Cisco IOS 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足 サービス機能コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1M&T
Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足 サービス機能の概要
Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービス機能の概要
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/11/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービス機能の概要

目次

通告

OpenSSL/Open SSL Project

License Issues

Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービスについて

CiscoUnified CommunicationsManager または CiscoUnifiedCME と Cisco 音声ゲートウェイの相互運用性

サポートされるゲートウェイ、モジュール、および音声インターフェイス カード

参考資料

関連資料

シスコのテクニカル サポート

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービス機能の概要

本書では、Cisco Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)または Cisco VG224 アナログ電話ゲートウェイで、Foreign Exchange Station(FXS)ポートに接続されたアナログ電話機用補足サービス機能(自動転送、コール転送、会議、発信者 ID、短縮ダイヤル、リダイヤルなど)を設定するための情報および作業について説明します。

プラットフォーム、および Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索するには

プラットフォームのサポートと、Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

通告

本ソフトウェア ライセンスに関連する通知内容を以下に示します。

OpenSSL/Open SSL Project

This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ ).

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

License Issues

The OpenSSL toolkit stays under a dual license, i.e. both the conditions of the OpenSSL License and the original SSLeay license apply to the toolkit. See below for the actual license texts. Actually both licenses are BSD-style Open Source licenses. In case of any license issues related to OpenSSL please contact openssl-core@openssl.org.

OpenSSL License:

Copyright © 1998-2007 The OpenSSL Project. All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions, and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgment: "This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to endorse or promote products derived from this software without prior written permission. For written permission, please contact openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL" nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following acknowledgment:

"This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT "AS IS"' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com). This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Original SSLeay License:

Copyright © 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com).All rights reserved.

This package is an SSL implementation written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as the following conditions are adhered to. The following conditions apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA, lhash, DES, etc., code; not just the SSL code. The SSL documentation included with this distribution is covered by the same copyright terms except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in the code are not to be removed. If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution as the author of the parts of the library used. This can be in the form of a textual message at program startup or in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgement:

"This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com)".

The word 'cryptographic' can be left out if the routines from the library being used are not cryptography-related.

4. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from the apps directory (application code) you must include an acknowledgement: "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

The license and distribution terms for any publicly available version or derivative of this code cannot be changed.i.e. this code cannot simply be copied and put under another distribution license [including the GNU Public License].

Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービスについて

Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポートに接続されたアナログ電話機で補足サービス機能をイネーブルにするには、次の概念を理解しておく必要があります。

「Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified CME と Cisco 音声ゲートウェイの相互運用性」

「サポートされるゲートウェイ、モジュール、および音声インターフェイス カード」

Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified CME と Cisco 音声ゲートウェイの相互運用性

呼び出し機能、電圧、およびダイヤル トーンを提供する FXS ポートには、標準的な電話機を直接接続できます。Cisco IOS Release 12.4(2)T 以降のリリースには、Cisco ISR または Cisco VG224 の FXS ポートに接続されるアナログ電話機用補足サービス機能が用意されています。

アナログ FXS ポートを介したコールは、Cisco Unified Communications Manager や Cisco Unified CME などの Cisco コール制御システムによって制御されます。Cisco 音声ゲートウェイの SCCP Telephony Control(STC; SCCP テレフォニー制御)アプリケーションは、Cisco コール制御システムと Cisco 音声ゲートウェイの間のコール制御メッセージを変換するためのプロキシとして機能します。

STC アプリケーションは、ローカルに設置されたアナログ電話機をコール制御システムへの個々のエンドポイントとして識別します。これによって、アナログ電話機を IP 電話と同じように制御できます。この機能により、小売業などの企業は従来のアナログ電話機を Cisco 音声ゲートウェイに接続して、Cisco Unified CME に直接接続された IP 電話で使用できるのと同じテレフォニー機能を共有できます。

図 1 に、Cisco 音声ゲートウェイを通じてリモートの Cisco Unified Communications Manager システムに接続されたアナログ電話機を示します。図 2 には、音声ゲートウェイを通じてローカルの Cisco Unified CME ルータに接続されたアナログ電話機を示します。

図 1 Cisco Unified Communications Manager で管理されるアナログ エンドポイント

 

図 2 Cisco Unified CME で管理されるアナログ エンドポイント

 

サポートされるゲートウェイ、モジュール、および音声インターフェイス カード

表 3 に、FXS ポート用補足サービスがサポートされる Cisco 音声ゲートウェイ、モジュール、Voice Interface Card(VIC; 音声インターフェイス カード)を示します。


) FXS ポート用のすべての補足機能がすべてのゲートウェイ、モジュール、および VIC でサポートされるわけではありません。機能が特定のハードウェア コンフィギュレーションでサポートされていない場合は、その機能のモジュールにそのことが記載されています。


 

表 3 サポートされるゲートウェイ、モジュール、および VIC

サポートされるゲートウェイ
サポートされる拡張モジュール
サポートされるネットワーク モジュールと拡張モジュール
サポートされる VIC

Cisco 1861

--

HWIC-1T1/E1

--

Cisco 2801

Cisco 2811

Cisco 2821

Cisco 2851

Cisco 3825

Cisco 3845

--

NM-HD-1V

NM-HD-2V

NM-HD-2VE

VIC2-2FXS

VIC-4FXS/DID

VIC2-2BRI-NT/TE

Cisco 2801

Cisco 2821

Cisco 2851

Cisco 3825

Cisco 3845

EVM-HD

EVM-HD-8FXS/DID

EM-3FXS/4FXO

EM-HDA-8FXS

EM-4BRI-NT/TE

--

Cisco 2801

Cisco 2811

Cisco 2821

Cisco 2851

Cisco 3825

Cisco 3845

--

NM-HDV2

NM-HDV2-1T1/E1

NM-HDV2-2T1/E1

VIC2-2FXS

VIC-4FXS/DID

VIC2-2BRI-NT/TE

Cisco Unified 500 シリーズ

--

--

VIC3-2FXS/DID *

VIC-4FXS/DID *

VIC3-4FXS/DID *

VIC2-2BRI-NT/TE *

Cisco VG202

Cisco VG204

Cisco VG224

--

--

--

 
* 工場オプション。Cisco Unified 500 シリーズには、工場でオプション VIC を 1 つだけインストールできます。

参考資料

ここでは、Cisco 音声ゲートウェイの FXS ポート用補足サービスのサポートに関連する資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

Cisco Unified Communications Manager

『Cisco Unified Communications Manager』

Cisco Unified Communications Manager Express

『Cisco Unified Communications Manager Express』

Cisco IOS のデバッグ

『Cisco IOS Debug Command Reference』

Cisco IOS の音声コマンド

『Cisco IOS Voice Command Reference』

Cisco IOS の音声設定

『Cisco IOS Voice Configuration Library』

Cisco 音声ゲートウェイ

『Cisco VG200 Series Gateways』

『Cisco 1800 Series Integrated Services Routers』

『Cisco 2800 Integrated Services Routers』

『Cisco 3800 Series Integrated services Routers』

『Cisco Unified 500 Series for Small Business』

会議およびコード変換リソース

Cisco Unified CallManager and Cisco IOS Interoperability Guide 』の 「Configuring Enhanced Conferencing and Transcoding for Voice Gateway Routers」 の章

『Cisco CallManager and IOS Gateway DSP Farm Configuration Example』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html