キャリア イーサネット コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
プロバイダー エッジのイーサネット ローカル 管理インターフェイスの設定
プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定

機能情報の確認

目次

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する前提条件

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する制約事項

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定について

イーサネット仮想回線

イーサネット LMI

イーサネット CFM

OAM マネージャ

プロバイダー エッジにおけるイーサネット LMI の利点

イーサネット LMI でサポートされる HA 機能

イーサネット LMI HA の利点

E-LMI での NSF/SSO サポート

E-LMI での ISSU サポート

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定方法

イーサネット LMI と CFM の相互作用の設定

OAM マネージャの設定

イーサネット LMI のイネーブル化

イーサネット LMI および OAM マネージャ情報の表示

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定例

PE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例

CE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する技術情報

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定

イーサネットが Metropolitan-Area Network(MAN; メトロポリタンエリア ネットワーク)および WAN テクノロジーとして使用されるようになり、従来のエンタープライズ ネットワークのみを中心としたイーサネットの運用に加え、新しい Operation, Administration, and Maintenance(OAM; 保守運用管理)要件に対応する必要があります。イーサネット テクノロジーが、エンタープライズ ネットワークよりもはるかに大規模で複雑なネットワークと、広範なユーザ ベースを持つサービス プロバイダーの領域に拡大するのに伴い、リンク アップタイムの運用管理が不可欠になっています。さらに重要なことに、障害の迅速な分離とその対処は、今や通常の日常的運用で必須であり、OAM がサービス プロバイダーの競争力に直接影響を及ぼします。

このモジュールでは、Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)デバイスの OAM プロトコルであるイーサネット Local Management Interface(LMI; ローカル管理インターフェイス)に関する一般情報を提供します。

機能情報の確認

お使いのソフトウェア リリースが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。このモジュールで説明される機能に関する情報、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する技術情報」を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージ、および Cisco IOS XE ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

目次

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する前提条件」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する制約事項」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定について」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定方法」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定例」

「その他の参考資料」

「コマンド リファレンス」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する技術情報」

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する前提条件

イーサネット OAM がネットワークで動作可能な状態になっている必要があります。

イーサネット OAM が動作するには、接続の PE 側でイーサネット Connectivity Fault Management(CFM; 接続障害管理)およびイーサネット LMI が実行されている必要があります。

PE デバイスで Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)デバイスへの接続に使用するすべての VLAN が、その CE デバイス上でも作成されている必要があります。

Non-Stop Forwarding(NSF)および In Service Software Upgrade(ISSU)を使用するには、Stateful Switchover(SSO)が設定され、正しく動作する必要があります。

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する制約事項

イーサネット LMI はルーテッド ポート、EtherChannel ポート チャネル、および EtherChannel、プライベート VLAN ポート、IEEE 802.1Q トンネル ポート、または Ethernet over Multiprotocol Label Switching(EoMPLS)ポートに属するポートではサポートされていません。

イーサネット LMI は、VLAN インターフェイスでは設定できません。

High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)機能の NSF/SSO--E-LMI サポートおよび ISSU--E-LMI サポートは、CE デバイスではサポートされません。

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定について

イーサネット LMI を PE デバイスで設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「イーサネット仮想回線」

「イーサネット LMI」

「イーサネット CFM」

「OAM マネージャ」

「プロバイダー エッジにおけるイーサネット LMI の利点」

「イーサネット LMI でサポートされる HA 機能」

「E-LMI での NSF/SSO サポート」

「E-LMI での ISSU サポート」

イーサネット仮想回線

Metro Ethernet Forum によって定義されている Ethernet Virtual Circuit(EVC; イーサネット仮想回線)は、ポート レベルのポイントツーポイントまたはマルチポイントツーマルチポイントのレイヤ 2 回線です。CE デバイスは EVC ステータスを使用して、サービス プロバイダー ネットワークへの代替パスを検索したり、場合によっては、イーサネット経由または別の代替サービス経由(フレーム リレーや ATM など)でバックアップ パスにフォールバックしたりすることができます。

イーサネット LMI

イーサネット LMI は、CE デバイスと PE デバイスの間のイーサネット OAM プロトコルです。イーサネット LMI は、CE デバイスに対し、大規模イーサネット MAN および WAN に対応するための EVC のステータスを提供し、CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供します。イーサネット LMI は特に、PE-CE User Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)リンク上で動作し、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスおよび EVC が追加または削除された時刻を通知します。イーサネット LMI は、EVC のアトリビュートも通知します。

