IP SLA コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.1S
Cisco IOS IP SLA 機能のロードマップ
Cisco IOS IP SLA 機能のロードマップ
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS IP SLA 機能のロードマップ

Cisco IOS IP SLA 機能のロードマップ

この機能ロードマップでは、『Cisco IOS IP SLA コンフィギュレーション ガイド』に記載されている Cisco IOS 機能を一覧化し、各機能の参照先がわかるようにしています。ロードマップは、お使いのリリースで使用できる機能を参照できるように編成されています。お探しの機能名を検索し、「参照先」列に記載されている URL をクリックして、機能の説明が記載されているマニュアルにアクセスしてください。

機能とリリース サポート

表 1 に、次の Cisco IOS ソフトウェア群をサポートする IP SLA 機能を示します。

Cisco IOS XE 3SG

Cisco IOS Release 15.0S

Cisco IOS Release 15.1T

Cisco IOS Release 12.4T

Cisco IOS Release 12.2SX

Cisco IOS Release 12.2SR

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator により、どの Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージが特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートするか調べることができます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 1 に、リリース内の機能をアルファベット順で示します。

 

表 1 サポートされている Cisco IOS IP SLA の機能

リリース
機能名
機能の説明
参照先
Cisco IOS Release 12.2SR

12.2SR

概要

Cisco IOS IP SLA テクノロジーの概要。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

12.2SR

DHCP 動作

Cisco IOS IP SLA の Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと DHCP サーバの間で IP アドレスを取得するためのネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dhcp.html

12.2SR

DNS 動作

Cisco IOS IP SLA Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作を使用すると、DNS 要求の送信に要する時間と応答の受信に要する時間の差異を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dns.html

12.2SR

イーサネット動作

Metro-Ethernet 用 Cisco IOS IP SLA 機能を使用すると、イーサネットレイヤのネットワーク パフォーマンス メトリックを収集できます。IP SLA イーサネット動作で使用可能な統計情報の測定には、ラウンドトリップ時間、ジッタ(パケット間の遅延のばらつき)、パケット損失があります。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_metro_ethernet.html

12.2SR

FTP 動作

Cisco IOS IP SLA File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと FTP サーバの間でファイルを取得するためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_ftp.html

12.2SR

HTTP 動作

Cisco IOS IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作を使用すると、Web ページを取得する場合のシスコ デバイスと HTTP サーバの間のネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_http.html

12.2SR

ICMP エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

12.2SR

ICMP パス エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドおよびホップバイホップのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathecho.html

12.2SR

ICMP パス ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作を使用すると、ホップバイホップ ジッタ(パケット内遅延の分散)を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathjitter.html

12.2SR

IPv6 用 IP SLA

IPv6 に対しては、Cisco IOS IP SLA UDP ジッタ動作、UDP エコー動作、ICMP エコー動作、および TCP 接続動作がサポートされています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipv6/configuration/guide/ip6-mng_apps.html

12.2SR

LSP ヘルス モニタ

Cisco IOS IP SLA Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ機能を使用すると、レイヤ 3 Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を予防的にモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

12.2SR

LSP ヘルス モニタ(LSP ディスカバリあり)

IP SLA のこの LSP ヘルス モニタ拡張機能により、参加している Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間のすべての LSP に対して、コントロール プレーンおよびデータ プレーン内での自動化されたエンドツーエンド検証が提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

12.2SR

複数動作スケジューラ

IP SLA 複数動作スケジューラ機能を使用すると、単一のコマンドを使用して複数の IP SLA 動作をスケジューリングできるため、スケーラビリティの高いインフラストラクチャが Cisco IOS IP SLA に提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html

12.2SR

予防的しきい値モニタリング

Cisco IOS IP SLA 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

12.2SR

TCP 接続動作

Cisco IOS IP SLA の Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間の、TCP 接続動作の実行に要するネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

12.2SR

UDP エコー動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

12.2SR

UDP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作を使用すると、UDP トラフィックを伝送するネットワーク内におけるラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

