Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速 リルート MIB
MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB

機能情報の確認

この章の構成

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の前提条件

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の制約事項

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の概要

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能設計

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能構造

SNMP プロトコル要求および応答メッセージのシステム フロー

FRR MIB スカラ オブジェクト

FRR MIB 通知

通知生成イベント

通知指定

通知モニタリング

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の MIB テーブル

cmplsFrrConstTable

cmplsFrrLogTable

cmplsFrrFacRouteDBTable

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の設定方法

FRR MIB 通知に対する SNMP のイネーブル化

シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化

TE トンネルのイネーブル化

各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化

インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の設定例

ホスト NMS での SNMP エージェントのイネーブル化:例

シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化:例

TE トンネルのイネーブル化:例

各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化:例

インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化:例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能情報

用語集

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB によって、Cisco IOS ソフトウェアの Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Fast Reroute(FRR; 高速リルート)機能の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)ベースのネットワーク管理を行うことができます。

高速リルート MIB には、次の機能があります。

通知を作成し、キューに入れることができる。

Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)のコマンドを使用して、通知をイネーブルにし、通知の送信先 IP アドレスを指定できる。

通知の設定を不揮発性メモリに書き込むことができる。

MIB には、MPLS FRR 内の機能を説明するオブジェクトが含まれています。また、次のテーブルが含まれています。

cmplsFrrConstTable

cmplsFrrLogTable

cmplsFrrFacRouteDBTable

また、MIB にはスカラ オブジェクト(つまり、テーブルに存在しないオブジェクト)も含まれています。詳細については、「FRR MIB スカラ オブジェクト」を参照してください。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の前提条件

ネットワークで、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)プロトコルまたは Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルがサポートされている必要があります。

SNMP が、Label Switch Router(LSR; ラベル スイッチ ルータ)にインストールされてイネーブルになっています。

各 LSR で MPLS がグローバルにイネーブルになっています。

LSR でシスコ エクスプレス フォワーディングがイネーブルになっています。

Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)トンネルがイネーブルになっています。

TE トンネルのいずれかで MPLS FRR がイネーブルになっています。

Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)がイネーブルになっています。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の制約事項

FRR MIB の実装は、MIB オブジェクトの Read-Only(RO; 読み取り専用)権限を持たないと行うことができません。

Cisco IOS Release 12.2(33)SRA または以前のリリースでは、SNMP SET コマンドを使用した FRR MIB の設定はサポートされていません。

次のテーブルは、指定されたリリースでは実装されていません。

mplsFrrOne2OnePlrTable:Cisco IOS ソフトウェアに実装されていません。

mplsFrrDetourTable:Cisco IOS ソフトウェアに実装されていません。

cmplsFrrLogTable Cisco IOS 12.0S ベースのリリースにだけ実装されています。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の概要

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB を使用するには、次の概念を理解する必要があります。

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能設計」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能構造」

「SNMP プロトコル要求および応答メッセージのシステム フロー」

「FRR MIB スカラ オブジェクト」

「FRR MIB 通知」

「MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の MIB テーブル」

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能設計

FRR MIB を使用すると、Cisco IOS ソフトウェアで FRR の標準的な SNMP ベースのネットワーク管理が可能になります。このためには、ネットワーク内の指定された Network Management Station(NMS; ネットワーク管理ステーション)で SNMP エージェント コードが実行される必要があります。NMS は、MIB 内のネットワーク管理オブジェクトとユーザの対話の媒体となります。

FRR MIB は、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)ドラフト MIB 仕様 draft-ietf-mpls-fastreroute-mib-02.txt に基づいています。IETF ドラフト MIB は定期的な改訂を重ね、発展を遂げて標準になりつつあります。FRR MIB のシスコ実装は、IETF ドラフト MIB の発展に追随し、それに伴い変更される可能性があります。

IETF ドラフト MIB と Cisco IOS ソフトウェア内の FRR はわずかに異なるため、FRR MIB オブジェクトと Cisco IOS ソフトウェアの内部データ構造の間でいくつかの軽微な変換が必要となります。これらの変換は SNMP エージェントにより実行されます。SNMP エージェントは、NMS ワークステーション上で、ロー プライオリティのプロセスとしてバックグラウンドで実行され、Cisco IOS ソフトウェアへの管理インターフェイスを提供します。

