IP ルーティング:BGP コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
BGP ネクストホップ伝播
BGP ネクストホップ伝播
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/11/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

BGP ネクストホップ伝播

機能情報の検索

マニュアルの内容

BGP ネクストホップ伝播の前提条件

BGP ネクストホップ伝播の制約事項

ネクストホップ伝播に関する情報

BGP ネクストホップ伝播の概要

BGP ネクストホップ伝播の利点

BGP ネクストホップ伝播の設定方法

ルート リフレクタの設定

制約事項

次の作業

ルート リフレクタ クライアントの設定

次の作業

BGP ネクストホップ伝播の確認

BGP ネクストホップ伝播の設定例

ルート リフレクタ:例

ルート リフレクタ クライアント:例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

BGP ネクストホップ伝播の機能情報

BGP ネクストホップ伝播

BGP ネクストホップ伝播機能により、ネットワークの設計およびマイグレーションを行うときの柔軟性が高まります。BGP ネクストホップ伝播機能では、反映されたルートのネクストホップ アトリビュートをルート リフレクタによって変更でき、ネクストホップ アトリビュートを変更せずに Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)によって external BGP(eBGP; 外部 BGP)マルチホップ ピアにアップデートを送信できます。

機能情報の検索

ご使用のソフトウェア リリースが、このモジュールで説明している機能の一部をサポートしていない場合があります。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリースノートを参照してください。このモジュールに記載されている機能に関する情報を検索したり、各機能がサポートされているリリースに関するリストを参照したりするには、「BGP ネクストホップ伝播の機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートと、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

BGP ネクストホップ伝播の前提条件

BGP ピアリングが確立され、ネクストホップにアクセス可能である必要があります。

BGP ネクストホップ伝播の制約事項

BGP ネクストホップ伝播は、マルチホップ eBGP ピア間だけで設定できます。直接接続ネイバーにこの機能を設定しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

%BGP: Can propagate the nexthop only to multi-hop EBGP neighbor
 

この機能がルート リフレクタ クライアントに対してイネーブルにされているときは、 neighbor next-hop-self コマンドを使用してルート リフレクタのネクストホップ アトリビュートを変更しないでください。ルート リフレクタで neighbor next-hop-self コマンドを使用すると、eBGP ピアから学習したルートのネクストホップ アトリビュートだけが変更され、ルート リフレクタ クライアントから反映された意図したルートは変更されません。ルートを反映するときにネクストホップ アトリビュートを変更するには、アウトバウンド ルート マップを使用します。

ネクストホップ伝播に関する情報

ここでは次の概念について説明します。

「BGP ネクストホップ伝播の概要」

「BGP ネクストホップ伝播の利点」

BGP ネクストホップ伝播の概要

BGP ネクストホップ伝播機能により、ネットワークの設計およびマイグレーションを行うときの柔軟性が高まります。BGP ネクストホップ伝播機能では、反映されたルートのネクストホップ アトリビュートをルート リフレクタによって変更でき、ネクストホップ アトリビュートを変更せずに BGP によって eBGP マルチホップ ピアにアップデートを送信できます。


注意 ルート リフレクタの BGP アトリビュートを誤って設定すると、不整合ルーティング、ルーティング ループ、または接続の損失が発生する可能性があります。ルート リフレクタの BGP アトリビュートの設定は、経験豊富なネットワーク オペレータだけが行う必要があります。

この機能を internal BGP(iBGP; 内部 BGP)マルチパス ロード シェアリング機能とあわせて設定すると、アウトバウンド ルート マップを使用して BGP ルート リフレクタを転送パスに含めることができます。

BGP ネクストホップ伝播の利点

BGP ネクストホップ伝播機能によって、次の作業を実行できます。

ルート リフレクタを転送パスに含めます。これを iBGP マルチパス ロード シェアリング機能と一緒に使用してロード バランシングを設定できます。

eBGP ピアにルートをアドバタイズするとき、ネクストホップ アトリビュートを変更しないことによって、プロバイダー間の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を設定します。

eBGP ピアのネクストホップ計算をオフにします。この機能は、ラベル スイッチド パスのエンドツーエンド接続の設定に役立ちます。

BGP ネクストホップ伝播の設定方法

ここでの最初の 2 つの作業は必須で、3 番目の作業は任意です。

「ルート リフレクタの設定」(必須)

「ルート リフレクタ クライアントの設定」(必須)

「BGP ネクストホップ伝播の確認」(任意)

ルート リフレクタの設定

ここでは、次の作業を完了します。

ルート マップを作成して、ルート リフレクタ クライアントにアドバタイズされるネクストホップを設定します。ルート マップはアウトバウンド ルートだけに適用されます。

ルート リフレクタ クライアントとの eBGP ピアリングを設定します。

制約事項

この機能がルート リフレクタ クライアントに対してイネーブルにされているときは、 neighbor next-hop-self コマンドを使用してルート リフレクタのネクストホップ アトリビュートを変更しないでください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. route-map map-tag [ permit | deny ] [sequence-number]

