Cisco IOS ワイドエリア ネットワーキング コンフィ ギュレーション ガイド
X.25 Call Confirm パケット アドレス コント ロール
X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール

マニュアルの内容

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールについて

X.25 Call Confirm パケットのアドレス符号化

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの利点

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定方法

インターフェイスでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定

トラブルシューティングのヒント

X.25 プロファイルでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定

トラブルシューティングのヒント

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定例

Call Confirm パケットでアドレスを抑制する例

Call Confirm パケットで元のコール パケットのアドレスを使用する例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール機能は、発信 Call Confirm パケットで符号化されたソース アドレスと宛先アドレスを制御するためのオプションを提供します。アドレスは完全に抑制することも、受信した Call パケットで最初に示されたアドレスを Call Confirm パケットで符号化することもできます。この機能は、非標準または独自の X.25 サービスを実装する機器に接続する際に必要になる場合があります。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール機能の機能仕様

機能の履歴
リリース
変更点

12.3(2)T

この機能が追加されました。

サポートされているプラットフォーム

Cisco 1400 シリーズ、Cisco 1710、Cisco 2500 シリーズ、Cisco 2691、Cisco 3631、Cisco 3640、Cisco 3660、Cisco 3725、Cisco 3745、Cisco 4500 シリーズ、Cisco 7100 シリーズ、Cisco 7200 シリーズ、Cisco 7400 シリーズ、Cisco 800 シリーズ、Cisco AS5300、Cisco AS5350、Cisco AS5400、Cisco AS5800、Cisco AS5850、Cisco UBR720

プラットフォーム、および Cisco IOS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索するには

プラットフォームのサポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 http://www.cisco.com/go/fn にある Cisco Feature Navigator にアクセスしてください。アクセスには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウントを持っていないか、ユーザ名またはパスワードが不明の場合は、ログイン ダイアログボックスの [Cancel] をクリックし、表示される指示に従ってください。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールについて

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールを設定するには、次の概念を理解する必要があります。

「X.25 Call Confirm パケットのアドレス符号化」

「X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール」

「X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの利点」

X.25 Call Confirm パケットのアドレス符号化


) このマニュアルでは、Call パケットおよび Call Confirm パケットと呼びます。これらの名前は、X.25 で標準化された名前とは異なります。標準では、データ端末機器(DTE)ステーションから送信された Call パケット(Call Request)と データ通信機器(DCE)ステーションから送信されたパケット(Incoming Call)を区別し、同様に、DTE から送信された Call Confirm パケット(Call Accepted)と DCE から送信されたパケット(Call Connected)を区別しています。

パケットは同じように符号化され、多くの場合、X.25 が行う処理も同じです。ただし、動作がパケットを受信または送信するステーション タイプに基づく場合もあります。


X.25 相手先選択接続(SVC)は、Call および Call Confirm パケットの交換を通して、2 つのステーション間で確立されます。X.25 標準は、Call パケットにソース アドレスと宛先アドレスを含めるよう指定しています。状況によっては、Call Confirm パケットでもソース アドレスと宛先アドレスが符号化されることがあります。ソース アドレスが Call Confirm パケットで符号化されている場合、X.25 標準では、そのアドレスは Call パケットで指定されたアドレスと同じである必要があります。宛先アドレスが、Call Confirm パケットで符号化され、Call パケットの宛先アドレスと異なる場合、新しい X.25 標準(ITU-T 1980 X.25 以降)は、Called Line Address Modified Notification(CLAMN)ファシリティの符号化によって違いの理由を示すことを求めています。

たとえば、X.25 コールが設定されたハント グループを通してルーティングされた場合、Call Redirection/Call Deflection Notification(CRCDN)ファシリティは、元の宛先アドレスとともに転送されたコールで符号化されます。この符号化は受信者に、Call パケットがハント グループによって再配布されたことを通知します。そのようなコールが戻りの Call Confirm パケットで受け入れられた場合、CLAMN ファシリティと受け入れ側のステーションの宛先アドレスが Call Confirm パケットで符号化されます。この符号化は発信者に、受け入れ側の宛先には、ハント グループ経由の配布によって到達したことを通知します。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール

非標準 X.25 サービスを実装するネットワーク デバイスでは、Call Confirm パケットのアドレス符号化要件が異なる場合があります。 no x25 security call-confirm address out コマンドにより、発信 Call Confirm パケットで符号化されるソースおよび宛先アドレスを制御できます。アドレスは完全に抑制することも、受信した Call パケットで最初に示されたアドレスを Call Confirm パケットで変更せずに符号化することもできます。アドレスの抑制が設定されると、Call Confirm パケットのアドレス ブロックは、抑制されたアドレスにヌル アドレス(ゼロの数値)を指定します。


