Cisco IOS サービス品質(QoS)ソリューション コ ンフィギュレーション ガイド
RSVP—PHOP 上書き
RSVP--PHOP 上書き
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2011/05/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

RSVP--PHOP 上書き

目次

RSVP—PHOP 上書きの前提条件

RSVP—PHOP 上書きの制約事項

RSVP—PHOP 上書きに関する情報

RSVP—PHOP 上書き機能の概要

RSVP—PHOP 上書きの利点

RSVP—PHOP 上書き機能の設定方法

送信元アドレスまたは送信元インターフェイスの設定

PHOP の設定の確認

RSVP—PHOP 上書きの設定例

RSVP—PHOP 上書きの設定例

RSVP—PHOP 上書きの設定の確認例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

RSVP—PHOP 上書きの機能情報

用語集

RSVP--PHOP 上書き

RSVP--PHOP 上書き機能を使用すると、インターフェイスごとに Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)ルータを設定して、PATH メッセージをそのインターフェイス上で転送するときに、Previous Hop(PHOP)オブジェクトの PHOP アドレス フィールドにネイティブ インターフェイス アドレス以外のアドレスを設定することができます。ルータの実際のアドレスか、ループバックを含むインターフェイスのアドレスを使用するように設定できます。

この章で紹介する機能情報の入手方法

ご使用の Cisco OS ソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている特定の機能に関する説明へのリンク、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「RSVP--PHOP 上書きの機能情報」 を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

RSVP--PHOP 上書きの前提条件

ネットワーク内でリンクを共有する 2 台以上の隣接ルータの 1 つ以上のインターフェイスで RSVP を設定する必要があります。

RSVP--PHOP 上書きの制約事項

この機能は、Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)だけでサポートされます。

番号付けされていない IP アドレスは使用できません。

RSVP--PHOP 上書きに関する情報

RSVP--PHOP 上書き機能を利用するには、次の概念について理解しておく必要があります。

「RSVP--PHOP 上書き機能の概要」

「RSVP--PHOP 上書きの利点」

RSVP--PHOP 上書き機能の概要

RSVP PATH メッセージには、すべての RSVP ホップで上書きされる PHOP オブジェクトが格納されています。このオブジェクトの目的は、PATH メッセージを送信する RSVP ルータ(R1)が、ダウンストリームにある次の RSVP ルータ(R2)に対して、前の RSVP ホップが R1 であることを知らせることです。R2 は、この情報を使用して、対応する RESV メッセージを、送信者に向かって 1 ホップずつアップストリームに転送します。

Cisco IOS ソフトウェアの現在の動作では、RSVP ルータは常に PATH メッセージを送信する出力インターフェイスの IP アドレスを PHOP アドレスに設定します。

しかし、R1 の一部の IP アドレスが到達可能であっても、その出力インターフェイスの IP アドレスがリモート RSVP ルータ R2 から到達可能でない状況が考えられます。これにより、R2 によって生成された対応する RESV メッセージが R1 に届かず、予約が確立されません。

図 1 に、上記のシナリオが発生し、予約が確立されないネットワーク例を示します。

図 1 Unified Communcations Manager(CM)を使用した PHOP ネットワークの例

 

図 1 で、支社 1 から支社 2 にコールを行うと、Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)1 上の RSVP エージェントは、CE2 とのセッションをセットアップしようとし、PATH メッセージを送信します。CE1 は、ルーティング不能な出力インターフェイスの IP アドレス(192.168.54.1)を PATH メッセージの PHOP オブジェクトに設定します。この PATH メッセージは、サービス プロバイダー ネットワーク内でトンネリングされ、CE2 によって処理されます。CE2 は、受信した PATH メッセージの PHOP オブジェクトのこの IP アドレスを PSB(Path State Block)に記録します。

CE2 では、セッションの宛先アドレス用にレシーバ プロキシが設定されています。その結果、CE2 は、RESV メッセージを返信するときに、PSB に記録されている IP アドレスに RESV メッセージを送信します。この IP アドレス(192.168.54.1)は CE2 からルーティング不可能であるため、RESV メッセージは失敗します。


