Cisco IOS IP モビリティ コンフィギュレーション ガ イド
Cisco Mobile Networks:非対称リンク
Cisco Mobile Networks:非対称リンク
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco Mobile Networks:非対称リンク

目次

Cisco Mobile Networks:非対称リンクの制約事項

Cisco Mobile Networks:非対称リンクに関する情報

Cisco Mobile Networks における単方向ルーティング

非対称リンク環境におけるモバイル ネットワークの設定方法

単方向インターフェイス用モバイル ルータ サービスのイネーブル化

トラブルシューティングのヒント

単方向インターフェイス用外部エージェント サービスのイネーブル化

ホーム エージェント サービスのイネーブル化

Cisco Mobile Networks:非対称リンク設定の確認

Cisco Mobile Networks:非対称リンクの設定例

モバイル ルータの例

外部エージェントの例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

用語集

Cisco Mobile Networks:非対称リンク

アップリンクとダウンリンクが分離されている衛星通信などの非対称リンク環境は、モバイル ルータおよび外部エージェントにとって悩みの種です。各単方向リンクは一方向トラフィックしか提供しないため、外部エージェントにある、着信メッセージに使用するモバイル ルータへのリターン パスのマッピングが適用されません。Cisco Mobile Networks:非対称リンク機能は、モバイル ルータが外部エージェントへの単方向リンクを備えるネットワークにまでモバイル ネットワークの使用を拡大することによって、この問題を解決します。外部エージェントは、モバイル ルータからパケットを受信したリンクとは別のリンクを経由して、モバイル ルータにパケットを返送できます。

Cisco Mobile Networks:非対称リンクの機能仕様

機能履歴
リリース
変更内容

12.2(13)T

この機能が追加されました。

サポートされているプラットフォーム

下記の Feature Navigator を参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用したプラットフォーム サポートの特定

Cisco IOS ソフトウェアは、特定のプラットフォームがサポートされている機能セットにパッケージングされています。この機能のプラットフォーム サポートに関連した更新情報を取得するには、Cisco Feature Navigator にアクセスします。新しいプラットフォーム サポートが機能に追加されると、Cisco Feature Navigator によって、サポートされているプラットフォームのリストが自動的に更新されます。

Cisco Feature Navigator は Web ベースのツールであり、特定の機能セットがサポートされている Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および、特定の Cisco IOS イメージ内でサポートされている機能を特定できます。機能またはリリースごとに検索できます。リリース セクションでは、各リリースを横に並べて比較し、各ソフトウェア リリースに固有の機能とリリースに共通の機能の両方を表示できます。

Cisco Feature Navigator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウント情報を忘れた場合や紛失した場合は、cco-locksmith@cisco.com に空メールを送信してください。自動チェックにより、ご使用の E メール アドレスが Cisco.com に登録されているか検証されます。チェックが成功した場合は、アカウントの詳細がランダムな新パスワードと一緒に E メールで送信されます。認証されたユーザは、次の URL に表示される指示に従うことで、Cisco.com にアカウントを構築できます。

http://www.cisco.com/register

Cisco Feature Navigator は定期的に更新されています(Cisco IOS ソフトウェアの主要なリリース時およびテクノロジー リリース時)。最新情報については、次の URL から Cisco Feature Navigator ホームページにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/fn

Cisco IOS ソフトウェア イメージの可用性

プラットフォームが特定の Cisco IOS ソフトウェア リリースをサポートするかどうかは、そのプラットフォーム用のソフトウェア イメージの有無により異なります。一部のプラットフォームのソフトウェア イメージは、事前の通知なしに延期、遅延、または変更される場合があります。各 Cisco IOS ソフトウェア リリースのプラットフォーム サポートおよび利用可能なソフトウェア イメージの可用性の更新情報は、オンライン リリース ノートまたは Cisco Feature Navigator を参照してください。

Cisco Mobile Networks:非対称リンクの制約事項

この機能は、シリアル インターフェイスのみで使用できます。

Cisco Mobile Networks:非対称リンクに関する情報

Cisco Mobile Networks:非対称リンク機能を設定するには、次の概念について理解しておく必要があります。

「Cisco Mobile Networks における単方向ルーティング」

Cisco Mobile Networks における単方向ルーティング

単方向ルーティングでは、モバイル ルータからの登録要求は、双方向ルーティングとはやや異なるルートで送信されます。モバイル ルータは、異なるインターフェイスを使用して送受信を行います。アドバタイズメントは、アップリンク装置に接続されているモバイル ルータ インターフェイスで受信されます。このインターフェイスは受信専用に設定されており( transmit-interface コマンド)、ダウンリンク トラフィックに接続されている別のインターフェイスが送信専用に設定されています。モバイル ルータがアップリンクで外部エージェントからのアドバタイズメントを受信すると、この外部エージェントによってアドバタイズされた気付アドレスを取得して、登録要求で使用します。しかしモバイル ルータは、アップリンク装置に接続されているインターフェイスでアドバタイズメントを受信しても、ダウンリンク ルータにトラフィックを送信するように設定されています。登録要求は、外部エージェントのアップリンク インターフェイスで指定された気付アドレスへのモバイル ルータのダウンリンク インターフェイスに送信されます。

