キャリア イーサネット コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE 規格準拠のイーサネット CFM の設定
サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE 規格準拠のイーサネット CFM の設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE 規格準拠のイーサネット CFM の設定

機能情報の確認

この章の構成

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する前提条件

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する制約事項

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する情報

IEEE CFM

IEEE CFM の利点

カスタマー サービス インスタンス

メンテナンス アソシエーション

メンテナンス ドメイン

メンテナンス ポイント

メンテナンス アソシエーション エンドポイント

メンテナンス中間ポイント

CFM メッセージ

クロスチェック機能

SNMP トラップ

イーサネット CFM とイーサネット OAM のインターワーキング

イーサネット仮想回線

OAM マネージャ

CFM での HA 機能のサポート

メトロ イーサネット ネットワークにおける CFM HA

IEEE CFM での NSF/SSO のサポート

IEEE CFM での ISSU のサポート

IEEE CFM のブリッジ ドメインのサポート

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定手順

CFM ドメインの設計

前提条件

次の作業

IEEE イーサネット CFM の設定

ネットワークのプロビジョニング

サービスのプロビジョニング

クロスチェック機能の設定とイネーブル化

イーサネット OAM 802.3ah と CFM の相互作用の設定

OAM マネージャの設定

イーサネット OAM のイネーブル化

ブリッジ ドメインに対する CFM の設定

トラブルシューティングのヒント

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する設定例

ネットワークのプロビジョニング:例

サービスのプロビジョニング:例

その他の参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する機能情報

用語集

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE 規格準拠のイーサネット CFM の設定

イーサネット Connectivity Fault Management(CFM; 接続障害管理)は、サービスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ Operations, Administration, and Maintenance(OAM; 運用管理およびメンテナンス)プロトコルです。CFM には、大規模イーサネット Metropolitan-Area Network(MAN; メトロポリタンエリア ネットワーク)および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

イーサネットが MAN および WAN テクノロジーとして使用されるようになり、従来のエンタープライズ ネットワークのみを中心としたイーサネットの運用に、新しく OAM 要件が加わっています。イーサネット テクノロジーが、エンタープライズ ネットワークよりはるかに大規模で複雑なネットワークと、広範なユーザ ベースを持つサービス プロバイダーの領域に拡大するのに伴い、リンク アップタイムの運用管理が不可欠になっています。さらに重要なことに、障害の迅速な分離とその対処は、今や通常の日常的運用で必須であり、OAM がサービス プロバイダーの競争力に直接影響を及ぼします。

このマニュアルでは、Cisco IOS ソフトウェアでの IEEE 802.1ag 標準準拠 CFM(IEEE CFM)の実装について説明します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する機能情報」 を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する前提条件

ネットワーク トポロジおよびネットワーク管理者が評価済みである。

ビジネス ポリシーおよびサービス ポリシーが確立されている。

Maintenance Endpoint(MEP; メンテナンス エンドポイント)、Maintenance Intermediate Point(MIP; メンテナンス中間ポイント)、レベル、サービス インスタンス ID、クロスチェック タイマー、クロスチェック、およびドメインで、CFM の設定に関連してサポートされているすべてのコマンドに対し、Parser Return Code(PRC)コードが実装されている。

Non-Stop Forwarding(NSF)および In Service Software Upgrade(ISSU)を使用するには、Stateful Switchover(SSO)が設定され、正しく動作する必要があります。

CFM と Per VLAN Spanning Tree(PVST)Simulation 機能を導入するには、Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ルート スイッチが、Multiple Spanning-Tree(MST)領域内に存在する必要があります。

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する制約事項

IEEE CFM サブシステムは、Cisco pre-Standard CFM Draft 1 サブシステムと同じイメージには共存しません。

IEEE CFM メッセージングと D1 CFM メッセージングは相互運用できません。

IEEE CFM は、LAN カード上でサポートされ、SPA Interface Processor 400(SIP400)WAN カードでのみサポートされます(CFM をサポートしないラインカードはブートせず、エラー メッセージを表示します)。

サポートされていないラインカードは、取り外すか、オフにする必要があります。

CFM を設定するポート チャネルとして 物理ポートを設定する場合、次の制約が適用されます。

ポート チャネルの CFM 設定の一部として設定される VLAN を、物理ポートが使用できる必要があります。

セカンダリ ポート チャネル上の CFM はサポートされていません。

Fast EtherChannel(FEC; ファースト イーサネット チャネル)ポート チャネル上の CFM はサポートされていません。

ソフトウェアベースおよびハードウェアベースの Ethernet over Multiprotocol Label Switching(EoMPLS)は、SIP400 WAN カードでのみサポートされています。

CFM は、MPLS の Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)デバイスでは、全機能がサポートされません。CFM と EoMPLS 疑似ワイヤ間で、相互作用は行われません。CFM パケットは、疑似ワイヤ経由でのみ、通常のデータ パケットと同様に透過的に渡されます。ただし、次の制限があります。

MPLS アップリンク ポートとして Cisco Catalyst LAN カードを使用する Policy Feature Card(PFC; ポリシー フィーチャ カード)ベースの EoMPLS の場合、通常のデータ パケットと同様、EoMPLS 疑似ワイヤ経由で CFM パケットを透過的に渡すことができます。ただし、CFM MEP や MIP は通常のレイヤ 2 スイッチポート インターフェイス上でサポートできますが、EoMPLS エンドポイント インターフェイスを MEP や MIP としては使用できません。

CFM で High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)機能がサポートされるかどうかは、プラットフォームに依存します。

CFM loopback メッセージは、そのメンテナンス レベルに応じたメンテナンス ドメインのみに限定されません。CFM loopback メッセージがそのメンテナンス レベルのみに限定されないことは、次の各レベルに影響を与えます。

アーキテクチャ:loopback メッセージについて、CFM レイヤリングに違反が発生します。

導入:ユーザがネットワークの設定を誤ったために、loopback メッセージが成功する可能性があります。

セキュリティ:不正なデバイスが、デバイスの MAC アドレスとレベルを認識する場合、本来、透過的であるべきネットワーク トポロジが探索される可能性があります。

ブロックされたポートでは、PVST シミュレーションがサポートされません。

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する情報

イーサネット CFM を設定するには、次の概念を理解する必要があります。

「IEEE CFM」

「カスタマー サービス インスタンス」

「メンテナンス アソシエーション」

「メンテナンス ドメイン」

「メンテナンス ポイント」

「CFM メッセージ」

「クロスチェック機能」

「SNMP トラップ」

「イーサネット CFM とイーサネット OAM のインターワーキング」

「CFM での HA 機能のサポート」

「IEEE CFM のブリッジ ドメインのサポート」

IEEE CFM

イーサネット CFM は、サービスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルで、予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。エンドツーエンドとは、PE から PE、または CE から CE 間です。サービスは、サービス プロバイダー VLAN(S-VLAN)または EVC サービスです。

CFM がエンドツーエンド テクノロジーであることが、他のメトロイーサネット OAM プロトコルとの違いです。たとえば、MPLS、ATM、および SONET OAM は、イーサネット ワイヤのデバッグに役立ちますが、必ずしもエンドツーエンドではありません。802.3ah OAM は、物理回線ごとのシングルホップ プロトコルであり、エンドツーエンド方式でも、サービス認識方式でもありません。Ethernet Local Management Interface(E-LMI; イーサネット ローカル管理インターフェイス)は、ユーザエンドのプロバイダー エッジ(uPE)と CE の間に限定され、メトロイーサネット ネットワークのステータスの CE への報告は、CFM に依存します。

イーサネット レイヤ 2 サービスを提供するキャリア ネットワークのトラブルシューティングは困難な作業です。カスタマーはエンドツーエンドのイーサネット サービスについてサービス プロバイダーに問い合わせます。サービス プロバイダーがオペレータの下請け業者として、機器やネットワークを提供することもあります。従来からイーサネットが導入されてきたエンタープライズ ネットワークと比較して、これらの構成ネットワークは個別の組織や部門に属し、はるかに大規模で複雑であり、広いユーザ ベースを持っています。サービス プロバイダーにとって、日常の運用におけるリンクのアップタイムの運用管理や、障害の迅速な分離と対処は重要で、イーサネット CFM が競争上の優位性をもたらします。

IEEE CFM の利点

IEEE CFM には次の利点があります。

エンドツーエンドのサービスレベル OAM テクノロジー

サービス プロバイダーのイーサネット ネットワークでの運用コストの削減

サービス プロバイダーの競争上の優位性

DOWN(回線向き)MEP により、分散環境とアクセス ネットワーク環境の両方をサポート

カスタマー サービス インスタンス

Customer Service Instance(CSI; カスタマー サービス インスタンス)は、イーサネットの島の中で VLAN によって特定され、グローバルに一意のサービス ID によって識別される EVC です。カスタマー サービスは、ポイントツーポイントまたはマルチポイントツーマルチポイントです。図 1 に、2 つのカスタマー サービスを示します。「サービス グリーン」は、ポイントツーポイントであり、「サービス ブルー」は、マルチポイントツーマルチポイントです。

図 1 カスタマー サービス

メンテナンス アソシエーション

メンテナンス アソシエーションは、メンテナンス ドメイン内で一意に識別できるサービスを識別します。ドメイン内に、多くの MA が存在することができます。MA 方向は、MA の設定時に指定されます。MEP を設定するには、短い MA 名がドメイン上に設定されている必要があります。MIP しかないデバイスに、MA を設定する必要はありません。

CFM プロトコルは、特定の MA について動作します。

メンテナンス ドメイン

メンテナンス ドメインは、ネットワークの管理を行うための管理空間です。ドメインは、単一のエンティティによって所有および運用され、一連の内部ポートとその境界ポートによって定義されます。図 2 に、一般的なメンテナンス ドメインを示します。

図 2 IEEE CFM メンテナンス ドメイン

管理者は一意のメンテナンスレベル(0 ~ 7)を各ドメインに割り当てます。レベルとドメイン名は、ドメイン間の階層関係を定義するのに便利です。ドメインの階層関係は、カスタマー、サービス プロバイダー、オペレータの構造と同様です。ドメインが大きいほど、レベルを表す数字は大きくなります。たとえば、カスタマー ドメインは、オペレータ ドメインより大きい数字です。カスタマー ドメインのメンテナンス レベルが 7、オペレータ ドメインのメンテナンス レベルが 0 というように設定されます。通常、オペレータ ドメインが最も小さく、カスタマー ドメインが最も大きく、サービス プロバイダー ドメインはその中間のサイズに設定されます。階層のすべてのレベルは、連動する必要があります。