12.2SR

UDP VoIP 動作

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)UDP ジッタ動作を使用すると、ネットワーク内の VoIP 品質レベルを予防的にモニタし、ユーザに VoIP レベルを保証できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter_voip.html

12.2SR

VCCV 動作

Cisco IOS IP SLA VCCV 動作は、MPLS ネットワーク経由の Pseudo-Wire Emulation Edge-to-Edge(PWE3)サービスに対する Virtual Circuit Connectivity Verification(VCCV; 仮想回線接続性検証)をサポートします。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

Cisco IOS Release 12.2SX

12.2SX

概要

Cisco IOS IP SLA テクノロジーの概要。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

12.2SX

DHCP 動作

Cisco IOS IP SLA の Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと DHCP サーバの間で IP アドレスを取得するためのネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dhcp.html

12.2SX

DNS 動作

Cisco IOS IP SLA Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作を使用すると、DNS 要求の送信に要する時間と応答の受信に要する時間の差異を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dns.html

12.2SX

FTP 動作

Cisco IOS IP SLA File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと FTP サーバの間でファイルを取得するためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_ftp.html

12.2SX

HTTP 動作

Cisco IOS IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作を使用すると、Web ページを取得する場合のシスコ デバイスと HTTP サーバの間のネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_http.html

12.2SX

ICMP エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

12.2SX

ICMP パス エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドおよびホップバイホップのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathecho.html

12.2SX

ICMP パス ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作を使用すると、ホップバイホップ ジッタ(パケット内遅延の分散)を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathjitter.html

12.2SX

LSP ヘルス モニタ

Cisco IOS IP SLA Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ機能を使用すると、レイヤ 3 Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を予防的にモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

12.2SX

複数動作スケジューラ

IP SLA 複数動作スケジューラ機能を使用すると、単一のコマンドを使用して複数の IP SLA 動作をスケジューリングできるため、スケーラビリティの高いインフラストラクチャが Cisco IOS IP SLA に提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html

12.2SX

予防的しきい値モニタリング

Cisco IOS IP SLA 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

12.2SX

TCP 接続動作

Cisco IOS IP SLA の Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間の、TCP 接続動作の実行に要するネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

12.2SX

UDP エコー動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

12.2SX

UDP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作を使用すると、UDP トラフィックを伝送するネットワーク内におけるラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

12.2SX

UDP VoIP 動作

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)UDP ジッタ動作を使用すると、ネットワーク内の VoIP 品質レベルを予防的にモニタし、ユーザに VoIP レベルを保証できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter_voip.html

Cisco IOS Release 12.4T

12.4T

概要

Cisco IOS IP SLA テクノロジーの概要。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

12.4T

DHCP 動作

Cisco IOS IP SLA の Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと DHCP サーバの間で IP アドレスを取得するためのネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dhcp.html

12.4T

DLSw+ 動作

Cisco IOS IP SLA Data Link Switching Plus(DLSw+)動作を使用すると、DLSw+ ピア間の DLSw+ プロトコル スタックおよびネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dlsw.html

12.4T

DNS 動作

Cisco IOS IP SLA Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作を使用すると、DNS 要求の送信に要する時間と応答の受信に要する時間の差異を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dns.html

12.4T

イーサネット動作

Metro-Ethernet 用 Cisco IOS IP SLA 機能を使用すると、イーサネットレイヤのネットワーク パフォーマンス メトリックを収集できます。IP SLA イーサネット動作で使用可能な統計情報の測定には、ラウンドトリップ時間、ジッタ(パケット間の遅延のばらつき)、パケット損失があります。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_metro_ethernet.html

12.4T

FTP 動作

Cisco IOS IP SLA File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと FTP サーバの間でファイルを取得するためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_ftp.html

12.4T

HTTP 動作

Cisco IOS IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作を使用すると、Web ページを取得する場合のシスコ デバイスと HTTP サーバの間のネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_http.html

12.4T

ICMP エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

12.4T

ICMP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)ジッタ動作を使用すると、Cisco IOS デバイス(送信元)とその他の IP デバイス(宛先)の間でネットワーク パフォーマンスに関する統計情報を収集するための ICMP パケットのストリームを生成できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_jitter.html