) いったんインターフェイスの送信元アドレスを設定すると、ネイティブなインターフェイス アドレスの代わりに、常に RSVP 上書きアドレスが使用されます。


RSVP--PHOP 上書きの利点

柔軟性とカスタマイズ

PATH メッセージの PHOP オブジェクトに、カスタマー VPN で到達可能なアドレスを設定するように CE を設定できます。これによりって RESV メッセージが送信者に到達する経路が見つかり、予約を確立することができます。

RSVP--PHOP 上書き機能の設定方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「送信元アドレスまたは送信元インターフェイスの設定」(必須)

「PHOP の設定の確認」(任意)

送信元アドレスまたは送信元インターフェイスの設定

送信元アドレスまたは送信元インターフェイスを設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip rsvp bandwidth [ interface-kbps] [single-flow-kbps]

5. ip rsvp source { address ip-address | interface type number }

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface Ethernet0/0

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip rsvp bandwidth [ interface-kbps ] [ single-flow-kbps ]

 

Router(config-if)# ip rsvp bandwidth

インターフェイス上で RSVP をイネーブルにします。

オプションの interface-kbps 引数と single-flow-kbps 引数は、それぞれ複数の RSVP フローまたは単一のフローによって割り当てることができる帯域幅を指定します。有効な値は、1 ~ 10000000 です。

(注) RSVP をイネーブルにする各インターフェイスに対してこのコマンドを繰り返します。

ステップ 5

ip rsvp source {address ip-address | interface type number }

 

Router(config-if)# ip rsvp source address 10.1.3.13

インターフェイスで PATH メッセージを送信するときに、ホップ オブジェクトの PHOP アドレス フィールドに、ネイティブ インターフェイス アドレス以外のアドレスを設定するよう、RSVP ルータを設定します。

(注) 設定する送信元 IP アドレスは、有効なローカル IP アドレスであることが必要です。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)特権 EXEC モードに戻ります。

PHOP の設定の確認

PHOP の設定を確認するには、ここに示す手順を実行します。


) 次の show コマンドは、ユーザ EXEC モードか特権 EXEC モードで使用できます。


手順の概要

1. enable

2. show ip rsvp interface [ detail ] [ interface-type interface-number ]

3. exit

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

(任意)特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

コマンドをユーザ EXEC モードで使用する場合は、この手順を省略します。

ステップ 2

show ip rsvp interface [ detail ] [ interface-type interface-number ]
 
Router# show ip rsvp interface detail ethernet0/1

(任意)RSVP 関連のインターフェイス情報を表示します。

オプションのキーワードと引数により追加情報が表示されます。

ステップ 3

exit

 

Router# exit

(任意)特権 EXEC モードを終了し、ユーザ EXEC モードに戻ります。

RSVP--PHOP 上書きの設定例

ここでは、RSVP--PHOP 上書きの次の設定例について説明します。

「RSVP--PHOP 上書きの設定例」

「RSVP--PHOP 上書きの設定の確認例」

RSVP--PHOP 上書きの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「ルータ CE1 での CE1-PE1 間のインターフェイスに対する送信元アドレスの設定」

「ルータ CE2 での CE2-PE2 間インターフェイスに対する送信元アドレスの設定」

「ルータ C2 上でのリスナー プロキシの作成」

「ルータ C1 からルータ C2 へのセッションの作成」

図 2 に、PHOP を設定するネットワーク例を示します。

図 2 PHOP ネットワークの例

 

ルータ CE1 での CE1-PE1 間のインターフェイスに対する送信元アドレスの設定

次に、図 2 の CE1-PE1 間(イーサネット 1/0)インターフェイスに対して送信元アドレスを設定する例を示します。

Router(CE1)# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(CE1)(config)# interface ethernet 1/0
Router(CE1)(config-if)# ip rsvp source address 10.2.2.2 <--------------------
Router(CE1)(config-if)# end

ルータ CE2 での CE2-PE2 間インターフェイスに対する送信元アドレスの設定

次に、図 2 の CE2-PE2 間(イーサネット 0/0)インターフェイスに対して送信元アドレスを設定する例を示します。

Router(CE2)# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(CE2)(config)# interface ethernet 0/0
Router(CE2)(config-if)# ip rsvp source address 10.6.6.6 <---------------------
Router(CE2)(config-if)# end

ルータ C2 上でのリスナー プロキシの作成

次に、図 2 で、ルータ C2 上でリスナー プロキシを作成し、PATH メッセージの宛先が 10.7.7.7 の場合に、レシーバがフローに対する RESV メッセージを返信することを要求する例を示します。

