IP アプリケーション サービス コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1S
FHRP 機能ロードマップ
FHRP 機能ロードマップ
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

FHRP 機能ロードマップ

FHRP 機能ロードマップ

この機能ロードマップでは、『 Cisco IOS IP アプリケーション サービス コンフィギュレーション ガイド 』に記載された Cisco IOS FHRP 機能を一覧にし、各機能の説明が記載された参照先を示します。ロードマップは、お使いのリリースで使用できる機能を参照できるように編成されています。目的の機能名を探して、「参照先」列の URL をクリックすると、その機能の説明が記載された参照先にアクセスできます。

以前使用されていた機能の多くは、コンフィギュレーション ファイルに組み込まれています。このロードマップでは、これらについては記載していない機能もあります。このロードマップ情報は、他のソフトウェア リリースやプラットフォームについてもサポートします。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

機能とリリース サポート

表 1 に、次の Cisco IOS ソフトウェア リリースでサポートされる FHRP 機能の一覧を表示します。

Cisco IOS Release 15.0S

Cisco IOS Release 12.2S

Cisco IOS Release 12.2SB

Cisco IOS Release 12.2SR

Cisco IOS Release 12.2SX

Cisco IOS Release 12.2T、12.3、12.3T

Cisco IOS Release 12.4T

Cisco IOS XE 3.1.0SG

その他の Cisco IOS リリース

プラットフォーム サポートとソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS、Catalyst OS、Cisco IOS XE ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


表 1 に、各ソフトウェアの最新リリースの一覧を示します。また、対象のリリースで使用可能な機能をアルファベット順に紹介します。

 

表 1 サポート対象の FHRP 機能

リリース
機能名
機能の説明
参照先
Cisco IOS Release 15.0S

15.0(1)S

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング機能では、FHRP およびその他の EOT クライアントが IP SLA オブジェクトからの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを発生させることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP - HSRP グループ シャットダウン

FHRP - HSRP グループ シャットダウン機能を使用すると、トラッキング対象のオブジェクトがダウンしたときに、HSRP グループのプライオリティを下げるのではなく、ディセーブルな状態になる(ステートが Init になる)ように HSRP グループを設定することができます。

Configuring HSRP

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

Gateway Load-Balancing Protocol(GLBP; ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル)

GLBP は、冗長化されたルータ グループ間でパケットのロード シェアリングを行う一方、機能を停止したルータや回路(HSRP や VRRP など)からのデータ トラフィックを保護します。

Configuring GLBP

HSRP:Hot Standby Router Protocol(ホット スタンバイ ルータ プロトコル)

HSRP は、ファーストホップ IP ルータの透過的なフェールオーバーを可能にするように設計された First Hop Redundancy Protocol(FHRP; ファーストホップ冗長プロトコル)です。

Configuring HSRP

HSRP - ISSU

HSRP - In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)機能により、HSRP で ISSU がサポートされています。

ISSU は、パケット転送を続行しながら、Cisco IOS ソフトウェアのアップデートや修正を行うことができるプロセスです。

Configuring HSRP

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

HSRP 複数グループ最適化

HSRP 複数グループ最適化機能により、サブインターフェイスで設定されている複数の HSRP グループのネゴシエーションとメンテナンス方法が改善されました。アクティブ ルータとスタンバイ ルータを選出するために物理インターフェイスに必要なのは、1 つの HSRP グループだけです。このグループが マスター グループと呼ばれます。他の HSRP グループは、各サブインターフェイスに作成されたり、グループ名によってマスター グループとリンクされたりします。リンクされた HSRP グループは、 クライアント グループまたは 従属 グループと呼ばれます。

Configuring HSRP

HSRP の ICMP リダイレクト サポート

HSRP の ICMP リダイレクト サポート機能により、HSRP を使用して設定されているインターフェイスで ICMP リダイレクトが可能になっています。

Configuring HSRP

HSRP の MPLS VPN サポート

HSRP の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)インターフェイス サポートが役に立つのは、次のいずれかの状態で 2 つの Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間でイーサネット LAN が接続されている場合です。

Configuring HSRP

HSRP バージョン 2

HSRP バージョン 2 機能は、今後の機能拡張に備え、HSRP バージョン 1 よりも機能を拡張するために導入されました。HSRP バージョン 2 のパケット形式は、バージョン 1 とは異なります。