1 つのドメインを複数のエンティティが管理することは許可されていないので、ドメインは交差できません。ドメインがネストしたり接触したりすることは可能ですが、2 つのドメインがネストする場合、外側のドメインのメンテナンス レベルは、内側のドメインのメンテナンス レベルよりも大きくなければなりません。ドメインのネストは、サービス プロバイダーが 1 つまたは複数のオペレータとの間で、イーサネット サービスをカスタマーに提供する契約を締結する場合に便利です。各オペレータはそれぞれ専用のメンテナンス ドメインを持ち、サービス プロバイダーは、オペレータ ドメインのスーパーセットとして自分のドメインを定義します。さらにカスタマーは、サービス プロバイダー ドメインのスーパーセットとして、専用のエンドツーエンドのドメインを持ちます。ネストするドメインのメンテナンス レベルは、管理組織間で通知し合う必要があります。たとえば、1 つのアプローチとして、オペレータのメンテナンス レベルをサービス プロバイダーが割り当てるようにすることができます。

CFM はメッセージを交換し、ドメインの操作を個別に実行します。たとえば、オペレータ レベルで CFM を実行すると、それより高いレベルのプロバイダー レベルやカスタマー レベルからネットワークは検出できません。

ドメインと設定については、ネットワーク設計者が決定します。

サポートされているドメインの特性は次のとおりです。

名前は最大 154 文字です。

ドメイン「null」がサポートされ、短いメンテナンス アソシエーション名が ID として使用されます。

MIP しかないデバイスに、ドメイン設定を設定する必要はありません。

方向は、メンテナンス アソシエーションの設定時に指定されます。

Up(ブリッジ方向)MEP と Down(回線方向)MEP を混在させることができます。

ドメインを削除するには、ドメイン内のすべてのメンテナンス ポートを削除し、ドメインの CCDB にあるすべてのリモート MEP エントリを消去する必要があります。

図 3 に、オペレータ、サービス プロバイダー、およびカスタマーの各ドメインの階層と、ドメインの接触、交差、ネストを示します。

図 3 イーサネット CFM メンテナンス ドメインの階層

メンテナンス ポイント

メンテナンス ポイントは、メンテナンス ドメイン内の CFM に参加するインターフェイスまたはポート上の境界点です。デバイス ポート上のメンテナンス ポイントは、正しいレベルに属していないフレームをドロップし、CFM フレームをドメインの境界内に限定するフィルタとして動作します。メンテナンス ポイントは、シスコ デバイス上で明示的に設定する必要があります。メンテナンス ポイントには、MEP と MIP の 2 つのクラスがあります。

メンテナンス アソシエーション エンドポイント

Maintenance Association Endpoint(MEP; メンテナンス アソシエーション エンドポイント)は、メンテナンス ドメインのエッジに存在し、メンテナンス ドメイン レベルによって、CFM メッセージをドメイン内に限定します。MEP は、ドメイン内の他の MEP との間で、定期的に Continuity Check Message(CCM; 連続性チェック メッセージ)を送受信します。管理者の要求に応じて、linktrace メッセージや loopback メッセージを送信することもできます。MEP は、「Up」(ブリッジ方向)か「Down」(回線方向)のいずれかです。デフォルトの方向は Up です。

ポート MEP は、VLAN のない Down MEP をサポートし、静的リモート MEP が検出されると、通常のデータ トラフィックが停止されます。

MEP 設定を削除するには、保留中のすべての loopback 応答と traceroute 応答が削除され、インターフェイス上のサービスがトランスペアレント モードに設定されている必要があります。サービスをトランスペアレント モードに設定するには、MIP フィルタリングが設定されていない状態である必要があります。

Up MEP

Up MEP は、ブリッジ リレー機能を経由して通信し、Bridge-Brain MAC アドレスを使用します。Up MEP は、次の機能を実行します。

MEP が設定されているポートに接続された回線経由ではなく、ブリッジ リレー経由で、自分と同じレベルの CFM フレームを送受信します。

回線方向から着信する自分と同レベル(または下位レベル)の CFM フレームをすべてドロップします。

ブリッジ方向から着信する自分と同レベルの CFM フレームをすべて処理します。

ブリッジ方向から着信する下位レベルの CFM フレームをすべてドロップします。

ブリッジ側と回線側のどちらから着信したフレームでも、上位レベルの CFM フレームはすべて透過的に転送します。

Up MEP が設定されているポートが、スパニング ツリー プロトコルによってブロックされた場合でも、MEP はブリッジ機能経由で CFM メッセージを送受信できます。

ルーテッド ポートおよびスイッチ ポート用の Down MEP

Down MEP は回線経由で通信し、ルーテッド ポートおよびスイッチ ポート上に配置することができます。MIP を Down MEP よりも上位レベルに設定する必要はありません。

Down MEP は、ポートの MAC アドレスを使用します。ポート チャネル上の Down MEP は、最初のメンバ ポートの MAC アドレスを使用します。ポート チャネルのメンバが変更されても、Down MEP の ID を変更する必要はありません。

Down MEP は、次の機能を実行します。

MEP が設定されているポートに接続された回線経由で、自分と同じレベルの CFM フレームを送受信します。

ブリッジ方向から着信する自分と同レベル(または下位レベル)の CFM フレームをすべてドロップします。

回線方向から着信する自分と同レベルの CFM フレームをすべて処理します。

回線方向から着信する下位レベルの CFM フレームをすべてドロップします。

Down MEP が設定されているポートが、スパニング ツリー プロトコルによってブロックされた場合でも、MEP は回線経由で CFM メッセージを送受信できます。

ブリッジ側と回線側のどちらから着信したフレームでも、上位レベルの CFM フレームはすべて透過的に転送します。

メンテナンス中間ポイント

Maintenance Intermediate Point(MIP; メンテナンス中間ポイント)は、メンテナンス ドメインの内側に存在し、MEP から着信した情報をカタログ化し、転送します。MIP は、CFM linktrace メッセージおよび loopback メッセージにのみ応答するパッシブ ポイントです。MIP には、1 つのレベルのみが関連付けられています。

MIP は、ポート フィルタリング エンティティの上側に存在する Up MHF とポート フィルタリング エンティティの下側に存在する Down MHF の、2 つの MIP Half Function(MHF)として定義されます。MIP の両方の MHF には、次のように同じ設定パラメータと特性が適用されます。

手動または動的に(自動 MIP)作成できます。

管理対象オブジェクトに設定されたポリシーに従って、動的に作成されます(MA、管理ドメイン、つまりデフォルトのドメイン レベル)。

手動 MIP は、インターフェイスの下、またはインターフェイス内のサービス インスタンスの下に作成できます。

自動 MIP コマンドは、グローバルにも、1 つのドメインまたはサービスの下でも実行できます。

自動 MIP は、特定の MA に関連付けられていない場合、デフォルトのメンテナンス ドメイン レベルで VLAN に対して作成するか、または次のように作成することができます。

指定したレベルで、任意のブリッジ ポート上のメンテナンス ドメインまたは MA に対して作成する。

lower MEP-only オプションを指定すると、メンテナンス ドメインまたは MA のすぐ下のレベルに MEP が設定されている場合のみ、指定したレベルに自動 MIP が作成される。

自動 MIP コマンドをドメイン レベルまたは MA レベルで実行しない限り、メンテナンス ドメインまたは MA レベルで自動 MIP は作成されない。

自動 MIP コマンドをドメイン レベルでは実行しないが、MA レベルで実行した場合、自動 MIP は MA レベルで作成される。

MA ごとに作成することができます。つまり、MEP がある別の MA の下のレベルの MA に MIP を作成できます。

自動 MIP 作成コマンドは、メンテナンス ドメイン(レベル)で実行できます。これにより、ポート上で有効なまたは許可されたすべての S-VLAN に対して MIP が作成されます。

ドメインの内側には作成できますが、境界上には作成できません。

MEP および他の MIP から受信された CFM は、回線とブリッジ リレーの両方を使用して、カタログ化され転送されます。

MIP フィルタリングをイネーブルにすると、下位レベルのすべての CFM フレームは、回線側とブリッジ リレー側のどちらから受信したフレームでも、すべて停止またはドロップされます。

上位レベルの CFM フレームは、回線側とブリッジ リレー側のどちらから受信したフレームでも、すべて転送されます。

パッシブ ポイントは、CFM traceroute および loopback メッセージによってトリガーされた場合のみ応答します。

Bridge-Brain MAC アドレスが使用されます。

MIP が設定されているポートが、スパニング ツリー プロトコルによってブロックされると、MIP は CFM メッセージを受信してカタログ化することはできますが、ブリッジ リレー方向には送信できません。MIP は、回線側からの CFM メッセージを受信し、応答することができます。

MIP には、1 つのレベルのみが関連付けられています。レベル フィルタリング オプションがサポートされています。

図 4 に、オペレータ レベル、サービス プロバイダー レベル、およびカスタマー レベルの MEP と MIP を示します。

図 4 カスタマーおよびサービス プロバイダー機器、オペレータ デバイス上の CFM MEP および MIP

CFM メッセージ

CFM は、標準イーサネット フレームを使用します。CFM フレームは EtherType によって区別され、マルチキャスト メッセージについては MAC アドレスで区別されます。CFM フレームの発信、終端、処理、中継は、ブリッジによって行われます。ルータは、限られた CFM 機能のみしかサポートできません。

CFM メッセージを解釈できないブリッジは、通常のデータ フレームとしてメッセージを転送します。すべての CFM メッセージは、メンテナンス ドメイン内および MA 内に限定されます。次の 3 種類のメッセージがサポートされています。

連続性チェック

Linktrace

Loopback

連続性チェック メッセージ

CFM Continuity Check Message(CCM; 連続性チェック メッセージ)は、MEP 間で定期的に交換されるマルチキャスト ハートビート メッセージです。これにより、MEP はドメイン内の他の MEP を検出することができ、MIP は MEP を検出することができます CCM はドメイン内のみに限定されます。

CFM CCM には、次の特性があります。

MEP によって一定の送信間隔で定期的に送信されます。間隔は設定可能で、次のいずれかの値です。デフォルト値は 10 秒です。

10 秒

1 分

10 分


) デフォルト値およびサポートされている間隔の値は、プラットフォームに依存します。


同じメンテナンス レベルの MIP によってカタログ化されます。

宛先は、同じメンテナンス レベルのリモート MEP です。

単方向通信であり、応答を要求しません。

MEP が設定されているブリッジ ポートのステータスを示します。

Linktrace メッセージ

CFM LinkTrace Message(LTR; linktrace メッセージ)は、目的の MEP までのパスを(ホップ単位で)追跡するためのマルチキャスト フレームで、管理者の要求に応じて MEP が送信します。このメッセージは、レイヤ 3 の traceroute メッセージと似ています。LTM によって、送信側ノードはパスに関する重要な接続性データを検出できるとともに、同じメンテナンス ドメインに属するパス上のすべての MIP を検出できます。LTM は、パスに沿ったメンテナンス ポイントで代行受信され、処理されるか、送信されるか、ドロップされます。同じレベルにメンテナンス ポイントが存在する各ホップで、LinkTrace message Reply(LTR; linktrace メッセージ応答)が、発信元の MEP に送信されます。linktrace メッセージは、検出可能なすべての MIP について、入力処理、中継処理、および出力処理を示します。