イーサネット LMI は、イーサネット CFM(プロバイダー ネットワーク内で動作する OAM プロトコル)と連動し、OAM ステータスを収集します。イーサネット CFM は、プロバイダー メンテナンス レベル(UNI の User Provider Edge(UPE; ユーザ プロバイダー エッジ)から UPE)で動作します。イーサネット LMI は OAM Ethernet Infrastructure(EI; イーサネット インフラストラクチャ)に依存して CFM と相互動作し、CFM ドメイン間の EVC のエンドツーエンド ステータスを学習します。

イーサネット LMI は、デフォルトではグローバルにディセーブルになっています。イーサネット LMI をグローバルにイネーブルにすると、すべてのインターフェイスが自動的にイネーブルになります。イーサネット LMI をインターフェイスでイネーブルまたはディセーブルにして、グローバル コンフィギュレーションを上書きすることもできます。最後に実行されたイーサネット LMI コマンドが優先されます。EVC、イーサネット サービス インスタンス、UNI は定義されていません。また、UNI バンドリング サービスは多重にバンドリングされています。

イーサネット CFM

イーサネット CFM は、サービスインスタンスごと(VLAN ごと)のエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルで、予防的な接続のモニタリング、障害検証、および障害切り離しの機能を備えています。エンドツーエンド CFM は、PE デバイスから PE デバイス、または CE デバイスから CE デバイスです。イーサネット CFM の詳細については、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network 」を参照してください。

OAM マネージャ

OAM マネージャは、OAM とプロトコルの間の相互作業を簡略化するためのインフラストラクチャ要素です。OAM マネージャには、2 つのインターワーキング OAM プロトコル(ここでは、イーサネット CFM とイーサネット LMI)が必要です。CE 側のイーサネット LMI と OAM マネージャの間では、相互作用は不要です。UPE 側で、OAM マネージャは、イーサネット CFM から収集されたデータをイーサネット LMI デバイスへ渡す抽象レイヤを定義します。

デバイスの UPE 側のイーサネット LMI と OAM マネージャの間では、相互作用は OAM マネージャからイーサネット LMI への単方向で行われます。イーサネット LMI 要求の結果として、または、OAM マネージャが OAM プロトコルから UNI の数が変更されたという通知を受信したときに OAM マネージャがトリガーすることで、情報が交換されます。UNI の数の変更によって、EVC ステータスの変更が発生することがあります。

OAM マネージャは、入手したアクティブ UNI の数と関連する UNI の総数から、EVC ステータスを計算します。アクティブな UNI の数や特定の Service Provider VLAN(S-VLAN; サービス プロバイダー VLAN)ドメインのリモート UNI ID のすべての変更を OAM マネージャに通知するには、CFM を設定する必要があります。

交換される情報には次のものがあります。

EVC 名および使用可能性ステータス(アクティブ、非アクティブ、部分的にアクティブ、または未定義)

リモート UNI 名およびステータス(アクティブ、接続切断、管理上のダウン、過度の Frame Check Sequence(FCS; フレーム チェック シーケンス)障害、または到達不可)

リモート UNI 数(予期される UNI の総数とアクティブな UNI の数)

プロバイダー エッジにおけるイーサネット LMI の利点

PE デバイスのイーサネット LMI には、次の利点があります。

EVC のエンドツーエンド ステータスの CE デバイスへの伝達

EVC アトリビュートおよび UNI アトリビュートの CE デバイスへの伝達

サービス プロバイダーの競争上の優位性

イーサネット LMI でサポートされる HA 機能

イーサネット テクノロジーを使用するアクセスおよびサービス プロバイダー ネットワーク、特に EVC 接続を管理するイーサネット OAM コンポーネントでは、HA が必須です。エンドツーエンドの接続ステータスは非常に重要な情報であり、ホット スタンバイの Route Processor(RP; ルート プロセッサ)(アクティブ RP と同じソフトウェア イメージが用意され、サポートされる機能やプロトコルについて、RP 間でライン カード、プロトコル、およびアプリケーション状態情報の同期化をサポートするスタンバイ RP)上で管理する必要があります。

