Cisco IOS ワイドエリア ネットワーキング コンフィ ギュレーション ガイド
X.25 ファシリティの処理
X.25 ファシリティの処理
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

X.25 ファシリティの処理

データグラム トランスポート仮想回線での X.25 ファシリティの処理

相手先選択接続での X.25 ファシリティの処理

X.25 の標準ファシリティ

ITU-T 指定マーカー ファシリティ

X.25 ファシリティの処理

この付録は、Cisco IOS ソフトウェアでの X.25 ファシリティの処理方法を説明する参考資料です。

データグラム トランスポート仮想回線での X.25 ファシリティの処理

ルータは、データグラム トランスポート(カプセル化)相手先選択接続を発信または受け入れて、X.25 ネットワークから LAN トラフィックを転送します。

ルータが LAN トラフィック カプセル化のコールを発信する場合、コールのファシリティは、インターフェイスに設定されたファシリティおよび LAN と X.25 のカプセル化を指定するマップ文によって制御されます。ルータは公衆データ網(PDN)に接続できるため、インターフェイスおよびマップ設定により多数のファシリティを発信コールで指定できます。これらのファシリティは、所定のインターフェイスおよびマップに関連するすべての発信コールで指定されます。ただし、LAPB が指定されたデータ パケット サイズをサポートできない場合、指定されている着信および発信の最大パケット サイズが小さくなるという例外があります。

ルータがカプセル化されたコールを受け入れると、多くのファシリティは無視されます。指定されたサイズを LAPB がサポートできない場合、最大パケット サイズは小さくなります。インターフェイスでもマップでも許可されていない場合、料金受信人払い通話はクリアされます。ユーザ認証に失敗した場合、ネットワーク ユーザ ID(NUID)を指定するコールはクリアされます。

インターフェイスが、非公開ユーザ グループ(CUG)サービスにサブスクライブする DCE として設定されている場合、そのインターフェイスで発信または終端するデータグラム カプセル化コールは、CUG セキュリティの要件に従います。

相手先選択接続での X.25 ファシリティの処理

一般的なルールとして、X.25 スイッチ サービスは、Call、Call Confirm、Clear、および Clear Confirm パケットで符号化されたファシリティを転送します。しかし、この処理には次の制約があります。

ファシリティを受信した X.25 クラス サービスでファシリティが有効で、パケットに示された他の情報や SVC に対する前のシグナリングと整合している必要があります。

ファシリティを転送する X.25 クラス サービスでファシリティが有効で、パケットで符号化された他の情報や SVC に対する前のシグナリングと整合している必要があります。さまざまな標準要件を満たすために、ファシリティ値の限定的な変更が行われることがあります。たとえば、一部のファシリティ値には、パケットを送信する DTE/DCE のステーション ID に基づく制約があります。

一部のファシリティは、着信または発信 X.25 クラス サービスに対して設定された特定の機能または X.25 スイッチ サービスそのものによって変更、挿入、または削除されます。

X.25 の標準ファシリティ

表 1 に、相手先選択接続(SVC)のルーティング時に、X.25 標準ファシリティがどのように処理されるかを説明します。ファシリティが 1980 X.25 勧告より後の勧告で導入された場合、ファシリティ名の後ろに、ファシリティが導入された勧告がカッコ内に記載されています。デフォルトでは、Cisco IOS ソフトウェアは 1984 勧告をサポートしています。

 

表 1 Cisco IOS ソフトウェアによる標準 X.25 ファシリティの処理

ファシリティ
Cisco IOS ソフトウェアでスイッチングされた場合の処理

Flow Control Negotiation

パケット サイズ

ウィンドウ サイズ

拡張ウィンドウ サイズ(1996)

(注) 1980 勧告では、32 ~ 1024 バイトの最大データ パケット サイズを定義しています。1984 勧告では、上限が 4096 バイトに拡張されています。

接続をサポートする X.25 クラス サービスと X.25 スイッチ サービスの要件に従って、フロー制御パラメータ値を追加、削除または変更します。フロー制御パラメータの詳細については、「Configuring X.25 and LAPB」の章の「Enabling Flow Control Parameter Negotiation」を参照してください。