SNMP エージェントを使用すると、標準的な SNMP GET 操作を使用して FRR MIB オブジェクトにアクセスできます。FRR MIB 内のすべてのオブジェクトは、IETF ドラフト MIB で定義されている規定に準じます。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能構造

FRR MIB をサポートする SNMP エージェント コードは、Cisco IOS ソフトウェア内のこのようなコードの既存モデルに準じます。また、その一部は、MIB ソース コードに基づいて Cisco IOS ツール セットにより生成されます。生成されるコードの基礎となるのは、シスコ バージョンの FRR MIB CISCO-ietf-frr-mib です。

SNMP エージェント コードは、Cisco IOS ソフトウェアの MIB サポート コードに共通の階層構造となっており、次のレイヤで構成されます。

プラットフォームに依存しないレイヤ:このレイヤは、主に MIB 開発 Cisco IOS ツール セットによって生成され、プラットフォームや実装に依存しない機能を統合します。これらの機能は、特定の MIB のコンテキストで、SNMP 標準機能を処理します。このレイヤは、GET、GET-NEXT、および SET SNMP 操作に対してインデックスと範囲または列挙値のチェックを処理します。SNMP テーブルごと、またはオブジェクトのグループごとに、1 つの機能が生成されます。このレイヤが次のレイヤを呼び出します。

アプリケーション インターフェイス レイヤ:Cisco IOS ツール セットにより、MIB オブジェクトの機能名とテンプレート コードが生成されます。

アプリケーション固有のレイヤ:このレイヤは、管理対象アプリケーション レイヤから関連データを取得するためのメカニズムを提供します。このレイヤには、テーブルごとに 1 つのエントリ ポイント機能が含まれます。この機能は、他の 2 つの機能を呼び出します。インデックスに従って RSVP が関連データに対して保持する TE トンネル データベースを検索する機能と、データを構造に埋め込む機能です。

管理対象アプリケーション レイヤ:このレイヤにはすべての構造とメカニズムが含まれます。このレイヤは、MIB によって管理されます。

SNMP プロトコル要求および応答メッセージのシステム フロー

SNMP プロトコル要求および応答メッセージはいずれも、最終的には SNMP マスター エージェントによって処理されます。ルータ上でこのようなメッセージが受信されると、マスター エージェントは要求を解析し、要求の参照先の MIB を識別します。次にマスター エージェントは、GET、GET-NEXT、または SET 要求を使用して、MIB を担当するサブエージェントを照会します。FRR MIB サブエージェントは適切なデータを取得して、マスターエージェントにそれを返します。次にそのマスター エージェントが、NMS に SNMP 応答を返す役割を担います。すべての照会は IP SNMP Cisco IOS プロセス内で行われ、ロー プライオリティのタスクとして実行されます。

FRR MIB スカラ オブジェクト

スカラ オブジェクトとは、テーブル内に存在しないオブジェクトのことです。各スカラ オブジェクトは 1 つのインスタンス(つまり、1 つのオカレンス)を持ちます。

表 1 で、FRR MIB スカラ オブジェクトについて説明します。

 

表 1 スカラ オブジェクト

MIB オブジェクト
機能

cmplsFrrDetourIncoming

デバイスに入る迂回 Link-State Packet(LSP; リンクステート パケット)の数。cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているため、このオブジェクトは 0 を返します。

cmplsFrrDetourOutgoing

デバイスを出る迂回 LSP の数。cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているため、このオブジェクトは 0 を返します。

cmplsFrrDetourOriginating

デバイスから発信された迂回 LSP の数。cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているため、このオブジェクトは 0 を返します。

cmplsFrrSwitchover

cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているためにバックアップされるトンネルの数。

cmplsFrrNumOfConfIfs

FRR 保護が設定された MPLS インターフェイスの数。0 は、いずれのインターフェイスを通過する LSP も保護できることを示します。

cmplsFrrActProtectedIfs

cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているために FRR で保護されているインターフェイスの数。

cmplsFrrConfProtectingTuns

cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているために高速リルートで保護されるバックアップ トンネルの数。

