キャリア イーサネット コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでの スタティック MAC アドレスのサポート
サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

機能情報の確認

目次

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する前提条件

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する制約事項

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートの利点

サービス インスタンスまたは疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法

サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを設定する方法

疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法

設定されたスタティック MAC アドレスの表示方法

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートの設定例

サービス インスタンスへのスタティック MAC アドレスの設定:例

疑似ワイヤへのスタティック MAC アドレスの設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する機能情報

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート機能では、疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスの設定がサポートされます。スタティック MAC アドレスを、Broadband Network Gateway(BNG)のアップストリーム トラフィックで使用すると、MAC テーブルのリソースを維持し、マルチキャスト グループの作成によるトラフィック フラッディング制御を行いながら、トラフィックを転送できます。

機能情報の確認

お使いのソフトウェア リリースが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する前提条件

ポートとブリッジ ドメインの両方の制限に関する知識。

サービス インスタンスに関する知識。

Layer 2 Virtual Forwarding Instance(L2VFI)が、ブリッジ ドメインに組み込まれていること。

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する制約事項

マルチキャスト スタティック MAC アドレスは、MAC アドレスのセキュリティ設定では許可されません。

スタティック MAC アドレスは、スイッチ プロセッサ(アクティブとスタンバイの両方)にのみプログラムできます。

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

スタティック MAC アドレスをサポートするようサービス インスタンスまたは疑似ワイヤを設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート」

「サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートの利点」

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定すると、トラフィック転送に必要な MAC アドレス ラーニングが不要になります。アップストリーム方向で MAC アドレス ラーニングがなくなると、MAC アドレス テーブルのリソースを節約し、ネットワークのリソースを最適化できます。

スタティック MAC アドレスを設定するには、L2VFI がブリッジ ドメインに組み込まれている必要があります。L2VFI によって、ブリッジ ドメイン上に疑似ワイヤ用の疑似ポートを作成できるようになります。疑似ポートを作成したら、スタティック MAC 設定を、そのブリッジ ドメインの疑似ポートに関連付けることができます。

マルチキャスト スタティック MAC アドレスは、同じブリッジ ドメインの複数の疑似ポートで許可されます。

図 1 に、Broadband Remote Access Server(BRAS; ブロードバンド リモート アクセス サーバ)を冗長化した構成のネットワーク内のスタティック MAC アドレスを示します。

図 1 アクティブ/アクティブ集約ノードおよび BRAS 冗長化

サービス インスタンスまたは L2VFI のブリッジ ドメイン ID が変更または削除されると、すべてのスタティック MAC アドレスが除去されます。

サービス インスタンスまたは疑似ワイヤが削除されると、その疑似ワイヤ上のすべてのスタティック MAC アドレスが除去されます。

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートの利点

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレス サポートには、次の利点があります。

ネットワーク リソースの最適化に役立ちます。

アップストリームのトラフィックに使用すると、MAC テーブル リソースを節約できます。

サービス インスタンスまたは疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法

サービス インスタンスまたは疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを手動で設定したり、スタティック MAC アドレスを表示するには、次のタスクを実行します。

「サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを設定する方法」

「疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法」

「設定されたスタティック MAC アドレスの表示方法」

サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを設定する方法

サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを手動で設定するには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. service instance id ethernet [ evc-id ]

5. encapsulation dot1q vlan-id [ , vlan-id [ - vlan-id ]] [ native ]

6. bridge-domain bridge-id [ split-horizon [ group group-id ]]

7. mac static address mac-addr [ auto-learn ] [ disable-snooping ]

8. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1/0

インターフェイスのタイプを指定し、Command-line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

service instance id ethernet [ evc-id ]

 

Router(config-if)# service instance 1 ethernet

インターフェイス上にイーサネット サービス インスタンスを設定し、CLI をサービス インスタンス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 5

encapsulation dot1q vlan-id [ , vlan-id[ - vlan-id ]] [ native ]

 

Router(config-if-srv)# encapsulation dot1q 100

VLAN の指定されたサブインターフェイス上で、トラフィックの IEEE 802.1Q カプセル化をイネーブルにします。

ステップ 6

bridge-domain bridge-id [ split-horizon [ group group-id ]]

 

Router(config-if-srv)# bridge-domain 100

サービス インスタンスをブリッジ ドメイン インスタンスにバインドします。

ステップ 7

mac static address mac-addr [ auto-learn ] [ disable-snooping ]

 

Router(config-if-srv)# mac static address 0000.bbbb.cccc

スタティック MAC アドレスを設定します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-if-srv)# exit

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法

疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを手動で設定するには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. l2 vfi name manual

4. vpn { vrf vrf-name | id vpn-id }

5. bridge-domain bridge-id vlan vlan-name

6. neighbor remote-router-id vc-id { encapsulation encapsulation-type | pw-class pw-name } [ no-split-horizon ]

7. mac static address mac-addr [ auto-learn ] [ disable-snooping ]

8. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

l2 vfi name manual

 

Router(config)# l2 vfi test-core manual

レイヤ 2 VFI を作成し、レイヤ 2 VFI マニュアル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

vpn { vrf vrf-name | id vpn-id }

 

Router(config-vfi)# vpn id 100

Virtual Private Dialup Network(VPDN)グループの送信元および宛先 IP アドレスが、指定した Virtual Private Network Routing and Forwarding(VRF)インスタンスに属するように指定します。

