Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS トラフィック エンジニアリング MIB
MPLS トラフィック エンジニアリング MIB
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB

機能情報の確認

この章の構成

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の制約事項

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関する情報

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB シスコ実装

MPLS トラフィック エンジニアリングの概要

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされている機能

通知生成イベント

通知の実装

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の利点

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB レイヤ構造

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関連する機能およびテクノロジー

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされるオブジェクト

CLI から MPLS トラフィック エンジニアリング MIB 情報へのアクセス

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB からの情報の取得

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB を設定する方法

SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する

SNMP エージェントのステータスの確認

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の設定例

SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB を使用すると、Cisco IOS ソフトウェアで Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェントをサポートして、MPLS Traffic Engineering MIB(MPLS TE MIB; トラフィック エンジニアリング MIB)に実装されているとおりに、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)を管理できます。SNMP エージェント コードが MPLS TE MIB と連携して動作するため、標準化された SNMP ベースの方法を使用して、Cisco IOS ソフトウェアで MPLS TE 機能を管理できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の制約事項

Cisco IOS リリースの MPLS TE MIB には、次の制約事項が適用されます。

MIB オブジェクトに対して Read-Only(RO; 読み取り専用)権限をサポートする。

(書き込み可能となった)mplsTunnelTrapEnable オブジェクトを除き、SET 機能による設定がサポートされない。そのため、MPLS TE MIB ではインターフェイス MIB に対するインデックスの作成がサポートされている。

(SET 機能による書き込みが可能となった)mplsTunnelTrapEnable オブジェクトに対する場合を除き、SNMP GET、GETNEXT、GETBULK の取得機能だけをサポートする。

Guaranteed Bandwidth Traffic Engineering(GBTE; 保証帯域幅トラフィック エンジニアリング)機能および自動帯域幅機能がサポートされない。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関する情報

ここでは、次の内容について説明します。

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB シスコ実装」

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされている機能」

「通知生成イベント」

「通知の実装」

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の利点」

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB レイヤ構造」

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関連する機能およびテクノロジー」

「MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされるオブジェクト」

「CLI から MPLS トラフィック エンジニアリング MIB 情報へのアクセス」

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB シスコ実装

MPLS TE MIB は、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)が draft-ietf-mpls-te-mib-05.txt にまとめたドラフト MIB に基づいています。このドラフト MIB には、MPLS TE をサポートする機能について説明したオブジェクトが登録されています。

IETF ドラフト MIB と Cisco IOS ソフトウェア内の TE 機能の実装はわずかに異なるため、MPLS TE MIB と Cisco IOS ソフトウェアの内部データ構造との間でいくつかの軽微な変換が必要となります。その変換は、ネットワーク内のさまざまなホストにインストールされて動作している SNMP エージェント コードが実行します。この SNMP エージェント コードは、ロー プライオリティのプロセスとしてバックグラウンドで実行され、Cisco IOS ソフトウェアへの管理インターフェイスとなります。

MPLS TE MIB に定義された SNMP オブジェクトは、標準の SNMP ユーティリティで表示できます。すべての MPLS TE MIB オブジェクトが、IETF ドラフト MIB に基づいています。このため、シスコ固有の SNMP アプリケーションを使用することなく、MPLS TE MIB に関する機能および操作をサポートできます。

MPLS トラフィック エンジニアリングの概要

Cisco IOS ソフトウェアで MPLS TE 機能を使用すると、MPLS バックボーンによってレイヤ 2 ATM およびフレーム リレー ネットワークの TE 機能を複製および拡張できます。

サービス プロバイダーと Internet Service Provider(ISP; インターネット サービス プロバイダー)のバックボーンを効率よく管理するには、TE 機能が不可欠です。 このようなバックボーンでは高 伝送 容量 をサポートする必要があり、 バックボーンがあるネットワークではリンクまたはノードの障害に対して高い復元力を確保する必要があります

MPLS TE 機能が Cisco IOS ソフトウェアに組み込まれているため、一般に WAN を経由する大量のトラフィックを豊富な機能で統合的に管理できます。MPLS TE 機能がレイヤ 3 ネットワーク サービスに統合されているため、既存のバックボーン伝送容量およびネットワーク トポロジによって制限が課せられるものの、IP トラフィックの ルーティングが最適化 されます。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされている機能

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB では、次の機能がサポートされています。

MPLS TE トンネルの動作ステータスの変更を知らせる通知メッセージを生成し、キューに入れる。

MPLS TE トンネルの通知メッセージをイネーブル、ディセーブル、および設定するための既存の SNMP コマンドを拡張する。

通知メッセージの送信先となる稼動環境内の Network Management Station(NMS; ネットワーク管理ステーション)の名前または IP アドレスを指定する。