cmplsFrrActProtectedTuns

高速リルート機能により保護されるトンネルの数。cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されているため、このオブジェクトは 0 を返します。

cmplsFrrActProtectedLSPs

FRR で保護されている LSP の数。cmplsFrrConstProtectionMethod が facilityBackup(1) に設定されている場合、このオブジェクトは 0 を返します。

cmplsFrrConstProtectionMethod

シスコはファシリティ バックアップ保護方式だけをサポートしているため、このオブジェクトは常に facilityBackup(1) を返します。

cmplsFrrNotifsEnabled

この MIB 内に定義されている FRR 通知がイネーブルかディセーブルのどちらに設定されているかを示す値。イネーブルの場合、このオブジェクトは True(1) を返し、ディセーブルの場合は False(2) を返します。デフォルトでは、通知はディセーブルになっています。

cmplsFrrLogTableMaxEntries

FRR ログ テーブル内で許可される最大エントリ数。Cisco IOS 12.0S ベースのリリースでは、このオブジェクトは常に 32 を返します。

cmplsFrrLogTableCurrEntries

FRR ログ テーブル内の現在のエントリ数。Cisco IOS ベースのリリースを除いて、このオブジェクトは常に 0 を返します。

cmplsFrrNotifMaxRate

FRR MIB 通知の最大間隔レート。このオブジェクトは常に 0 を返します。

FRR MIB 通知

特定の FRR イベントが発生したあとは、通知が発行されます。ここでは、Cisco IOS Release 12.0(26)S と以前のリリース、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA、Cisco IOS Release 12.2(33)SXH、および Cisco IOS Release 12.4(20)T でサポートされている FRR MIB 通知に関する次の情報を示します。

「通知生成イベント」

「通知指定」

「通知モニタリング」

通知生成イベント

snmp-server enable traps mpls fast-reroute コマンドを発行して FRR MIB 通知機能をイネーブルにした場合、FRR イベントによって通知メッセージが生成され、ネットワーク内の指定された NMS に送信されてから、Cisco IOS ソフトウェア内で特定のイベントが発生したことがシグナリングされます。

FRR ステータス移行とイベント通知に関連する FRR MIB オブジェクトには、cmplsFrrProtected が含まれます。大きな TE トンネル変更(つまり、TE トンネルの高速リルート)がある場合は、このメッセージが NMS に送信されます。

通知指定

各 FRR 通知には、汎用タイプの ID と、通知タイプを識別するための企業固有タイプ ID が含まれます。すべての FRR 通知に対する汎用タイプは、SNMP に対して定義されている汎用通知タイプの 1 つではないため、「企業固有」です。cmplsFrrProtected の場合、企業固有タイプは 1 です。

各通知には、FRR トンネルを容易に識別できるように、FRR MIB からの次のオブジェクトが含まれています。

cmplsFrrConstNumProtectingTunOnIf

cmplsFrrConstNumProtectedTunOnIf

cmplsFrrConstBandwidth

呼び出された時点では、既存の FRR コードによって、適切な FRR インターフェイス インデックスがすでに取得されています。その後、FRR インターフェイスを使用して、通知に含められる 3 つのオブジェクトのデータが入力されます。

通知モニタリング

FRR MIB 通知がイネーブルになっている場合( snmp-server enable traps コマンドを参照)、Cisco IOS ソフトウェア内の特定の FRR イベントに関連する通知メッセージが生成されて、ネットワーク内の指定された NMS に送信されます。SNMPv1 または SNPv2 通知をサポートするユーティリティはいずれも、通知メッセージを受信できます。

FRR MIB 通知を監視するには、SNMP 通知を表示するユーティリティをサポートしている NMS にログインし、表示ユーティリティを起動します。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の MIB テーブル

FRR MIB は、次のテーブルで構成されます。

「cmplsFrrConstTable」

「cmplsFrrLogTable」

「cmplsFrrFacRouteDBTable」

これらのテーブルは、さまざまなデータ構造にアクセスして、迂回、FRR データベース、およびロギングに関連する情報を取得します。

cmplsFrrConstTable

cmplsFrrConstTable は、FRR 対応のトンネルの設定と、それに付随するバックアップ トンネルの特性を表示します。保護対象のトンネルごとに、複数のバックアップ トンネルが存在することがあります。

