。

mplsLdpEntityAtmLRComponents

初期化メッセージのラベル範囲コンポーネントの数。このエントリに対応する mplsLdpEntityConfAtmLRTable 内のエントリ数も表します。

(注) Cisco IOS ソフトウェアは 1 つのコンポーネントのみをサポートします。

mplsLdpEntityAtmVcDirectionality

このオブジェクトの値が bidirectional(0) の場合、特定の VPI 内の特定の VCI が両方向のラベルとして相互に独立して使用されます。

このオブジェクトの値が unidirectional(1) の場合、VPI 内の特定の VCI は一方向を指定します。

mplsLdpEntityAtmLsrConnectivity

ATM VPI によってピア LSR を間接的に接続できるため、VPI 値はエンドポイント上で異なる場合があります。そのため、ラベルを VCI フィールド内で完全に符号化する必要があります。

値は direct(1) と indirect(2) です。デフォルトは direct(1) です。

mplsLdpEntityAtmDefaultControlVpi

非 MPLS 接続のデフォルトの VPI 値。

mplsLdpEntityAtmDefaultControlVci

非 MPLS 接続のデフォルトの VCI 値。

mplsLdpEntityAtmUnlabTrafVpi

ラベル付けされていないトラフィックをサポートする Virtual Channel Connector(VCC; 仮想チャネル接続)の VPI 値。この非 MPLS 接続は、ラベル付けされていない(IP)パケットの伝送に使用されます。

mplsLdpEntityAtmUnlabTrafVci

ラベル付けされていないトラフィックをサポートする VCC の VCI 値。この非 MPLS 接続は、ラベル付けされていない(IP)パケットの伝送に使用されます。

mplsLdpEntityAtmStorageType

このエントリのストレージ タイプは読み取り専用の実装であり、常に volatile です。

mplsLdpEntityAtmRowStatus

このオブジェクトは読み取り専用の実装であり、常に active です。

MPLS LDP エンティティ ATM ラベル範囲テーブル(mplsLdpEntityAtmLRTable)オブジェクトと説明

表 9 で、mplsLdpEntityAtmLRTable オブジェクトについて説明します。

 

表 9 mplsLdpEntityAtmLRTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpEntityAtmLREntry

LDP Entity Configurable ATM Label Range Table 内の行。このテーブルの 1 つのエントリには、ラベルの 1 つの範囲に関する情報が格納されます。範囲は、上限(VPI/VCI ペア)と下限(VPI/VCI ペア)で定義されます。これは、初期化メッセージで使用されるのと同じデータです。このラベル範囲はピアのラベル範囲と重なっている必要があります。

mplsLdpEntityAtmLRMinVpi

この範囲に設定されている最小 VPI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpEntityAtmLRMinVci

この範囲に設定されている最小 VCI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpEntityAtmLRMaxVpi

この範囲に設定されている最大 VPI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpEntityAtmLRMaxVci

この範囲に設定されている最大 VCI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpEntityAtmLRStorageType

このエントリのストレージ タイプは読み取り専用の実装であり、常に volatile です。

mplsLdpEntityAtmLRRowStatus

このオブジェクトは読み取り専用の実装であり、常に active です。

MPLS LDP ATM セッション テーブル(mplsLdpAtmSessionTable)オブジェクトと説明

表 10 で、MPLSLdpAtmSessionTable オブジェクトについて説明します。

 

表 10 mplsLdpAtmSessionTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpAtmSessionEntry

このテーブルのエントリは、LDP エンティティと LDP ピア間の単一のラベル範囲共通部分に関する情報を現します(アクセス不能)。

mplsLdpAtmSessionLRLowerBoundVpi

この範囲に設定されている最小 VPI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpAtmSessionLRLowerBoundVci

この範囲に設定されている最小 VCI 番号(アクセス不能)。

mplsLdpAtmSessionLRUpperBoundVpi

この範囲に設定されている最大 VPI 番号(読み取り専用)。

mplsLdpAtmSessionLRUpperBoundVci

この範囲に設定されている最大 VCI 番号(読み取り専用)。

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB には、次のテーブルが含まれています。このテーブルは、MPLS-LDP-STD-MIB で使用する、レイヤ 2 のプラットフォーム単位のオブジェクトを定義します。

mplsLdpEntityGenericLRTable( 表 11 ):グローバル ラベル スペース内にあるすべての LDP 対応インターフェイスのエントリが格納されます(シスコでは、これは LC-ATM を除くすべてのインターフェイスに適用されます。LC-ATM エンティティは、代わりに mplsLdpEntityAtmLRTable に表示されます)。インデックスは、2 つのインデックス(mplsLdpEntityGenericLRMin と mplsLdpEntityGenericLRMax)が追加されていることを除き、mplsLdpEntityTable の場合と同じです。これらの追加インデックスを使用すると、複数のラベル範囲を定義できます。ただし、Cisco IOS Release 12.2(33)SRB 実装では、1 つのグローバル ラベル範囲だけが許可されています。

MPLS LDP エンティティ汎用ラベル範囲テーブル(mplsLdpEntityGenericLRTable)オブジェクトと説明

表 11 mplsLdpEntityGenericLRTable オブジェクトについて説明します。

 

表 11 mplsLdpEntityGenericLRTable のオブジェクトと説明

オブジェクト
説明

mplsLdpEntityGenericLREntry

LDP Entity Configurable Generic Label Range Table 内の行。このテーブルの 1 つのエントリには、ラベルの 1 つの範囲に関する情報が格納されます。範囲は上限と下限で定義されます。

現在の実装では、エンティティごとに 1 つのラベル範囲がサポートされています。

mplsLdpEntityGenericLRMin

この範囲に設定されている最小ラベル(アクセス不能)。

mplsLdpEntityGenericLRMax

この範囲に設定されている最大ラベル(アクセス不能)。

mplsLdpEntityGenericLabelSpace

この値は、ラベル スペース タイプが perPlatform (1) または perInterface (2) のいずれであるかを示します。

mplsLdpEntityGenericIfIndxOrZero

この値は、プラットフォーム全体のエンティティの SNMP IF-MIB インデックスを表します。アクティブな Hello 隣接がターゲットの場合、この値は 0 です。

mplsLdpEntityGenericLRStorageType

このエントリのストレージ タイプは読み取り専用の実装であり、常に volatile です。

mplsLdpEntityGenericLRRowStatus

このオブジェクトは読み取り専用の実装であり、常に active です。

MPLS LDP MIB の VPN コンテキスト

MPLS Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)4 Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)環境では、各 VPN に個別の LDP プロセスを作成できます。これらのプロセスとその関連データを LDP コンテキストと呼びます。各コンテキストは、他のすべてのコンテキストとは独立しており、そのコンテキスト固有のデータだけが含まれています。

VPN 対応 LDP MIB 機能は、LDP MIB をイネーブルにして VPN コンテキスト情報の取得を可能にします。この機能により、MPLS VPN ごとに異なるコンテキストのサポートが追加されます。MIB のユーザは、特定の MPLS VPN の MPLS LDP プロセスを表示できます。VPN 対応 LDP MIB 機能によって、MPLS LDP MIB の構文が変わることはありません。テーブル内のエントリの数とタイプが変わります。

MPLS LDP MIB は、同時に 1 つのコンテキストだけの情報を表示できます。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB を使用すると、SNMP セキュリティ名を使用して、グローバル コンテキストまたは MPLS VPN コンテキストのいずれかのコンテキストを指定できます。

次の項では、VPN 対応 LDP MIB 機能に関連する内容について説明します。

「SNMP コンテキスト」

「VPN 対応 LDP MIB セッション」

「VPN 対応 LDP MIB の通知」

SNMP コンテキスト

VPN ユーザは、SNMP コンテキストを使用すると、MIB データに安全にアクセスできます。VPN がコンテキストに関連付けられている場合、その VPN 固有の MIB データはそのコンテキスト内にあります。VPN をコンテキストに関連付けると、サービス プロバイダーは複数の VPN を含むネットワークを管理できます。コンテキストを作成して VPN に関連付けることにより、サービス プロバイダーは、ある VPN のユーザが同じネットワーク デバイス上で他の VPN のユーザに関する情報にアクセスするのを防ぐことができます。