Linktrace メッセージには、宛先 MAC アドレス、VLAN、およびメンテナンス ドメインが含まれている他、ネットワーク内の伝播を制限する Time To Live(TTL; 存続可能時間)が設定されています。このメッセージは、必要に応じ、CLI を使用して生成できます。LTM はマルチキャストで、LTR はユニキャストです。

loopback メッセージ

CFM LoopBack Message(LBM; loopback メッセージ)は、特定のメンテナンス ポイントとの接続を確認するためのユニキャスト フレームで、管理者の要求に応じて MEP が送信します。loopback メッセージへの応答(LBR)は、宛先が到達可能かどうかを示しますが、パスをホップ単位では検出できません。loopback メッセージは、概念的には、Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)の Echo(ping)メッセージと似ています。

LBM は、ユニキャストなので、メンテナンス レベルの制約以外通常のデータ フレームと同様に転送されます。発信ポートがブリッジの転送データベースにおいて既知で、メッセージのメンテナンス レベルの CFM フレームが通過できる場合、フレームはそのポート上で発信されます。発信ポートが未知の場合、メッセージはそのドメイン内のすべてのポート上でブロードキャストされます。

CFM LBM は、必要に応じ、CLI を使用して生成できます。loopback メッセージの発信元は MEP のみですが、宛先は、MEP と MIP のどちらも可能です。CFM LBM と LBR は、いずれもユニキャストです。CFM LBM は、宛先 MAC アドレスまたは MPID、VLAN、およびメンテナンス ドメインを指定します。

クロスチェック機能

クロスチェック機能では、(CCM を使用して)動的に検出された MEP と、(設定により)サービス提供対象の MEP との間の、プロビジョニング後のタイマー駆動型サービスを検証します。この機能により、マルチポイント サービスまたはポイントツーポイント サービスのすべてのエンドポイントが動作可能であることが検証されます。サービスが動作可能な場合は通知がサポートされます。そうでない場合は、予期しないエンドポイントまたはエンドポイントが存在しないというアラームおよび通知が生成されます。

クロスチェック機能は 1 回だけ実行されます。サービスの検証が必要なときに、その都度 CLI からクロスチェック機能を開始する必要があります。

SNMP トラップ

Cisco IOS ソフトウェアでの CFM トラップの実装によって提供されているサポートは、シスコの情報資産です。MEP は、Continuity Check(CC; 連続性チェック)トラップとクロスチェック トラップの 2 種類の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップを生成します。

CC トラップ

MEP up:新しい MEP が検出されたとき、リモート ポートのステータスが変更されたとき、または検出済みの MEP との接続が中断後、回復したときに送信されます。

MEP down:タイムアウトまたは last gasp イベントの発生時に送信されます。

Cross-connect:サービス ID が VLAN と一致しない場合に送信されます。

Loop:MEP が独自の CCM を受信したときに送信されます。

Configuration error:MEP が、重複する MPID を持つ連続性チェックを受信したときに送信されます。

クロスチェック トラップ

Service up:予定のリモート MEP が、すべて時間どおりに起動した場合に送信されます。

MEP missing:予定の MEP がダウンしている場合に送信されます。

Unknown MEP:予期しない MEP から CCM が受信された場合に送信されます。

イーサネット CFM とイーサネット OAM のインターワーキング

CFM と OAM による相互作用を理解するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「イーサネット仮想回線」

「OAM マネージャ」

イーサネット仮想回線

Metro Ethernet Forum によって定義されているように、Ethernet Virtual Circuit(EVC; イーサネット仮想回線)は、ポートレベルのポイントツーポイントまたはマルチポイントツーマルチポイントのレイヤ 2 回線です。CE デバイスは EVC ステータスを使用して、サービス プロバイダー ネットワークへの代替パスを検索したり、場合によっては、イーサネット経由または別の代替サービス経由(フレーム リレーや ATM など)でバックアップ パスにフォールバックしたりします。

OAM マネージャ

OAM マネージャは、OAM とプロトコルの間の相互作業を簡略化するためのインフラストラクチャ要素です。OAM マネージャには、2 つのインターワーキング OAM プロトコル(たとえば、イーサネット CFM 802.1ag とリンク レベルのイーサネット OAM 802.3ah)が必要です。相互作用は、OAM マネージャから CFM プロトコルへの単方向で、User Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)のポート ステータス情報のみが交換されます。その他、次のポート ステータスの値が利用可能です。

REMOTE_EE:リモート超過エラー

LOCAL_EE:ローカル超過エラー

TEST:リモートまたはローカル ループバック

CFM は、ポート ステータス情報を受信した後、CFM ドメイン全体にこのステータスを伝達します。

CFM での HA 機能のサポート

イーサネット テクノロジーを使用するアクセスおよびサービス プロバイダー ネットワーク、特に EVC 接続を管理するイーサネット OAM コンポーネントでは、HA が必須です。エンドツーエンドの接続ステータスは非常に重要な情報であり、ホット スタンバイの Route Processor(RP; ルート プロセッサ)上で管理する必要があります。


) ホット スタンバイ RP には、アクティブ RP と同じソフトウェア イメージが用意され、サポートされる機能やプロトコルについて、RP 間でライン カード、プロトコル、およびアプリケーション状態情報の同期化がサポートされます。


エンドツーエンドの接続ステータスは、イーサネット LMI、CFM、および 802.3ah などのプロトコルが受信した情報に基づき、CE、PE、およびアクセス集約 PE(uPE)ネットワーク ノードで維持されます。EVC のダウン時には、このステータス情報を使用して、トラフィックを停止するか、バックアップ パスに切り替えます。

すべてのトランザクションには、多様なデータベース間でのデータ アクセスまたはデータ更新が関係します。アクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの間でデータベースが同期化されていれば、これらのモジュールはクライアントに対して透過的に機能します。

Cisco IOS インフラストラクチャは、ホット スタンバイ RP を維持するための、さまざまなコンポーネントの Application Program Interface(API; アプリケーション プログラム インターフェイス)を提供しています。Metro Ethernet HA クライアント E-LMI、HA/ISSU、CFM HA/ISSU、および 802.3ah HA/ISSU は、このようなコンポーネントと相互作用を行い、データベースを更新し、他のコンポーネントに対して必要なイベントを発生させます。

CFM HA の利点

Cisco IOS ソフトウェアのイメージ アップグレードの際にも、ダウンタイムが生じません。これにより、早期のアップグレードが可能になり、高い可用性が実現されます。

計画済みのシステム停止や深夜のメンテナンス作業の際の、リソースのスケジューリングの問題が解消されます。

新しいサービスやアプリケーションの導入が加速化し、HA がサポートされていない場合よりも、新しい機能、ハードウェア、修正プログラムの早期実装が容易になります。

高いサービス レベルを維持しながら、サービス停止に伴う運用コストを削減します。

CFM は、データベースを更新し、それ自体の HA メッセージングとバージョン管理を制御します。この制御によってメンテナンスが容易になります。

メトロ イーサネット ネットワークにおける CFM HA

スタンドアロンの CFM の実装において、HA は明示的な要件ではありません。しかし、E-LMI が稼動する CE または PE に CFM を実装する場合、エンドツーエンドの接続を維持するために EVC の状態情報が不可欠なので、CFM は EVC の状態を常に把握する必要があり、それには HA が必要です。CFM はメンテナンス レベル 、ドメイン、およびメンテナンス ポイントを使用してプラットフォームを設定し、リモートのメンテナンス ポイント情報を取得して、適切な EVC にマッピングします。CFM は次に、すべてのリモート ポートから受信したデータを集約し、E-LMI を更新します。このため、HA の要件は、CE および PE によって異なります。

Metro Ethernet Network(MEN; メトロ イーサネット ネットワーク)で使用されるプロトコルは、EVC の状態に応じて処理を行うことはありませんが、E-LMI プロトコルを使用し、EVC 情報を受信する CE デバイスは、EVC がダウンするとトラフィックの送信を停止します。あるいは、バックアップ ネットワークが用意されていれば、EVC がダウンしたときに、CE がそれを使用することもあります。

CE は EVC ID、関連付けられたカスタマー VLAN、UNI 情報、EVC の状態情報、およびリモート UNI の ID と状態を MEN から受信します。CE は、EVC の状態をもとに、E-LMI 経由の MEN へのトラフィックを送信または停止します。

PE は EVC 設定および関連付けられたカスタマー VLAN 情報を保持し、CFM から EVC の状態情報とリモート UNI を取得します。この情報は、E-LMI を使用して CE に送信されます。


) 802.3ah OAM が動作する PE および CE は、スイッチオーバーによってピアに影響が及ばないようにポート状態を維持します。この情報はまた、CFM CCM によってリモート ノードに送信されます。


IEEE CFM での NSF/SSO のサポート

冗長構成である SSO および NSF は、どちらも IEEE CFM でサポートされており、自動的に有効です。アクティブな RP が故障したとき、ネットワーク デバイスから削除されたとき、またはメンテナンスのために手動で停止されたときに、アクティブな RP からスタンバイ RP へのスイッチオーバーが発生します。NSF は SSO 機能と連動して、スイッチオーバー後のネットワークのダウンタイムを最小限に抑えます。Cisco NSF の主要機能は、RP スイッチオーバー後に、パケットの転送を継続することです。

SSO の詳細については、『 Cisco IOS High Availability Configuration Guide 』の「Stateful Switchover」を参照してください。NSF 機能の詳細については、『 Cisco IOS High Availability Configuration Guide 』の「Cisco Nonstop Forwarding」を参照してください。

IEEE CFM での ISSU のサポート

ISSU を使用すると、パケットのフローを中断せずに、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードできます。CFM は、スタンバイ RP に対し、行の追加、削除、更新を含む、連続性チェック データベースの一括更新およびランタイム更新を実行します。このチェックポイント データを使用するには、ISSU 機能による、異なるリリース間でのメッセージ変換が必要です。アクティブ RP からスタンバイ RP への更新にメッセージを使用するすべてのコンポーネントは、ISSU をサポートする必要があります。