Throughput Negotiation

スループット ファシリティ、基本符号化

スループット ファシリティ、拡張符号化(1993)

着信スループット ファシリティを転送します。

Closed User Group Selection

CUG ファシリティ、基本符号化

CUG ファシリティ、拡張符号化(1984)

CUG with Outgoing Access ファシリティ、基本符号化(1984)

CUG with Outgoing Access ファシリティ、拡張符号化(1984)

Bilateral CUG ファシリティ

Closed User Group(CUG)Selection ファシリティを転送します。

インターフェイスが、CUG サービスにサブスクライブする DCE として設定されている場合、そのインターフェイスで発信または終端するすべてのコールは、CUG セキュリティの要件に従います。

Reverse Charging

着信した Reverse Charging ファシリティを転送します。

Fast Select

着信した Fast Select ファシリティを転送します。

Internetwork Call Redirection and Deflection(ICRD)Status Selection(1993)

ICRD Status Selection ファシリティを転送します。

Network User Identification(NUID)(1984)

着信 NUID ファシリティを転送します。

Charging

課金要求(1984)

金額レポート(1984)

セグメント レポート(1984)

期間レポート(1984)

Charging ファシリティを転送します。

ROA

ROA ファシリティ、基本符号化

ROA ファシリティ、拡張符号化(1984)

ROA ファシリティを転送します。

Called Line Address Modified Notification(CLAMN)(1984)

着信 CLAMN ファシリティを転送します。

ルータは、コールがハント グループからルーティングされた場合、Call Confirm に CLAMN ファシリティを挿入します。

Call Deflection Selection(1988)

Call Deflection Selection ファシリティを転送します。

Call Redirection or Call Deflection Notification(CRCDN)(1984)

CRCDN ファシリティを転送します。

ルータは、ハント グループからルーティングされたコールに CRCDN ファシリティを挿入します。

Transit Delay(1984)

Transit Delay ファシリティを転送します。

Marker ファシリティ。次のマーカーを含みます。

ローカル およびリモート ネットワーク マーカー

ローカル ネットワーク マーカーまたはリモート ネットワーク マーカーの後続のプライベート ネットワーク ファシリティのブロックを転送します。ネットワーク マーカーに続く情報がクラス A、B、C、および D ファシリティの符号化を定義する X.25 ルールに従って解析できることを前提とします。

DDN または BFE 用に設定された X.25 インターフェイスは、ローカル ネットワーク マーカーの後ろでファシリティを符号化できます。X.25 スイッチング サービスはこれらのファシリティを転送します。

ITU-T 指定 DTE ファシリティ マーカー

ITU-T 指定 DTE ファシリティ マーカーは、パケットを処理する X.25 クラス サービスに定義されたファシリティに従って検証されます。

ITU-T 指定マーカー ファシリティ

表 2 に、SVC がルーティングされた場合の CCITT/ITU-T 指定マーカーの処理方法を示します。

 

表 2 ITU-T 指定マーカー ファシリティのデフォルト処理

ファシリティ
Cisco IOS ソフトウェアでスイッチングされた場合の処理

Calling Address Extension(1984)

Calling Address Extension ファシリティを転送します。

Called Address Extension(1984)

Called Address Extension ファシリティを転送します。

Quality of Service (QoS) Negotiation

Minimum Throughput Class QoS ファシリティ、基本符号化(1984)

Minimum Throughput Class QoS ファシリティ、拡張符号化(1993)

End-to-End Transit Delay QoS ファシリティ(1984)

Priority QoS(1988)

Protection QoS(1988)

QoS ファシリティおよび関連付けられた値を転送します。

Expedited Data Negotiation(1984)

Expedited Data Negotiation ファシリティを転送します。

CMNS ホストは、通常 Called Address Extension ファシリティを使用します。このファシリティを使用して、X.25 ルーティングを決定できます。

CCITT/ITU-T ファシリティの符号化の前には、 debug x25 コマンドの出力に示すように、マーカーが付いています。