VPN 対応 SNMP を使用するには、VPN 環境で動作している SNMP マネージャと SNMP エージェント エンティティが SNMP セキュリティ名と VPN 名の間のマッピングに同意する必要があります。このマッピングは、異なる VPN の SNMP データに異なるコンテキストを使用して作成されます。これは、SNMP View-based Access Control Model MIB(SNMP-VACM-MIB)の設定を通じて行われます。SNMP-VACM-MIB にビューを設定して、セキュリティ名を持つ VPN 上のユーザに、その VPN だけのコンテキスト内で制限されたオブジェクト スペースにアクセスすることを許可できます。

SNMP 要求メッセージがセキュリティおよびアクセス コントロールの 3 つのフェーズを通過すると、VPN コンテキスト内でオブジェクト値が付加された応答メッセージが返送されます。

最初のセキュリティ フェーズは、ユーザ名の認証です。このフェーズの間に、ユーザは SNMP アクセスを許可されます。

2 つめのフェーズはアクセス コントロールです。このフェーズの間に、ユーザは要求した SNMP コンテキスト内のグループ オブジェクトへの SNMP アクセスを許可されます。

3 つめのフェーズでは、ユーザはテーブル エントリの特定のインスタンスにアクセスできます。このフェーズでは、SNMP コンテキスト名に基づいて完全な取得を行うことができます。

IP アクセス リストを設定し、SNMP コミュニティ ストリングに関連付けることができます。この機能を使用すると、VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスと SNMP コミュニティ ストリング間のアソシエーションを設定できます。VRF インスタンスが SNMP コミュニティ ストリングに関連付けられている場合、SNMP は、特定のコミュニティ ストリングの着信要求を、設定されている VRF から受信した場合だけ処理します。着信パケットに含まれているコミュニティ ストリングに VRF が関連付けられていない場合は、VRF 以外のインターフェイス経由で着信した場合だけパケットを処理します。

VRF のミスマッチによりドロップされた SNMP パケットの認証トラップをイネーブルまたはディセーブルにすることもできます。デフォルトでは、SNMP 認証トラップをイネーブルすると、VRF 認証トラップもイネーブルになります。

VPN 対応 LDP MIB セッション

VPN 対応 LDP MIB 機能は、MPLS LDP MIB に対する SNMP クエリーで、グローバル コンテキストと VPN コンテキストの両方がサポートされます。この機能を使用すると、VRF とコア(グローバル コンテキスト)に対する LDP クエリーを入力できます。クエリーは、異なる VPN からの LDP セッションを区別できます。VPN の LDP セッション情報は、その VPN のコンテキストに保存されます。したがって、ある VPN からの情報を別の VPN のユーザが使用することはできません。VPN 対応 LDP MIB では、Carrier Supporting Carrier(CSC)ネットワークで動作している LDP プロセスを表示することもできます。

MPLS VPN では、サービス Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータに複数の VPN の VRF とグローバル ルーティング テーブルを含めることができます。同じデバイス上の VPN ごとに個別の LDP プロセスを設定するには、各 VPN に一意の securityName、contextName、および View-based Access Control Model(VACM)ビューを設定する必要があります。VPN の securityName は、MPLS LDP MIB に対して設定する必要があります。

図 7 に、VPN 対応 LDP MIB 機能を使用したサンプル MPLS VPN の LDP セッションを示します。

図 7 VPN 対応 LDP MIB 機能を使用した MPLS LDP セッション

 

VPN 対応 LDP MIB 機能を使用すると、MPLS VPN LDP セッションまたはグローバル LDP セッションに対して MIB クエリーまたは MIB ウォークを実行できます。


) 特定の VPN の LDP セッション情報を確認するには、show mpls ldp neighbor vrf vpn-name detail コマンドを使用します。


VPN 対応 LDP MIB の通知

VPN 対応 LDP MIB 機能では、VPN の複数の LDP コンテキストに対する LDP 通知がサポートされます。LDP 通知は、コア(グローバル コンテキスト)および異なる VPN に対して生成できます。LDP コンテキストごとに異なる NMS ホストに通知を送信できます。特定の VRF に関連付けられた LDP 通知は、その VRF に指定された NMS に送信されます。LDP グローバル通知は、グローバル トラップを受信するように設定された NMS に送信されます。

VPN 対応 LDP MIB 機能の LDP コンテキスト通知をイネーブルにするには、SNMP mplsLdpSessionsUpDownEnable オブジェクト(グローバル LDP コンテキストの場合のみ)または次の拡張グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

グローバル コンテキストの LDP 通知をイネーブルにするには、Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータで次のコマンドを使用します。

Router(config)# snmp-server host host-address traps community mpls-ldp
 
Router(config)# snmp-server enable traps mpls rfc ldp
 

VPN コンテキストの LDP 通知をイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

Router(config)# snmp-server host host-address vrf vrf-name version {v1|v2c|v3}
community community-string udp-port upd-port mpls-ldp
 
Router(config)# snmp-server enable traps mpls rfc ldp
 

図 8 に、VPN 対応 LDP MIB 機能を使用した LDP 通知を示します。

図 8 VPN 対応 LDP MIB 機能を使用した LDP 通知

 

MPLS-LDP-STD-MIB および MPLS-LDP-MIB の主要な相違点

RFC 3815 に基づく MPLS-LDP-STD-MIB は、IETF バージョン 8 ドラフト(draft-ieft-mpls-ldp-08.txt)に基づく MPLS-LDP-MIB と同じ基本機能を提供します。モジュール ID は mplsLdpMIB から mplsLdpStdMIB に変更されています。両方の MIB は、SNMP を使用して LDP を管理するインターフェイスを提供します。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRB への MPLS-LDP-STD-MIB(RFC 3815)の実装後、MPLS-LDP-MIB のサポートは、一定の共存期間を経て完全に終了します。この共存期間に MPLS-LDP-STD-MIB への移行を実行できます。MPLS-LDP-STD-MIB および MPLS-LDP-MIB には異なるルート オブジェクト ID(OID)が付けられるため、両方の MIB は同じイメージ内に共存できます。

次の各項では、MPLS-LDP-STD-MIB および MPLS-LDP-MIB の主要な相違点を説明します。

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB スカラ オブジェクトの相違点」

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB テーブル オブジェクトの相違点」

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB 通知の変更点」

MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB スカラ オブジェクトの相違点

表 12 に、MPLS-LDP-MIB およびMPLS-LDP-STD-MIB のスカラ オブジェクトの相違点を示します。

 

表 12 スカラ オブジェクト:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

--

mplsLdpPeerLastChange

新規オブジェクト:MPLSLdpPeerTable または mplsLdpSessionTable のエントリが最後に追加または削除された時点での sysUpTime の値を示します。

mplsLdpSesUpDownTrapEnable

--

オブジェクト削除。

--

mplsFecLastChange

(注) Cisco IOS Release 12.2(33)SRB および 12.2(33)SB ではサポートされていません。

新規オブジェクト:MPLSLdpFecTable が最後に変更された時点での sysUpTime の値が含まれています。

--

mplsLdpLspFecLastChange

(注) Cisco IOS Release 12.2(33)SRB および 12.2(33)SB ではサポートされていません。

新規オブジェクト:MPLSLdpLspFecTable が最後に変更された時間を格納します。

--

mplsLdpEntityLastChange

新規オブジェクト:mplsLdpEntityTable または mplsLdpEntityStatsTable が最後に変更された時間を示します。

MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB テーブル オブジェクトの相違点

次の表では、各テーブルの MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの主要な相違点を示します。

MPLS LDP エンティティ テーブル(mplsLdpEntityTable)の相違点

表 13 に、MPLS LDP エンティティ テーブルの MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの主要な相違点を示します。

 