Router(C2)# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(C2)(config)# ip rsvp listener 10.7.7.7 any any reply <--------------------
Router(C2)(config)# end

ルータ C1 からルータ C2 へのセッションの作成

次に、ルータ C1 からルータ C2 への RSVP セッションを作成する例を示します。

Router(C1)# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(C1)(config)# ip rsvp sender-host 10.7.7.7 10.1.1.1 UDP 100 200 1 1 <-------------
Router(C1)(config)# end

RSVP--PHOP 上書きの設定の確認例

ここでは、次の確認例を示します。

「ルータ CE1 での CE1-PE1 間インターフェイスに対する送信元アドレスの確認」

「ルータ CE2 での CE2-PE2 間インターフェイスに対する送信元アドレスの確認」

「ルータ C2 上でのリスナー プロキシの確認」

「ルータ C1 からルータ C2 へのセッションの確認」

「PHOP アドレスの確認」

「ネクストホップ アドレスの確認」

ルータ CE1 での CE1-PE1 間インターフェイスに対する送信元アドレスの確認

次に、図 2 の CE1-PE1 間インターフェイス(イーサネット 1/0)で設定されている送信元アドレス(10.2.2.2)を確認する例を示します。

Router(CE1)# show ip rsvp interface detail ethernet 1/0
 
Et1/0:
RSVP: Enabled
Interface State: Up
Bandwidth:
Curr allocated: 1K bits/sec
Max. allowed (total): 100K bits/sec
Max. allowed (per flow): 100K bits/sec
Max. allowed for LSP tunnels using sub-pools: 0 bits/sec
Set aside by policy (total): 0 bits/sec
Admission Control:
Header Compression methods supported:
rtp (36 bytes-saved), udp (20 bytes-saved)
Traffic Control:
RSVP Data Packet Classification is ON via CEF callbacks
Signalling:
DSCP value used in RSVP msgs: 0x3F
Number of refresh intervals to enforce blockade state: 4
Ip address used in RSVP objects: 10.2.2.2 <------------------------------------
Authentication: disabled
Key chain: <none>
Type: md5
Window size: 1
Challenge: disabled
Hello Extension:
State: Disabled

ルータ CE2 での CE2-PE2 間インターフェイスに対する送信元アドレスの確認

次に、図 2 の CE2-PE2 間(イーサネット 0/0)インターフェイスに対して設定されている送信元アドレスを確認する例を示します。

Router(CE2)# show ip rsvp interface detail ethernet 0/0
 
Et0/0:
RSVP: Enabled
Interface State: Up
Bandwidth:
Curr allocated: 0 bits/sec
Max. allowed (total): 100K bits/sec
Max. allowed (per flow): 100K bits/sec
Max. allowed for LSP tunnels using sub-pools: 0 bits/sec
Set aside by policy (total): 0 bits/sec
Admission Control:
Header Compression methods supported:
rtp (36 bytes-saved), udp (20 bytes-saved)
Traffic Control:
RSVP Data Packet Classification is ON via CEF callbacks
Signalling:
DSCP value used in RSVP msgs: 0x3F
Number of refresh intervals to enforce blockade state: 4
Ip address used in RSVP objects: 10.6.6.6 <-----------------------------------
Authentication: disabled
Key chain: <none>
Type: md5
Window size: 1
Challenge: disabled
Hello Extension:
State: Disabled

ルータ C2 上でのリスナー プロキシの確認

次に、図 2 のルータ C2 で設定されているリスナー プロキシを確認する例を示します。

Router(C2)# show ip rsvp listeners
 
To Protocol DPort Description Action
10.7.7.7 <-------- any any RSVP Proxy reply

ルータ C1 からルータ C2 へのセッションの確認

次に、図 2 のルータ C1 とルータ C2 の間で設定されているセッションがアップ状態になっていることを確認する例を示します。

Router(C1)# show ip rsvp reservation
 
To From Pro DPort Sport Next Hop I/F Fi Serv BPS
10.7.7.7 10.1.1.1 UDP 100 200 10.1.2.21 Et0/0 FF RATE 1K