通知設定を不揮発性メモリに書き込む。

通知生成イベント

MPLS TE 通知がイネーブルになっている場合( snmp-server enable traps mpls traffic-eng コマンドを参照)、Cisco IOS ソフトウェア内の特定のイベントに関連する通知メッセージが生成されて、ネットワーク内の指定された NMS に送信されます。

たとえば、MPLS TE トンネルが設定されている場合に、そのトンネルが「ダウン」状態から「アップ」状態に遷移すると、mplsTunnelUp 通知が NMS に送信されます。

逆に、MPLS TE トンネルが「アップ」状態から「ダウン」状態に遷移すると、mplsTunnelDown 通知が生成されて NMS に送信されます。

次の条件が満たされると、mplstunnelRerouted 通知が NMS に送信されます。

何らかの理由で既存の MPLS TE トンネルのシグナリング パスが失敗し、新規パス オプションがシグナリングされて有効になる(つまり、トンネルがリルートされる)。

既存の MPLS TE トンネルのシグナリング パスが問題なく動作しているが、さらに優れたパス オプションをシグナリングして有効にすることができる(つまり、トンネルを再最適化できる)。この再最適化は、次の方法でトリガーできます。

タイマー

mpls traffic-eng reoptimize コマンドの発行

トンネルの再シグナリングを必要とする設定変更

MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルが再最適化されるときには、mplsTunnelReoptimized 通知は生成されません。ただし、mplsTunnelReroute 通知が生成されます。このため、NMS ではトンネル再最適化イベントとトンネル リルート イベントとを区別できません。

パス オプションは、新規トンネル パスを確立するための優先順位を指定するのに使用できる設定可能なパラメータです。たとえば、トンネル ヘッド設定を作成し、数多くのパス オプションに 1 ~ n の番号を付与できます。「1」が最もプライオリティの高いオプションで、「n」が数に制限のないプライオリティの低いパス オプションです。このため、このように指定できるパス オプションの数に制限はありません。

通知の実装

MPLS TE トンネル インターフェイス(またはイーサネットや Packet over SONET(POS)インターフェイスなど他のデバイス インターフェイス)がアップ状態とダウン状態との間で遷移すると、Interfaces MIB(ifMIB; インターフェイス MIB)リンク通知が生成されます。MPLS TE MIB 環境でこのような通知が発生すると、通知が MPLS TE トンネルに関連付けられているかどうかを確認するため、ソフトウェアによってインターフェイスがチェックされます。関連付けられている場合、インターフェイス MIB リンク通知が適切な mplsTunnelUp 通知または mplsTunnelDown 通知と連結され、トンネル インターフェイスで発生している動作イベントに関する通知が NMS に送信されます。このため、MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル インターフェイスに関するインターフェイス MIB リンク通知が生成されると、指定の NMS に適切な mplsTunnelUp 通知または mplsTunnelDown 通知が送信されます。

MPLS TE トンネルのシグナリング パスが変更されるたびに、mplsTunnelRerouted 通知が生成されます。ただし、MPLS TE MIB でソフトウェア インテリジェンスが機能するため、トンネルの管理ステータスまたは動作ステータスのチェック時に TE トンネルがアップ状態またはダウン状態に遷移しても、リルート通知が NMS に送信されません。この場合、アップかダウン通知、またはリルート通知のどちらか一方を送信できます。両方は送信できません。そのため、ネットワークで不要なトラフィックが発生しません。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の利点

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB には、次の利点があります。

標準ベースの SNMP インターフェイスにより、MPLS TE に関する情報を取得できる。

MPLS TE トンネルでのトラフィック フローに関する情報を取得できる。

設定済みルートも含めた MPLS TE トンネル ルート、Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)が計算したルート、および実際に通過したルートを示すことができる。

リンクで障害が発生した場合にトンネルがどのようにリルートされたかをインターフェイス MIB とともに示すことができる。

MPLS TE トンネルに使用される設定済みのリソースに関する情報を取得できる。

MPLS TE トンネルの動作ステータスが大きく変更された場合、注意を喚起する通知を生成し、キューに入れることができる。

ネットワーク管理者が評価し、対策を講じることができるように、指定の NMS に通知メッセージを転送できる。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB レイヤ構造

MPLS TE MIB をサポートする SNMP エージェント コードは、Cisco IOS ソフトウェア内のこのようなコードの既存モデルに準じます。また、その一部は、MIB ソース コードに基づいて Cisco IOS ツール セットにより生成されます。

SNMP エージェント コードは、Cisco IOS ソフトウェアの MIB サポート コードとほぼ同じ階層構造となっており、次の 4 つのレイヤで構成されています。

プラットフォームに依存しないレイヤ:このレイヤは、主に Cisco IOS MIB 開発ツール セットによって生成され、プラットフォームや実装に依存しない機能を統合します。この Cisco IOS MIB 開発ツール セットにより、MIB に関連付けられる標準のファイル セットが作成されます。