4. set ip next-hop ip-address [ peer-address ]

5. exit

6. router bgp as-number

7. address-family ipv4 [ mdt | multicast | tunnel | unicast [ vrf vrf-name ] | vrf vrf-name ]

8. neighbor ip-address activate

9. neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

10. neighbor ip-address route-reflector-client

11. neighbor ip-address route-map map-tag in | out

12. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

route-map map-tag [ permit | deny ] [ sequence-number ]

 

Router(config)# route-map NEXTHOP

ルート マップ コンフィギュレーション モードを開始して、ルート マップを作成または設定します。

ルート マップはルート リフレクタ クライアントのネクストホップを設定するために作成されます。

ステップ 4

set ip next-hop ip-address [ peer-address ]

 

Router(config-route-map)# set ip next-hop 172.16.0.1

ネクストホップを指定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-route-map)# exit

ルート マップ コンフィギュレーション モードを終了して、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

router bgp as-number

 

Router(config)# router bgp 65535

ルータ コンフィギュレーション モードを開始して、BGP ルーティング プロセスを作成します。

ステップ 7

address-family ipv4 [ mdt | multicast | tunnel | unicast [ vrf vrf-name ] | vrf vrf-name ]

 

Router(config-router-af)# address-family ipv4

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、アドレス ファミリ固有の設定を受け入れるように BGP ピアを設定します。

ステップ 8

neighbor ip-address activate

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 activate

アドレス ファミリ ピアとの情報の交換をイネーブルにします。

ステップ 9

neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 ebgp-multihop 255

ローカル ルータを設定して、直接接続されていないネットワークに存在する外部ピアとの接続を受け入れて開始するようにします。

ステップ 10

neighbor ip-address route-reflector-client

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 route-reflector-client

ローカル ルータを BGP ルート リフレクタに設定し、指定されたネイバーをルート リフレクタ クライアントに設定します。

ステップ 11

neighbor ip-address route-map map-name out

 

Router(config-router-af)# neighbor 10.0.0.100 route-map NEXTHOP out

ルート マップを発信ルートに適用します。

ステップ 12

end

 

Router(config-router-af)# end

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードを開始します。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、ローカル ルータをルート リフレクタに設定し、10.0.0.100 マルチホップ ピアをルート リフレクタ クライアントに設定する例を示します。ルート マップが作成され、アドバタイズされるネクストホップを 172.16.0.1 に設定します。

route-map NEXTHOP
set ip next-hop 172.16.0.1
exit
router bgp 65535
address-family ipv4
neighbor 10.0.0.100 activate
neighbor 10.0.0.100 ebgp-multihop 255
neighbor 10.0.0.100 route-reflector-client
neighbor 10.0.0.100 route-map NEXTHOP out
end

次の作業

この設定を完了するには、 neighbor next-hop-unchanged コマンドをルート リフレクタ クライアントに設定します。詳細については、次のセクションに進みます。

ルート リフレクタ クライアントの設定

ここでは、次の作業を完了します。

ルート リフレクタとの eBGP ピアリングを設定します。

next-hop-unchanged を伝播するようにルート リフレクタ クライアントを設定します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. router bgp as-number

4. address-family ipv4 [ mdt | multicast | tunnel | unicast [ vrf vrf-name ] | vrf vrf-name ]

5. neighbor ip-address activate

6. neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

7. neighbor ip-address next-hop-unchanged

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

router bgp as-number

 

Router(config)# router bgp 65412

ルータ コンフィギュレーション モードを開始して、BGP ルーティング プロセスを作成します。

ステップ 4

address-family ipv4 [ mdt | multicast | tunnel | unicast [ vrf vrf-name ] | vrf vrf-name ]

 

Router(config-router-af)# address-family ipv4

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、アドレス ファミリ固有の設定を受け入れるように BGP ピアを設定します。

ステップ 5

neighbor ip-address activate

 

Router(config-router-af)# neighbor 192.168.0.1 activate

アドレス ファミリ ピアとの情報の交換をイネーブルにします。

ステップ 6

neighbor ip-address ebgp-multihop ttl

 

Router(config-router-af)# neighbor 192.168.0.1 ebgp-multihop 255

ローカル ルータを設定して、直接接続されていないネットワークに存在する外部ピアとの接続を受け入れて開始するようにします。

ステップ 7

neighbor ip-address next-hop-unchanged

 

Router(config-router-af)# neighbor 192.168.0.1 next-hop-unchanged

ルータを設定して、ネクストホップ アトリビュートを変更せずに BGP ピアに BGP アップデートを送信するように設定します。

ステップ 8

end

 

Router(config-router-af)# end

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードを開始します。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、ローカル ルータ(ルート リフレクタ クライアント)を設定し、ルート リフレクタとのピアリングの確立および next-hop-unchanged の伝播を行う例を示します。

router bgp 65412
address-family ipv4
neighbor 192.168.0.1 activate
neighbor 192.168.0.1 ebgp-multihop 255
neighbor 192.168.0.1 next-hop-unchanged
end