次の機能によって、テーブルにインデックスが作成されます。

cmplsFrrConstIfIndex

cmplsFrrConstTunnelIndex

cmplsFrrConstTunnelInstance

表 2 で、cmplsFrrConstTable の MIB オブジェクトについて説明します。

 

表 2 cmplsFrrConstTable オブジェクト

MIB オブジェクト
機能

cmplsFrrConstIfIndex

FRR が設定されているインターフェイスを一意に識別します。インデックスに 0 の値がある場合、FRR 機能を使用できるデバイス上のすべてのインターフェイスに設定が適用されます。

cmplsFrrConstTunnelIndex

FRR が要求されているトンネル。

cmplsFrrConstTunnelInstance

FRR が要求されているトンネル。トンネル ヘッドだけが表示され、トンネル ヘッドのインスタンスの値は常に 0 であるため、値は常に 0 となります。

cmplsFrrConstSetupPrio

バックアップ トンネルのセットアップ プライオリティ。

cmplsFrrConstHoldingPrio

バックアップ トンネルの保留プライオリティ。

cmplsFrrConstInclAnyAffinity

トンネルがリンクを通過するために設定する必要のあるアトリビュート ビット。

cmplsFrrConstInclAllAffinity

トンネルがリンクを通過するために設定から除外する必要のあるアトリビュート ビット。

cmplsFrrConstExclAllAffinity

制約に指定されている管理グループのいずれも含まれていないリンクだけが、exclude-all 制約を満たします。

cmplsFrrConstHopLimit

バックアップ トンネルが通過できる最大ホップ数。

cmplsFrrConstBandwidth

このトンネルのバックアップ トンネルの帯域幅。単位はキロ ビット/秒(kbps)です。

cmplsFrrConstRowStatus

このテーブル内の行を作成、変更、および削除します。

cmplsFrrLogTable


) cmplsFrrLogTable および show mpls traffic-eng fast-reroute log reroutes コマンドは、Cisco IOS 12.0S ベースのリリースでだけサポートされています。


cmplsFrrLogTable は、オブジェクト cmplsFrrLogIndex によってインデックスが作成されます。インデックスは、FRR 機能の show mpls traffic-eng fast-reroute log reroutes コマンド内のログ エントリに対応しています。その show コマンドでは、一度に最大 32 個のエントリを保存できます。エントリが追加されると、一番古いエントリが新しいログ情報で上書きされます。

cmplsFrrLogTable は一度に最大 32 個のエントリを保存できます。新しいエントリが追加されると、古いエントリが上書きされます。インデックス cmplsFrrLogIndex は増加していくため、MIB のログ テーブル エントリそれぞれに一意のインデックス値が付きます。したがって、エントリが 32 個しか表示されていなくても、32 個より多くのインデックスが存在している可能性があります。

表 3 で、cmplsFrrLogTable の MIB オブジェクトについて説明します。

 

表 3 cmplsFrrLogTable オブジェクト

MIB オブジェクト
機能

cmplsFrrLogIndex

FRR イベントの番号。

cmplsFrrLogEventTime

ブートストラップ時刻からイベント発生時刻までの経過時間(ミリ秒)。

cmplsFrrLogInterface

この FRR イベントによる影響を受けたインターフェイスを識別します。mplsFrrConstProtectionMethod が oneToOneBackup(0) に設定されている場合、この値は 0 に設定できます。

cmplsFrrLogEventType

発生した FRR イベントのタイプ。このオブジェクトは、Protected または Other を返します。

cmplsFrrLogEventDuration

イベントの持続時間(ミリ秒)。

cmplsFrrLogEventReasonString

実装固有のイベント説明。このオブジェクトは、interface down イベントまたは interface other イベントを返します。

cmplsFrrFacRouteDBTable

次のインデックスは、FRR 機能によって保護されるインターフェイスおよびトンネルを指定します。

cmplsFrrFacRouteProtectedIfIndex

cmplsFrrFacRouteProtectedTunIndex

次のインデックスは、保護対象のトンネルに保護を提供するバックアップ トンネルを指定します。

cmplsFrrFacRouteProtectedIfIndex

cmplsFrrFacRouteProtectingTunIndex

cmplsFrrFacRouteProtectedTunIndex

cmplsFrrFacRouteProtectedTunInstance

cmplsFrrFacRouteProtectedTunIngressLSRId

cmplsFrrFacRouteProtectedTunEgressLSRId

このバージョンの MIB は、MPLS TE MIB に対してすでに実行された作業を利用しようとします。これには TE トンネルに対する類似の参照機能が含まれているためです。