エンドツーエンドの接続ステータスは、イーサネット LMI、CFM、および 802.3ah などのプロトコルが受信した情報に基づき、CE、PE、およびアクセス集約 PE(uPE)ネットワーク ノードで維持されます。EVC のダウン時には、このステータス情報を使用して、トラフィックを停止するか、バックアップ パスに切り替えます。

NSF/SSO および ISSU サポート拡張は、Cisco 7600 ルータの設定時に自動的に導入され、イネーブルになります。

Metro Ethernet クライアント(E-LMI、CFM、802.3ah)は、プロトコルを通じて学習した設定データおよびダイナミック データを維持します。すべてのトランザクションには、多様なデータベースでのデータ アクセスまたはデータ更新が関係します。アクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの間でデータベースが同期化されていれば、これらのモジュールはクライアントに対して透過的に機能します。

Cisco IOS インフラストラクチャは、ホット スタンバイ RP を維持するための、コンポーネントの Application Programming Interface(API; アプリケーション プログラム インターフェイス)を提供しています。Metro Ethernet HA クライアント(E-LMI、HA/ISSU、CFM HA/ISSU、802.3ah HA/ISSU)は、このようなコンポーネントと相互作用を行い、データベースを更新し、他のコンポーネントに対して必要なイベントを発生させます。

イーサネット LMI HA の利点

Cisco IOS ソフトウェアのイメージ アップグレードの際にも、ネットワークのダウンタイムが生じません。これにより、高い可用性が実現されます。

計画済みのシステム停止や深夜のメンテナンス作業の際の、リソースのスケジューリングの問題が解消されます。

アップグレード時にネットワークのダウンタイムが生じないため、新しいサービスやアプリケーションの導入が加速化し、新しい機能、ハードウェア、修正プログラムの実装が早まります。

アップグレード時にネットワークのダウンタイムが生じないため、高いサービス レベルを維持しながら、サービス停止に伴う運用コストを削減します。

E-LMI での NSF/SSO サポート

冗長構成である SSO および NSF は、イーサネット LMI でサポートされており、自動的に有効です。アクティブな RP が故障したとき、ネットワーク デバイスから削除されたとき、またはメンテナンスのために手動で停止されたときに、アクティブな RP からスタンバイ RP へのスイッチオーバーが発生します。Cisco NSF の主要機能は、RP スイッチオーバー後に、IP パケットの転送を継続することです。NSF も、SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。

SSO 機能の詳細については、『Cisco IOS High Availability Configuration Guide』の「Stateful Switchover」を参照してください。NSF 機能の詳細については、『Cisco IOS High Availability Configuration Guide』の「Cisco Nonstop Forwarding」を参照してください。

E-LMI での ISSU サポート

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。E-LMI は、イーサネット LMI データベース内のパラメータをスタンバイ RP に更新します。このチェックポイント データを使用するには、ISSU 機能による、異なるリリース間でのメッセージ変換が必要です。アクティブ RP からスタンバイ RP への更新にメッセージを使用するすべてのコンポーネントは、ISSU をサポートする必要があります。ISSU は、イーサネット LMI で自動的にイネーブルです。

ISSU は、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。ISSU の詳細については、『Cisco IOS High Availability Configuration Guide』の「Cisco OS In Service Software Upgrade Process」を参照してください。

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定方法

PE デバイスでイーサネット LMI を設定するには、次のタスクを実行します。

「イーサネット LMI と CFM の相互作用の設定」

「イーサネット LMI および OAM マネージャ情報の表示」

イーサネット LMI と CFM の相互作用の設定

イーサネット LMI を CFM と連動させるには、EVC、イーサネット サービス インスタンス、およびイーサネット LMI カスタマー VLAN マッピングを設定する必要があります。ほとんどの設定は、CE に接続されたインターフェイスの PE デバイスで行います。CE デバイスで必要なのは、接続するインターフェイス上でイーサネット LMI をイネーブルにすることだけです。さらに、EVC 定義などの一部の OAM パラメータを、メトロ ネットワークの両側の PE デバイスで設定する必要があります。

CFM と OAM の相互動作には、内側向き Maintenance Entity Group End Point(MEP)が必要です。

OAM マネージャの設定


) UNI サービス タイプ、EVC、イーサネット サービス インスタンス、または CE-VLAN 設定の設定、変更、または削除を行うと、すべての設定がチェックされ、各設定が一致する(UNI サービス タイプが EVC またはイーサネット サービス インスタンス、および CE-VLAN の設定と一致する)ことが確認されます。各設定が一致しない場合は、新しい設定は拒否されます。