ステップ 5

bridge-domain bridge-id vlan vlan-name

 

Router(config-vfi)# bridge-domain 100 vlan vlan10

ブリッジ ドメインに VLAN を設定します。

ステップ 6

neighbor remote-router-id vc-id { encapsulation encapsulation-type | pw-class pw-name } [ no-split-horizon ]

 

Router(config-vfi)# neighbor 209.165.202.129 5 pw-class TestClass

Virtual Private LAN Service(VPLS; バーチャル プライベート LAN サービス)のピアごとに、トンネル シグナリングおよびカプセル化方式のタイプを指定し、CLI を VFI ネイバー コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

mac static address mac-addr [ auto-learn ] [ disable-snooping ]

 

Router(config-vfi-neighbor)# mac static address 0000.aaaa.bbbb

スタティック MAC アドレスを設定します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-vfi-neighbor)# exit

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

設定されたスタティック MAC アドレスの表示方法

設定されたスタティック MAC アドレスを表示するには、次のタスクを実行します。これらのコマンドの出力は、トラブルシューティングに役立ちます。これらの show コマンドは、任意の順序で実行できます。

手順の概要

1. enable

2. show bridge-domain [[ bridge-id ] [ c-mac ] [ mac { security [ address | last violation | statistics ] | static address | table [ mac-address | aging-time | count ]}] | split-horizon [ group { group-number | all | none }] | stats ]

3. show ethernet service instance [ detail | id id interface type number [ detail | mac { security [ address | last violation | statistics ] | static address }] | platform | stats ] | interface type number [ detail | platform | stats | summary ] | mac security [ address | last violation | statistics ] | platform | policy-map | stats | summary ]

4. show vfi [ checkpoint [ summary ] | mac static address | memory [ detail ] | name vfi-name [ checkpoint | mac static address ] | neighbor ip-addr vcid vcid mac static address ]

5. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show bridge-domain [[ bridge-id ] [ c-mac ] [ mac { security [ address | last violation | statistics ] | static address | table [ mac-address | aging-time | count ]}] | split-horizon [ group { group-number | all | none }] | stats ]

 

Router# show bridge-domain 100 mac static address

ブリッジ ドメインに関する情報を表示します。

ステップ 3

show ethernet service instance [ detail | id id interface type number [ detail | mac { security [ address | last violation | statistics ] | static address }] | platform | stats ] | interface type number [ detail | platform | stats | summary ] | mac security [ address | last violation | statistics ] | platform | policy-map | stats | summary ]

 

Router# show ethernet service instance id 1 interface ethernet 0/0 mac static address

イーサネット サービス インスタンスに関する情報を表示します。

ステップ 4

show vfi [ checkpoint [ summary ] | mac static address | memory [ detail ] | name vfi-name [ checkpoint | mac static address ] | neighbor ip-addr vcid vcid mac static address ]

 

Router# show vfi name VFI2 mac static address

VFI に関する情報を表示します。

ステップ 5

exit

 

Router# exit

CLI をユーザ EXEC モードに戻します。

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートの設定例

次に、サービス インスタンスおよび疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する例を示します。

「サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを設定する方法」

「疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法」

サービス インスタンスへのスタティック MAC アドレスの設定:例

次に、サービス インスタンスにスタティック MAC アドレスを設定する方法の例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# interface ethernet 1/0
Router(config-if)# service instance 1 ethernet
Router(config-if-srv)# encapsulation dot1q 100
Router(config-if-srv)# bridge-domain 100
Router(config-if-srv)# mac static address 0000.bbbb.cccc
Router(config-if-srv)# exit
Router#

疑似ワイヤへのスタティック MAC アドレスの設定:例

次に、疑似ワイヤにスタティック MAC アドレスを設定する方法の例を示します。

Router> enable
Router# configure terminal
Router(config)# l2 vfi test-core manual
Router(config-vfi)# vpn id 100
Router(config-vfi)# bridge-domain 100 vlan vlan10
Router(config-vfi)# neighbor 209.165.202.129 5 pw-class TestClass
Router(config-vfi-neighbor)# mac static address 0000.aaaa.bbbb
Router(config-vfi-neighbor)# exit
Router#

その他の参考資料

ここでは、サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート機能に関連する参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

キャリア イーサネットのコマンド

『Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference』

コンフィギュレーション ガイド

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide , Release 12.2SR』

Cisco IOS マスター コマンド リスト

『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースでもサポートされます。


 

表 1 サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポートに関する機能情報

機能名
リリース
機能情報

Static Mac for Open(インフラストラクチャ)

12.2(33)SRE

サービス インスタンスおよび疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスのサポート機能では、疑似ワイヤでのスタティック MAC アドレスの設定がサポートされます。スタティック MAC アドレスを、BNG のアップストリーム トラフィックで使用すると、MAC テーブルのリソースを節約し、マルチキャスト グループの作成によるトラフィック フラッディング制御を行いながら、トラフィックを転送できます。

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 mac static address neighbor show bridge domain show ethernet service instance show vfi

このマニュアルで使用している IP アドレスおよび電話番号は、実際のアドレスおよび電話番号を示すものではありません。マニュアル内の例、コマンド出力、ネットワーク トポロジ図、およびその他の図は、説明のみを目的として使用されています。説明の中に実際のアドレスおよび電話番号が使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

© 2009 Cisco Systems, Inc.
All rights reserved.