表 4 で、cmplsFrrFacRouteDBTable の MIB オブジェクトについて説明します。

 

表 4 cmplsFrrFacRouteDBTable オブジェクト

MIB オブジェクト
機能

cmplsFrrFacRouteProtectedIfIndex

FRR 保護のために設定されたインターフェイス。

cmplsFrrFacRouteProtectingTunIndex

保護する側の(バックアップ)トンネルのトンネル番号。

cmplsFrrFacRouteProtectedTunIndex

mplsFrrFacRouteIfProtIdx で指定されているインターフェイス(およびこのインターフェイスを使用するすべてのトンネル)を保護するように指定されているトンネル ヘッド インターフェイスの mplsTunnelEntry プライマリ インデックス。

cmplsFrrFacRouteProtectedTunInstance

FRR で保護されている mplsTunnelEntry。トンネルを一意に識別するインスタンス。

cmplsFrrFacRouteProtectedTunIngressLSRId

バックアップ LSR のインバウンド ラベル。

cmplsFrrFacRouteProtectedTunEgressLSRId

バックアップ LSR のアウトバウンド ラベル。

cmplsFrrFacRouteProtectedTunStatus

保護対象のトンネルのステート。有効な値は次のとおりです。

active:トンネル ラベルは Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)にすでに挿入されており、着信パケットに適用する準備ができています。

ready:トンネルのラベル エントリはすでに作成されていますが、LFIB 内にありません。

partial:トンネルのラベル エントリの作成が完了していません。

cmplsFrrFacRouteProtectingTunResvBw

バックアップ トンネルによって予約されている帯域幅の大きさ(秒当たりのメガバイト数)。

cmplsFrrFacRouteProtectingTunProtectionType

保護のタイプ:0 はリンク保護を指定し、1 はノード保護を指定します。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の設定方法

ここでは、次の作業について説明します。

「FRR MIB 通知に対する SNMP のイネーブル化」(必須)

「シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化」(必須)

「TE トンネルのイネーブル化」(必須)

「各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化」(必須)

「インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化」(必須)

FRR MIB 通知に対する SNMP のイネーブル化

FRR MIB 通知に対して SNMP をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. show running-config

3. configure terminal

4. snmp-server community string [ view view-name ] [ ro ] [ access-list-number ]

5. snmp-server enable traps mpls fast-reroute protected

6. end

7. write memory

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

show running-config

 

Router# show running-config

ルータの実行コンフィギュレーションを表示して、デバイス上で SNMP エージェントがすでに実行中かどうかを判断します。

SNMP 情報が表示されない場合は、次のステップに進みます。

SNMP 情報が表示された場合は、情報を修正または変更できます。

ステップ 3

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

snmp-server community string [ view view-name ] [ ro ] [ access-list-number ]

 

Router(config)# snmp-server community public ro

FRR MIB に対して Read-Only(RO; 読み取り専用)の SNMP コミュニティ ストリングを設定します。

ステップ 5

snmp-server enable traps mpls fast-reroute protected

 

Router(config)# snmp-server enable traps mpls fast-reroute protected

高速リルート トラップをイネーブルにします。

ステップ 6

end

 

Router(config)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

write memory

 

Router# write memory

変更した SNMP 設定をルータの NVRAM に書き込み、SNMP 設定を永続的に保存します。

シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化

シスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip cef distributed

4. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip cef distributed

 

Router(config)# ip cef distributed

分散シスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにします。

ステップ 4

end

 

Router(config)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

TE トンネルのイネーブル化

TE トンネルをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip cef

4. mpls traffic-eng tunnels

5. interface typeslot / port

6. mpls traffic-eng tunnels

7. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip cef

 

Router(config)# ip cef

標準的なシスコ エクスプレス フォワーディング動作をイネーブルにします。

ステップ 4

mpls traffic-eng tunnels

 

