Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS インフラストラクチャ変更:MFI の概 要と、MPLS LSC 機能および LC-ATM 機能 の削除
MPLS インフラストラクチャ変更:MFI の概要と、MPLS LSC 機能および LC-ATM 機能の削除
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS インフラストラクチャ変更:MFI の概要と、MPLS LSC 機能および LC-ATM 機能の削除

この章の構成

MPLS インフラストラクチャ変更に関する情報

MPLS Forwarding Infrastructure の概要

IP Rewrite Manager の概要

MPLS LSC と LC-ATM の機能のサポート終了

MPLS LSC と LC-ATM の設定

MPLS LSC と LC-ATM のコマンドのサポート終了

その他の関連資料

関連資料

シスコのテクニカル サポート

MPLS インフラストラクチャ変更の機能情報

MPLS インフラストラクチャ変更:MFI の概要と、MPLS LSC 機能および LC-ATM 機能の削除

このマニュアルでは、Cisco IOS Release 12.4(20)T で新たに導入された MPLS Forwarding Infrastructure(MFI)について説明します。また、MPLS Label Switch Controller(LSC; ラベル スイッチ コントローラ)および Label-Controlled ATM(LC-ATM; ラベル制御 ATM)の機能とコマンドのサポート終了についても説明します。

MPLS インフラストラクチャ変更に関する情報

MPLS インフラストラクチャ変更機能に関する次の概念を理解する必要があります。

「MPLS Forwarding Infrastructure の概要」

「IP Rewrite Manager の概要」

「MPLS LSC と LC-ATM の機能のサポート終了」

「MPLS LSC と LC-ATM の設定」

「MPLS LSC と LC-ATM のコマンドのサポート終了」

MPLS Forwarding Infrastructure の概要

MPLS コントロール プレーン ソフトウェアでは、MPLS のスケーラビリティと柔軟性が向上しました。MFI は転送に使用される MPLS データ構造を管理し、Label Forwarding Information Base(LFIB; ラベル転送情報ベース)はこの機能に置き換えられます。


) MFI と LFIB は、同じイメージに共存しません。ユーザは、Cisco IOS Release 12.4(20)T 以降に導入されている MFI を使用する必要があります。


IP Rewrite Manager の概要

Cisco IOS Release 12.4(20)T では、MPLS IP Rewrite Manager(IPRM)というモジュールが導入されています。シスコ エクスプレス フォワーディング、IP Label Distribution Module(LDM; ラベル配布モジュール)、および MFI 間のやり取りを管理するモジュールです。MPLS IPRM はデフォルトでイネーブルになっています。IPRM を設定およびカスタマイズする必要はありません。次に、IPRM に関連するコマンドを示します。

clear mpls ip iprm counters

debug mpls ip iprm

debug mpls ip iprm cef

debug mpls ip iprm events

debug mpls ip iprm ldm

debug mpls ip iprm mfi

show mpls ip iprm counters

show mpls ip iprm ldm

これらのコマンドの詳細については、次のマニュアルを参照してください。

Cisco IOS Debug Command Reference http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/debug/command/reference/db_book.html

Cisco IOS MPLS Command Reference http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html

MPLS LSC と LC-ATM の機能のサポート終了

次の MPLS LSC 機能および LC-ATM 機能は、Cisco IOS Release 12.4(20)T からサポート対象外となりました。

MPLS LSC

LC-ATM

LSC および ATM LSR の MPLS スケーラビリティ拡張

MPLS LSC 冗長性

MPLS:LC-ATM での OAM 挿入およびループ検出

PA-A3 向け MPLS CoS マルチ VC モード

MPLS over ATM:仮想回線マージ

MPLS Diff-Serv Aware Traffic Engineering over ATM

VSI マスター MIB

MPLS LSC と LC-ATM の設定

Cisco IOS Release 12.4(20)T にアップグレードするには、事前にネットワーク内のルータから MPLS LSC と LC-ATM の設定をすべて削除します。コア ネットワークに ATM リンクがある場合は、パケットベース MPLS を使用できます。詳細については、『 MPLS Label Distribution Protocol Overview 』を参照してください。ATM アクセスをカスタマーに提供する場合は、Any Transport over MPLS: ATM over MPLS 機能を使用できます。詳細については、『 Any Transport over MPLS 』を参照してください。

MPLS LSC 機能または LC-ATM 機能をすでに設定している場合は、Cisco IOS Release 12.4(20)T にアップグレードしても、設定は受け入れられません。サポート対象外となったコマンドを実行すると、認識されないコマンドであることを示すエラーが表示されます。

MPLS LSC と LC-ATM のコマンドのサポート終了

次のコマンドは、Cisco IOS Release 12.4(20)T からサポート対象外となりました。

debug mpls atm-cos

debug mpls atm-ldp api

debug mpls atm-ldp failure

debug mpls atm-ldp routes

debug mpls atm-ldp states

debug mpls xmpls cross-connect

debug mpls xmpls errors

debug mpls xmpls events

debug mpls xmpls vc

debug mpls xtagatm cross-connect

debug mpls xtagatm errors

debug mpls xtagatm events

debug mpls xtagatm vc

debug vsi api

debug vsi errors

debug vsi events

debug vsi packets

debug vsi param-groups

extended-port

interface xtagatm

mpls atm control-vc

mpls atm cos

mpls atm disable-headend-vc

mpls atm multi-vc

mpls atm vpi

mpls atm vp-tunnel

mpls cos-map

mpls ldp atm control-mode

mpls ldp atm vc-merge

mpls prefix-map

mpls request-labels for

mpls traffic-eng atm cos global-pool

mpls traffic-eng atm cos sub-pool

show controllers vsi control-interface

show controllers vsi descriptor

show controllers vsi session

show controllers vsi status

show controllers vsi traffic

show controllers xmpls

show controllers xtagatm

show interface xtagatm

show mpls atm-ldp bindings

show mpls atm-ldp bindwait

show mpls atm-ldp capability

show mpls atm-ldp summary

show mpls cos-map

show mpls prefix-map

show xtagatm cos-bandwidth-allocation

show xtagatm cross-connect

show xtagatm vc

snmp-server enable traps vsimaster

tag-control-protocol vsi

その他の関連資料

ここでは、MPLS インフラストラクチャ変更機能に関する関連資料について説明します。

関連資料

関連項目
参照先

MPLS コマンド

Cisco IOS MPLS Command Reference』

MPLS ラベル配布プロトコル

『MPLS Label Distribution Protocol Overview』

MPLS を介した Layer 2 VPN 機能

『Any Transport over MPLS』

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

MPLS インフラストラクチャ変更の機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS インフラストラクチャ変更の機能情報

機能名
リリース
機能情報

MPLS インフラストラクチャ変更

12.4(20)T

この機能は、Cisco IOS Release 12.4(20)T で導入されました。

Copyright © 2008-2010, シスコシステムズ合同会社.
All rights reserved.