Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート
MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート

機能情報の確認

この章の構成

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの前提条件

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの制約事項

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートに関する情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの利点

トラフィック エンジニアリング帯域幅および帯域幅プール

LSP アトリビュート リストの使用と管理

トンネル アトリビュートと LSP アトリビュート

LSP アトリビュートと LSP アトリビュート リスト

LSP アトリビュート リストの管理

自動帯域幅と帯域幅上書きのパス オプション

MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択

コンストレイントベース ルーティングとパス オプション選択

トンネル再最適化とパス オプション選択

帯域幅上書きを使用したパス オプション選択

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの設定方法

MPLS トラフィック エンジニアリング LSP アトリビュート リストの設定

LSP アトリビュート リストの設定

LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加

LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更

LSP アトリビュート リストの削除

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの確認

すべての LSP アトリビュート リストの確認

LSP アトリビュート リストと MPLS TE トンネルのパス オプションの関連付け

パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する

MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションの削除

LSP が正しいアトリビュートを使用してシグナリングされていることの確認

帯域幅上書きのパス オプションの設定

TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションの設定

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更

帯域幅上書きのパス オプションの削除

LSP が正しい帯域幅を使用してシグナリングされていることの確認

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの設定例

LSP アトリビュート リストの設定:例

LSP アトリビュート リストの設定:例

LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加:例

LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除:例

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更:例

LSP アトリビュート リストの削除:例

LSP アトリビュート リストと TE トンネルのパス オプションの関連付け:例

パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する:例

MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションの削除:例

帯域幅上書きのパス オプションの設定:例

帯域幅上書きのパス オプションおよび LSP アトリビュート リストのコンフィギュレーション コマンド例

TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションの設定:例

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更:例

帯域幅上書きのパス オプションの削除:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート

このマニュアルでは、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルに関連付けられたパス オプションの Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)アトリビュートの設定方法について説明します。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能は、LSP アトリビュート リスト機能および帯域幅上書きのパス オプション機能を提供する MPLS TE への拡張機能です。これらの機能によって、MPLS TE トンネル パス オプションの LSP アトリビュートを柔軟に設定できるようになります。LSP アトリビュート リストを使用すると、TE トンネルのパス オプションに対して複数の LSP アトリビュートを適用できます。必要な LSP アトリビュートが帯域幅だけである場合、帯域幅上書きのパス オプションを設定できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの前提条件

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能では、LSP アトリビュート リストまたは帯域幅上書きのパス オプション機能を設定する前に MPLS TE トンネルを設定する必要があります。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの制約事項

異なる帯域幅プール タイプ(サブプールとグローバル プール)および異なるプライオリティのパス オプション間での再最適化はサポートされていません。具体的には次のとおりです。

帯域幅上書きのパス オプション機能では、トンネルに設定されているものと同じ帯域幅プールを使用してパス オプションに帯域幅を設定する必要があります。

LSP アトリビュート リスト機能では、パス オプションの帯域幅プールとプライオリティの両方を、トンネルまたはトンネルで使用されている他のパス オプションに設定されている帯域幅プールおよびプライオリティと矛盾しないものに設定する必要があります。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートに関する情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能を設定するには、次の情報が必要です。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの利点」

「トラフィック エンジニアリング帯域幅および帯域幅プール」

「LSP アトリビュート リストの使用と管理」

「自動帯域幅と帯域幅上書きのパス オプション」

「MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択」

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの利点

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートでは、LSP アトリビュート リスト機能と帯域幅上書きのパス オプション機能が提供されます。これらの機能には、次の利点があります。

LSP アトリビュート リスト機能によって、TE トンネルの複数の LSP 固有のパス オプションの値を設定できる。

1 つ以上の TE トンネルで、LSP アトリビュート リストを参照することによって特定のパス オプションを指定できる。

LSP アトリビュート リストによって、MPLS TE ユーザ インターフェイスがより柔軟で使いやすくなり、拡張と管理が簡単になる。

帯域幅上書きのパス オプション機能によって、TE トンネルが帯域幅の制約を緩和できるパス オプションに一時的にフォールバックできる単一のコマンドが提供される。

トラフィック エンジニアリング帯域幅および帯域幅プール

MPLS トラフィック エンジニアリングを使用すると、IP トラフィックの Constraint-Based Routing(CBR; コンストレイントベース ルーティング)が可能になります。CBR によって満たされる制約の 1 つに、選択されたパスにおける必要な帯域幅のアベイラビリティがあります。通常の TE トンネル帯域幅は、グローバル プールと呼ばれます。サブプール帯域幅は、グローバル プールの一部です。サブプール帯域幅は、使用中以外はグローバル プールから予約されません。そのため、サブプール トンネルでは、サブプール以外のトンネルよりも高いプライオリティが必要となります。

LSP アトリビュート帯域幅パス オプションは、グローバル プール(デフォルト)またはサブプールの帯域幅を使用するように設定できます。パス オプションの帯域幅値は任意の有効な値に設定でき、プールはトンネルに設定されているプールと同じものである必要はありません。


bandwidth [sub-pool | global] kbps コマンドを使用してパス オプションの帯域幅を設定する場合は、すべてサブプールの帯域幅を使用するか、またはすべてグローバル プールの帯域幅を使用してください。


LSP アトリビュート リスト機能または帯域幅上書きのパス オプション機能を使用して、ダイナミック パス オプションおよび明示パス オプションの両方に帯域幅を設定できます。これらの機能をイネーブルにするコマンドは、両方同時に使用することはできません。帯域幅がパス オプションに設定する必要がある唯一の LSP アトリビュートである場合は、帯域幅上書きのパス オプション機能をイネーブルにするコマンドを使用します。帯域幅の制約が緩和される複数のパス オプションを設定する場合、これが最も簡単な方法です。インターフェイス コンフィギュレーション モードで tunnel mpls traffic-eng path-option コマンドに bandwidth キーワードを入力すると、そのパス オプションに対しては LSP アトリビュート リストを設定できなくなります。

LSP アトリビュート リストの使用と管理

ここでは、LSP アトリビュート リストの使用と管理に関する次の内容について説明します。

「トンネル アトリビュートと LSP アトリビュート」

「LSP アトリビュートと LSP アトリビュート リスト」

「LSP アトリビュート リストの管理」

トンネル アトリビュートと LSP アトリビュート

Cisco IOS トンネリング インターフェイスには、MPLS TE に関連した数多くのパラメータがあります。通常、これらのパラメータは、インターフェイス コンフィギュレーション モードで tunnel mpls traffic-eng コマンドを使用して設定します。これらのコマンドの多くは、トンネルのロード シェアリング係数などの、トンネル固有のプロパティを決定します。これらのコマンドでは、トンネルによって使用されている特定の LSP には関連しないパラメータが設定されます。ただし、一部のトンネリング パラメータは、トンネルが使用する LSP に適用されます。LSP 固有のプロパティは、LSP アトリビュート リストを使用して設定できます。