ISSU は CFM で自動的に有効で、システムによるサービス提供を継続しながらソフトウェアを変更できるので、定期メンテナンス作業によるネットワークの可用性への影響を抑えます。ISSU の詳細については、『 Cisco IOS High Availability Configuration Guide 』の「Cisco IOS In Service Software Upgrade Process」を参照してください。

IEEE CFM のブリッジ ドメインのサポート


) 内側向き MEP(uPE インターフェイス方向の PE インターフェイス)を持つ Ethernet Flow Point(EFP)でデフォルトの EFP カプセル化が設定されている場合、両側の内側向き MEP は、プリセットされた時間間隔で、互いに相手側から CCM を受信します。しかしデフォルトのカプセル化が設定されているためにパケットがドロップされ、その結果、CCM が入力ポートでドロップされます。パケットのドロップを防止するには、デフォルトの EFP 設定で、cfm encapsulation コマンドを使用して目的のカプセル化方式を設定します。


EFP またはサービス インスタンスは、インターフェイス上のブリッジ ドメインの論理的な境界ポイントです。トラフィックの EFP への照合とマッピングには、VLAN タグ が使用されます。VLAN ID は、ATM やフレーム リレーの仮想回線と同様、ポートごとにローカルに意味を持ちます。CFM は、EFP に関連付けられたブリッジ ドメイン上でサポートされます。ブリッジ ドメインと EFP の関連付けにより、CFM が EFP 上でカプセル化を使用できます。同じブリッジ ドメインにあるすべての EFP が、1 つのブロードキャスト ドメインを形成します。ブロードキャスト ドメインは、ブリッジ ドメイン ID によって特定されます。

VLAN ポートと EFP の違いは、そのカプセル化方式です。VLAN ポートは、デフォルトの dot1q カプセル化を使用します。EFP では、dot1q や IEEE dot1ad EtherTypes で非タグ付き、シングル タグ付き、およびダブル タグ付きのカプセル化が存在します。同じブリッジ ドメインに属する異なる EFP は、異なるカプセル化方式を使用できます。


) IEEE CFM がブリッジ ドメインをサポートできるのは、ES20 および ES40 ライン カードでのみです。


非タグ付き CFM パケットは、メンテナンス ポイントと関連付けることができます。着信の非タグ付きカスタマー CFM パケットは、CFM の EtherType を持ち、EFP で設定されたカプセル化方式で、EVC(ブリッジ ドメイン)にマッピングされます。EFP は、これらの非タグ付きパケットを認識するように特に設定することができます。

ブリッジ ドメインが設定されたスイッチポート VLAN および EFP は、サービスについて MEP と MIP を別個に処理します。ブリッジ ドメインと VLAN 間の空間マッピングは、プラットフォームによって異なります。ブリッジ ドメインとスイッチポート VLAN のインターワーキング(メンテナンス ポイント、入力および出力が、スイッチポートと EFP の両方に存在)では、ブリッジ ドメインとスイッチポート VLAN が同じブロードキャスト ドメインを表すプラットフォーム上で、ブリッジ ドメイン VLAN サービスを設定する必要があります。Cisco 7600 シリーズ ルータでは、同じ番号を持つブリッジ ドメインとスイッチポート VLAN が 1 つのブロードキャスト ドメインを形成します。

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定手順

Ethernet CFM をセットアップするには、次の作業を実行します。

「CFM ドメインの設計」

「IEEE イーサネット CFM の設定」

「イーサネット OAM 802.3ah と CFM の相互作用の設定」

「ブリッジ ドメインに対する CFM の設定」

CFM ドメインの設計

イーサネット CFM 機能に対応するように CFM ドメインを設計するには、この項の手順を実行します。

前提条件

ネットワーク トポロジの知識と理解

ネットワークの管理にかかわる組織エンティティ(たとえば、オペレータ、サービス プロバイダー、Network Operations Center(NOC; ネットワーク オペレーション センター)、カスタマー サービスなど)の理解

提供するサービスの種類と規模の理解

すべての組織エンティティによる、各組織エンティティの責任、役割、および制約事項についての合意

ネットワーク内のメンテナンス ドメイン数の決定

メンテナンス ドメインのネストと分離の決定

サービス プロバイダーと 1 つまたは複数のオペレータとの間の合意に基づく、ドメインへのメンテナンス レベルおよびドメイン名の割り当て

手順の概要


) オペレータ ドメイン、サービス プロバイダー ドメイン、カスタマー ドメインのセットアップは、いずれも省略可能です。ネットワークでは、ドメインを 1 つだけ作成することも、複数作成することもできます。ここでは、3 種類のドメインをすべて割り当てる場合の手順を示します。


1. オペレータ レベルの MIP を指定します。

2. オペレータ レベルの MEP を指定します。

3. サービス プロバイダーの MIP を指定します。

4. サービス プロバイダーの MEP を指定します。

5. カスタマーの MIP を指定します。

6. カスタマーの MEP を指定します。

手順の詳細

ステップ 1 オペレータ レベルの MIP を指定します。

a. まず最下位のオペレータ レベル ドメインにおいて、CFM によって認識可能なオペレータ ネットワークの内部にある、すべてのインターフェイスで MIP を設定します。

b. 次の上位オペレータ レベルに進み、MIP を指定します。

c. 下位レベルで MIP を設定したすべてのポートについて、上位レベルにメンテナンス ポイントが指定されていないことを確認します。

d. すべてのオペレータ MIP が指定されるまで、ステップ a ~ d を繰り返します。

ステップ 2 オペレータ レベルの MEP を指定します。

a. まず最下位のオペレータ レベル ドメインにおいて、サービス インスタンスに含まれるすべての UNI で MEP を指定します。

b. オペレータが複数の場合は、2 つのオペレータ間の Network to Network Interface(NNI; ネットワーク ネットワーク インターフェイス)で MEP を指定します。

c. 次の上位オペレータ レベルに進み、MEP を指定します。

下位レベルに MIP があるポートは、上位レベルでメンテナンス ポイントを指定できません。下位レベルに MEP が存在するポートでは、上位レベルに MIP または MEP を設定することができます。

ステップ 3 サービス プロバイダーの MIP を指定します。

a. まず最下位のサービス プロバイダー レベル ドメインで、オペレータ間の NNI に サービス プロバイダーの MIP を指定します(オペレータが複数の場合)。

b. 次の上位サービス プロバイダー レベルに進み、MIP を指定します。

下位レベルに MIP があるポートは、上位レベルでメンテナンス ポイントを指定できません。下位レベルに MEP があるポートは、上位レベルに MIP または MEP を設定することができます。

ステップ 4 サービス プロバイダーの MEP を指定します。

a. まず最下位のサービス プロバイダー レベル ドメインにおいて、サービス インスタンスに含まれるすべての UNI で MEP を指定します。

b. 次の上位サービス プロバイダー レベルに進み、MEP を指定します。

下位レベルに MIP があるポートは、上位レベルでメンテナンス ポイントを指定できません。下位レベルに MEP があるポートは、上位レベルに MIP または MEP を設定することができます。

ステップ 5 カスタマーの MIP を指定します。

カスタマーの MIP は、サービス プロバイダーがカスタマーに対して CFM の実行を許可する場合に、uPE の UNI 上にのみ指定できます。そうでない場合、サービス プロバイダーは、CFM フレームをブロックするように Cisco IOS デバイスを設定できます。

a. カスタマー メンテナンス ドメインのすべての uPE の UNI ポートで MIP を設定します。

b. MIP の存在するメンテナンス レベルが、最高レベルのサービス プロバイダー ドメインより、少なくとも 1 レベル上位であることを確認します。

ステップ 6 カスタマーの MEP を指定します。

カスタマー MEP は、カスタマーの機器上に設定します。適切なカスタマー レベルにあるサービス プロバイダーとカスタマーの間のハンドオフで、ドメイン内に Down MEP を指定します。

図 5 は、1 つのサービス プロバイダーと 2 つのオペレータ A と B で構成されるネットワークの例を示します。各オペレータとサービス プロバイダーに対し、3 つのドメインを作成してマッピングします。この例では、わかりやすくするために、ネットワークが、エンドツーエンドでインターネット トランスポートを使用していると仮定します。ただし、CFM では他のトランスポートも使用できます。

図 5 イーサネット CFM のドメインの設定

次の作業

イーサネット CFM ドメインを定義した後は、イーサネット CFM 機能を設定します。これにはまず、ネットワークをプロビジョニングし、次にサービスをプロビジョニングします。

IEEE イーサネット CFM の設定

イーサネット CFM の設定では、次のタスクを実行します。

「ネットワークのプロビジョニング」(必須)

「サービスのプロビジョニング」(必須)

「クロスチェック機能の設定とイネーブル化」(任意)

「OAM マネージャの設定」

ネットワークのプロビジョニング

イーサネット CFM のネットワークをセットアップするには、次のタスクを実行します。

前提条件

異なるインターフェイスやサービス インターフェイスで MIP を設定するには、ドメインやサービスの下に MIP を設定する必要があります。

手順の概要

CE-A のネットワークのプロビジョニング

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. exit

6. ethernet cfm global

7. ethernet cfm ieee

8. ethernet cfm traceroute cache

9. ethernet cfm traceroute cache size entries

10. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

11. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

12. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

13. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
CE-A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

特定のメンテナンス レベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 7

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 8

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 9

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 10

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 11

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

イーサネット CFM 連続性チェック イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 12

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間でのクロスチェック操作に関連した、イーサネット CFM 連続性チェック イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 13

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

次の例では、さまざまなレベルで MIP を設定する方法を示します。

U-PE A のネットワークのプロビジョニング

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm mip { auto-create level level-id vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id } [ lower-mep-only ] [ sender-id chassis ] | filter }

4. ethernet cfm domain domain-name level level-id (カスタマー ドメインを設定)

5. mep archive-hold-time minutes

6. mip auto-create [ lower-mep-only ]

7. exit

8. ethernet cfm domain domain-name level level-id (プロバイダー ドメインを設定)

9. mep archive-hold-time minutes

10. exit

11. ethernet cfm domain domain-name level level-id( オペレータ ドメインを設定)

12. mep archive-hold-time minutes

13. mip auto-create [ lower-mep-only ]

14. exit

15. ethernet cfm global

16. ethernet cfm ieee

17. ethernet cfm traceroute cache

18. ethernet cfm traceroute cache size entries

19. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

20. interface type number

21. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

22. exit

23. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

24. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

25. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
U-PE A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

特定のメンテナンス レベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 5

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

特定のメンテナンス レベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 7

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm mip { auto-create level level-id vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id } [ lower-mep-only ] [ sender-id chassis ] | filter }

 