Configuring HSRP

SSO:GLBP

GLBP が SSO を認識するようになりました。GLBP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、GLBP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring GLBP

SSO - HSRP

SSO HSRP は、冗長な Route Processor(RP; ルート プロセッサ)を装備したルータが Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)用に設定されているときの HSRP の動作を変更します。ある RP がアクティブで、もう一方の RP がスタンバイになっているとき、アクティブ RP に障害が発生すると、SSO は処理を引き継ぐスタンバイ RP をイネーブルにします。

Configuring HSRP

Virtual Router Redundancy Protocol

VRRP は、ルータのグループを使用して単一の仮想ルータを形成し、冗長性を実現します。これにより、仮想ルータをデフォルト ゲートウェイとして使用するように、LAN クライアントを設定できます。ルータのグループを表す仮想ルータは、「VRRP グループ」とも呼ばれます。

Configuring VRRP

Cisco IOS Release 12.2S

12.2(25)S

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

この機能により、FHRP およびその他の拡張オブジェクト トラッキング(EOT)クライアントが、IP SLA オブジェクトの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを開始できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

HSRP バージョン 2

HSRP バージョン 2 機能は、今後の機能拡張に備え、HSRP バージョン 1 よりも機能を拡張するために導入されました。HSRP バージョン 2 のパケット形式は、バージョン 1 とは異なります。

Configuring HSRP

SSO - HSRP

SSO HSRP は、冗長な Route Processor(RP; ルート プロセッサ)を装備したルータが Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)用に設定されているときの HSRP の動作を変更します。ある RP がアクティブで、もう一方の RP がスタンバイになっているとき、アクティブ RP に障害が発生すると、SSO は処理を引き継ぐスタンバイ RP をイネーブルにします。

Configuring HSRP

12.2(18)S

GLBP MD5 認証

MD5 認証は、代替となるプレーン テキスト認証スキームよりも高いセキュリティを実現します。

Configuring GLBP

12.2(14)S

Gateway Load Balancing Protocol

Gateway Load Balancing Protocol(GLBP; ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル)は、Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホット スタンバイ ルータ プロトコル)や Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)のように、機能を停止したルータや回路からデータ トラフィックを保護します。このとき、冗長化されたルータのグループ間でパケットのロード シェアリングを行うことができます。

Configuring GLBP

HSRP:ホットスタンバイ ルータ プロトコルと IPSec

HSRP は、スタンバイ コマンドライン インターフェイス(CLI)コマンドを使用して LAN インターフェイス上に設定できます。インターフェイスから、ローカル IPsec ID またはローカル トンネル エンドポイントとしてスタンバイ IP アドレスを使用できます。

IPsec VPN High Availability Enhancements

Virtual Router Redundancy Protocol

VRRP は、ルータのグループを使用して単一の仮想ルータを形成し、冗長性を実現します。これにより、仮想ルータをデフォルト ゲートウェイとして使用するように、LAN クライアントを設定できます。ルータのグループを表す仮想ルータは、「VRRP グループ」とも呼ばれます。

Configuring VRRP

Cisco IOS Release 12.2SB

12.2(31)SB2

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

ISSU と GLBP

GLBP は In Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)をサポートします。ISSU を使用すると、アクティブおよびスタンバイの Route Processor(RP; ルート プロセッサ)またはラインカード上で異なるバージョンの Cisco IOS ソフトウェアが実行されている場合でも、ハイアベイラビリティ(HA)システムを SSO モードで実行できるようになります。

Configuring GLBP

SSO:GLBP

GLBP が SSO を認識するようになりました。GLBP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、GLBP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring GLBP

12.2(28)SB

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

HSRP の MPLS VPN サポート

HSRP の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)インターフェイス サポートが役に立つのは、次のいずれかの状態で 2 つの Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間でイーサネット LAN が接続されている場合です。

Configuring HSRP

Cisco IOS Release 12.2SR

12.2(33)SRE

FHRP: rtr キーワードの EOT の廃止

この機能により、 track rtr コマンドは track ip sla コマンドで置き変えられました。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.2(33)SRC

FHRP - HSRP グループ シャットダウン

FHRP - HSRP グループ シャットダウン機能を使用すると、トラッキング対象のオブジェクトがダウンしたときに、HSRP グループのプライオリティを下げるのではなく、ディセーブルな状態になる(ステートが Init になる)ように HSRP グループを設定することができます。