ダウンリンク ルータは、通常のルーティングを使用して外部エージェントに登録要求をルーティングします。外部エージェントが登録要求を受信すると、気付アドレスを検索します。気付アドレスが非対称インターフェイスに関連付けられている場合、外部エージェントはこのインターフェイスでモバイル ルータをビジターとして処理し、登録要求をホーム エージェントに転送します。ホーム エージェントは、外部エージェントの気付アドレスに登録応答を送信します。次にこの登録応答は、アップリンク インターフェイスを経由してモバイル ルータに転送されます。

図 1に、単方向ルーティングを使用してモバイル ネットワーク内をパケットがルーティングされる方法を示します。

図 1 非対称通信環境における単方向ルーティング

 

非対称リンク環境におけるモバイル ネットワークの設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

「単方向インターフェイス用モバイル ルータ サービスのイネーブル化」(必須)

「単方向インターフェイス用外部エージェント サービスのイネーブル化」(必須)

「ホーム エージェント サービスのイネーブル化」(必須)

「Cisco Mobile Networks:非対称リンク設定の確認」(任意)

単方向インターフェイス用モバイル ルータ サービスのイネーブル化

単方向インターフェイス用モバイル ルータ サービスのイネーブル化というこのタスクを設定するには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure { terminal | memory | network }

3. interface type number

4. transmit-interface type number

5. ip address ip-address mask

6. ip mobile router-service roam

7. exit

8. interface type number

9. ip address ip-address mask

10. ip mobile router-service roam

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードなどの上位の特権レベルをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure { terminal | memory | network }

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface serial 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

transmit-interface type number

 

Router(config-if)# transmit-interface serial 2

送信インターフェイスを受信専用インターフェイスに割り当てます。

これは、アップリンク(受信専用)インターフェイスです。

この例では、このコマンドを使用してダウンリンク ルータに接続されている interface serial 2 を送信専用インターフェイスに指定します。

ステップ 5

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip-address 168.71.6.2 255.255.255.0

インターフェイスのプライマリ IP アドレスを設定します。

これは、ローミング インターフェイスの IP アドレスです。

ステップ 6

ip mobile router-service roam

 

Router(config-if)# ip mobile router-service roam

モバイル ルータをイネーブルにして、外部エージェントを検出する設定済みインターフェイスを指定します。

ステップ 7

exit

 

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 8

interface type number

 

Router(config)# interface serial 2

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

これは、ステップ 4 で指定したダウンリンク(送信専用)インターフェイスです。

ステップ 9

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip-address 168.71.7.2 255.255.255.0

インターフェイスのプライマリ IP アドレスを設定します。

これは、ローミング インターフェイスの IP アドレスです。

ステップ 10

ip mobile router-service roam

 

Router(config-if)# ip mobile router-service roam

モバイル ルータをイネーブルにして、外部エージェントを検出する設定済みインターフェイスを指定します。

トラブルシューティングのヒント

バックツーバック シリアル インターフェイス(DTE - DTE)では、 no keepalive インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してキープアライブをディセーブルにする必要があります。

転送テーブルが「正常」に表示されます。 debug ip packet コマンドおよび trace コマンドを使用して、単方向にルーティングされているパケットを表示します。

単方向インターフェイス用外部エージェント サービスのイネーブル化

単方向インターフェイス用外部エージェント サービスをイネーブルにするには、次のコマンドを使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure { terminal | memory | network }

3. interface type number

4. ip address ip-address mask

5. ip irdp

6. ip irdp maxadvertinterval seconds

7. ip irdp minadvertinterval seconds

8. ip irdp holdtime seconds

9. ip mobile foreign-service

10. exit

11. router mobile

12. exit

13. ip mobile foreign-agent [care-of interface [interface-only transmit-only ]]

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードなどの上位の特権レベルをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure { terminal | memory | network }

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface serial 1

インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip address ip-address mask

 

