Cisco IOS ワイドエリア ネットワーキング コンフィ ギュレーション ガイド
フレームリレー ポイントマルチポイント ワイ ヤレス
フレームリレー ポイントマルチポイント ワイヤレス
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

フレームリレー ポイントマルチポイント ワイヤレス

機能概要

利点

制約事項

関連機能およびテクノロジー

関連資料

サポートされているプラットフォーム

サポートされている規格、MIB、および RFC

前提条件

設定作業

仮想フレームリレー インターフェイスの作成

仮想フレームリレーの確認

トラブルシューティングのヒント

設定例

ヘッドエンドの例

加入者ユニットの例

コマンド リファレンス

フレームリレー ポイントマルチポイント ワイヤレス

機能の履歴

リリース
変更点

12.2(2)T 以前

この機能が、さまざまなプラットフォームに追加されました。

12.2(2)T

この機能のサポートが、マルチポイント固定ワイヤレスに追加されました。

この機能モジュールで、マルチポイント固定ワイヤレスでのフレームリレーのサポートについて説明しています。これには、新しい機能の利点、サポートされるプラットフォーム、関連マニュアル、およびその他の情報が含まれます。

このマニュアルは次の項で構成されています。

「機能概要」

「サポートされているプラットフォーム」

「前提条件」

「設定作業」

「設定例」

「コマンド リファレンス」

機能概要

この機能は、ワイヤレス インターフェイスを使用しているフレームリレー ネットワークに、エンドツーエンド フレームリレー ネットワークを提供します。新しいコマンドをいくつか使用して仮想フレームリレー インターフェイスを確立し、特定のマルチポイント宛先 MAC アドレスにリンクします。設定情報は、新しいインターフェイス タイプ、仮想フレームリレー、および新しいインターフェイス コマンドの interface virtual-framerelay および frame-relay over radio に関連付けられます。

新しいインターフェイスを使用すると、Cisco uBR7200 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 2600 シリーズ ルータで、シリアル インターフェイスからマルチポイント フレームリレー インターフェイスへのシームレスな移行が可能になります。RFC 1315 のフレームリレー DTE MIB を実装することで、仮想フレームリレー インターフェイスが特定のマルチポイント無線インターフェイスと宛先 MAC アドレスにリンクできます。ヘッドエンド ルータは、フレームリレーのスイッチとして働き、加入者ユニットからの無線周波数信号を受信します。受信すると、マルチポイント リンクがシリアル リンクに切り替えられ、上流のルータに切り替えられます。

図 1 ポイントツー マルチポイント

 

利点

この機能は、固定ワイヤレスでフレームリレー サービスをシームレスに拡張します。インターフェイスのイメージは、既存のフレームリレー サービスと同じです。

既存のフレームリレー インフラストラクチャは、仮想インターフェイスを作成することで利用されます。ハードウェアのアップグレードは不要です。

制約事項

ワイヤレス ネットワーク モジュールが正しくインストールおよび設定されており、Cisco IOS リリース 12.2(2)T イメージを使用している必要があります。仮想フレームリレー インターフェイスは、マルチポイント無線インターフェイスと一緒の場合にのみ使用します。ケーブル インターフェイスと一緒に使用することはできません。

固定ワイヤレスでのフレームリレーにより、シリアル インターフェイスよりも低いペイロードを実現します。このペイロードは 1488 バイトです。一方、フレームリレーがシリアル リンクにあるときは 1500 バイトです。

関連機能およびテクノロジー

新しい機能を利用するには、マルチポイント固定ワイヤレス インターフェイスを使用する必要があります。

関連資料

Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ、ならびに Cisco 2600 シリーズおよび Cisco 3600 シリーズ ルータでサポートされるシスコのマルチポイント ワイヤレスの詳細については、次のマニュアルを参照してください。

ルータ

ルータ製品のコマンド リファレンス

ヘッドエンドのマニュアル

『Cisco uBR7200 Series Multipoint Wireless Modem Card and Subsystem Installation』

『Cisco Multipoint Headend Wireless Transverter Duplexer Replacement Instructions』