Configuring HSRP

ICMP Router Discovery Protocol

ICMP Router Discovery Protocol(IRDP)を使用すると、IPv4 ホストが他の(ローカルではない)IP ネットワークに対する IPv4 接続を提供するルータを特定できるようになります。

Configuring IRDP

ISSU と VRRP

VRRP は In Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)をサポートします。ISSU を使用すると、アクティブおよびスタンバイの Route Processor(RP; ルート プロセッサ)またはラインカード上で異なるバージョンの Cisco IOS ソフトウェアが実行されている場合でも、ハイアベイラビリティ(HA)システムをステートフル スイッチオーバー(SSO)モードで実行できるようになります。

Configuring VRRP

SSO と VRRP

VRRP が SSO を認識するようになりました。VRRP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、VRRP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring VRRP

12.2(33)
SRB1

ISSU と GLBP

GLBP は In Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)をサポートします。ISSU を使用すると、アクティブおよびスタンバイの Route Processor(RP; ルート プロセッサ)またはラインカード上で異なるバージョンの Cisco IOS ソフトウェアが実行されている場合でも、ハイアベイラビリティ(HA)システムを SSO モードで実行できるようになります。

Configuring GLBP

HSRP - ISSU

HSRP - In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)機能により、HSRP で ISSU がサポートされています。

ISSU は、パケット転送を続行しながら、Cisco IOS ソフトウェアのアップデートや修正を行うことができるプロセスです。

Configuring HSRP

12.2(33)SRB

FHRP - HSRP 複数グループ最適化

HSRP 複数グループ最適化機能により、サブインターフェイスで設定されている複数の HSRP グループのネゴシエーションとメンテナンス方法が改善されました。アクティブ ルータとスタンバイ ルータを選出するために物理インターフェイスに必要なのは、1 つの HSRP グループだけです。このグループが マスター グループと呼ばれます。他の HSRP グループは、各サブインターフェイスに作成されたり、グループ名によってマスター グループとリンクされたりします。リンクされた HSRP グループは、 クライアント グループまたは 従属 グループと呼ばれます。

Configuring HSRP

FHRP - HSRP の IPv6 サポート

IPv6 のサポートが追加されました。

詳細については、『 Cisco IOS IPv6 Configuration Guide , Release 12.4T』の「 Configuring First Hop Redundancy Protocols 」を参照してください。

Configuring HSRP

FHRP:拡張オブジェクト トラッキングと Embedded Event Manager との統合

EOT が EEM と統合され、Embedded Event Manager(EEM)は追跡対象オブジェクトのステータス変更を報告し、EOT は EEM オブジェクトを追跡できるようになりました。

Configuring Enhanced Object Tracking

SSO:GLBP

GLBP が SSO を認識するようになりました。GLBP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、GLBP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring GLBP

12.2(33)SRA

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

この機能により、FHRP およびその他の EOT クライアントが、IP SLA オブジェクトの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを開始できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

SSO - HSRP

SSO HSRP は、冗長な RP を装備したルータが SSO 用に設定されているときの HSRP の動作を変更します。ある RP がアクティブで、もう一方の RP がスタンバイになっているとき、アクティブ RP に障害が発生すると、SSO は処理を引き継ぐスタンバイ RP をイネーブルにします。

Configuring HSRP

Cisco IOS Release 12.2SX

12.2(33)SXI4

HSRP グローバル IPv6 アドレス

HSRP は、ファーストホップ IPv6 ルータの透過的フェールオーバーを可能にするように設計された FHRP です。

Configuring First Hop Redundancy Protocols in IPv6

12.2(33)SXI1

FHRP: rtr キーワードの EOT の廃止

この機能により、 track rtr コマンドは track ip sla コマンドで置き変えられました。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.2(33)SXI

FHRP - HSRP グループ シャットダウン

FHRP - HSRP グループ シャットダウン機能を使用すると、トラッキング対象のオブジェクトがダウンしたときに、HSRP グループのプライオリティを下げるのではなく、ディセーブルな状態になる(ステートが Init になる)ように HSRP グループを設定することができます。

Configuring HSRP

FHRP - HSRP の IPv6 サポート

IPv6 のサポートが追加されました。

詳細については、『 Cisco IOS IPv6 Configuration Guide , Release 12.4T』の「 Configuring First Hop Redundancy Protocols 」を参照してください。