アプリケーション インターフェイス レイヤ:このレイヤに属する MIB オブジェクトの機能、名前、およびテンプレート コードも、Cisco IOS MIB 開発ツール セットによって生成されます。

アプリケーション固有のレイヤ:このレイヤは、アプリケーション インターフェイス レイヤと Application Program Interface(API; アプリケーション プログラム インターフェイス)データ構造レイヤとをつなぐインターフェイスであり、Cisco IOS ソフトウェアから必須情報を取得するのに必要な作業(データ構造内の検索など)を実行します。

API/データ構造レイヤ:このレイヤには、SNMP 管理情報を設定または取得するために取得または呼び出される Cisco IOS ソフトウェア内のデータ構造または API が含まれています。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関連する機能およびテクノロジー

MPLS TE MIB 機能は、次の機能およびテクノロジーとともに使用されます。

標準ベースの SNMP ネットワーク管理アプリケーション

MPLS

MPLS TE

MPLS Label Switching Router MIB(MPLS-LSR-MIB; MPLS ラベル スイッチング ルータ MIB)

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB でサポートされるオブジェクト

MPLS TE MIB には、Cisco IOS ソフトウェアで読み取り専用の SNMP を使用して MPLS TE 機能を管理できるテーブルとオブジェクト定義が数多く含まれています。MPLS TE MIB は、Abstract Syntax Notation One(ASN.1; 抽象構文記法 1)に準拠しており、理想的な MPLS TE データベースを反映させたものとなっています。

標準の SNMP ネットワーク管理アプリケーションを使用すると、GET 操作で MPLS TE MIB から情報を取得して表示できます。また、GETNEXT 操作で MIB データベース内の情報を走査して表示することもできます。

Cisco IOS リリースでサポートされている MPLS TE MIB テーブルおよびオブジェクトは次のとおりです。重要な MIB テーブル(太字で強調表示されているテーブル)については、付属のテキストで簡単に説明しています。

mplsTunnelConfigured:このノードに定義されているトンネル設定の総数。

mplsTunnelActive:このノードに定義されている Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)の総数。

mplsTunnelTEDistProto:使用中の IGP 配布プロトコル。

mplsTunnelMaxHops:特定のトンネルが使用できるホップの最大数。

mplsTunnelIndexNext:サポートされていません。0 に設定されます。

mplsTunnelTable:このテーブルのエントリのうち、インスタンスが 0 で送信元アドレスが 0 のエントリは、トンネル ヘッドの設定となります。このテーブルのそれ以外のエントリは、LSP のインスタンスとなり、シグナリングとスタンバイの両方があります。トンネル インスタンスがシグナリングである場合、その動作ステータス(operStatus)は「アップ」(1)に設定され、そのインスタンスはアクティブな LSP となります。

トンネル設定は、トンネル インターフェイスが定義されているトンネル ヘッドにだけ存在します。LSP はネットワークを通り、トンネル ヘッド、トンネル ミッドポイント、およびトンネル テールを必要とします。

トンネル テーブルのポインタは、他の MIB テーブルの対応するエントリを参照します。このようなポインタを使用すると、mplsTunnelTable でエントリを見つけ、他のテーブルへのポインタをたどってさらに情報を入手できます。ポインタには、mplsTunnelResourcePointer、mplsTunnelHopTableIndex、mplsTunnelARHopTableIndex、および mplsTunnelCHopTableIndex があります。

トンネル テーブルは、トンネル ID、トンネル インスタンス、トンネル送信元アドレス、およびトンネル宛先アドレスでインデックスが作成されます。各エントリの記述には、アルファベットのサフィクス(a)、(b)、または(c)が適宜付与されており、次のようにエントリの適用性を示します。

a. トンネル ヘッド設定専用

b. LSP 専用

c. トンネル ヘッド設定用かつ LSP 用

次に、各エントリのリストおよび説明を示します。

mplsTunnelIndex:トンネル ID と同じです(c)。

mplsTunnelInstance:LSP のトンネル インスタンス。ヘッド設定の場合は 0 になります(b)。

mplsTunnelIngressLSRId:LSP の送信元 IP アドレス。ヘッド設定の場合は 0 になります(b)。

mplsTunnelEgressLSRId:トンネルの宛先 IP アドレス(c)。

mplsTunnelName:トンネル インターフェイスのコマンド名(a)。

mplsTunnelDescr:トンネル設定および LSP に付与されるわかりやすい名前(c)。

mplsTunnelIsIf:エントリがインターフェイスであるかどうかを示すインジケータ(c)。

mplsTunnelIfIndex:ifMIB 内のトンネル インターフェイスのインデックス(a)。

mplsTunnelXCPointer:(ミッドポイントだけでテールにはなし)MPLS LSR MIB の mplsXCTable 内の LSP へのポインタ(b)。