注意 X.25 では、セキュリティ方策としてアドレス シグナリング動作を指定し、接続するデバイスに、代替宛先へのリダイレクション、デフレクションまたは配布が発生したコール設定が必ず通知されるようにしています。そのリスクが理解され、許容される場合だけ、これらのセキュリティ機能をディセーブルにしてください。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールは、インターフェイスまたは X.25 プロファイルで設定できます。機能がインターフェイスで設定されている場合、そのインターフェイスを使用するサービスを介して送信されるすべての Call Confirm パケットが影響を受けます。これには、サブインターフェイスからの設定を使用する SVC も含まれます。機能が X.25 プロファイルで設定されている場合、そのプロファイルを使用するすべてのサービスが影響を受けます。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの利点

非標準 X.25 サービスを実装するユーザには、Call Confirm パケットにソースおよび宛先アドレスを符号化するための特定の要件が存在する場合があります。X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロール機能を使用すると、発信 Call Confirm パケットで符号化されたソース アドレスと宛先アドレスを制御できます。アドレスは完全に抑制することも、受信した Call パケットで最初に示されたアドレスを Call Confirm パケットで符号化することもできます。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定方法

X.25 Call Confirm ケット アドレス コントロールを設定するには、次のどちらかの作業を実行します。

「インターフェイスでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定」

「X.25 プロファイルでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定」

インターフェイスでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定

Call Confirm パケットでアドレスを抑制するか、元の Call パケットで示されたアドレスを Call Confirm パケットで符号化するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface serial number

4. encapsulation x25

5. no x25 security call-confirm address out source { suppress | unmodified } dest { suppress | unmodified }

6. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface serial number

 

Router(config)# interface serial 0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

encapsulation x25

 

Router(config-if)# encapsulation x25

デフォルトの X.25 DTE オペレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 5

no x25 security call-conf address out source { suppress | unmodified } dest { suppress | unmodified }

 

Router(config-if)# no x25 security call-conf address out source suppress dest suppress

送信された X.25 Call Confirm パケットのアドレスを抑制するか、Call パケットで最初に受信したアドレスを Call Confirm パケットで符号化します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

トラブルシューティングのヒント

debug x25 events コマンドを使用して、Call Confirm パケットのソースおよび宛先アドレスがいつ抑制されたか、または元の Call パケットが示すアドレスから変更されないように設定されたかを確認します。

X.25 プロファイルでの X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定

Call Confirm パケットでアドレスを抑制するか、元の Call パケットで示されたアドレスを Call Confirm パケットで符号化するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. x25 profile name { dce | dte | dxe }

4. no x25 security call-conf address out source { suppress | unmodified } dest { suppress | unmodified }

5. exit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

x25 profile name { dce | dte | dxe }

 

x25 profile NetworkNodeA dce

X.25 プロファイルを設定します。

ステップ 4

no x25 security call-conf address out source { suppress | unmodified } dest { suppress | unmodified }

 

Router(config-if)# no x25 security call-conf address out source suppress dest suppress

送信された X.25 Call Confirm パケットのアドレスを抑制するか、Call パケットで最初に受信したアドレスを Call Confirm パケットで符号化します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

トラブルシューティングのヒント

debug x25 events コマンドを使用して、Call Confirm パケットのソースおよび宛先アドレスがいつ抑制されたか、または元の Call パケットが示すアドレスから変更されないように設定されたかを確認します。

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの設定例

「Call Confirm パケットでアドレスを抑制する例」

「Call Confirm パケットで元のコール パケットのアドレスを使用する例」

Call Confirm パケットでアドレスを抑制する例

次に、Call Confirm パケットでソース アドレスと宛先アドレスの両方を抑制する例を示します。

interface serial 0
no ip address
encapsulation x25
no x25 security call-conf address out source suppress dest suppress

Call Confirm パケットで元のコール パケットのアドレスを使用する例

次に、元の Call パケットで示されたアドレスを Call Confirm パケットで符号化するように指定する例を示します。

interface serial 0
no ip address
encapsulation x25
no x25 security call-conf address out source unmodified dest unmodified

参考資料

X.25 Call Confirm パケット アドレス コントロールの追加情報については、次の項の関連資料を参照してください。

関連資料

関連項目
参照先

X.25 コマンド

Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference , Release 12.3

X.25 設定作業および例

Cisco IOS Wide-Area Networking Configuration Guide , Release 12.3』

CRCDN および CLAMN セキュリティ シグナリング ファシリティを抑制するためのコマンドおよび作業

『X.25 Suppression of Security Signaling Facilities, 12.2(13)』(新機能に関するマニュアル)

規格

規格1
タイトル

ITU-T X.25

ITU-T 1980 X.25 勧告

ITU-T 1984 X.25 勧告

ITU-T 1988 X.25 勧告

ITU-T 1993 X.25 勧告

1.サポートされている規格がすべて記載されているわけではありません。

MIB

MIB2
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB の場所を検索してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

2.サポートされている MIB がすべて記載されているわけではありません。

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、このモジュールに記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/wan/command/reference/wan_book.html )を参照してください Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

x25 security call-conf address out