表 13 MPLS LDP エンティティ テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpEntityIndexNext

mplsLdpEntityIndexNext

構文変更:符号なし 32 ビットから IndexIntegerNextFree に変更。

mplsLdpEntityIndex

mplsLdpEntityIndex

構文変更:符号なし 32 ビットから IndexInteger に変更。

mplsLdpEntityProtocolVersion

mplsLdpEntityProtocolVersion

構文変更:符号なし 32 ビットから Integer32 に変更。

mplsLdpEntityAdminStatus

mplsLdpEntityAdminStatus

説明変更:このオブジェクトがイネーブルからディセーブルに変更された場合、MPLSLdpPeerTable の関連エントリを NMS がクリーンアップするという内容に変更。

mplsLdpEntityOperStatus

mplsLdpEntityOperStatus

説明変更:LSR が値を enabled(2) または disabled(3) に変更する前の一時的な状態を示す unknown(1) の値を追加。

mplsLdpEntityTcpDscPort

mplsLdpEntityTcpPort

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityMaxPduLength

mplsLdpEntityMaxPduLength

構文変更:このオブジェクトの下限値を 0 から 256 に変更。

説明変更:そのセッションおよびピアが提示する最大 PDU 長の小さい方の値を使用して、受信 LSR がセッションの最大 PDU 長を計算するという内容を追加。

mplsLdpEntityInitSessionThreshold

mplsLdpEntityInitSessionThreshold

構文変更:最大値を MAXINT から 100 に変更。

mplsLdpEntityLabelDistMethod

mplsLdpEntityLabelDistMethod

構文変更:INTEGER から MplsLabelDistributionMethod TC に変更。

mplsLdpEntityLabelRetentionMode

mplsLdpEntityLabelRetentionMode

構文変更:INTEGER から MplsRetentionMode TC に変更。

mplsLdpEntityPVLMisTrapEnable

--

通知制御オブジェクトを削除。

mplsLdpEntityPVL

mplsLdpEntityPathVectorLimit

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityHopCountLimit

mplsLdpEntityHopCountLimit

デフォルト値 = 0 用の DEFVAL 句を追加。

--

mplsLdpEntityTransportAddrKind

新規オブジェクト:Hello メッセージ(インターフェイスおよびループバック)に使用されるアドレスを示します。

mplsLdpEntityTargPeerAddrType

mplsLdpEntityTargPeerAddrType

構文変更:InetAddressType に変更。

mplsLdpEntityTargPeerAddr

mplsLdpEntityTargPeerAddr

構文変更:InetAddress に変更。

mplsLdpEntityOptionalParameters

mplsLdpEntityLabelType

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityStorType

mplsLdpEntityStorageType

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityRowStatus

mplsLdpEntityRowStatus

説明変更:mplsLdpentityAdminStatus を down に設定し、このエントリのオブジェクトを変更し、Admin ステータスをイネーブルに設定することを推奨する内容を追加しました。

MPLS LDP エンティティ統計情報テーブル(mplsLdpEntityStatsTable)の相違点


) MPLS LDP エンティティ統計情報テーブルのすべてのカウンタ オブジェクトには、「管理システムの再初期化時や、この mplsLdpEntityDiscontinuityTime の値で示されているときに、このカウンタの値の中断が発生する場合があります」という、中断に関する一般的な説明が追加されています。


表 14 に、MPLS LDP エンティティ統計情報テーブルの MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点を示します。

 

表 14 MPLS LDP エンティティ統計情報テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpAttemptedSessions

mplsLdpEntityStatsSessionAttempts

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesRejectedNoHelloErrors

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedNoHelloErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesRejectedAdErrors

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedAdErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesRejectedMaxPduErrors

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedMaxPduErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesRejectedLRErrors

mplsLdpEntityStatsSessionRejectedLRErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpBadLdpIdentifierErrors

mplsLdpEntityStatsBadLdpIdentifierErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpBadPduLengthErrors

mplsLdpEntityStatsBadPduLengthErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpBadMessageLengthErrors

mplsLdpEntityStatsBadMessageLengthErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpBadTlvLengthErrors

mplsLdpEntityStatsBadTlvLengthErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpMalformedTlvValueErrors

mplsLdpEntityStatsMalformedTlvValueErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpKeepAliveTimerExpErrors

mplsLdpEntityStatsKeepAliveTimerExpErrors

オブジェクト名変更。

mplsLdpShutdownNotifReceived

mplsLdpEntityStatsShutdownReceivedNotifications

オブジェクト名変更。

mplsLdpShutdownNotifSent

mplsLdpEntityStatsShutdownSentNotifications

オブジェクト名変更。

MPLS LDP ピア テーブル(mplsLdpPeerTable)の相違点

表 15 に、MPLS LDP ピア テーブルの MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点を示します。

 

表 15 MPLS LDP ピア テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpPeerLabelDistMethod

mplsLdpPeerLabelDistMethod

構文変更:INTEGER から MplsLabelDistributionMethod に変更

mplsLdpPeerLoopDectionForPV

--

オブジェクト削除。

mplsLdpPeerPVL

mplsLdpPeerPathVectorLimit

オブジェクト名変更。

--

mplsLdpPeerTransportAddrType

新規オブジェクト:ピアによって Hello メッセージまたは Hello 送信元メッセージ内でアドバタイズされるインターネット アドレス タイプ(IPv4 または IPv6)。

--

mplsLdpPeerTransportAddr

新規オブジェクト:ピアによって Hello メッセージまたは Hello 送信元メッセージ内でアドバタイズされるインターネット アドレス(IPv4 または IPv6)。

MPLS LDP セッション テーブル(mplsLdpSessionTable)の相違点

表 16 に、MPLS LDP セッション テーブルの MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点を示します。

 

表 16 MPLS LDP セッション テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpSesState

mplsLdpSessionState

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesProtocolVersion

mplsLdpSessionProtocolVersion

オブジェクト名変更。

--

mplsLdpSessionStateLastChange

新規オブジェクト:このテーブルが最後に変更された時間を示します。

--

mplsLdpSessionRole

新規オブジェクト:LSR の状態(active、passive、unknown)を示します。

mplsLdpSesKeepAliveHoldTimeRem

mplsLdpSessionKeepAliveHoldTimeRem

オブジェクト名変更。

--

mplsLdpSessionKeepAliveTime

新規オブジェクト:ピア間でネゴシエーションされた実際のキープアライブ時間を示します。

mplsLdpSesMaxPduLen

mplsLdpSessionMaxPduLen

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesDiscontinuityTime

mplsLdpSessionDiscontinuityTime

オブジェクト名変更。

MPLS LDP Hello 隣接関係テーブル(mplsLdpHelloAdjacencyTable)の相違点

表 17 に、MPLS LDP Hello 隣接関係テーブルのMPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点を示します。

 

表 17 MPLS LDP Hello 隣接関係テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpHelloAdjIndex

mplsLdpHelloAdjacencyIndex

オブジェクト名変更。

mplsLdpHelloAdjHoldTimeRem

mplsLdpHelloAdjacencyHoldTimeRem

オブジェクト名変更。

--

mplsLdpHelloAdjacencyHoldTime

新規オブジェクト:ネゴシエーションされた実際の隣接保留時間を示します。

mplsLdpHelloAdjType

mplsLdpHelloAdjacencyType

オブジェクト名変更。

MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-STD-MIB 通知の変更点

MPLS-LDP-MIB のすべての通知は、MPLS-LDP-STD-MIB でも使用できます。MPLS-LDP-STD-MIB 通知には、次の変更が実装されています。

mplsLdpPVLMismatch 通知の名前が mplsLdpPathVectorLimitMismatch に変わりました。

MPLS-LDP-STD-MIB では、通知制御オブジェクトである mplsLdpEntityPVLMisTrapEnable が削除されました。

MPLS-LDP-MIB 通知をイネーブルにする Cisco IOS コマンドは、MPLS-LSR-STD-MIB 通知をイネーブルにするコマンドとは異なります。

MPLS-LDP-MIB の場合、コマンドは snmp-server enable traps mpls ldp です。MPLS-LSR-STD-MIB の場合、コマンドは snmp-server enable traps mpls rfc ldp です。

MPLS-LDP-MIB およびMPLS-LDP-ATM-STD-MIB(RFC 3815)の相違点

レイヤ 2 ATM 関連オブジェクトが MPLS-LDP-MIB から削除され、RFC 3815 の新しい MIB モジュールに置き換わりました。新しい MIB モジュールは MPLS-LDP-ATM-STD-MIB です。これにより、モジュール方式での利用が可能となり、MPLS LDP MIB のサイズを縮小できます。