mplsTunnelSignallingProto:トンネルで使用されているシグナリング プロトコル(c)。

mplsTunnelSetupPrio:トンネルのセットアップ プライオリティ(c)。

mplsTunnelHoldingPrio:トンネルの保留プライオリティ(c)。

mplsTunnelSessionAttributes:セッション アトリビュート(c)。

mplsTunnelOwner:トンネル オーナー(c)。

mplsTunnelLocalProtectInUse:実装されていません(c)。

mplsTunnelResourcePointer:リソース テーブルへのポインタ(b)。

mplsTunnelInstancePriority:実装されていません(b)。

mplsTunnelHopTableIndex:ホップ テーブルのインデックス(a)。

mplsTunnelARHopTableIndex:AR ホップ テーブルのインデックス(b)。

mplsTunnelCHopTableIndex:C ホップ テーブルのインデックス(b)。

mplsTunnelPrimaryTimeUp:現在のパスがアップになっている秒数(a)。

mplsTunnelPathChanges:トンネルが再シグナリングされた回数(a)。

mplsTunnelLastPathChange:最後のパスの再シグナリングが発生してからの秒数(a)。

mplsTunnelCreationTime:トンネルが作成されたタイム スタンプ(a)。

mplsTunnelStateTransitions:トンネルの状態が変更された回数(a)。

mplsTunnelIncludeAnyAffinity:実装されていません(a)。

mplsTunnelIncludeAllAffinity:リンクを通過するためにトンネルに設定する必要があるアトリビュート ビット(a)。

mplsTunnelExcludeAllAffinity:リンクを通過するためにトンネルに設定 してはいけない アトリビュート ビット(a)。

mplsTunnelPathInUse:トンネルのパスに使用されるパス オプション番号。アクティブなパス オプションがない場合、このオブジェクトは 0 になります(a)。

mplsTunnelRole:ルータでのトンネルのロール。つまり、ヘッド、ミッドポイント、またはテール(c)。

mplsTunneltotalUptime:トンネルがアップ状態になっている秒数(a)。

mplsTunnelInstanceUptime:実装されていません(b)。

mplsTunnelAdminStatus:トンネルの管理ステータス(c)。

mplsTunnelOperStatus:トンネルの実際の動作ステータス(c)。

mplsTunnelRowStatus:このオブジェクトは、新規トンネルの設定に使用されます。このオブジェクトは常に「アクティブ」であると見なされます(a)。

mplsTunnelStorageType:トンネル エントリのストレージ タイプ(c)。

mplsTunnelHopListIndexNext:次に mplsTunnelHopTable のインデックスとして使用できる有効なインデックス。

mplsTunnelHopTable :このテーブルのエントリはトンネル設定のためにだけ存在し、トンネルに対して定義されているパス オプションに対応しています。パス オプションには、 明示的 動的 の 2 つのタイプがあります。このテーブルには、明示パス オプションに記載されているすべてのホップが示されますが、動的なパス オプションについては宛先ホップだけとなります。トンネル ホップ テーブルは、トンネル ID、パス オプション、およびホップ数でインデックスが作成されます。

次に、各テーブル エントリのリストおよび説明を示します。

mplsTunnelHopListIndex:テーブルのプライマリ インデックス。

mplsTunnelHopIndex:テーブルのセカンダリ インデックス。

mplsTunnelHopAddrType:このホップのアドレスが IPv4 であるか IPv6 であるかを示します。

mplsTunnelHopIpv4Addr:このホップの IPv4 アドレス。

mplsTunnelHopIpv4PrefixLen:IPv4 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelHopIpv6Addr:このホップの IPv6 アドレス。

mplsTunnelHopIpv6PrefixLen:IPv6 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelHopAsNumber:このオブジェクトには、mplsTunnelHopAddrType の値に応じて、0 またはホップの自律システム番号が含まれます。

mplsTunnelHopLspId:このオブジェクトには、mplsTunnelHopAddrType の値に応じて、0 またはトンネルの LSP ID が含まれます。

mplsTunnelHopType:このトンネル ホップがストリクトまたはルーズのいずれでルーティングされるかを示します。

mplsTunnelHopRowStatus:このオブジェクトは、テーブルの新規行の設定に使用されます。

mplsTunnelHopStorageType:この MIB オブジェクトのストレージ タイプ。

mplsTunnelResourceIndexNext:このオブジェクトには、mplsTunnelResourceTable にエントリを作成するときに、次に mplsTunnelResourceIndex に使用できる適切な値が含まれています。

mplsTunnelResourceTable :このテーブルのエントリは、 show mpls traffic-eng tunnels コマンドを実行すると表示される「Tspec」情報に対応しています。これらのエントリは、LSP のためにだけ存在します。

トンネル リソース テーブルは、アドレスおよびホップ数でインデックスが作成されます。トンネル テーブルの mplsTunnelResourcePointer ポインタをたどるのが、このテーブルから情報を取得する最善の方法です。