PE デバイス上に OAM マネージャを設定するには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id [ direction outward ]

4. service csi-id vlan vlan-id

5. exit

6. ethernet evc evc-id

7. oam protocol { cfm svlan svlan-id domain domain-name | ldp }

8. uni count value [ multipoint ]

9. exit

10. OAM マネージャがモニタリングする別の CFM ドメインを定義するには、ステップ 3 ~ 9 を繰り返します。

11. interface type number

12. service instance id ethernet [ evc-id ]

13. ethernet lmi ce-vlan map { vlan-id [ untagged ] | any | default | untagged }

14. exit

15. ethernet uni [ bundle [ all-to-one ] | id uni-id | multiplex ]

16. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id [ direction outward ]

 

Router(config)# ethernet cfm domain cstmr1 level 3

CFM ドメインを定義し、ドメイン レベルを設定し、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

service csi-id vlan vlan-id

 

Router(config-ether-cfm)# service csi2 vlan 10

メンテナンス ドメイン内で、ユニバーサルに一意の CSI と VLAN を設定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ether-cfm)# exit

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet evc evc-id

 

Router(config)# ethernet evc 50

EVC を指定し、CLI を EVC コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

oam protocol { cfm svlan svlan-id domain domain-name | ldp }

 

Router(config-evc)# oam protocol cfm svlan 10 domain cstmr1

EVC OAM プロトコルを CFM として設定し、ステップ 3 および 4 で設定した CFM ドメイン メンテナンス レベルの S-VLAN-ID を指定します。

(注) CFM ドメインが存在しない場合は、このコマンドが拒否され、エラー メッセージが表示されます。

ステップ 8

uni count value [ multipoint ]

 

Router(config-evc)# uni count 3

(任意)EVC の UNI の数を設定します。

コマンドを実行しなかった場合、デフォルトのポイントツーポイント サービスに設定されます。2 を入力すると、ポイントツーマルチポイント サービスがオプションになります。3 以上の値を入力すると、サービスはポイントツーマルチポイント サービスとなります。

(注) エンドポイントの数よりも大きな数値を入力すると、すべてのエンドポイントが稼動していても、UNI ステータスが部分的にアクティブになります。エンドポイントの数よりも小さな UNI 数を入力すると、エンドポイントが稼動していなくても、ステータスがアクティブになることがあります。

ステップ 9

exit

 

Router(config-evc)# exit

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 10

OAM マネージャがモニタリングする別の CFM ドメインを定義するには、ステップ 3 ~ 9 を繰り返します。

ステップ 11

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1/3

CE デバイスに接続されている物理インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 12

service instance id ethernet [ evc-id ]

 

Router(config-if)# service instance 400 ethernet 50

インターフェイス上でイーサネット サービス インスタンスを設定し、CLI をイーサネット サービス コンフィギュレーション モードにします。

イーサネット サービス インスタンス ID は、インターフェイスごとのサービス ID で、VLAN にはマップされません。

ステップ 13

ethernet lmi ce-vlan map { vlan-id [ untagged ] | any | default | untagged }

 

Router(config-if-srv)# ethernet lmi ce-vlan map 30

特定の UNI にイーサネット LMI カスタマー VLAN EVC マップを設定します。

ステップ 14

exit

 

Router(config-if-srv)# exit

CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 15

ethernet uni [ bundle [ all-to-one ] | id uni-id | multiplex ]

 

Router(config-if)# ethernet uni bundle

UNI バンドリング アトリビュートを設定します。

ステップ 16

end

 

Router(config-if)# end

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

イーサネット LMI のイネーブル化

設定は、グローバルおよびインターフェイス コンフィギュレーション コマンドが実行される順序によって決まります。最後に実行されたコマンドが優先されます。

デバイス上またはインターフェイス上でイーサネット LMI をイネーブルにするには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ethernet lmi interface

5. ethernet lmi { n393 value | t392 value }

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1/3

インターフェイスをイーサネット LMI インターフェイスとして設定することを定義し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

ethernet lmi interface

 

Router(config-if)# ethernet lmi interface

インターフェイスでイーサネット LMI を設定します。

イーサネット LMI がグローバルにイネーブルになっている場合は、特定のインターフェイスでディセーブルにしないかぎり、すべてのインターフェイスでイネーブルになります。イーサネット LMI がグローバルにディセーブルになっている場合は、このコマンドを使用して、特定のインターフェイスでイネーブルにできます。