Configuring HSRP

GLBP クライアント キャッシュ

GLBP クライアント キャッシュには、GLBP グループをデフォルト ゲートウェイとして使用しているネットワーク ホストに関する情報が含まれています。GLBP クライアント キャッシュには、特定の GLBP グループを使用する各ホストの MAC アドレス、各ネットワーク ホストに割り当てられている GLBP フォワーダの数、GLBP グループの各フォワーダに現在割り当てられているネットワーク ホストの総数が格納されます。また、各ネットワーク ホストによって使用されるプロトコル アドレス、ホストとフォワーダの割り当てが最後に更新されてから経過した時間も格納されます。

Configuring GLBP

HSRP 複数グループ最適化

HSRP 複数グループ最適化機能により、サブインターフェイスで設定されている複数の HSRP グループのネゴシエーションとメンテナンス方法が改善されました。アクティブ ルータとスタンバイ ルータを選出するために物理インターフェイスに必要なのは、1 つの HSRP グループだけです。このグループが マスター グループと呼ばれます。他の HSRP グループは、各サブインターフェイスに作成されたり、グループ名によってマスター グループとリンクされたりします。リンクされた HSRP グループは、 クライアント グループまたは 従属 グループと呼ばれます。

Configuring HSRP

HSRP gratuitous ARP

HSRP gratuitous ARP 機能により、HSRP は ARP キャッシュ内のエントリが正しいことを確認し、1 つまたは複数のアクティブ HSRP グループから gratuitous ARP パケットを定期的に送信するように設定されます。

Configuring HSRP

SSO と VRRP

VRRP が SSO を認識するようになりました。VRRP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、VRRP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring VRRP

12.2(33)SXH

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

この機能により、FHRP およびその他の EOT クライアントが、IP SLA オブジェクトの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを開始できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

GLBP MD5 認証

MD5 認証は、代替となるプレーン テキスト認証スキームよりも高いセキュリティを実現します。

Configuring GLBP

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

SSO:GLBP

GLBP が SSO を認識するようになりました。GLBP は、ルータがセカンダリ RP にフェールオーバーしたことを検出し、GLBP グループの現在の状態を継続することができます。

Configuring GLBP

SSO - HSRP

SSO HSRP は、冗長な Route Processor(RP; ルート プロセッサ)を装備したルータが Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)用に設定されているときの HSRP の動作を変更します。ある RP がアクティブで、もう一方の RP がスタンバイになっているとき、アクティブ RP に障害が発生すると、SSO は処理を引き継ぐスタンバイ RP をイネーブルにします。

Configuring HSRP

Cisco IOS Release 12.2T、12.3、12.3T

12.3(14)T

FHRP--VRRP 拡張

FHRP--VRRP 拡張機能により、次のサポートが追加されます。

MD5 認証:VRRP に設定されているルータに追加されます。HSRP と同様に、RFC 2338 に規定されている方法よりも簡単な方法を使用した、ピアの認証方法を提供します。

Bridged Virtual Interface(BVI):BVI に VRRP を設定する機能を追加します。この機能は、BVI に既存の HSRP サポートに類似しています。

Configuring VRRP

12.3(11)T

VRRP MIB--RFC 2787

この機能により、SNMP ベースのネットワーク管理で使用できるように MIB の機能が強化されました。VRRP を使用するルータの設定、モニタ、および制御をサポートするようになりました。

Configuring VRRP

12.3(8)T

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.3(4)T

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

この機能により、FHRP およびその他の EOT クライアントが、IP SLA オブジェクトの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを開始できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

HSRP バージョン 2

HSRP バージョン 2 機能は、今後の機能拡張に備え、HSRP バージョン 1 よりも機能を拡張するために導入されました。HSRP バージョン 2 のパケット形式は、バージョン 1 とは異なります。

Configuring HSRP

12.3(2)T

GLBP MD5 認証

MD5 認証は、代替となるプレーン テキスト認証スキームよりも高いセキュリティを実現します。

Configuring GLBP

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

VRRP オブジェクト トラッキング

VRRP オブジェクト トラッキング機能により VRRP の機能が拡張され、ルータ内の特定のオブジェクトを追跡して VRRP グループの仮想ルータのプライオリティ レベルを変更できるようになりました。