次に、各テーブル エントリのリストおよび説明を示します。

mplsTunnelResourceIndex:このテーブルのプライマリ インデックス。

mplsTunnelResourceMaxRate:このトンネルでサポートされている最大レート(ビット/秒)。

mplsTunnelResourceMeanRate:このトンネルでサポートされている平均レート(ビット/秒)。

mplsTunnelResourceMaxBurstSize:このトンネルで許容されている最大バースト サイズ(バイト)。

mplsTunnelResourceRowStatus:このオブジェクトは、テーブルの新規行の設定に使用されます。

mplsTunnelResourceStorageType:この MIB オブジェクトのストレージ タイプ。

mplsTunnelARHopTable :このテーブルのエントリは、トンネルが実際にたどり、ネットワークが正常にシグナリングしたルートに対応しています。このテーブルに示されたホップは、Resource Reservation Protocol(RSVP)の Record Route Object(RRO)に示されたホップに対応しています。このテーブルの情報は、 show mpls traffic-eng tunnels コマンドを実行して表示することもできます。

実際のルート ホップ テーブルは、アドレスおよびホップ数でインデックスが作成されます。トンネル テーブルの mplsTunnelARHopTableIndex ポインタをたどるのが、このテーブルから情報を取得する最善の方法です。

次に、各テーブル エントリのリストおよび説明を示します。

mplsTunnelARHopListIndex:このテーブルのプライマリ インデックス。

mplsTunnelARHopIndex:このテーブルのセカンダリ インデックス。

mplsTunnelARHopIpv4Addr:このホップの IPv4 アドレス。

mplsTunnelARHopIpv4PrefixLen:IPv4 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelARHopIpv6Addr:このホップの IPv6 アドレス。

mplsTunnelARHopIpv6PrefixLen:IPv6 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelARHopAsNumber:このオブジェクトには、mplsTunnelARHopAddrType の値に応じて、0 またはホップの AS 番号が含まれます。

mplsTunnelARHopAddrType:この MIB エントリのアドレスのタイプ。IPv4 または IPv6 のいずれかになります。

mplsTunnelARHopType:このトンネル ホップがストリクトまたはルーズのいずれでルーティングされるかを示します。

mplsTunnelCHopTable :このテーブルのエントリは、LSP のシグナリングに使用される RSVP の Explicit Route Object(ERO; 明示ルート オブジェクト)に対応しています。このテーブルのホップ リストには、Constraint-based Shortest Path First(CSPF)アルゴリズムで計算されるホップが登録されます。トンネルに「ルーズ」ホップが指定されている場合、このテーブルにはパスを完結するためにルーズ ホップ間に「埋められる」ホップが登録されます。完全明示パスを指定した場合、算出されたホップ テーブルは指定のパスに一致します。

算出されたホップ テーブルは、アドレスおよびホップ数でインデックスが作成されます。トンネル テーブルの mplsTunnelCHopTableIndex ポインタをたどるのが、このテーブルから情報を取得する最善の方法です。

次に、各テーブル エントリのリストおよび説明を示します。

mplsTunnelCHopListIndex:このテーブルのプライマリ インデックス。

mplsTunnelCHopIndex:このテーブルのセカンダリ インデックス。

mplsTunnelCHopAddrType:このホップのアドレスが IPv4 であるか IPv6 であるかを示します。

mplsTunnelCHopIpv4Addr:このホップの IPv4 アドレス。

mplsTunnelCHopIpv4PrefixLen:IPv4 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelCHopIpv6Addr:このホップの IPv6 アドレス。

mplsTunnelCHopIpv6PrefixLen:IPv6 アドレスのプレフィクス長。

mplsTunnelCHopAsNumber:このオブジェクトには、mplsTunnelHopAddrType の値に応じて、0 またはホップの自律システム番号が含まれます。

mplsTunnelCHopType:このトンネル ホップがストリクトまたはルーズのいずれでルーティングされるかを示します。

mplsTunnelPerfTable mplsTunnelTable を補強するトンネル パフォーマンス テーブルで、トンネルごとにパケット カウンタおよびバイト カウンタが用意されます。このテーブルには、次のパケット カウンタおよびバイト カウンタが含まれています。

mplsTunnelPerfPackets:このパケット カウンタは、トンネル ヘッドに対してだけ機能します。

mplsTunnelPerfHCPackets:このパケット カウンタは、トンネル ヘッドに対してだけ機能します。

mplsTunnelPerfErrors:このパケット カウンタは、トンネル ヘッドに対してだけ機能します。

mplsTunnelPerfBytes:このバイト カウンタは、トンネル ヘッドおよびトンネル ミッドポイントに対しては機能しますが、トンネル テールに対しては機能しません。