LSP アトリビュートと LSP アトリビュート リスト

LSP アトリビュート リストには、TE トンネルに設定できる各 LSP 固有のパラメータの値を含めることができます。LSP アトリビュート リストは、 mpls traffic-eng lsp attributes string コマンドを使用して設定します。ここで、 string はアトリビュート リストを示しています。指定できる LSP アトリビュートには、次のものがあります。

LSP を構成するリンクのアトリビュート フラグ( affinity コマンド)

自動帯域幅設定( auto-bw コマンド)

グローバル プールまたはサブプールの LSP 帯域幅( bandwidth コマンド)

LSP の再最適化のディセーブル化( lockdown コマンド)

LSP プライオリティ( priority コマンド)

障害保護( protection コマンド)

LSP で使用されるルートの記録( record-route コマンド)

LSP アトリビュート リストの管理

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能では、LSP アトリビュート リストの管理に役立つコマンドも提供されます。次のことを実行できます。

すべてのアトリビュート リスト エントリの再リスト( list コマンド)

リストからの特定のアトリビュートの削除( no attribute コマンド)

exit コマンドを使用すると、LSP アトリビュート コンフィギュレーション サブモードを終了して、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

要件に応じて、異なるパス オプションに対して、異なるアトリビュートのセットを持つ LSP アトリビュート リストを設定できます。また、LSP アトリビュート リストは、同じ LSP アトリビュートを使用する複数の TE トンネルを設定するための簡単な方法でもあります。つまり、同じ LSP アトリビュート リストを参照して、1 つ以上の TE トンネルの LSP 固有のパラメータを設定できます。

自動帯域幅と帯域幅上書きのパス オプション

トンネルにおいてトラフィック エンジニアリングの自動帯域幅調整が設定されている場合、トラフィック エンジニアリングでは、トンネルの帯域幅の測定された使用状況に基づいて、トラフィック エンジニアリング トンネルの帯域幅割り当てが自動的に調整されます。

トラフィック エンジニアリングの自動帯域幅では、自動帯域幅調整の対象としてマークされている各トンネルの平均出力レートがサンプリングされます。マークされた各トンネルにおいて、最後に調整されたとき以降のトンネルにおける最大のサンプルに適合するように、トンネルの割り当て済み帯域幅が定期的に調整されます。MPLS 自動帯域幅機能におけるデフォルトの再最適化設定は、24 時間ごとです。

トンネルの帯域幅が調整される頻度および可能な調整範囲は、トンネルごとに設定できます。さらに、サンプリングの間隔、および平均出力レートを取得するためにトンネルのトラフィックを平均する間隔は、ユーザがトンネルごとに設定できます。

TE トンネルの自動帯域幅調整の詳細については、『 MPLS Traffic Engineering (TE)--Automatic Bandwidth Adjustment for TE Tunnels 』を参照してください。

帯域幅上書きのパス オプション機能を使用すると、TE トンネルに設定された帯域幅を上書きできます。また、この機能では、有効なパス オプションで帯域幅の上書きがイネーブルになっている場合に、自動帯域幅調整によって設定または再計算された帯域幅が上書きされます。

MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択

ここでは、MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択に関する次の内容について説明します。

「コンストレイントベース ルーティングとパス オプション選択」

「トンネル再最適化とパス オプション選択」

「帯域幅上書きを使用したパス オプション選択」

コンストレイントベース ルーティングとパス オプション選択

MPLS トラフィック エンジニアリングでは、Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)を使用して、バックボーンを介した LSP が自動的に確立および維持されます。LSP で使用されるパスは、LSP リソース要件とネットワーク リソース(帯域幅など)によって決まります。トラフィック エンジニアリング トンネルは、必要なリソースと使用可能なリソースの調和に基づいて LSP ヘッドで計算されます(コンストレイントベース ルーティング)。

帯域幅上書きのパス オプション機能がない場合、TE トンネルでは、ダイナミック パス オプションまたは明示パス オプションに基づいて、優先度順に LSP が確立されます。ただし、TE トンネルに設定された帯域幅などのアトリビュートによって、LSP パス オプションが制約を満たす場合にだけ LSP の設定が許可されます。設定されたパス オプションを満たすパスが見つからない場合、トンネルは設定されません。

帯域幅上書きのパス オプション機能によって、TE トンネル インターフェイスに設定された帯域幅を上書きできるフォールバック パス オプションが提供されます。たとえば、帯域幅をゼロ(0)に設定するパス オプションを設定して、コンストレイントベース ルーティングによって課される帯域幅の制約を実質的に無効にできます。

トンネル再最適化とパス オプション選択

再最適化は、トラフィック エンジニアリング トンネルを持つデバイスで、LSP が確立されているトンネルを調査し、より適切な LSP が利用できるかどうかを取得するときに発生します。より適切な LSP が利用可能である場合、デバイスでは、より適切な LSP をシグナリングします。シグナリングに成功すると、デバイスでは古い LSP がより適切な新しい LSP に置き換えられます。

再最適化は、タイマー、 mpls traffic-eng reoptimize コマンドの発行、またはトンネルの再シグナリングが必要となる設定変更によってトリガーできます。たとえば、MPLS 自動帯域幅機能では、タイマーを使用して、帯域幅パス オプション アトリビュートに基づいた再最適化の頻度が設定されます。帯域幅上書きのパス オプション機能を使用すると、TE トンネル インターフェイスに設定された帯域幅と、特定のパス オプションに設定された帯域幅を切り替えることができます。これにより、TE トンネルにおける LSP のシグナリングの成功率が高まります。

パス オプションに帯域幅上書きが設定されている場合、トラフィック エンジニアリング ソフトウェアは 30 秒ごとに帯域幅を再最適化してトンネルに設定された帯域幅の再設定を試みます(「帯域幅上書きのパス オプションの設定」を参照)。

LSP アトリビュート リストで lockdown コマンドを使用して、LSP の再最適化をディセーブルにできます。 tunnel mpls traffic-eng path-option コマンドを使用して、 lockdown コマンドを含む LSP アトリビュート リストをパス オプションに適用できます。


bandwidth [sub-pool | global] kpbs コマンドを使用してパス オプションの帯域幅を設定する場合は、すべてサブプールの帯域幅を使用するか、またはすべてグローバル プールの帯域幅を使用してください。サブプールの帯域幅とサブプール以外の帯域幅を混合しないでください。混合すると、あとでパス オプションが再最適化されません。


帯域幅上書きを使用したパス オプション選択

帯域幅上書きのパス オプション機能では、 tunnel mpls traffic-eng path-option コマンドで bandwidth キーワードを使用して、特定のパス オプションに帯域幅パラメータを設定できます。帯域幅が設定されたパス オプションを使用して LSP がシグナリングされる場合、トンネルに直接設定された帯域幅ではなく、パス オプションに関連付けられた帯域幅がシグナリングされます。

この機能によって、トンネルのヘッドエンドで LSP の確立に失敗するたびに帯域幅の制約が緩和される複数のパス オプションを設定できます。

次の設定は、3 つの tunnel mpls traffic-eng path-option コマンドを示しています。

tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name path1
tunnel mpls traffic-eng path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
tunnel mpls traffic-eng path-option 3 dynamic bandwidth 0
 