Router(config)# ethernet cfm mip auto-create level 1 vlan 2000

MIP を動的に作成するとともに、特定の MA に関連付けられていない、またはレベル フィルタリングをイネーブルした VLAN ID の指定されたメンテナンス レベルで、作成した MIP をグローバルにプロビジョニングします。

ステップ 9

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

特定のメンテナンス レベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 10

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 11

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 12

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 13

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 14

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 15

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 16

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 17

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 18

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet4/2

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 19

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 20

exit

 

Router(config-if)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 21

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

CFM mep-up、mep-down、config、loop、cross-connect の各イベントに対する SNMP トラップの生成をイネーブルにします。

ステップ 22

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間のクロスチェック操作に関連して、イーサネット CFM 連続性チェック mep-unknown、mep-missing、および service-up の各イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 23

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

PE-AGG A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mip auto-create [ lower-mep-only ]

5. mep archive-hold-time minutes

6. exit

7. ethernet cfm global

8. ethernet cfm ieee

9. interface type number

10. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

11. interface type number

12. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

13. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
PE-AGG A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 5

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 8

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 9

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet3/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 10

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 11

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet4/1

インターフェイスを指定します。

ステップ 12

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 13

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

N-PE A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. mip auto-create [ lower-mep-only ]

6. exit

7. ethernet cfm domain domain-name level level-id

8. mep archive-hold-time minutes

9. exit

10. ethernet cfm global

11. ethernet cfm ieee

12. ethernet cfm traceroute cache

13. ethernet cfm traceroute cache size entries

14. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

15. interface type number

16. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

17. exit

18. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

19. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

20. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
N-PE A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

CFM メンテナンス ドメインとレベルを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

CFM メンテナンス ドメインとレベルを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 8

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 9

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 10

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 11

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 12

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 13

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 14

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 15

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet3/0

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 16

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 17

exit

 

Router(config-if)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 18

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

CFM mep-up、mep-down、config、loop、cross-connect の各イベントに対する SNMP トラップの生成をイネーブルにします。

ステップ 19

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間のクロスチェック操作に関連して、イーサネット CFM 連続性チェック mep-unknown、mep-missing、および service-up の各イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 20

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

U-PE B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. exit

5. ethernet cfm domain domain-name level level-id

6. mep archive-hold-time minutes

7. exit

8. ethernet cfm domain domain-name level level-id

9. mep archive-hold-time minutes

10. exit

11. ethernet cfm global

12. ethernet cfm ieee

13. ethernet cfm traceroute cache

14. ethernet cfm traceroute cache size entries

15. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

16. interface type number

17. ethernet cfm mip level level-id

18. exit

19. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

20. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

21. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
U-PE B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 5

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 7

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 9

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 10

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 11

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 12

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 13

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 14

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 15

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 16

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet2/0

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 17

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

ステップ 18

exit

 

Router(config-if)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 19

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

CFM mep-up、mep-down、config、loop、cross-connect の各イベントに対する SNMP トラップの生成をイネーブルにします。

ステップ 20

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間のクロスチェック操作に関連して、イーサネット CFM 連続性チェック mep-unknown、mep-missing、および service-up の各イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 21

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

PE-AGG B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. mip auto-create [ lower-mep-only ]

6. exit

7. ethernet cfm global

8. ethernet cfm ieee

9. interface type number

10. ethernet cfm mip level level-id

11. interface type number

12. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

13. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
PE-AGG B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルでドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 8

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 9

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet1/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 10

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

ステップ 11

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet2/1

インターフェイスを指定します。

ステップ 12

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 13

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

N-PE B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. exit

6. ethernet cfm domain domain-name level level-id

7. mep archive-hold-time minutes

8. mip auto-create [ lower-mep-only ]

9. exit

10. ethernet cfm global

11. ethernet cfm ieee

12. ethernet cfm traceroute cache

13. ethernet cfm traceroute cache size entries

14. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

15. interface type number

16. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

17. exit

18. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

19. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

20. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
N-PE B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 8

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 9

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 10

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 11

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 12

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 13

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 14

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 15

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet1/2

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 16

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 17

exit

 

Router(config-if)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 18

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

CFM mep-up、mep-down、config、loop、cross-connect の各イベントに対する SNMP トラップの生成をイネーブルにします。

ステップ 19

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間のクロスチェック操作に関連して、イーサネット CFM 連続性チェック mep-unknown、mep-missing、および service-up の各イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 20

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

CE-B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. exit

6. ethernet cfm global

7. ethernet cfm ieee

8. ethernet cfm traceroute cache

9. ethernet cfm traceroute cache size entries

10. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

11. snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

12. snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

13. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
CE-B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id [ direction outward ]
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7 direction outward

指定されたレベルで外側向き CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 7

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 8

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 9

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 10

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 11

snmp-server enable traps ethernet cfm cc [ mep-up ] [ mep-down ] [ config ] [ loop ] [ cross-connect ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down config loop cross-connect

CFM mep-up、mep-down、config、loop、cross-connect の各イベントに対する SNMP トラップの生成をイネーブルにします。

ステップ 12

snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck [ mep-unknown | mep-missing | service-up ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-unknown

静的に設定された MEP と CCM 経由で取得された MEP の間のクロスチェック操作に関連して、イーサネット CFM 連続性チェック mep-unknown、mep-missing、および service-up の各イベントに対する SNMP トラップ生成をイネーブルにします。

ステップ 13

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

サービスのプロビジョニング

イーサネット CFM のサービスをセットアップするには、次のタスクを実行します。このタスクの完了後、オプションとしてクロスチェック機能を設定してイネーブルにすることができます。このオプションのタスクを実行する場合は、「クロスチェック機能の設定とイネーブル化」を参照してください。

手順の概要

CE-A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

5. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

6. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

7. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

8. exit

9. mep archive-hold-time minutes

10. exit

11. ethernet cfm global

12. ethernet cfm ieee

13. ethernet cfm traceroute cache

14. ethernet cfm traceroute cache size entries

15. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

16. interface type number

17. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

18. switchport

または

switchport mode trunk

19. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

20. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
CE-A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたメンテナンス レベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service Customer1 vlan 101 direction down

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 5

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 6

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 7

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 9

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 10

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 11

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 12

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 13

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 14

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 15

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 16

interface type number
 

Router(config)# interface ethernet 0/3

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 17

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 18

switchport

または

switchport mode trunk
 

Router(config-if)# switchport

 

または

Router(config-if)# switchport mode trunk

スイッチポートを指定するか、あるいはトランキング VLAN レイヤ 2 インターフェイスを指定します。

ステップ 19

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 20

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

U-PE A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. exit

5. exit

6. ethernet cfm domain domain-name level level-id

7. mep archive-hold-time minutes

8. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

9. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

10. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

11. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

12. exit

13. exit

14. ethernet cfm domain domain-name level level-id

15. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

16. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

17. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

18. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

19. mep archive-hold-time minutes

20. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

21. exit

22. ethernet cfm global

23. ethernet cfm ieee

24. ethernet cfm traceroute cache

25. ethernet cfm traceroute cache size entries

26. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

27. interface type number

28. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

29. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

30. interface type number

31. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

32. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
U-PE A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 8

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1 vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 9

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 10

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 11

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 12

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 13

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 14

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 15

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1OpA vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 16

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 17

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 18

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 19

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 20

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 21

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 22

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 23

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 24

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 25

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 26

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 27

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet3/2

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 28

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 7

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 29

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 30

interface type number
 
Router(config-if)# interface gigabitethernet 4/2

インターフェイスを指定します。

ステップ 31

ethernet cfm mip level level-id
 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 32

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

PE-AGG A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. mip auto-create [ lower-mep-only ]

6. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

7. exit

8. exit

9. ethernet cfm global

10. ethernet cfm ieee

11. interface type number

12. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

13. interface type number

14. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

15. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
PE-AGG A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

指定されたレベルでドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 6

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1OpA vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 9

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 10

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 11

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet3/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 12

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 13

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet4/1

インターフェイスを指定します。

ステップ 14

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 15

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

N-PE A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. mip auto-create [ lower-mep-only ]

6. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

7. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

8. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

9. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

10. exit

11. exit

12. ethernet cfm domain domain-name level level-id

13. mep archive-hold-time minutes

14. mip auto-create [ lower-mep-only ]

15. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

16. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

17. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

18. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

19. exit

20. exit

21. ethernet cfm global

22. ethernet cfm ieee

23. ethernet cfm traceroute cache

24. ethernet cfm traceroute cache size entries

25. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

26. interface type number

27. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

28. interface type number

29. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

30. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

31. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
N-PE A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 6

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1 vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 7

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 8

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 9

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 10

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 11

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 12

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorA level 1

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 13

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 14

mip auto-create [ lower-mep-only ]

 

Router(config-ecfm)# mip auto-create

メンテナンス ドメイン レベルで、MIP の動的作成をイネーブルにします。

ステップ 15

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1OpA vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 16

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 17

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 18

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 19

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 20

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 21

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 22

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 23

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 24

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 25

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 26

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet3/0

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 27

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 1

手動 MIP をプロビジョニングします。

これは、オプションの手動 MIP です。

ステップ 28

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet4/0

インターフェイスを指定します。

ステップ 29

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 4

手動 MIP をプロビジョニングします。

これは、オプションの手動 MIP です。

ステップ 30

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 31

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

U-PE B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. exit

5. ethernet cfm domain domain-name level level-id

6. mep archive-hold-time minutes

7. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

8. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

9. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

10. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

11. exit

12. exit

13. ethernet cfm domain domain-name level level-id

14. mep archive-hold-time minutes

15. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

16. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

17. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

18. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

19. exit

20. exit

21. ethernet cfm global

22. ethernet cfm ieee

23. ethernet cfm traceroute cache

24. ethernet cfm traceroute cache size entries

25. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

26. interface type number

27. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

28. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

29. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

30. interface type number

31. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

32. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
U-PE B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 5

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 7

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service Customer1 vlan 101 direction down

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 8

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 9

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 10

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 11

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 12

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 13

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 14

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 15

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1 vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 16

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 17

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 18

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 19

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 20

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 21

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 22

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 23

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 24

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 25

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 26

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet1/0

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 27

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 7

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 28

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 29

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 30

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet2/0

インターフェイスを指定します。

ステップ 31

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 32

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

PE-AGG B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

6. exit

7. exit

8. ethernet cfm global

9. ethernet cfm ieee

10. interface type number

11. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

12. interface type number

13. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

14. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
PE-AGG B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルでドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1 vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 9

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 10

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet1/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 11