次の作業

次のセクションに進んで、BGP ネクストホップ伝播機能の設定を確認するために使用できるコマンドを参照します。

BGP ネクストホップ伝播の確認

BGP ネクストホップ伝播機能の設定は、 show ip bgp neighbors EXEC コマンドで確認できます。

手順の概要

1. enable

2. show ip bgp neighbors [neighbor-address] [ received-routes | routes | advertised-routes | { paths regexp} | dampened-routes | received prefix-filter ]]

3. show ip bgp [network] [network-mask] [ longer-prefixes ] [ prefix-list prefix-list-name | route-map route-map-name] [ shorter prefixes mask-length]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show ip bgp neighbors [ neighbor-address ] [ received-routes | routes | advertised-routes | { paths regexp } | dampened-routes | received prefix-filter ]]

 

Router# show ip bgp neighbors

ネイバーへの TCP 接続および BGP 接続についての情報を表示します。出力には BGP ネクストホップ伝播機能のステータスが表示されます。

ステップ 3

show ip bgp [ network ] [ network-mask ] [ longer-prefixes ] [ prefix-list prefix-list-name | route-map route-map-name ] [ shorter prefixes mask-length ]

 

Router# show ip bgp

BGP ルーティング テーブル内のエントリを表示します。表示される出力には、選択されたアドレスについて neighbor next-hop-unchanged コマンドが設定されているかどうかが示されます。

BGP ネクストホップ伝播の設定例

次に、この機能を設定する例を示します。

「ルート リフレクタ:例」

「ルート リフレクタ クライアント:例」

ルート リフレクタ:例

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、ローカル ルータをルート リフレクタに設定し、10.0.0.100 マルチホップ ピアをルート リフレクタ クライアントに設定する例を示します。ルート マップが作成され、アドバタイズされるネクストホップを 172.16.0.1 に設定します。

route-map NEXTHOP
set ip next-hop 172.16.0.1
exit
router bgp 65535
address-family ipv4
neighbor 10.0.0.100 activate
neighbor 10.0.0.100 ebgp-multihop 255
neighbor 10.0.0.100 route-reflector-client
neighbor 10.0.0.100 route-map NEXTHOP out
end

ルート リフレクタ クライアント:例

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、ローカル ルータ(ルート リフレクタ クライアント)を設定し、ルート リフレクタとのピアリングの確立および next-hop-unchanged の伝播を行う例を示します。

router bgp 65412
address-family ipv4
neighbor 192.168.0.1 activate
neighbor 192.168.0.1 ebgp-multihop 255
neighbor 192.168.0.1 next-hop-unchanged
end

参考資料

次のセクションでは、BGP ネクストホップ伝播機能に関連する参考資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

BGP コマンドおよび設定作業:BGP ネクストホップ伝播機能は BGP ルーティング プロトコルの拡張機能です。BGP、ルート リフレクタ、経路集約、およびフィルタリングの設定に関する情報。

『Cisco IOS IP Routing: BGP Command Reference』

Configuring Internal BGP Features 」モジュール

iBGP マルチパス ロードシェアリング:内部 BGP(iBGP)マルチパス ロードシェアリング設定およびコマンド リファレンス情報。

『iBGP Multipath Load Sharing』

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存の MIB のサポートはありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能がサポートする新しい RFC または変更された RFC はありません。また、この機能は既存の規格に対するサポートに影響を及ぼしません。

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

このモジュールに記載されている 1 つ以上の機能で、次のコマンドが追加または変更されています。これらのコマンドについては、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/iproute_bgp/command/reference/irg_book.html の『 Cisco IOS IP Routing: BGP Command Reference 』を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にアクセスしてコマンド検索ツールを使用するか、『 Cisco IOS Master Commands List 』を参照してください。

neighbor next-hop-unchanged

BGP ネクストホップ伝播の機能情報

表 1 に、このモジュールで説明した機能をリストし、特定の設定情報へのリンクを示します。Cisco IOS Release 12.2(1)、12.0(3)S、12.2(27)SBC、12.2(33)SRB、12.2(33)SXH、またはそれ以降のリリースで追加または変更された機能だけが表に示されています。

このテクノロジーの機能でここに記載されていないものについては、『 Cisco BGP Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースでは、一部のコマンドが使用できない場合があります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS と Catalyst OS のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 BGP ネクストホップ伝播の機能情報

機能名
リリース
機能の設定情報

BGP ネクストホップ伝播

12.0(22)S
12.0(16)ST
12.2
12.2(14)S
15.0(1)S

BGP ネクストホップ伝播機能により、ネットワークの設計およびマイグレーションを行うときの柔軟性が高まります。BGP ネクストホップ伝播機能では、反映されたルートのネクストホップ アトリビュートをルート リフレクタによって変更でき、ネクストホップ アトリビュートを変更せずに Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)によって external BGP(eBGP; 外部 BGP)マルチホップ ピアにアップデートを送信できます。

この機能によって次のコマンドが追加または変更されました。 neighbor next-hop-unchanged