デバイスでは、次のように優先度順に LSP のパス オプションが選択されます。

デバイスでは、パス オプションを使用して、パス オプション 1 から LSP のシグナリングが試みられます。

path-option 1 には帯域幅が設定されていないため、デバイスでは、トンネル インターフェイスに設定された 1000 kbps の帯域幅を使用して LSP のシグナリングが試みられます。

ネットワークで 1000 kbps の帯域幅を利用できない場合、デバイスは、path-option 2 を使用して LSP の確立を試みます。

パス オプション 2 には、500 kbps の帯域幅が設定されています。これにより、トンネル インターフェイスに設定されている元の 1000 kbps の帯域幅の制約が緩和されます。

500 kbps が利用できない場合、デバイスは、path-option 3 を使用して LSP の確立を試みます。

path-option 3 はダイナミックとして設定されており、帯域幅は 0 です。宛先までの IP パスが存在し、他のすべてのトンネル制約が満たされる場合、デバイスで LSP が確立されます。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの設定方法

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能を設定するための次のプロセスについて説明します。

「MPLS トラフィック エンジニアリング LSP アトリビュート リストの設定」

「帯域幅上書きのパス オプションの設定」

MPLS トラフィック エンジニアリング LSP アトリビュート リストの設定

MPLS トラフィック エンジニアリング LSP アトリビュート リストを設定および確認するには、次の作業を実行します。

「LSP アトリビュート リストの設定」(必須)

「LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加」 (任意)

「LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除」 (任意)

「LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更」 (任意)

「LSP アトリビュート リストの削除」 (任意)

「LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの確認」 (任意)

「すべての LSP アトリビュート リストの確認」 (任意)

「LSP アトリビュート リストと MPLS TE トンネルのパス オプションの関連付け」(必須)

「パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する」 (任意)

「MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションの削除」 (任意)

「LSP が正しいアトリビュートを使用してシグナリングされていることの確認」 (任意)

LSP アトリビュート リストの設定

パス オプションに適用する必要なアトリビュートを持つ Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)アトリビュート リストを設定するには、次の作業を実行します。要件に応じて、異なるパス オプションに対して、異なるアトリビュートのセットを持つ LSP アトリビュート リストを設定できます。LSP アトリビュート リストによって、MPLS TE トンネル パス オプションの設定において、柔軟で使いやすく、拡張と管理が簡単なユーザ インターフェイスが提供されます。

また、LSP アトリビュート リストは、同じ LSP アトリビュートを使用する複数の TE トンネルを設定するための簡単な方法でもあります。つまり、同じ LSP アトリビュート リストを参照して、1 つ以上の TE トンネルの LSP 固有のパラメータを設定できます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls traffic-eng lsp attributes string

4. affinity value [ mask value ]

5. auto-bw [ frequency secs ] [ max-bw kbps ] [ min-bw kbps ] [ collect-bw ]

6. bandwidth [ sub-pool | global ] kbps

7. list

8. lockdown

9. priority setup-priority [ hold-priority ]

10. protection fast-reroute

11. record-route

12. no sub-command

13. exit

14. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls traffic-eng lsp attributes string

 

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1

LSP アトリビュート リストを設定して、LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを開始します。

string 引数は、特定の LSP アトリビュート リストを示します。

ステップ 4

affinity value [ mask value ]

 

Router(config-lsp-attr)# affinity 0 mask 0

(任意)LSP を構成するリンクのアトリビュート フラグを指定します。

value 引数は、LSP を構成するリンクで必要な値です。各ビットの値は 0 または 1 です。

mask value のキーワードと引数の組み合せは、どのアトリビュート値をチェックする必要があるかを示します。

マスクのビットが 0 の場合、そのビットに対応するリンクのアトリビュート値は関連しません。

マスクのビットが 1 の場合、そのリンクのアトリビュート値と、そのビットに対応する LSP の必要なアフィニティは一致する必要があります。

ステップ 5

auto-bw [ frequency secs ] [ max-bw kbps ] [ min-bw kbps ] [ collect-bw ]

 

Router(config-lsp-attr)# auto-bw

(任意)自動帯域幅設定を指定します。

frequency secs のキーワードと引数の組み合せは、帯域幅調整の間隔を指定します。間隔には 300 ~ 604800 秒を指定できます。

max-bw kbps のキーワードと引数の組み合せは、このパス オプションの最大自動帯域幅を kbps で指定します。0 ~ 4294967295 の値を指定できます。

min-bw kbps のキーワードと引数の組み合せは、このパス オプションの最小自動帯域幅を kbps で指定します。0 ~ 4294967295 の値を指定できます。

collect-bw キーワードを指定すると、パス オプションの出力レート情報が収集されますが、パス オプションの帯域幅は調整されません。

ステップ 6

bandwidth [ sub-pool | global ] kbps

 

Router(config-lsp-attr)# bandwidth 5000

(任意)LSP 帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 7

list

 

Router(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP アトリビュート リストの内容を表示します。

ステップ 8

lockdown

 

Router(config-lsp-attr)# lockdown

(任意)LSP の再最適化をディセーブルにします。

ステップ 9

priority setup-priority [ hold-priority ]

 

Router(config-lsp-attr)# priority 1 1

(任意)LSP プライオリティを指定します。

setup-priority 引数は、LSP のシグナリング時に既存のどの LSP よりも優先的に取得できるかを決定するために使用します。有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。したがって、設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は LSP と関連付けられて、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定します。有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。

ステップ 10

protection fast-reroute

 

Router(config-lsp-attr)# protection fast-reroute

(任意)LSP で障害保護をイネーブルにします。

ステップ 11

record-route

 

Router(config-lsp-attr)# record-route

(任意)LSP によって使用されるルートを記録します。

ステップ 12

no sub-command

 

Router(config-lsp-attr)# no record-route

(任意)LSP アトリビュート リストから特定のアトリビュートを削除します。

sub-command 引数には、アトリビュート リストから削除する LSP アトリビュートを指定します。

ステップ 13

exit

 

Router(config-lsp-attr)# exit

(任意)LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 14

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加

LSP アトリビュート リストにアトリビュートを追加するには、次の作業を実行します。LSP アトリビュート リストによって、柔軟で使いやすく、いつでも MPLS TE トンネル トラフィックの要件に合うように拡張または変更可能なユーザ インターフェイスが提供されます。LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードは、特定の LSP アトリビュート リストを表示したり、必要なパス オプション アトリビュートを追加または変更したりするために使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls traffic-eng lsp attributes string

4. affinity value [ mask value ]

5. bandwidth [ sub-pool | global ] kbps

6. priority setup-priority [ hold-priority ]

7. list

8. exit

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls traffic-eng lsp attributes string

 

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1

LSP アトリビュート リストを設定して、LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを開始します。

string 引数は、特定の LSP アトリビュート リストを示します。

ステップ 4

affinity value [ mask value ]

 