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 12

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet2/1

インターフェイスを指定します。

ステップ 13

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 14

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

N-PE B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

6. exit

7. ethernet cfm domain domain-name level level-id

8. mep archive-hold-time minutes

9. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

10. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

11. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

12. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

13. exit

14. exit

15. ethernet cfm global

16. ethernet cfm ieee

17. ethernet cfm traceroute cache

18. ethernet cfm traceroute cache size entries

19. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

20. interface type number

21. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

22. interface type number

23. ethernet cfm mip level level-id (オプションの手動 MIP)

24. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

25. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
N-PE B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 

Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1 vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain OperatorB level 2

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 8

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 65

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 9

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service MetroCustomer1OpB vlan 101

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 10

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 11

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 12

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 13

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 14

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 15

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 16

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 17

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 18

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 19

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 20

interface type number

 

Router(config)# interface gigabitethernet1/2

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 21

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 2

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 22

interface type number

 

Router(config-if)# interface gigabitethernet2/2

インターフェイスを指定します。

ステップ 23

ethernet cfm mip level level-id

 

Router(config-if)# ethernet cfm mip level 4

手動 MIP をプロビジョニングします。

この手動 MIP の使用はオプションであり、自動 MIP 設定に変更することができます。

ステップ 24

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain Customer mpid 701 vlan 100

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 25

end

 

Router(config-if)#

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

手順の概要

CE-B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep archive-hold-time minutes

5. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

6. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

7. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

8. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

9. exit

10. exit

11. ethernet cfm global

12. ethernet cfm ieee

13. ethernet cfm traceroute cache

14. ethernet cfm traceroute cache size entries

15. ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

16. interface type number

17. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

18. switchport

または

switchport mode trunk

19. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

20. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
CE-B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id [ direction outward ]
 

Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7 direction outward

指定されたレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep archive-hold-time minutes

 

Router(config-ecfm)# mep archive-hold-time 60

存在しなくなった MEP が送信したデータが、連続性チェック データベースに保持される時間の長さ、またはエントリが、消去されるまでにエラー データベースに保持される時間を設定します。

ステップ 5

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]]

 

Router(config-ecfm)# service Customer1 vlan 101 direction down

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI を CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 6

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check

CCM の送信をイネーブルにします。

ステップ 7

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM 送信の送信間隔を設定します。

ステップ 8

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 10

リモート MEP がダウンしていると宣言するまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 9

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 10

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 11

ethernet cfm global

 

Router(config)# ethernet cfm global

デバイスの CFM 処理をグローバルにイネーブルにします。

ステップ 12

ethernet cfm ieee

 

Router(config)# ethernet cfm ieee

CFM の CFM IEEE バージョンをイネーブルにします。

このコマンドは、 ethernet cfm global コマンドを実行すると、自動的に実行されます。

ステップ 13

ethernet cfm traceroute cache

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache

traceroute メッセージによって取得された CFM データのキャッシュをイネーブルにします。

ステップ 14

ethernet cfm traceroute cache size entries

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache size 200

CFM traceroute キャッシュ テーブルの最大サイズを設定します。

ステップ 15

ethernet cfm traceroute cache hold-time minutes

 

Router(config)# ethernet cfm traceroute cache hold-time 60

CFM traceroute キャッシュ エントリが保持される時間の長さを設定します。

ステップ 16

interface type number
 

Router(config)# interface ethernet 0/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 17

ethernet cfm mep level level-id [ inward | outward domain domain-name ] mpid id vlan { any | vlan-id | ,vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }
 

Router(config-if)# ethernet cfm mep level 7 outward domain Customer mpid 701 vlan 100

インターフェイスをドメイン境界として設定します。

ステップ 18

switchport

または

switchport mode trunk
 

Router(config-if)# switchport

または

Router(config-if)# switchport mode trunk

スイッチポートを指定するか、あるいはトランキング VLAN レイヤ 2 インターフェイスを指定します。

ステップ 19

ethernet cfm mep level level-id [ inward | outward domain domain-name ] mpid id vlan { any | vlan-id | ,vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }
 

Router(config-if)# ethernet cfm mep level 7 outward domain Customer mpid 701 vlan 100

インターフェイスをドメイン境界としてプロビジョニングします。

ステップ 20

end

 

Router(config-if)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

クロスチェック機能の設定とイネーブル化

Up MEP に対してクロスチェックを設定してイネーブルにするには、次のタスクを実行します。このタスクでは、2 つのデバイス上にクロスチェックを設定してイネーブルにする必要があります。このタスクはオプションです。

Up MEP に対するクロスチェックの設定とイネーブル化

手順の概要

U-PE A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep crosscheck mpid id vlan vlan-id [ mac mac-address ]

5. end

6. ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay

7. exit

8. ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
U-PE A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 
Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep crosscheck mpid id vlan vlan-id [ mac mac-address ]
 

Router(config-ecfm)# mep crosscheck mpid 402 vlan 100

ドメイン内の指定された VLAN 上に、リモート MEP を静的に定義します。

ステップ 5

exit
 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay
 

Router(config)# ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60

クロスチェック操作が開始されるまでに、デバイスがリモート MEP のアップを待つ最大時間を設定します。

ステップ 7

exit
 

Router(config)# exit

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

 

Router# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100

ドメインに設定されたリモート MEP と、CCM 経由で取得した MEP の間のクロスチェックをイネーブルにします。

手順の概要

U-PE B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id?

4. mep crosscheck mpid id vlan vlan-id [ mac mac-address ]

5. exit

6. ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay

7. exit

8. ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
U-PE B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 
Router(config)# ethernet cfm domain ServiceProvider level 4

指定されたレベルで CFM ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep crosscheck mpid id vlan vlan-id [ mac mac-address ]
 

Router(config-ecfm)# mep crosscheck mpid 401 vlan 100

ドメイン内の指定された VLAN 上に、リモート MEP を静的に定義します。

ステップ 5

exit
 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay
 

Router(config)# ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60

クロスチェック操作が開始されるまでに、デバイスがリモート MEP のアップを待つ最大時間を設定します。

ステップ 7

exit
 

Router(config)# exit

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

 

Router# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100

ドメインに設定されたリモート MEP と、CCM 経由で取得した MEP の間のクロスチェックをイネーブルにします。

Down MEP に対するクロスチェックの設定とイネーブル化

手順の概要

CE-A

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep mpid mpid

5. exit

6. ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay

7. exit

8. ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
CE-A

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 
Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたレベルで CFM ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep mpid mpid
 

Router(config-ecfm)# mep mpid 702

メンテナンス アソシエーション内に、MEP を静的に定義します。

ステップ 5

exit
 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay
 

Router(config)# ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60

クロスチェック操作が開始されるまでに、デバイスがリモート MEP のアップを待つ最大時間を設定します。

ステップ 7

exit
 

Router(config)# exit

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

 

Router# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100

ドメインに設定されたリモート MEP と、CCM 経由で取得した MEP の間のクロスチェックをイネーブルにします。

手順の概要

CE-B

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. mep mpid mpid

5. exit

6. ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay

7. exit

8. ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的
 
CE-B

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id
 
Router(config)# ethernet cfm domain Customer level 7

指定されたレベルで外側向き CFM ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

mep mpid mpid
 

Router(config-ecfm)# mep mpid 702

メンテナンス アソシエーション内に、MEP を静的に定義します。

ステップ 5

exit
 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

ethernet cfm mep crosscheck start-delay delay
 

Router(config)# ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60

クロスチェック操作が開始されるまでに、デバイスがリモート MEP のアップを待つ最大時間を設定します。

ステップ 7

exit
 

Router(config)# exit

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ステップ 8

ethernet cfm mep crosscheck { enable | disable } domain domain-name { port | vlan { vlan-id | vlan-id - vlan-id | , vlan-id - vlan-id }}

 

Router# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100

ドメインに設定されたリモート MEP と、CCM 経由で取得した MEP の間のクロスチェックをイネーブルにします。

Up MEP でのクロスチェックの設定

U-PE A
ethernet cfm domain ServiceProvider level 4
mep mpid 402
!
ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60
 
U-PE B
ethernet cfm domain ServiceProvider level 4
mep mpid 401
!
ethernet cfm mep crosscheck start-delay 60

Up MEP でのクロスチェックのイネーブル化

U-PE A
U-PEA# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100
 
U-PE B
U-PEB# ethernet cfm mep crosscheck enable domain cust4 vlan 100

イーサネット OAM 802.3ah と CFM の相互作用の設定

イーサネット OAM が CFM と連携して機能するには、EVC と OAM マネージャを設定し、EVC を CFM に関連付ける必要があります。加えて、OAM マネージャとの相互作用を行う場合は、Up MEP を使用する必要があります。

OAM マネージャの設定


) UNI サービス タイプ、EVC、イーサネット サービス インスタンス、または CE-VLAN 設定を設定、変更、または削除する場合、すべての設定で、UNI サービス タイプが EVC の設定と一致し、イーサネット サービスインスタンスが CE-VLAN の設定と一致していることを確認します。これらのペアが一致していない場合、設定が拒否されます。


PE デバイス上に OAM マネージャを設定するには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]

5. exit

6. exit

7. ethernet evc evc-id

8. oam protocol { cfm svlan svlan-id domain domain-name | ldp }

9. exit

10. OAM マネージャがモニタリングする別の CFM ドメインを定義するには、ステップ 3 ~ 9 を繰り返します。

11. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain cstmr1 level 3

CFM ドメインを定義し、ドメイン レベルを設定し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]

 

Router(config-ecfm)# service vlan-id 10

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI をイーサネット CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet evc evc-id

 

Router(config)# ethernet evc 50

EVC を指定し、CLI を EVC コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 8

oam protocol { cfm svlan svlan-id domain

domain-name | ldp }

 

Router(config-evc)# oam protocol cfm svlan 10 domain cstmr1

OAM プロトコルを設定します。

ステップ 9

exit

 

Router(config-evc)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 10

OAM マネージャがモニタリングする別の CFM ドメインを定義するには、ステップ 3 ~ 9 を繰り返します。

--

ステップ 11

end

 

Router(config)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

イーサネット OAM のイネーブル化

設定は、グローバルおよびインターフェイス コンフィギュレーション コマンドが実行される順序によって決まります。最後に実行されたコマンドが優先されます。

デバイス上またはインターフェイス上でイーサネット OAM をイネーブルにするには、次のタスクを実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. switchport

5. ethernet oam [ max-rate oampdus | min-rate num-seconds | mode { active | passive } | timeout seconds ]

6. ethernet oam remote-loopback { supported | timeout ]

7. ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

8. service instance id ethernet [ evc-name ]

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1/3

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

switchport
 

Router(config-if)# switchport

スイッチポートを設定します。

ステップ 5

ethernet oam [ max-rate oampdus | min-rate num-seconds | mode { active | passive } | timeout seconds ]