表 18 に、MPLS-LDP-ATM-STD-MIB の ATM 関連オブジェクトと MPLS-LDP-MIB オブジェクトの相違点を示します。

 

表 18 MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-ATM-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-ATM-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpEntityAtmParmsTable

mplsLdpEntityAtmTable

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityAtmMergeCap

mplsLdpEntityAtmMergeCap

構文変更:列挙 vpMerge および vpAndVcMerge を追加しました。

mplsLdpEntityDefaultControlVpi

mplsLdpEntityAtmDefaultControlVpi

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityDefaultControlVci

mplsLdpEntityAtmDefaultControlVci

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityUnlabTrafVpi

mplsLdpEntityAtmUnlabTrafVpi

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityUnlabTrafVci

mplsLdpEntityAtmUnlabTrafVci

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityAtmStorType

mplsLdpEntityAtmStorageType

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityAtmRowStatus

mplsLdpEntityAtmRowStatus

説明変更:異なる行のステータス操作を明確にしました。LSR がこのテーブルのオブジェクトを変更する前に、mplsLdpEntityAdminStatus オブジェクトを down に設定することを推奨するという内容を追加しました。

mplsLdpEntityConfAtmLRTable

mplsLdpEntityAtmLRTable

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLREntry

mplsLdpEntityAtmLREntry

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLRMinVpi

mplsLdpEntityAtmLRMinVpi

オブジェクト名変更。説明変更:有効な値として 0 を追加。

mplsLdpEntityConfAtmLRMinVci

mplsLdpEntityAtmLRMinVci

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLRMaxVpi

mplsLdpEntityAtmRMaxVpi

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLRMaxVci

mplsLdpEntityAtmLRMaxVci

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLRStorType

mplsLdpEntityAtmLRStorageType

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfAtmLRRowStatus

mplsLdpEntityAtmLRRowStatus

オブジェクト名変更。

mplsLdpAtmSesTable

mplsLdpAtmSessionTable

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesAtmLRLowerBoundVpi

mplsLdpSessionAtmLRLowerBoundVpi

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesAtmLRLowerBoundVci

mplsLdpSessionAtmLRLowerBoundVci

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesAtmLRUpperBoundVpi

mplsLdpSessionAtmLRUpperBoundVpi

オブジェクト名変更。

mplsLdpSesAtmLRUpperBoundVci

mplsLdpSessionAtmLRUpperBoundVci

オブジェクト名変更。

MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)の相違点

プラットフォーム単位のラベル スペースのレイヤ 2 オブジェクトが MPLS-LDP-MIB から削除され、RFC 3815 の新しい MIB モジュールに置き換わりました。新しい MIB モジュールは MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB です。これにより、モジュール方式での利用が可能となり、MPLS LDP MIB のサイズを縮小できます。

表 19 に、MPLS-LDP-MIB の汎用ラベル スペース オブジェクトと MPLS-GENERIC-STD-MIB のオブジェクトの相違点を示します。

 

表 19 MPLS LDP LSP DEC テーブル:MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB オブジェクトの相違点

MPLS-LDP-MIB オブジェクト
MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB オブジェクト
相違点

mplsLdpEntityConfGenLRTable

mplsLdpEntityGenericLRTable

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfGenLRMinn

mplsLdpEntityGenericLRMin

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfGenLRMax

mplsLdpEntityGenericLRMax

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfGenIfIndexOrZero

mplsLdpEntityGenericIfIndexOrZero

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfGenLRStorType

mplsLdpEntityGenericLRStorageType

オブジェクト名変更。

mplsLdpEntityConfGenLRRowStatus

mplsLdpEntityGenericRowStatus

オブジェクト名変更。

--

mplsLdpEntityGenericLabelSpace

新規オブジェクト:perPlatform(1) の値は、プラットフォーム単位のラベル スペースのタイプを示します。perInterface(2) の値は、ラベル スペース タイプがインターフェイス単位であることを示します。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の SNMP の設定方法

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能の SNMP を設定するには、次の作業を行います。

「ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定」(必須)

「SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定」(必須)

「VPN 対応 LDP MIB の設定」(任意)

ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定

ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスを設定にするには、次の作業を実行します。

SNMP エージェントを使用して、RFC 3815 に説明されている MPLS LDP MIB は LDP を監視および管理するインターフェイスを提供します。

SNMP を使用して LDP を管理するには、NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスを設定する必要があります。デフォルトでは、MPLS LDP MIB の SNMP エージェントはディセーブルになっています。手順 2 では、SNMP エージェントがすでに設定されているかどうか、および LDP を監視および管理するために SNMP 情報を変更する必要があるかどうかを判別する方法が示されています。

手順の概要

1. enable

2. show running-config

3. configure terminal

4. snmp-server community string [ view view-name ] [ ro | rw ] [ acl - number ]

5. do copy running-config startup-config

6. exit

7. show-running config

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show running-config

 

Router# show running-config

実行コンフィギュレーションを表示して、SNMP エージェントがすでに動作しているかどうかを判断します。

SNMP 情報が表示されない場合は、次のステップに進みます。SNMP の情報が表示された場合は、情報を修正するか、または必要に応じて情報を変更できます。

ステップ 3

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

snmp-server community string [ view view-name ] [ ro | rw ] [ acl - number ]

 

Router(config)# snmp-server community comaccess ro

SNMP プロトコルへのアクセスを許可するように、コミュニティ アクセス ストリングを設定します。

string 引数はパスワードのように機能し、SNMP プロトコルへのアクセスを許可します。

view view-name キーワードと引数のペアには、以前に定義されたビューの名前を指定します。ビューには、コミュニティで使用できるオブジェクトが定義されています。

ro キーワードは、読み取り専用アクセスであることを指定します。MIB オブジェクトを取得できるのは、許可された管理ステーションだけです。

rw キーワードは、読み取り/書き込みアクセスであることを指定します。MIB オブジェクトの取得と変更の両方を実行できるのは、許可された管理ステーションです。

acl-number 引数は、1 ~ 99 の整数で、コミュニティ ストリングを使用した SNMP エージェントへのアクセスが許可される IP アドレスのアクセス リストを指定します。

ステップ 5

do copy running-config startup-config

 

Router(config)# do copy running-config startup-config

(任意)変更された設定をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルとして不揮発性メモリ(NVRAM)に保存します。

MIB 情報を変更した場合は、このコマンドを使用します。

do コマンドを使用すると、コンフィギュレーション モードで EXEC レベルのコマンドを実行できます。

ステップ 6

exit

 

Router(config)# exit

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show running-config

 

Router# show running-config | include snmp-server

(任意)ルータの現在の設定情報を表示します。

show running-config コマンドを使用すると、 snmp-server コマンド文が出力に表示されることをチェックできます。

show running-config コマンドを使用して、ホスト NMS ワークステーション上の実行コンフィギュレーションを表示し、SNMP 情報の出力を確認します。次に例を示します。

Router# show running-config | include snmp-server
 
snmp-server community public RO
snmp-server community private RW
 

この例のような形式の出力に snmp-server コマンド文がある場合、SNMP エージェントへのアクセスがホスト NMS ワークステーションで設定されていることを確認できます。

SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定

SNMP 通知をホストに送信して、LDP を監視するようにルータを設定するには、次の作業を実行します。SNMP 通知を表示する機能は、LDP セッションの管理に役立ちます。ピア間の LDP セッションが起動または停止しているか、両方の LDP ピアでパス ベクトル制限が同じかどうか、ピア間のパス ベクトル制限のしきい値が超過しているかどうかを判別できます。

snmp-server host コマンドは、通知またはトラップを受信するホストを指定します。 snmp-server enable traps コマンドでは、指定したトラップのトラップ生成メカニズムをグローバルにイネーブルにします。

ホストでトラップを受信するには、そのホストに snmp-server host コマンドを設定し、一般的には snmp-server enable traps コマンドを使用してトラップをグローバルにイネーブルにする必要があります。

前提条件

snmp-server host コマンド自体を使用して community-string 引数を設定できますが、 snmp-server community コマンドを使用してこのストリングを定義してから snmp-server host コマンドを使用することを推奨します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server host host-addr ess [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3 [ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ] [ vrf vrf-name ]