Router(config-lsp-attr)# affinity 0 mask 0

(任意)LSP を構成するリンクのアトリビュート フラグを指定します。

value 引数は、LSP を構成するリンクで必要な値です。各ビットの値は 0 または 1 です。

mask value のキーワードと引数の組み合せは、どのアトリビュート値をチェックする必要があるかを示します。

マスクのビットが 0 の場合、そのビットに対応するリンクのアトリビュート値は関連しません。

マスクのビットが 1 の場合、そのリンクのアトリビュート値と、そのビットに対応する LSP の必要なアフィニティは一致する必要があります。

ステップ 5

bandwidth [ sub-pool | global ] kbps

 

Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000

LSP 帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 6

priority setup-priority [ hold-priority ]

 

Router(config-lsp-attr)# priority 2 2

LSP プライオリティを指定します。

setup-priority 引数は、LSP のシグナリング時に既存のどの LSP よりも優先的に取得できるかを決定するために使用します。有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。したがって、設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は LSP と関連付けられて、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定します。有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。

ステップ 7

list

 

Router(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP アトリビュート リストの内容を表示します。

アトリビュート リストに追加されたパス オプション アトリビュートを表示する場合に list コマンドを使用します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-lsp-attr)# exit

(任意)LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除

LSP アトリビュート リストからアトリビュートを削除するには、次の作業を実行します。LSP アトリビュート リストによって、MPLS TE トンネル トラフィックで不要になったパス オプション アトリビュートを簡単に削除するための方法が提供されます。LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードは、特定の LSP アトリビュート リストを表示する場合、およびリストから特定のアトリビュートを削除するために使用される no sub-command コマンドで使用します。 sub-command 引数は、リストから削除するコマンドと置き換えます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls traffic-eng lsp attributes string

4. no sub-command

5. list

6. exit

7. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls traffic-eng lsp attributes string

 

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1

LSP アトリビュート リストを設定して、LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを開始します。

string 引数は、特定の LSP アトリビュート リストを示します。

ステップ 4

no sub-command

 

Router(config-lsp-attr)# no priority

LSP アトリビュート リストから特定のアトリビュートを削除します。

sub-command 引数には、アトリビュート リストから削除する LSP アトリビュートを指定します。

ステップ 5

list

 

Router(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP アトリビュート リストの内容を表示します。

アトリビュート リストからパス オプション アトリビュートが削除されたことを確認する場合に list コマンドを使用します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-lsp-attr)# exit

(任意)LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートを変更するには、次の作業を実行します。LSP アトリビュート リストによって、いつでも MPLS TE トンネル トラフィックの要件に合うように拡張または変更可能な、柔軟なユーザ インターフェイスが提供されます。LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードは、特定の LSP アトリビュート リストを表示したり、必要なパス オプション アトリビュートを変更したりするために使用します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls traffic-eng lsp attributes string

4. affinity value [ mask value ]

5. list

6. affinity value [ mask value ]

7. list

8. exit

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mpls traffic-eng lsp attributes string

 

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1

LSP アトリビュート リストを設定して、LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを開始します。

string 引数は、特定の LSP アトリビュート リストを示します。

ステップ 4

affinity value [ mask value ]

 

Router(config-lsp-attr)# affinity 1 mask 1

LSP を構成するリンクのアトリビュート フラグを指定します。

value 引数は、LSP を構成するリンクで必要な値です。各ビットの値は 0 または 1 です。

mask value のキーワードと引数の組み合せは、どのアトリビュート値をチェックする必要があるかを示します。

マスクのビットが 0 の場合、そのビットに対応するリンクのアトリビュート値は関連しません。

マスクのビットが 1 の場合、そのリンクのアトリビュート値と、そのビットに対応するトンネルの必要なアフィニティは一致する必要があります。

ステップ 5

list

 

Router(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP アトリビュート リストの内容を表示します。

アトリビュート リストに設定されたパス オプション アトリビュートを表示する場合に list コマンドを使用します。

ステップ 6

affinity value [ mask value ]

 

Router(config-lsp-attr)# affinity 0 mask 0

LSP を構成するリンクのアトリビュート フラグを指定します。

value 引数は、LSP を構成するリンクで必要な値です。各ビットの値は 0 または 1 です。

mask value のキーワードと引数の組み合せは、どのアトリビュート値をチェックする必要があるかを示します。

マスクのビットが 0 の場合、そのビットに対応するリンクのアトリビュート値は関連しません。

マスクのビットが 1 の場合、そのリンクのアトリビュート値と、そのビットに対応するトンネルの必要なアフィニティは一致する必要があります。

ステップ 7

list

 

Router(config-lsp-attr)# list

(任意)LSP アトリビュート リストの内容を表示します。

アトリビュート リストでパス オプション アトリビュートが変更されたことを確認する場合に list コマンドを使用します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-lsp-attr)# exit

(任意)LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

LSP アトリビュート リストの削除

LSP アトリビュート リストを削除するには、次の作業を実行します。この作業は、MPLS TE トンネルの LSP アトリビュート リストに指定された LSP アトリビュート パス オプションが不要になった場合に実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. no mpls traffic-eng lsp attributes string

4. end

5. show mpls traffic-eng lsp attributes [ string ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

no mpls traffic-eng lsp attributes string

 

Router(config)# no mpls traffic-eng lsp attributes 1

デバイス設定から指定した LSP アトリビュート リストを削除します。

string 引数は、削除する特定の LSP アトリビュート リストを示します。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

show mpls traffic-eng lsp attributes [ string ]

 

Router# show mpls traffic-eng lsp attributes

(任意)設定した LSP アトリビュート リストに関する情報を表示します。

ルータから LSP アトリビュート リストが削除されたことを確認する場合に、 show mpls traffic-eng lsp attributes コマンドを使用します。

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの確認

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートを確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. mpls traffic-eng lsp attributes string list

4. exit

5. end

手順の詳細


ステップ 1 enable

このコマンドを使用して、特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。例を示します。

Router> enable
Router#
 

ステップ 2 configure terminal

このコマンドを使用して、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)#
 

ステップ 3 mpls traffic-eng lsp attributes string list

このコマンドを使用して、特定の LSP アトリビュート リストの LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを開始して、アトリビュート リストの内容が想定どおりであることを確認します。例を示します。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1 list
 
LIST 1
bandwidth 1000
priority 1 1
 

ステップ 4 exit

このコマンドを使用して、LSP アトリビュート コンフィギュレーション モードを終了します。例を示します。

Router(config-lsp-attr)# exit

Router(config)#
 

ステップ 5 end

このコマンドを使用して、特権 EXEC モードに戻ります。例を示します。

Router(config)# exit
Router#
 


 

すべての LSP アトリビュート リストの確認

設定されているすべての LSP アトリビュート リストを確認するには、次の作業を実行します。次の作業を実行し、すべての LSP アトリビュート リストを表示して、設定したアトリビュート リストが動作していることを確認します。

手順の概要

1. enable

2. show mpls traffic-eng lsp attributes [ string ] [ details ]

3. show running-config | begin text-string

4. exit

手順の詳細


ステップ 1 enable

このコマンドを使用して、特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。例を示します。

Router> enable
Router#
 

ステップ 2 show mpls traffic-eng lsp attributes [ string ] [ details ]

このコマンドを使用して、設定されているすべての LSP アトリビュート リストが想定どおりであることを確認します。例を示します。

Router# show mpls traffic-eng lsp attributes
 
LIST 1
affinity 1 mask 1
bandwidth 1000
priority 1 1
LIST 2
bandwidth 5000
LIST hipriority
priority 0 0
!
 