ステップ 5

ethernet lmi { n393 value | t392 value }

 

Router(config-if)# ethernet lmi n393 10

UNI のイーサネット LMI パラメータを設定します。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

イーサネット LMI および OAM マネージャ情報の表示

イーサネット LMI または OAM マネージャ情報を表示するには、次のタスクを実行します。すべてのステップがオプションです。また任意の順序で実行できます。

手順の概要

1. enable

2. show ethernet lmi {{ evc [ detail evc-id [ interface type number ] | map interface type number ]} | { parameters | statistics } interface type number | uni map [ interface type number ]}

3. show ethernet service evc [ detail | id evc-id [ detail ] | interface type number [ detail ]]

4. show ethernet service instance [ detail | id id | interface type number | policy-map | stats ]

5. show ethernet service interface [ type number ] [ detail ]

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show ethernet lmi {{ evc [ detail evc-id [ interface type number ] | map interface type number ]} | { parameters | statistics } interface type number | uni map [ interface type number ]}

 

Router# show ethernet lmi evc

CE に送信された情報が表示されます。

ステップ 3

show ethernet service evc [ detail | id evc-id [ detail ] | interface type number [ detail ]]

 

Router# show ethernet service evc

すべての EVC または特定の EVC に関する情報が表示されます。

ステップ 4

show ethernet service instance [ detail | id id | interface type number | policy-map | stats ]

 

Router# show ethernet service instance detail

カスタマー サービス インスタンスに関する情報が表示されます。

この例では、すべてのサービス インスタンスに関する詳細情報が表示されます(次の項を参照してください)。

ステップ 5

show ethernet service interface [ type number ] [ detail ]

 

Router# show ethernet service interface ethernet 1/3 detail

すべてのインターフェイスまたは特定のインターフェイスについて、イーサネット カスタマー サービス インスタンスに関するインターフェイス限定の情報が表示されます。

この例では、インターフェイス Ethernet 1/3 のサービス インスタンスに関する詳細情報が表示されます(次の項を参照してください)。

次に、 evc キーワードを使用した show ethernet lmi コマンドの出力例を示します。

Router# show ethernet lmi evc
 
St EVC Id Port
--- ------------------------------------------------------------ --------------
A EVC_MP2MP_101 Gi0/1
A EVC_P2P_110 Gi0/1
 

次に、 show ethernet service evc コマンドの出力例を示します。

R1# show ethernet service evc
 
Identifier Type Act-UNI-cnt Status
50 MP-MP 0 NotDefined
 

次に、 detail キーワードを使用した show ethernet service interface コマンドの出力例を示します。

 
R1# show ethernet service interface ethernet 1/3 detail
 
Interface: Ethernet1/3
ID: uni2
CE-VLANS: 30
EVC Map Type: Bundling
Associated EVCs:
EVC-ID CE-VLAN
50 30
Associated Service Instances:
Service-Instance-ID CE-VLAN
400 30
 

次に、 detail キーワードを使用した show ethernet service instance コマンドの出力例を示します。

 
R1# show ethernet service instance detail
 
Service Instance ID: 400
Associated Interface: Ethernet1/3
Associated EVC: 50
CE-Vlans: 30
State: AdminDown
EFP Statistics:
Pkts In Bytes In Pkts Out Bytes Out
0 0 0 0

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定例

ここでは、次の例について説明します。

「PE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例」

「CE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例」

PE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例

この例では、PE デバイス上の OAM マネージャ、CFM、およびイーサネット LMI の設定例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# ethernet cfm domain Top level 7
Router(config)# ethernet cfm domain Provider level 4
Router(config-ether-cfm)# service customer_1 vlan 101
Router(config-ether-cfm)# mep crosscheck mpid 404 vlan 101
Router(config-ether-cfm)# exit
Router(config)# ethernet cfm domain Operator_level 2
Router(config-ether-cfm)# service operator_1 vlan 101
Router(config-ether-cfm)# exit
Router(config)# ethernet cfm enable
Router(config)# ethernet evc test1
Router(config-evc)# oam protocol cfm svlan 101 domain Provider
Router(config-evc)# exit
Router(config)# ethernet evc 101
Router(config-evc)# uni count 3
Router(config-evc)# oam protocol cfm svlan 101 domain Operator
Router(config-evc)# exit
Router(config)# ethernet lmi global
Router(config)# interface gigabitethernet 1/0/2
Router(config-if)# service instance 101 ethernet test1
Router(config-if-srv)# ethernet lmi ce-vlan map 101
Router(config-if-srv)# exit
Router(config-if)# exit
Router(config)# ethernet cfm cc enable level 2-4 vlan 101
Router(config)# exit