mplsTunnelPerfHCBytes:このバイト カウンタは、トンネル ヘッドおよびトンネル ミッドポイントに対しては機能しますが、トンネル テールに対しては機能しません。

mplsTunnelTrapEnable:オブジェクト タイプ mplsTunnelTrapEnable は書き込み可能になりました。そのため、このオブジェクト タイプを「TRUE」に設定した場合、後続の通知がイネーブルになり、MPLS TE トンネルの動作ステータスに対する変更を監視できるようになります。

mplsTunnelUp

mplsTunnelDown

mplsTunnelRerouted

mplsTunnelTrapEnable オブジェクトを「FALSE」に設定した場合、このような動作ステータス通知は生成されません。このような通知機能は、 draft-ietf-mpls-te-mib-05.txt にまとめられた IETF ドラフト マニュアルでの定義(mplsTeNotifications)に基づいています。

CLI から MPLS トラフィック エンジニアリング MIB 情報へのアクセス

図 1 に、MPLS TE MIB 内の特定のテーブルから情報を取得するために使用できるコマンドを示します。この図に示すように、MPLS TE MIB 内の情報の中にはコマンドで取得できないものもあります。

図 1 MPLS TE MIB 情報を取得するためのコマンド

 

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB からの情報の取得

ここでは、TE トンネルに関する情報を効率よく取得する方法について説明します。このような情報は、TE トンネルが数多く含まれている大規模ネットワークで便利です。

mplsTunnelTable を走査するときは、mplsTunnelName など単一の列を対象とします。このようにすると、トンネル設定ごとにインデックスを作成し、ホスト ルータに必要な LSP を用意できます。このようなインデックスを使用すると、GET 操作を実行して、mplsTunnelTable の任意の列および行から情報を取得できます。

mplsTunnelTable は、トンネルごとに他のテーブルへのポインタを提供します。たとえば、mplsTunnelResourcePointer 列は、mplsTunnelResourceTable 内のリソース割り当て情報にアクセスするのに使用できる Object ID(OID; オブジェクト ID)となります。mplsTunnelHopTableIndex、mplsTunnelARHopTableIndex、mplsTunnelCHopTableIndex の各列はそれぞれ、mplsTunnelHopTable、mplsTunnelARHopTable、および mplsTunnelCHopTable のプライマリ インデックスとなります。ホップ テーブルの列とプライマリ インデックスを使用してこのように MPLS TE MIB を走査すると、そのトンネル設定のホップに関する情報を取得できます。

トンネルがインターフェイスとして処理されるため、トンネル テーブル列(mplsTunnelIfIndex)がインターフェイス MIB のインデックスとなり、そのインデックスを使用してトンネルに関するインターフェイス固有の情報を取得できます。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB を設定する方法

ここでは、次の作業について説明します。

「SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する」(必須)

「SNMP エージェントのステータスの確認」 (任意)

SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する

MPLS TE MIB の SNMP エージェントは、デフォルトではディセーブルになっています。MPLS TE MIB に対して SNMP エージェントをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. telnet host

2. enable

3. show running-config

4. configure terminal

5. snmp-server community string [ view view-name ] [ ro | rw ] [ ipv6 nacl ] [ access-list-number ]

6. snmp-server enable traps [ identification-type ] [ notification-option ]

7. exit

8. write memory

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

telnet host

 

Router> telnet 192.172.172.172

xxx.xxx.xxx.xxx で表される)指定の IP アドレスで特定したルータに対して Telnet を実行します。

ステップ 2

enable

 

Router# enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 3

show running-config

 

Router# show running-config

実行コンフィギュレーションを表示して、SNMP エージェントがすでに実行されているかどうかを確認します。

SNMP 情報が表示されない場合は、 ステップ 4 に移動します。SNMP 情報が表示された場合は、情報を必要に応じて修正したり変更したりできます。

ステップ 4

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

snmp-server community string [ view view-name ] [ ro | rw ] [ ipv6 nacl ] [ access-list-number ]

 

Router(config)# snmp-server community comaccess ro 4

Read-Only(RO; 読み取り専用)コミュニティ ストリングをイネーブルにします。

ステップ 6

snmp-server enable traps [ identification-type ] [ notification-option ]

 

Router(config)# snmp-server enable traps

SNMP 通知または SNMP 応答要求を SNMP ホストに送信するように LSR をイネーブルにします。

(注) このコマンドは任意です。SNMP がイネーブルになると、ユーザが(TE MIB だけでなく)すべての MIB に対して照会できるようになります。

ステップ 7

exit

 

Router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

write memory

 

Router# write memory

変更した設定を NVRAM に書き込み、設定を永続的に保存します。

SNMP エージェントのステータスの確認

ホスト ネットワーク デバイスで SNMP エージェントがイネーブルになっていることを確認するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. telnet host

2. enable

3. show running-config

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

telnet host

 

