Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル
MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル

機能情報の確認

この章の構成

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルに関する情報

MPLS スタティック ラベルと MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの概要

スタティックな割り当てに予約されたラベル

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル の設定方法

MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約

MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定

前提条件

MPLS スタティック クロス コネクトの設定

前提条件

制約事項

VPN のエッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定

制約事項

前提条件

トラブルシューティングのヒント

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル の設定例

MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約:例

MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定:例

MPLS スタティック クロス コネクトの設定:例

VPN エッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの機能情報

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル

このマニュアルでは、MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル機能および Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)スタティック ラベルの設定方法について説明します。Virtual Private Network Routing and Forwarding(VRF; バーチャル プライベート ネットワーク ルーティングおよび転送)対応スタティック ラベルは MPLS Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)のエッジで使用でき、MPLS スタティック ラベルは MPLS VPN プロバイダー コアでだけ使用できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルに関する情報

VRF 対応スタティック ラベルを設定および使用するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「MPLS スタティック ラベルと MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの概要」

「スタティックな割り当てに予約されたラベル」

MPLS スタティック ラベルと MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの概要

Label Switch Router(LSR; ラベル スイッチ ルータ)は、ラベル スイッチ パケットに使用する必要があるラベルを、次のラベル配布プロトコルを使用してダイナミックに学習します。

ラベルをネットワーク アドレスにバインドするために使用される Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)標準である Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル)

Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)のラベル配布に使用される Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)

MPLS VPN のラベル配布に使用される Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)

LSR では、ダイナミックに学習したラベルを Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)にインストールします。

次の目的でスタティック ラベルを設定できます。

LDP ラベル配布を実装していないネイバー ルータを経由した MPLS ホップバイホップ転送をサポートするためにラベルを IPv4 プレフィクスにバインドする場合。MPLS スタティック ラベルを使用すると、MPLS 転送テーブルにエントリを設定して、LDP によって学習される Forwarding Equivalence Class(FEC)にラベル値を割り当てることができます。エンドポイント間で LDP を実行することなく、LSP を手動で設定できます。

ネイバー ルータが LDP または RSVP ラベル配布を実装していないが、MPLS 転送パスを実装しているときに、MPLS Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ミッドポイントをサポートするためにスタティック クロス コネクトを作成する場合。

Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータで VRF 対応ラベルをカスタマー ネットワーク プレフィクス(VPN IPv4 プレフィクス)にスタティックにバインドする場合。VRF 対応スタティック ラベルは非グローバルの VRF テーブルで使用できるため、ラベルを VPN エッジで使用できます。たとえば、Carrier Supporting Carrier(CSC)機能において、バックボーン キャリアで、カスタマー キャリアのエッジ ルータにアドバタイズする FEC に特定のラベルを割り当てることができます。その後、課金などの目的で、バックボーン キャリアで特定のカスタマー キャリアから着信するバックボーン トラフィックを監視できます。VRF 対応スタティック ラベルは、設定に応じて、次のいずれかの方法でアドバタイズされます。

VRF インスタンス内の PE および Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)ルータ間の LDP

サービス プロバイダーのバックボーンにおける VPNv4 BGP

スタティックな割り当てに予約されたラベル

手動でラベルを割り当てる前に、手動割り当てで使用するラベルの範囲を予約する必要があります。ラベルを予約することによって、ラベルがダイナミックに割り当てられないようにすることができます。Cisco IOS Release 12.0S 以降のリリースを実行している場合は、予約した範囲のラベルを有効にするためにルータをリロードする必要がある場合があります。

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル の設定方法

ここでは、次の作業について説明します。

「MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約」(必須)

「MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定」 (任意)

「MPLS スタティック クロス コネクトの設定」 (任意)

「VPN のエッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定」 (任意)

MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約

次の手順では、スタティックに割り当てるラベルを予約して、ラベルがダイナミックに割り当てられないようにする方法について説明します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls label range minimum-value maximum-value [ static minimum-static-value maximum-static-value ]

4. end

5. show mpls label range

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls label range minimum-value maximum-value
[ static minimum-static-value maximum-static-value]

 

Router(config)# mpls label range 200 100000 static 16 199

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

show mpls label range
 
Router# show mpls label range

MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定

MPLS スタティック ラベルを使用すると、MPLS 転送テーブルにエントリを設定して、LDP によって学習される FEC にラベル値を割り当てることができます。エンドポイント間でラベル配布プロトコルを実行することなく、LSP を手動で設定できます。MPLS VPN ネットワークでは、スタティック ラベルは MPLS VPN プロバイダー コアでだけ使用できます。

前提条件

各 LSR で MPLS をグローバルにイネーブルにすること。

各 LSR でシスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにすること。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls static binding ipv4 prefix mask { label | input label | output nexthop { explicit-null | implicit-null | label }}

4. end

5. show mpls static binding ipv4

6. show mpls forwarding-table

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始し、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 3

mpls static binding ipv4 prefix mask { label | input label | output nexthop { explicit-null | implicit-null | label }}
 