PHOP アドレスの確認

次に、ルータ CE2 上で、図 2 の CE1-PE1 間インターフェイスに対して PHOP アドレスとして設定されている送信元アドレスを確認する例を示します。

Router(CE2)# show ip rsvp sender detail
 
PATH:
Destination 10.7.7.7, Protocol_Id 17, Don't Police , DstPort 100
Sender address: 10.1.1.1, port: 200
Path refreshes:
arriving: from PHOP 10.2.2.2 on Et0/0 every 30000 msecs <-------------------
Traffic params - Rate: 1K bits/sec, Max. burst: 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size 2147483647 bytes
Path ID handle: CA000406.
Incoming policy: Accepted. Policy source(s): Default
Status:
Output on Ethernet1/0. Policy status: Forwarding. Handle: 0E000402
Policy source(s): Default

ネクストホップ アドレスの確認

次に、ルータ CE1 上で、図 2 の CE2-PE2 間インターフェイスに対してネクストホップ アドレスとして設定されている送信元アドレスを確認する例を示します。

Router(CE1)# show ip rsvp reservation detail
 
RSVP Reservation. Destination is 10.7.7.7, Source is 10.1.1.1,
Protocol is UDP, Destination port is 100, Source port is 200
Next Hop: 10.6.6.6 on Ethernet1/0 <---------------------------------------------
Reservation Style is Fixed-Filter, QoS Service is Guaranteed-Rate
Resv ID handle: 03000400.
Created: 07:01:40 IST Tue Mar 25 2008
Average Bitrate is 1K bits/sec, Maximum Burst is 1K bytes
Min Policed Unit: 0 bytes, Max Pkt Size: 0 bytes
Status:
Policy: Forwarding. Policy source(s): Default

その他の関連資料

ここでは、RSVP--PHOP 上書き機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

内容
参照先

QoS コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用に関する注意事項および例

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

シグナリング、分類、輻輳管理を含む QoS 機能

Quality of Service Overview モジュール

規格

規格
タイトル

この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。また、この機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2205

『Resource ReSerVation Protocol (RSVP)-Version 1 Functional Specification』

RFC 2209

『Resource ReSerVation Protocol (RSVP)--Version 1 Message Processing Rules』

RFC 3209

RSVP-TE: Extensions to RSVP for LSP Tunnels

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールで説明した機能で導入または修正されたものです。これらのコマンドの詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/qos/command/reference/qos_book.html にある『 Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference 』を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup で Command Lookup Tool を使用するか、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html にある『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』を使用してください。

debug ip rsvp

ip rsvp source

show ip rsvp interface

RSVP--PHOP 上書きの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator により、どの Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージが特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートするか調べることができます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでもその機能はサポートされます。


 

表 1 RSVP--PHOP 上書きの機能情報

機能名
リリース
機能情報

RSVP--PHOP 上書き

12.4(20)T

RSVP--PHOP 上書き機能を使用すると、インターフェイスごとに Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)ルータを設定して、PATH メッセージをそのインターフェイス上で転送するときに、Previous Hop(PHOP)オブジェクトの PHOP アドレス フィールドにネイティブ インターフェイス アドレス以外のアドレスを設定することができます。ルータの実際のアドレスか、ループバックを含むインターフェイスのアドレスを使用するように設定できます。

次のコマンドが導入または変更されました。 debug ip rsvp、ip rsvp source、 show ip rsvp interface

用語集

QoS :Quality Of Service。転送システムのパフォーマンスの尺度の 1 つであり、転送品質とサービスのアベイラビリティを反映したものです。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。IP ネットワーク上でリソースの予約をサポートするためのプロトコル。IP エンド システム上で動作するアプリケーションは、RSVP を使用して、受信を期待しているパケット ストリームの性質(帯域幅、ジッタ、最大バーストなど)を他のノードに知らせることができます。

RSVP エージェント :Unified CM をサポートする Cisco IOS 音声ゲートウェイ上のリソース予約プロトコル(RSVP)エージェントを実装します。

Unified Communcations Manager(CM):シスコの IP テレフォニー ソリューションの、ソフトウェアベースのコール処理コンポーネント。このソフトウェアにより、エンタープライズ テレフォニー機能が、IP 電話、メディア処理デバイス、Voice-over-IP(VoIP)ゲートウェイ、マルチメディア アプリケーションなどのパケット テレフォニー ネットワーク デバイスに拡張されます。