ステップ 3 show running-config | begin text-string

このコマンドを使用して、設定されているすべての LSP アトリビュート リストが想定どおりであることを確認します。コンフィギュレーション ファイル内の LSP アトリビュート情報を検索するには、 text-string として mpls traffic-eng lsp を指定して begin コマンド修飾子を使用します。例を示します。

Router# show running-config | begin mpls traffic-eng lsp
 
mpls traffic-eng lsp attributes 1
affinity 1 mask 1
bandwidth 1000
priority 1 1
!
mpls traffic-eng lsp attributes 2
bandwidth 5000
!
mpls traffic-eng lsp attributes hipriority
priority 0 0
.
.
.
Router#
 

ステップ 4 exit

このコマンドを使用して、ユーザ EXEC モードに戻ります。例を示します。

Router# exit
Router>
 


 

LSP アトリビュート リストと MPLS TE トンネルのパス オプションの関連付け

LSP アトリビュート リストと MPLS TE トンネルのパス オプションを関連付けるには、次の作業を実行します。この作業は、設定した LSP アトリビュート リストを MPLS TE トンネルのパス オプションに適用する場合に必要です。

要件に応じて、異なるパス オプションに対して、異なるアトリビュートのセットを持つ LSP アトリビュート リストを設定できます。また、LSP アトリビュート リストは、同じ LSP アトリビュートを使用する複数の TE トンネルを設定するための簡単な方法でもあります。つまり、同じ LSP アトリビュート リストを参照して、1 つ以上の TE トンネルの LSP 固有のパラメータを設定できます。

LSP アトリビュート リストを使用した TE トンネルのデフォルト パス オプション アトリビュート

TE トンネルのパス オプション アトリビュートの値は、次のように決定されます。

パス オプションによって参照される LSP アトリビュート リストの値は、トンネル インターフェイスに設定された値よりも優先されます。

LSP アトリビュート リストにアトリビュートが指定されていない場合、デバイスでは、トンネル設定のアトリビュートが使用されます。LSP アトリビュート リストにはデフォルト値はありません。

トンネルにアトリビュートが設定されていない場合、デバイスでは、次のようにトンネルのデフォルト値が使用されます。

{affinity= affinity 0 mask 0,

auto-bw= no auto-bw,

bandwidth= bandwidth 0,

lockdown= no lockdown,

priority= priority 7 7,

protection fast-reroute= no protection fast-reroute,

record-route= no record-route

.

.

.

}

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. tunnel mode mpls traffic-eng

6. tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

7. tunnel mpls traffic-eng bandwidth [ sub-pool | global ] kbps

8. tunnel mpls traffic-eng priority setup-priority [ hold-priority ]

9. tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

10. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

tunnel mode mpls traffic-eng

 

Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng

MPLS TE のトンネルのカプセル化モードを設定します。

ステップ 6

tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng autoroute announce

IGP における拡張 Shortest Path First(SPF)の計算において、(トンネルがアップの場合に)トンネルを使用する必要があることを指定します。

ステップ 7

tunnel mpls traffic-eng bandwidth [ sub-pool | global ] bandwidth

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000

MPLS TE トンネルで必要な帯域幅を設定し、その帯域幅をサブプールまたはグローバル プールに割り当てます。

sub-pool キーワードは、サブプール トンネルを示します。

global キーワードは、グローバル プール トンネルを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのトンネルはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、MPLS TE トンネルで確保する kbps 単位の帯域幅です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

ステップ 8

tunnel mpls traffic-eng priority setup-priority [ hold-priority ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng priority 1 1

どの既存のトンネルを優先的に取得するかをシステムが決定する場合に使用されるプライオリティを設定します。

setup-priority 引数は、このトンネルでの LSP のシグナリング時に既存のどのトンネルよりも優先的に取得できるかを決定するために使用されるプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 です。数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。設定プライオリティが 0 の LSP は、プライオリティが 0 以外のどの LSP よりも優先的に取得されます。

hold-priority 引数は、このトンネルの LSP と関連付けられた、シグナリングされている他の LSP の方を優先的に取得する必要があるかどうかを決定するためのプライオリティです。

有効な値は 0 ~ 7 であり、数字が小さいほどプライオリティが高いことを示します。

ステップ 9

tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic attributes 1

 

LSP アトリビュート リストを追加して、MPLS TE トンネルのパス オプションの LSP 関連パラメータを指定します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 10

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する

パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用するには、次の作業を実行します。

要件に応じて、異なるパス オプションに対して異なるアトリビュートのセットを持つ LSP アトリビュート リストを設定したり、パス オプションに関連付けられたアトリビュートのセットを変更したりできます。パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで tunnel mpls traffic-eng path-option number dynamic attributes string コマンドを使用します。 attributes string のキーワードと引数は、指定したパス オプションの新しい LSP アトリビュート リストを示します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic attributes 1

 

LSP アトリビュート リストを追加して、MPLS TE トンネルのパス オプションの LSP 関連パラメータを指定します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションの削除

MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションを削除するには、次の作業を実行します。MPLS TE トンネルのトラフィック要件が変更された場合は、次の作業を実行して LSP のパス オプションを削除します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. no tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

no tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# no tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic attributes 1

MPLS TE トンネルのパス オプションの LSP 関連パラメータを指定する LSP アトリビュート リストを削除します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

LSP が正しいアトリビュートを使用してシグナリングされていることの確認

LSP が正しいアトリビュートを使用してシグナリングされていることを確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

3. exit

手順の詳細


ステップ 1 enable

このコマンドを使用して、特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。例を示します。

Router> enable
Router#
 

ステップ 2 show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

このコマンドを使用して、指定したトンネルで LSP が正しいアトリビュートを使用してシグナリングされていることを確認します。例を示します。

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel1
 
Name: Router-10-c_t1 (Tunnel1) Destination: 10.10.10.12
Status:
Admin: up Oper: up Path: valid Signalling: connected
 
path option 2, type explicit path2 (Basis for Setup, path weight 65834)
 
Config Parameters:
Bandwidth: 1000 kbps (Global) Priority: 1 1 Affinity: 0x0/0xFFFF
Metric Type: IGP (global)
AutoRoute: enabled LockDown: disabled Loadshare: 1 bw-based
auto-bw: disabled
Active Path Option Parameters:
State: explicit path option 2 is active
BandwidthOverride: enabled LockDown: disabled Verbatim: disabled
 
Bandwidth Override:
Signalling: 1 kbps (Global)
Overriding: 1000 kbps (Global) configured on tunnel
 

この出力では、トンネル tunnel1 で次のアトリビュートがシグナリングされていることが示されています。affinity 0 mask 0、auto-bw disabled、bandwidth 1000、lockdown disabled、および priority 1 1。