CE デバイスでのイーサネット OAM マネージャの設定:例

この例では、CE デバイス上でイーサネット LMI をグローバルに設定する方法を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# ethernet lmi global
Router(config)# exit

その他の参考資料

ここでは、プロバイダー エッジでのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関連する参考資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

イーサネット CFM

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network

イーサネット LMI

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 Enabling Ethernet Local Management Interface

リモート ポート シャットダウン機能

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 Configuring Remote Port Shutdown

イーサネット LMI コマンド

『Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference』

IEEE 802.3ah

『IEEE 802.3ah Ethernet in the First Mile』

Cisco IOS HA 設定情報

『Cisco IOS High Availability Configuration Guide』

規格

規格
タイトル

IEEE P802.1ag/D5.2

『Draft Standard for Local and Metropolitan Area Networks』

ITU-T

『ITU-T Y.1731 OAM Mechanisms for Ethernet-Based Networks』

IETF VPLS OAM

『L2VPN OAM Requirements and Framework』

Metro Ethernet Forum 16 Technical Specification

『Technical Specification MEF 16- Ethernet Local Management Interface』

ITU-T Q.3/13

『Liaison statement on Ethernet OAM (Y.17ethoam)』

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

このモジュールに記載されている 1 つ以上の機能で、次のコマンドが追加または変更されています。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/cether/command/reference/ ce_book.html )を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html にある『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』を参照してください。

debug ethernet lmi

debug ethernet service

ethernet evc

ethernet lmi ce-vlan map

ethernet uni

oam protocol

service instance ethernet

show ethernet service evc

show ethernet service instance

show ethernet service interface

uni count

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する技術情報

表 1 に、この章に記載されている機能および具体的な設定情報へのリンクを示します。Cisco IOS Release 12.2(33)SRB、Cisco IOS Release 12.2(33)SRD、またはそれ以降のリリースで導入または変更された機能だけを表に示します。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS、Catalyst OS、Cisco IOS XE ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースでもサポートされます。


 

表 1 プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定に関する技術情報

機能名
リリース
機能情報

プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイス

12.2(33)SRB 12.2(33)SXI

イーサネット LMI は、CE デバイスと PE デバイスの間のイーサネット OAM プロトコルです。イーサネット LMI は、CE デバイスに対し、大規模イーサネット MAN および WAN に対応するための EVC のステータスを提供し、CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供します。イーサネット LMI は特に、PE-CE UNI リンク上で動作し、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスおよび EVC が追加または削除された時刻を通知します。イーサネット LMI は、EVC のアトリビュートも通知します。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRB では、この機能が Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定について」

「イーサネット LMI」

「OAM マネージャ」

「プロバイダー エッジのイーサネット ローカル管理インターフェイスの設定方法」

「イーサネット LMI と CFM の相互作用の設定」

「イーサネット LMI および OAM マネージャ情報の表示」

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 debug ethernet lmi debug ethernet service、ethernet evc ethernet lmi ce-vlan map ethernet uni oam protocol service instance ethernet show ethernet service evc show ethernet service instance show ethernet service interface、uni count

E-LMI での ISSU サポート

12.2(33)SRD 15.0(1)S

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。ISSU は、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRD では、この機能が Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「イーサネット LMI でサポートされる HA 機能」

「E-LMI での ISSU サポート」

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 debug ethernet lmi

E-LMI での NSF/SSO サポート

12.2(33)SRD 15.0(1)S

冗長構成である SSO および NSF は、イーサネット LMI でサポートされており、自動的に有効です。アクティブな RP が故障したとき、ネットワーク デバイスから削除されたとき、またはメンテナンスのために手動で停止されたときに、アクティブな RP からスタンバイ RP へのスイッチオーバーが発生します。Cisco NSF の主要機能は、RP スイッチオーバー後に、IP パケットの転送を継続することです。NSF も、SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRD では、この機能が Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「イーサネット LMI でサポートされる HA 機能」

「E-LMI での NSF/SSO サポート」

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 debug ethernet lmi