Configuring VRRP

12.2(15)T

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

Gateway Load Balancing Protocol

GLBP は、冗長化されたルータ グループ間でパケットのロード シェアリングを行う一方、機能を停止したルータや回路(HSRP や VRRP など)からのデータ トラフィックを保護します。

Configuring GLBP

12.2(13)T

Virtual Router Redundancy Protocol

VRRP は、ルータのグループを使用して単一の仮想ルータを形成し、冗長性を実現します。これにより、仮想ルータをデフォルト ゲートウェイとして使用するように、LAN クライアントを設定できます。ルータのグループを表す仮想ルータは、「VRRP グループ」とも呼ばれます。

Configuring VRRP

12.2(11)T

HSRP:ホットスタンバイ ルータ プロトコルと IPSec

HSRP は、スタンバイ コマンドライン インターフェイス(CLI)コマンドを使用して LAN インターフェイス上に設定できます。インターフェイスから、ローカル IPsec ID またはローカル トンネル エンドポイントとしてスタンバイ IP アドレスを使用できます。

IPsec VPN High Availability Enhancements

12.2(8)T

HSRP の MPLS VPN サポート

HSRP の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)インターフェイス サポートが役に立つのは、次のいずれかの状態で 2 つの Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間でイーサネット LAN が接続されている場合です。

Configuring HSRP

Cisco IOS Release 12.4T

12.4(20)T

FHRP: rtr キーワードの EOT の廃止

この機能により、 track rtr コマンドは track ip sla コマンドで置き変えられました。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.4(15)T

GLBP クライアント キャッシュ

GLBP クライアント キャッシュには、GLBP グループをデフォルト ゲートウェイとして使用しているネットワーク ホストに関する情報が含まれています。GLBP クライアント キャッシュには、特定の GLBP グループを使用する各ホストの MAC アドレス、各ネットワーク ホストに割り当てられている GLBP フォワーダの数、GLBP グループの各フォワーダに現在割り当てられているネットワーク ホストの総数が格納されます。また、各ネットワーク ホストによって使用されるプロトコル アドレス、ホストとフォワーダの割り当てが最後に更新されてから経過した時間も格納されます。

Configuring GLBP

12.4(11)T

FHRP - HSRP BFD ピアリング

HSRP の BFD ピアリング機能により、HSRP グループ メンバーのヘルス モニタリング システムで Bidirectional Forwarding Detection(BFD; 双方向フォワーディング検出)を使用できるようになりました。以前は、グループ メンバーのモニタリングには、かなり大規模で、生成とチェックに CPU メモリを消費する HSRP マルチキャスト メッセージだけが利用されていました。単一のインターフェイスが大量のグループをホストするアーキテクチャでは、CPU メモリの消費量と処理のオーバーヘッドが少ないプロトコルが必要です。BFD によって、この問題が解消されているほか、CPU にあまり負担をかけずに 1 秒未満のヘルス モニタリング(ミリ秒単位の障害検出)が実現されています。

Configuring HSRP

FHRP - Enhanced Object Tracking Support for Mobile IP

FHRP - Enhanced Object Tracking Support for Mobile IP 機能は、ルータ上の Home Agent、Gateway GPRS Support Node(GGSN; ゲートウェイ GPRS サポート ノード)、または Packet Data Serving Node(PDSN)トラフィックのプレゼンスを追跡するためにモバイル ワイヤレス アプリケーションが必要とする新しいトラッキング オブジェクトを提供します。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.4(9)T

EOT によるキャリア遅延サポート

EOT によるキャリア遅延サポート機能により、EOT はインターフェイスのステータスを追跡するときにキャリア遅延タイマーを考慮に入れることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP - HSRP グループ シャットダウン

FHRP - HSRP グループ シャットダウン機能を使用すると、トラッキング対象のオブジェクトがダウンしたときに、HSRP グループのプライオリティを下げるのではなく、ディセーブルな状態になる(ステートが Init になる)ように HSRP グループを設定することができます。

Configuring HSRP

12.4(6)T

HSRP 複数グループ最適化

HSRP 複数グループ最適化機能により、サブインターフェイスで設定されている複数の HSRP グループのネゴシエーションとメンテナンス方法が改善されました。アクティブ ルータとスタンバイ ルータを選出するために物理インターフェイスに必要なのは、1 つの HSRP グループだけです。このグループが マスター グループと呼ばれます。他の HSRP グループは、各サブインターフェイスに作成されたり、グループ名によってマスター グループとリンクされたりします。リンクされた HSRP グループは、 クライアント グループまたは 従属 グループと呼ばれます。