12.4T

ICMP パス エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドおよびホップバイホップのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathecho.html

12.4T

ICMP パス ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作を使用すると、ホップバイホップ ジッタ(パケット内遅延の分散)を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathjitter.html

12.4T

IPv6 用 IP SLA

IPv6 に対しては、Cisco IOS IP SLA UDP ジッタ動作、UDP エコー動作、ICMP エコー動作、および TCP 接続動作がサポートされています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipv6/configuration/guide/ip6-mng_apps.html

12.4T

LSP ヘルス モニタ

Cisco IOS IP SLA Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ機能を使用すると、レイヤ 3 Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を予防的にモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

12.4T

複数動作スケジューラ

IP SLA 複数動作スケジューラ機能を使用すると、単一のコマンドを使用して複数の IP SLA 動作をスケジューリングできるため、スケーラビリティの高いインフラストラクチャが Cisco IOS IP SLA に提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html

12.4T

予防的しきい値モニタリング

Cisco IOS IP SLA 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

12.4T

RTP ベースの VoIP 動作

IP SLA の Real-Time Transport Protocol(RTP)ベースの Voice over IP(VoIP)動作を使用すると、テスト コールのセットアップとスケジューリングを行い、音声ゲートウェイの Digital Signal Processor(DSP; デジタル信号プロセッサ)を使用してそのコールに関するネットワーク パフォーマンス関連の統計情報を収集できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_rtp_voip.html

12.4T

TCP 接続動作

Cisco IOS IP SLA の Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間の、TCP 接続動作の実行に要するネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

12.4T

UDP エコー動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

12.4T

UDP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作を使用すると、UDP トラフィックを伝送するネットワーク内におけるラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

12.4T

UDP VoIP 動作

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)UDP ジッタ動作を使用すると、ネットワーク内の VoIP 品質レベルを予防的にモニタし、ユーザに VoIP レベルを保証できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter_voip.html

12.4T

VoIP コール セットアップ(ポスト ダイヤル遅延)のモニタリング

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)コール セットアップ動作を使用すると、VoIP コールをセットアップするためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_call_setup.html

12.4T

VoIP ゲートキーパー遅延のモニタリング

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)ゲートキーパー登録遅延動作を使用すると、VoIP ゲートウェイから VoIP ゲートキーパー デバイスへの登録試行に要するネットワーク応答時間の平均、中央値、または総計を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_gatekpr_voip.html

Cisco IOS Release 15.1T

15.1T

Cisco IP SLA エンジン 3.0

Cisco IOS IP SLA エンジン 3.0 の自動 IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)機能には、自動測定グループ、自動登録、および自動の IP SLA 動作に関する QoS のアクティブ測定のサポートが含まれます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_auto_ipslas.html

Cisco IOS Release 15.0S

15.0(1)S

DHCP 動作

Cisco IOS IP SLA の Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと DHCP サーバの間で IP アドレスを取得するためのネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dhcp.html

統計情報の配信

IP SLA の統計情報の配信機能では、同様のメトリックを利用するデータ配信をグループ化して、Cisco IOS デバイスに保存できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

DLSw+ 動作

Cisco IOS IP SLA Data Link Switching Plus(DLSw+)動作を使用すると、DLSw+ ピア間の DLSw+ プロトコル スタックおよびネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dlsw.html

DNS 動作

Cisco IOS IP SLA Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作を使用すると、DNS 要求の送信に要する時間と応答の受信に要する時間の差異を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dns.html

FTP 動作

Cisco IOS IP SLA File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと FTP サーバの間でファイルを取得するためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_ftp.html

履歴統計情報

Cisco IOS IP SLA には、次に示す 3 つのタイプの履歴統計情報が保持されます。

集約統計情報

動作スナップショット履歴

配信統計情報

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

HTTP 動作

Cisco IOS IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作を使用すると、Web ページを取得する場合のシスコ デバイスと HTTP サーバの間のネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_http.html