Router# telnet 192.172.172.172

xxx.xxx.xxx.xxx で表される)指定の IP アドレスで特定したターゲット デバイスに対して Telnet を実行します。

ステップ 2

enable

 

Router# enable

ターゲット デバイスで SNMP をイネーブルにします。

ステップ 3

show running-config

 

Router# show running-config

ターゲット デバイスの実行コンフィギュレーションを表示します。出力を調べて SNMP 情報を表示するために使用されます。

次に、ターゲット デバイスの実行コンフィギュレーションとその SNMP 情報を表示する例を示します。

Router# show running-config
.
.
.
snmp-server community public ro
snmp-server community private ro
 

出力にここに示した形式の snmp-server 文がある場合は、そのデバイスで SNMP がすでにイネーブルになっています。

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の設定例

ここでは、次の設定例を示します。

「SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する:例」

SNMP エージェントを利用して、ローカル ルータ上のトンネルのさまざまな MPLS TE トンネル特性を管理する:例

次に、ホスト ネットワーク デバイス上で SNMP エージェントをイネーブルにする例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# snmp-server community private
 

次に、SNMPv1 および SNMPv2C をイネーブルにする例を示します。設定では、コミュニティ ストリング public を使用して、SNMP エージェントが読み取り専用アクセス権ですべての MPLS TE MIB オブジェクトにアクセスすることを許可しています。

Router(config)# snmp-server community public
 

次に、comaccess コミュニティ ストリングを指定するアクセス リスト 4 のメンバーに、すべての MPLS TE MIB オブジェクトへの読み取り専用アクセスを許可する例を示します。その他の SNMP エージェントは MPLS TE MIB オブジェクトにアクセスできません。

Router(config)# snmp-server community comaccess ro 4

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS ベースの機能

『MPLS Label Distribution Protocol (LDP)』

『MPLS Label Switching Router MIB』

『MPLS Scalability Enhancements for the LSC LSR』

『MPLS Scalability Enhancements for the ATM LSR』

『MPLS Traffic Engineering (TE)--Automatic Bandwidth Adjustment for MPLS TE Tunnels』

『MPLS Traffic Engineering (TE)--Scalability Enhancements』

『MPLS Class of Service Enhancements』

『RFC 2233 Interfaces MIB』

規格

 

規格
タイトル

draft-ietf-mpls-te-mib-05

『MPLS Traffic Engineering Management Information Base Using SMIv2』

MIB

 

MIB
MIB リンク

MPLS TE MIB

『Interfaces MIB』

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

RFC 2026

『The Internet Standards Process』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )にアクセスしてください。

snmp-server community

snmp-server enable traps mpls traffic-eng

snmp-server host

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の機能情報

表 1 に、この MIB のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS トラフィック エンジニアリング MIB の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB

12.0(17)S
12.0(17)ST
12.2(8)T
12.2(14)S
12.2(28)SB
12.2(31)SB2

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB 機能を使用すると、Cisco IOS ソフトウェアで SNMP エージェントをサポートして、MPLS TE MIB に実装されているとおりに、MPLS TE を管理できます。

12.0(17)S では、MPLS TE MIB on Cisco 7500 シリーズ ルータおよび Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータで MPLS TE トンネルを使用しているときに、MPLS TE トンネルの動作ステータスの変更を知らせる SNMP 通知メッセージを生成し、キューに入れることができるようになりました。

12.0(17)ST では、SNMP トラフィック エンジニアリング通知のサポートが Cisco 7500 シリーズ ルータおよび Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータに拡大されました。

12.2(8)T では、SNMP TE 通知のサポートが Cisco 7500 シリーズ ルータに拡大されました。 snmp-server host コマンドが変更されました。

この機能は、12.2(14)S で統合されました。

この機能は、12.2(28)SB で統合されました。

この機能は、12.2(31)SB2 で統合されました。

次のコマンドが導入または変更されました。 snmp-server community snmp-server enable traps mpls traffic-eng snmp-server host

 

用語集

Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)トンネル :パケットの伝送にラベル スイッチングが使用される、2 台のルータ間に設定された接続。

LSP :Label Switched Path(ラベル スイッチド パス)。ラベル付きパケットが複数のホップを介して通過するパス。このパスは、入力 LSR から開始し、出力 LSR で終了します。

LSR :Label Switch Router(ラベル スイッチ ルータ)。パケットにカプセル化されたラベルの値に基づいてパケットを転送するレイヤ 3 ルータ。

MIB :Management Information Base(管理情報ベース)。SNMP などのネットワーク管理プロトコルにより使用および管理される(MIB オブジェクトで構成される)ネットワーク管理情報のデータベース。MIB オブジェクトの値は、SNMP コマンドを使用して変更および取得できます。これらのコマンドは通常、GUI ベースのネットワーク管理システムから実行します。MIB オブジェクトはツリー構造であり、ツリーにはパブリック(標準)ブランチとプライベート(独自)ブランチを含みます。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ラベルを使用して IP トラフィックを転送するスイッチング方式。このラベルによって、ネットワーク内のルータおよびスイッチが、事前に確立された IP ルーティング情報に基づくパケットの転送先を指示されます。