ステップ 3 exit

このコマンドを使用して、ユーザ EXEC モードに戻ります。例を示します。

Router# exit
Router>
 


 

帯域幅上書きのパス オプションの設定

ここでは、帯域幅上書きのパス オプションを設定するための次の作業について説明します。

「TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションの設定」(必須)

「帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更」 (任意)

「帯域幅上書きのパス オプションの削除」 (任意)

「LSP が正しい帯域幅を使用してシグナリングされていることの確認」 (任意)


) path-option パラメータとして帯域幅を設定すると、path-option パラメータとして LSP アトリビュート リストを設定することはできなくなります。


TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションの設定

TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションを設定するには、次の作業を実行します。次の作業を実行して、トンネルのヘッドエンドで LSP の確立に失敗するたびに帯域幅の制約が緩和されるパス オプションを設定します。

帯域幅上書きのパス オプション機能を設定することにより、パス オプションにおける帯域幅の制約を一時的に緩和して、TE トンネルで LSP が設定される確率を高めることができます。TE トンネルで帯域幅上書きのパス オプションが使用されている場合、トラフィック エンジニアリング ソフトウェアでは、帯域幅が元々設定されているより適したパス オプションが使用されるように、30 秒ごとにトンネルの再最適化が試みられます。帯域幅上書きのパス オプション機能は、帯域幅の制約を一時的に緩和する機能として設計されています。すべてのトラフィック エンジニアリング トンネルの再最適化を即時に実行する場合は、 mpls traffic-eng reoptimize コマンドを使用できます。また、帯域幅上書きに lockdown コマンドを設定して、自動再最適化を防止できます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path--name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic bandwidth 500

帯域幅上書きのパス オプションを追加して、MPLS TE トンネルのパス オプションに帯域幅フォールバックを指定します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅を変更するには、次の作業を実行します。トンネルのヘッドエンドで LSP が確実に確立されるようにするために、パス オプションの帯域幅の制約をさらに緩和または変更する必要がある場合があります。

帯域幅上書きのパス オプション機能は、帯域幅の制約を一時的に緩和する機能として設計されています。すべてのトラフィック エンジニアリング トンネルの再最適化を即時に実行する場合は、 mpls traffic-eng reoptimize コマンドを使用できます。また、帯域幅上書きに lockdown コマンドを設定して、自動再最適化を防止できます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

6. end

7. show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 2 dynamic bandwidth 500

 

帯域幅上書きのパス オプションを追加して、MPLS TE トンネルのパス オプションに帯域幅フォールバックを指定します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

 

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel1

(任意)トンネルの情報を表示します。

どの帯域幅パス オプションが LSP で使用されているかを確認する場合に show mpls traffic-eng tunnels コマンドを使用します。

帯域幅上書きのパス オプションの削除

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅を削除するには、次の作業を実行します。帯域幅上書きのパス オプション機能は、帯域幅の制約を一時的に緩和する機能として設計されています。次の作業を実行して、帯域幅の上書きが不要な場合にこれを削除します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. tunnel destination { hostname | ip-address }

5. no tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ] } [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

6. end

7. show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface tunnel 1

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

type 引数は、設定するインターフェイスのタイプです。

number 引数は、作成または設定するトンネル インターフェイスの番号です。

ステップ 4

tunnel destination { hostname | ip-address }

 

Router(config-if)# tunnel destination 10.10.10.12

このパス オプションのトンネルの宛先を指定します。

hostname 引数は、ホスト宛先の名前です。

ip-address 引数は、10 進の 4 分割ドット表記で表した、ホスト宛先の IP アドレスです。

ステップ 5

no tunnel mpls traffic-eng path-option number { dynamic | explicit { name path-name | path-number } [ verbatim ]} [ attributes string ] [ bandwidth [ sub-pool | global ] kbps ] [ lockdown ]

 

Router(config-if)# no tunnel mpls traffic-eng path-option 2 dynamic bandwidth 500

MPLS TE トンネルのパス オプションの帯域幅フォールバックを指定する帯域幅上書きのパス オプションを削除します。

number 引数は、パス オプションを示します。

dynamic キーワードは、パス オプションがダイナミックに計算されることを示します(ルータによって最良パスが計算されます)。

explicit キーワードは、パス オプションが指定されていることを示します。パスの IP アドレスを指定します。

name path-name のキーワードと引数の組み合せは、明示パス オプションの名前を示します。

path-number 引数は、明示パス オプションの番号を示します。

verbatim キーワードを指定すると、トポロジ データベース検証がバイパスされます。

キーワードは、明示パス オプションでだけ使用できます。

attributes string のキーワードと引数の組み合せは、LSP のパス オプションを指定するアトリビュート リストを示します。

bandwidth キーワードは、LSP の帯域幅を指定します。

sub-pool キーワードは、サブプール パス オプションを示します。

global キーワードは、グローバル プール パス オプションを示します。 sub-pool キーワードがない場合、すべてのパス オプションはグローバル プールのものとなるため、このキーワードの入力は必須ではありません。

kbps 引数は、パス オプションで確保する kbps の数値です。値の範囲は 1 ~ 4294967295 です。

lockdown キーワードを指定すると、LSP の再最適化がディセーブルになります。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

(任意)終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

 

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel1

(任意)トンネルの情報を表示します。

どの帯域幅パス オプションが LSP で使用されているかを確認する場合に show mpls traffic-eng tunnels コマンドを使用します。

LSP が正しい帯域幅を使用してシグナリングされていることの確認

LSP が正しい帯域幅を使用してシグナリングされていることを確認するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

3. exit

手順の詳細


ステップ 1 enable

このコマンドを使用して、特権 EXEC モードをイネーブルにします。プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。例を示します。

Router> enable
Router#
 

ステップ 2 show mpls traffic-eng tunnels tunnel-interface [ brief ]

このコマンドを使用して、LSP が正しい帯域幅を使用してシグナリングされていること、およびトンネルに設定されている帯域幅が上書きされていることを確認します。例を示します。

Router# show mpls traffic-eng tunnels tunnel21
 
Name: Router-15-c_t21 (Tunnel21) Destination: 10.10.10.12
Status:
Admin: up Oper: up Path: valid Signalling: connected
 
path option 2, type explicit path2 (Basis for Setup, path weight 65834)
path option 1, type explicit path1
 
Config Parameters:
Bandwidth: 1000 kbps (Global) Priority: 1 1 Affinity: 0x0/0xFFFF
Metric Type: IGP (global)
AutoRoute: enabled LockDown: disabled Loadshare: 1 bw-based
auto-bw: disabled
Active Path Option Parameters:
State: explicit path option 2 is active
BandwidthOverride: enabled LockDown: disabled Verbatim: disabled
 
Bandwidth Override:
Signalling: 500 kbps (Global)
Overriding: 1000 kbps (Global) configured on tunnel
 

帯域幅の上書きがアクティブにシグナリングされている場合は、 show mpls traffic-eng tunnel コマンドによって Active Path Option Parameters という見出しの下に帯域幅の上書き情報が表示されます。この例では、帯域幅の上書き(BandwidthOverride)がイネーブルになっており、トンネルが path-option 2 を使用してシグナリングされていることが示されています。シグナリングされている帯域幅は 500 です。これは、パス オプション 2 に設定されている値であり、トンネル インターフェイスに設定されている 1000 kbps の帯域幅が上書きされています。