Router(config-if)# ip address 10.0.0.2 255.255.255.0

インターフェイスのプライマリ IP アドレスを設定します。

ステップ 5

ip irdp

 

Router(config-if)# ip irdp

インターフェイスで IRDP 処理をイネーブルにします。

ステップ 6

ip irdp maxadvertinterval seconds

 

Router(config-if)# ip irdp maxadvertinterval 4

(任意)アドバタイズメントの最大間隔を秒単位で指定します。

ステップ 7

ip irdp minadvertinterval seconds

 

Router(config-if)# ip irdp minadvertinterval 3

(任意)アドバタイズメントの最小間隔を秒単位で指定します。

ステップ 8

ip irdp holdtime seconds

 

Router(config-if)# ip irdp holdtime 10

(任意)アドバタイズメントが有効な秒単位の時間の長さ。

デフォルトは、 maxadvertinterval 期間の 3 倍です。

ステップ 9

ip mobile foreign-service

 

Router(config-if)# ip mobile foreign-service

インターフェイスで外部エージェント サービスをイネーブルにします。

また、このコマンドにより、気付アドレス、ライフタイム、サービス フラグなどの Mobile IP 情報がアドバタイズメントに追加されます。

ステップ 10

exit

 

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 11

router mobile

 

Router(config)# router mobile

ルータで Mobile IP をイネーブルにします。

ステップ 12

exit

 

Router(config-router)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 13

ip mobile foreign-agent [ care-of interface [ interface-only transmit-only ]]

 

Router(config)# ip mobile foreign-agent care-of serial 1 interface-only transmit-only

外部エージェント サービスをイネーブルにします。

interface-only キーワードは、 interface 引数で指定されたインターフェイス タイプが自身のアドレスのみを気付アドレスとしてアドバタイズするように設定します。

transmit-only キーワードは、インターフェイスがアップリンクとして機能するため、登録および応答目的の場合、この気付アドレスに対して受信した登録要求を送信専用インターフェイスで受信したものとして処理するように通知します。

任意の気付アドレスをインターフェイス専用として設定できますが、送信専用に設定できるのはシリアル インターフェイスだけです。

ホーム エージェント サービスのイネーブル化

Cisco Mobile Networks:非対称リンク機能を導入しても、ホーム エージェント設定に対する変更はありません。Cisco IOS Release 12.2(4)T で導入された『Cisco Mobile Networks』機能マニュアルに記載されているとおりにホーム エージェントを設定します。

Cisco Mobile Networks:非対称リンク設定の確認

外部エージェントでの非対称リンク設定が機能するかどうかを確認するには、次の任意の手順を実行します。

手順の概要

1. show ip mobile visitor

2. show ip mobile globals

3. show ip mobile interface

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

show ip mobile visitor

 
Router# show ip mobile visitor

外部エージェントのビジター リストを含むテーブルを表示します。

ステップ 2

show ip mobile globals

 
Router# show ip mobile globals

モバイル エージェントのグローバル情報を表示します。

コマンド出力の関連フィールドは、インターフェイス専用ステータスおよび送信専用ステータスを示します(設定されている場合)。

例については、この表の次のコマンド出力を参照してください。

ステップ 3

show ip mobile interface

 
Router# show ip mobile interface

外部エージェント サービスを提供しているか、モバイル ノードのホーム リンクになっているインターフェイスのアドバタイズメント情報を表示します。

次に、外部エージェントで設定されたインターフェイス専用および送信専用の例を示します。

Router# show ip mobile globals
 
IP Mobility global information:
 
Home Agent is not enabled
 
Foreign Agent
 
Pending registrations expire after 15 secs
Care-of addresses advertised
Serial4/0 (11.0.0.2) - up, interface-only, transmit-only

Cisco Mobile Networks:非対称リンクの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「モバイル ルータの例」

「外部エージェントの例」

次の例では、ホーム エージェントが 1 つのモバイル ルータにサービスを提供します。モバイル ルータは外部エージェントのアドバタイズメントをアップリンク インターフェイスで検出し、外部エージェントのアドバタイズされた気付アドレスに登録要求をダウンリンク インターフェイスで送信します。

モバイル ルータの例

次に、モバイル ルータの設定例を示します。

!
interface Loopback1
ip address 20.0.4.1 255.255.255.0
!
interface Serial3/0
! Uplink interface
transmit-interface Serial3/1
ip address 11.0.0.1 255.255.255.0
ip mobile router-service roam
!
interface Serial3/1
! Downlink interface
ip address 12.0.0.1 255.255.255.
ip mobile router-service roam
!
router mobile
!
ip mobile secure home-agent 43.0.0.3 spi 100 key hex 11223344556677881122334455667788
ip mobile router
address 20.0.4.1 255.255.255.0
home-agent 43.0.0.3