NMS :Network Management Station(ネットワーク管理ステーション)。ネットワーク管理者がネットワーク内の他のデバイスとの通信に使用する、十分に装備された強力なコンピュータ(通常はエンジニアリング ワークステーション)。NMS は通常、ネットワーク リソースの管理、統計の収集、さまざまなネットワーク管理タスクと設定タスクの実行のために使用されます。

OSPF :Open Shortest Path First。IP のルーティングに使用されるリンクステート ルーティング プロトコル。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。ネットワーク リソースを予約するためのプロトコル。これにより、アプリケーション フローに対して Quality of Service(QoS; サービス品質)が保証されます。

SNMP :Simple Network Management Protocol(簡易ネットワーク管理プロトコル)。TCP/IP ネットワークでほぼ独占的に使用されているネットワーク管理プロトコル。SNMP は、ネットワーク デバイスの監視と制御、設定の管理、統計の収集、パフォーマンスの監視、およびネットワーク セキュリティの確保を行う手段を提供します。

VCC :Virtual Channel Connection(仮想チャネル接続)。ATM ネットワーク内の 2 つのエンドポイント間でデータを伝送する、VCL で構成された論理回線。仮想回線接続と呼ばれることもあります。

VCI :Virtual Channel Identifier(仮想チャネル識別子)。ATM セルのヘッダーにある 16 ビットのフィールド。VCI は、VPI とともに、次のネットワーク VCL が一連の ATM スイッチを経由して最終的な宛先に到達するセル パスであると識別するために使用されます。

VCL :Virtual Channel Link(仮想チャネル リンク)。VCL は ATM ネットワーク内の 2 つの隣接スイッチ間に存在する論理接続です。

VPI :Virtual Path Identifier(仮想パス識別子)。ATM セルのヘッダーにある 8 ビットのフィールド。VPI は、VCI とともに、次のネットワーク VCL が一連の ATM スイッチを経由して最終的な宛先に到達するセル パスであると識別するために使用されます。

アフィニティ ビット MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルが通過するリンクのアトリビュートに関するトンネルの要件。トンネルのアフィニティ ビットとアフィニティ マスクは、トンネルを保持するさまざまなリンクのアトリビュートと一致する必要があります。

応答確認 :従来のトラップ通知メッセージよりも信頼性の高い通知メッセージのタイプ。信頼性が高いのは、応答確認メッセージでは確認応答が必要になるためです。

コール アドミッション プレシデンス :高プライオリティの MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルは、必要に応じて、低プライオリティの MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルをプリエンプトする。その用途としては、プライオリティが低いトンネルは別のパスを見つけることができるという前提の下で、ルーティングの難易度が高いトンネルに高いプライオリティを設定し、ルーティングの難易度が低いトンネルをプリエンプトすることなどが考えられます。

コンストレイントベース ルーティング :単に最短パスを使用するのではなく、リソースの要件とアベイラビリティを考慮して、バックボーンでのルートを決定するのに使用される手順およびプロトコル。

通知 :SNMP エージェントによってネットワーク管理ステーション、コンソール、または端末に送信されるメッセージ。これにより、Cisco IOS ソフトウェア内で重大なイベントが発生したことが示されます(「トラップ」を参照

テールエンド :トンネルのダウンストリーム受信エンド。

トラップ :SNMP エージェントによってネットワーク管理ステーション、コンソール、または端末に送信されるメッセージ。これにより、Cisco IOS ソフトウェア内で重大なイベントが発生したことが示されます。トラップ(通知)は応答要求よりも信頼性が低くなります。トラップの受信者が受信の確認応答を送信しないので、トラップが受信されたかどうかをトラップの送信者が判断できないためです(「通知」を参照)。

トラフィック エンジニアリング :ネットワーク上で、標準的なルーティング方法が使用された場合に選択されるパスとは異なるパスを経由してトラフィックがルーティングされるようにするために使用する技術やプロセス。

フロー :Point of Presence(POP)と呼ばれるポイントでバックボーンに入り、別のポイントから出ていくトラフィック負荷。バックボーン全体でトラフィック エンジニアリングする必要があります。トラフィック負荷は、入口 POP から出口 POP までの 1 つまたは複数の LSP トンネルを介して伝送されます。

ヘッドエンド :トンネルの始まりとなる LSR。トンネルの「ヘッド」、つまりトンネル インターフェイスもこの LSR に存在します。

ラベル :スイッチング ノードに対してデータの転送方法(パケットまたはセル)を指示する短い固定長のデータ構造。