ステップ 3 exit

このコマンドを使用して、ユーザ EXEC モードに戻ります。例を示します。

Router# exit
Router>
 


 

トラブルシューティングのヒント

トンネルの状態がダウンであり、帯域幅の上書きがイネーブルにされた path-option を設定してある場合、 show mpls traffic-eng tunnels コマンドを実行すると、トンネルが確立されていない他の理由が示されます。例を示します。

トンネル宛先がルーティング テーブルにない。

帯域幅の上書きの値がゼロではない場合に、帯域幅の制約がまだ大きすぎる。

affinity などの、トンネルに設定されている他のアトリビュートによって、既存のトポロジ上におけるパスの計算が妨げられている。

トンネル宛先に到達するために必要なすべてのリンクに TE が設定されていない。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの設定例

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能の次の設定例について説明します。

「LSP アトリビュート リストの設定:例」

「帯域幅上書きのパス オプションの設定:例」

LSP アトリビュート リストの設定:例

ここでは、LSP アトリビュート リストの次の設定例について説明します。

「LSP アトリビュート リストの設定:例」

「LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加:例」

「LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除:例」

「LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更:例」

「LSP アトリビュート リストの削除:例」

「LSP アトリビュート リストと TE トンネルのパス オプションの関連付け:例」

「パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する:例」

「帯域幅上書きのパス オプションの削除:例」

LSP アトリビュート リストの設定:例

次の例は、番号 1 で識別される LSP アトリビュート リスト内の affinity、bandwidth、および priority の LSP 関連アトリビュートの設定を示しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1
Router(config-lsp-attr)# affinity 7 7
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# exit

LSP アトリビュート リストへのアトリビュートの追加:例

次の例は、番号 1 で識別される LSP アトリビュート リストへの protection アトリビュートの追加を示しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1
Router(config-lsp-attr)# affinity 7 7
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# protection fast-reroute
Router(config-lsp-attr)# exit

LSP アトリビュート リストからのアトリビュートの削除:例

次の例は、文字列 simple で識別される LSP アトリビュート リストからの priority アトリビュートの削除を示しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes simple
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# list
 
LIST simple
priority 1 1
!
Router(config-lsp-attr)# no priority
Router(config-lsp-attr)# list
 
LIST simple
!
Router(config-lsp-attr)# exit

LSP アトリビュート リスト内のアトリビュートの変更:例

次の例は、番号 5 で識別される LSP アトリビュート リスト内の帯域幅の変更を示しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 5
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# list
 
LIST 5
bandwidth 1000
priority 1 1
 
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 500
Router(config-lsp-attr)# list
 
LIST 5
bandwidth 500
priority 1 1
 
Router(config-lsp-attr)# exit

LSP アトリビュート リストの削除:例

次の例は、番号 1 で識別される LSP アトリビュート リストの削除を示しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1
Router(config-lsp-attr)# affinity 7 7
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# exit
!
Router(config)# no mpls traffic-eng lsp attributes 1

LSP アトリビュート リストと TE トンネルのパス オプションの関連付け:例

次の例は、番号 3 で識別される LSP アトリビュート リストをパス オプション 1 に関連付けています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 3
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 2 2
Router(config-lsp-attr)# protection fast-reroute
Router(config-lsp-attr)# exit
!
!
Router(config)# interface Tunnel 1
Router(config-if)# ip unnumbered Ethernet4/0/1
Router(config-if)# tunnel destination 10.112.0.12
Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng affinity 1
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 5000
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic attributes 3
 

この設定では、LSP は次のアトリビュートを持ちます。

{bandwidth = 1000
priority = 2 2
affinity 1
reroute enabled.
}
 

パス オプションによって参照される LSP アトリビュート リストは、トンネル インターフェイスに設定された値よりも優先されます。

パス オプションを変更して異なる LSP アトリビュート リストを使用する:例

次の例は、パス オプション 1 を変更して、番号 1 で識別される LSP アトリビュート リストを使用しています。

Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 1
Router(config-lsp-attr)# affinity 7 7
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 500
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# exit
 
Router(config)# mpls traffic-eng lsp attributes 2
Router(config-lsp-attr)# bandwidth 1000
Router(config-lsp-attr)# priority 1 1
Router(config-lsp-attr)# exit
 
Router(config)# interface Tunnel 1
Router(config-if)# ip unnumbered Ethernet4/0/1
Router(config-if)# tunnel destination 10.112.0.12
Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng affinity 1
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 5000
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 dynamic attributes 1
 

この設定では、LSP は次のアトリビュートを持ちます。

{affinity = 7 7
bandwidth = 500
priority = 1 1
}

MPLS TE トンネルの LSP のパス オプションの削除:例

次の例は、TE トンネルの LSP のパス オプション 1 の削除を示しています。

Router(config)# interface Tunnel 1
Router(config-if)# ip unnumbered Ethernet4/0/1
Router(config-if)# tunnel destination 10.112.0.12
Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng affinity 1
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng bandwidth 5000
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit path1 attributes 1
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 2 explicit path2 attributes 2
!
!
Router(config-if)# no tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit path1 attributes 1

帯域幅上書きのパス オプションおよび LSP アトリビュート リストのコンフィギュレーション コマンド例

次に、帯域幅を上書きするパス オプションを設定する場合に使用する Cisco IOS Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)の例を示します。

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path1 ?
 
attributes Specify an LSP attribute list
bandwidth override the bandwidth configured on the tunnel
lockdown not a candidate for reoptimization
<cr>
 
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path1 bandwidth ?
 
<0-4294967295> bandwidth requirement in kbps
sub-pool tunnel uses sub-pool bandwidth
 
Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path1 bandwidth 500 ?
lockdown not a candidate for reoptimization
<cr>
 

) path-option パラメータとして帯域幅を設定すると、path-option パラメータとして LSP アトリビュート リストを設定することはできなくなります。


TE トンネルのフォールバック帯域幅パス オプションの設定:例

次の例は、 tunnel mpls traffic-eng path-option コマンドを使用して複数のパス オプションを設定する例を示しています。

interface Tunnel 1
ip unnumbered Loopback0
tunnel destination 10.10.10.12
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng autoroute announce
tunnel mpls traffic-eng priority 1 1
tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name path1
tunnel mpls traffic-eng path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
tunnel mpls traffic-eng path-option 3 dynamic bandwidth 0
end
 

デバイスでは、次のように優先度順に LSP のパス オプションが選択されます。

デバイスでは、パス オプションを使用して、path-option 1 から LSP のシグナリングが試みられます。

path-option 1 には帯域幅が設定されていないため、デバイスでは、トンネル インターフェイスに設定された 1000 kbps の帯域幅を使用して LSP のシグナリングが試みられます。

