Cisco IOS ワイドエリア ネットワーキング コンフィ ギュレーション ガイド
ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ス テーション タイプ
ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ

マニュアルの内容

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプの前提条件

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプについて

ISDN D チャネルでの X.25 の設定

X.25 非公開ユーザ グループ

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定方法

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定例

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ機能を使用すると、このインターフェイスで encapsulation x25 コマンドを使用して、ISDN D チャネル インターフェイス用の X.25 ステーション タイプを設定できます。この機能を使用すると、ISDN BRI インターフェイスを備えた Cisco ルータの X.25 データ通信装置(DCE)ステーションとして設定されている ISDN-BRI D チャネル インターフェイスを終端する POS デバイスから発信された X.25 パケットの非公開ユーザ グループ(CUG)をマッピングできます。

BRI D チャネル インターフェイスのデフォルトのカプセル化は、データ端末装置(DTE)モードの X.25 カプセル化です。ISDN BRI D チャネル インターフェイスで X.25 ステーション タイプを変更するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで適切なキーワードとともに encapsulation 25 コマンドを使用します。キーワードが指定されていない場合、インターフェイスは DTE モードで X.25 カプセル化を使用して設定されます。

ルータが新しい ISDN BRI インターフェイスで起動すると、カプセル化は、このインターフェイスのデフォルトである X.25 DTE ステーションとして設定されますが、ISDN BRI D チャネル インターフェイスの設定には明示的に表示されません。ISDN BRI D チャネル インターフェイスで no encapsulation コマンドが発行されると、インターフェイスはデフォルトの X.25 DTE ステーションとして設定されます。これは、 encapsulation x25 としてインターフェイスの実行中の設定に表示されます。

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプの機能履歴

リリース
変更点

12.3(7)XR

この機能が追加されました。

12.3(14)T

この機能は、Cisco IOS リリース 12.3(14)T に統合されました。

プラットフォーム、および Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索するには

プラットフォームのサポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプの前提条件

BRI インターフェイスは、インターフェイス コンフィギュレーション モードで isdn x25 dchannel コマンドを使用して、ISDN D チャネルを介する X.25 トラフィック用に設定する必要があります。

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios123/123cgcr/dial_r/dia_i2g.htm#1050084

このインターフェイスに接続されるピアの ISDN BRI D チャネル インターフェイスは、補完的なステーション タイプであることが必要です。

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプについて

ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ機能を設定するには、次の概念を理解する必要があります。

「ISDN D チャネルでの X.25 の設定」

「X.25 非公開ユーザ グループ」

ISDN D チャネルでの X.25 の設定

ISDN BRI インターフェイスの D チャネルで X.25 トラフィックが送信される場合、『 Configuring X.25 on ISDN 』機能ガイドで説明されている機能を設定する必要があります。

BRI は ISDN インターフェイスです。BRI は 2 つの B チャネル(B1 と B2)と 1 つの D チャネルで構成されています。B チャネルは、データ、音声およびビデオの転送に使用されます。D チャネルは B チャネルを制御します。

ISDN では、D チャネルを使用して信号情報を送信します。また、BRI の D チャネルを使用して、X.25 パケットを送信することもできます。D チャネルの容量は 16 kbps、D チャネルを介した X.25 は最大 9.6 kbps まで使用できます。

この機能を設定すると、別の X.25-over-D チャネルの論理インターフェイスが作成されます。そのパラメータを、元の ISDN インターフェイス設定に影響を与えることなく設定できます。元の BRI インターフェイスは、その後も D、B1 および B2 チャネルを表します。

D チャネルを介した X.25 トラフィック用に設定されたインターフェイスは、通常少量のインタラクティブなトラフィックが散発的に発生するプライマリ インターフェイスとして使用できます。サポートされるトラフィックには、PX、AppleTalk、トランスペアレント ブリッジング、XNS、DECnet、IP などがあります。

ISDN D チャネル インターフェイスを介した X.25 機能の設定方法については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios113ed/113ed_cr/dial_c/dcprt10/dcxisdn.htm

X.25 非公開ユーザ グループ

非公開ユーザ グループ(CUG)は、ネットワークで 2 つのメンバ間およびメンバと非メンバ間のアクセスを制御する DTE デバイスの集合です。X.25 ネットワークは最大 10,000 の CUG(番号 0 ~ 9999)をサポートでき、それぞれに任意の数の DTE デバイスを含めることができます。個々の DTE がサブスクリプションによって特定のネットワーク CUG のメンバになります。サブスクリプション データには、DTE がネットワーク CUG の識別に使用するローカル番号(ネットワーク管理者の判断および DTE デバイスの要件により、ネットワーク番号と同一の場合と異なる場合があります)と、DTE が CUG 内でコールするのを禁止したり、ネットワークが CUG 内のコールを DTE に表示するのを禁止したりする制約事項が含まれます。