 

Router(config-if)# ethernet oam max-rate 50

インターフェイス上でイーサネット OAM をイネーブルにします。

ステップ 6

ethernet oam remote-loopback { supported | timeout seconds }

 

Router(config-if)# ethernet oam remote-loopback supported

インターフェイス上でイーサネット リモート ループバックをイネーブルにするか、ループバック タイムアウト時間を設定します。

ステップ 7

ethernet cfm mep domain domain-name mpid mpid { port | vlan vlan-id }

 

Router(config-if)# ethernet cfm mep domain cstmr1 mpid 33 vlan 10

ポートをメンテナンス ドメインの内側として設定し、MEP として定義します。

ステップ 8

service instance id ethernet [ evc-name ]

 

Router(config-if)# service instance 1 ethernet evc1

イーサネット サービス インスタンスを設定し、CLI をイーサネット CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 9

end

 

Router(config-ecfm-srv)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ブリッジ ドメインに対する CFM の設定

ブリッジ ドメインに対してイーサネット CFM を設定するには、次のタスクを実行します。このタスクはオプションです。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ethernet cfm domain domain-name level level-id

4. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan-id vlan-id [ direction down ]]

5. exit

6. exit

7. ethernet cfm domain domain-name level level-id

8. exit

9. ethernet cfm domain domain-name level level-id

10. service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan-id vlan-id [ direction down ]]

11. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

12. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

13. continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

14. mep mpid mpid

15. exit

16. ethernet evc evc-name

17. exit

18. interface type number

19. no ip address

20. service instance id ethernet [ evc-name ]

21. encapsulation dot1q vlan-id

22. bridge-domain bridge-id

23. cfm mep domain domain-name mpid mpid-value

24. end

25. configure terminal

26. interface type number

27. no ip address

28. service instance id ethernet [ evc-name ]

29. encapsulation dot1q vlan-id

30. bridge-domain bridge-id

31. cfm mep domain domain-name mpid mpid-value

32. cfm mip level level-id

33. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 
Router(config)# ethernet cfm domain CUSTOMER level 7

特定のレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 4

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]

 

Router(config-ecfm)# service s1 evc e1 vlan 10

または

Router(config-ecfm)# service s1 evc e1

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI をイーサネット CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config-ecfm)#

CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 7

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain MIP level 7

特定のレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 8

exit

 

Router(config-ecfm)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 9

ethernet cfm domain domain-name level level-id

 

Router(config)# ethernet cfm domain PROVIDER level 4

特定のレベルで CFM メンテナンス ドメインを定義し、CLI をイーサネット CFM コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 10

service { ma-name | ma-num | vlan-id vlan-id | vpn-id vpn-id } [ port | vlan vlan-id [ direction down ]

 

Router(config-ecfm)# service vlan-id 10

メンテナンス ドメイン内にメンテナンス アソシエーションを設定し、CLI をイーサネット CFM サービス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 11

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check interval 10s

CCM の送信をイネーブルにします。

メッセージの送信間隔を設定します。

ステップ 12

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check loss-threshold 5

CCM の送信をイネーブルにします。

リモート MEP のダウンが宣言されるまでに、到着しなかった CCM の数を設定します。

ステップ 13

continuity-check [ interval time | loss-threshold threshold | static rmep ]

 

Router(config-ecfm-srv)# continuity-check static rmep

CCM の送信をイネーブルにします。

CCM で受信された MEP が有効であることを確認します。

ステップ 14

mep mpid mpid

 

Router(config-ecfm-srv)# mep mpid 200

メンテナンス アソシエーション内に、MEP を静的に定義します。

ステップ 15

exit

 

Router(config-ecfm-srv)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 16

ethernet evc evc-name

 

Router(config)# ethernet evc evc_100

EVC を指定し、CLI を EVC コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 17

exit

 

Router(config-evc)# exit

Router(config)#

CLI をグローバル コンフィギュレーション モードに戻します。

ステップ 18

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet 1/0

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 19

no ip address

 

Router(config-if)# no ip address

IP 処理をディセーブルにします。

ステップ 20

service instance id ethernet [ evc-name ]

 

Router(config-if)# service instance 100 ethernet evc_100

インターフェイス上でイーサネット サービス インスタンスを指定し、CLI をサービス インスタンス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 21

encapsulation dot1q vlan-id

 

Router(config-if-srv)# encapsulation dot1q 100

入力インターフェイス上の 802.1Q フレームを適切なサービス インスタンスにマッピングする一致条件を定義します。

ステップ 22

bridge-domain bridge-id

 

Router(config-if-srv)# bridge-domain 100

ブリッジ ドメインを確立します。

ステップ 23

cfm mep domain domain-name mpid mpid-value

 

Router(config-if-srv)# cfm mep domain CUSTOMER mpid 1001

ドメインに対して MEP を設定します。

ステップ 24

end

 

Router(config-if-srv)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

ステップ 25

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 26

interface type name

 

Router(config)# interface Ethernet 1/1

インターフェイスを指定し、CLI をインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 27

no ip address

 

Router(config-if)# no ip address

IP 処理をディセーブルにします。

ステップ 28

service instance id ethernet [ evc-name ]

 

Router(config-if)# service instance 100 ethernet evc_100

インターフェイス上にイーサネット サービス インスタンスを設定し、CLI をサービス インスタンス コンフィギュレーション モードにします。

ステップ 29

encapsulation dot1q vlan-id

 

Router(config-if-srv)# encapsulation dot1q 100

入力インターフェイス上の 802.1Q フレームを適切なサービス インスタンスにマッピングする一致条件を定義します。

ステップ 30

bridge-domain bridge-id

 

Router(config-if-srv)# bridge-domain 100

ブリッジ ドメインを確立します。

ステップ 31

cfm mep domain domain-name mpid mpid-value

 

Router(config-if-srv)# cfm mep domain PROVIDER mpid 201

ドメインに対して MEP を設定します。

ステップ 32

cfm mip level level-id

 

Router(config-if-srv)# cfm mip level 4

指定されたレベルで、MIP を設定します。

ステップ 33

end

 

Router(config-if-srv)# end

Router#

CLI を特権 EXEC モードに戻します。

トラブルシューティングのヒント

障害を確認して分離するには、まず最上位レベルのメンテナンス ドメインで次の手順を実行します。

1. デバイスのエラー ステータスをチェックします。

2. エラーが存在する場合、ループバック テストを実行してエラーを確認します。

3. 宛先まで traceroute を実行して、障害を分離します。

4. 障害が特定されたら、障害を修正します。

5. 障害が特定できない場合は、次の下位メンテナンス ドメインに移動し、手順 1 ~ 4 をそのメンテナンス ドメイン レベルで繰り返します。

6. 必要に応じて最初の 4 つの手順を繰り返し、障害を特定して修正します。

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する設定例

次に、ネットワークのプロビジョニングとサービスのプロビジョニングの例を示します。

「ネットワークのプロビジョニング:例」

「サービスのプロビジョニング:例」

ネットワークのプロビジョニング:例

この設定例では、CFM 関連のコマンドのみを示します。デバイス上にデータ パスをセットアップしたり、VLAN を設定したりするために必要なすべてのコマンドが示されているわけではありません。しかし、VLAN が正しく設定されていなければ、デバイスとの間で CFM トラフィックを送受信できないので注意してください。

CE-A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm mip auto-create level 7 vlan 1-4094
!
interface gigabitethernet3/2
ethernet cfm mip level 7 vlan 101 <<<< Manual MIP
ethernet cfm mep domain ServiceProvider-L4 mpid 401 vlan 101
ethernet cfm mep domain OperatorA-L1 mpid 101 vlan 101
!
interface gigabitethernet4/2
ethernet cfm mip level 1 vlan 101 <<<< Manual MIP
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up
 
U-PE A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm domain OperatorA-L1 level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
!
interface gigabitethernet3/1
ethernet cfm mip level 1 vlan 101 <<<< Manual MIP
!
interface gigabitethernet4/1
ethernet cfm mip level 1 <<<< Manual MIP
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up
 
PE-AGG A
 
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm domain OperatorA-L1 level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
!
interface gigabitethernet3/1
ethernet cfm mip level 1 vlan 101 <<<< Manual MIP
!
interface gigabitethernet4/1
ethernet cfm mip level 1 <<<< Manual MIP
 
N-PE A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain ServiceProvider-L4 level 4
mep archive-hold-time 60
mip auto-create
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorA level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet3/0
ethernet cfm mip level 1 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet4/0
ethernet cfm mip level 4 <<<< manual MIP
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up
 
U-PE B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain Customer-L7 level 7
mip auto-create
service Customer1 vlan 101 direction down
!
ethernet cfm domain ServiceProvider-L4 level 4
mep archive-hold-time 60
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorB level 2
mip auto-create
mep archive-hold-time 65
service MetroCustomer1OpB vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet1/0
ethernet cfm mip level 7 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet2/0
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up
 
PE-AGG B
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm domain OperatorB level 2
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpB vlan 101
!
interface gigabitethernet1/1
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet2/1
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
 
N-PE B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain ServiceProvider level 4
mep archive-hold-time 60
mip auto-create
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorB level 2
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpB vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet1/2
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet2/2
ethernet cfm mip level 4 <<<< manual MIP
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up
 
CE-B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain Customer-L7 level 7
service Customer1 vlan 101 direction down
continuity-check
!
snmp-server enable traps ethernet cfm cc mep-up mep-down cross-connect loop config
snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck mep-missing mep-unknown service-up

サービスのプロビジョニング:例

CE-A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain Customer-L7 level 7
service Customer1 vlan 101 direction down
continuity-check
!
interface gigabitethernet3/2
ethernet cfm mep domain Customer-L7 mpid 701 vlan 101
 
U-PE A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm mip auto-create level 7 vlan 1-4094
!
ethernet cfm domain ServiceProvider-L4 level 4
mep archive-hold-time 60
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorA-L1 level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet3/2
ethernet cfm mip level 7 vlan 101 <<<< Manual MIP
ethernet cfm mep domain ServiceProvider-L4 mpid 401 vlan 101
ethernet cfm mep domain OperatorA-L1 mpid 101 vlan 101
!
interface gigabitethernet4/2
ethernet cfm mip level 1 vlan 101 <<<< Manual MIP
 
 
PE-AGG A
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm domain OperatorA-L1 level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
!
interface gigabitethernet3/1
ethernet cfm mip level 1 vlan 101 <<<< Manual MIP
!
interface gigabitethernet4/1
ethernet cfm mip level 1 <<<< Manual MIP
 