4. snmp-server enable traps mpls ldp [ pv-limit ] [ session-down ] [ session-up ] [ threshold ]

5. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server host host-address [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3 [ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ] [ vrf vrf-name ]

 

Router(config)# snmp-server host 172.20.2.160 traps comaccess mpls-ldp

SNMP 通知動作の指定

host-address 引数には、ホスト(ターゲット受信者)の名前またはインターネット アドレスを指定します。

traps キーワードを指定すると、このホストに SNMP トラップが送信されます。これがデフォルトです。

informs キーワードを指定すると、このホストに SNMP 応答要求が送信されます。

version キーワードには、トラップの送信に使用する SNMP のバージョンを指定します。最も安全なモデルはバージョン 3 です。このバージョンでは、 priv キーワードを使用してパケットを暗号化できるためです。 version キーワードを使用する場合は、次のいずれかを指定する必要があります。

1 :SNMPv1。このオプションは、informs とともに使用することはできません。

2c :SNMPv2c。

3 :SNMPv3。 version 3 キーワードのあとに、 auth noauth priv の 3 つのオプション キーワードを指定できます。

community-string 引数は、通知動作で送信される、パスワードに似たコミュニティ ストリングです。

 

 

udp-port port キーワードと引数のペアには、使用するホストの UDP ポートを指定します。デフォルト値は 162 です。

notification-type 引数には、ホストに送信する通知のタイプを指定します。タイプが指定されていない場合は、すべての通知が送信されます。

vrf vrf-name キーワードと引数のペアには、SNMP 通知の送信に使用する VRF テーブルを指定します。

ステップ 4

snmp-server enable traps mpls ldp [ pv-limit ] [ session-down ] [ session-up ] [ threshold ]

 
Router(config)# snmp-server enable traps mpls rfc ldp session-down

RFC 3815 で定義されている MPLS LDP 固有の SNMP 通知(トラップと応答要求)をルータが送信できるようにします。

pv-limit キーワードを使用すると、Path Vector(PV; パス ベクトル)制限の通知(mplsLdpPathVectorLimitMismatch)を制御(イネーブルまたはディセーブルに)できます。この通知は、ローカル LSR によって、ルータがその隣接ピアである LSR と LDP セッションを確立し、2 つの LSR でパス ベクトル制限が異なる場合に生成されます。

session-down キーワードを指定すると、LDP セッションのダウン通知(mplsLdpSessionDown)を制御(イネーブルまたはディセーブルに)できます。このメッセージは、ルータとその隣接 LDP ピア間の LDP セッションが終了すると生成されます。

session-up キーワードを使用すると、LDP セッションのアップ通知(mplsLdpSessionUp)を制御(イネーブルまたはディセーブルに)できます。この通知は、ルータによって別の LDP エンティティ(ネットワーク内の隣接 LDP ピア)との LDP セッションが確立されると生成されます。

threshold キーワードを使用すると、PV 制限の通知(mplsLdpFailedInitSessionThresholdExceeded)を制御(イネーブルまたはディセーブルに)できます。この通知は、ルータと LDP ピア間の LDP セッションの確立に 8 回失敗すると生成されます。デバイス間に何らかの非互換がある場合にもセッションの確立に失敗することがあります。

ステップ 5

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

VPN 対応 LDP MIB の設定

VPN 対応 LDP MIB を設定するには、次の作業を行います。

「VPN の SNMP サポートの設定」(必須)

「VPN の SNMP コンテキストの設定」(必須)

「SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定」 (必須)

VPN の SNMP サポートの設定

VPN(またはリモート VPN)の SNMP サポートを設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server host host-address [ vrf vrf-name ] [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3
[ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ]

4. snmp-server engineID remote ip-address [ udp-port udp-port-number ] [ vrf vrf-name ]
engineid-string

5. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server host host-address [ vrf vrf-name ] [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3 [ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ]

 
Router(config)# snmp-server host example.com vrf trap-vrf

SNMP 通知操作の受信者を指定し、SNMP 通知の送信に使用する VRF インスタンス テーブルを指定します。

host-address 引数には、ホスト(ターゲット受信者)の名前またはインターネット アドレスを指定します。

vrf vrf-name キーワードと引数のペアには、SNMP 通知の送信に使用する VRF テーブルを指定します。

traps キーワードを指定すると、このホストに SNMP トラップが送信されます。これがデフォルトです。

informs キーワードを指定すると、このホストに SNMP 応答要求が送信されます。

version キーワードには、トラップの送信に使用する SNMP のバージョンを指定します。最も安全なモデルはバージョン 3 です。このバージョンでは、 priv キーワードを使用してパケットを暗号化できるためです。 version キーワードを使用する場合は、次のいずれかを指定する必要があります。

 

 

1 :SNMPv1。このオプションは、informs とともに使用することはできません。

2c :SNMPv2C。

3 :SNMPv3。 version 3 キーワードのあとに、 auth noauth priv の 3 つのオプション キーワードを指定できます。

community-string 引数は、通知動作で送信される、パスワードに似たコミュニティ ストリングです。

udp-port port キーワードと引数のペアには、使用するホストの UDP ポートを指定します。デフォルト値は 162 です。

notification-type 引数には、ホストに送信する通知のタイプを指定します。タイプが指定されていない場合は、すべての通知が送信されます。

ステップ 4

snmp-server engineID remote ip-address [ udp-port udp-port-number ] [ vrf vrf-name ] engineid-string

 
Router(config)# snmp-server engineID remote 172.16.20.3 vrf traps-vrf 80000009030000B064EFE100

リモート SNMP デバイスの SNMP エンジン ID を指定します。

ipv4-address 引数は、SNMP のリモート コピーが含まれるデバイスの IPv4 アドレスです。

ipv6-address 引数は、SNMP のリモート コピーが含まれるデバイスの IPv6 アドレスです。

udp-port キーワードは、使用するホストの User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ポートを指定します。

udp-port-number 引数は、SNMP のリモート コピーが含まれるリモート デバイス上のソケット番号です。デフォルト値は 161 です。

vrf キーワードは、ルーティング テーブルのインスタンスを指定します。

vrf-name 引数は、データを格納するために使用する VRF テーブルの名前です。

engineid-string は、エンジン ID を識別する、最大 24 文字の文字列です。

ステップ 5

end

 

Router(config)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の作業

「VPN の SNMP コンテキストの設定」に進みます。

VPN の SNMP コンテキストの設定

VPN の SNMP コンテキストを設定するには、次の作業を実行します。これにより、VPN の一意の SNMP コンテキストを設定して、VPN の LDP セッション情報にアクセスできるようになります。

SNMP コンテキスト

VPN ユーザは、SNMP コンテキストを使用すると、MIB データに安全にアクセスできます。VPN がコンテキストに関連付けられている場合、その VPN 固有の MIB データはそのコンテキスト内にあります。VPN をコンテキストに関連付けると、サービス プロバイダーは複数の VPN を含むネットワークを管理できます。コンテキストを作成して VPN に関連付けることにより、サービス プロバイダーは、ある VPN のユーザが同じネットワーク デバイス上で他の VPN のユーザに関する情報にアクセスするのを防ぐことができます。

VPN ルート識別子

Route Distinguisher(RD; ルート識別子)によって、VPN のルーティングおよび転送テーブルが作成されます。Cisco IOS ソフトウェアは、RD をカスタマーの IPv4 プレフィクスの先頭に追加して、それらのプレフィクスをグローバルに一意である VPN-IPv4 プレフィクスに変更します。

RD は、自律システム番号と任意の番号で構成される Autonomous System Number(ASN; 自律システム番号)相対 RD、または IP アドレスと任意の番号で構成される IP アドレス相対 RD のいずれかです。RD は、次のいずれかの形式で入力できます。

16 ビット ASN:101:3 などの 32 ビット数値

32 ビット IP アドレス:192.168.122.15:1 などの 16 ビット数値

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server context context-name

4. ip vrf vrf-name

5. rd route-distinguisher

6. context context-name

7. route-target { import | export | both } route-target-ext-community

8. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server context context-name
 

Router(config)# snmp-server context context1

SNMP コンテキストを作成し、その名前を指定します。

context-name 引数は、作成される SNMP コンテキストの名前です。

ステップ 4

ip vrf vrf-name

 