外部エージェントの例

次に、外部エージェントの設定例を示します。

!
interface Serial4/0
! Uplink interface
ip address 11.0.0.2 255.255.255.0
ip irdp
ip irdp maxadvertinterval 10
ip irdp minadvertinterval 5
ip irdp holdtime 30
ip mobile foreign-service
!
router mobile
!
ip mobile foreign-agent care-of Serial4/0 interface-only transmit-only

 

参考資料

Cisco Mobile Networks:非対称リンク機能に関するその他の情報については、次の項を参照してください。

「関連資料」

「規格」

「MIB」

「RFC」

「シスコのテクニカル サポート」

関連資料

関連項目
参照先

Mobile IP 設定作業

Cisco IOS IP Configuration Guide , Release 12.2』の「Configuring Mobile IP」の章

Mobile IP コマンド

Cisco IOS IP Command Reference, Volume 1 of 3: Addressing and Services , Release 12.2』の「Mobile IP Commands」の章

Cisco Mobile Networks コマンド

『Cisco Mobile Networks』機能マニュアル、Release 12.2(4)T

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能で変更された既存規格のサポートはありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能がサポートする新しい MIB または変更された MIB はありません。また、この機能で変更された既存の MIB のサポートはありません。

プラットフォームおよび Cisco IOS リリースでサポートされる MIB のリストを入手して、MIB モジュールをダウンロードするには、次の URL にある Cisco.com の Cisco MIB Web サイトにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://tools.cisco.com/ITDIT/MIBS/servlet/index

Cisco MIB Locator で必要な MIB 情報がサポートされていない場合は、次の URL にある Cisco MIB ページにアクセスすれば、サポートされている MIB のリストを入手したり、MIB をダウンロードしたりできます。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

Cisco MIB Locator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウント情報を忘れた場合や紛失した場合は、cco-locksmith@cisco.com に空メールを送信してください。自動チェックにより、ご使用の E メール アドレスが Cisco.com に登録されているか検証されます。チェックが成功した場合は、アカウントの詳細がランダムな新パスワードと一緒に E メールで送信されます。認証されたユーザは、次の URL に表示される指示に従うことで、Cisco.com にアカウントを構築できます。

http://www.cisco.com/register

RFC

RFC
タイトル

この機能による新規または変更された RFC のサポートはありません。また、この機能による既存の RFC サポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、ツール等へのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

コマンド リファレンス

このモジュールに記載されている 1 つ以上の機能で、次のコマンドが追加または変更されています。これらのコマンドについては、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipmobility/command/reference/imo_book.html の『 Cisco IOS IP Mobility Command Reference 』を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にアクセスしてコマンド検索ツールを使用するか、『 Cisco IOS Master Commands List 』を参照してください。

ip mobile foreign-agent

show ip mobile globals

用語集

衛星通信 :情報をリレーするために静止軌道衛星を使用すること。

外部エージェント :モバイル ノードがアクセスした外部ネットワーク上のルータ。モバイル ノードが登録されている間、そのモバイル ノードにルーティング サービスを提供します。外部エージェントは、モバイル ノードのホーム エージェントによってトンネリングされたパケットのトンネリングを解除して、モバイル ノードまたはモバイル ルータに送信します。パケットがモバイル ノードから送信された場合、外部エージェントは登録モバイル ノードのデフォルト ルータとして動作できます。

気付アドレス :モバイル ノードまたはモバイル ルータへのトンネルの終端ポイント。このアドレスは、連結型気付アドレスの場合があります。モバイル ノードまたはモバイル ルータは連結型気付アドレスを使用してローカル アドレスを取得し、自身のパケットまたは外部エージェントの気付アドレスのトンネリングを解除します。これにより外部エージェントはパケットのトンネリングを解除し、モバイル ノードまたはモバイル ルータに転送します。

ホーム エージェント :モバイル ノードまたはモバイル ルータがホームから離れているときに、モバイル ノードまたはモバイル ルータにパケットを転送するルータ。 モビリティ バインディング と呼ばれる登録モバイル ノードの現在の位置情報を維持します。

モバイル ルータ :ルータの役割を持つモバイル ノード。航空機、船、電車、自動車、自転車、カヤック上などでまとまって移動する 1 つまたは複数のネットワーク全体にモビリティを提供します。モバイル ルータが提供するネットワークに接続するノードは、固定ノードにすることも、モバイル ノード、またはルータにすることもできます。


) この用語集に記載されていない用語については、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。