Cisco IOS IP モビリティ コンフィギュレーション ガ イド
Cisco Mobile Networks:スタティック連結 型気付アドレス
Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレス
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレス

目次

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の前提条件

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の制約事項

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA に関する情報

気付アドレス

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の利点

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の機能設計

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の設定方法

モバイル ルータ インターフェイスでのスタティック CCoA 処理のイネーブル化

トラブルシューティングのヒント

スタティック CCoA の設定の確認

Cisco Mobile Networks—スタティック CCoA の設定例

スタティック CCoA を使用するモバイル ネットワークの例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

用語集

Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレス

Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレス機能により、モバイル ルータは、外部エージェントが配置されていない外部ネットワークへのローミングが可能になります。この機能が導入されるまで、モバイル ルータはローミング時に外部エージェント気付アドレスを使用する必要がありました。現在、モバイル ルータ自体にスタティック IP アドレスが設定されたローミング インターフェイスが、Collocated Care-of Address(CCoA; 連結型気付アドレス)として機能するようになりました。

Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレスの機能仕様

機能履歴
リリース
変更内容

12.2(15)T

この機能が追加されました。

サポートされているプラットフォーム

サポートされているプラットフォームについては、Cisco Feature Navigator を参照してください。

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

プラットフォーム サポートと Cisco IOS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントをお持ちでない場合や、ユーザ名やパスワードを忘れた場合は、ログイン ダイアログボックスで [Cancel] をクリックし、表示される説明に従ってください。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の前提条件

スタティック CCoA は、Cellular Digital Packet Data(CDPD)ワイヤレス ネットワークなど、エンドポイントの IP アドレスが常に固定されているネットワークに適用されます。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の制約事項

スタティック CCoA は、CCoA およびゲートウェイ IP アドレスが動的に取得される Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)や PPP/IPCP のように、エンドポイント IP アドレスが常に固定していない環境には推奨されません。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA に関する情報

スタティック CCoA を設定する前に、次の概念について理解しておく必要があります。

「気付アドレス」

「Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の利点」

「Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の機能設計」

気付アドレス

モバイル ノードまたはモバイル ルータは、外部ネットワークに接続していると判断した場合に、気付アドレスを取得します。この気付アドレスが、モバイル ノードへのトンネルの出口となります。気付アドレスは Mobile IP の登録要求に含まれており、ホーム エージェントではこれを使用して、モバイル ノードの現在位置にパケットを転送します。気付アドレスには、次の 2 つのタイプがあります。

外部エージェントから取得される気付アドレス

連結型気付アドレス

外部エージェント気付アドレスは、モバイル ノードがアクセスしている外部ネットワーク上でアドバタイズされる、外部エージェントの IP アドレスです。このタイプの気付アドレスを取得したモバイル ノードは、他のモバイル ノードとアドレスを共有できます。連結型気付アドレスは、モバイル ノード自体のインターフェイスに割り当てられる IP アドレスです。連結型気付アドレスは、外部ネットワーク上のモバイル ノードの現在位置を示します。このタイプの気付アドレスは、一度に 1 つのモバイル ノードだけで使用できます。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA 機能の場合、スタティック連結型気付アドレスは、モバイル ルータのローミング インターフェイスに設定された固定 IP アドレスとなります。

動的に取得される IP アドレスを使用する CCoA は、今後のリリースでサポートされる予定です。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の利点

この機能によって、モバイル ルータは、外部エージェントが配置されていない外部ネットワークにローミングできるようになります。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の機能設計

通常、スタティック CCoA は、外部エージェントが存在しないリンクに使用されます。外部エージェントが存在する場合、インターフェイスでは、スタティック CCoA が設定されている間は外部エージェント気付アドレスによるローミングをサポートしません。そのようなインターフェイスで検出される外部エージェントのアドバタイズメントは無視されます。スタティック CCoA インターフェイスは、設定されていればアドバタイズメントを送信請求しますが、インターフェイスがアップ状態になったときに自動的に送信請求することはありません。この動作は、デフォルトの動作に優先します。Cisco Mobile Networks 機能のデフォルトでは通常、インターフェイスがダウン状態になり、再びアップ状態になると、外部エージェントのアドバタイズメントが自動的に送信請求されます。

モバイル ルータが CCoA をホーム エージェントに登録すると、HA-CCoA トンネルが 1 つ作成され、モバイル ルータとそのモバイル ネットワークへのトラフィックに使用されます。

モバイル ルータ インターフェイスに設定されたスタティック CCoA は、ホーム エージェントがパケットをモバイル ルータにトンネリングするときに、HA と CCoA 間のトンネルのエンドポイントとなります。モバイル ルータは、このトンネルを使用してパケットからホーム エージェントへの反転トンネル(設定されている場合)を適用します。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

モバイル ルータ インターフェイスでのスタティック CCoA 処理のイネーブル化

スタティック CCoA の設定の確認

モバイル ルータ インターフェイスでのスタティック CCoA 処理のイネーブル化

モバイル ルータ インターフェイスでスタティック CCoA 処理をイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip address ip-address mask

5. ip mobile router-service roam

6. ip mobile router-service collocated [ gateway ip-address ]

7. ip mobile router-service collocated registration retry seconds

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface ethernet 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip-address 168.71.6.23 255.255.255.0

インターフェイスのプライマリ IP アドレスを設定します。

これがスタティック CCoA になります。

ステップ 5

ip mobile router-service roam

 

Router(config-if)# ip mobile router-service roam

インターフェイスでローミングをイネーブルにします。

ステップ 6

ip mobile router-service collocated [ gateway ip-address ]

 