Router(config)# mpls traffic-eng tunnels

デバイス上で MPLS TE トンネル機能をイネーブルにします。

ステップ 5

interface typeslot / port

 

Router(config)# interface POS1/0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 6

mpls traffic-eng tunnels

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng tunnels

インターフェイス上で MPLS TE トンネル機能をイネーブルにします。

ステップ 7

end

 

Router(config-if)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化

各 TE トンネル上で MPLS FRR をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface typeslot / port

4. tunnel mode mpls traffic-eng

5. tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface typeslot / port

 

Router(config)# interface POS1/0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

tunnel mode mpls traffic-eng

 

Router(config-if)# tunnel mode mpls traffic-eng

トンネルのモードを、トラフィック エンジニアリングの MPLS に設定します。

ステップ 5

tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

 

Router(config-if)# tunnel mpls traffic-eng fast-reroute

保護対象の TE トンネル上で高速リルートをイネーブルにします。

ステップ 6

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化

インターフェイス上でバックアップ トンネルをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface typeslot / port

4. mpls traffic-eng backup-path tunnel interface

5. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたらパスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface typeslot / port

 

Router(config)# interface POS1/0

インターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

mpls traffic-eng backup-path tunnel interface

 

Router(config-if)# mpls traffic-eng backup-path tunnel1

指定したインターフェイス上でバックアップ トンネルをイネーブルにします。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の設定例

「ホスト NMS での SNMP エージェントのイネーブル化:例」

「シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化:例」

「TE トンネルのイネーブル化:例」

「各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化:例」

「インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化:例」

ホスト NMS での SNMP エージェントのイネーブル化:例

次に、ホスト NMS 上で SNMP エージェントをイネーブルにする例を示します。

enable
show running-config
configure terminal
snmp-server community public ro
snmp-server enable traps mpls fast-reroute protected
end
write memory

シスコ エクスプレス フォワーディングのイネーブル化:例

次に、シスコ エクスプレス フォワーディングをイネーブルにする例を示します。

enable
configure terminal
ip cef distributed
end

TE トンネルのイネーブル化:例

次に、トラフィック エンジニアリング トンネルをイネーブルにする例を示します。

enable
configure terminal
ip cef
mpls traffic-eng tunnels
interface Ethernet1/0
mpls traffic-eng tunnels
end

各 TE トンネルでの MPLS FRR のイネーブル化:例

次に、各 TE トンネル上で MPLS 高速リルートをイネーブルにする例を示します。

enable
configure terminal
interface POS1/0
tunnel mode mpls traffic-eng
tunnel mpls traffic-eng fast-reroute
end

インターフェイスでのバックアップ トンネルのイネーブル化:例

次に、インターフェイス上でバックアップ トンネルをイネーブルにする例を示します。

enable
configure terminal
interface POS1/0
mpls traffic-eng backup-path tunnel1
end

その他の関連資料

ここでは、MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB 機能の関連資料を示します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS トラフィック エンジニアリング MIB に対する SNMP エージェントのサポート

『MPLS Traffic Engineering MIB』

高速リルート

『MPLS Traffic Engineering (TE): Fast Reroute (FRR) Link and Node Protection』

規格

規格
タイトル

MPLS-FRR-MIB

draft-ietf-mpls-fastreroute-mib-02.txt

MIB

MIB
MIB リンク

MPLS トラフィック エンジニアリング(TE)MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この MIB によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの MIB による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

この機能では、新しいコマンドや変更されたコマンドは使用されません。

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能情報

表 5 に、この章に記載されている機能および具体的な設定情報へのリンクを示します。この表に示されているのは、Cisco IOS Release 12.0(10)ST または Cisco IOS Release 12.0(16)ST、あるいは 12.4(20)T 以降のリリースで導入または変更された機能だけです。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

 

表 5 MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB

12.0(10)ST
12.0(16)ST
12.0(22)S
12.0(26)S
12.2(33)SRA
12.2(33)SXH
12.4(20)T

MPLS トラフィック エンジニアリング - 高速リルート MIB は、Cisco IOS ソフトウェアの Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)Fast Reroute(FRR; 高速リルート)機能の SNMP ベースのネットワーク管理を提供します。