Router(config)# mpls static binding ipv4 10.2.2.0 255.255.255.255 input 17

IPv4 プレフィクスにラベルのスタティック バインディングを指定します。

指定したバインディングは、ルーティングの要求として自動的に MPLS 転送テーブルにインストールされます。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

ステップ 5

show mpls static binding ipv4

 

Router# show mpls static binding ipv4

設定したスタティック ラベルを表示します。

ステップ 6

show mpls forwarding-table

 

Router# show mpls forwarding-table

MPLS 転送に使用されるスタティック ラベルを表示します。

MPLS スタティック クロス コネクトの設定

ネイバー ルータが LDP または RSVP ラベル配布を実装していないが、MPLS 転送パスを実装しているときに、MPLS LSP ミッドポイントをサポートするために MPLS スタティック クロス コネクトを設定できます。

前提条件

各 LSR で MPLS をグローバルにイネーブルにすること。

各 LSR でシスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにすること。

制約事項

MPLS スタティック クロス コネクト機能は、Cisco IOS Releases 12.0(23)S および 12.3(14)T 以降のリリースでサポートされています。Cisco IOS Release 12.4(20)T ではサポートされていません。

MPLS スタティック クロス コネクト ラベルは、エントリが指すルータがダウンしても LFIB 内に維持されます。

トポロジが変更された場合でも、MPLS スタティック クロス コネクト マッピングは有効なままとなります。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls static crossconnect inlabel out-interface nexthop { outlabel | explicit-null | implicit-null }

4. end

5. show mpls static crossconnect

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls static crossconnect inlabel out-interface nexthop { outlabel | explicit-null | implicit-null }
 

Router(config)# mpls static crossconnect 45 pos5/0 45 explicit-null

スタティック クロス コネクトを指定します。

引数は、マルチアクセス インターフェイスで必要です。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show mpls static crossconnect

 

Router# show mpls static crossconnect

設定したスタティック クロス コネクトを表示します。

VPN のエッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定

PE ルータで VRF 対応ラベルをカスタマー ネットワーク プレフィクス(VPN IPv4 プレフィクス)にスタティックにバインドできます。VRF 対応スタティック ラベルは非グローバルの VRF テーブルで使用できるため、ラベルを VPN エッジで使用できます。

制約事項

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル機能は、MPLS LDP を使用する MPLS VPN Carrier Supporting Carrier ネットワークでだけサポートされています。

前提条件

各 LSR で MPLS をグローバルにイネーブルにすること。

各 LSR でシスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにすること。

MPLS VPN が設定されていること。VPN および VRF の設定の詳細については、『 MPLS VPN Carrier Supporting Carrier Using LDP and IGP 』を参照してください。

プロバイダー ネットワークに MPLS LDP がインストールされ、実行されていること。LDP の設定の詳細については、『 MPLS VPN Carrier Supporting Carrier Using LDP and IGP 』を参照してください。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls static binding ipv4 vrf vpn-name prefix mask { input label | label }

4. end

5. show mpls static binding ipv4 vrf vpn-name

手順の詳細

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls static binding ipv4 vrf vpn-name prefix mask { input label | label }

 
Router(config)# mpls static binding ipv4 vrf vpn100 10.2.0.0 255.255.0.0 input 17

プレフィクスをローカル ラベルにバインドします。

指定したバインディングは、ルーティングの要求として自動的に MPLS 転送テーブルにインストールされます。

(注) VRF 対応スタティック ラベルを作成する前に、MPLS VPN および VRF を設定する必要があります。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

ステップ 5

show mpls static binding ipv4 vrf vpn-name

 

Router(config)# show mpls static binding ipv4 vrf vpn100

設定した MPLS スタティック バインディングを表示します。

トラブルシューティングのヒント

スタティック バインディング イベントに関連する情報を表示するには、 debug mpls static binding vrf コマンドを使用します。

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル の設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約:例」

「MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定:例」

「MPLS スタティック クロス コネクトの設定:例」

「VPN エッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定:例」

MPLS スタティック ラベルおよび MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルで使用するラベルの予約:例

次の例では、mpls label range コマンドによって、200 ~ 100000 の一般的なラベルの範囲が予約され、16 ~ 199 のスタティック ラベルの範囲が設定されています。

Router(config)# mpls label range 200 100000 static 16 199
 
% Label range changes take effect at the next reload.