ICMP エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

ICMP パス エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドおよびホップバイホップのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathecho.html

15.0(1)S

IP SLAs for Metro Ethernet

Metro-Ethernet 用 IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)機能を使用すると、イーサネットレイヤのネットワーク パフォーマンス メトリックを収集できます。IP SLA イーサネット動作で使用可能な統計情報の測定には、ラウンドトリップ時間、ジッタ(パケット間の遅延のばらつき)、パケット損失があります。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_metro_ethernet.html

IP SLA Metro-Ethernet 2.0(EVC)

Ethernet Virtual Circuit(EVC)のサポートが Metro-Ethernet 動作に追加されました。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_metro_ethernet.html

IP SLA Metro-Ethernet 3.0(CFM d8.1)

ポート レベル統計測定のサポートが、Metro-Ethernet 動作に追加されました。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_metro_ethernet.html

VCCV による MPLS Pseudo Wire(PWE3)の IP SLA

MPLS ネットワーク経由の Pseudo-Wire Emulation Edge-to-Edge(PWE3)サービスに対する Virtual Circuit Connectivity Verification(VCCV; 仮想回線接続性検証)をサポートするために、IP SLA VCCV 動作が追加されました。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

LSP ヘルス モニタ

Cisco IOS IP SLA Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ機能を使用すると、レイヤ 3 Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を予防的にモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

LSP ヘルス モニタ(LSP ディスカバリあり)

IP SLA のこの LSP ヘルス モニタ拡張機能により、参加している Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間のすべての LSP に対して、コントロール プレーンおよびデータ プレーン内での自動化されたエンドツーエンド検証が提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

MPLS VPN 認識

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)内で IP サービス レベルをモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

複数動作スケジューラ

IP SLA 複数動作スケジューラ機能を使用すると、単一のコマンドを使用して複数の IP SLA 動作をスケジューリングできるため、スケーラビリティの高いインフラストラクチャが Cisco IOS IP SLA に提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html

一方向測定

Cisco IOS IP SLA では、ネットワーク パフォーマンスを測定するために、アクティブ トラフィック モニタリングを使用します(連続的で信頼性のある予測可能な形式のトラフィックが発生)。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

パス ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作を使用すると、ホップバイホップ ジッタ(パケット内遅延の分散)を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathjitter.html

15.0(1)S

反応しきい値モニタリング

Cisco IOS IP SLA 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

スケジューラ

Cisco IP SLA では、単一の Cisco IOS IP SLA 動作をスケジューリングしたり、動作のグループを一度にスケジューリングするなど、多様なスケジューリング オプションをサポートしています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

SNMP サポート

Cisco IOS IP SLA では、特定のイベントによってトリガーされる SNMP トラップを送信できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

TCP 接続動作

Cisco IOS IP SLA の Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間の、TCP 接続動作の実行に要するネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

UDP ベースの VoIP 動作

Cisco IOS IP SLA Voice over IP(VoIP)User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)UDP ジッタ動作を使用すると、ネットワーク内の VoIP 品質レベルを予防的にモニタし、ユーザに VoIP レベルを保証できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter_voip.html

UDP エコー動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

UDP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作を使用すると、UDP トラフィックを伝送するネットワーク内におけるラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

VoIP しきい値トラップ

Cisco IOS IP SLA VoIP 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

Cisco IOS XE 3SG

Cisco IOS XE 3.0.1SG

DHCP 動作

Cisco IOS IP SLA の Dynamic Host Control Protocol(DHCP; 動的ホスト制御プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと DHCP サーバの間で IP アドレスを取得するためのネットワーク応答時間をスケジューリングし、測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dhcp.html

統計情報の配信

IP SLA の統計情報の配信機能では、同様のメトリックを利用するデータ配信をグループ化して、Cisco IOS デバイスに保存できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

Cisco IOS XE 3.0.1SG

DNS 動作

Cisco IOS IP SLA Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)動作を使用すると、DNS 要求の送信に要する時間と応答の受信に要する時間の差異を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_dns.html