Router(config)# ip vrf vrf1

VRF テーブルを設定し、VRF コンフィギュレーション モードを開始します。

vrf-name 引数は、VRF に割り当てられている名前です。

ステップ 5

rd route-distinguisher
 

Router(config-vrf)# rd 100:120

VPN ルート識別子を作成します。

route-distinguisher 引数では、8 バイトの値を IPv4 プレフィクスに追加して VPN IPv4 プレフィクスを作成することを指定します。ルート識別子は、次のいずれかの形式で入力できます。

16 ビットの自律システム番号:32 ビット数値
(101:3 など)

32 ビット IP アドレス:16 ビット数値
(192.168.122.15:1 など)

ステップ 6

context context-name
 

Router(config-vrf)# context context1

SNMP コンテキストを特定の VRF に関連付けます。

context-name 引数は、最大 32 文字の SNMP VPN コンテキストの名前です。

ステップ 7

route-target { import | export | both } route-target-ext-community
 

Router(config-vrf)# route-target export 100:1000

(任意)VRF 用の route-target 拡張コミュニティを作成します。

import キーワードを使用すると、ターゲット VPN 拡張コミュニティからルーティング情報がインポートされます。

export キーワードを使用すると、ルーティング情報がターゲット VPN 拡張コミュニティにエクスポートされます。

both キーワードを使用すると、ルーティング情報のターゲット VPN 拡張コミュニティからのインポート、およびターゲット VPN 拡張コミュニティへのエクスポートの両方が行われます。

route-target-ext-community 引数により、route-target 拡張コミュニティ アトリビュートが、インポート、エクスポート、または両方(インポートとエクスポート)の route-target 拡張コミュニティの VRF リストに追加されます。

ステップ 8

end

 

Router(config-vrf)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定

SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストを設定するには、次の作業を実行します。

これにより、SNMPv1 または SNMPv2 を使用して VPN の LDP セッション情報にアクセスできます。

SNMPv1 または SNMPv2 セキュリティ

SNMPv1 と SNMPv2 は、SNMPv3 ほど安全ではありません。SNMP バージョン 1 と 2 では、プレーン テキスト コミュニティを使用し、SNMP バージョン 3 で実行される認証やセキュリティ チェックを実行しません。

SNMP バージョン 1 または SNMP バージョン 2 を使用するときに VPN 対応 LDP MIB 機能を設定するには、コミュニティ名を VPN に関連付ける必要があります。関連付けると、SNMP は、特定のコミュニティ ストリングの着信要求を、設定されている VRF から受信した場合だけ処理します。着信パケットに含まれているコミュニティ ストリングに VRF が関連付けられていない場合は、VRF 以外のインターフェイス経由で着信した場合だけパケットを処理します。このプロセスによって、VPN 外のユーザがクリア テキスト コミュニティ ストリングを使用して VPN データを問い合わせるのを防ぐことができます。ただし、これは SNMPv3 を使用する場合ほど安全ではありません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. snmp-server user username group-name [ remote host [ udp-port port ]] { v1 | v2c | v3 [ encrypted ]
[ auth { md5 | sha } auth-password ]} [ access access-list ]

4. snmp-server group group-name { v1 | v2c | v3 { auth | noauth | priv }} [ context context-name ]
[ read readview] [ write writeview] [ notify notifyview] [ access access-list]

5. snmp-server view view-name oid-tree { included | excluded }

6. snmp-server enable traps [ notification-type ]

7. snmp-server host host-address [ vrf vrf-name ] [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3
[ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ]

8. snmp mib community-map community-name [ context context-name ] [ engineid engine-id ]
[ security-name security-name ] target-list vpn-list-name

9. snmp mib target list vpn - list-name { vrf vrf-name | host ip-address }

10. no snmp-server trap authentication vrf

11. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

snmp-server user username group-name [ remote host [ udp-port port ]] { v1 | v2c | v3 [ encrypted ] [ auth { md5 | sha } auth-password ]} [ access access-list ]

 

Router(config)# snmp-server user customer1 group1 v1

SNMP グループの新しいユーザを設定します。

username 引数は、エージェントに接続するホストのユーザ名です。

group-name 引数は、ユーザが属するグループの名前です。

remote host キーワードおよび引数は、ユーザが属するリモート SNMP エンティティ、およびホスト名またはエンティティの IPv6 アドレスまたは IPv4 IP アドレスを指定します。IPv6 アドレスおよび IPv4 IP アドレスの両方を指定すると、IPv6 ホストが最初に表示されます。

udp-port port キーワードおよび引数は、リモート ホストの UDP ポート番号を指定します。デフォルト値は UDP ポート 162 です。

v1 キーワードは、SNMPv1 を使用することを指定します。

v2c キーワードは、SNMPv2c を使用することを指定します。

v3 キーワードは、SNMPv3 セキュリティ モデルを使用することを指定します。 encrypted キーワードや auth キーワードの使用を許可します。

encrypted キーワードは、暗号化された形式(一連の数字、文字列のマスキング)でパスワードを表示するかどうかを指定します。

auth キーワードは、使用される認証レベルを指定します。

md5 キーワードは、HMAC-MD5-96 認証レベルです。

sha キーワードは、HMAC-SHA-96 認証レベルです。

auth-password 引数は、エージェントがホストからのパケットを受信できるようにする(64 文字を超えない)文字列です。最短のパスワードは 1 文字です。推奨するパスワードの長さは少なくとも 8 文字です。また、文字と数字を含めるようにします。

access access-list キーワードおよび引数は、この SNMP ユーザに関連付けるアクセス リストを指定します。

ステップ 4

snmp-server group group-name { v1 | v2c | v3 { auth | noauth | priv }} [ context context-name ] [ read readview] [ write writeview] [ notify notifyview] [ access access-list]

 

Router(config)# snmp-server group group1 v1 context context1 read view1 write view1 notify view1

新しい SNMP グループ、または SNMP ユーザを SNMP ビューにマッピングするテーブルを設定します。

group-name 引数は、グループの名前です。

v1 キーワードは、グループに SNMPv1 を使用することを指定します。

v2c キーワードは、グループに SNMPv2c を使用することを指定します。SNMPv2c セキュリティ モデルを使用すると、応答要求を送信できるようになります。また、(32 文字の文字列の代わりに)64 文字の文字列をサポートします。

v3 キーワードは、グループに SNMPv3 を使用することを指定します。SNMPv3 はサポートされているセキュリティ モデルで最もセキュリティが強化されています。これは、認証文字を明示的に設定できるためです。

auth キーワードは、パケットを暗号化しないで認証することを指定します。

noauth キーワードは、パケットを認証しないことを指定します。

priv キーワードは、パケットを暗号化して認証することを指定します。

context context-name キーワードおよび引数は、指定した SNMP グループを、設定されている SNMP コンテキストに関連付けます。

read readview キーワードおよび引数は、SNMP グループの読み取りビューを指定します。 readview 引数は、(64 文字を超えない)文字列で表されます。これは、エージェントのコンテンツのみを表示できるビューの名前です。

write writeview キーワードおよび引数は、SNMP グループの書き込みビューを指定します。 writeview 引数は、(64 文字を超えない)文字列で表されます。これは、データを入力したりエージェントのコンテンツを設定したりできるビューの名前です。

notify および notifyview のキーワードと引数は、SNMP グループの通知ビューを指定します。 writeview 引数は、(64 文字を超えない)文字列で表されます。これは、通知、応答要求、トラップを指定できるビューの名前です。

access access-list キーワードおよび引数は、このグループに関連付ける標準のアクセス リスト(標準 ACL)を指定します。

ステップ 5

snmp-server view view-name oid-tree { included | excluded }

 

Router(config)# snmp-server view view1 ipForward included

ビュー エントリを作成または更新します。

view-name 引数は、更新または作成するビュー レコードのラベルです。レコードはこの名前で参照されます。

oid-tree 引数は、ビューに含めたり、ビューから除外したりする ASN.1 サブツリーのオブジェクト ID です。サブツリーを識別するために、1.3.6.2.4 などの数字や system などの単語で構成されるテキスト文字列を指定します。サブツリー ファミリを指定するには、サブ ID の 1 文字をアスタリスク(*)ワイルドカードに変えます。たとえば、1.3.*.4 です。

included キーワードは、 oid-tree 引数に指定されている OID(およびサブツリー OID)を SNMP ビューに含めるように設定します。

excluded キーワードは、 oid-tree 引数に指定されている OID(およびサブツリー OID)を SNMP ビューから除外するように設定します。

ステップ 6

snmp-server enable traps [ notification-type ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps

システムで使用できるすべての SNMP 通知(トラップまたは応答要求)をイネーブルにします。

notification-type 引数は、LSR でイネーブルになる SNMP 通知の特定のタイプを指定します。通知のタイプを指定しない場合、LSR に適用できるすべての SNMP 通知がイネーブルになり、SNMP ホストに送信されます。

ステップ 7

snmp-server host host-address [ vrf vrf-name ] [ traps | informs ] [ version { 1 | 2c | 3 [ auth | noauth | priv ]}] community-string [ udp-port port ] [ notification-type ]

 

Router(config)# snmp-server host 10.0.0.1 vrf customer1 public udp-port 7002

SNMP 通知動作の指定

host-address 引数には、ホスト(ターゲット受信者)の名前またはインターネット アドレスを指定します。

vrf vrf-name キーワードと引数のペアには、SNMP 通知の送信に使用する VRF テーブルを指定します。

traps キーワードを指定すると、このホストに SNMP トラップが送信されます。これがデフォルトです。

informs キーワードを指定すると、このホストに SNMP 応答要求が送信されます。

version キーワードには、トラップの送信に使用する SNMP のバージョンを指定します。最も安全なモデルはバージョン 3 です。このバージョンでは、 priv キーワードを使用してパケットを暗号化できるためです。 version キーワードを使用する場合は、次のいずれかを指定する必要があります。

1 :SNMPv1。このオプションは、informs とともに使用することはできません。

2c :SNMPv2C。

3 :SNMPv3。 version 3 キーワードのあとに、 auth noauth priv の 3 つのオプション キーワードを指定できます。

 

 

community-string 引数は、通知動作で送信される、パスワードに似たコミュニティ ストリングです。

udp-port port キーワードと引数のペアには、使用するホストの UDP ポートを指定します。デフォルト値は 162 です。

notification-type 引数には、ホストに送信する通知のタイプを指定します。タイプが指定されていない場合は、すべての通知が送信されます。

ステップ 8

snmp mib community-map community-name [ context context-name ] [ engineid engine-id ] [ security-name security-name ] target-list vpn-list-name

 

Router(config)# snmp mib community-map community1 context context1 target-list commAVpn

SNMP コミュニティを SNMP コンテキスト、エンジン ID、またはセキュリティ名にマッピングします。

community-name 引数は、SNMP コミュニティ ストリングです。

context context-name キーワードおよび引数は、SNMP コンテキスト名が SNMP コミュニティにマッピングされるように指定します。

engineid engine-id キーワードおよび引数は、SNMP エンジン ID が SNMP コミュニティにマッピングされるように指定します。

security - name security-name キーワードおよび引数は、SNMP コミュニティにマッピングされるセキュリティ名を指定します。

target-list vpn-list-name キーワードおよび引数は、SNMP コミュニティにマッピングされる VRF リストを指定します。リスト名は、 snmp mib target list コマンドで使用されているリスト名に対応する必要があります。

ステップ 9

snmp mib target list vpn-list-name { vrf vrf-name | host ip-address }

 

Router(config)# snmp mib target list commAVpn vrf vrf1

SNMP コミュニティに関連付けるターゲット VRF とホストのリストを作成します。

vpn-list-name 引数は、ターゲット リストの名前です。

vrf キーワードは、指定した VRF をターゲット リストに追加します。

vrf-name 引数は、リストに含める VRF の名前です。

host キーワードは、指定したホストをターゲット リストに追加します。

ip-address 引数は、ホストの IP アドレスです。

ステップ 10

no snmp-server trap authentication vrf

 

Router(config)# no snmp-server trap authentication vrf

(任意)VRF インターフェイスで受信したパケットについて生成されるすべての SNMP 認証通知(トラップまたは応答要求)をディセーブルにします。

このコマンドを使用して、関連付けられているコミュニティが正しくない VRF インターフェイス上のパケットに対する認証トラップだけをディセーブルにします。

ステップ 11

end

 

Router(config) end

特権 EXEC モードに戻ります。

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の設定例

ここでは、次のような MPLS EM - MPLS LDP MIB- RFC 3815 の設定例を説明します。

「ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定:例」

「SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定:例」

「VPN 対応 LDP MIB の設定:例」

ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定:例

次に、ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントにアクセスするための設定例を示します。

configure terminal
!
snmp-server community
end
 

次に、ホスト NMS ワークステーション上の SNMPv1 および SNMPv2C にアクセスするための設定例を示します。設定では、コミュニティ ストリング public を使用して、SNMP エージェントが読み取り専用アクセス権ですべての MPLS LDP MIB オブジェクトにアクセスすることを許可しています。

configure terminal
!
snmp-server community public
end
 

次に、comaccess コミュニティ ストリングを指定するアクセス リスト 4 のメンバに、すべての MPLS LDP MIB オブジェクトへの読み取り専用アクセスを許可する例を示します。その他の SNMP エージェントは MPLS LDP MIB オブジェクトにアクセスできません。

configure terminal
!
snmp-server community comaccess ro 4
end
 

SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定:例

次に、SNMP 通知をホストに送信して、LDP を監視するようにルータを設定する例を示します。

config terminal
!
snmp-server host 172.20.2.160 traps comaccess mpls-ldp
snmp-server enable traps mpls rfc ldp session-up
!
snmp-server enable traps mpls rfc ldp session-down
end

 

セッション アップとセッション ダウンの LDP 通知が設定されました。

VPN 対応 LDP MIB の設定:例

ここでは、次のような VPN 対応 LDP MIB の設定例を説明します。

「VPN の SNMP サポートの設定:例」

「VPN の SNMP コンテキストの設定:例」

「SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定:例」

VPN の SNMP サポートの設定:例

次に、VPN の SNMP サポートを設定する方法の例を示します。

configure terminal
!
snmp-server host 10.10.10.1 vrf traps-vrf
snmp-server engineID remote 172.16.20.3 vrf traps-vrf 80000009030000B064EFE100
end

VPN の SNMP コンテキストの設定:例

次に、VPN の SNMP コンテキストを設定する方法の例を示します。この例では、VPN vrf1 は SNMP コンテキストである context1 に関連付けられます。

configure terminal
!
snmp-server context context1
ip vrf vrf1
rd 100:120
context context1
route-target export 100:1000
end

SNMPv1 または SNMPv2 の VPN 対応 SNMP コンテキストの設定:例

次に、SNMPv1 または SNMPv2 を使用して MPLS LDP MIB の VPN 対応 SNMP コンテキストを設定する方法の例を示します。

snmp-server context A
snmp-server context B
 
ip vrf CustomerA
rd 100:110
context A
route-target export 100:1000
route-target import 100:1000
!
 
ip vrf CustomerB
rd 100:120
context B
route-target export 100:2000
route-target import 100:2000
!
 
interface Ethernet3/1
description Belongs to VPN A
ip vrf forwarding CustomerA
ip address 10.0.0.0 255.255.0.0
 
interface Ethernet3/2
description Belongs to VPN B
ip vrf forwarding CustomerB
ip address 10.0.0.1 255.255.0.0
 
snmp-server user commA grp1A v1
snmp-server user commA grp2A v2c
snmp-server user commB grp1B v1
snmp-server user commB grp2B v2c
 
snmp-server group grp1A v1 context A read viewA write viewA notify viewA
snmp-server group grp1B v1 context B read viewB write viewB notify viewB
 
snmp-server view viewA ipForward included
snmp-server view viewA ciscoPingMIB included
snmp-server view viewB ipForward included
snmp-server view viewB ciscoPingMIB included
 
snmp-server enable traps
snmp-server host 10.0.0.3 vrf CustomerA commA udp-port 7002
snmp-server host 10.0.0.4 vrf CustomerB commB udp-port 7002
 
snmp mib community-map commA context A target-list commAvpn
! Configures source address validation
snmp mib community-map commB context B target-list commBvpn
! Configures source address validation
snmp mib target list commAvpn vrf CustomerA
! Configures a list of VRFs or from which community commA is valid
snmp mib target list commBvpn vrf CustomerB
! Configures a list of VRFs or from which community commB is valid
 