Router(config-if)# ip mobile router-service collocated gateway 168.71.6.1

モバイル ルータ インターフェイスでスタティック CCoA 処理をイネーブルにします。

ゲートウェイ IP アドレスは、モバイル ルータがパケットを転送するためのネクスト ホップの IP アドレスです。ゲートウェイ IP アドレスは、イーサネット インターフェイスだけで必要であり、ステップ 4 で指定したプライマリ インターフェイス アドレスと同じ論理サブネット上にある必要があります。

ステップ 7

ip mobile router-service collocated registration retry seconds

 

Router(config-if)# ip mobile router-service collocated registration retry 3

(任意)登録が失敗した後で、モバイル ルータが別の登録要求を送信するまで待機する時間を設定します。

デフォルト値は 60 秒です。このコマンドは、再試行インターバルを変える必要である場合だけ使用します。

トラブルシューティングのヒント

イーサネット インターフェイスで必要なゲートウェイ IP アドレスは、CCoA ではなくネクストホップの IP アドレスです。ゲートウェイ IP アドレスは、プライマリ インターフェイス アドレスと同じ論理サブネット上にある必要があります。

スタティック CCoA の設定の確認

スタティック CCoA の設定を確認するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. show ip mobile router interface

2. show ip mobile router agent

3. show ip mobile router registration

4. show ip mobile router

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

show ip mobile router interface

 
Mobilerouter# show ip mobile router interface

モバイル ルータがローミングに使用しているインターフェイスの情報を表示します。

CCoA にインターフェイスが設定されている場合、インターフェイスがダウン状態にある場合でも CCoA(IP アドレス)は表示されます。

ステップ 2

show ip mobile router agent

 
Mobilerouter# show ip mobile router agent

モバイル ルータのエージェントに関する情報を表示します。

CCoA に設定されているインターフェイスがアップ状態になると、エントリが表示されます。

ステップ 3

show ip mobile router registration

 
Mobilerouter# show ip mobile router registration

モバイル ルータの保留中の登録および許可された登録を表示します。

ステップ 4

show ip mobile router

 
Mobilerouter# show ip mobile router

モバイル ルータに関する設定情報とモニタリング統計情報を表示します。

Cisco Mobile Networks--スタティック CCoA の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

スタティック CCoA を使用するモバイル ネットワークの例

スタティック CCoA を使用するモバイル ネットワークの例

次の例は、スタティック CCoA のアドレスとして 172.21.58.23、およびネクストホップ ゲートウェイ アドレスとして 172.21.58.1 が設定されたモバイル ルータを示しています。

interface loopback 0
! MR home address
ip address 10.1.0.1 255.255.255.255
!
!Static CCoA
interface FastEthernet0/0
ip address 172.21.58.23 255.255.255.0
ip mobile router-service roam
ip mobile router-service collocated gateway 172.21.58.1
ip mobile router-service collocated registration retry 3
!
router mobile
!
ip mobile router
address 10.1.0.1 255.255.255.255
home-agent 1.1.1.1
ip mobile secure home-agent 1.1.1.1 spi 100 key hex 12345678123456781234567812345678
 

参考資料

Cisco Mobile Networks:スタティック連結型気付アドレスに関する詳細情報については、次の資料を参照してください。

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

関連資料

関連項目
参照先

Mobile IP 設定作業

Cisco IOS IP Configuration Guide, Release 12.2』の「Configuring Mobile IP」の章

Mobile IP コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、デフォルト、使用上の注意事項、および例

Cisco IOS IP Command Reference, Volume 1 of 3: Addressing and Services, Release 12.2』の「Mobile IP Commands」の章

Cisco Mobile Networks に関する Mobile IP コマンド

『Cisco Mobile Networks』機能マニュアル、Release 12.2(4)T および 12.2(13)T

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存の MIB のサポートはありません。

プラットフォームおよび Cisco IOS リリースでサポートされる MIB のリストを入手して、MIB モジュールをダウンロードするには、次の URL にある Cisco.com の Cisco MIB Web サイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

RFC
タイトル

この機能による新規または変更された RFC のサポートはありません。また、この機能による既存の RFC サポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、ツール等へのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

コマンド リファレンス

このモジュールに記載されている 1 つ以上の機能で、次のコマンドが追加または変更されています。これらのコマンドについては、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipmobility/command/reference/imo_book.html の『 Cisco IOS IP Mobility Command Reference 』を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にアクセスしてコマンド検索ツールを使用するか、『 Cisco IOS Master Commands List 』を参照してください。

collocated single-tunnel

ip mobile router-service collocated

ip mobile router-service collocated registration retry

show ip mobile router

show ip mobile router agent

show ip mobile router interface

show ip mobile router registration

用語集

外部エージェント :モバイル ノードがアクセスした外部ネットワーク上のルータ。モバイル ノードが登録されている間、そのモバイル ノードにルーティング サービスを提供します。外部エージェントは、モバイル ノードのホーム エージェントによってトンネリングされたパケットのトンネリングを解除して、モバイル ノードまたはモバイル ルータに送信します。パケットがモバイル ノードから送信された場合、外部エージェントは登録モバイル ノードのデフォルト ルータとして動作できます。

気付アドレス :モバイル ノードまたはモバイル ルータへのトンネルの終端ポイント。これを連結型気付アドレスにすることによって、モバイル ノードまたはモバイル ルータはローカル アドレスを取得して、それぞれのパケットのトンネリングを解除できます。または、外部エージェント気付アドレスにすることによって、外部エージェントはパケットのトンネリングを解除し、モバイル ノードまたはモバイル ルータに転送することができます。

リンク :リンク層でノードが通信するために使用する機能またはメディア。リンクはネットワーク層の基盤です。


) この用語集に記載されていない用語については、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。