X.25 CUG 機能を使用すると、通常 X.25 ネットワークの Point of Presence(POP; アクセス ポイント)に直接接続することで関連付けられる標準の CUG アクセス制御を実行するように、ルータの X.25 DCE インターフェイスを設定できます。ルータの DCE インターフェイスは、DTE とネットワークの境界として機能します。CUG を使用することで、設定された CUG サブスクリプションに準拠する着信および発信相手先選択接続(SVC)だけが許可されます。ルータ上の X.25 CUG コンフィギュレーション コマンドは各 POP に指定され、それらのコマンドによって CUG のセキュリティ上の決定が行われます。

X.25 CUG 機能は、追加の X.25 アクセス保護およびセキュリティに使用されます。DTE デバイスが公衆データ網(PDN)に接続されている設定では、DTE デバイスを CUG のセットにサブスクライブさせて、プライベート サブネットワークを構築できます。これで、どの DTE がどのような目的で他の DTE デバイスと通信できるかを許可または制限するかなど、DTE デバイスを詳細に制御できます。たとえば、次のような異なる接続モードをそれぞれ処理する個別の CUG を定義できます。

すべての企業サイト間のデータグラム カプセル化操作

公的な情報を必要とする顧客向けパケット組み立て/分解機能(PAD)サービス

システム管理を目的とするコンソールへの内部アクセスのための PAD サービス

企業の財務センター限定の Qualified Logical Link Control(QLLC)アクセス

詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios120/120newft/120t/120t7/x25scugs.htm

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

「ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定」

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定

ISDN BRI D チャネルで X.25 カプセル化を設定するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. Interface BRI2/0

4. isdn x25 dchannel

5. interface BRI2/0:0

6. encapsulation X.25 dce

7. end


) ISDN D チャネルを介した X.25 トラフィックの設定可能インターフェイスが存在しない場合は、interface BRI2/0 および isdn x25 dchannel コマンドを使用します。


手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface BRI2/0

 

Router# interface BRI2/0

(任意)ISDN BRI インターフェイスを指定します。

(注) ISDN D チャネルを介した X.25 トラフィックの設定可能インターフェイスが存在しない場合は、このコマンドを使用します。

ステップ 4

isdn x25 dchannel

 

Router# isdn x25 dchannel

(任意)ISDN D チャネルを介した X.25 トラフィックの設定可能インターフェイスを作成します。

(注) ISDN D チャネルを介した X.25 トラフィックの設定可能インターフェイスが存在しない場合は、このコマンドを使用します。

ステップ 5

interface BRI2/0:0

 

Router# interface BRI2/0:0

ISDN BRI D チャネル インターフェイスを指定します。

ステップ 6

encapsulation X25 dce

 

Router# encapsulation X.25 dce

DCE モードで X.25 カプセル化をイネーブルにします。

ステップ 7

end

 

Router# end

コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

次の例では、BRI インターフェイス 2/0:0 で、DCE モードで X.25 カプセル化を設定します。

interface BRI2/0:0
ip address 1.1.1.2 255.255.255.0
encapsulation X.25 dce
no ip mroute-cache
X.25 subscribe cug-service
X.25 subscribe local-cug 10 network-cug 100
!

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の設定」

ISDN BRI D チャネル インターフェイスでの X.25 カプセル化の例

次に、インターフェイス BRI2/0 上で設定された X.25 カプセル化の例を示します。

Current configuration: 2275 bytes
!
version 12.3
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname Router
!
boot system flash c1700-voice-mz
enable password cisco
!
memory-size iomem 15
tdm clock bri-auto
voice-card 2
!
no aaa new-model
ip subnet-zero
!
!
!
no ftp-server write-enable
isdn switch-type basic-net3
!
 
no voice hpi capture buffer
no voice hpi capture destination
!
interface FastEthernet0/0
ip address 10.0.2.199 255.255.255.0
speed 100
!
interface BRI2/0
no ip address
isdn switch-type basic-net3
isdn protocol-emulate network
isdn layer1-emulate network
no isdn outgoing display-ie
isdn x25 static-tei 1
isdn x25 dchannel
isdn skipsend-idverify
!
interface BRI2/0:0
no ip address
encapsulation x25 dce
x25 subscribe cug-service incoming-access outgoing-access
x25 subscribe local-cug 5000 network-cug 55 preferential
!
interface BRI2/1
no ip address
shutdown
isdn switch-type basic-net3
!
ip classless
no ip http server
!
voice-port 2/0
!
voice-port 2/1
!
line con 0
line aux 0
line vty 0 4
login
!
end

参考資料

ここでは、ISDN D チャネル インターフェイス用 X.25 ステーション タイプ機能の参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

『Cisco IOS Release 12.3 Configuration Guides and Command References』

Cisco IOS Release 12.3 Configuration Guides and Command References

『Cisco IOS Dial Technologies Command Reference, Release 12.3』

Cisco IOS Dial Technologies Command Reference , Release 12.3』の「Dial Technologies Commands: isdn all through isdn x25」

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、このモジュールに記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/wan/command/reference/wan_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

debug x25

encapsulation x25

show x25 cug

x25 subscribe cug-service

x25 subscribe local cug