FTP 動作

Cisco IOS IP SLA File Transfer Protocol(FTP; ファイル転送プロトコル)動作を使用すると、シスコ デバイスと FTP サーバの間でファイルを取得するためのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_ftp.html

履歴統計情報

Cisco IOS IP SLA には、次に示す 3 つのタイプの履歴統計情報が保持されます。

集約統計情報

動作スナップショット履歴

配信統計情報

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

HTTP 動作

Cisco IOS IP SLA Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)動作を使用すると、Web ページを取得する場合のシスコ デバイスと HTTP サーバの間のネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_http.html

ICMP エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

ICMP パス エコー動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドおよびホップバイホップのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathecho.html

IPv6:IP SLA(UDP ジッタ、UDP エコー、ICMP エコー、TCP 接続)

IPv6 に対しては、Cisco IOS IP SLA UDP ジッタ動作、UDP エコー動作、ICMP エコー動作、および TCP 接続動作がサポートされています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_echo.html

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

Cisco IOS XE 3.0.1SG

LSP ヘルス モニタ

Cisco IOS IP SLA Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ機能を使用すると、レイヤ 3 Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)を予防的にモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

LSP ヘルス モニタ(LSP ディスカバリあり)

IP SLA のこの LSP ヘルス モニタ拡張機能により、参加している Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータ間のすべての LSP に対して、コントロール プレーンおよびデータ プレーン内での自動化されたエンドツーエンド検証が提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

VCCV による MPLS Pseudo Wire(PWE3)

Cisco IOS IP SLA VCCV 動作は、MPLS ネットワーク経由の Pseudo-Wire Emulation Edge-to-Edge(PWE3)サービスに対する Virtual Circuit Connectivity Verification(VCCV; 仮想回線接続性検証)をサポートします。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_lsp_mon_autodisc.html

MPLS VPN 認識

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)内で IP サービス レベルをモニタできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

複数動作スケジューラ

IP SLA 複数動作スケジューラ機能を使用すると、単一のコマンドを使用して複数の IP SLA 動作をスケジューリングできるため、スケーラビリティの高いインフラストラクチャが Cisco IOS IP SLA に提供されます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html

一方向測定

Cisco IOS IP SLA では、ネットワーク パフォーマンスを測定するために、アクティブ トラフィック モニタリングを使用します(連続的で信頼性のある予測可能な形式のトラフィックが発生)。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

パス ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)パス ジッタ動作を使用すると、ホップバイホップ ジッタ(パケット内遅延の分散)を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_icmp_pathjitter.html

反応しきい値モニタリング

Cisco IOS IP SLA 予防的しきい値モニタリング機能を使用すると、特定の測定対象ネットワーク条件に反応するように IP SLA の動作を設定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_threshold_mon.html

スケジューラ

Cisco IP SLA では、単一の Cisco IOS IP SLA 動作をスケジューリングしたり、動作のグループを一度にスケジューリングするなど、多様なスケジューリング オプションをサポートしています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

SNMP サポート

Cisco IOS IP SLA では、特定のイベントによってトリガーされる SNMP トラップを送信できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_overview.html

TCP 接続動作

Cisco IOS IP SLA の Transmission Control Protocol(TCP; 伝送制御プロトコル)接続動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間の、TCP 接続動作の実行に要するネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_tcp.html

Cisco IOS XE 3.0.1SG

UDP エコー動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)エコー動作を使用すると、シスコ デバイスと IP を使用するその他のデバイスの間のエンドツーエンドのネットワーク応答時間を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_echo.html

UDP ジッタ動作

Cisco IOS IP SLA User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)ジッタ動作を使用すると、UDP トラフィックを伝送するネットワーク内におけるラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を測定できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_udp_jitter.html

ランダム スケジューラ

IP SLA ランダム スケジューラ機能を使用すると、複数の IP SLA 動作を、指定された期間にわたって均一に分散されたランダムな間隔で開始し、指定された頻度の範囲内に均一に分散されたランダムな頻度で再開するようにスケジューリングできます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/sla_multi_scheduler.html