『Cisco Multipoint Headend Power Feed Panel Replacement Instructions』

『Cisco Multipoint Headend Wireless Transverter Replacement Instructions』

『Multipoint Wireless Support for Cisco uBR7200 Series Universal Broadband Router』

加入者ユニットのマニュアル

『Multipoint Wireless Support for the Cisco 2600 and Cisco 3600 Series Routers』

『Cisco 2600 Series Hardware Installation Guide』

『Software Configuration Guide』(Cisco 3600 シリーズおよび Cisco 2600 シリーズ ルータの場合)

『Cisco Network Modules Hardware Installation Guide』(Cisco 3600 シリーズおよび Cisco 2600 シリーズ ルータの場合)

サポートされているプラットフォーム

フレームリレー ポイントマルチポイント ワイヤレス機能は、次のプラットフォームでサポートしています。

Cisco 2610

Cisco 2611

Cisco 2620

Cisco 2621

Cisco 2650

Cisco 2651

Cisco 3620

Cisco 3640

Cisco 3661

Cisco 3662

Cisco uBR7223

Cisco uBR7246

Cisco uBR7246 VXR

サポートされている規格、MIB、および RFC

規格

DOCSIS 1.0 および 1.0+。DOCSIS 1.0+ を実装すると、DOCSIS 1.0 に Quality-of-Service (QoS; サービス品質)サポートが付きます。

MIB

この機能は、次でサポートされます。

Cisco uBR7200 シリーズ MIB および DOCSIS MIB

フレームリレー DTE MIB(RFC 1315)

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア リリースによりサポートされている MIB のリストを入手し、MIB モジュールをダウンロードするには、cisco.com の次の Cisco MIB Web サイトの URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

RFC 1315「 Management Information Base for Frame Relay DTEs

前提条件

この機能を使用するには、ルータおよびワイヤレス リンクが適切に機能していなければなりません。

設定作業

フレームリレー ポイントマルチポイント ワイヤレス機能の設定作業については、次の項を参照してください。一覧内の各作業は、必須と任意に分けています。

仮想フレームリレー インターフェイスを作成する。

仮想フレームリレー インターフェイスの作成

仮想フレームリレー インターフェイスを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface virtual-framerelay number

仮想フレームリレー インターフェイスを作成し、インターフェイスへの番号を割り当てます。

ステップ 2

Router(config-if)# frame-relay over radio interface destination

インターフェイスのスロットおよびポート番号を特定します。

仮想フレームリレーの確認

インターフェイスが存在することを確認するには、 show interface virtual-framerelay コマンドを入力します。

トラブルシューティングのヒント

マルチポイント ワイヤレス リンクがアップしており、適切に動作していることを確認し、標準的なトラブルシューティングの手順に従ってください。

設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

ヘッドエンドの例

加入者ユニットの例

ヘッドエンドの例

次に、仮想フレームリレー インターフェイスの作成例を示します。 interface virtual-framerelay コマンドの末尾に割り当てた番号は、仮想インターフェイスに割り当てられる番号です。 frame-relay over radio コマンドは、インターフェイスの作成後に、特定の MAC アドレスにインターフェイスをリンクするために使用します。

!