高速リルート リンク保護機能は、12.0(10)ST で導入されました。

Cisco シリーズ 7200 および 7500 プラットフォームに対するリンク保護は、12.0(16)ST で追加されました。

ノード保護を含む高速リルート拡張機能は、12.0(22)S で追加されました。

FRR 機能のネットワーク管理を提供する、IETF MIB draft-ietf-mpls-fastreroute-mib-02.txt のサポートは、12.0(26)S で追加されました。

cmplsFrrLogTableCurrEntries および cmplsFrrNotifMaxRate のサポートは、12.2(33)SRA で追加されました。cmplsFrrLogTable はサポートされていません。

サポートは、12.2(33)SXH で追加されました。

サポートは、12.4(20)T で追加されました。

用語集

IS-IS :Intermediate System-to-Intermediate System。IS-IS は、DECnet Phase V ルーティングに基づいた OSI リンクステート階層型ルーティング プロトコルです。Intermediate System(IS)ルータが、単一のメトリックに基づいてルーティング情報を交換して、ネットワーク トポロジを決定します。

LFIB :Label Forwarding Information Base(ラベル転送情報ベース)。着信タグと送信タグ(ラベル)、およびラベル付けに適した関連する対応パケットに関する情報を保存するためのデータ構造。

LSR :Label Switching Router(ラベル スイッチング ルータ)。各パケット内にカプセル化されている固定長ラベルの値に基づいて MPLS パケットを転送するデバイス。

MIB :Management Information Base(管理情報ベース)。Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)などのネットワーク管理プロトコルにより使用および管理される、ネットワーク管理情報のデータベース。MIB オブジェクトの値を変更または検索するには、通常はネットワーク管理システムを介して、SNMP コマンドを使用します。MIB オブジェクトはツリー構造であり、ツリーにはパブリック(標準)ブランチとプライベート(独自)ブランチを含みます。

NMS :Network Management Station(ネットワーク管理ステーション)。ネットワーク管理者がネットワーク内の他のデバイスとの通信に使用する、十分に装備された強力なコンピュータ(通常はエンジニアリング ワークステーション)。NMS は通常、ネットワーク リソースの管理、統計の収集、さまざまなネットワーク管理タスクと設定タスクの実行のために使用されます。

OSPF :Open Shortest Path First。インターネット コミュニティの Routing Information Protocol(RIP)の後継アルゴリズムとして提案された、リンクステートの階層型 Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)ルーティング アルゴリズム。OSPF 機能には、最小コストによるルーティング、マルチパスのルーティング、およびロード バランシングが含まれます。

RSVP :Resource Reservation Protocol(リソース予約プロトコル)。ネットワーク リソースを予約するためのプロトコル。これにより、アプリケーション フローに対して Quality of Service(QoS; サービス品質)が保証されます。

SNMP :Simple Network Management Protocol(簡易ネットワーク管理プロトコル)。TCP/IP ネットワークでほぼ独占的に使用されているネットワーク管理プロトコル。SNMP は、ネットワーク デバイスの監視と制御、設定の管理、統計の収集、パフォーマンスの監視、およびネットワーク セキュリティの確保を行う手段を提供します。

SNMP エージェント :管理対象のノードまたはデバイス。MIB が実装されているルータ。

インスタンス :オカレンス。各オブジェクトは、1 つ以上のインスタンスを持つことができます。

インデックス :トンネルを一意に識別する方式。

オブジェクト :特定のインスタンスと関連付けられている変数。

シスコ エクスプレス フォワーディング :高度なレイヤ 3 IP スイッチング テクノロジー。シスコ エクスプレス フォワーディングによって、大規模でダイナミックなトラフィック パターンを持つネットワークのパフォーマンスおよびスケーラビリティが最適化されます。

スカラ オブジェクト :インスタンスではないオブジェクト。各スカラ オブジェクトは 1 つずつインスタンスを持ちます。

通知 :Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェントによってネットワーク管理ステーション、コンソール、または端末に送信されるメッセージ。これにより、Cisco IOS ソフトウェア内で重大なイベントが発生したことが示されます。

ラベル :スイッチング ノードに対してデータの転送方法(パケットまたはセル)を指示する短い固定長のデータ構造。