 

次の例では、 show mpls label range コマンドの出力によって、リロードするまでは新しいラベル範囲が有効にならないことが示されています。

Router# show mpls label range
 
Downstream label pool: Min/Max label: 16/100000
[Configured range for next reload: Min/Max label: 200/100000]
Range for static labels: Min/Max/Number: 16/199

 

次の例では、リロード後に実行された show mpls label range コマンドの出力によって、新しいラベル範囲が有効になっていることが示されています。

Router# show mpls label range
 
Downstream label pool: Min/Max label: 200/100000
Range for static labels: Min/Max/Number: 16/199

MPLS VPN プロバイダー コアにおける MPLS スタティック ラベルの設定:例

次の例では、いくつかのプレフィクスに対して入力および出力ラベルが設定されています。

Router(config)# mpls static binding ipv4 10.0.0.0 255.0.0.0 55
Router(config)# mpls static binding ipv4 10.0.0.0 255.0.0.0 output 10.0.0.66 167
Router(config)# mpls static binding ipv4 10.66.0.0 255.255.0.0 input 17
Router(config)# mpls static binding ipv4 10.66.0.0 255.255.0.0 output 10.13.0.8 explicit-null

 

show mpls static binding ipv4 コマンドによって、設定されたスタティック ラベルが表示されます。

Router# show mpls static binding ipv4
 
10.0.0.0/8: Incoming label: 55
Outgoing labels:
10.0.0.66 167
10.66.0.0/24: Incoming label: 17
Outgoing labels:
10.13.0.8 explicit-null

MPLS スタティック クロス コネクトの設定:例

次の例では、mpls static crossconnect コマンドによって、POS インターフェイス 5/0 に入力ラベル 45 から出力ラベル 46 へのクロス コネクトが設定されています。

Router(config)# mpls static crossconnect 45 pos5/0 46

 

show mpls static crossconnect コマンドによって、設定されているクロス コネクトについての情報が表示されます。

Router# show mpls static crossconnect
 
Local Outgoing Outgoing Next Hop
label label interface
45 46 pos5/0 point2point (in LFIB)

VPN エッジにおける MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの設定:例

次の例では、 mpls static binding ipv4 vrf コマンドによってスタティック ラベル バインディングが設定されています。また、さまざまなプレフィクスの入力(ローカル)ラベルも設定されています。

Router(config)# mpls static binding ipv4 vrf vpn100 10.0.0.0 10.0.0.0 55
Router(config)# mpls static binding ipv4 vrf vpn100 10.66.0.0 255.255.0.0 input 17
 

次の出力では、 show mpls static binding ipv4 vrf コマンドによって、設定された VRF 対応スタティック バインディングが表示されています。

Router# show mpls static binding ipv4 vrf vpn100
 
10.0.0.0/8: (vrf: vpn100) Incoming label: 55
Outgoing labels: None
10.66.0.0/16: (vrf: vpn100) Incoming label: 17
Outgoing labels: None

その他の関連資料

ここでは、MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

LDP および IGP を使用する MPLS VPN CSC

『MPLS VPN Carrier Supporting Carrier Using LDP and IGP』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、 http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html にある『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』を参照してください。

debug mpls static binding

mpls label range

mpls static binding ipv4

mpls static binding ipv4 vrf

show mpls label range

show mpls static binding ipv4

show mpls static binding ipv4 vrf

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベルの機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル

12.0(23)S
12.0(26)S
12.3(14)T
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH
12.2(33)SB

MPLS LDP VRF 対応スタティック ラベル機能では、MPLS LDP - VRF 対応スタティック ラベル機能および MPLS スタティック ラベルの設定方法について説明します。VRF 対応スタティック ラベルは MPLS VPN のエッジで使用でき、MPLS スタティック ラベルは MPLS VPN プロバイダー コアでだけ使用できます。

MPLS スタティック ラベルが 12.0(23)S で導入されましたが、グローバル ルーティング テーブルだけをサポートしていました。

VPN エッジで VRF トラフィックに対して MPLS スタティック ラベルを使用できる MPLS LDP VRF 対応スタティック ラベル機能は、12.0(26)S で導入されました。

この機能は、12.3(14)T で統合されました。

この機能は、12.2(33)SRA で統合されました。

この機能は、12.2(33)SXH で統合されました。

Cisco 10000 シリーズ ルータのサポートは、12.2(33)SB で追加されました。

CCDE, CCENT, Cisco Eos, Cisco Lumin, Cisco Nexus, Cisco StadiumVision, Cisco TelePresence, Cisco WebEx, the Cisco logo, DCE, and Welcome to the Human Network are trademarks; Changing the Way We Work, Live, Play, and Learn and Cisco Store are service marks; and Access Registrar, Aironet, AsyncOS, Bringing the Meeting To You, Catalyst, CCDA, CCDP, CCIE, CCIP, CCNA, CCNP, CCSP, CCVP, Cisco, the Cisco Certified Internetwork Expert logo, Cisco IOS, Cisco Press, Cisco Systems, Cisco Systems Capital, the Cisco Systems logo, Cisco Unity, Collaboration Without Limitation, EtherFast, EtherSwitch, Event Center, Fast Step, Follow Me Browsing, FormShare, GigaDrive, HomeLink, Internet Quotient, IOS, iPhone, iQuick Study, IronPort, the IronPort logo, LightStream, Linksys, MediaTone, MeetingPlace, MeetingPlace Chime Sound, MGX, Networkers, Networking Academy, Network Registrar, PCNow, PIX, PowerPanels, ProConnect, ScriptShare, SenderBase, SMARTnet, Spectrum Expert, StackWise, The Fastest Way to Increase Your Internet Quotient, TransPath, WebEx, and the WebEx logo are registered trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the United States and certain other countries.