その他の参考資料

ここでは、MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS LDP の概念と設定作業

Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Configuration Guide 』の「 MPLS Label Distribution Protocol 」の章

MPLS ラベル スイッチング ルータ MIB(MPLS-LSR-STD-MIB)に対する Cisco IOS ソフトウェアでの SNMP エージェント サポートの説明

MPLS EM - MPLS LSR MIB - RFC 3813

SNMP コマンド

『Cisco IOS Network Management Command Reference』

SNMP 設定

Cisco IOS Network Management Configuration Guide 』の「 Configuring SNMP Support 」の章

VPN に対する SNMP サポート

『SNMP Notification Support for VPNs』

VPN 設定作業での SNMP コンテキスト サポート

SNMP Support over VPNs:Context Based Access Control

MPLS の概念および設定作業

『Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Configuration Guide』

CEF の概念および設定作業

Cisco IOS IP Switching Configuration Guide 』の「 Configuring Cisco Express Forwarding 」の項

MPLS EM に関する情報

『Cisco IOS MPLS Embedded Management Application Note』

『Cisco IOS MPLS Embedded Management Q&A』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

MPLS-LDP-STD-MIB

MPLS-LDP-ATM-STD-MIB

MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 3036

『LDP Specification』

RFC 3037

『LDP Applicability』

RFC 3815

Definitions of Managed Objects for the Multiprotocol Label Switching (MPLS), Label Distribution Protocol (LDP)

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にあるコマンド検索ツールを使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List 』を参照してください。

snmp-server enable traps mpls rfc ldp

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の機能情報

表 20 に、この機能の履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェアによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドの情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco 機能 Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 20 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア トレインだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア トレインの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 20 MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815

12.2(33)SRB
12.2(33)SB

MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能のドキュメントでは、RFC 3815『 Definitions of Managed Objects for the Multiprotocol Label Switching (MPLS), Label Distribution Protocol (LDP) 』に基づいて Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)をサポートする MIB を説明します。また、RFC 3815 と、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)ドラフト バージョン 8(draft-ieft-mpls-ldp-08.txt)に基づく MPLS-LDP-MIB の相違点を説明します。RFC 3815 および IETF ドラフト バージョン 8 は、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用して LDP を管理するインターフェイスを提供します。

RFC 3815 では、MPLS-LDP-MIB の内容は、MPLS-LDP-STD-MIB、MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB、MPLS-LDP-ATM-STD-MIB、MPLS-LDP-FRAME-RELAY-STD-MIB の 4 つの MIB モジュールに分けられています。

Cisco IOS MPLS Embedded Management(EM)は、Fault, Configuration, Accounting, Performance, and Security(FCAPS; 障害、設定、アカウンティング、パフォーマンス、セキュリティ)モデルに従った MPLS ベースのネットワークの開発、操作、アドミニストレーション、および管理を容易にする標準と付加価値サービスのセットです。

この機能は、12.2(33)SRB で初めて導入されました。

この機能は、12.2(33)SB で Cisco IOS Release 12.2SB に統合されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「ラベル配布プロトコルの概要」

「MPLS EM - MPLS LDP MIB - RFC 3815 機能を使用する利点」

「MPLS LDP MIB(RFC 3815)の要素」

「MPLS LDP MIB 通知を生成するイベント」

「MPLS LDP MIB モジュール(RFC 3815)のスカラ オブジェクト」

「MPLS-LDP-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」「MPLS-LDP-ATM-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」

「MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB モジュール(RFC 3815)の MIB テーブル」

「MPLS LDP MIB の VPN コンテキスト」

「MPLS-LDP-STD-MIB および MPLS-LDP-MIB の主要な相違点」

「MPLS-LDP-MIB およびMPLS-LDP-ATM-STD-MIB(RFC 3815)の相違点」

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)の相違点」

「MPLS-LDP-MIB および MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)の相違点」

「ホスト NMS ワークステーション上の SNMP エージェントへのアクセスの設定」

「SNMP 通知をホストに送信して LDP を監視するためのルータの設定」

「VPN 対応 LDP MIB の設定」

「VPN 対応 LDP MIB の設定」

この機能では、 snmp-server enable traps mpls rfc ldp コマンドが導入されました。

用語集

FPI :Forwarding Path Identifier(転送パス識別子)。Forwarding Equivalence Class(FEC)の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)転送情報の場所を検索するために必要な ID。MPLS Forwarding Infrastructure(MFI)でサポートされている FPI のタイプの例は、IPv4、IPv6、LABEL、SSS、TE です。

LDP :Label Distribution Protocol(ラベル配布プロトコル)。パケットの転送に使用されるラベル(アドレス)のネゴシエーションで使用される MPLS 対応ルータ間の標準プロトコル。

LFIB :Label Forwarding Information Base(ラベル転送情報ベース)。宛先と着信ラベルが発信インターフェイスとラベルに関連付けられているデータ構造およびフォワーディング管理手段。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。パケットが、ラベル スイッチング メカニズムに従って、あるルータから別のルータに移動する場合に通過する一連のホップです。通常のルーティング メカニズムまたは設定に基づいて、ラベル スイッチド パスを動的に確立できます。

LSR :Label Switch Router(ラベル スイッチ ルータ)。各パケット内にカプセル化されている固定長ラベルの値に基づいて MPLS パケットを転送するデバイス。

MFI :MPLS Forwarding Infrastructure(MPLS。シスコの MPLS サブシステムでは、着信ラベルと発信ラベル、およびそれらのラベルに関連する対応パケットに関する情報を保存するための、ラベル付けに適したデータ構造を指します。

MIB :Management Information Base(管理情報ベース)。SNMP などのネットワーク管理プロトコルにより使用および管理されるネットワーク管理情報のデータベース。MIB オブジェクトの値を変更または検索するには、通常はネットワーク管理システムを介して、SNMP コマンドを使用します。MIB オブジェクトはツリー構造であり、ツリーにはパブリック(標準)ブランチとプライベート(独自)ブランチを含みます。

MOI :MPLS Output Information(MPLS 出力情報)。MOI にはネクスト ホップ、発信インターフェイス、出ラベルが含まれています。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)。MPLS は、ネットワークを通してパケット(フレーム)を転送するための方式です。ネットワークのエッジにあるルータがラベルをパケット(フレーム)に適用できるようにします。ネットワーク コア内の ATM スイッチまたは既存のルータは、最小限のルックアップ オーバーヘッドでラベルに従ってパケットを切り替えることができます。

NMS :Network Management Station(ネットワーク管理ステーション)。管理対象デバイスの Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェントに対する SNMP クエリーを実行して、情報を取得または変更するデバイス(通常はワークステーション)。

SNMP :Simple Network Management Protocol(簡易ネットワーク管理プロトコル)。TCP/IP ネットワークでほぼ独占的に使用されている管理プロトコル。SNMP によって、ネットワーク デバイスを監視および制御し、設定、統計情報収集、パフォーマンス、およびセキュリティを管理する手段が提供されます。

通知要求 :SNMP エージェントによってネットワーク管理ステーション、コンソール、または端末に送信されるメッセージ。これにより、重大なイベントが発生したことが示されます。SNMP 通知要求はトラップよりも信頼性の高くなっています。これは、SNMP エージェントからの通知要求では、SNMP マネージャが通知要求の受信を確認する必要があるためです。マネージャは、SNMP 応答の Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)で応答します。マネージャが SNMP エージェントから通知メッセージを受信しない場合は、応答が送信されません。送信者(SNMP エージェント)が応答を受信しない場合は、通知要求を再送信できます。したがって、通知要求はトラップよりも目的の宛先に到達する可能性が高くなります。

トラップ :SNMP エージェントによってネットワーク管理ステーション、コンソール、または端末に送信されるメッセージ。これにより、重大なイベントが発生したことが示されます。トラップは通知要求よりも信頼性が低くなります。これは、トラップの受信時に、受信者が確認応答を送信しないためです。送信者は、トラップが受信されたかどうかを判断できません。