ネットワークで 1000 kbps の帯域幅を利用できない場合、デバイスは、path-option 2 を使用して LSP の確立を試みます。

path-option 2 には、500 kbps の帯域幅が設定されています。これにより、トンネル インターフェイスに設定されている元の 1000 kbps の帯域幅の制約が緩和されます。

500 kbps が利用できない場合、デバイスは、path-option 3 を使用して LSP の確立を試みます。

path-option 3 はダイナミックとして設定されており、帯域幅は 0 です。宛先までの IP パスが存在し、他のすべてのトンネル制約が満たされる場合、デバイスで LSP が確立されます。

帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更:例

次の例は、帯域幅上書きのパス オプションの帯域幅の変更を示しています。path-option 3 が帯域幅 100 kbps の明示パスに変更されています。また、path-option 4 が帯域幅 0 に設定されています。

 
interface Tunnel 1
ip unnumbered Loopback0
tunnel destination 10.10.10.12
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng autoroute announce
tunnel mpls traffic-eng priority 1 1
tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name path1
tunnel mpls traffic-eng path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
tunnel mpls traffic-eng path-option 3 dynamic bandwidth 0
!
!
Router(config)# tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path3 bandwidth 100
 
Router(config)# tunnel mpls traffic-eng path-option 4 dynamic bandwidth 0

帯域幅上書きのパス オプションの削除:例

次の例は、帯域幅上書きのパス オプションの削除を示しています。

interface Tunnel 1
ip unnumbered Loopback0
tunnel destination 10.10.10.12
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng autoroute announce
tunnel mpls traffic-eng priority 1 1
tunnel mpls traffic-eng bandwidth 1000
tunnel mpls traffic-eng path-option 1 explicit name path1
tunnel mpls traffic-eng path-option 2 explicit name path2 bandwidth 500
tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path3 bandwidth 100
tunnel mpls traffic-eng path-option 4 dynamic bandwidth 0
!
Router(config)# no tunnel mpls traffic-eng path-option 3 explicit name path3 bandwidth 100

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS TE - TE トンネルの自動帯域幅調整の設定作業

『MPLS Traffic Engineering (TE)--Automatic Bandwidth Adjustment for TE Tunnels』

MPLS TE コマンドの説明

『Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference』

規格

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

affinity(LSP アトリビュート)

auto-bw(LSP アトリビュート)

bandwidth(LSP アトリビュート)

exit(LSP アトリビュート)

list(LSP アトリビュート)

lockdown(LSP アトリビュート)

mpls traffic-eng lsp attributes

priority(LSP アトリビュート)

protection(LSP アトリビュート)

record-route(LSP アトリビュート)

show mpls traffic-eng lsp attributes

show mpls traffic-eng tunnels

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート

12.0(26)S
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH
12.4(20)T

このマニュアルでは、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルに関連付けられたパス オプションの Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)アトリビュートの設定方法について説明します。

MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュート機能は、LSP アトリビュート リスト機能および帯域幅上書きのパス オプション機能を提供する MPLS TE への拡張機能です。これらの機能によって、MPLS TE トンネル パス オプションの LSP アトリビュートを柔軟に設定できるようになります。LSP アトリビュート リストを使用すると、TE トンネルのパス オプションに対して複数の LSP アトリビュートを適用できます。必要な LSP アトリビュートが帯域幅だけである場合、帯域幅上書きのパス オプションを設定できます。

この機能は、12.0(26)S で導入されました。

この機能は、12.2(33)SRA で Cisco IOS 12.2SRA リリースに統合されました。

この機能は、12.2(33)SXH で Cisco IOS 12.2SXH リリースに統合されました。

この機能は、12.4(20)T で Cisco IOS 12.4T リリースに統合されました。

この機能に関する詳細については、次の各項を参照してください。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - LSP アトリビュートの利点」

「トラフィック エンジニアリング帯域幅および帯域幅プール」

「LSP アトリビュート リストの使用と管理」

「自動帯域幅と帯域幅上書きのパス オプション」

「MPLS TE トンネル LSP のパス オプション選択」

「MPLS トラフィック エンジニアリング LSP アトリビュート リストの設定」

「帯域幅上書きのパス オプションの設定」

次のコマンドが導入または変更されました。 affinity (LSP アトリビュート) auto-bw (LSP アトリビュート) bandwidth (LSP アトリビュート) exit (LSP アトリビュート) list (LSP アトリビュート) lockdown (LSP アトリビュート) mpls traffic-eng lsp attributes priority (LSP アトリビュート) protection (LSP アトリビュート) record-route (LSP アトリビュート) show mpls traffic-eng lsp attributes 、および show mpls traffic-eng tunnels

用語集

Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)トンネル :パケットの伝送にラベル スイッチングが使用される、2 台のルータ間に設定された接続。

LSR :Label Switch Router(ラベル スイッチ ルータ)。ネイティブなレイヤ 3 パケットを転送できる Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)ノード。LSR は、パケットに付加されたラベルの値に基づいてパケットを転送します。

MPLS TE :MPLS Traffic Engineering(MPLS トラフィック エンジニアリング)(以前は「RRR」、またはリソース予約ルーティングと呼ばれていました)。ラベル スイッチングを使用してトラフィック パフォーマンスを向上させるとともに、ネットワーク リソースが効率的に使用されるようにします。

TE :Traffic Engineering(トラフィック エンジニアリング)。ネットワーク上で、標準的なルーティング方法が使用された場合に選択されるパスとは異なるパスを経由してトラフィックがルーティングされるようにするために使用する技術やプロセス。トラフィックのパフォーマンスとネットワーク リソース利用の両方を同時に最適化することを目的としてインターネット トラフィックを測定、モデル化、および制御するために科学的な原理と技術を適用することを指します。

グローバル プール :MPLS トラフィック エンジニアリング リンクに割り当てられた合計帯域幅。

サブプール :MPLS トラフィック エンジニアリング リンク内の、より限定的な帯域幅。サブプールは、リンクの全体的なグローバル プール帯域幅の一部です。

帯域幅 :ネットワーク信号で利用可能な最大周波数と最小周波数との差異。この用語は、特定のネットワーク メディアまたはプロトコルの定格スループット容量を表す場合にも使用されます。信号を伝達するために必要な周波数範囲をヘルツ(Hz)単位で測定したものです。たとえば、通常、音声信号は約 7 kHz の帯域幅を必要とし、データ トラフィックは約 50 kHz の帯域幅を必要とします。

帯域幅予約 :帯域幅をユーザや、ネットワークで提供されているアプリケーションに割り当てるプロセス。このプロセスには、重要度および遅延の許容度に基づいてトラフィックのさまざまなフローにプライオリティを割り当てる処理が含まれます。これにより利用可能な帯域幅が最大限活用され、ネットワークで輻輳が発生した場合にプライオリティが低いトラフィックをドロップできます。帯域幅割り当てと呼ばれることもあります。

トラフィック エンジニアリング トンネル :トラフィック エンジニアリングに使用されるラベル スイッチド トンネル。このようなトンネルは、通常のレイヤ 3 ルーティングとは異なる方法で設定されます。レイヤ 3 ルーティングの場合にトンネルで使用されるパスとは異なるパスにトラフィックを誘導するために使用されます。