interface virtual-framerelay1
ip address 10.6.24.20 255.255.0.0
frame-relay map ip 11.6.24.21 16
frame-relay intf-type dce
frame-relay route 100 interface Hssi1/0 100
frame-relay route 200 interface Hssi1/0 300
frame-relay over Radio3/0 0002.b905.fc30
!
interface virtual-framerelay2
ip address 10.30.36.12 255.255.255.0
frame-relay map ip 11.30.36.12 16
frame-relay intf-type dce
frame-relay route 100 interface Hssi1/0 200
frame-relay route 200 interface Hssi1/0 400
frame-relay over Radio3/0 0002.fd50.bf90
interface Hssi1/0
no ip address
encapsulation frame-relay
no ip mroute-cache
hssi internal-clock
frame-relay lmi-type cisco
frame-relay intf-type dce
frame-relay route 100 interface Virtual-FrameRelay1 100
frame-relay route 200 interface Virtual-FrameRelay2 100
frame-relay route 300 interface Virtual-FrameRelay1 200
frame-relay route 400 interface Virtual-FrameRelay2 200
!
interface radio3/0 point-to-multipoint
ip address 10.30.38.0 255.255.255.0
no ip mroute-cache
no keepalive
radio cable-loss 1 4 1
radio transmit-power 31
radio upstream frequency 2156000 width 6.0
radio upstream 0 subchannel 3 modulation-profile 8
radio upstream 0 target-receive-power -72
no radio upstream 0 shutdown
radio upstream 1 target-receive-power -72
radio upstream 1 shutdown
radio upstream 2 target-receive-power -72
radio upstream 2 shutdown
radio upstream 3 target-receive-power -72
radio upstream 3 shutdown
radio downstream frequency 2530000 width 6.0
radio downstream subchannel 2 modulation-profile 1
radio su-onoff-trap interval 600
 
interface virtual-frameRelay1
Virtual-FrameRelay1 is up, line protocol is up
Hardware is Virtual Frame Relay interface
MTU 1488 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation FRAME-RELAY, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LMI enq sent 0, LMI stat recvd 0, LMI upd recvd 0
LMI enq recvd 1175, LMI stat sent 1175, LMI upd sent 0, DCE LMI up
LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DCE
Broadcast queue 0/64, broadcasts sent/dropped 0/0, interface broadcasts 0
Last input 00:00:07, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 4d03h
Queueing strategy:fifo
Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
5 minute input rate 9000 bits/sec, 2 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
2094 packets input, 229655 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
1175 packets output, 66954 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions

加入者ユニットの例

次に、 interface virtual-framerelay コマンドを加入者ユニットで使用し、仮想フレームリレー インターフェイスを作成する例を示します。 frame-relay over radio コマンドは、インターフェイスの作成後に、特定の MAC アドレスにインターフェイスをリンクするために使用します。

interface virtual-framerelay1
ip address 11.6.24.21 255.255.0.0
frame-relay over Radio1/0 0030.80ac.a054
!
interface virtual-framerelay1.1 point-to-point
ip address 192.168.0.0 255.255.255.0
no cdp enable
frame-relay interface-dlci 100
!
interface virtual-framerelay1.2 multipoint
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
frame-relay map ip 192.168.1.0 200
!
interface radio1/0 point-to-multipoint
ip address docsis
no ip route-cache
no ip dvmrp auto-summary
no ip mroute-cache
docsis boot admin 2
docsis boot oper 5
docsis upstream channel 1 only
docsis mac-timer t2 180000
no docsis compliant bridge
radio cable-loss 1 2 1
no cdp enable
 
show interface virtual-frameRelay1
Virtual-FrameRelay1 is up, line protocol is up
Hardware is Virtual Frame Relay interface
MTU 1488 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation FRAME-RELAY, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LMI enq sent 1579, LMI stat recvd 1224, LMI upd recvd 0, DTE LMI up
LMI enq recvd 0, LMI stat sent 0, LMI upd sent 0
LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DTE
Broadcast queue 0/64, broadcasts sent/dropped 0/0, interface broadcasts 0
Last input 00:00:08, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 4d03h
Queueing strategy:fifo
Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
3 minutes, 30 seconds input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
3 minutes, 30 seconds output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
1984 packets input, 395391 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
2474 packets output, 875444 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、このモジュールに記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/wan/command/reference/wan_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、参照先( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )の Command Lookup Tool を使用するか、または『 Cisco IOS Master Commands List 』にアクセスしてください。

debug frame-relay virtual

frame-relay over radio

interface virtual-framerelay