Configuring HSRP

12.4(2)T

FHRP:拡張オブジェクト トラッキングと Embedded Event Manager

EOT が EEM と統合され、EEM は追跡対象オブジェクトのステータス変更を報告し、EOT は EEM オブジェクトを追跡できるようになりました。

Configuring Enhanced Object Tracking

Cisco IOS XE 3.1.0SG

Cisco IOS XE 3.1.0SG

拡張トラッキング サポート

拡張トラッキング サポート機能は、HSRP からトラッキング メカニズムを分離させて、独立したトラッキング プロセスを別途生成します。これにより、HSRP 以外の Cisco IOS プロセスがこのトラッキング プロセスを使用できます。この機能を使用すると、インターフェイスのラインプロトコル ステートに加えて他のオブジェクトも追跡できます。

Configuring Enhanced Object Tracking

FHRP:オブジェクト追跡リスト

この機能によりトラッキング機能が強化され、リスト内で追跡対象オブジェクトを組み合わせて設定したり、ブール ロジックを使用した柔軟性のある方法でオブジェクトを組み合わせたりすることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

Gateway Load-Balancing Protocol(GLBP; ゲートウェイ ロード バランシング プロトコル)

GLBP は、冗長化されたルータ グループ間でパケットのロード シェアリングを行う一方、機能を停止したルータや回路(HSRP や VRRP など)からのデータ トラフィックを保護します。

Configuring GLBP

GLBP MD5 認証

MD5 認証は、代替となるプレーン テキスト認証スキームよりも高いセキュリティを実現します。

Configuring GLBP

HSRP - ISSU

HSRP - In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)機能により、HSRP で ISSU がサポートされています。

ISSU は、パケット転送を続行しながら、Cisco IOS ソフトウェアのアップデートや修正を行うことができるプロセスです。

Configuring HSRP

HSRP MD5 認証

HSRP MD5 認証機能は、マルチキャスト HSRP プロトコル パケットの HSRP 部分の MD5 ダイジェストを生成するように拡張されています。この機能により、セキュリティが強化され、HSRP スプーフィング ソフトウェアの脅威に対する保護が得られます。

Configuring HSRP

HSRP バージョン 2

HSRP バージョン 2 機能は、今後の機能拡張に備え、HSRP バージョン 1 よりも機能を拡張するために導入されました。HSRP バージョン 2 のパケット形式は、バージョン 1 とは異なります。

Configuring HSRP

SSO - HSRP

SSO HSRP は、冗長な Route Processor(RP; ルート プロセッサ)を装備したルータが Stateful Switchover(SSO; ステートフル スイッチオーバー)用に設定されているときの HSRP の動作を変更します。ある RP がアクティブで、もう一方の RP がスタンバイになっているとき、アクティブ RP に障害が発生すると、SSO は処理を引き継ぐスタンバイ RP をイネーブルにします。

Configuring HSRP

Virtual Router Redundancy Protocol

VRRP は、ルータのグループを使用して単一の仮想ルータを形成し、冗長性を実現します。これにより、仮想ルータをデフォルト ゲートウェイとして使用するように、LAN クライアントを設定できます。ルータのグループを表す仮想ルータは、「VRRP グループ」とも呼ばれます。

Configuring VRRP

その他の Cisco IOS リリース

12.1(3)T

HSRP の ICMP リダイレクト サポート

HSRP の ICMP リダイレクト サポート機能により、HSRP を使用して設定されているインターフェイスで ICMP リダイレクトが可能になっています。

Configuring HSRP

12.2(27)SBC

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング

FHRP:IP SLA 動作の拡張オブジェクト トラッキング機能では、FHRP およびその他の EOT クライアントが IP SLA オブジェクトからの出力を追跡し、提供された情報を使用してアクションを発生させることができます。

Configuring Enhanced Object Tracking

12.2(31)SGA

HSRP - ISSU

HSRP - In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)機能により、HSRP で ISSU がサポートされています。

ISSU は、パケット転送を続行しながら、Cisco IOS ソフトウェアのアップデートや修正を行うことができるプロセスです。

Configuring HSRP