N-PE A
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
!
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain ServiceProvider-L4 level 4
mep archive-hold-time 60
mip auto-create
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorA level 1
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpA vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet3/0
ethernet cfm mip level 1 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet4/0
ethernet cfm mip level 4 <<<< manual MIP
ethernet cfm mep domain OperatorA mpid 102 vlan 101
 
U-PE B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain Customer-L7 level 7
mip auto-create
service Customer1 vlan 101 direction down
!
ethernet cfm domain ServiceProvider-L4 level 4
mep archive-hold-time 60
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorB level 2
mep archive-hold-time 65
service MetroCustomer1OpB vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet1/0
ethernet cfm mip level 7 <<<< manual MIP
ethernet cfm mep domain ServiceProvider-L4 mpid 402 vlan 101
ethernet cfm mep domain OperatorB mpid 201 vlan 101
!
interface gigabitethernet2/0
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
 
N-PE B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain ServiceProvider level 4
mep archive-hold-time 60
mip auto-create
service MetroCustomer1 vlan 101
continuity-check
!
ethernet cfm domain OperatorB level 2
mep archive-hold-time 65
mip auto-create
service MetroCustomer1OpB vlan 101
continuity-check
!
interface gigabitethernet1/2
ethernet cfm mip level 2 <<<< manual MIP
!
interface gigabitethernet2/2
ethernet cfm mip level 4 <<<< manual MIP
ethernet cfm mep domain OperatorB mpid 202 vlan 101
 
CE-B
!
ethernet cfm global
ethernet cfm ieee
ethernet cfm traceroute cache
ethernet cfm traceroute cache size 200
ethernet cfm traceroute cache hold-time 60
!
ethernet cfm domain Customer-L7 level 7
service Customer1 vlan 101 direction down
continuity-check
!
interface gigabitethernet3/2
ethernet cfm mep domain Customer-L7 mpid 702 vlan 101

その他の参考資料

次の各項では、サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関連する参考資料を示します。

関連資料

関連トピック
参照先

CFM コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項および例

『Cisco IOS Carrier Ethernet Command Reference』

Cisco IOS コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項および例を記載したコマンド リスト

『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

サービス プロバイダー ネットワークでのイーサネット接続障害管理の設定(Cisco pre-Standard CFM Draft 1)

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の 「Configuring Ethernet Connectivity Fault Management in a Service Provider Network」 モジュール

プロバイダー エッジ デバイス上のイーサネット ローカル管理インターフェイス

Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の 「Configuring Ethernet Local Management Interface on a Provider Edge Device」 モジュール

IP SLA for Metro Ethernet

『IP SLAs for Metro Ethernet』

NSF/SSO および MPLS

『NSF/SSO - MPLS LDP and LDP Graceful Restart』

ISSU 機能

『Cisco IOS Broadband High Availability In Service Software Upgrade』

ISSU の実行

『Cisco IOS In Service Software Upgrade Process and Enhanced Fast Software Upgrade Process』

SSO

Cisco IOS High Availability Configuration Guide 』の「 Stateful Switchover 」の章

規格

標準
タイトル

IEEE 802.1ag 規格

『802.1ag - Connectivity Fault Management』

IEEE 802.3ah

『IEEE 802.3ah Ethernet in the First Mile』

IETF VPLS OAM

『L2VPN OAM Requirements and Framework』

ITU-T

『ITU-T Y.1731 OAM Mechanisms for Ethernet-Based Networks』

MIB

MIB
MIB リンク

CISCO-ETHER-CFM-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された規格はありません。また既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE イーサネット CFM の設定に関する機能情報

表 1 は、この機能のリリース履歴です。

ここに記載されていないこのテクノロジーの機能情報については、『 Cisco IOS Carrier Ethernet Features Roadmap 』を参照してください。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースでもサポートされます。


 

表 1 サービス プロバイダー ネットワークでの IEEE CFM の設定に関する機能情報

機能名
リリース
機能情報

802.1ag - IEEE D8.1 標準準拠 CFM、Y.1731 マルチキャスト LBM / AIS / RDI / LCK、IP SLA for Ethernet

12.2(33)SXI2
15.1(1)T

イーサネット CFM は、サービスインスタンスごとのエンドツーエンド イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。CFM には、大規模イーサネット MAN および WAN の予防的な接続モニタリング、障害検証、および障害分離の機能が含まれています。

この機能は、Cisco IOS ソフトウェアでの IEEE 802.1ag 標準準拠 CFM(IEEE CFM)の実装です。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「IEEE CFM」

「カスタマー サービス インスタンス」

「メンテナンス ドメイン」

「メンテナンス ポイント」

「CFM メッセージ」

「クロスチェック機能」

「SNMP トラップ」

「CFM ドメインの設計」

「IEEE イーサネット CFM の設定」

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 alarm c lear ethernet cfm errors clear ethernet cfm maintenance-points remote clear ethernet cfm statistics clear ethernet cfm traceroute-cache continuity-check cos (CFM)、 debug cfm debug ethernet cfm all debug ethernet cfm diagnostic debug ethernet cfm error debug ethernet cfm events debug ethernet cfm ha debug ethernet cfm packets ethernet cfm alarm ethernet cfm cc ethernet cfm domain level ethernet cfm global ethernet cfm ieee ethernet cfm interface ethernet cfm logging ethernet cfm mep crosscheck ethernet cfm mep crosscheck start-delay ethernet cfm mep domain mpid ethernet cfm mip ethernet cfm mip level ethernet cfm traceroute cache ethernet cfm traceroute cache hold-time , ethernet cfm traceroute cache size id (CFM)、 maximum meps mep archive-hold-time mep mpid mip auto-create mip auto-create (cfm-srv)、 ping ethernet sender-id sender-id (cfm-srv)、 service show ethernet cfm domain show ethernet cfm errors show ethernet cfm maintenance-points local show ethernet cfm maintenance-points remote show ethernet cfm maintenance-points remote detail show ethernet cfm mpdb show ethernet cfm statistics show ethernet cfm traceroute-cache snmp-server enable traps ethernet cfm cc snmp-server enable traps ethernet cfm crosscheck traceroute ethernet

IEEE 802.1ag-2007 準拠 CFM:ブリッジ ドメインのサポート

12.2(33)SRE

この機能は、Cisco IOS ソフトウェアで IEEE 802.1ag 標準準拠 CFM のブリッジ ドメインをサポートします。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「IEEE CFM のブリッジ ドメインのサポート」

「ブリッジ ドメインに対する CFM の設定」

次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 cfm encapsulation cfm mep domain debug ethernet cfm all debug ethernet cfm events debug ethernet cfm packets ethernet cfm mep crosscheck service evc show ethernet cfm maintenance-points remote crosscheck show ethernet cfm maintenance-points remote detail

用語集

CCM :Continuity Check Message(連続性チェック メッセージ)。MEP が定期的に送信するマルチキャスト CFM フレームで、これにより CCM が送信される MA レベルにおいて、送信側 MEP が属するメンテナンス エンティティ全体の連続性が確認されます。CCM の受信に対する応答は行われません。

EVC :Ethernet Virtual Connection(イーサネット仮想接続)。複数のユーザ ネットワーク インターフェイスのアソシエーションです。

MCL :Maximum Configured Level。Up MEP、Down MEP、または MIP の最上位レベル(0 ~ 7)。この値は、VLAN またはブリッジ ドメインのサービスごとに保存されます。

MEP :Maintenance Endpoint(メンテナンス エンドポイント)。アクティブに管理される CFM エンティティ。サービス インスタンスの特定の DSAP に関連付けられ、CFM フレームの生成や受信、および応答の追跡を行うことができます。単一の MA のエンドポイントであり、同じ MA 内の他の各 MEP に代わって、別のメンテナンス エンティティを終端します。

MEP CCDB :すべての MEP が、メンテナンス ドメイン内の他の MEP に関して受信された情報を維持するために持っているデータベース。

MIP :Maintenance Intermediate Point(メンテナンス中間ポイント)。特定の ISS SAP または EISS Service Access Point に関連付けられた CFM エンティティです。CFM フレームに反応および対応します。1 つの MA に関連付けられた、1 つまたは複数のメンテナンス エンティティ内の中間ポイントです。

MIP CCDB :メンテナンス ドメインの MEP に関する情報のデータベース。MIP CCDB は、MIP によって管理されます。

MP :Maintenance Point(メンテナンス ポイント)。MEP または MIP のいずれかです。

MPID :Maintenance Endpoint Identifier(メンテナンス エンドポイント ID)。特定の MEP を識別するための、対象の MA で一意の小さな整数です。

OAM :Operations, Administration, and Maintenance(運用管理および保守)。複数の標準化団体が、運用管理および保守に関するプロトコルと手順を説明するために使用する用語です。たとえば、ATM OAM や IEEE 標準 802.3ah OAM のように使用されます。

UNI :User-Network Interface(ユーザ ネットワーク インターフェイス)。カスタマーの機器に接続されているオペレータのブリッジ部分を表す一般用語。UNI には、多くの場合 C-VLAN 対応のブリッジ コンポーネントが含まれます。UNI という用語は、IEEE P802.1ag/D1.0 標準で、CFM の多様な機能の目的を説明する場合に広く使用されます。UNI には、標準的な意味はありません。

Up MEP :ブリッジ内に存在し、ブリッジ リレー エンティティ方向に CFM メッセージを送受信する MEP。

オペレータ :サービス プロバイダーに対し、プロバイダー ブリッジの単一のネットワーク、または単一のレイヤ 2 または レイヤ 3 バックボーン ネットワークを提供するエンティティ。オペレータは、サービス プロバイダーと同一の組織、または同じ組織の一部であってもかまいません。IEEE P802.1ag/D1.0、『Draft Standard for Local and Metropolitan Area Networks』では、オペレータとサービス プロバイダーは、別の組織だと想定されています。

「カスタマー」、「サービス プロバイダー」、「オペレータ」という用語は、IEEE P802.1ag/D1.0 に従って実装された機器を使用する、組織や個人の間のビジネス関係を反映しています。

障害アラーム :システム管理者に接続障害を通知するアウトオブバンド シグナル。通常は SNMP 通知です。

設定エラー リスト :MEP の作成時または削除時に、情報を記録する目的で、設定エラーを書き留めるためのリスト。この情報は、 show ethernet cfm コマンドで表示されます。

メンテナンス ドメイン :接続障害の管理対象として 1 つの管理に属するネットワークまたはネットワークの一部。メンテナンス ドメインの境界は、一連の Destination Service Access Point(DSAP)によって定義されます。各 DSAP はサービス インスタンスの接続ポイントになることができます。

メンテナンス ドメイン名 :CFM が、サービス インスタンスの偶発的連結を防止する、ドメインの一意の ID。